マンガでよめる痔のこと・薬のこと

サッカーで強いボールを蹴る(ロングパス、シュート、ドリブルシュート)コツを教えてください。

大学2年の頃 肩のケガで野球からサッカーに転向しました。あれから10年ほど経ちそこそこできるようになりました。

しかし、蹴り方が悪いのか思ったよりボールが飛びません。そのためロングパス、シュートのコントロールがあまりうまくいきません。サイドチェンジ、ニア上&ファー上のシュート等の時です。

また、ドリブルシュートもどうしてもアウトにかかってしまいます。ボールを蹴るポイントやタイミングが少しずれているように感じます。

それぞれ、軸足の向きは問題ないですが、上半身の使い方がちょっと悪いかもしれません。基本的なことを含めて強いボールを蹴るコツを教えてください。

どなたかアドバイスをお願い致します。

A 回答 (5件)

体の固い事を理解して取り組んでいるのでしたら徐々に解決すると思いますが。


ドリブルシュートがアウトにかかってしまうのは、往々にして最後までボールの中心を
見ていない場合が多いです、トップスピードで走っている時には難しいかもしれませんが
しっかり最後までボールの中心の中心(ど真ん中)を意識してボールを振り抜くと良いかと思います。

ま、言葉で言っても微妙なニュアンスは伝わらないですし、最後は自分の感覚ですので
下記サイトを参考にして下さい、自分は子供たちに教える時にこれを見せるようにしています。
強烈なシュートで得点を量産される事を期待しております!

参考URL:http://www.projectblue.sony.jp/shootbible/index. …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とてもいい参考ページを紹介して頂きありがとうございます。早速参考にしてシュートを打ちます!ありがとうございました!

お礼日時:2009/07/09 14:20

中学生向けの回答で恐縮ですが、下記サイトを見てください。


極端に言えば、その人のキックの質は、今までにけった回数で決まります。
練習時うまく蹴れた瞬間のインパクトをイメージとして覚えておき、何度も蹴ってみる・・・が基本です。
キックは、ミートがもっとも大切です。
壁うちで軽く何回も蹴って、ボールのどこを、足のどこで蹴ればボールがどう飛ぶか?をつかむ事です。(ボールの回転も含め)
それを正確に再現できるまで、こつこつ練習してください。
うまく再現できるようになったら、少しずつ強く蹴れば、正確に遠くに飛ぶようになります。
闇雲にキック練習しても、効果はありません。
その他:
足の筋力があるのに、ボールが跳ばない人の中に、足の付け根から足先まで固定して、足全体を力いっぱい振っている場合があります。
バックスイングで大きくひざを曲げ、ボールへのインパクトの瞬間に足先のスピードがMAXになるようひざ下を早く振る。が正しいイメージです。
シュートは、強くではなく、正確にです。
アウトにかかるのは力みがあるからだと思います。
リラックスして正確にすばやく何度も蹴ってみてください。
アウトボールは、悪いシュートではありません。
しっかりコントロールできれば、キーパーを惑わすシュートになるでしょう。

参考URL:http://www.geocities.jp/seigajr/html/point#強いシュート
    • good
    • 4

シュートはコンパクトに振りぬくことが大事だと思います.


ロングボールは人によって蹴り方が違うと思います.また,あまり強く蹴らなくてもある程度は飛びます.
過去に私もボールが飛ばず友人の何人かに聞いたところ,蹴り方に違いがありました.
(足をボールに対して縦にする,横にする,チップさせるように蹴る,単純に筋力をつけるなど)
蹴りやすい蹴り方が人それぞれにあると思うので,チームメイトに聞いたり,試合や雑誌を見たりしていろいろ試してみてはどうでしょうか.
    • good
    • 1

◆強いボールが蹴れない原因は上半身の使い方もありますが、次の2点も強く蹴れない原因として考えられます。



(1)軸足に体重が乗り切ってない。
※軸足に体重を載せ切るためには軸足の筋力も必要になりますが。
(2)蹴り足をモモの付け根から動かしていない。

軸足に体重を載せ切ることによって、蹴り足をすばやく振ることができるようになり、強いボールが蹴れます。
※腰を軸足側に寄せるイメージです。
軸足のヒザは柔らかく少し曲げます。
※軸足がつっぱていると体重を載せ切れません。
蹴り足をヒザだけでなく、意識してモモの付け根から動かすことによってより大きく足を振ることができます。

----------------
◆ドリブルシュートでアウトにかかる(蹴りそこなっている)のは軸足の踏み込み位置が浅いことが考えられます。
止まっているボールを蹴る時と同じ感覚で踏み込んでいるため、転がっているボールを蹴る時にはボールが少し前の方に位置してるのだと思います。
蹴る動作をする時、人間の脚は真っ直ぐに振れません。少し弧を描くはずですから、ミートポイントが少しずれて前の位置にボールがあると自然に足の少し外側で蹴るようになります。

ドリブルシュートの時は意識して軸足を大きめに前に踏み込む必要があります。
    • good
    • 0

学生のころ、サッカーをやっていました。


私も強いボールが蹴れなかったです。

当時、体が硬かったせいか、足の振り切りが十分では、
なかったように思います。

体は、柔らかいですか?
足は、高くあがりますか?
足が振り切れていないことが原因かも。

この回答への補足

体は硬いです!特に膝裏の筋が硬いようです。股関節もやや硬いです。体の硬さも大きな原因の一つかもしれません(^^; 先日別件で訪れた整形外科で自分に合った柔軟体操を教わりました。今頑張って取り組んでいます。以前ビデオに友人で撮ってもらったシュートフォームはフォロースルーが十分でなかったような気がします。。。

体の硬さとは別にドリブルシュートはミートの感覚を体で完全に理解していません。ボールがどのあたりに来た時にどんな体勢になっていれば良いですか?意識の問題で解決しそうな気がしています。よろしくお願い致しますm(_ _)m

補足日時:2009/07/09 00:37
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大学生になってからサッカーし始めたので、体の硬さは盲点でした。柔軟体操やフォロースルーを意識しながらシュートを打ちます。ありがとうございました!

お礼日時:2009/07/09 14:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q軽く蹴って、遠くに飛ばす方法、一瞬でできるコツがあったら

軽く蹴って、遠くに飛ばす方法、一瞬でできるコツがあったら
教えてください。

30代男です。まったくキック力がありません。
本当に半端なく、ボールがちょろちょろになります。
小学生時代からずっとそうです。
かなり重症です。

PKでも遠藤以下のちょろちょろシュートです。
女子よりもキック力がありません。

自分なりに検証したところ、
シュートを打つときに足首を90°に曲げてボールをあげようとしていると
わかりました。すると当然ゆるい球しか蹴れません。

それを直し足首を伸ばしてインフロントにクリーンヒットしても、
強い球が飛びません。
インサイドのほうが比較的強い球を打てます。

周りを見てると軽く蹴っても、遠くに球を蹴れています。
ちょこんと当てて、20mくらいは飛ばせますよね?
軽く蹴って、遠くに飛ばす方法、一瞬でできるコツがあったら
教えてください。

Aベストアンサー

手っ取り早く遠くへ飛ばしたいのならトーキックです。
一瞬でマスターできる蹴り方はこれしかありません。
トーキックであれば、膝から下の足の振りだけである程度遠くへ飛ばせます。
ただし、コントロールは犠牲になります。

強い球が蹴れないのは、先に回答されてる方が言われているように蹴り足が速く振れてないからだと思います。
蹴り足を速く振る為には軸足に体重をのせ切ることが大切です。
軸足一本で体重をささえられるように。
コツとしては、ボールに対して軸足をボールの正面から真っ直ぐに踏み込むのではなく、ボールに対して少し斜めから踏み込みます。
しかもこの時、軸足は棒立ちではいけません。
軸足の膝は軽く曲がってる必要があります。

また、蹴るという動作は足が主体なのですが、上半身の使い方も大切です。
サッカー教本などで蹴る時の連続写真が良く載ってると思いますが、お手本となるフォームを見ると蹴る直前に上半身を反らしていることが分かります。
上半身を軽く後ろに反らすことで、蹴り足が前に速く振れるようになります。
ジャンプする前にしゃがむのと同じ要領です。

時間をかけて蹴るフォームを改善していけばボールが飛ぶようになるはずです。

手っ取り早く遠くへ飛ばしたいのならトーキックです。
一瞬でマスターできる蹴り方はこれしかありません。
トーキックであれば、膝から下の足の振りだけである程度遠くへ飛ばせます。
ただし、コントロールは犠牲になります。

強い球が蹴れないのは、先に回答されてる方が言われているように蹴り足が速く振れてないからだと思います。
蹴り足を速く振る為には軸足に体重をのせ切ることが大切です。
軸足一本で体重をささえられるように。
コツとしては、ボールに対して軸足をボールの正面から真っ直ぐに踏み込む...続きを読む

Qインフロントキックの蹴り方

インフロントキックがうまくできません。左右に曲がったり低空になったりしてしまいますし、飛距離が出ません。ふんわりしたボールや遠くにけりたいんですが
本とか見ても良くけれません、理論的な説明で蹴り方を教えていただけませんか
ちなみにほとんど初心者です

Aベストアンサー

こんばんは。
インフロントは誰でも方向が付けにくいものですから、
反復練習以外に上達する術はありません。
参考程度に聞いてください。
あくまで僕の感覚ですが、
軸足(右で蹴るなら左足のこと)に「タメ」を作ると力が乗りやすいですね。
「甲」で蹴るのですから、真っ直ぐ立っていたのでは、
当然バランスが崩れますし、うまく振り抜けません。
そこで体を軸足側に傾け、軸足を曲げて「タメ」を作り、
「甲」の内側で蹴るような感覚で振り抜きます。

左右に曲がるのは、甲の内側に常にあたるようにすれば安定します。
低空になるのは、ボールの上を蹴るからです。
恐らく、強いボールを蹴ろうと強振しているのでしょうが、
ゆっくりで良いのでフォームと蹴る場所を確認しながらやって下さい。
ボールを上にあげるのも同じ事で、
ボールを蹴る場所、ボールに当たる場所をコントロールできなければ、
思ったようには飛びません。

足の振りをコントロールしろって事ですね。

余談ですが、インサイド、インステップが満足に蹴れなければ、
インフロントは上手くいきません。
基本が大事なのですよ、やはり。

こんばんは。
インフロントは誰でも方向が付けにくいものですから、
反復練習以外に上達する術はありません。
参考程度に聞いてください。
あくまで僕の感覚ですが、
軸足(右で蹴るなら左足のこと)に「タメ」を作ると力が乗りやすいですね。
「甲」で蹴るのですから、真っ直ぐ立っていたのでは、
当然バランスが崩れますし、うまく振り抜けません。
そこで体を軸足側に傾け、軸足を曲げて「タメ」を作り、
「甲」の内側で蹴るような感覚で振り抜きます。

左右に曲がるのは、甲の内側に常にあたるよ...続きを読む

Qインステップキックが蹴れない & 左足でボールをコントロールできない、効果的な練習方法ないですか?

(1)何年経ってもインステップキックが蹴れません。
地面を蹴ってしまいそうで怖いです。
なので、遠くにボールを蹴ることができません。

(2)左足でボールをコントロールすることが
苦手でシュートはおろか、パスもいまいちです。

効果的な練習方法、
自らが実践して克服した方法などあれば
教えてください。よろしくお願いします。

ひたすら、ボールとたわむれれば
いいだけかもしれないのですが、
効果的な方法が知りたくて・・・

Aベストアンサー

 他の方と重複する事も有ると思いますが、私がいつも子供たちに指導する時、気をつけている事をいくつか。。
 まず地面を蹴ってしまいそうとの事ですが、ボールに対して踏み込む姿勢が、インサイドキックの時のように正面からまっすぐ踏み込むと、つま先が地面に当たってしまいますよね。ですから踏み込みをボールに対して斜め方向から、そして体全体もやや傾倒して踏み込む様に心がけます。そして軸足の膝は適度に曲げ、柔軟にバランスをとります。
 その軸足の位置ですが、ボールの真横…なのですが、ボールとの間隔を少し開けてみて下さい。この間隔は人それぞれで、足の長さや踏み込む姿勢(角度)によって多少違ってきます(ボールとの間隔が狭すぎたり、広すぎたりだと蹴る足がキチンと振れないし、きちんとボールに足があたりません)
 蹴り足の方は、足の付け根から大振りするのでは無く、膝から下をコンパクトに振る。(勿論最終的には蹴り足全体を振り上げる事になります)。この時、足首はきちんと伸ばして固定する。
 あとはボールをよく見て。まずは強さよりも正確性を重視しながら練習すると良いと思います。
 左足でのボールコントロールの件ですが、まずはボールを足の色々な箇所で触れる。インサイド・アウトサイド・つま先・足の裏など。ゴロゴロとボールを転がすだけでも良いと思います。その時なるべくボールと足が離れない様に。最初はゆっくりあわてずに。
 遠くへ強いボールを蹴る事に関しては、聞き足(右足)と同じ事を気を付ける事になると思います。(ただこれが難しいのですよね。)
 言葉だけだと伝わりにくい所も有りますが参考になれば幸いです。

 他の方と重複する事も有ると思いますが、私がいつも子供たちに指導する時、気をつけている事をいくつか。。
 まず地面を蹴ってしまいそうとの事ですが、ボールに対して踏み込む姿勢が、インサイドキックの時のように正面からまっすぐ踏み込むと、つま先が地面に当たってしまいますよね。ですから踏み込みをボールに対して斜め方向から、そして体全体もやや傾倒して踏み込む様に心がけます。そして軸足の膝は適度に曲げ、柔軟にバランスをとります。
 その軸足の位置ですが、ボールの真横…なのですが、ボール...続きを読む

Qボールの蹴り方(浮き球)

タイトルのままなのですが、超初心者にご教示ください。
普通に(?)サッカーボールを蹴ると、ゴロが転がります。
また、力を入れて蹴ると、野球でいうライナー(ライナーという程の勢いはないのですが、ゴロかフライかライナーのどれかだと、まぁライナーかな?ってぐらいの)になります。
そこで質問です。
どうやって、どこに力を入れて、どんな感覚で蹴ったら、ふわっとボールが浮くのでしょうか?
経験者を見ていると、みんな簡単に(しかもそれほど力を入れて蹴っているように見えない)蹴っているように見えるのに、ふわっと、遠くまでボールが飛びますよね?
どう蹴っても、あんな風にふわっとしたボールが飛んで行きません。
コツなどあれば、是非教えてください。
要領を得ない質問かも知れませんが、要するにロングパスの上手な蹴り方です。コントロールはひとまず置いといて、目標はテレビで見るキーパーみたいに、すごく遠くまで飛ぶキックです。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

直接の回答ではありませんが
ここが参考になるかと思います。
http://blog.livedoor.jp/sportshiroba/archives/50579268.html

足の甲がボールにあたる瞬間の写真がありますが
このような当たり方をしていれば普通にボールは
まん前でなくやや上に上がるはずです

Qサッカーのシュート・ロングパスのコツ

サッカーのシュートやロングパスがうまくできません。シュートはあまり高さがなく変な回転がかかりうまくいきません。
ロングパスも高さがなく遠くに飛びません。なのでやり方、コツ、練習方法のようなものがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

シュートは、軸足の向きと位置をしてみてください。
軸足のつま先を蹴りたい方向に向けて、
位置は普通試合中は動いているボールをシュートするわけですから、
深くやや遠めに踏み込んでみてください。
それと蹴り足の方は、インステップでミートするように、
足を真っ直ぐ振り抜いてください。

ロングパスは、高さを上げるにはインフロントで
ボールの下をすくい上げるように蹴ってみてください。
距離はシュートと同じく
インパクト、ミートを大事にしてやってみてください。

それと必ず、シュートもロングパスも
動いているボールを蹴るようにしてくださいね。
試合中に止まっているボールなんて、
セットプレーくらいですから。
がんばっていっぱい蹴ってください!!

Q少年サッカーでの走り込みトレーニングについて

少年サッカー(U9~U12)のトレーニングに走り込みは必要でしょうか。

担当コーチさんやベテラン父兄さん方は、強豪チーム(地域レベルですが)は「走り込みをしているからここ一番に強い」などと言っておりますが、自分的には違和感を感じました。

走り込みの効果について、皆様のご意見をお願いいたします。

必要、不要、適度に必要などの回答があるかとは思いますが、その理由も教えてくださいませ。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

走り込みは効果があると思います。
しかし、弊害もあります。特に怪我の可能性が高くなります。オスグット病やセーバー病など。


怪我をしない選手が「いい選手」と言われます。
本当にサッカーの才能があふれていても幼少時の怪我のためサッカーを辞めてしまうことも多々あると思います。
それらのふるいを乗り越えて一流のプロが生まれるのかもしれません。でも怪我をしなければ凄いプレーヤーになった子も絶対にいるはずです。

走り込んで、鍛え上げて、ふるいにかけて、多くの屍の上に、強い子/強いチームを育て上げるのも、よいと思います。
個々人に適切な指導を行え(手間暇を掛けれ)ば、前述のオスグットやセーバーの発生を下げることもできます。

または、
将来を信じて、ユース世代にフィジカルを鍛える事を念頭に置いて、この年代でフィジカルは鍛えないで、技術・判断など個の力を磨き、ある意味チームとしての目先の勝負を捨てて子供達の未来の勝利を目指す、と言うやや曖昧なのもありだと思います。

いろいろな人がいろいろな立場で回答していると思いますが、結局はあなたの考え方次第だと思います。

個人的な意見としては、
しっかりと一人ひとりの力や成長度合い・疲労度合を見極め個別のメニューを組み立ててフォローが出来、なおかつあなた自身が子供たちを高みに連れていける自信があるのならば、走り込みはありだと思います。
なんか良く分からないけど走り込むと試合で勝てるなら、うちのチームも走らせておくか、って考えなら、絶対に走り込みはやめた方がよいと思います。

あなた自身が、子供の将来とサッカーについてどうなって欲しい?を、よくよく考えて、そこから逆算したトレーニングを計画したら良いと思います。

走り込みは効果があると思います。
しかし、弊害もあります。特に怪我の可能性が高くなります。オスグット病やセーバー病など。


怪我をしない選手が「いい選手」と言われます。
本当にサッカーの才能があふれていても幼少時の怪我のためサッカーを辞めてしまうことも多々あると思います。
それらのふるいを乗り越えて一流のプロが生まれるのかもしれません。でも怪我をしなければ凄いプレーヤーになった子も絶対にいるはずです。

走り込んで、鍛え上げて、ふるいにかけて、多くの屍の上に、強い子/強いチームを...続きを読む

Qインフロントキック

僕はサッカークラブに入っているのですがどうしても
インフロントキックで高く飛びません。どうすればい
いですか?

Aベストアンサー

まずは軸足の踏み込む位置を確かめましょう。
ふつう、シュートのように低く強く打ちたい時は深めに踏み込みますが、フリーキックやセンタリングのように高いボールを打ちたい時は浅め(ボールより後ろに少し遠め)に踏み込みます。
実際にどこに踏み込むかは蹴る人の体の大きさやボールの動きなどによって変わってくるので、最初のうちは止まったボールで練習して自分の蹴りやすい位置を探しましょう。
うまくなってくると少しくらいずれても蹴れるようになってきます。

次に蹴る足のどこにボールが当たっているかを確かめましょう。
普通、遠くに正確なコントロールでボールを蹴るためにはボールと蹴る足の触れあう部分の面積が広い方がいいです。軸足の位置を確かめるのと一緒に、いろいろ角度を変えながら確かめてみましょう。その時、足首の角度や、蹴る足のひざの位置がボールの上のどこあたりにあるかも注意してみるといいかも知れません。

そして実際に蹴ってみるわけですが、最初は高い壁などに向かって、踏み足を踏み込まずに、蹴る足も後ろに振り上げずに最初からボールに触れた状態で、振り抜く動作だけをゆっくりとやってみるといいと思います。この時、足首は動かさずに固定しておきます(重要)。感覚としてはインフロントに乗せた後押し出す感じです。
蹴ると言うよりはすくい上げると言う感じでちょっと物足りないかも知れませんが、ここでインフロントにボールを乗っける感じをつかみます。
振り抜く前と振り抜いた後で蹴る足のひざの位置がどうなっているかを確かめてみるのもいいでしょう。蹴る方向にまっすぐ出ていないととんでもない方向に飛んでしまうはずです。
慣れてきたらボールに横回転を掛けてみるのも面白いかも知れません。

この段階ではあくまでも蹴り足はゆっくり目に動かすようにします。強く打とうとして力を入れると、どこに問題があるのかが分かりにくくなります。

注意として、高く蹴る時は体が前に傾かないように垂直近くに保って、胸を軽く張っておくといいです。

ボールのコントロールができるようになったら、だんだん蹴る足の振りを速くしたり、踏み込んでから打ったり少しずつ普通の蹴り方にしていきましょう。ボールに当たる前よりも、ボールを押し出す時に力を入れる感じをイメージするといいと思います。
慣れないうちは遠くに蹴ろうとしてあまり思いきり力を入れてもダメです。ゆっくり足を動かして蹴っても意外にボールは上がるのを確かめながら、あせらずいろいろ実験するつもりで、少しずつ遠くに飛ばすようにしましょう。

あとは練習あるのみ、がんばれ!

まずは軸足の踏み込む位置を確かめましょう。
ふつう、シュートのように低く強く打ちたい時は深めに踏み込みますが、フリーキックやセンタリングのように高いボールを打ちたい時は浅め(ボールより後ろに少し遠め)に踏み込みます。
実際にどこに踏み込むかは蹴る人の体の大きさやボールの動きなどによって変わってくるので、最初のうちは止まったボールで練習して自分の蹴りやすい位置を探しましょう。
うまくなってくると少しくらいずれても蹴れるようになってきます。

次に蹴る足のどこにボールが当たっ...続きを読む

Q高く遠くに飛ばすには?

 実は、今、とある場所でサッカーをやっている者ですが、なかなかロングボールを上手く蹴れません!どのように蹴れば上手にとびますか?一生懸命に遠くに放れるように蹴っているのですが、まじ飛距離的にも高さ的にも全然上手くいきません!一体どうしたらよいのでしょうか?ちなみにポジションは左バックとたまーにボランチをします!なのでうまくロングボールが蹴れればなーと思うのです!どのような蹴り方をし、又、どのような鍛え方をすれば良いのでしょうか?(筋トレ方など)お願いします!教えてください! 

Aベストアンサー

1.軸足の踏み込む位置の確認。
シュートとか低く強く打ちたい時は深めに踏み込みますが、
センタリング等のハイボールを打ちたい時は浅め(ボールより後ろに少し遠め)に
踏み込みます。
実際に踏み込む場所は蹴る人毎に変わるので(体の大きさやボールの動き等)、
はじめは置いたボールで練習して自分なりの蹴り位置を探してみては如何で
しょうか。

2.足の何処にボールが当たっているか。
遠くに正確にボールを出すにはボールと蹴り足の接触面積が広い方がいいです。
足首の角度や、蹴り足の膝の位置が何処にあるかも意識するといいかも。

そして実践ですが、
踏み足を踏み込まずに、蹴る足も後ろに振り上げずに最初からボールに
触れた状態で、振り抜く動作だけをゆっくりとやってみるといいと思います。
この時、足首は動かさずに固定しておきます(重要)。
感覚としてはインフロントに乗せた後押し出す感じです。
蹴ると言うよりはすくい上げると言う感じでちょっと物足りないかも知れませんが、ここでインフロントにボールを乗っける感じをつかみます。
振り抜く前と振り抜いた後で蹴る足のひざの位置がどうなっているかを確かめてみるのもいいでしょう。
蹴る方向にまっすぐ出ていないととんでもない方向に飛んでしまうはずです。
慣れてきたらボールに横回転を掛けてみるのも面白いかも知れません。

この段階ではあくまでも蹴り足はゆっくり目に動かすようにします。
強く打とうとして力を入れると、どこに問題があるのかが分かりにくくなります。

注意として、高く蹴る時は体が前に傾かないように垂直近くに保って、
胸を軽く張っておくといいです。

ボールのコントロールができるようになったら、蹴る足の振りを速くしたり、
踏み込んでから打ったり少しずつ普通の蹴り方にしていきましょう。
ボールに当たる前よりも、ボールを押し出す時に力を入れる感じを
イメージするといいと思います。
慣れないうちは遠くに蹴ろうとして力を入れがちですが、
ゆっくり足を動かして蹴っても意外にボールは上がるのを確かめながら、
あせらずいろいろ実験するつもりで、少しずつ遠くに飛ばすようにしましょう。

1.軸足の踏み込む位置の確認。
シュートとか低く強く打ちたい時は深めに踏み込みますが、
センタリング等のハイボールを打ちたい時は浅め(ボールより後ろに少し遠め)に
踏み込みます。
実際に踏み込む場所は蹴る人毎に変わるので(体の大きさやボールの動き等)、
はじめは置いたボールで練習して自分なりの蹴り位置を探してみては如何で
しょうか。

2.足の何処にボールが当たっているか。
遠くに正確にボールを出すにはボールと蹴り足の接触面積が広い方がいいです。
足首の角度や、蹴り足の膝の...続きを読む

Q小学三年の長男のサッカー上達方法

ウチの長男は現在小学三年です。サッカーチームに入っており週2回の練習に楽しく参加していますが、4年生に向けてポジション決め等が始まるそうです。
お世辞にもあまり強いチームではないの頑張ればレギュラーになれると思うのですが、いまひとつドリブルと強いシュートが他の子と比べても見劣りする感じがします。
体もあまり大きな方ではないので、仕方が無いのかも知れませんが何とかレギュラーになって欲しいので練習に付き合ってはいるのですが、自分はサッカーはやってきていないのでどの様な練習をさせれば良いのかいまひとつわかりません。
どなたかわかりやすく練習の方法を教えてくれないでしょうか?宜しくお願いします。
足はそんなに遅い方ではないので、ドリブルと強いシュートが打てるようになれば何とかなると思うのですが・・。

Aベストアンサー

少年団でコーチをしています。子供も4年生でチームに入っています。

やっぱりレギュラーの方がいいですよね。親としては...

この年齢の場合は、強く蹴るよりも正確に蹴る方を優先させます。強く蹴るのは筋力がつけば誰でもできますので、それまでに正しい蹴り方を身に着ける必要があります。
インサイドキック:
 ☆軸足の先が蹴る方向を向いていること
 ☆蹴り足が蹴る方向に対して90度であること
 ☆蹴ったボールが横回転しないこと
インステップキック:
 この年齢ではまだ静止したボールをうまく蹴るのは難しいですので前から転がってきたボールを蹴ることができればOKです
 ☆軸足の先が蹴る方向を向いていること
 ☆つま先や足首ではなく、足の甲に当たっていること
 ☆蹴ったボールが逆回転しないこと
 どうしてもつま先や足の甲の前部分に当たりがちです。つま先や足の甲の前部分にボールが当たると蹴ったボールは逆回転します。

ドリブルはボール感覚です。どのくらい蹴るとどのくらい前に進むのかといった感覚的なものは経験からしか覚えることができません。ジグザグドリブル等を数多くやるしかないと思います。

9~11才くらいをゴールデンエイジと呼ぶそうです。この時期はいろんなことをすぐに吸収して一番上達する時期だそうです。たくさん相手をしてあげてください。リフティングは蹴り方やボール感覚を養うためには非常にいい練習です。お子さんのレベルにもよりますが、お父さんと回数の競争をしてみてはどうでしょうか?結構大人でも難しいですよ

ただし、レギュラーに選ばれなかった場合のフォローも考えてあげてください。レギュラーがいるということは控えも必ず必要です。控え選手はレギュラーに負けたわけではないのです。また、頑張れば必ず追い越せます。そうした気持ちを持たせてあげられるのはご両親が一番です。

最後に一つ:
技量が多少劣っても、元気があって、気持ちを前面に出せる子は試合に出す機会が多くなります。やっぱりチームとして活気が必要ですから... これも試合前のご両親の工夫で何とかなる場合があります。テンションを高めてあげて大きな声を出せるようにできればチームとしても大きなプラスになります。

少年団でコーチをしています。子供も4年生でチームに入っています。

やっぱりレギュラーの方がいいですよね。親としては...

この年齢の場合は、強く蹴るよりも正確に蹴る方を優先させます。強く蹴るのは筋力がつけば誰でもできますので、それまでに正しい蹴り方を身に着ける必要があります。
インサイドキック:
 ☆軸足の先が蹴る方向を向いていること
 ☆蹴り足が蹴る方向に対して90度であること
 ☆蹴ったボールが横回転しないこと
インステップキック:
 この年齢ではまだ静止したボールをう...続きを読む

Q小4の練習量について

 子供(小学4年)のサッカーの練習量について悩んでいます。現在は週4日サッカーチームで1日2時間30分の練習をしています。それ以外でスポーツクラブで週1回(1時間)をしています。これにさらにもう1日スポーツクラブの練習を足そうか足すまいか悩んでいます。スポーツクラブの1日はゲーム形式の楽しくするサッカーで楽しんで行ってます。もう1日追加するのも最近新たに個人技の練習が新設され、体験したら子供が行きたいと行ってます。
 子供は、これだけ練習しても楽しいようです。しかし子供の成長上?疲労性のケガが怖いと親は思っています。
 また、子供は現在5年生チームに参加しており、体力等は5年と変わりません。このような感じなのですが、練習を1日増やしてもいいものでしょう?

Aベストアンサー

はっきり言わせて言わせていただきます。もし子供の体を本当に考えているのなら、やめてください。週4日でも多いくらいです。ほんとにお子さん体こわしますよ??若い時にテクニックが覚えやすいからといって無理させてはいけません。あと一つ。お子さんがやりたいと言っているのでしょうか?是非、下の所のQ2を読んでください。他にも沢山いいところがあるのでのせときます。

参考URL:http://www.orth.or.jp/hospital/sports/mokuzi.html


人気Q&Aランキング