現在、忘年会の景品で貰ったよく分からない海外メーカーのDVDプレーヤー+5.1chサラウンドスピーカーシステムを使用しています。
よく分からないメーカーだけあって音はそれほど良くないのですが、友人が実家に余っているし、よく分からないスピーカーよりはきっと音がいいはずだからからということでONKYO製のスピーカー(左右1つずつ)をプレゼントしてくれることになりました。
そこで、現在使用している5.1chのスピーカーのうちフロント?の左右のものを友人がくれるスピーカーと置き換えようかと考えています。

そこで質問なのですが、DVDプレーヤー内にアンプが内蔵されているようで、出力はスピーカー1つあたり最大15W(ウーファーは30W)となっていました。
また、友人がくれるスピーカーはアンプは内蔵されていないもので、通常?入力50W、最大100Wのような表記があるとの事でした。
このようにプレーヤーからの出力とスピーカー側の入力の値に結構差があるようなのですが、このような組み合わせで使用すると何か問題があるでしょうか?

・一応音は鳴るけど、出力が足りないので元のスピーカーのほうがマシ
・音は鳴るし、新しいスピーカーの能力もちゃんと発揮される
・そもそも音が鳴らない
・何らかの方法で出力を上げてやると新しいスピーカーがちゃんと使える

など色々と想像してはみたのですが、オーディオの知識が全く無いためどうなるのか判断がつきません。
知識をお持ちの方々にぜひアドバイス、ご意見等いただければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>> 出力はスピーカー1つあたり最大15W(ウーファーは30W)・・・友人がくれるスピーカーは・・・通常?入力50W、最大100Wのような表記がある・・・ //



少なくとも、出力(とスピーカーの入力)という関係では、ほとんど問題ありません。

アンプの「出力」というのは、「これだけの電力なら出力できることを保障する」という意味です。実際に何ワットの出力があるかは、音量によります。つまり、ボリュームを上げると出力が上がっていきます。そして、求める音量に比してアンプの出力が小さいと、音がひずみ出します。

他方、スピーカーの「入力」というのは、「これだけの電力なら入力しても壊れません」という意味です。実際に何ワットの入力があるかは、アンプの出力が何ワットか、というのと同じです。

ただし、「アンプが1Wの出力をしているとき」=「スピーカーに1Wの入力があるとき」にどれだけの音量が出るかは、スピーカーの「能率」によります。たとえば、1Wで100の音量が出るスピーカーと、80の音量しか出ないスピーカーがあるということです。後者の場合、前者と同じ音量を得ようとすると、アンプにはより多くの出力が要求されることになります(実際の計算は複雑なので割愛)。

ちなみに、「最大」出力・入力というのは、多少歪みがあっても故障しないで耐えられる瞬間的な値、「通常(定格)」出力・入力というのは低歪みの状態で動作できる連続的な値を意味します。一概にはいえませんが、最大出力15Wのアンプだと、通常出力は5~10W程度です。

なお、よほど低能率なスピーカーでない限り、10畳程度の部屋なら常時1~2W程度で十分な音量を得られます。

したがって、

「一応音は鳴るけど、出力が足りないので元のスピーカーのほうがマシ」「そもそも音が鳴らない」ということはありません。しかし、付属のスピーカーともらったスピーカーとで「能率」が大きく異なると、スピーカー間で音量差が生じ、サラウンド効果が低下する可能性があります。本格的なAVアンプでは、これを解消する機能があります。

「音は鳴るし、新しいスピーカーの能力もちゃんと発揮される」かどうかについて、アンプの音質が不十分だと、スピーカーにとって役不足になるケースはあるでしょう。スピーカー本来の音質が得られない可能性がある、ということです(音質と出力の大小は意味が違うということ)。

「何らかの方法で出力を上げてやると新しいスピーカーがちゃんと使える」かどうかは、上述のように、スピーカーごとに音量を設定できるかどうか次第です。ほかにも方法がない訳ではありませんが、配線がややこしくなったり、新しい機器を導入する必要があったり、改造する必要があったりするかもしれません(そこまでするなら全部入れ替えた方が良いでしょう)。

ほかに、留意すべき点として、スピーカーの「インピーダンス」という問題があります。インピーダンスとは、交流電流に対する抵抗値のことです。詳述は避けますが、「アンプが対応できるインピーダンス」より「スピーカーのインピーダンス」が低いと、より低いボリューム位置で歪み出したり、最悪の場合はアンプが故障したりしてしまいます(ふつうは、それぞれ機器の背面に書かれています)。

>> よく分からない海外メーカーのDVDプレーヤー+5.1chサラウンドスピーカーシステム・・・ONKYO製のスピーカー(左右1つずつ) //

メーカー、型番などを補足してもらえると、もう少し具体的な回答ができるかも知れません。前者の方は、詳細が分からなくても、たとえば製品の背面の写真などを示してもらえれば、ある程度の想像がつくかも知れません。
    • good
    • 0

アンプの出力が低い電力しか出力出来ない場合にスピーカーの選択で気を付ける点としては、インピーダンス(抵抗、オームで表示される数値)と能率(出力音圧レベル、通常デシベルで表示される数値)が有ります。



特にインピーダンスは数値によってはアンプ故障の原因や遠因になりますので注意が必要です。

能率の方は高い物より低い物の方がアンプの出力を必要とするため、低出力のアンプだと俗に「音を鳴らし切れていない」なんて表現される状態になります。
例えとしては極端ですが、軽自動車にレース用のスリックタイヤを装着しても、走りはしても性能を発揮しているとは言えないようなものです。

セット物の製品ではその点は考慮されているでしょうから問題有りませんが、それ以外のスピーカーを導入する場合には注意が必要になります。
まあ小音量で聴く分にはインピーダンスや能率は気にしなくても構いませんが、映画の音声を大迫力で楽しみたいので大音量で聴くなんて事が良くあるようでしたら、インピーダンスには気を付けた方が良いかも知れませんね。

また気にしていらっしゃるスピーカーの入力W数はどちらも最大値の数値で、連続的には50Wが最大値で、瞬間的には100Wが最大値という意味合いですので15Wのアンプに接続する場合は全く気にしなくても大丈夫ですし、100W以上の出力のアンプに接続するにしても大音量でなければ出ないような値でしょうからこれもあまり気にしなくても大丈夫です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスピーカーの自作に役立つHP、本を教えて!!

みなさん、はじめまして!!

初めてのスピーカーの自作を考えています。
とりあえずユニットはEVの209-8Aで組もうと考えています。
初めてのスピーカー自作ということで知識が全くないため、初心者向けにスピーカー自作を解説したHP、本を教えてください!!

あと、『初めての時は、ここらへんは注意しといたら!』みたいなアドバイスも大歓迎です♪
どうぞ、よろしくお願いします☆

Aベストアンサー

> 初心者でも扱いやすくて、値段もお手ごろのユニットを教えて頂けませんでしょうか?

なるほど、もうすでにFF85kによる自作スピーカーを使われているんですね。スピーカー工作初心者にはそういった小口径のフルレンジを奨めるのが常套句なんですが、既にお使いなのですから同じようなものを作っても仕方がないですね。

大型スピーカーの厚み/深み/迫力といったものは大型スピーカーならではのものです。代替えは効きません。フルレンジ20cm一発で全帯域を補うのは厳しく、中域や高域が犠牲になります。ここはひとつ、一挙にマルチウェイにチャレンジすることをお勧めします。ハードルの低いものから順にご紹介しますね。

(1)
http://www.ritlab.jp/shop/news/20060606.html

これは半完成のいわゆる「キット」です。説明書通りに組み立てれば完成します。箱の設計からネットワークまで他人がやってくれたもの。=出来合いですので「自作の醍醐味」は無いですが性能は確実です。あなたがサラから設計/制作したとしても、決してこの値段では収まらないでしょう。そういうコストパフォーマンスという意味では最高です。
私は麻布の回し者ではありませんが、ここのエンジニア関係者と話をしてみると、妥当な人格/技術力を持っていることはすぐに分かります。信頼できますよ。
最初はこうしたキットから始められるのもいいでしょう。基本的にスピーカーに必要な要素を理解することができます。

(2)
ネットワークは難しいし荷が重いなーという事でしたら…
中古でJBL LE-8Tを入手し、50L程度のバスレフ箱に収めてください。ただし入手困難ですしかなり高価です。

(3)
国内で入手できるドライバーを使い、思い切ってマルチウェイを作ってみませんか? 難しいですが、No6さんも書かれていますが難しい分本当に楽しいですよ。ぜひこの趣味へ。
http://www.ritlab.jp/shop/product/speaker/morel.html
の[morel] MDT30S
 +
http://www.ritlab.jp/shop/product/speaker/usheraudio.html
の[UsherAudio] 8945A
で2wayを組んでみる。ネットワークや箱など、全然分からないと思いますが別途ご相談に乗ることはできます。箱の設計しだいでは恐ろしいまでのワイドレンジも狙えます。

(4)
思い切ってドライバは海外から個人輸入しませんか? 私はほとんど国内で買う事はありません。その方が安いからというのが理由です。
http://www.madisound.com/
http://www.partsexpress.com/webpage.cfm?WebPage_ID=30
http://www.zalytron.com/

未曾有にドライバーが転がっていますが、直感的にピンとくるドライバーを選択しても良いでしょう。最初は6~8インチの2wayから始められることをお勧めします。
T/Sパラメータの見方がわからないと選択しにくいかも知れませんが。

ドライバーの選択。箱の設計。ネットワークの設計。…これらは難しそうに感じられるかも知れませんが今はPCがあるので結構かんたんですよ。別途ご相談に乗れると思います。

> 初心者でも扱いやすくて、値段もお手ごろのユニットを教えて頂けませんでしょうか?

なるほど、もうすでにFF85kによる自作スピーカーを使われているんですね。スピーカー工作初心者にはそういった小口径のフルレンジを奨めるのが常套句なんですが、既にお使いなのですから同じようなものを作っても仕方がないですね。

大型スピーカーの厚み/深み/迫力といったものは大型スピーカーならではのものです。代替えは効きません。フルレンジ20cm一発で全帯域を補うのは厳しく、中域や高域が犠牲になります。ここ...続きを読む

Qパソコンで5.1chをスピーカーに出力したい

現在ホームシアターセットを検討しており、まだ決定はしていませんが
PIONEERのHTP-S737を購入しようかと考えています。

これを設置すればテレビやiPodの音楽も多数のスピーカーから聞こえてくると思います。
ただ、テレビもiPodも基本的にステレオ(LRの2ch)しか出力できませんよね。
なので、上記の製品を使えば2chをうまく複数のスピーカーに振り分けて音を出してくれるのだと思います。
もちろんDOLBY対応のDVDやBlu-rayなら5.1chにしてくれると思いますが・・・。

ここまではいいのですが、

現在7.1ch出力可能な端子がついている自作デスクトップパソコンを使用しています。
そのパソコンで
1.Youtubeやパソコンのシステム音など2chの音楽は自動的に多数の全スピーカーに割り当てて出力させる
2.もともと5.1chで再生できるメディアを再生する場合はその通りに各スピーカーから出力させる
  ※DOLBY対応のDVDをGOM Player(AC3 Filter使用)で見たり動画編集ソフトPremiereの5.1ch編集等

という設定でホームシアターセットとパソコンの接続はできるでしょうか?

パソコンとホームシアターセットのHTP-S737はAUXでつなぐことはできるのですがAUXの入力がRCA端子LとRの2つしかないので
結果上記の1の条件は可能なのですがそれだと2ができません。おそらく5.1chで出力される一部分(ステレオのLR部分)だけが
HTP-S737を通って自動的に各スピーカーに割り当てられると思うので、本来の5.1chでは出力されないと思います。
ホームシアターセットではなく、5.1chパソコン用スピーカー(Creative INSPIRE T6200等)を購入しようかと思いましたが
これだとスピーカーがたくさんあってもシステム音やYoutubeを見る場合は2つのスピーカーから
ステレオ分の音しかでないと思いましたので、あきらめました。

もし、上記1,2両方の条件が可能であるつなぎ方や設定があれば教えて頂きたいです。
ホームシアターセットもHTP-S737に決定してるわけではないので、条件を可能にできる機材等もありましたら教えてほしいです。

長々と読みづらい文で恐縮ですが少しでも分かる方いましたらよろしくお願いします。


環境
■OS■ Windows 7 Professional 64bit(6.1,ビルド7600)
■SSD/HD■SSD 128GB HD 2TB
■マザーボード■Gigabyte Z68X-UD4-B3
■BIOS■Award Modular BIOS v6.00PG
■プロセッサ■Intel(R) Core(TM) i7-2600K CPU @ 3.40GHz(8 CPUs),~3.7GHz
■メモリ■4GB×4(16GB) 16384MB RAM
■DirectX■DirextX 11
■グラフィック■NVIDIA GeForce GTX 480
■ディスプレイ解像度■1920×1080(60Hz)
■オーディオ出力■Realtek High Definition Audio
■オーディオ入力■SoundBlaster X-Fi Go!

【パソコンのオーディオ出力端子】
アナログの出力端子はステレオミニで
ステレオ出力(LR)→ ×1
リアスピーカー出力(LR) → ×1
サイドスピーカー出力(LR) → ×1
センタースピーカー・サブウーファー → ×1
の合計4つです。

デジタルの出力端子は
光デジタル音声端子(オプティカル) ×1
同軸デジタル音声端子(コアキシャル) ×1
の合計2つです。


※パソコン用ディスプレイとテレビでデュアルディスプレイしています
 オーディオはテレビのスピーカーからではなく、パソコンのステレオ端子から出力しています

現在ホームシアターセットを検討しており、まだ決定はしていませんが
PIONEERのHTP-S737を購入しようかと考えています。

これを設置すればテレビやiPodの音楽も多数のスピーカーから聞こえてくると思います。
ただ、テレビもiPodも基本的にステレオ(LRの2ch)しか出力できませんよね。
なので、上記の製品を使えば2chをうまく複数のスピーカーに振り分けて音を出してくれるのだと思います。
もちろんDOLBY対応のDVDやBlu-rayなら5.1chにしてくれると思いますが・・・。

ここまではいいのですが、

現在7.1ch出力...続きを読む

Aベストアンサー

PCとAVアンプは光デジタル(または同軸)で接続しましょう。
せっかく出力端子があるのに勿体ないです。
PCからの出力音声フォーマットに応じて、AVアンプ側で自動判別して最適なリスニングモードを設定してくれるのご心配なく。
また、手動でリスニングモードを変更し、ステレオ音声を疑似サラウンド化するなど、多彩な設定が可能です。
購入前に、HTP-S737の取説を読んでみると良いです。
http://www3.pioneer.co.jp/manual/manual_select.php?p_nm=HTP-S737&chr=&page=1

>ただ、テレビもiPodも基本的にステレオ(LRの2ch)しか出力できませんよね。

そんなことはありません。
映画やライブ、スポーツ等はサラウンド音声(AACフォーマット)が多いです。
これから、ますます増えるのは確実です。
iPodもソース次第でサラウンド出力可能ですよ。

Qスピーカースタンドの自作の方法について。

スピーカースタンドの自作の方法について。
型番?などは忘れましたが、ホームシアターセットを持っています。リスニングポジション?は高さ1mほどです。
ひとつにつきスピーカーのサイズはだいたい正方形で10cmぐらいで重さは0,5kgぐらいです。
スピーカースタンドの形は下に四角の板があって支柱が一本でその上に四角の板があるかんじのポピュラーかと思いますが、そういうスピーカースタンドを自作したいのです。
そこで、サイズなのですが、私の持ってるスピーカーだと下の四角の板は縦、横、厚さはどのくらいがいいでしょうか?あと支柱とその上の四角の板と。それと、木ネジ?の太さとかはどのくらいがいいでしょうか?あと、センタースピーカーのスタンドの自作ですが、センタースピーカーは少し上に角度をむけたいのですが、どういう作り方をすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

>> 私の持ってるスピーカーだと下の四角の板は縦、横、厚さはどのくらいがいいでしょうか?あと支柱とその上の四角の板と。 //

スタンドの高さを90cmと仮定すると、その上に500mlのペットボトルが1本載っているようなものなので、底板は小さくても20cm四方くらいはないと安定しないでしょう(それでもカーペットや畳の上だと簡単に倒れるでしょう)。もしくは、10cm四方くらいにして、鉄アレイでも載せて抑え込むか、です。

板の厚さは、ふつうに考えて最低15mmくらいでしょう。底板は2枚重ねにして剛性を確保しても良いでしょう。

支柱は、1本の木材だとほぼ確実に撓ったり反ったりするので、細長く切った板を口の字型に組み合わせるべきです。中によく乾燥させた砂利を詰めると、重量を稼げます。ただし、特に長さ方向の加工精度が要求され、1mmでも狂っていると天板が傾き、剛性も落ちます。ホームセンターにあるパネルソーの加工精度は、良くて1mm前後、悪いと3mmくらいの狂いが出るので、微調整が必須です。

>> それと、木ネジ?の太さとかはどのくらいがいいでしょうか? //

木工用ボンドで接着するだけでも十分な強度が出せます。不安なら、釘で固定するだけでもかなり違います。釘は、細めのものでも構いません(接着剤が固まるまでの仮止めだから)。木ネジを使う場合の太さ・長さの目安は、厚さ方向の2~3倍の長さ、1/3以下の太さ、くらいです。

つまり、天板の厚さが15mmならその2~3倍で30mm~45mm前後の長さが必要です。対して、口の字型に組んだ支柱も厚さが15mmなので、太さは1/3以下つまり5mm以下に抑えないと、板が割れる原因になります。

なお、釘も木ネジも下穴が必要になります。キリでも構いませんが、集成材のように場所によって密度の違う木材を使うと先端が柔らかい方へ逃げていくので、ドリルの方が望ましいです。

>> センタースピーカーは少し上に角度をむけたいのですが、どういう作り方をすればいいでしょうか? //

天板の前の辺に適当な厚みの角材(割り箸でも良いかも)を貼付ければ良いでしょう。角度が急でスピーカーが後ろに倒れそうなら、後ろを支える支柱を別に立てる必要があるでしょう。

その辺りは創意工夫というか、自分でいろいろ考えて、トライ&エラーで作っていくのが自作の良さなので、現物合わせでやることになります。逆に、自分でアイデアを出せないなら、自作は諦めて既製品を買うか、専門の業者に依頼して作ってもらうか、しかないでしょう。

>> 私の持ってるスピーカーだと下の四角の板は縦、横、厚さはどのくらいがいいでしょうか?あと支柱とその上の四角の板と。 //

スタンドの高さを90cmと仮定すると、その上に500mlのペットボトルが1本載っているようなものなので、底板は小さくても20cm四方くらいはないと安定しないでしょう(それでもカーペットや畳の上だと簡単に倒れるでしょう)。もしくは、10cm四方くらいにして、鉄アレイでも載せて抑え込むか、です。

板の厚さは、ふつうに考えて最低15mmくらいでしょう。底板は2枚重ねにして剛性を確保し...続きを読む

Q出力される音量は同じとして、出力の小さいスピーカーと大きいスピーカー、どちらが音が良いですか?

東京都渋谷区のマンションに住んでおり、15W+15Wのスピーカーを使っています。
この度、同じメーカーの値段の高い40W+40Wに買い換えようと思いましたが、住宅事情があって40Wフルで鳴らせることは出来ません。
むしろ、今使っている15Wでもフルに出来ません。

そこで疑問なのですが、音量出力(デシベル)が同じとして、
15Wのスピーカーを大きなボリュームで鳴らすのと、
40Wのスピーカーを小さなボリュームで鳴らすので
どちらが音が良いのでしょうか?

スピーカーの特性が違うので一概には言えないと思いますが、
出力が同じなら、コーンの揺れが15W>40Wだと思うので、15Wのほうが性能を活かしきってる気がするのですが、どうなのでしょうか?

大きな音量を出さないとスピーカーの能力を発揮できないなら、無理して40Wを買うこともないので、教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

>40Wフルで鳴らせることは出来ません。

 たとえ耳をつんざく大音量でも、せいぜい数ワットの出力しかないですよ。

 そもそもスピーカーの定格入力と音質とはほとんど関係はありません。

>どちらが音が良いのでしょうか?

 その質問にはあまり意味は無いと思います。何しろ「良い音」という概念自体が人によってさまさまですから。

 もしも少しは役に立ちそうなレスをお望みならば、まずは具体的な候補のスピーカーの型番と、使っている(あるいは導入予定の)アンプとプレーヤー、及びよく聴く音楽のジャンルを列記することです。そうすれば各スピーカーがどういう鳴り方をするか、回答者はアドバイスすることが出来るでしょう。

 ただし、それらはあくまでも各回答者の「主観」に準じたことですから、参考意見にしかなりません。最終的にはスレ主さんが実際に聴き比べて決めることです。

Q自作スピーカーのユニットの取り付けについて

スピーカー自作の場合でSPユニットをボックスに取り付けるときは一般的に木ねじですが、メーカー製スピーカーは六角ねじで取り付けてあります。自作する場合ではメーカー製のスピーカーのように六角ねじで固定することはできないのでしょうか?

Aベストアンサー

「六角穴付きボルト(キャップスクリュー)」ですね。受け手側は「鬼目ナット」か「爪付きナット」と呼ばれる部品を使います。

爪付きナットの場合、下穴はタダの直通穴でよく、多少ガバガバでも(むしろその方が)構わないので、施工は簡単です。もっとも、ドライバ取付穴の内側は「風通し」を良くするためにテーパーを付けた方が良いので、爪が上手く引っかからないとか、平面で支えられないとかの問題が起こりがちです。

鬼目ナットは、下穴に「ナットの外側に付いている螺旋状の突起」を噛ませる必要があるので、下穴のサイズがけっこうシビアな上に、正確に直角が出ていないとボルトが斜めに入ってしまうので、あまりお勧めしません。

一方で、そこまで苦労して音質面でメリットがあるかと言えば、あまりないでしょう。メーカーで多く使われているのは、大量生産に向いているからだと思われます。穴あけは機械加工なので正確に垂直が出せ、ボルト止めの際に電動工具が使えるようになるので、生産効率が良くなります。

まあ、ドライバを日常的に付け外しするようなら、ボルトの方がネジ山が長持ちはしますが、ドライバを付けたり外したりするということ自体が変なので、ボルトにこだわる意味はないでしょう(内部を調整する必要があるなら、むしろ背面を開けられるようにした方が作業性が良いです)。

ということで、メーカーは生産効率の都合で採用しているけれど、個人の一品制作では意味がないので、普通に木ネジで止めておけば何も問題ない、と思います。

「六角穴付きボルト(キャップスクリュー)」ですね。受け手側は「鬼目ナット」か「爪付きナット」と呼ばれる部品を使います。

爪付きナットの場合、下穴はタダの直通穴でよく、多少ガバガバでも(むしろその方が)構わないので、施工は簡単です。もっとも、ドライバ取付穴の内側は「風通し」を良くするためにテーパーを付けた方が良いので、爪が上手く引っかからないとか、平面で支えられないとかの問題が起こりがちです。

鬼目ナットは、下穴に「ナットの外側に付いている螺旋状の突起」を噛ませる必要がある...続きを読む

Q実用最大出力50Wのアンプに、最大入力50Wと80Wのスピーカーを繋いだ時の違いについて

具体的にはケンウッドの
R-K731というアンプに、LS-K731を繋いだ場合と
K-735というコンポを買った場合
とでは音に差が出るのでしょうか。
お願い致します。

Aベストアンサー

音質を決定づけるのはスピーカーです。
LS-K731とK735付属スピーカーの仕様を細かく見ていくと違いがあります。
ウーハーは11センチと12センチとわずかな差しかないのですが
再生周波数特性が50~65kHz、45~50kHzとなっています。
特に着目したいのはクロスオーバー周波数です。
方や13kHz、もう一方が5.5kHzとなっています。
これから察するにLS-K731はワイドレンジウーハー(フルレンジ?)+スーパーツイーター、
K735付属は本格2ウェイ構成であると分かります。
音のまとまりの良さでLS-K731
K735付属は低音再生能力で若干有利になるはずです。
センターユニット(レシーバーデッキ)部の仕様を比較しても大差ないので
価格差程度の音質の差別化はあると考えてようでしょう。


スピーカーの50W、80Wの数値は耐入力値です。
これだけの大音量を出しても壊れないとする指標ですので音質には直接関係はありません。
アンプのWは出力値です。
電源、回路に余裕があれば大きな数値表示が可能になるばかりでなく音質にもかかわってきます。
ただし家庭内での聴取はせいぜい1W未満、最大瞬間でも数Wです。
その最大瞬間でも低歪で破綻しない音質を保証するために余剰ともいえる出力を持たせてあるのです。

音質を決定づけるのはスピーカーです。
LS-K731とK735付属スピーカーの仕様を細かく見ていくと違いがあります。
ウーハーは11センチと12センチとわずかな差しかないのですが
再生周波数特性が50~65kHz、45~50kHzとなっています。
特に着目したいのはクロスオーバー周波数です。
方や13kHz、もう一方が5.5kHzとなっています。
これから察するにLS-K731はワイドレンジウーハー(フルレンジ?)+スーパーツイーター、
K735付属は本格2ウェイ構成であると分かります。
音のまとまりの良さでLS-K731
K735付属は低...続きを読む

Q自作スピーカーのスピーカーグリルの調達は

ここ数年、オーディオスピーカーの自作に凝っています。ただ悩みの種はスピーカーグリル。Fostexの製品なら純正グリルが別売で手に入るのですがその他のメーカーは純正製品はありません。自作派の皆さんはスピーカーグリルをどうやって作っているか知りたいのですが…。本格的な製作方法は勿論、思いもしなかった日用品をスピーカーグリルに転用しているなどのユニークな方法も含めて教えて下さい。尚、この質問はあくまでもスピーカーグリルについての質問でサランネットなどのスピーカーネットのことではありません。

Aベストアンサー

低予算で、10インチ以上なら下記のグリルを加工して使ってます。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=571^10GRILL^^
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=571^18GRILL^^
他12.15インチ有り。

Q5.1ch内蔵オーディオでのスピーカーについて

もう生産終了しているKENWOODの「VDX-09M」を付けています。

5.1ch内蔵でDSP機能が付いているということなんですが、CDやDVDを再生していてもフロントスピーカーからはガンガンに音は出ていますが、リアとウーファーからはほとんど聴こえてきません。
センターは音を出すように設定するとちゃんと聴こえてきます。

リアはサテライトスピーカーを後部座席の耳元辺りに付けてますが、よっぽど近づかないと聴こえて来ないです。ウーファーは助手席シート下にありますが、これも同じような感じでリモコンを色々いじっても何も変化は感じません。

なぜこんなことになるのでしょうか?基本的なことが分かってなくて。
実際音は出てるのでスピーカーはどれも壊れてる事は無いと思います。全部カロッツェリアです。

設定次第で何とかなるものなのか、それとも現状だとリアやウーファーを付けても意味が無いのかその辺りも教えていただきたいのです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして♪

カーオーディオでしたね。
http://www.kenwood.co.jp/products/car_audio/dvd/vdx_09m/index_end.html

基本的にサラウンドモードでは、音源がサラウンドでなければ他のスピーカーから音が出ません。

ホームシアターの5.1chと言う音響は、CD等と左右2ch以外に、台詞を主体としたセンター、後方の効果音がリアの左右、爆発や地鳴り等の低音効果用が0.1chに相当するサブウーファーという考え方です。

このモードのまま、通常のステレオ音源を再生しますと、効果音用のチャンネルが録音されていませんから、メインスピーカー以外鳴らないと言うのが正常です。

家庭用でも車用でも、そのような音源の場合でも効果用スピーカーを鳴るようにする、バーチャルサラウンドとか疑似サラウンドなどのモードに切り替える事が出来るはずです。
(出来ない機種も有りますので、製品のマニュアル等で確認してくださいね。)

過去に、レンタカーで通常ステレオが後方のスピーカーから音が出なくて、あれこれ悩んだ事が有ります。(マニュアル視ないで運転中に、、笑)
結局は通常ステレオ状態の時に、後方の音量が絞り切られていたと言う事が解ったのは帰りの頃でしたよ(爆笑)

ちょっと停車して、マニュアル視たら解ったんでしょうけれど、自分でもたまにはそんな失敗します。

はじめまして♪

カーオーディオでしたね。
http://www.kenwood.co.jp/products/car_audio/dvd/vdx_09m/index_end.html

基本的にサラウンドモードでは、音源がサラウンドでなければ他のスピーカーから音が出ません。

ホームシアターの5.1chと言う音響は、CD等と左右2ch以外に、台詞を主体としたセンター、後方の効果音がリアの左右、爆発や地鳴り等の低音効果用が0.1chに相当するサブウーファーという考え方です。

このモードのまま、通常のステレオ音源を再生しますと、効果音用のチャンネルが録音されていま...続きを読む

Qスピーカーの自作・・・

PC用の小型スピーカーじゃ物足りなくなってきたので
スピーカーを作りたいと思っているんですが・・・

自作スピーカーの場合、別途アンプを購入して
接続しないといけないのでしょうか??

初心者ですので何もわかりません・・・
回答おねがいします。

Aベストアンサー

NO.1の方へ
スピーカーを自作すると言ってもそんな1から作るわけではありません。
秋葉原などには単体のスピーカーユニットが数多く展示、販売されており、
その中より自分の気に入ったスピーカーユニットを買い、また箱を設計して木材を切り、組み立てます。

マルチウェイ(スピーカーを複数設置し、
高域用と低域用などに分けるもの)にしますと、
スピーカーネットワークも必要になります。
http://www9.wind.ne.jp/fujin/diy/denki/audio/speaker(netwok)r.htm

ネットで"スピーカー 自作"と検索すると非常に多くのページが
ヒットします。

参考URL:http://ww51.tiki.ne.jp/~shigefumi/audio/sp/sptop.htm

Q最大出力25Wのオーディオに定格入力40Wのスピーカーを付けると、どうなりますか。

この度、カーオーディオのスピーカーを変えようと思っています。
オーディオの専門はこちらのカテゴリーだと思い、質問いたしました。お付き合いください。

カーオーディオのアンプ最大出力が25W×4なのですが、
そこに、定格入力40W、瞬間最大入力160Wのスピーカーを付けても大丈夫なのでしょうか。
(アンプの定格出力は分かりません)
また、そのスピーカーを付けた場合、今までのスピーカーとの変化を感じることができるのでしょうか。
ちなみに現在は、定格入力15W、瞬間最大入力35Wのスピーカーが付いています。
そのスピーカーは自動車会社の純正のスピーカーなので、それほど作りは良くないと(勝手に)思っています。
(参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?qid=1228019)

一番聞きたいことは、スピーカーの定格入力がアンプの最大出力を上回っている場合、スピーカーの性能は、十分に発揮できないのでしょうか。
(図式化すると、スピーカーの定格入力 > アンプの最大出力 ⇒ 「スピーカーの性能は十分発揮できない」??)

もし、スピーカーの性能を十分発揮できないのであれば、高い金をかけて交換する必要も無いと感じるので、皆さんのご意見を聞かせてください。

あと、スピーカーメーカーに問い合わせた時に、何かの値が80±16と言われたのですが、
この値の意味はどういうことでしょうか。
値の名前や単位は分かりませんが、もし、察しが付く方が居たら、教えてください。

取り留めの無い質問になってしまいましたが、
私オーディオ初心者なので、専門用語などは噛み砕いて説明いただければ幸いです。

この度、カーオーディオのスピーカーを変えようと思っています。
オーディオの専門はこちらのカテゴリーだと思い、質問いたしました。お付き合いください。

カーオーディオのアンプ最大出力が25W×4なのですが、
そこに、定格入力40W、瞬間最大入力160Wのスピーカーを付けても大丈夫なのでしょうか。
(アンプの定格出力は分かりません)
また、そのスピーカーを付けた場合、今までのスピーカーとの変化を感じることができるのでしょうか。
ちなみに現在は、定格入力15W、瞬間最大入力35Wのスピーカ...続きを読む

Aベストアンサー

以前の質問にも回答させていただいた者です。
本当に問い合わせたんですね(^ ^;
ちなみにクラリオンはADDZESTの親会社です^^
ADDZEST名義になっていないところをみると、至って普通の純正スピーカーのようです。

まず定格入力などのカタログスペックは無視して構いません。
耐入力や定格出力、能率等は各メーカーで測定方法が微妙に違い、カタログスペックでの同メーカー同士の比較ならともかく、他メーカー同士の比較ではほとんどあてになりません。
実例では家庭用のスピーカーユニットになりますが、松下の「7F10」とFOSTEXの「FE83」という2機種はほとんどのサイズやその他の数値が同じにも関わらず、入力レベルはそれぞれ20W、7Wと記載されていて実に3倍近い差があります。
実際問題3倍の電力を掛けて3倍の音が出るかと言うとそんなことはありません。
カタログスペックなどこんなもんです(^ ^;

仮にカタログスペックが絶対で、アンプの最大出力がスピーカーの定格出力を上わまらないといけないとなると、今のデッキでボリュームを全開(25W)にしてもスピーカーの本領を発揮できないということですし、それでもスピーカーは絶対に壊れないということになります(むしろ足りない)。
でも実際は全開を待たずに音が割れるでしょうし、スピーカーのエッジも耐え切れず破損すると思いますよ。。。
しかも真空管アンプ(一桁ワット)など存在価値がなくなります。

で、以前の回答にも書きましたが、十分にスピーカーを交換した効果を体感できますので是非、交換をお勧めします(しつこいようですがセパレートをお勧め^^)

最低共振周波数については、細かく説明すると長くなるので省略しますが、基本的には再生できる一番低い周波数を指します。
でもこれはスピーカーのサイズに依存するものなので、やはり気にする必要はありません。
またこの最低共振周波数が低ければそれだけ低音が豊に再生できるかと言われるとそうでもありませんし。

あと出力音圧レベル(能率)に付いてですが、カーオーディオ用の社外ユニットはだいたい89~91dBくらいです。
これも高ければ偉い(良い音)かと言われるとそうでもありませんが、高い方が少ない電力で大きな音を出せるわけですから、貴方様のようにアンプ側の出力が低いのであれば、能率が高い方が向いているという事になります。

しつこいようですが絶対に効果がありますのでご安心下さい(^ ^;

以前の質問にも回答させていただいた者です。
本当に問い合わせたんですね(^ ^;
ちなみにクラリオンはADDZESTの親会社です^^
ADDZEST名義になっていないところをみると、至って普通の純正スピーカーのようです。

まず定格入力などのカタログスペックは無視して構いません。
耐入力や定格出力、能率等は各メーカーで測定方法が微妙に違い、カタログスペックでの同メーカー同士の比較ならともかく、他メーカー同士の比較ではほとんどあてになりません。
実例では家庭用のスピーカーユニットに...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報