「教えて!ピックアップ」リリース!

英語圏に在住歴のある方、または外国の劇場事情に詳しい方にお聞きしたいです。

日本の劇場や映画館、音楽ホール等では開演前に、
「間もなく開演です。携帯電話をお持ちのお客様は、電源をお切り下さいませ」
とか、
「ロビーにいらっしゃるお客様は、ホールにお入りになり、座席にお着き下さいませ」
などの決まり文句のような場内アナウンスが流れますが、
英語圏の劇場では、どういったアナウンスが流れるのでしょうか?
ごく一般的なものを教えて下さい。

A 回答 (2件)

以下は大都市ではなく、小都市の経験です。



映画館の場合は、予告編が終わったところで映画館チェーン独自のフィルムが流されます。それには次のようなアナウンスが含まれています。「(コークやポップコーンのために)まだ売店に行く時間はあります。ゴミは捨てないで下さい。携帯電話は切って下さい。では、映画をお楽しみ下さい」これは全てフィルムに入っていて、いつも同じです。肉声によるアナウンスはありません。

コンサートでは肉声のアナウンスを聞いたことがありますが、アーティストの紹介と「ではお楽しみ下さい」程度で、「携帯を切れ」というのはありませんでした。

演劇の場合は、単にベルが鳴り場内灯が薄暗くなって着席を促すだけで、何のアナウンスもありませんでした。

日本はやたらにアナウンスが多過ぎる国かも知れません。「●番ホームに列車が到着します。白線の内側まで下がってお待ち下さい」などというアナウンスはヨーロッパでもアメリカでも聞いたことはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。お礼が遅くなってすみません。
日本のような過度なお節介は無いんですね。
仲間と作る自主映画の冒頭に、それっぽいものを入れようと思ってるのですが、
テキトーで良さそうですね(^_^)
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/29 16:00

何度もオペラ劇場に行った割には私の記憶は不確かです。

でもあまり放送はなかったと思います。少なくとも「座席に着け」放送はなかったし、休憩開始の放送もなかった。(あまり印象にはないのですが)携帯電話、カメラは時として言われたかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。お礼が遅くなってすみません。
何度も劇場へ通われてご記憶に残らないということは、
やはり大仰なアナウンスは無かったのでしょうね。
そのほうが客を大人として見てくれてるようで好感が持てますね。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/29 16:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング