金銭トラブルです。
母が知人男性に土地を買うから(土地開発をして儲けようとしていた様)融資して欲しい、という事で、1000万貸しました。借用書は、書いたと言ったのに渡してくれなかったそうです。
その後、弁護士にお願いし、調停で返済すると(期限を決めて)約束させましたが(書類も書かせた・・・と思います)約束の期限には払ってこないし、買った土地も、他人に売却したという形で、知人の女性名義に変えてしまいました(裁判期間中に)。なので家などの資産を差し押さえても、大した金額になりません。
弁護士さんは、ちょっと頼りない方で、忙しそうだしあまり動いてくれず当てになりません。
弁護士知人もおりませんし、金銭的に余裕があるわけではないので、また新しい弁護士さんを・・・というのは難しい状況です。

母も何も知らずで信用して貸したのも悪いのですが、人のいい母に付け込んでうまく丸め込もうとしているようにしか思えないそのやり方にどうしても納得が行きません。どうにか取り返す方法を教えて下さい。

調停で決まった事を無視し、返済をしないという事で、何か社会的制裁を加えて取り返したり、本人が返済意思がないなら、その家族(奥さんは離婚していないが、息子がいる)から・・・という事も可能なのでしょうか?

長引けば長引くほど、返済してもらうのは難しくなると思いますし、母の病気が発覚した為、安心させてあげる為にもどうにか早く何とかしたいと思い立った次第です。

法律にも無知で、質問内容が分かりづらかったら補足させていただきますので、どうか宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

その調停が「民事調停法に基づく裁判上の和解」なら、和解調書は確定判決と同じ効力があります。


従って、この和解調書をもとに強制執行することも可能です。

しかし知人の欺瞞工作は「詐害行為」の可能性もありますので、この点の解明や糾弾に手間がかかりそうですね。

いずれにしても、やる気のある弁護士に相談されることをお勧めします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q借用書(書き方、金銭受け渡し)について

今回とあることから慰謝料を払うことになり、その際に借用書を書くことになりました。

そこでお知恵をお貸し頂きたいことなのですが

(1)例えば30万の慰謝料を支払う際、借用書に30万円と書くと思うのですが、すでに10万払っている場合も30万と書くのか、それとも残りの20万のみを書くのか

(2)30万の借用書を書き、その後分割で返済する場合(30万の借用書を作り初月10万払った際)にまた新しく20万の借用書を書く(前の借用書は破棄して)のか

(3)相手からは金額、返済期日、住所、名前、印鑑、電話番号を求められましたが、他に書く事はあるのか

(4)払い終わったあと借用書は返してもらうのか、相手が持ったままなのか

借用書、慰謝料についてまったく知識がなく、わからないです
よろしければ知恵をお貸し下さい

Aベストアンサー

この問題は、kakasasa1616さんが、慰謝料が支払うことができないから、被害者からお金を借りるのですか ? まず、それをしっかりして下さい。
借りるのであれば、#2さんの言うとおり「準金銭消費貸借」となり、利息の問題や返済期日の問題が発生します。
それは危ないから止めた方がいいと言っているのが、#3さんですが、例題の文章を「念書」とする考えですが、念書と言うのは一方的に差し出す書面ですから、私は、賛成しません。
ある争いで慰謝料を支払うことで合意したのですから、書面のタイトルは「和解書」です。
そして、
1、どのような争いがあったか。
2、それに対してどのような話し合いが成立したか。
3、それによって、だれが誰にどれだけの金銭を支払うか。
4、期限と支払い方法は。
5、失権約款は。(もし不履行の場合の処置)
6、履行の完了時における、債権債務のないことの確認
等々を、作成日は今日でもいいですが、争いのあった日、和解が成立した日等々は遡って記載します。
そうすれば、おのずから、#3さんの補足欄のお答えがわかると思います。
(3、によって総額30万円と記載します。10万円支払った日も同項に記載します。)

この問題は、kakasasa1616さんが、慰謝料が支払うことができないから、被害者からお金を借りるのですか ? まず、それをしっかりして下さい。
借りるのであれば、#2さんの言うとおり「準金銭消費貸借」となり、利息の問題や返済期日の問題が発生します。
それは危ないから止めた方がいいと言っているのが、#3さんですが、例題の文章を「念書」とする考えですが、念書と言うのは一方的に差し出す書面ですから、私は、賛成しません。
ある争いで慰謝料を支払うことで合意したのですから、書面のタイトルは「和解書」...続きを読む

Q貸した金銭が返済されません、借用書もあります。どうすれば?

友人に250万円の金銭を平成20年3月24日に貸付けました。

当然、専門家に「金銭貸借の契約書を作製し、あります」

契約書には民事訴訟を起こす場合、東京簡易裁判所になっています。

訴訟を考えていますが、
債務者は、無職、一切の財産、差押える品などありません、無一文です。

この場合、訴訟を起こした場合、当然、裁判では勝訴するとおもいますが、
肝心の差押えする物がありません、
この場合、お金のない人からは返済は無理ですので
いくら、裁判所で支払い判決が下された場合でも
何も返済されず、泣き寝入りになってしまうのでしょうか?

(1)判決で支払い判決が確定しても、取立てる、財産、品物、給料は一切ないので泣寝入りでしょうか?

(2)民事ですから刑事事件と違い、泣寝入りでしょうか?

(3)強制執行とは、「差押え」の一部なのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

東京地方裁判所に提訴する場合、訴状を作らないといけません。相談者様が作れれば問題ありません。しかし司法書士のアドバイスを受ければ10万円程度はかかります。訴状に貼る印紙代(2万円程度)や切手代金(1万円弱)も裁判所に最初に納めます。

そして仮に勝訴して強制執行。強制執行するにもお金がかかります。具体的に財産が無ければ空振りです。

結局のところ、【お金の無い人間】と【支払う気の無い人間】からお金を回収するのは不可能ということです。

Q金銭のトラブルを借用書としていいのか?

お世話になります。
質問させてください。

お金の貸し借りではない金銭のトラブルがありまして、これを借用書(金銭消費貸借契約書)として一本化したいと思います。これは可能なのでしょうか?つまり、後に争いになった場合に、お金を貸したわけではないのにスジが通るのでしょうか?
その金銭トラブルのみを上手に文言にできないため困っております。

お願いいたします。

Aベストアンサー

実務上は、「金銭準消費貸借契約書」あるいは「債務弁済契約書」という形式で契約書を巻きなおすことがありますので参考まで。

http://tohyama.gyosei.or.jp/kinsen/jun.html

Q母が相続している土地を叔父が勝手に貸しました

先日、叔父から「空いている土地を駐車場に借りたいという人がいたから○千円で貸したから」と電話がありました。
その土地は通りに面していて、祖父母が元気な時は道行く人が安らぐようにと花畑して手入れしていましたが現在はただの空き地です。

叔父は近所の人だからと口約束で貸し契約書は交わしていません。母が慌てて見に行ったところ一台ではなく既に数台置かれていました。
挙げ句に賃貸料は叔父のポケットマネーになるようです。
田舎暮らしの叔父は空き地だからとなナアナアで貸したようですが母は承知できるはずもありません。
仮に貸すとしても土地の名義は母なのですからきちんと契約書を交わし、相場の金額で契約を結びたいのですが、契約を白紙に戻すにはどうしたらいいでしょうか。
裁判などで叔父と争ったり実家の近所の方と揉めたりするのは不本意なので、母の名義の土地だから契約無効と簡単にすまないものでしょうか。

Aベストアンサー

当事者同士での示談が望ましいですね。
本件質問によるところ、
1 叔父さんは土地の権利者ではない
2 お母様は追認していない
3 賃貸料は叔父さんの収入
以上によれば、本件収入は「不当利得」にあたる(民法703条)と考えられます。
ですから、この叔父さんが結んだ契約の賃貸料は、不当利得ですので、お母様に返還する義務を負います。

近所の方へ貸していること、当時空き地であったことをふまえると、「この契約をお母様は追認し」かつ「賃貸料は7:3の割合で分け合う」ことで穏便に解決できるのではないでしょうか。

Q死亡した父親(債権者)の金銭借用書

死亡した父親(債権者)の金銭借用書(相続済み)で、連帯保証人に支払督促を提起しました。(債務者が返済をやめて音信不通の為)ところが、連帯保証人は身に覚えがないと裁判を起こしてきました。保証債務の意思確認は調べようが無いと思うのですが、連帯保証人の証言がそのままとおるのでしょうか。又、連帯保証人の住所・名前・認印も書かれているのですが、本人では無い事をどのように立証してくるのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

>連帯保証人の住所・名前・認印も書かれているのですが、本人では無い事をどのように立証してくるのでしょうか。

 御相談者は、金銭借用書を書証としているが、相手方は、金銭借用書の成立の真正(相手方がその文書「連帯保証契約の部分」の作成者であること)を否認(住所氏名を書いたこともないし、認め印も押していない。その認め印も自分のものでもない。)していますよね。
 ですから、御相談者は、金銭借用書の成立が真正であることを証明しなければなりません。相手方が、文書の成立が不真正であることを証明する必要はありません。
 もっとも、本人の署名又は押印があるときは、真正に成立したものと推定するという規定はありますが、その規定が適用されるには、本人の意思に基づいて署名又は押印したことを証明する必要があります。証明する手立てとしては、署名の筆跡鑑定をするか、あるいは、認め印が本人のものであることを証明して、本人の意思で押印されたことを推定させるしかありませんが、かなり困難な立証活動になります。
 このようなことがあるので、実印を押させて、印鑑証明書をもらっておかなかったことが悔やまれます。

民事訴訟法
 (文書の成立)
第二百二十八条  文書は、その成立が真正であることを証明しなければならない。
2  文書は、その方式及び趣旨により公務員が職務上作成したものと認めるべきときは、真正に成立した公文書と推定する。
3  公文書の成立の真否について疑いがあるときは、裁判所は、職権で、当該官庁又は公署に照会をすることができる。
4  私文書は、本人又はその代理人の署名又は押印があるときは、真正に成立したものと推定する。
5  第二項及び第三項の規定は、外国の官庁又は公署の作成に係るものと認めるべき文書について準用する。

>連帯保証人の住所・名前・認印も書かれているのですが、本人では無い事をどのように立証してくるのでしょうか。

 御相談者は、金銭借用書を書証としているが、相手方は、金銭借用書の成立の真正(相手方がその文書「連帯保証契約の部分」の作成者であること)を否認(住所氏名を書いたこともないし、認め印も押していない。その認め印も自分のものでもない。)していますよね。
 ですから、御相談者は、金銭借用書の成立が真正であることを証明しなければなりません。相手方が、文書の成立が不真正であることを証...続きを読む

Q土地を借りている人が、その土地を他の人に貸したら違法行為ですか?

TVで見かけたのですが、こういう商売があるそうです。
土地を持っている人
「小さな土地だが、駐車場にしたりアパートを建てたりすることなく、更地のまま活用したい・・・」
商売のための土地を借りたい人
「短期間とか一日数時間の契約でいいから自由に商売をやらせてもらえる場所はないだろうか・・・」

こういう二者をマッチングして、「狭い土地の時間貸し」をするネット商売が出現したそうです。

主な契約は
借主「軽ワゴン車を使って鯛焼き屋、弁当販売、靴磨き、などの商売をする人」
貸主「小さな事務所の経営者で、営業マンが出払ったあとの駐車場を短時間で貸し出しする」
こういうニーズがマッチしているそうです。

ここでふと思ったのですが、土地を貸す側が自分の土地ではなく、地主から借りている土地を貸し出すことは可能なのでしょうか? それとも地主からクレームが入って、借り賃の何割かをピンはねされてしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

底地地主の承諾があれば、可能でしょう。

現在の契約書の契約範囲を越えて、無断で、また貸しをすると、契約解除になると推測しますが。。

Q借用書がない個人間の金銭貸借

友人が、友達に何百万単位でお金を貸しているようです。
借用書などは作ってないので証拠がないと悩んでいます。
ネット銀行から振込んでいますから、振込明細だけはあるそうですが、借りた友達が貰ったんだと言い張れば返してもらえないだろうと心配しています。借用書を作りたいと言っても無視されて作ってくれないようです。仕事はきちんとしていますので収入は普通にある友達だそうです。

やはり、借用書がない貸借は泣き寝入りするしかないのでしょうか?
友人の力になりたいですので、ご回答の方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

金銭の授受に対して、その友達との間に、物の購入や、物品の引渡しが無ければ、相手の友達との間に、金銭の受け渡しが行われる正当な理由は無いですよね。

それに、その友達が、貰ったと主張しても、渡した本人に贈与する意思が存在しなければ、その友達の主張は通らないと思います。

ただ、その友達が、贈与された事として、税務署に申告された場合が一番困ります。

公の機関に申告されたら、それが既成事実になってしまいます。

早めに、弁護士に相談される事を勧めます。

Q金銭の貸し借りについての質問です。月収3万ほどの知人Aは一般企業への就

金銭の貸し借りについての質問です。月収3万ほどの知人Aは一般企業への就職願望が強く頻繁にその事を口にしていました。私も力になりたいと思いAの生活費1部を負担していましたが、つい最近になってAは全く違う道へと進み、人が変わったように連絡もして来なくなり、まるで別人のような態度をとります。。まさかこんな状況になるとは思っていなかったので借用書は書いてもらってません。この場合、お金を返してもらうには本人と話をするしかないのでしょうか?法律的には無理なのでしょうか?詳しい方、よろしくお願いします

Aベストアンサー

うーん・・・法律上は、借用書がなくても消費貸借契約は成立するので、請求することは可能だし、裁判を起こすこともできます、ということが答えにはなるのですが・・・

問題は、借用書なしでお金を貸したことを裏付ける証拠(たとえば、相手の通帳に振り込んだ振込伝票が残っているとか。相手が必ず返すと書いてきたメールが残っているとか)がどの程度集まるのか、という点と、実際問題として、取り立てられるだけの財産があるかどうかという点です。

何の証拠もなければ、お金の貸し借りだろうが、物の売買だろうが、神様ではない裁判所は、その事実があったと認定することはできませんし、何の財産もない人から取り立てるのは現実問題としては厳しいですよね。

個人的には、よほどの額でもない限り、証拠がまったくないというのであれば、裁判等をすることはあまりおすすめできません。相手に財産があるのなら、申立に証拠をつけなくてもいい支払督促という制度ならやってみる価値はあるかもしれませんが。

Q金銭の借用書

ちょっと質問なのですが、借用書や金銭消費貸借契約書には収入印紙が必要になりますでしょうか?
収入印紙が無くても保証人、借りた人、金額。保証人と借りた人の住所が書いてあれば例え払えなくなった場合、弁護士を通せばなんとか返してもらえる証拠となりますでしょうか?
解る方教えて下さい。

Aベストアンサー

まず、「日付」「金額」「当事者の住所・名前」は必ず入れてください。

あと、「現金を貸す契約をした」という文面も当然ですが、「現金を渡した」という文面(実際にその場で現金を渡す)は欲しいです。(契約だけして現金をもらってない・・・と揉めることが時としてあります)

また、利息は利息制限法を守ってください。そして契約書には明記してください。

あと、「債権管理上、必要な際は住民票・戸籍謄本・戸籍の附表等を取得することを認める」という条項を盛り込むと、いざとなったら便利です。


もし、余裕があるのなら、日本法令という会社が既製品で作っています。
大きい文具店のほか、ファミリーマートのファミポートでも手に入れられるようです。

尚、♯1さん、♯2さんのおっしゃるとおり、借用証書に収入印紙を貼らなくても契約には影響はありません。
(税務署から過怠税を徴収される可能性がありますが・・・)

もし、ご心配なら公証人役場で公正証書にされてはいかがでしょうか。
強制執行認諾条項を入れたら、もし不払いになったらすぐ差し押さえができます。


最後に、私は以前、消費者金融の債権回収をしていましたが、弁護士は債権回収に限ってですが、あまり当てになりません。
地道な回収作業が実を結びます。
意外と自分自身で勉強して、債務者や簡裁(もしくは地裁)を往復したほうが回収できる場合が多いですよ。

まず、「日付」「金額」「当事者の住所・名前」は必ず入れてください。

あと、「現金を貸す契約をした」という文面も当然ですが、「現金を渡した」という文面(実際にその場で現金を渡す)は欲しいです。(契約だけして現金をもらってない・・・と揉めることが時としてあります)

また、利息は利息制限法を守ってください。そして契約書には明記してください。

あと、「債権管理上、必要な際は住民票・戸籍謄本・戸籍の附表等を取得することを認める」という条項を盛り込むと、いざとなったら便利です。
...続きを読む

Q母が他界したとき姉夫婦が住む母名義の土地の相続は?

母名義の土地を、現在母と姉夫婦が2世帯住宅で住んでいます。私は最近結婚し、その家を出て、主人と賃貸住宅に住んでいます。

高齢の母は、自分亡き後の土地の相続を心配しています。

私はもめごとを防ぐため、相続を辞退しようと考えていましたが、主人は後々のことも考え、どんな選択肢があるのかだけは理解しておく必要があるといいます。もっともと思いました。

そこで、基本的にどんな相続方法があるのでしょうか?現在住んでいる姉夫婦が土地も相続することが当然のことのように思うのですが。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>母名義の土地を、現在母と姉夫婦が…

土地だけが母のもので建物は姉夫婦ですか。

>私は最近結婚し、その家を出て…

兄弟はあなたと姉の 2人だけですか。

>はもめごとを防ぐため、相続を辞退しようと考えていました…

もったいない。
そもそも兄弟というものは、子供のうちは確かに家族ですが、お互いが結婚して独立したら「近い親戚」に成り下がります。
親戚に過ぎないのに、法律で認められた権益を易々と手放すものではありません。

>現在住んでいる姉夫婦が土地も相続することが当然のことのように思うのですが…

大きな考え違い。
親のものは子全員で等分するのが大原則。
母の土地の半分はあなたのものです。
http://minami-s.jp/page009.html

といっても、現に家が建っている土地を切り分けるわけにはいきませんから、登記名義の半分だけをあなたのものとし、あなたの土地を姉に貸し付けると考えれば良いのです。

つまり、母が旅立った後は、その家が建っている限り、あなたは姉夫婦から地代をもらい続けるということです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>母名義の土地を、現在母と姉夫婦が…

土地だけが母のもので建物は姉夫婦ですか。

>私は最近結婚し、その家を出て…

兄弟はあなたと姉の 2人だけですか。

>はもめごとを防ぐため、相続を辞退しようと考えていました…

もったいない。
そもそも兄弟というものは、子供のうちは確かに家族ですが、お互いが結婚して独立したら「近い親戚」に成り下がります。
親戚に過ぎないのに、法律で認められた権益を易々と手放すものではありません。

>現在住んでいる姉夫婦が土地も相続することが当然のことのように思う...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報