ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

↓ここを読むと、むしろ岩塩や自然塩のほうが身体に悪いという気がしてくるのですが・・・・どうなんでしょうか?

http://www.global-clean.com/index.html

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

栄養士です。



安全性を重視するなら精製塩(99.99%塩化ナトリウム)をお勧めしますね。

自然塩、岩塩には、塩化ナトリウム以外の成分が3~20%程度含まれています。
日本製の自然塩は安全なレベルですが、
海外製の自然塩・岩塩は本当に安全か疑問があります。

特に岩塩には土、砂以外に、水銀、鉛、クロムなどの重金属も多く
(と、いっても1%以下ですが)含まれています。
また、細菌、バクテリアなども休眠状態で含まれています。
体内で目を覚まし、増殖する可能性が有ります。
胃酸で殺菌できれば良いのですが、最悪の場合、食中毒の原因になるかもしれません。

ホームページは・・・私なら笑って読み飛ばします。
内容がいい加減すぎて、信用できません。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

>安全性を重視するなら精製塩(99.99%塩化ナトリウム)をお勧めしますね。

え、そうなんですか。なんだかネット上だと食卓塩は身体に悪くて
自然塩のほうが良いみたいなことが書かれていたので意外でした。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/27 18:46

>>このHPでは自然塩や岩塩は体に悪いと言いたいわけですから、


私もそう思います。

ところで、植物性タンパク質と、動物性タンパク質ってイコールなんですかねぇ??
もうこの時点でHPを信用したくなくなるなぁ・・・
    • good
    • 6
この回答へのお礼

なるほど、たしかに豆腐の凝固作用と同じことが
人体に起こり得るのか、また、どのくらい影響があるのか、が分かりませんね。
言い出したらタバコを吸っているのに100歳を越えている人もいることですし、なんだか見えない所ですね。

回答どうもです。

お礼日時:2009/06/27 18:39

このHPでは自然塩や岩塩は体に悪いと言いたいわけですから、それを読んでそんな気がするのは自然なことではないでしょうか。


そんな気がすること、に問題があるなら読まなければいいのですよ。

質問文にはこんな回答しかできませんが、HPの内容が正しいか正しくないかが知りたいのですよね?
パソコン一つで世界中のことが分かる時代でも、解明・証明されてないことがたくさんあります。このHPでもそんな塩のもつ性格のいくつかについて述べられているに過ぎません。ちょっとした条件一つで嘘にも本当にもなります。
毒も薬も使い方の問題で同じものです。
とりあえず、私は「にがり」は毒だと認識していますが、自分が何を必要としているかで変わります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なるほど、にがり、がどのくらい問題があるのか
よく分らない事象であり、何ともいえない、ということですね。

回答どうもです。

お礼日時:2009/06/27 18:32

海外産の「自然塩、岩塩」は日本の食品衛生法などに適合していない可能性があり除外します。

国によって製法がバラバラですし、地域によって混入物も異なりますので。

国産の「自然塩」ですが、塩田法による生産は、たしか、国内一箇所だけです。他の製品に付いては、イオン交換法によって作られた塩(普通に販売されている精製塩)に各種食品添加物を添加して生産されています。
ごく一部の観光地で、焼き塩を作っていたかと思います。これは、海岸に流れ着いた海草などのゴミを焼いて作るので、漂流してくる海草などの汚染状況によって変化します。

国産の「岩塩」ですが、岩塩自体は日本には存在しません。ナトリウムを多く含む温泉の水等から生産されたものです。細かい数値は忘れましたが、山梨県塩山市の「塩」(昭和の半ば頃まで流通していたはず)の主成分は硫酸ナトリウムで不純物として比較的高濃度の砒素化合物が含まれていたかと思います。

国内では、「岩塩」の食品関係への使用は昭和の頃は禁止されていました。これは、高濃度の砒素などの重金属が含まれているためです。
瀬戸内のコンビナートなどによる海水汚染・容易に埋め立て可能な用地供給が原因で瀬戸内の塩田は廃止されました。工業プラントで大量生産が可能なイオン交換法が現在の国産塩の主流です。

なお、昭和の頃の知識しかないために間違っている場合があります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/06/27 18:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qニガリを含んだ自然塩の害を主張するHPについて

ニガリを健康のために摂取しようと調べているうちに、URLで、まったく反対の意見を目にしてしまいました

http://www.global-clean.com/html/kaisya-annai.html

この主張に対して、同調または反対の意見をお持ちの方がおりましたら教えてください

よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

動脈硬化もマグネシウムも専門でないのですが、お困りのようですので、門外漢が恥を覚悟でしゃしゃりでてきました。不勉強な点が多々あるとおもいますがお許し下さい。

まず、ご指摘のサイトをざっと見てきました。正直申し上げて、論理展開にあきれてものも言えませんでした。にがりがタンパク質を凝固させるから、腎臓を硬化させて血圧を上げる・血管壁を硬化させる?という主張ですが科学的根拠のないまったくのでたらめです。『「にがり」 の性質は陽性で、陰性の腎臓の糸球体に作用しやすいのです。』こんな記述もインチキです。こういう陽性・陰性などという生理学用語はありません。

にがりの効能を強調している根拠となる研究の概要を説明しますと、高コレステロール血症を起こしやすい体質に操作した動物(LDL受容体ノックアウトマウスやウサギ)に、高コレステロール食を与えて動脈硬化を発生させます。この動物に塩化マグネシウム(にがりの主成分)を添加した飲料水を与えると、血中マグネシウム濃度の上昇と動脈硬化の発生部位と程度の減少が認めれられた、というものです。報告の一つを貼っておきます(英語)。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=PubMed&list_uids=10878506&dopt=Abstract

いくつか他の研究者の論文も出ているようですので、この結果は現象面では正しいと思います。ですがこれを見て、短絡的に「動脈硬化ににがりが効く」と思わないでください。
理由は、
1.まず、動脈硬化の発生要因は高コレステロール血症だけではありません。また、高コレステロール血症の発症要因もLDL受容体の欠損や機能低下だけではありません。他の要因で起こった動脈硬化には効かない可能性もあるはずです。この「他の動脈硬化に効くかどうか」ことについては確認されていません。

2.この実験は人間では行われていません。ですから、どんな症状のヒトがどの程度にがりをのめば有効か、または身体に害がないかという点は全くわかっていないのです。

にがりに限らずいろんな食べ物・健康食品で、この点をきちんと説明しないままメディアで有効性ばかりが強調されているので、頭を抱えている専門家が沢山いるのです。

身体機能をスムーズに働かせるために、ミネラルが不足しない程度ににがりを摂取することは大変良いことです。ですが、飲めば飲むほど血中濃度が上がるわけではありませんし、それだけ効くというわけではありません。過剰になれば尿中への排泄量が増え、それを越えると下痢になるので無駄に捨てているだけになります。腎臓障害のある人は排泄がうまくいかないので過剰摂取には要注意です。また、カルシウムとマグネシウムの摂取比率は2:1が望ましいとされていますので、マグネシウムだけ一生懸命とってもこの比率が崩れてしまいます。
http://www.yakult.co.jp/institute/japanese/yougo/sanko16.htm

マグネシウムとして一日300mgが摂取目安量、700mgが摂取上限量です。マグネシウムを多く含む食品( 穀類、野菜類、種実類、豆類、海藻類など)が充分取れていれば、何もにが~い思いをして無理ににがりを沢山飲む必要はありませんョ。

長くなりましたが、「腎臓に障害がなければ特に有害ではないが、それほど一生懸命飲む必要もない」が私の結論です。

動脈硬化もマグネシウムも専門でないのですが、お困りのようですので、門外漢が恥を覚悟でしゃしゃりでてきました。不勉強な点が多々あるとおもいますがお許し下さい。

まず、ご指摘のサイトをざっと見てきました。正直申し上げて、論理展開にあきれてものも言えませんでした。にがりがタンパク質を凝固させるから、腎臓を硬化させて血圧を上げる・血管壁を硬化させる?という主張ですが科学的根拠のないまったくのでたらめです。『「にがり」 の性質は陽性で、陰性の腎臓の糸球体に作用しやすいのです。』こん...続きを読む

Q岩塩(塊)の使い方を教えてください!

知人から岩塩をいただきました。
きれいなピンク色で、ピンポン玉をつぶしたくらいの大きさの塊です。

知人の話によると、おろし金で削って料理にかけるとおいしいよ!とのことでしたので
早速家にあったプラスチック製のおろし金でこすってみたら、
岩塩の硬さに負けて逆におろし金が削れてしまいました・・・

この岩塩を使うためには、金属製のおろし金を買ってくるしかないですか?
何か他に簡単な使い方はありますか?

また、レストランにあるようなソルトミルもおしゃれでいいなと思っているのですが
大きい塊の岩塩はソルトミルの瓶に入らないですよね?
どうやって瓶に入るサイズまで細かくするんですか?

無知で申し訳ありません。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

アンデスのローズソルトですね。
ピンク色は鉄分の色です。そのほかにもMg、Caなどの
ミネラルを含み、純粋な食塩に比べてまるい味になっています。

さて、食塩の結晶はかなり硬いものです。
プラスチック製のおろし金ではダメですが、銅製のおろし金でも
少しずつ角が削れてきます。できればステンレス製がいいでしょう。
お金に糸目をつけなければソルトミルです。
食塩は強度は高いのですが、割れやすいので手のひらやまな板の上に
置いて、金槌で叩けば簡単に割ることができます。
布袋に入れて粉々になるまで金槌で叩けば、通常の食塩入れに
入れることもできます。

Q岩塩では内部被曝しませんか?

アホな質問ですいません。

我が家では何年か前から、ヒマラヤのピンクソルトという岩塩を使っています。
最近ふと気になったのですが、岩塩は長い時間放射線を浴びてああいう
色になったんですよね。

だとしたら、岩塩そのものには放射性物質は含まれていないのでしょうか。
もし含まれているのなら、どれくらいなのか教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

 放射線を浴びたから単純に放射能を持つということではありません。

 岩塩に含まれるミネラルの中には多少なりともカリウムがあるでしょうし、そのうちのまたわずかな量が放射能を持つカリウム40であると思います。であるならば岩塩自体も放射能を持っており、それを口にすれば被曝すると考えていいと思います。
 被曝量はひとえに含まれるカリウムの量に左右されますが、概ね1グラム当りの放射能強度は30.4Bqだということです。お手元の岩塩のカリウム含有量から計算してみてください。

 ただし、岩塩による被曝量が仮にヒトに危害を与えるレベルのものであるのなら、遡れば紀元前からハムやソーセージに岩塩を使っていたヨーロッパなんか、人類が存在していること自体がおかしいです。
 アホな質問とは思いませんが、岩塩による内部被曝を心配する意味はないと思います。

 ヒトを含めてこの世のすべてのものはなにがしかの放射線を出しているんですよ。仮に彼女と一晩添い寝すると0.05μSvの被曝をするとか。

Q添加物の少ない調味料、おすすめを教えてください

砂糖、酒、醤油、塩、みりん、だし(和・中・洋)、味噌他、、
今後、調味料をできるだけ添加物の少ないもの、又は安全なものに変えていこうと思っているのですが、意識の高い皆様のおすすめの<市販の商品>があれば教えていただけると有り難いです。(今回、手作りについては省かせてください)

一般家庭でかけられる時間とお金の範囲内にて、少しでもマシなものを、、という感覚で、神経質に完全に天然100%を求めているわけでは全くありません。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

調味料は少しこだわるだけで本当に味に違いが出るので、お財布と相談の上、良い物を使いたいですよね。
我が家の場合は私が化学調味料アレルギーなので、必然的に無添加になりました。

●砂糖
ご存知の通り上白糖は、体を冷やすので使っていません。
基本は甜菜糖です。
これを使っています。近所のスーパーでも売っていますし、一般的に流通していると思います。
http://item.rakuten.co.jp/mamapan/14000106/
あとは、オリゴ糖とかメープルシロップとか水あめとかですね。

●酒
いわゆるアル添(アルコール添加)でないものを使っています。
別に何でもいいのですが、こういうのが一般的だと思います。
http://c.oshiete.goo.ne.jp/kotaeru_reply.php3?q=7630044
「純米」と記載されているものです。
あとは、パックに抵抗がなければ
http://item.rakuten.co.jp/lw-hana/114031/
このような物もあります。
我が家は、パックの純米酒(飲料用)を料理酒として使うことが多いです。割安なので。

●醤油
醤油は好みによるところが大きいので、いくつも試して自分の好みと用途に合ったものを探されるのがいいと思います。
我が家で料理用に使っているものは、
http://item.rakuten.co.jp/uzumasa/mu10006/(大豆・小麦・食塩)
ポン酢を作るときにも使っています。
付け醤油として使っているのは、
ttp://item.rakuten.co.jp/tamamo/60251/#60251(大豆・食塩のみ)
あとは、少し高いですけど、これは美味しいです。百貨店などで扱っています。小さいサイズもあります。
http://item.rakuten.co.jp/w-kintetsu/10001966/

●塩
塩は、岩塩をミルで挽いて使っています。
特に銘柄は決めていません。百貨店や輸入食品を扱うお店で購入することが多いです。
塩も好みの部分が大きいのでいろいろ試すと面白いと思います。

●みりん
みりんの良い物はお高いですね。
これは比較的求めやすいかなと思います。
http://item.rakuten.co.jp/aozorasoramame/musoajinoiti/
あとはこれもいいです。
http://item.rakuten.co.jp/inoya/677886/

●だし
だしは、出来合いということですよね?原材料そのものでなく。
和はこれを使っています。
近所のスーパーで売っていて、手頃なので(化学調味料が使えないので出汁が多めにいります。値段勝負)。
http://item.rakuten.co.jp/soukai/4901740112793/
これは高いんですけど、本当に美味しいです。
http://www.konbudoi.info/main/shohin_10bai.html

http://item.rakuten.co.jp/profoods/10006106/
ユウキ食品のこのシリーズはいろいろ出ています。オイスターソースも美味しいです。

コンソメはこれ。
http://item.rakuten.co.jp/yuukiya0097/720654/
最近は、マギーブイヨンの無添加の物が普通のスーパーにも売っていますね。

●味噌
味噌も特に銘柄は決めていません。
その時の気に入ったもので。できる限り原材料が少ない昔ながらの作り方のモノを選んでいます。


>できるだけ添加物の少ないもの
ご存知の通り原材料表示の後ろに行けばいくほど量は少なくなりますが、相対的なモノなので、どれくらい入っているかが分からないというが実情なんですよね。
それでも最近は、焼き肉のたれなどでも無添加の物が普通に売っていますので、近所のスーパーでもいろいろと見つけられると思いますよ。

調味料は少しこだわるだけで本当に味に違いが出るので、お財布と相談の上、良い物を使いたいですよね。
我が家の場合は私が化学調味料アレルギーなので、必然的に無添加になりました。

●砂糖
ご存知の通り上白糖は、体を冷やすので使っていません。
基本は甜菜糖です。
これを使っています。近所のスーパーでも売っていますし、一般的に流通していると思います。
http://item.rakuten.co.jp/mamapan/14000106/
あとは、オリゴ糖とかメープルシロップとか水あめとかですね。

●酒
いわゆるアル添(アルコール添加)...続きを読む

Q「にがり」の危険性について

私の亡くなった祖母は知恵袋のような人でした。
その祖母が生前に「“かんすい”と“にがり”は体に毒なんだよ。けっしてそのまま口にしてはいけないよ」とよく言っていました。

ある安全な食品を薦めるサイトでも「野生動物がけして海水を口にしないのはにがりの毒性をしっているから」と“にがり”をそのまま口にする危険性を説いていましたし、、、。

今“にがりダイエット”が巷で流行っていますね。
昔の人が言っていた事の真実を実感した経験が多いので大変気がかりです。

その危険性について御存知の方、御教授ください。

Aベストアンサー

「かんすい」の毒性は.種類によって.カリウムが含まれている場合があり.「かんすい」として使用する濃度範囲では.心臓毒でしょう。また.アルカリ性なので.(口内表面を細胞を含めて)皮膚をと化します。

「にがり」は.豆腐製造に使う程度の分量の場合には.毒です。豆腐製造程度の濃度で.「下剤」として使われた時期があります。多くの方が「高マグネシウム血しょう」となり体調を崩しましたので.使われなくなりました。

食品添加物にしても.健康食品にしても.「異常な高濃度」に濃縮されている場合が多く.その結果.毒性が現れるのて゜す。分量の加減ができない(知らない)のであれば.毒性のあるものと考えれば良いかと思います。
マグネシウム入り食塩として.使えば.5%食塩なんて塩辛くてとうしょうもないですから.おいそれと食べられるものではありません。自然に存在する「もともと薄い濃度」のものを見つけて食べるだけですから。

Q体をアルカリ性にするには?

こんにちは。
先日病院にて血酸値だか尿酸値が高いとの事で
体をアルカリ性にしなさいと言われました。
そのお医者さんの先輩が痛風持ちの方だったらしいのですが
毎朝バナナを1本食べて酸の値が下がって健康になったとの事で
バナナを勧められました。
ですが買い物に毎日行けない為、バナナは買いだめになり
痛みが早くて困っています。

さてバナナ以外に体をアルカリ性に出来る
食べ物って有りませんでしょうか?
どうか教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

お医者さんも、ちょっと説明が大雑把だったのかな?
(話をわかりやすくするために、あえて「体をアルカリ性」といった表現で説明したのかも?)

人間の体は高度な恒常性を保っており、皆さんがおっしゃるように、食品で体が酸やアルカリに偏ることはありません。

ただし、通風の予防・治療にアルカリ性食品は、とても意味のあることです。

体液のpHの調節には尿が使われており、酸性食品を摂ると尿が酸性に、アルカリ性食品を摂るとアルカリ性になって、酸やアルカリを体外に排出してバランスをとっています。
要するに、アルカリ性食品というのは、尿をアルカリ性にする食品ということです。

そして、通風の原因となる尿酸はそのほとんどが尿で排出されますが、アルカリ性の方が溶け出しやすく、スムーズに排出されます。
ですから、尿をアルカリ性にすることは、通風(や尿路結石)の予防・治療に効果があります。


さて、ご質問の食品についてですが、大まかに言うと、リンや硫黄、窒素を多く含むもの(肉・魚)が酸性、カリウムやカルシウムを多く含む物(野菜・果物)がアルカリ性食品です。

具体的には、以下の表を参考にしてください。
http://www.wellba.com/wellness/food/contents/00301/table.html

表の見方の注意ですが、酸度・アルカリ度の数値だけでなく、食べる量も考慮することが大切です。
例えばシイタケはアルカリ度の高い食品ですが、一度にそれほど多く食べるわけではありません。
一方、先生がおっしゃったバナナは、カリウムを豊富に含み、かつそれなりの量を食べられます。

こういったことを加味して効率の良さそうなアルカリ性食品を挙げると、果物、根菜類、芋、あと(表にはありませんが)ワカメはかなりアルカリ度が高く、少量でも意味がありそうです。
一方、大豆や干しいたけはアルカリ性食品ですが、プリン体も多く含みますので、微妙です。

逆に、注意すべき酸性食品は、鶏肉、卵黄(卵白はアルカリ性)、マグロ、玄米あたりでしょうか?

ただし、食品は薬のように即効で効果があるわけではありません。
以下のサイトでも、実際に影響が出るまで1ヶ月以上かかっています。
http://www6.plala.or.jp/yamaski/fruits/alkaline.htm

「バナナを食べればそれでOK」ではなくて、基本的な食生活を改善する(肉や魚介類を控え、野菜をたくさん摂る。アルコールは通風にも悪影響がありますので、お酒は控えめに。など)ことが大切だと思います。

参考URL:http://www.nhk.or.jp/gatten/archive/2001q1/20010117.html

お医者さんも、ちょっと説明が大雑把だったのかな?
(話をわかりやすくするために、あえて「体をアルカリ性」といった表現で説明したのかも?)

人間の体は高度な恒常性を保っており、皆さんがおっしゃるように、食品で体が酸やアルカリに偏ることはありません。

ただし、通風の予防・治療にアルカリ性食品は、とても意味のあることです。

体液のpHの調節には尿が使われており、酸性食品を摂ると尿が酸性に、アルカリ性食品を摂るとアルカリ性になって、酸やアルカリを体外に排出してバランスをとっ...続きを読む

Q黒砂糖は白砂糖と比べてどの程度害が少ないか

はじめまして。
最近白砂糖がとても有害だということを知りました。
私は白砂糖を使ったお菓子が好物だったのですが、体のため、かなり減らしました。
そこでふと思ったのですが、黒砂糖の場合は、白砂糖ほど有害ではないのでしょうか?

・たいして変わらない
・少しマシ
・そこそこマシ
・けっこうマシ
・全く有害ではない

上記でいうと、どれになりますか?
黒砂糖をそのまま食べるのにハマってるため、気になります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

黒砂糖は白砂糖に比べて「少しマシ」です。
白砂糖だけが問題なのではなく、黒砂糖、ブドウ糖液、炭水化物なども含めた糖質の過剰摂取が心身の不具合を引き起こします。

白糖が問題視されるのは、ビタミンB1などを消耗するだけでなく、ミネラルや不飽和脂肪酸などの不純物が含まれないため吸収が早く、血糖値を特に急上昇させることにもあります。
白米や白パンなどの精白された穀類も同様ですし、ジュースなどの液体では特に急激になるそうです。
急激な血糖値の急上昇を日常的に繰り返すと、すい臓が慢性疲労を起こしてしまい、健康な人だったら別に不具合が起こらないようなことにも耐えられない体質になっていきます。

黒糖は料理に少量使うくらいにして、間食には甘くないもの(煮干、煮豆、ナッツ類、ゆで卵、小さめの胚芽米・雑穀おにぎりなど)を食べます。
タンパク質の積極的な摂取、充分な睡眠、適度な運動も、体質改善のための重要な項目です。

現代日本では、お菓子を毎日たくさん食べるのがふつうの習慣になってますので、糖分の摂り過ぎだという自覚のない人がほとんどだと思います。私もそうでしたんで。

黒砂糖は白砂糖に比べて「少しマシ」です。
白砂糖だけが問題なのではなく、黒砂糖、ブドウ糖液、炭水化物なども含めた糖質の過剰摂取が心身の不具合を引き起こします。

白糖が問題視されるのは、ビタミンB1などを消耗するだけでなく、ミネラルや不飽和脂肪酸などの不純物が含まれないため吸収が早く、血糖値を特に急上昇させることにもあります。
白米や白パンなどの精白された穀類も同様ですし、ジュースなどの液体では特に急激になるそうです。
急激な血糖値の急上昇を日常的に繰り返すと、すい臓が慢性...続きを読む

Qヒマラヤ岩塩が硫黄の味がします

ある温泉地でヒマラヤ岩塩をお土産で買いました。温泉とは関係無かったのですが、珍しくて。

白とピンクと黒の岩塩がセットになっており、産地はヒマラヤ山系だそうです。

舐めてみると、特に黒い岩塩が、硫黄臭く、ちょうど温泉地の硫黄泉と同じような味がしました。

偶然だとは思うのですが、岩塩ってこんな味がするモノなんでしょうか。

Aベストアンサー

岩塩が全てこういう味ではありません。

多分、黒色が原因です。
黒色の理由が、硫化鉄(II) FeS なのでしょう。
実際に、鉱物中の有色成分も鉄が原因であることが多いです。

ただ、ヒマラヤ山系で硫化鉄はあまり聞かないですね。

Qタタキじゃないまったく生のカツオの刺身について

タタキじゃないまったく生のカツオの刺身について

カツオには、皮直下に寄生虫が多くいるから
表面を焼いて(タタキで)食べるんだと何かで教わりました。

なのに最近、刺身用と書かれた焼いてないカツオの短冊を
スーパーでよく見かけます。
寄生虫の問題はどのように解決(?)されたのでしょうか?

ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 アニサキスのことですね。

 アニサキスが実際にヒトに危害を及ぼすのは、生きたまま摂取して胃壁に喰らいついた場合だけなんですが、それでも年間数例は重症にいたる例があるといいます。
 これを防ぐ方法は主に二つ。質問者様の言われるタタキ=加熱によって殺す方法と、冷凍によって殺す方法です。スーパーで刺身用として売っているカツオの刺身の冊は、おそらくは業務用冷凍庫で数十時間凍らせて(家庭用冷凍庫じゃ簡単には死にませんので)アニサキスを殺したものではないかと思います。そういうものの場合、パックには(解凍)と書いてあるはずです。
 (解凍)と書いてないとしたら、スーパーの担当者が無知なのか、表示の決まりをしらないのかのどっちかです。その場合はちょっと怖いですね。

Q濃い塩水を毎日飲むと健康になりますか?

友人に濃い塩水(食塩ではなく伯方の塩などの天然塩)をペットボトル500mlに対して、

おおさじ3杯ほどいれて、毎日朝夕、3口くらい飲むと、健康に良いと言われました。

内容的には、食塩NaClの取り過ぎはよくないが、天然塩はミネラルが多く含まれていて、
人間の体に必要なもので、この水を飲むことによって、内蔵が活発化して、病気になりにくいと言われました。

自分は今まで、塩分の取り過ぎに気を付けていましたが、全く反対の考えです。

この濃い塩水を飲むことは、体にいいのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

高血圧は塩分の取り過ぎが原因です。(ほぼ常識ですね)
日本人は食品などに含まれる塩分を知らず知らず摂取しており、それが血液中の塩分濃度を上げています。
塩分濃度が高くなると、体が自衛の為水分を欲するようになり、結果血液の全体量が必要以上に増えます。(これがむくみの原因です)
水道のホースを考えて頂けると分かり易いと思いますが、ホース(血管)の中を流れる水分量が多すぎるとパンパンになるのと同じで、血管もパンパンに張る事になり、この状態が高血圧という病気なのです。
パンパンに張ったホースを酷使するといずれ破れてしまうのと一緒で、血管もそのうち破裂してしまいます。

夏場に汗をかいて、体から出た水分量が多くなった場合は、1lの水に対して食塩2g(0.1~0.2%の濃度が最適)を入れたものを摂取する事で熱中症予防になりますが、それ以上濃いものになると、塩分過多により、のどが乾いて余計に水分を摂取することになります。(スポーツドリンク系の成分表示を参考にすると分かり易いと思います。)

塩分の過剰摂取は体に良い事はありません。
健康な生活を望んでいるのならおやめになった方が賢明でしょう。

高血圧は塩分の取り過ぎが原因です。(ほぼ常識ですね)
日本人は食品などに含まれる塩分を知らず知らず摂取しており、それが血液中の塩分濃度を上げています。
塩分濃度が高くなると、体が自衛の為水分を欲するようになり、結果血液の全体量が必要以上に増えます。(これがむくみの原因です)
水道のホースを考えて頂けると分かり易いと思いますが、ホース(血管)の中を流れる水分量が多すぎるとパンパンになるのと同じで、血管もパンパンに張る事になり、この状態が高血圧という病気なのです。
パンパンに張っ...続きを読む


人気Q&Aランキング