金銭トラブルです。
母が知人男性に土地を買うから(土地開発をして儲けようとしていた様)融資して欲しい、という事で、1000万貸しました。借用書は、書いたと言ったのに渡してくれなかったそうです。
その後、弁護士にお願いし、調停で返済すると(期限を決めて)約束させましたが(書類も書かせた・・・と思います)約束の期限には払ってこないし、買った土地も、他人に売却したという形で、知人の女性名義に変えてしまいました(裁判期間中に)。なので家などの資産を差し押さえても、大した金額になりません。
弁護士さんは、ちょっと頼りない方で、忙しそうだしあまり動いてくれず当てになりません。
弁護士知人もおりませんし、金銭的に余裕があるわけではないので、また新しい弁護士さんを・・・というのは難しい状況です。

母も何も知らずで信用して貸したのも悪いのですが、人のいい母に付け込んでうまく丸め込もうとしているようにしか思えないそのやり方にどうしても納得が行きません。どうにか取り返す方法を教えて下さい。

調停で決まった事を無視し、返済をしないという事で、何か社会的制裁を加えて取り返したり、本人が返済意思がないなら、その家族(奥さんは離婚していないが、息子がいる)から・・・という事も可能なのでしょうか?

長引けば長引くほど、返済してもらうのは難しくなると思いますし、母の病気が発覚した為、安心させてあげる為にもどうにか早く何とかしたいと思い立った次第です。

法律にも無知で、質問内容が分かりづらかったら補足させていただきますので、どうか宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

その調停が「民事調停法に基づく裁判上の和解」なら、和解調書は確定判決と同じ効力があります。


従って、この和解調書をもとに強制執行することも可能です。

しかし知人の欺瞞工作は「詐害行為」の可能性もありますので、この点の解明や糾弾に手間がかかりそうですね。

いずれにしても、やる気のある弁護士に相談されることをお勧めします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q主人が民事調停を起こされて困っています

突然、主人が民事調停の相手方にされてしまいました。申し立てたのは元同じ職場の部下の女性です。主人はたびたび、彼女に食事をごちそうになったり、たばこやお菓子をもらったりしていました。主人は彼女の仕事上のトラブルを解決したりいろいろ相談に乗っていたので、そのお礼と考え彼女の好意として受け取っていたようです。ところが、昨年彼女が主人と関係があるかのように周囲に吹聴したことに主人が抗議したためけんかになりその後まったく連絡等を取らなくなりました。(彼女とは男女の関係はありません。また、彼女に多額の副収入があることを聞いていたのであまり深く考えていなかったようです。今考えれば彼女は主人に異性として好意を持っていたのかもしれません)
先日、家に簡易裁判所からの民事調停の通知がきて、主人が彼女に上司という強い立場に物を言わせ、彼女に対して不当な仕事をさせたり、金品を強要したのでお金を支払うようにという内容でした。確かに、彼女からいろいろいただいたのは事実です。でも、申立書の中に書かれている主人の言動は私が知っている主人とはかけ離れていて、本当にくやしいほどひどい人物のように書かれていました。また、すべて彼女からの申し出であったにもかかわらず、主人が金品を要求して来た、奴隷扱いしていたとさえ書かれていました。
主人は気が弱く、人の頼みや申し出を断ることができない性格です。決して、自分の立場をちらつかせ利益を得ようなどと考えもできない人です。通知されてきたお金は主人がそれだけ使わせたのなら支払うつもりでいます。しかし、それは強要したものではなく相手から言ってきたからいただいていたのです。安易に受け取っていた主人も悪いのですが、申立書の中の主人の言動がまったくの作り話であることだけは主人の名誉のためにも証明したいのですが。
私たち夫婦はまったく法律の知識がありません。調停がどういうものかもわかりません。不安で食事が入らず、出産したばかりだというのに体調を崩し、母乳もでなくなりました。彼女は以前、法律関係の仕事をしていたようで弁護士をつけています。私たちも弁護士を立てるべきでしょうか。
彼の職場での立場もあるので、調停で解決したいのですが、ただ彼女の言っている暴君のような主人の言動が嘘であることだけを調停の方に知ってほしいのですが、どのようにすればよいでしょうか。

突然、主人が民事調停の相手方にされてしまいました。申し立てたのは元同じ職場の部下の女性です。主人はたびたび、彼女に食事をごちそうになったり、たばこやお菓子をもらったりしていました。主人は彼女の仕事上のトラブルを解決したりいろいろ相談に乗っていたので、そのお礼と考え彼女の好意として受け取っていたようです。ところが、昨年彼女が主人と関係があるかのように周囲に吹聴したことに主人が抗議したためけんかになりその後まったく連絡等を取らなくなりました。(彼女とは男女の関係はありません。...続きを読む

Aベストアンサー

調停に呼び出しを、されているのでしたら、相手が、どういう主張をしているか、確認するために、とりあえず、出席してください。
 弁護士は、たてないで、よいでしょう。費用倒れで、割りにあいません。
 まず、最初に、びびっては、いけません。
びびったら、まけです。
 「通知された金額 は、はらうつもりです。」と、おしゃっていますね。
 彼女の請求してきた金額に、ついて、納得できなくても、全額はらう意思が、あればすぐ、調停で解決できます。
 悔しい気持ちは、わかります。
私は、現在、相続の調停に、相手の弁護士に訴えられて小田原の家裁に、10回出席しています。
 最初、弁護士から、生まれてはじめて、でたらめな内容証明が、とどきました。
 このことは、貴方の場合の、でたらめな内容の調停呼び出しと、いっしょです。
  これが、訴えてくる弁護士の、常套手段です。
相手の弁護士は、あくまで相手の味方であることを、わすれてはいけませんね。
 私達は、弁護士とか医者に、特別な社会的地位というか権威というか、恐れ多いかたがたと位置づけしている幻想があります。
 しかし、医者は、日常的に、接していて、アレは、藪医者だとか、いい医者だとか、わかるけど、そうそう弁護士には、あったことがないから、生まれて初めて弁護士から、訴えられると、恐れ多くて萎縮するのが、普通です。
 そして、萎縮すると、相手の言いなりになって、負けです。
だから、弁護士から、調停に訴えられたからといって、ビビッては、いけないのです。
「彼女ーーーーーー嘘であることを、調停の方にしってほしい」ということですが、意味がありません。知ってもらって、どういう利益が、貴方がた夫婦に、あるのですか。
 彼女の主張
1.不当な仕事をさせた
2.金品を強要した
この上記2点の挙証責任は、彼女ノガワにあるのですから、その証拠を、出してくださいと反論しなさい。
 結構、この証拠はなかなか、証明できないと思いますから、貴方側も有利ですよ。たとえば、金品を強要された声を録音したテープがあるとか、強要金たしかに、10万円受領しましたという領収書を、ご主人が彼女に発行したその領収書そのものを、彼女が、所持しているとか、そのようなことは、めったにありえないし、その強要場面を目撃した証人がいるのか、どうかもさだかではないでしょうし。 それに、セックスの関係がないのであれば、なおさらご主人に有利です。
男女の関係があれば、彼女が、貴方の夫に貢いでいたという、構図は予見できますけど。
 調停は、裁判ではありません。調停委員が、双方の言い分を、聞いて双方が、納得できる妥協点を見出して和解させるのが、調停です。
 だから、貴方の夫は、自分の主張を、述べるなり、彼女の言っていることに、反論すればよいのです。
 調停委員のところでは、交代で意見を述べるので、直接彼女とは、会いません。ただ、裁判所の廊下やトイレで、でっくわす危険はあります。
 しかし、彼女は弁護士を、代理人として、直接、裁判所には、でてこないかもしれませんね。
 がんばってください。
私は、毎日、この
ホームズ君を、みています。「相続さん、おしえて」とタイトルをつけて、質問してきたら、又、アドバイスいれます。
 とくに、調停で、こういわれたとか、調停委員が、相手拠りで、こういわれたとか、具体的に調停の経過を、書いていただければ、適切な助言をいえますよ。
 「不安」で。母乳がでなくなったということですが、「不安」とは、知らないことに出会うことによって、おこるのです。
 たとえば、知らない町や、しらない道路を、はしっているときとか、知らない人に、偶然、エレベーターで、二人きりになると、不安になります。
 知らない町が、どういう町で、しらない道路が、どこにつながっているのが、理解できれば、不安はきえます。
 エレベーターの同乗者が、実はいい人で、何処そこに、すんでいて、家族3人で、子煩悩で愛妻家のご主人であることが、わかっていれば、レイプされる危険が無いのであるから、不安にはならないのです。
 貴方の現在の不安を、分析しましょう。
 1.調停とは、なんなのか分からない不安
2.弁護士に、めったにあったことがない不安
3.彼女が、でたらめを言っていることを、調停委員が、信じてしまう
4.お金を、払わされていまう不安
1.については、私が、説明したので、不安がることは、ない。
2.弁護士は、正義の味方ではなく、お金で雇われた代理人にすぎないから、貴方の夫は、犯人では、なくただの交渉相手だから、訴えられたからといって、不安になる必要はない。
3.彼女のでたらめは、自ら、証明とか証拠を提出しづらいものだから、不安になる必要はない。
4.お金の問題は、最悪、支払う覚悟は、できているから不安になる必要はない。
結論。貴方の不安の要素は、解決ずみ。
 だから、気にせず、体調に、きをつけてください。そうすれば、母乳も、でてきますよ。
 しっかり、自分の家庭を、まもりましょう。くじけず、夫婦二人で、この問題をクリアーしてください。

 

調停に呼び出しを、されているのでしたら、相手が、どういう主張をしているか、確認するために、とりあえず、出席してください。
 弁護士は、たてないで、よいでしょう。費用倒れで、割りにあいません。
 まず、最初に、びびっては、いけません。
びびったら、まけです。
 「通知された金額 は、はらうつもりです。」と、おしゃっていますね。
 彼女の請求してきた金額に、ついて、納得できなくても、全額はらう意思が、あればすぐ、調停で解決できます。
 悔しい気持ちは、わかります。
私は、現在...続きを読む

Q民事裁判とは、どのようなものですか? 経験者の方、教えて下さい。

こんばんは。

民事裁判経験者の方に質問です。 

民事裁判とは、どのようなものですか?

訴訟の提起から裁判終了までの流れに沿って教えて下さい。

裁判を経験した感想等も伺えたら助かります。

宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

民事訴訟の約30%は本人訴訟といって、弁護士に依頼せずに自分で争っている訴訟です。

まず、原告が訴状を書き、裁判所に提出します。訴状には書式があって、一応それに沿って書くことになります。穴埋めすれば書けるような用紙が裁判所においてあります。

訴状は相手に送達され、第1回の期日が決まります。
一応、原告、被告が揃って裁判所で争うのが原則ですが、民事訴訟はほとんどが書面での陳述つまり、文書でのやりとりになります。それが、何度も何度も続いて、2~3年以上争っている事案は珍しくありません。

原告が申し立てたことのひとつひとつについて、被告は、
1.認める
2.争う
3.知らない
のいずれかを申し立てるのが原則です。

認めるといったものは、真実ではなくても、原告の言い分が真実となります。
争うといったものは、立証義務がある方が、証拠をもとに証明します。証明できないと、真実であっても、うそだということになります。

最終的に双方の陳述(といっても、文書のやりとりですが)、が終了すると、裁判官が判決を書きます。

その間、判決ではなくて、和解しないかという打診が裁判官から何度もあります。互いに合意すれば、判決と同じで、強制執行などもできます。

双方が納得しなければ、判決ということになります。
裁判官は、原告の言い分が多分正しいのだろうなと思っても、原告が証明しきれてないと、正しいという判決は書けません。

つまり、裁判は、裁判官が正否をジャッジするのではなく、証明できるかどうかの争いなのです。

だからウソが飛び交います。そのウソを証拠で突き崩していくことになります。

素人でも裁判はできますが、文書のやりとりですから、文書力と証拠がカギです。

未経験の方が争えば、負けてしまいます。弁護士の助力は不可欠でしょうね。

民事訴訟の約30%は本人訴訟といって、弁護士に依頼せずに自分で争っている訴訟です。

まず、原告が訴状を書き、裁判所に提出します。訴状には書式があって、一応それに沿って書くことになります。穴埋めすれば書けるような用紙が裁判所においてあります。

訴状は相手に送達され、第1回の期日が決まります。
一応、原告、被告が揃って裁判所で争うのが原則ですが、民事訴訟はほとんどが書面での陳述つまり、文書でのやりとりになります。それが、何度も何度も続いて、2~3年以上争っている事案は珍し...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報