ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

現在失業給付を受けているのですが、
前回認定日に行ったところ、雇用保険受給資格者証の裏側に
「候」というスタンプを押されました。

今回で4回目の認定日なのですが、今回はじめてこのスタンプを押されました。
いったいこのスタンプの意味は何なんでしょうか?

その場で確認すればよかったのですが、
家に帰ってから気付いたので、意味をご存知の方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

これではないでしょうか・・・?



雇用保険受給資格者証のうらに○候のスタンプが入っていれば「受給延長」候補になっていますよって意味です。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …

違っていたらゴメンナサイ・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
ズバリこれのようです。
調べていただいてありがとうございました。

お礼日時:2009/05/31 11:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこれは応募実績にあたりますか?

教えてください。

現在、失業中で失業保険の給付を受けております。
求職活動の実績が毎回2回以上、そして給付終了後延長を受ける際は(私は会社都合で退職)応募実績が2回以上いると言われました。

今回、これは応募実績にカウントされるのだろうか・・?と悩むものがあり、ハローワークに電話して説明するのも恥ずかしいので、
こちらで知識豊富な方に教えて頂きたいです。

過去に登録してあった派遣会社に、ネット上から希望の仕事を見つけ、エントリーしました。
次の日、担当のコーディーネーターの方から仕事内容の説明の電話があり、
そこで詳細を聞いたのですが、夏休みと冬休みは世間とずれていて、長期休暇はあるがお盆と
お正月は出勤ですが大丈夫ですか?と言われました(ネットには書いてありません)。
事情があり、「お盆は大丈夫なんですが、お正月はいろいろやることがあり、1~3日は休みたいので難しい」と
伝え、辞退しようとしていたところ、「3日間くらいなら、先方と相談して、それでもいいと言われるかもしれませんので、
聞いてみます。もしそれでだめなら残念ですが・・」と言われ、「お願いします」と電話を切りました。
次の日、担当からまた電話があり、「確認してみたところ、1~3日は一番忙しいので、どれか一日か、どこかの時間帯だけでも
出れないかと言われたんですが、どうでしょうか」と言われ、「1~3日は休みたいので無理です」と言ったら、
「でしたら残念ですが・・」と言われ、この仕事の紹介はなしになりました。

これは、わたしが応募辞退したことになるのでしょうか? それとも条件が合わず、断られたということになりますか?

応募実績として記入した実績は、ハローワークの人が先方企業に電話をかけて、きちんと応募があって落とされたかを確認すると聞きました(説明会の時に)。
そのときに派遣会社の人が「ええ、応募はあったんですが、先方の条件を、○○さんが無理とのことだったので」みたいな話をされたら、
これは確認したところ辞退になるから実績には入りませんよと却下されないか心配です。
余裕をもってもう1社申し込んで実績を3件作っておけば、どう転んでも大丈夫なんですが、一応教えてください!!
(いけないことですが、延長希望なので)

教えてください。

現在、失業中で失業保険の給付を受けております。
求職活動の実績が毎回2回以上、そして給付終了後延長を受ける際は(私は会社都合で退職)応募実績が2回以上いると言われました。

今回、これは応募実績にカウントされるのだろうか・・?と悩むものがあり、ハローワークに電話して説明するのも恥ずかしいので、
こちらで知識豊富な方に教えて頂きたいです。

過去に登録してあった派遣会社に、ネット上から希望の仕事を見つけ、エントリーしました。
次の日、担当のコーディーネーターの方か...続きを読む

Aベストアンサー

多分大丈夫なのではないかと思いますが、最終的な判断をするのはハローワークです。第三者がとやかく言っていることを真に受けるのではなく、ハローワークに電話して確認されることをおすすめします。恥ずかしいなんて言っている場合じゃないですよね。ご自身のことですから。

Q失業保険のネットを使った求職活動実績について

たとえばリクナビで仕事にオンライン応募(すでに登録済の人材紹介会社が出している案件)、担当者からその後電話があり仕事の詳細を説明される→希望に合うので応募→書類選考で落選の場合、
休職活動実績に入りますか?

ハローワークからもらったしおりには、ネット求人の閲覧だけは駄目だけど、応募したら実績になる?のような記載がありますが分かりずらく、はっきりしません。
上記の場合はカウントされるのでしょうか?

人材紹介会社とはすべて電話のやりとりのため(最初だけオンラインエントリーですが)応募したという証拠となる書類などがないため虚偽もできるだろうにと思うのですが、、、

Aベストアンサー

>休職(求職)活動実績に入りますか?
 ・なりますよ
 ・失業認定申告書・・イ-(2)に記載
  応募先企業名:電話番号記載-応募日(エントリー日)-応募方法(リクナビ:ネット応募)-職業(○○)-
  応募したきっかけ(ニ)インターネット-応募結果(○/○書類選考不採用通知あり)(結果がまだ出ていない場合は・・現在結果待ち・・と記載)
 ・問い合わせをしたけど、内容が合わないので応募をしなかった場合・・求職活動にはなりません
  (あくまでも応募をした場合のみです・・認定日までに結果が出ていても出ていなくともかまいません)
 (応募先の企業名、電話番号の記載がありますから・・企業に応募の有無に関して問い合せが可能ですから・・虚偽の場合はわかりますしね)

Qハロワ・活動実績・雇用保険受給資格証にハンコ

ハロワ・活動実績・雇用保険受給資格証にハンコ

失業認定が既に3回下りている者です。
私は今まで、ハロワの閲覧は初回のみ認定されるが、その後は閲覧だけでなく、
紹介状をもらうなり、相談をするなりしないと、認定が下りないと思っていました。

閲覧するときは、ハローワークカードの提示を求められません。

紹介や、相談をするときに、担当の方にカードを見せ、そこでカードのバーコードが読まれます。

私はこのときデータが残ることによりハロワへ来た証拠になるんだと思っておりました・・・

4回目の認定を目前にして、ハロワに行くときは雇用保険受給資格証を持参し、
証明印をくださいと言って、ハンコをもらうことを知りました・・・
お恥ずかしい限りです。

今まで、ハローワークカードのみ持参で訪れていたのです。

そして、更に、閲覧とは別に、相談、紹介でもハンコがもらえると知りました。

ここでひとつ問題があります。

前回、認定が通ったときの内容は、
・ハロワで閲覧をしたが希望にあった求人がなかった。
・ハロワで閲覧の後、質問や相談をした。
・別の機関に登録、相談をした。

の計3つで、このうち下2つで認定が下りたんだと思っていましたが、
雇用保険受給資格証にハンコをもらっていないわけですから、
活動実績は1回になってしまいますよね?

ちなみに、今回も同じ感じの内容になっているため、認定が下りるか不安になっています。
電話で問い合わせたところでは、明日(認定日)に
ハンコをもらい忘れた旨を伝えるように言われましたが、とても不安です。。。

もし今回認定されなかったら、前回の分はどうなってしまうんでしょうか・・・?

因みに、前回も今回も、数回ハロワへ行って閲覧はしています。

ハロワ・活動実績・雇用保険受給資格証にハンコ

失業認定が既に3回下りている者です。
私は今まで、ハロワの閲覧は初回のみ認定されるが、その後は閲覧だけでなく、
紹介状をもらうなり、相談をするなりしないと、認定が下りないと思っていました。

閲覧するときは、ハローワークカードの提示を求められません。

紹介や、相談をするときに、担当の方にカードを見せ、そこでカードのバーコードが読まれます。

私はこのときデータが残ることによりハロワへ来た証拠になるんだと思っておりました・・・

4回目の...続きを読む

Aベストアンサー

要するに、前回と同じ状況だけど”雇用保険受給資格証にハンコが必要だ”
ということを新たに知って心配されてるということですか??


今回の期間中に2回以上紹介や相談
(ハローワークカードのバーコードが読まれ、データが残ったもの)
をされたのなら大丈夫ですよね?!
問い合わせにも「ハンコをもらい忘れた旨を伝えれば問題ない」と言われたようですし、
それを信じればいいのでは…。

閲覧に関しては日付け入りの証明書を毎回受付でもらってました。
(どこのハローワークも同じかどうかは知りませんが…)
とにかくデータは残りませんので当日の証明書がなければ他に証明手段がありません。

”…事業所の求人に応募した…”の欄に該当はないんでしょうか?

Q失業保険の個別延長給付の確定日など

会社都合で退職、45歳以下、
来月の認定日がとりあえず最後で、90日分全部の給付認定が終わります。

・60日分の延長給付の認定というか、確定されるのはいつなのでしょうか?

来月の最後の認定日に同時に延長給付も確定となり、
またその翌日に認定のため来てください、と言われる感じでしょうか?

Aベストアンサー

個別延長給付の対象になると「雇用保険受給資格者証」に下記のようなマル候の印が押されます。

http://eye4you.exblog.jp/10151682/

押される位置は写真の左側、安定所によってバラツキがあるかもしれませんが概ね第1回の認定日に押されます、ですから説明会の日にはマル候は押されていないことが多いので説明会の日にマル候の印がないから個別延長給付はダメと早合点してガッカリしないように。
雇用保険受給資格者証は真ん中に折り曲げ線がありそこで二つ折りにしてマル候の印のあるのは内側なので、二つ折りまま職員から手渡されて開かずにもって帰る人が多いのでそこにあるように「私はこの「マル候」がいつから押されていたのか全然気が付かなかったです。と言うより、全然見ちゃいなかった(笑)。」となることが多いようです。

ですからこのマル候の印がなければ個別延長給付の対象ではありません。

>・60日分の延長給付の認定というか、確定されるのはいつなのでしょうか?

またこのマル候の印のある人の中で最終の認定日に個別延長給付になったことを告げられます。

>来月の最後の認定日に同時に延長給付も確定となり、

そうです。

>またその翌日に認定のため来てください、と言われる感じでしょうか?

あくまでも安定所に行くのは28日毎の認定日です。

個別延長給付の対象になると「雇用保険受給資格者証」に下記のようなマル候の印が押されます。

http://eye4you.exblog.jp/10151682/

押される位置は写真の左側、安定所によってバラツキがあるかもしれませんが概ね第1回の認定日に押されます、ですから説明会の日にはマル候は押されていないことが多いので説明会の日にマル候の印がないから個別延長給付はダメと早合点してガッカリしないように。
雇用保険受給資格者証は真ん中に折り曲げ線がありそこで二つ折りにしてマル候の印のあるのは内側なので、二つ折り...続きを読む

Q転居を伴う失業保険の受け取りについて

7年間勤めた会社を6月末で退職し、10月に結婚予定です。退職理由は、結婚をし、関西より関東に転居する予定であり、会社では一般職の転勤がないため、辞めざるを得ないからです。
この場合、現在住んでる関西で失業保険の申請をし、氏名変更、住所変更をして、関東にて受け取ることは、可能なのでしょうか?又は、籍を入れて、関東にて申請をするべきなのでしょか?
早いうちに手続きをしなければと思い、色々と方法を調べましたが、よく分かりませんでした。
ご存知の方、ご経験のある方、いっらっしゃいましたら、どうぞアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

抜粋なのですが、
失業保険の給付に関しては、常に、本人の住所地を管轄するハローワークが窓口となります。

この場合、住所地とは、退職時の住所(離職票に書かれている住所)にかかわらず、その時点での住所地です。
引っ越せば、引っ越した先の住所地を管轄するハローワークが窓口となります。

失業給付(保険金)をもらっている途中で引っ越す場合、または、求職申し込みの手続は終えたもののまだ、保険金を受ける前に引っ越す場合は、転居後すぐに、住民票(新しい住所の証明)と印鑑を用意して、引っ越した先のハローワークに申し出れば、前住所地の職安との関わりがそっくり、新住所地の職安に引き継がれます。

この場合、前住所地のハローワークに対しては、特に手続は必要ありませんが、転居後、引っ越し先のハローワークに手続に行く前に認定日(出頭日)が来てしまうような場合は、事前に現在のハローワークに申し出て下さい。

これから初めてハローワークに行く、というのであれば、引っ越してから新しい住所地のハローワークに行けば、話は簡単ですが、長く放置すると、受給期間後ろの方が失効する(退職後1年の範囲を超える)ことがあるので、注意してください。 


なお、失業保険を受けず、ただ仕事を探すだけであれば、全国どこの職安であろうと関係ありません。

となっており、転居するタイミングにより異なるようです。

抜粋なのですが、
失業保険の給付に関しては、常に、本人の住所地を管轄するハローワークが窓口となります。

この場合、住所地とは、退職時の住所(離職票に書かれている住所)にかかわらず、その時点での住所地です。
引っ越せば、引っ越した先の住所地を管轄するハローワークが窓口となります。

失業給付(保険金)をもらっている途中で引っ越す場合、または、求職申し込みの手続は終えたもののまだ、保険金を受ける前に引っ越す場合は、転居後すぐに、住民票(新しい住所の証明)と印鑑を用意して、引...続きを読む

Q離職区分の2Dとは何でしょうか?

3月末で退職し、本日会社から離職票などが届きました。
内容を確認して間違いがあればすぐ連絡して下さいとのメモがあったので、ネットで調べながら確認しております。
…が、離職区分の欄に手書きで記入されている『2D』がわかりません。

2年11ヶ月勤務し、初めは臨時社員(アルバイト:準契約?)で、1年後に契約社員となりました。
臨時の時は入社した年の10月と翌年4月に(半期契約です)更新し、同年に臨時から契約に変わった時(臨時契約の途中で)3月末までの契約を1回と、翌々年(去年)4月に1年契約で1回、計4回契約(更新)しております。

退職理由は色々あるのですが、会社には転職を理由に(自己都合として)退職願を出しました。
当初2月末で退職したいとお願いしていたのですが、引継ぎの社員がなかなか決まらず、上司から1ヶ月伸ばして欲しいと言われて契約期間満了で退職になりました。

教えていただきたいのは以下のことです。
1.離職区分2Dの意味とこれが間違いか否か。
2.失業給付は受けられるかどうか。
3.給付制限があるかどうか。

これまで2度転職しましたが失業保険の手続きをしたことがなく、今回周りの勧めもあってハローワークに行ってみようと思ってます。
他にも何か手続きに関するアドバイスなど頂けると助かります。

宜しくお願いします。

3月末で退職し、本日会社から離職票などが届きました。
内容を確認して間違いがあればすぐ連絡して下さいとのメモがあったので、ネットで調べながら確認しております。
…が、離職区分の欄に手書きで記入されている『2D』がわかりません。

2年11ヶ月勤務し、初めは臨時社員(アルバイト:準契約?)で、1年後に契約社員となりました。
臨時の時は入社した年の10月と翌年4月に(半期契約です)更新し、同年に臨時から契約に変わった時(臨時契約の途中で)3月末までの契約を1回と、翌々年(去年)...続きを読む

Aベストアンサー

いわゆる「派遣切り」に緊急対応するため、
この度、雇用保険法が改正され、3月31日から施行されていますが、
離職区分「2D」は、
この改正(同法施行規則の改正)に基づく新区分です。
(平成21年3月31日付 厚生労働省令第77号)

従来は、
1A・1B・2B・3A・3B・3C・4D・5Eの8区分でしたが、
改正後は、
2A・2C・2D・2E・3Dが加わった13区分になりました。
このため、A3判大の離職票である
雇用保険被保険者離職証明書(安定所提出用)も様式が変わりました。
(当面の間、旧様式も使用できます。)

新しく加わった区分は、契約期間満了退職に対応するもので、
派遣労働者に特に配慮して、従来の区分をさらに細分化しました。
具体的には、
労働者側から契約更新の申出をした・しない、
および、事業主側から説明等をした・しない、
労働者側から契約更新を希望しない申出をした‥‥などで分けます。

2Dは、
労働者側から契約更新を希望しない申出を行なったことによる、
労働者・事業主合意の下の契約期間満了退職(自己都合退職)ですが、
給付制限はありません。
但し、基本手当(いわゆる「失業保険」)の給付がさらに厚遇され得る
「特定受給資格者」や「特定理由離職者」にはなりません。

※ 特定理由離職者とは?
 いわゆる「派遣切り」に遭った者。
 労働者本人が契約更新を希望したにもかかわらず更新されないとき、
 特定受給資格者と同等の扱いを受けられる。
 これをいう。

ハローワークでも、同様の説明があるはずです。
なお、ご自身のためですから、ハローワークにお尋ねになって、
上記で述べた内容を、必ず、確認なさって下さいね。
 

いわゆる「派遣切り」に緊急対応するため、
この度、雇用保険法が改正され、3月31日から施行されていますが、
離職区分「2D」は、
この改正(同法施行規則の改正)に基づく新区分です。
(平成21年3月31日付 厚生労働省令第77号)

従来は、
1A・1B・2B・3A・3B・3C・4D・5Eの8区分でしたが、
改正後は、
2A・2C・2D・2E・3Dが加わった13区分になりました。
このため、A3判大の離職票である
雇用保険被保険者離職証明書(安定所提出用)も様式が変わりまし...続きを読む

Q月の途中で国保から社保への切りかえ

お尋ねします。

月の途中から国保→社保へ切り替わった場合、その月は国保と社保の
2種類の保険料を納めなければならないのでしょうか?
同様に国民年金から厚生年金の切り替えの場合も教えて下さい。

国保は会社を退職後、自分で市役所で加入手続きをしなければ加入されないままなのでしょうか?

Aベストアンサー

>月の途中から国保→社保へ切り替わった場合、その月は国保と社保の
2種類の保険料を納めなければならないのでしょうか?

一般にはそのようなことはありません。

国民健康保険の保険料に日割りと言う考えはありません、必ず1ヶ月単位で保険料は月末の状態で決まります、月末に加入していればその月の1か月分の保険料を支払います、月末に加入していなければ保険料は支払いません。
例えば11月15日で脱退すれば(手続き及び資格喪失日は翌日の16日になる)11月分の保険料は払う必要はありません、ただし保険証は15日まで有効です、つまり保険料の支払いと保険証の有効期間はズレがあるということです。

ただし同月得喪と言う例外があります。
同月得喪というのは同じ月に資格の取得と喪失があった場合です。
例えば11月1日に資格取得で11月15日に脱退(手続き及び資格喪失日は翌日の16日になる)の場合です、この場合は自治体の条例によって決まっているので多くの自治体ではその月の保険料は支払わなくて良いですが、一部の自治体では支払う場合があります。

また保険料の支払いについては次のようなことがあります。
国民健康保険の保険料の支払い方は自治体によって必ずしも同じとは限りません。
ただ一般的な支払方法は次のようなものです。
国民健康保険は年度単位なので4月から翌年の3月に掛けて支払うようになります。
一方金額は前年の収入から計算されます、この前年の収入が確定するのは確定申告が終了したときです、つまり3月15日です、当然4月には間に合いません。
しかもこれが整理され自治体の役所に回り、住民税が計算されてそして国民健康保険料が計算され確定するのは5月頃になります。
ですから実際には6月から翌年の3月に掛けて払います、4月と5月は払いません。
といっても4月と5月は保険料はなしと言うわけではありません。
例えば保険料が年間12万だったとします、4月から翌年の3月までの12ヶ月ですから月額としては1万です。
ただこの12万を6月から翌年の3月まで10回で払えば1回が1.2万になります。
つまり月に1.2万払うがこれは月額ではないのです、月額はあくまでも1万なのです。
要するに払ってない4月と5月分を他の月に上乗せしたと考えても良いでしょう、ですから結果としては同じことです。
ですから国民健康保険では誤解を避けるために通常は何月分とは言いません、必ず何期分と言うのです。
ですから6月から10等分して払う場合は

1期 12000円 納付期限 6月30日
2期 12000円 納付期限 7月31日
3期 12000円 納付期限 8月31日
4期 12000円 納付期限 9月30日
5期 12000円 納付期限10月31日
6期 12000円 納付期限11月30日
7期 12000円 納付期限12月29日
8期 12000円 納付期限 1月31日
9期 12000円 納付期限 2月28日
10期 12000円 納付期限 3月31日

となります。
ここで11月15日に脱退すれば支払うのは10月までです、これを月割りにすれば、月額1万ですから4月から10月まで7ヶ月と言うことで

1万×7ヶ月=7万

つまり保険料は7万支払わなければいけないのですが、実際に支払われたのは10月31日の納付期限の5期分とまでの5回ですから

1.2万×5回=6万

つまり10月までに支払ったのは6万円です。
これを支払わなければならない7万から引くと

7万-6万=1万

つまり1万円足りないわけです、この1万円を改めて役所は請求すると言うことです。

質問者の方の場合は退職の為と言うことで恐らく年の途中で国民健康保険に加入したのでしょうし、保険料の金額も異なるので上記とは全く同じとは言えませんが、要は保険料の1か月分と月払う金額とは異なるので年の途中で脱退して清算すると追加請求される場合があるということです。
これは決して11月分を請求されるということではありません、11月分は請求されないが清算した段階で不足分を請求されたということです。
よくこれを11月分は請求されないはずなのに、どうして請求されたのかと疑問思う人が多いので一応言っておきます。

>同様に国民年金から厚生年金の切り替えの場合も教えて下さい。

国民年金についても保険料に日割りと言う考えはありません、必ず1ヶ月単位で保険料は月末の状態で決まります、月末に加入していればその月の1か月分の保険料を支払います、月末に加入していなければ保険料は支払いません。
ただ国民年金に関しては国民健康保険より単純で、例えば11月16日に厚生年金に切り替えれば、11月1日に遡って厚生年金に加入となります、ですから11月の国民年金の支払いは不要です。

>国保は会社を退職後、自分で市役所で加入手続きをしなければ加入されないままなのでしょうか?

そうです。

国民健康保険は多くの自治体では下記のようになっています(一部例外もあるようですが)。
国民健康保険は資格喪失後14日以内に手続きをすることになっています。
14日以内に手続きをすれば退職日の翌日まで遡って、その日から適用されますが14日過ぎると手続きをしたその日からしか適用されません。
ただし保険料は資格喪失日から請求されます、つまり14日過ぎて手続きをすると資格喪失日から手続きをした前日までは保険料は取られるが保険は適用されないということです。
これはいわば14日以内に手続きをしなかったペナルティと思ってください。

また国民健康保険の加入の手続きは市区町村の役所でします。
必要なものは印鑑と基本的には退職前に会社で加入していた健保の被保険者資格喪失証明書です。

それから入社して健康保険に切り替えても、自動的に国民健康保険から脱退とはなりません、国民健康保険の脱退の手続きをしなければなりません。
保険証が手に入ったら市区町村の役所に連絡して健康保険の被保険者者になった旨を伝えて脱退届けの書類とそのときの添付書類(恐らく一般には新しい健康保険の保険証のコピーだと思いますが、自治体によっては加入証明のような書類を要求されるかもしれません)について聞いてください、通常は郵送でも処理できるはずです(郵送で処理できないと言われれば役所に出向くことになりますが)。
もし重複して保険料を支払ってしまった場合は、返還されると思いますので振込口座を書いて同封するように言われるかも知れません。
書類が着いたら脱退届けの所定の項目に書き込み、国民健康保険の保険証と、添付書類、振込口座を書いたもの、これらを送付すれば市区町村の役所で処理しくれるはずです。
恐らく脱退届けの用紙は複数枚の複写になっていて、脱退の処理が完了すればそのうちの1枚が脱退通知として返送されてくるはずです。

>月の途中から国保→社保へ切り替わった場合、その月は国保と社保の
2種類の保険料を納めなければならないのでしょうか?

一般にはそのようなことはありません。

国民健康保険の保険料に日割りと言う考えはありません、必ず1ヶ月単位で保険料は月末の状態で決まります、月末に加入していればその月の1か月分の保険料を支払います、月末に加入していなければ保険料は支払いません。
例えば11月15日で脱退すれば(手続き及び資格喪失日は翌日の16日になる)11月分の保険料は払う必要はありません...続きを読む

Q失業給付について(契約期間満了退職の場合)

先日、契約期間満了につき退職をしました。

雇用保険の手続きにハローワークへ行くと
「会社都合の退職に該当するので、3カ月の待機なし(待機7日間のみ)で給付が受けられる」
とのことで、書類をひととおりいただいて帰りました。

今日、その書類に目を通していて「個別延長給付」というものを知りました。
これは「倒産、解雇等で退職した場合で、就職活動を行っているのにもかかわらず
失業給付受給期間内に再就職が決まらない場合、給付が延長される」という様なものでしたが、
私のように「倒産等ではないけれど、会社都合で退職した者」は、これには該当しないのでしょうか?

これから就職活動をしますが、給付が行われる3か月以内に就職できなかったら、
という心配から(ハローワークの方に聞かれたら怒られそうですが)就活と並行して
「受給出来る期間を延ばすため(と、スキルを身につけるため)に、職業訓練を受けようか」
と、考えているところです。

でも、もしこの「個別延長給付」をしていただけるなら、
それも選択肢のひとつになるな、と思ったので。
私の場合、やはり個別延長給付には該当しないでしょうか?
どなたか詳しい方、アドバイスを是非お願いします!

先日、契約期間満了につき退職をしました。

雇用保険の手続きにハローワークへ行くと
「会社都合の退職に該当するので、3カ月の待機なし(待機7日間のみ)で給付が受けられる」
とのことで、書類をひととおりいただいて帰りました。

今日、その書類に目を通していて「個別延長給付」というものを知りました。
これは「倒産、解雇等で退職した場合で、就職活動を行っているのにもかかわらず
失業給付受給期間内に再就職が決まらない場合、給付が延長される」という様なものでしたが、
私のように「倒産等ではな...続きを読む

Aベストアンサー

個別延長給付とは下記のようなものです。

http://chiba-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/koyou_hoken/tetsuzuki/koyouhoken/koyouhoken20.html

そこにあるように個別延長給付に該当する為には特定受給資格者・特定理由離職者であることが前提です。
また契約期間満了の場合は特定受給資格者・特定理由離職者である場合とそれ以外の両方があります、そしてどの場合でも3ヶ月の給付制限期間はありません。
つまり契約期間満了の場合は

1.3ヶ月の給付制限期間はないが後は一般離職者と同じ
2.3ヶ月の給付制限期間はなくて特定受給資格者あるいは特定理由離職者である

というふたつがあり、2であれば個別延長給付の対象ですが1であれば対象ではありません。
ですがどちらも給付制限はないので

>「会社都合の退職に該当するので、3カ月の待機なし(待機7日間のみ)で給付が受けられる」

しか書いていないので1と2のどちらかは判別できないのです。
判別するためには雇用保険受給資格者証がありますね

https://www.hellowork.go.jp/dbps_data/_material_/localhost/doc/info_1_e5_02.pdf

その12.離職理由の2桁のコードがどうなっているかが問題ですが、どうなっているでしょうか?

個別延長給付とは下記のようなものです。

http://chiba-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/koyou_hoken/tetsuzuki/koyouhoken/koyouhoken20.html

そこにあるように個別延長給付に該当する為には特定受給資格者・特定理由離職者であることが前提です。
また契約期間満了の場合は特定受給資格者・特定理由離職者である場合とそれ以外の両方があります、そしてどの場合でも3ヶ月の給付制限期間はありません。
つまり契約期間満了の場合は

1.3ヶ月の給付制限期間はないが後は一般離職者と同...続きを読む

Q認定日は求職活動になる?

給付制限が3ヶ月終わって最初の認定日にこの前行ってきました。
呼ばれて最初は申告書に間違えはないのか確認の話をして、その後また違う窓口で簡単な話しをしました。
その時に『今日来て頂いたので求職活動になります。求職活動はあと1回すれば大丈夫です。』と言われたのですが、ちょっと不安になり色々調べてみたのですが、そこには認定日に行っただけでは求職活動の実績のうちに入りませんという事しか書かれていませんでした。

地域によって違うのかなとは思うんですが…。
誰か知っている方おられたら返答よろしくお願いそます。

Aベストアンサー

なりますよ。認定日の日付で"職業相談"と記入すれば良いです。
認定日にハローワークに行かれた時、求人リストは渡されなかったですか?
自治体によって違いはあるかもしれませんが、私が住んでいる地域では
それを渡すことで職業相談にカウントすることになっていると説明を受けました。
もしくは需給者証に職業相談の印鑑を認定日の日付で押してくれてませんか?

Q離職区分2Dについて

離職票の件で質問させていただきます。

契約社員の契約期間満了で退職いたしました。

会社側から契約期間で雇用契約終了の通知を受けましたが、受領した離職票には離職区分2Dとして、労働者側からの契約更新または延長を希望しない旨の申出があったに丸がされています。私からの申出はしていません。できれば延長を希望していました。
これでは、失業保険の受給期間が大きく変わってくると思われます。
どなたか専門的なことでご存じ方のがいらっしゃいましたら、今後の手続きについて教えていただけませんでしょうか。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>これでは、失業保険の受給期間が大きく変わってくると思われます。

受給期間以前の問題で2Dだと離職の日以前2年間に賃金支払基礎日数が11日以上の被保険者期間12ヵ月以上あることが受給条件ですから

>勤続期間は6か月です。

ということなら受給資格がありません。
ですから質問者の方は更新を望んだがそうはならなかったということであれば、2Cとなり労働契約期間の満了(働く側が更新を希望した場合)で特定理由離職者1であり離職の日以前1年間に賃金支払基礎日数が11日以上の被保険者期間6ヵ月以上ということで受給資格があります。

>今後の手続きについて教えていただけませんでしょうか。

下記をご覧下さい。
離職理由の判断手続きの流れです。

https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_basicbenefit.html#h3

そこにあるように安定所で異議を申し立ててください。
会社都合か自己都合か等は会社が決めるものではなく、あくまでも判断するのは安定所です。
また自己都合でも安定所の判断によっては、三ヶ月間の給付制限期間が免除される場合もあります。
つまり安定所は会社の退職理由をそのまま鵜呑みにするわけではありません、退職者の申し立てと会社に事情聴取したものを総合的に検討して判断を下します。
安定所は上記のように処理をして、それなりに常識を持った判断を下すはずです。

>これでは、失業保険の受給期間が大きく変わってくると思われます。

受給期間以前の問題で2Dだと離職の日以前2年間に賃金支払基礎日数が11日以上の被保険者期間12ヵ月以上あることが受給条件ですから

>勤続期間は6か月です。

ということなら受給資格がありません。
ですから質問者の方は更新を望んだがそうはならなかったということであれば、2Cとなり労働契約期間の満了(働く側が更新を希望した場合)で特定理由離職者1であり離職の日以前1年間に賃金支払基礎日数が11日以上の被保険者期間6...続きを読む


人気Q&Aランキング