【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

先日、実験でpHメーターを用いてpHの測定を行った学生です。
実験では、pH7、pH9の標準溶液がおいてあり、そのときの実験で測定する溶液のpHは酸性(4~6)でしたのでpH7の標準液のみの一点校正で行いました。
事前に、pHメーターによる誤差がpH0.2程度生じるというような表記があったためpH7,9で二点校正して酸性のpHをはかると誤差範囲が広がると考えたのですが、
(1)pH7,9で二点校正する必要はあったのでしょうか。

また、測定は溶液の濃度を変えるたびに校正していたのですが、pHメーターの精度上の誤差があるのに毎回校正していいのか という疑問もわいてきました。そのように感じたのは、標準溶液(pH6.86)にメーターを浸した際に、最初はpH6.86付近で安定していたのですが、後半はpH7.00以上で安定し、その際に校正ボタンを押していました。
校正の仕組みがよく分かっていないので自分でもうまく納得ができないのですが、
(2)校正前の浸した段階のpHメーターの読みは関係ないのでしょうか

そもそも、実験の時に気づいてpH4の標準溶液を出してもらえばそれで済んだ部分もありますが、もう既に実験は終わってしまったので、考えられる誤差の要因についてヒントをください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

> (1)pH7,9で二点校正する必要はあったのでしょうか。


#1さんの通りです。

> pHメーターの精度上の誤差があるのに毎回校正していいのか
何度も校正する必要は無い。
何度も校正すると、何が正しいのか判らなくなる。
但し、使用前1日1回の確認は必要。
標準溶液と比較し、許容範囲内であれば、校正の必要はない。指示値が許容範囲を超えていれば、校正が必要。
当然、校正後の確認も必要。

> (2)校正前の浸した段階のpHメーターの読みは関係ないのでしょうか
関係ある。
校正前後の記録を残しておけば、実験結果に不具合があった場合、何処に原因があったか?追跡できる。記録は大切です。

> 考えられる誤差の要因
測定対象を挟む2点の指示値の“不確かさ”が判らないので、何ともいえない。


「校正」と「較正」
「校正」「較正」これは、法律用語です。
2種類、法律があります。
今回は、電波法の「較正」は、誤り。
計量法の「校正」が、適切な表現です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

測定のたびに毎回校正をし直す必要性について、自分の考えに自信が無かったので今回は毎回校正しましたが、今後は実験の最初以外は必要に応じて校正するように心がけます。回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/02 00:12

機器の場合は、較正ではなく校正です。


昔は、較正でしたが現在は校正です
誰かも言っていましたが、専門家がこんな間違えするようでは。

pHメーターの画面にも、ちゃんと「校正」出ますね。
pHメーターの校正は、中性の6.86とあと測定するpHに近い標準液で校正します。校正の仕組みは、正しいpHの液を測っていますので、その値となるように電極の電位のずれを直します。

少しずつ変動する場合は、オートホールドを使えば、
検液と同じ条件で測定できます。

また、多点で校正すれば、広い範囲で正確に測定できますし、
最近のpHメーターは校正時に電極不良を
教えてくれます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

較正と校正についての説明についての解答もありがとうございます。
私も用語には気をつけるようにします。
校正について、説明書・関連サイトだけでは理解できなかったので、ここで質問して良かったです。回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/02 00:07

>(1)pH7,9で二点校正する必要はあったのでしょうか。


早い話、pH7だけで較正(校正じゃないよ、文章ではないのだから)しただけより「マシ」なだけで、
>pH4の標準溶液を出してもらえばそれで済んだ
こちらが本来の姿。
測定範囲を挟む標準溶液を使いましょう。
>(2)校正前の浸した段階のpHメーターの読みは関係ないのでしょうか
関係無いとは言えないが(ひどく違っていたら電極に異常がある可能性がある)、本来「平衡状態」で測定するのだから,安定するまで待つのは正しい。
>最初はpH6.86付近で安定していたのですが、後半はpH7.00以上で安定
理由は不明、電極の老化かもしれない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
(1)
今回使用できる標準試薬がpH7と9でしたので、一点校正は妥当であったと考えることにします。今回、校正について少し学ぶことができたので今後は校正の意義を考えつつ標準試薬を選ぶようにします。
(2)
撹拌することによって空気中の二酸化炭素が溶液に溶けるという話は聞いていたのですが、その逆に標準試薬のpHが上がってしまったため、今回はメーターによる誤差だったとして考察することにします。
実験の条件について説明が足りなかったと思いますが、回答してくださってありがとうございました。

お礼日時:2009/07/01 23:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QpH計の校正について

普通、pH校正用の標準液には7,4,9がありますが、7で校正した後4の校正をして終わりにしていました。先輩が、おしえてくれたので。これを4と9,7と9ではいけないものでしょうか?私が計る検体はpH4~9くらいです。2点より3点校正のほうがの方が、よいのでしょうか、教えてください。

Aベストアンサー

7,4,9と三点校正した方が精度が上がります。
それも一回よりも二回繰り替えした方がいいですね。

私も使っていますが、邪魔くさいものでついつい7と4だけで済ましてしまいます。でも一週間に一回は校正しているので、これでいいかなと思っています。

QpHメーター

水溶液をpHメーターで測定した値とその水溶液との理論値とで誤差が生じるのはpHメーターの精度の問題の他に何が考えられるでしょうか?また、誤差をできるだけ少なくする為にはどのようにすればよいでしょうか?

Aベストアンサー

みなさんが言われているように温度によって値は変化します。pHメータによっては手動で温度を入力するものや、電極に温度センサが内蔵されており、自動的に温度補正してくれるものもあります。

それからpHメータによっては(古いもの?)、電源を投入してすぐに測定すると誤差が大きくなる気がします。あらかじめ電源を投入しておいて、しばらくたってから使用するとよいと思います。

また、通常の水溶液を測定する際には問題になりませんが、土壌pHを測定する時には塩類濃度が大きく影響します。測定対象の塩類濃度が高いと実際の値よりpHが低く出てしまうようです。土壌のpHを測定する際には、普通蒸留水を加えて懸濁液のpHを測定するのですが、塩類を多く含む場合には蒸留水の代わりにKCl溶液を用いることが推奨されています。

QpHメーターの使用法について

pHメーターを使用する際、ガラス電極のゴムキャップははずしますか?
以前そう教えていただいた記憶があるのですが、説明書には載ってなくて…。
単に機種の違いによるものなのでしょうか?

あと、pH4,7,9の3点で校正するのはなぜですか?
それぞれ、測定時に使用する電極が違うのでしょうか?
そうでなかったら、一点を校正すると他の2点がずれてしまうと思うのですが?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ガラス電極先端の保護キャップでしたらもちろんはずして露出しなければなりません。それと、測定時には、電極液(KCl溶液)補充用口のキャップもあけた方がよいそうです。その方がメーターの反応がよくなるそうで。

校正は、まずpH 7で基準となる中性の位置を合わせます。pH 4とpH 9は、感度というか、pH 7からの針の振れ幅が正しくなるように補正するためのものです。ですから、少なくともpH 7とあと1点の補正はするべきです。一般的には、2点補正の場合は、酸性域の測定ならpH 4を、アルカリ性域ならpH 9を使います。

注意しなければいけないのはpH 9(外国製だとときにpH 10)の規準液は、空気中の炭酸ガスによってpHがさがってしまっていることがあることです。保存や鮮度に気をつけましょう。

そういうこともあって、私は日常的には測定域に関係なくpH 7とpH 4の2点校正でやっています。

QpH校正

pH校正についての質問です。酸性、中世、アルカリ性で校正すると思いますが、順番ってあるんですか?

Aベストアンサー

はじめまして.端的に言いますと、原理的にはNo.2の方がおっしゃっている通りですが…通常は標準緩衝液という1.68,4.01,6.86,9.18というタイプのものを使用します.大事なのは、測定したいものを挟める3点の標準緩衝液を使用する事なのです.1)1.68,4.01,6.86,2)4.01,6.86,9.18のどちらかで行うのが最もポピュラーです.       例えばpH3の測定を行いたいのであれば1)で行います.まず、校正の順番は関係ありません.(ここが原理で関係するのであれば、実際の測定試料の順番にも影響するためです)1つの測定が終了すれば精製水等で電極部を洗浄しますし.大事なのは、各々のタイプ1)or2)の真中にある緩衝液で6回程度の再現性を見る事なのです.          その再現性は通常の規定では±0.05,もう一点、全ての校正時(再現性も含む)際の温度が±0.5℃という方法です.緩衝液の表示には、必ず温度変化での緩衝液そのもののpHが表示されていますので、そこから大きく外れなく、かつ上記の規定で校正されていれば問題ありません.     当然、実際の測定時にも校正時の温度規定を考慮(±0.5℃)して測定するのですヨ.

はじめまして.端的に言いますと、原理的にはNo.2の方がおっしゃっている通りですが…通常は標準緩衝液という1.68,4.01,6.86,9.18というタイプのものを使用します.大事なのは、測定したいものを挟める3点の標準緩衝液を使用する事なのです.1)1.68,4.01,6.86,2)4.01,6.86,9.18のどちらかで行うのが最もポピュラーです.       例えばpH3の測定を行いたいのであれば1)で行います.まず、校正の順番は関係ありません.(ここが原理で関係するのであれば、実際の測定試料の順番にも影響するためです)1つの測...続きを読む

QpH計の電極の保管方法について

会社でpH計(電極はHORIBA試験管用pH電極 6378-10D)<http://www.jp.horiba.com/analy/ph_guide/elec_min.htm>を使用しています。

最近、正しいpH計の電極の保管方法がとても気になってしまいネットなどで検索してみたところ、一般的には『蒸留水』でOKという方が多いですが、『保存液』なる塩化カリウム溶液(1mol/L程度)に浸しておくと、より高精度な測定が出来るというのを知ったので実行してはいますが(精度がUPしたような気はします)、実際はどうなのでしょうか???

また、最近メーカーの方が普通の水道水でもOKと言ってましたがどうなのでしょうか???

また、こちらのメーカー側では<http://www.jp.mt.com/seihin/kenkyu/ph_mp220.html>
6.保管
電極先端3cmぐらいを3mol/KCl溶液に漬けて下さい。純水などで保管すると応答が遅くなります。また、寿命が短くなりますのでご注意下さい。
→ 純水等に漬けてしまった場合は、一晩3mol/KClに漬けてからご使用下さい。

とありますが、これは正しいのでしょうか???
まとめると、《保管》塩化カリウム溶液に浸す→《測定》電極を蒸留水で洗い軽く拭き測定。が正確なのでしょうか?

会社でpH計(電極はHORIBA試験管用pH電極 6378-10D)<http://www.jp.horiba.com/analy/ph_guide/elec_min.htm>を使用しています。

最近、正しいpH計の電極の保管方法がとても気になってしまいネットなどで検索してみたところ、一般的には『蒸留水』でOKという方が多いですが、『保存液』なる塩化カリウム溶液(1mol/L程度)に浸しておくと、より高精度な測定が出来るというのを知ったので実行してはいますが(精度がUPしたような気はします)、実際はどうなのでしょうか???

また、最近メーカーの方が普...続きを読む

Aベストアンサー

pH電極の保存方法は、通常やはり塩化カリウム溶液で常に濡れている状態にするべきでしょう。

なぜ蒸留水(水道水)で保存するとダメなのでしょうか。
それは電極の役割(意味)を考えてみてください。
塩橋の役割はイオンが存在する必要があります。そのため電極先端にはゲル状のふたがあると思います。この部分のイオンが減少または乾燥による空気の混入が起こらないように電解質に付ける必要があるのです。電解質が無い場合でも最低限乾燥を防ぐために蒸留水につけるのでしょう。(ゲルが一度乾燥すると中の空気を抜くことは非常に困難です。イオンを中に入れることは拡散で可能ですので)

以上の理由より、電極は最低限乾燥させない事と、イオン濃度が変わらないように電解質に付けることが良いと思われます。

Q理論値との違いの理由

塩酸、水酸化ナトリウム水溶液共に0.1、0.01、0,001、0.0001、0.00001Mの稀釈溶液をpHメーターを用いてpHを測定しました。
各水溶液とも理論値と若干ずれた値がでています。
それはなぜかわかるかたいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

単純 誤差があるから

図るのもすべて正確な値は表示しません
ある誤差を含んだ範囲しか測定できないのです

他には
・使用した水が純粋な水でなかった
・ビーカ等に付着物があった
・測定にミスがあった
・測定器の取り扱い方が正確でで無かった
 測定器によっては、つかう前に校正をしないといけない物もある
 電気をいれた直後は安定しない
 電気をいれて2時間後くらいに使用しないといけない
・精度がいるのに精度がない測定器をつかった
 なんかがあります

 たぶん 誤差ですね

例で書くと
 重さを量るとします

 誤差が±3%の測定器をつかうと

 正確な100gの物なら
 97~103gの範囲のどれかを値がでますけどね

Q吸光度の単位

吸光度の単位は何でしょうか!?
一般的には単位はつけていないように思われるのですが。。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

物理的には、No.1さんも書かれているように吸光度も透過度も基本的に同じ単位系の物理量どうしの「比」なので「無単位」です。しかし、無名数では他の物理量、特に透過度と区別が付かないので、透過度は"透過率"として「%」を付けて表し、"吸光度"は「Abs(アブス)」を付けて呼ぶのが業界(分析機器工業会?)のならわしです。

Q1mol/L塩酸の作成方法(確認)

とりあえず計算はしたのですが,あまり自信がなく確認したいのでお願いします。

条件
濃度35%,比重1.175,分子量36.5,作成量1L

私の計算結果は以下のとおりです。
塩酸35%でのmol/Lを算出
1000×0.35=350ml
350×1.175=411g
411/36.5=11.3mol/L
作成量1Lなので塩酸量は,
1000/11.3=88.5g
よって,
塩酸1mol/L=塩酸88.5g/純水1Lとなるのですがどうでしょうか?
また,他に分かりやすい計算法がありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

多分この計算でいいと思います。
ただ、私は
11.3mol/L×x=1mol
x=1/11.3
=0.0885L
と計算します。
塩酸は液体なので、実際に作るときは質量ではなく、容積ではかりますよね。

Qエクセルで計算すると2.43E-19などと表示される。Eとは何ですか?

よろしくお願いします。
エクセルの回帰分析をすると有意水準で2.43E-19などと表示されますが
Eとは何でしょうか?

また、回帰分析の数字の意味が良く分からないのですが、
皆さんは独学されましたか?それとも講座などをうけたのでしょうか?

回帰分析でR2(決定係数)しかみていないのですが
どうすれば回帰分析が分かるようになるのでしょうか?
本を読んだのですがいまいち難しくて分かりません。
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるための指数表記のことですよ。
・よって、『2.43E-19』とは?
 2.43×1/(10の19乗)で、
 2.43×1/10000000000000000000となり、
 2.43×0.0000000000000000001だから、
 0.000000000000000000243という数値を意味します。

補足:
・E+数値は 10、100、1000 という大きい数を表します。
・E-数値は 0.1、0.01、0.001 という小さい数を表します。
・数学では『2.43×10』の次に、小さい数字で上に『19』と表示します。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E6%95%B0%E8%A1%A8%E8%A8%98
・最後に『回帰分析』とは何?下の『参考URL』をどうぞ。→『数学』カテゴリで質問してみては?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E5%B8%B0%E5%88%86%E6%9E%90

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるた...続きを読む

QpHメータと水道水と超純水

現在使用している簡易型のpHメータの使用方法として
・測定前に水道水に30分以上浸すこと。脱イオン水は決して使わないこと。
・測定は、数値が安定するまで静置。
とのことでした。
そこで、水道水を測定すると数十秒でpH7.4くらいで安定するのですが
(他の簡易pHメータでも同じくらいのpHがでました)
超純水を測定すると2~3分かかってしまい、
他の簡易pHメータで測定するとpH6.8くらいなのに、このpHメータでは
pH7.5くらいで安定します。
さらに、メータを超純水中で軽く一周させたりすると、pH値が小さくなってきて
pH6.9位で安定します。

なぜこのようなことが起きるのでしょうか?
なぜ脱イオン水に浸漬させてはいけないのでしょうか?
また、どの数値(静置のときと一周させたときの)を信用したらいいものでしょうか?

Aベストアンサー

純水等の液中にイオンが少ない場合は、
測定値が非常に安定し難いので、
0.01M KClを一定量ずつ添加し、そのpHをプロットし、
添加量0のときの値を外挿法で求める方法があります。


人気Q&Aランキング