おはようございます。
疑問に思っていることを教えて下さい。

通常、リサイクル料金預託済の車を下取りしたら、相当分を返金(うちでは新しく購入される車の代金である売掛金に充当します)

この下取り車がリース車の場合はどうなるのでしょうか?
※契約した方が毎月のリース料金を支払う中にリサイクル預託金分は入っているとします。

リース契約でのリサイクル料金は所有者であるリース会社であると思います。ですので相当額を返金は預託者であるリース会社にだと思います。ですが、リサイクル料金分は契約した方(下取りにだした方)が↑の場合だとリース会社に払っているかと思われます。

その場合は、返金処理はリース会社ではなく、下取した者にするのが適切でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「この下取り車がリース車の場合」


リース契約が有るのに下取りしたのですか?
リース会社の承認は得られているのですか?
再リース満了で使用者の物となった物件ですか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリースとレンタルの違いは?

リースとレンタルの違いはどう違うのでしょうか?

私の認識は
レンタル:短期間
リース:長期契約
です。

会社では、プリンター、パソコンなどをリースにしているケースがよく聞かれますが、
それはどういった理由からなのでしょうか?
よく節税対策などとは耳にするのですが・・・

会社で働くうえで、リースの正しい知識を教えて頂けますか。

1 レンタルとリースの違い
2 リースにするか、購入にするかの選択基準は?
3 リースと税金(節税)の関係
4 リースと原価償却の関係

Aベストアンサー

 レンタルとリースの違いについては、おっしゃるとおり、レンタルが短期でリースが長期です。
 リースにするか、購入にするかについては、一概にどちらがいいとは言えません(リース会社はリースの利点を強調するでしょうが)。2番から4番の質問については、以下を参考にしてください。

[リースの場合]
●メリット
1.まとまった資金が不要
2.予算に拘束されにくい
3.必要経費で処理できる
4.全て目で見える経費
5.所有による手間がない
6.信用調査の際の信用のバロメーターとなる
7.再リースは割安
●デメリット
1.所有欲を満たせない
2.中途解約は違約金が発生する
3.固定的な支払い
4.金利負担があり、トータルで割高
5.下取りに出せない

[買い取りの場合]
●メリット
1.所有欲を満たせる
2.金利負担がなく、トータルで割安
3.下取りに出せる
●デメリット
1.償却の手間がかかる
2.まとまった資金が必要
3.新機種が出たとき、また業務ニーズの変化があったときに対応しずらい

 また、現在は「IT投資促進減税」期間であり(2006年度まで)、大量にOA機器を必要とするのであれば、購入の方がよさそうです(ハードウェアの場合、資本金3億円超の会社は年間600万円以上の購入、資本金3億円以下の会社は年間140万円以上の購入が要件)。

 といった感じです。

 レンタルとリースの違いについては、おっしゃるとおり、レンタルが短期でリースが長期です。
 リースにするか、購入にするかについては、一概にどちらがいいとは言えません(リース会社はリースの利点を強調するでしょうが)。2番から4番の質問については、以下を参考にしてください。

[リースの場合]
●メリット
1.まとまった資金が不要
2.予算に拘束されにくい
3.必要経費で処理できる
4.全て目で見える経費
5.所有による手間がない
6.信用調査の際の信用のバロメーターとなる
7....続きを読む

Qリース車両の下取りについて

車両のリース契約について、会社が所有する車両を下取りすることになりました。

帳簿価格    300,000
下取価格    500,000

車両代金   1,400,000
下取充当額 △500,000
支払合計額  900,000

と車両の明細がありました。

しかし、リース契約で、手数料が発生するということなので

支払総額  1,200,000
支払回数      60回
毎月支払額  20,000
(手数料含み)

となっていました。

この場合の仕訳を教えてください。
新規車両については毎月リース料として費用計上が適切なようです。


宜しくお願いします。

Aベストアンサー

使用者には、リース車両に対しての所有権が無いので下取りに出すこと(売却など)は出来ません。

リース会社から購入(使用者から所有者に変更)した後、下取りに出すという方法はありますが、
この場合は、リース料として処理していた費用(120万)を割賦購入費用に変える必要があります。

そもそもリース物件(借りている物)を資産計上出来ないので、
帳簿価格30万円って何なのでしょう。

Qリース・ウイザースプーンが出てる作品

どんなタイトルかご存知の方、教えて下さい! 

断片的な記憶ですが、リースの役は恐ろしい女子高生です。喧嘩は強いし、ずる賢くて、殺傷・殺人OK(だったと思う)。ある時、男(キーファー・サザーランド)を騙して、金銭的なものをせしめようとするのですが、車の中で襲われそうになり、ドタバタ後とうとう銃で撃ちます。そのためキーファーは車椅子と点滴の身体障害になります。なんとその奥さん役が、あのブルックシールズなのですが、彼女はその旦那さんにヘンタイ趣味があったことを知り、ショックで拳銃自殺します。リーザは少年院に入っても、そこのボスを倒し舎弟にしてた・・・、とこんなカンジなのですが、最後はどうなるか覚えてません。かなりシニカルな衝撃で面白かったように思います。

1998年に海外のTVで見たので、映画かTV番組か定かじゃありません。でもたぶん映画館をTVで放映したカンジでした。だから1998年より以前の作品と思います。

レンタルしようと思ってますが、俳優名だけじゃなかなか検索しても出てこなくて・・・。どなたかご存知の方、よろしくお願いします!!

どんなタイトルかご存知の方、教えて下さい! 

断片的な記憶ですが、リースの役は恐ろしい女子高生です。喧嘩は強いし、ずる賢くて、殺傷・殺人OK(だったと思う)。ある時、男(キーファー・サザーランド)を騙して、金銭的なものをせしめようとするのですが、車の中で襲われそうになり、ドタバタ後とうとう銃で撃ちます。そのためキーファーは車椅子と点滴の身体障害になります。なんとその奥さん役が、あのブルックシールズなのですが、彼女はその旦那さんにヘンタイ趣味があったことを知り、ショックで拳銃自殺...続きを読む

Aベストアンサー

http://www.tsutaya.co.jp/item/movie/view_v.zhtml?pdid=10023011
連鎖犯罪 ~逃げられない女

かな

Q自動車のリサイクル料金 廃車・下取り時

こんばんは
ディーラー側の自動車のリサイクル料金について教えて下さい。

リサイクル料金預託済みの車を下取りした際には、次の所有者がそのリサイクル料金を引き継ぎますので、前所有者にその分のリサイクル料金を返金(車購入するならその代金に引き当て)するのが適当だと思うのですが、廃車する車を0円で下取って新しい車を買われる場合はリサイクル料金はどのようになってくるのでしょうか?

廃車するのだから、リサイクル料金相当額を新たに購入する車の代金に引き当てる必要はないでよいのでしょうか?

うまく文章がまとまってなくご迷惑おかけしますが、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

>廃車するのだから、リサイクル料金相当額を新たに購入する車の代金に引き当てる必要はないでよいのでしょうか?
その通りです。
廃車にするときの所有者は、リサイクル料を負担するわけですが、
必ずしも直接自分で処理する場合ではなく、デーラー等に引き取ってもらう場合も同様です。

別の車に引き継ぐという考え方はなく、リサイクル券を含めて下取価額0円なので、
>前所有者にその分のリサイクル料金を返金(車購入するならその代金に引き当て)する
と言う場合、リサイクル料に相当する金額により、下取価額が付いた
(たまたま同じ金額だった)と言う考え方をした方が良いです。

そもそも、前の車と、買い換えた車 とのリサイクル料が同じとは限らないですから
前の車のリサイクル料を、新しい車のリサイクル料には充当できません。

またその後、もしデーラー側が中古車として出しても、リサイクル料を含めた金額で
下取価額を0円とした時点で、売り手(下取車を出した方)にとっては、
正確にはリサイクル料でなくても、その車の処分費用としての性格を持つものと
考えれば良いかと思います。

私もうまく文章がまとまってないのですが。。..

>廃車するのだから、リサイクル料金相当額を新たに購入する車の代金に引き当てる必要はないでよいのでしょうか?
その通りです。
廃車にするときの所有者は、リサイクル料を負担するわけですが、
必ずしも直接自分で処理する場合ではなく、デーラー等に引き取ってもらう場合も同様です。

別の車に引き継ぐという考え方はなく、リサイクル券を含めて下取価額0円なので、
>前所有者にその分のリサイクル料金を返金(車購入するならその代金に引き当て)する
と言う場合、リサイクル料に相当する金額により、...続きを読む

Q「リースは経費だから減価償却しない」という言葉の真意は?

「リースは経費だから減価償却しない」
という言い方を何度か聞いたことがあります。

この言葉の中に2つの疑問があります。
(1)「リース物件は有形固定資産ではないから減価償却の対象にならない」ということなのでしょうか。
(2)「経費にする」⇔「減価償却する」 どういうモノは経費にし、どういうモノを減価償却するのでしょうか。
 (ごく一般的な概念でけっこうです)

Aベストアンサー

 こんにちは。

(1)「リース物件は有形固定資産ではないから減価償却の対象にならない」ということなのでしょうか。

 そもそも,リース物件は資産ではありません。借りているだけですから。
 ですから,貸借対照表にも掲載されません。通常は,予算の賃借料で支出されます。

(2)「経費にする」⇔「減価償却する」 どういうモノは経費にし、どういうモノを減価償却するのでしょうか。

 ごく簡単に書きますと,資産に該当する什器備品は「減価償却」され,それ以外の什器備品やリース契約している備品は「減価償却」の対象になりません。
 
 ちなみに,原則的には10万円未満のものは「消耗品費」で,10万円以上のものは「備品」となります。
 このうち「備品」は,買ったときに全額経費にならず,その使用できる期間,いわゆる耐用年数にわたって「減価償却」していきます。

Q固定資産売却 仕訳(車両下取りと購入時

昨年度事業を始めたばかりの個人事業です。今月車を買い替えました。
今まで使用していた車は
取得金額は   980260
今期期首残高は 814842
減価償却は定額、耐用年数は4年。償却率は0.25で
計算しています。
車は下取りで 570000円 現金で売りました。
下取り金額を頭金にして新車購入をローンで組んでいます。このばあいの帳簿の処理について教えてください。

まず 売却した車の仕訳ですが
5月までの減価償却で 91899
期首 814842-91899= 722943 (6/1時点)

現金   570000  / 722943 車両運搬具
売却損  152943

新車購入では
車両運搬具  2080902 / 2535405  長期未払金
租税公課    182000 
保険      42800
雑費      50598
分割手数料   165405
リサイクル法  13700
(このリサイクル法がどの科目か分かりません)

で仕訳をしました。
ただ頭金を入れてのローンを組んでいるのに長期未払い金は頭金なしの金額なんです。
立替払代金は 1935405
支払総額は  2535405
毎月はどういう処理をしていいのかも分かりません。
仕訳も間違っていないか併せて教えてください。

昨年度事業を始めたばかりの個人事業です。今月車を買い替えました。
今まで使用していた車は
取得金額は   980260
今期期首残高は 814842
減価償却は定額、耐用年数は4年。償却率は0.25で
計算しています。
車は下取りで 570000円 現金で売りました。
下取り金額を頭金にして新車購入をローンで組んでいます。このばあいの帳簿の処理について教えてください。

まず 売却した車の仕訳ですが
5月までの減価償却で 91899
期首 814842-91899= 722943 (6/1時点)

現金 ...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

支払総額が2,535,405円で、下取り分570,000円を差し引いて
残り1,965,405円についてローンを組んだということですよね。
そうしますと(金額はそのまま使わせていただきます)、

(1) 旧車輌の下取り直前の減価償却
   減価償却費 91,899 / 車輌運搬具 91,899

(2) 旧車輌の下取り売却((4)で頭金に充当します)
   現    金 570,000 / 車輌運搬具 722,943
   車輌売却損 152,943 /

※旧車輌については強いて減価償却しなくても問題ありません。
 減価償却しない場合には
   現    金 570,000 / 車輌運搬具 814,842
   車輌売却損 244,842 /
 となります。

(3) 新車の購入
   車輌運搬具  2,080,902 / 未 払 金 2,535,405
   預  託  金   13,700 /
   長期前払費用 165,405 /
   租 税 公 課   182,000 /
   損害保険料    42,800 /
   雑    費    50,598 /

※ここでの未払金は下取り分を差し引く前の金額です。

※自動車リサイクル法に基づくリサイクル料負担金については
 預託金(又は預け金など)で処理し、今後買い換えたときは
 その預託金を貸方に振り替えます。

※分割払い手数料については、分割払いの期間が翌年1月1日以降
 1年を超えると推測して、一旦、長期前払費用としました。
 本年分の決算整理で、本年中に支払った「未払金」に対応する部分を
   支払手数料 ××× / 長期前払費用 ×××
 のように処理します(翌年以降も同様です)。

(4) 下取り代金の頭金への充当
   未 払 金 570,000 / 現    金 570,000


(1)~(4)を合成すると次のような仕訳になります。
   車輌運搬具  2,080,902 / 車輌運搬具  814,842
   預  託  金   13,700 / 未  払  金 1,965,405
   長期前払費用 165,405 /
   租 税 公 課   182,000 /
   損害保険料   42,800 /
   減価償却費   91,899 /
   雑    費    50,598 /
   車輌売却損   152,943 /

※下取り分について減価償却しないときは、減価償却費分が
 車輌売却損に加算されます。

(5)月々の処理(ローンの支払い)
   未 払 金 ××× / 現 金 預 金 ×××

というふうになりますが、いかがでしょうか?

旧車輌・新車両を自家用としても使用されている場合には、
上記の各経費(決算整理で振替えられる分割払い手数料も含みます)
のうち自家用部分については必要経費とはなりませんので、
決算整理で事業主貸に振替える必要があります。

現在は消費税の免税事業者のようですから関係ありませんが、
今後課税事業者となった場合に車輌の買い換えを行ったときは、
旧車輌の下取り価格のうち事業用部分は課税売上となり
(簡易課税の場合は第四種事業)、新車両のうち事業用部分は
課税仕入(原則課税の場合のみ)となります。

こんばんは。

支払総額が2,535,405円で、下取り分570,000円を差し引いて
残り1,965,405円についてローンを組んだということですよね。
そうしますと(金額はそのまま使わせていただきます)、

(1) 旧車輌の下取り直前の減価償却
   減価償却費 91,899 / 車輌運搬具 91,899

(2) 旧車輌の下取り売却((4)で頭金に充当します)
   現    金 570,000 / 車輌運搬具 722,943
   車輌売却損 152,943 /

※旧車輌については強いて減価償却しなくても問題ありません。
 減価償...続きを読む

Qプログラムリースの会計処理について

プログラムリースの会計処理について質問です。
プログラムリースによりソフトウェアをリースします(弊社は借り手側です)。

平成21年1月14日「ソフトウェアに関する会計処理について(通知)」に関する実務指針
によりますとリースするソフトウェアが将来の収入獲得又は支出削減が確実の場合は固定
資産処理することが記載されています。
ただ、この通知が学校法人に向けた通知なのですが、一般企業にも適用されるのでしょうか?

また、固定資産処理とはリース資産として処理するのではなく、無形固定資産のソフトウェアとして
処理するのでしょうか?

以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

学校法人会計は一般企業にゃ適用されねぇよ。ただ、学校法人会計は企業会計に倣ってるから、学校法人会計で見かけたものは企業会計にも同様に規定されてるのではないかと当たりをつけることが出来るぜ。企業会計におけるリース会計では、リース物件に特別な制限を設けちゃいねーから、ソフトウェアもリース会計が適用される。

学校法人会計のそこでいう固定資産処理は、リース資産計上を念頭に置いたものだ。リース資産は固定資産に分類されるもんだよな。

Q減価償却中の車両を売却(下取り)した場合の仕訳

今まで、税理士にお願いをして青色申告をしておりました。
今回から自分でやろうと思っているのですが、素人なので仕訳の仕方がまったく分かっておりません。
借方、貸方の意味も良く分かっていないので、どなたかご教授願います。

減価償却中の車を下取りに出して、車を買い替えました。

未償却残高が60万で下取り価格が70万の場合の仕訳は

取引内容               借方       貸方
車の売却代金(未償却残高分)  現金 700000 車両運搬具 600000
車の売却益                  事業主借  100000

というようにつけるのは色々調べて分かったのですが、
按分率が50%の場合、どのように仕訳ければよいでしょうか?
下記のように貸方に事業主貸をつけるのはおかしい?

取引内容               借方       貸方
車の売却代金(未償却残高分)  現金 700000 車両運搬具 600000
車の売却益(事業分)            事業主借   50000
車の売却益(家事分)            事業主貸   50000

今まで、税理士にお願いをして青色申告をしておりました。
今回から自分でやろうと思っているのですが、素人なので仕訳の仕方がまったく分かっておりません。
借方、貸方の意味も良く分かっていないので、どなたかご教授願います。

減価償却中の車を下取りに出して、車を買い替えました。

未償却残高が60万で下取り価格が70万の場合の仕訳は

取引内容               借方       貸方
車の売却代金(未償却残高分)  現金 700000 車両運搬具 600000
車の売却益           ...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。

>未償却残高が60万で下取り価格が70万・・
>按分率が50%の場合

未償却残高が60万円で、按分率が50%ならば、事業主の帳簿価格は半分の「30万円」のはずですから、下取り価格も半分の「35万円」です。

仕訳は、

〔借方〕現金350,000/〔貸方〕車両・運搬具300,000
〔借方〕………{空欄}………/〔貸方〕事業主借   50,000

事業主貸と事業主借を両建てにする仕訳は誤りです。

QPCの個人リースは?

教えてください。

個人事業主(飲食業)なんですが、使っているパソコンが古くなったので買い換えを検討しています。
DELLなど直販の広告を見ていたら、個人リースもあるようです。
毎月、数千円で最新のPCが借りられるとのことで、資金繰りを考えるとリースでもいいかなと思います。

買取と個人リースとどちらがいいのでしょうか?
それぞれにメリットやデメリットがあると思いますが、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

リースには一度に多くの費用を必要としませんから割安感もあります。リースをお勧めします。

参考URL:http://www.hitachi-ap.co.jp/lease/hikaku.html

Q下取り車両の損得?

車両入れ替えにより下取り車の簿価に対し損得が発生しますが、どの様に伝票処理をすればよいのでしょうか?
青色申告で困っています。
何方かお助け下さい。

Aベストアンサー

>15万円の簿価に対し下取り価格0円です
そうですか、下取り価格が0円なんですね。
この場合は、また処理が少し違います。
減価償却の未償却算(簿価15万円)を、営業経費のなかに除却損」という科目を作って、そこに入れてください。
めったに有りませんが、売却益が出た時に譲渡所得となります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報