はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

軽ターボ車に乗っています。新車で購入して丸年、3万3千km乗りました。
説明書には「5000kmでオイル交換を」と書いてありますが、
カーショップに行くと「3,000kmで」と言われるし、
車に詳しい友人からは「5,000kmで十分」と言われるし、
中には「10,000kmでも大丈夫」という声もあるし・・・
ただ、新車時はカス(?)が出るからマメに、とのことだったので
今まではきっちり3,000km毎に交換していたんです。
エレメントも一回おきに交換しています。

私の愛車、本当は、どのくらいのサイクルで交換すべきなのでしょうか?
ちなみに、毎日90km位走り、しかも15分間は高速を走っています。
回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

通常の軽自動車の場合は、1万5000㎞、または1年、軽自動車(ターボ車)の場合は、5000㎞、または6ヶ月のようですね。


車の種類などによって変わってくるので、取扱書に記載されてる交換時期を確認するのが確実みたいですね。

・JAF|クルマ何でも質問箱:メカニズムの基礎知識|エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
http://www.jaf.or.jp/qa/mechanism/maintenance/08 …

A 回答 (6件)

 今の車の乗り方ですと非常に良い条件で使っておられると思います。


 おそらくエンジンを分解しても余分なカーボンの堆積もなく、シリンダー内もピカピカでしょう。
 ターボ車は熱的にオイルに負荷をかけますから、一般の車より交換サイクルを短くする必要はありますが、貴方のような使い方だったら純正クラス(以上)のオイルで取り説どおり(おそらく5000キロまたは6ヶ月の早くきたほう)の交換で全く問題ないと思います。

 交換サイクルに諸説あるのは

1.カー用品店、ガソリンスタンドなどは売り上げを上げたいがために短い目の交換を勧める。(3000キロ以下が多い)
2.ターボをガンガン効かせて峠を攻めるなんて走り方をする人たちは早く交換する。(1回で交換なんてのもあるみたい)
3.取り説ではふつう5000キロないし6ヶ月となっている。
4.とにかくオイルがきれいでないと気が済まないからメチャメチャ短いサイクルで交換し、それが良いと思っている人がいる。

等々が、使用条件などを抜きにしてごちゃ混ぜに語られるからでしょう。
 またオイルオタクっていう人種(あまり人のことは言えないです)もいて、それぞれに独自の交換サイクルを持っており、それを自信をもって語るっていうのもあったりしますからね。
    • good
    • 16
この回答へのお礼

ありがとうございました。
やっぱり5,000kmでOKなんですね。
しかし今日3,300kmでオイル交換をしてきてしまいました。
というのも、ちょうどバッテリーを交換しなくてはいけない時期だったこと、
明日以降めちゃくちゃ忙しくなるので、オイル交換に行く日もないかも
しれないから、そしてオイル自体が純正クラスではなく、量り売りの安価な
オイルであること(いつもそれでした)という理由が重なったためです。

でも、次回からは少し良いオイルで5,000km毎に交換しようかなと
思っています。

お礼日時:2003/03/31 13:26

 No.3の者です。


 今まで使っておられるのが量販店の量り売りのオイルなら、おそらくグレード的にはSLかSJでしょうから、通常の乗り方をされるならこのまま使い続けられて良いんじゃないでしょうか。
 量販店でオイル交換をまかせるときの問題はオイルの量管理です。(入れすぎが多いように思う。)

 エンジンオイルは大きな単位、たとえば業務用ドラム缶とかで購入すると、100%化学合成の上級品でもアホみたいに安い単価になりますから、オイル価格が安いからといって粗悪品とは限りません。大手メーカ品の偽物缶というようなものもあると聞きますが、むしろローカルなブランドを堂々と表示しているもののほうが安くても信用できると思います。
 私は一時大阪の櫻精油所というところの4L/1280円ほどでホームセンターで売られていた製品を使っていましたが、中身はカルテックスのHIVI基油(一応化学合成)のオイルで結構優秀でした。
 
    • good
    • 18
この回答へのお礼

再度ありがとうございます!
下のお礼にも書いたのですが、ターボ車なのに鉱物油・・・
お店の人が「特に強くこだわるのでなければ、これで十分ですよ」
と言うし、高いものを勧められるわけでもないので、いつも
同じ物です。
大丈夫でしょうか?

お礼日時:2003/03/31 21:12

補足します


> 安いオイルの場合は、やはりもう少し早めに交換した方が良いのですか?
正直言って正体の分からないオイルはお勧めしません 何でこんな値段にってオイルが有りますよね 
ディ-ラ-購入のメ-カ-純正を使うのがベストでしょうね 量販店でもメ-カ-純正販売してますが 私は値段を見ると中身が信じられません(量販店の販売している物が全てそうだと言ってる訳ではありませんよ 念のため・・・)
つまり値段が少々高めでも、正体の保証されたオイルを、メ-カ-の推奨サイクルで交換すれば、安いオイルを早く交換するのと、費用は変わらないと思います(そう言う方法を進める人もいますが・・・)
> オイルの値段と性能などについて、教えてください!
正体の分からない物の値段と性能の関係は、何とも言えないです 

一番大切なのは取り扱い説明書にある日常点検です(今回に関してはオイルレベル)
普段からエンジンに接していれば変化に敏感になります
    • good
    • 10
この回答へのお礼

再びありがとうございます。
そうなんですか・・・正体のわからないオイル。
私は一応、イエロー○ットの量り売りのオイルです。
でも、ターボ車なのに「鉱物油で十分です」と言われるので
毎回そのオイルを入れています。
今のところ、不具合などは特にないのですが、本当に鉱物油で
大丈夫なのかな?

お礼日時:2003/03/31 21:10

こんにちは 最近この話題が割とでますね


自動車用ではありませんがエンジンメ-カ-の部品加工屋です
結論からいいますと メ-カ-はあらゆるテストを行い交換デ-タ-を出していますので 取り扱い説明書通りで充分です まだ余裕があります
良く汚れの事(色の変化)を言われる人、店が有りますが 本来のエンジンオイルの機能に洗浄性が有りますので 使うほど色が濃くなるの当たり前です 性能には関係有りません 
初期のいわゆるナラシ時に加工目がなじみ金属粉が出る話しコレは事実です ドレンボルトにマグネットが着いた物を使えば分かります ただエンジンにはオイルエレメントがあり問題になる大きさの物は通過しません(当たり前か・・・) つまり問題ありません
取り扱い説明書より早いサイクルで交換を薦めるのは販売者の作戦です 一般の方で早期交換を進める方はそれらに乗せられた人です
今まで自分で数台で300000km走行しましたが 問題になった事は一度もありません 日本のメ-カ-を信じましょう
    • good
    • 15
この回答へのお礼

ありがとうございました。
スタンドに行くと必ずオイルのチェックをされ、必ず「汚れてます」と
言われます。
しかも、交換して間もないオイルだったのに・・・(~_~メ)
あれはムカつきますね。

今後は5,000kmで交換する・・・と、下のお礼に書いたのですが、
安いオイルの場合は、やはりもう少し早めに交換した方が良いのですか?

よろしかったら、また回答頂けると助かります!
オイルの値段と性能などについて、教えてください!

お礼日時:2003/03/31 13:30

オイルさえ入っていれば大丈夫派です。


でも、10,000km位で勘弁してあげたいですね。
5,000kmも理想だけど、環境にやさしくない気がして。
20,000km無交換でも、そんなにオイルは劣化してなかったような気がします。ケースバイケースですけどね。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

ありがとうございます。
20,000km無交換とは・・・!結構大丈夫なものなのですね。
それにしても、カーショップはどうして行くたびに
「あれもしなくちゃだめ、これも交換すべき・・・」と
いちいち勧めるのでしょう?売るのが商売だから仕方ないけど
「ほんとに交換しないとヤバイかも?」って思ってしまうような
もっともらしい言い方なんですよね~。。。

お礼日時:2003/03/31 09:54

説明書どうりで十分です


揚げ物の油の交換時期といっしょでここでやらないと
ダメ というきわどい線引きがあるわけではありません
カーショップの3000キロはウソではないけど
5000キロで問題があるわけでもありません
新車時のカスっといってもそんなにわかるようなものが
出ていたらシリンダー内部はキズだらけで使い物にならなくなります
説明書に書いてるもので本当に十分です
    • good
    • 5
この回答へのお礼

さっそく専門家の方からの回答、ありがとうございました。
実は明日、高速を走るのですが、前回のオイル交換から3,300kmほど
走っていたので、これで高速をとばして大丈夫かな?と不安でした。

しかし、どうしてこんなに色んな説があるのでしょう?

お礼日時:2003/03/30 23:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qターボ付き軽自動車のトラブルをおしえてください

こんにちは、よろしくおねがいします。
中古車販売業者さんから、「ターボ付きの軽自動車は、とにかくターボ機構のトラブルが多いよ」と言われたんですが、具体的に知りたく、お詳しい方、または経験者様、「軽のターボにまつわるトラブルいろいろ」ということでおしえてください。

(1)どういう原因でどういうトラブルが起こるのか。
(消耗により不可抗力なものでも、メンテを怠った結果のものでも知りたいです。)
(2)その症状はどんなものか。
(3)それが起こってしまうと所有者は何をしないといけなくなるのか。
 (走行の可不可や、修理費用なども)

ちなみに私は、メンテがきっちりされてきた5万キロ走行くらいの
ターボ付き中古軽を買って、15万キロくらいまでしっかり乗りたいなと
考えているので、質問しました。

Aベストアンサー

ターボチャージャーとは本来空気の薄い高高度を飛ぶ航空機用に開発された部品です。戦時中アメリカのB-29が日本の戦闘機の届かない高高度を悠々と飛行し本土爆撃を敢行出来たのもターボが在ったからこそです。

航空機に採用されるという事は、車と違い『壊れたから停まる』という事が出来ない航空機においても使用出来るだけの、ある程度の信頼性が確保されていると言う事が出来ます。そういう部品ですから、手入れが行き届いていれば滅多な事で壊れる事はありません。

上記の通り『手入れが行き届いていれば』問題ありませんが、手入れを怠ると意外ともろいのも事実です。具体的には既に回答にあるとおり『オイル管理不良に因る焼き付き』が最も多く、他に同じ原因で起こるセンターシールブローによる白煙吐き、インペラシャフトのガタ発生によるタービンのハウジング接触(異音、破損)などが代表的な症状となります。なのでオイルだけはそこそこ以上のモノを3000~5000kmに1回は必ず交換しましょう。また最近のタービンは水冷なので水漏れも致命的ですから発生したらすぐ修理しましょう。ちなみに先の回答にチラッと出ていました『アフターアイドル』ですがサーキットで使うのでない限り必要ありません。本当に必要でしたら車両メーカーがそうする様に最初から作ってます。

最後にタービン本体ではありませんがターボ車の不具合で一つ。
ターボ車はターボゆえにブースト圧が掛かります。 ターボ無しの車は負圧のみですのでバキュームホースは常にマニホールド負圧によって『引っ張られている』為に抜けにくいですがターボ車はブースト圧が掛かり始めると『ホースが押される』形になり、そこへ吹き返しのオイル等も加わってホースがふやけ、抜けてしまう事があります。するとエアフローメーターで測っている分以外の空気をそのホースから吸ってしまい、結果『ガスが薄い』状態となり最悪ピストンが溶け落ちます(経験者)。これは全開時ではなくゼロ発進でアクセル半開位の時にエンジンから『カリカリッ』と音が聞こえた次の瞬間にはもうピストンが逝ってしまっています。10万km近くなってきたらバキュームホースも総とっかえしましょう。

ターボチャージャーとは本来空気の薄い高高度を飛ぶ航空機用に開発された部品です。戦時中アメリカのB-29が日本の戦闘機の届かない高高度を悠々と飛行し本土爆撃を敢行出来たのもターボが在ったからこそです。

航空機に採用されるという事は、車と違い『壊れたから停まる』という事が出来ない航空機においても使用出来るだけの、ある程度の信頼性が確保されていると言う事が出来ます。そういう部品ですから、手入れが行き届いていれば滅多な事で壊れる事はありません。

上記の通り『手入れが行き届いて...続きを読む

Q軽自動車のエンジンオイル交換の目安

一般的に軽自動車のエンジンオイルの交換て、どのくらいの期間を目安にすればいいでしょうか?
私が住んでる家は田舎にあり周りに車屋が一件しかなく、ほぼ自動的にそこで修理を任すことになってる感じです。
そこの店主が言うには軽自動車の場合3か月ごと、もしくは3000kmごとというのですがそれで合ってますか?
ちなみに車はダイハツのタントカスタムです。一応今までは言われた通りにしてましたが、
もう少し間を開けてもいいならその方が経済的にも楽なので。

Aベストアンサー

メーカー推奨オイルの品質以上で、交換サイクルは取扱説明書かボンネット裏側に記載があると思います。車の使用状況によって交換サイクルをやや早めるのは構いません。

作業のやり方も大事ですね。
きちっとオイルを排出して、入れる際には慎重にセルを回す。

ちなみに私の軽はターボ車、5千キロ毎の交換、フィルター2回に1度。
(マニュアル通り)
15万キになろうとちなみしてますがノントラブルです。燃費も変わらず好調です。

Q軽のターボ搭載車ってどのくらい速いんですか?所詮は軽かもしれませんが・・・

以前、信号で軽自動車と並んで止まりました。
その軽は冬なのに窓全開でユーロビートのような音楽を爆音で鳴らしていました。
車種はたぶんアルトワークスかと思います。
で、歩行者信号が点滅し始めた頃からプァンプァン!と空吹かしをして、
青信号になるやいなやキキキキとタイヤを鳴らして
プァ~~~ン!という甲高い音とともに発進していきました。

もしかして挑発されてる?と思い、
アクセル半開くらいで追いかけましたが馬鹿らしく感じたのですぐやめました。
すぐやめたのですが、アクセル半開では差が縮まりませんでした。
私はマツダのアテンザスポーツ(2.3L)という速さに関しては非常に微妙な(特に発進は遅いと言われています)車に乗っています。


さすがに高速での速さはアテンザの方が上だとは思いますが、
発進時に関しては2Lを超える普通車でも、軽のターボ搭載車には敵わないのでしょうか?

また、軽ターボ車は実際は1.5L車くらいのパワーがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

ターボ車とNA(自然吸気)車を比較する際は、#7さんの言われるように排気量を1、4~1、7倍して同等として扱うのが普通です。

私も軽ターボ(しかもATで)に乗ってるときに、(都内の幹線道路で)相当なスポーツタイプ以上でもない限り、それ程の意識をせずにも普通車(NA1、5~2、0Lクラス)をリードして走行する事は難しくありませんでした。しかも、大して燃費を悪化させずに。

>また、軽ターボ車は実際は1.5L車くらいのパワーがあるのでしょうか?
はじめに書いたターボ係数で計算すると、660X1,7=1122cc と、それでも排気量は小さいのですが
2車種のスペックを平均的な最新型で比較すると
         パワー           トルク
 660ccターボ  64ps(自主規制で)   11kgm弱
1500ccNA   110ps前後       15kgm弱

となりますが
実際の出力は、通常はNA車はほとんどがその数値以下で、ターボ車はその数値を上まっていることが多々あります。
ので、上記2車において、ターボ車とNA車のトルク特性の違いをも考慮したら、(限られた環境においては)パワー的にほとんど同等クラスと言ってもさしつかえないのではないでしょうか。
加えて、(これも既に出ていますが)同等に運動性能に影響を与える車両重量においても、上記2車種はだいたい100~200kg(成人男性2,3人分)もの違いがあります。
他の方が2輪車の例を出しているように、「軽い・軽量」というのは、それだけで物凄く有利です。

よって、(ふつう出しても6,70km/hの速度域の)街中においては軽ターボ車が、2Lクラス以下の普通のNA車が相手なら同等以上の運動性能を発揮する事が可能です(それ以上の速度域から差が出るのであって、大抵そこに行く前に信号にぶつかりますし)。
ましてや、アルトワークスやカプチーノといえば、その中でも特にスポーツ方向に特化したクルマですから。

ただ、それでも質問者さんの愛車アテンザスポーツでしたら、(充分ご承知かと思いますが)その気になれば引き離すのは容易ではないかと思われます(それをすることが、意味があるかどうかは別として)。

ちなみに、私はNA車の方が好きですし、信号ダッシュ(??っていうのですか??)など興味も無いですし、挑発されてると思ったら即やめますし(やるならサーキットにでも行ってくれ)、質問者さんに同感です。

参考にしていただけたら幸いです。

ターボ車とNA(自然吸気)車を比較する際は、#7さんの言われるように排気量を1、4~1、7倍して同等として扱うのが普通です。

私も軽ターボ(しかもATで)に乗ってるときに、(都内の幹線道路で)相当なスポーツタイプ以上でもない限り、それ程の意識をせずにも普通車(NA1、5~2、0Lクラス)をリードして走行する事は難しくありませんでした。しかも、大して燃費を悪化させずに。

>また、軽ターボ車は実際は1.5L車くらいのパワーがあるのでしょうか?
はじめに書いたターボ係数で計算すると...続きを読む

Q軽自動車のエンジンオイルは何がいい?

ムーブに乗っています。
最近エンジンの音が気になります。
点検してもらった所ノッキングはしていないそうです。
オイルを交換するのに種類を変えてみようと思います。
今までは安いオイルを半年事に交換してました。
会社でモービル1を奨める人とBE-UPを奨める人がいます。
モービル1やBE-UPってオートバックス等で普通に売っているものでしょうか?
どんなオイルがお勧めですか?

Aベストアンサー

とりあえず、自分でエンジンの上にあるフィラーキャップを開けて外したキャップの裏と穴からエンジンの中を覗いてみてください。コテコテに茶色いヘドロの様なものが付いてたりしたら、オイル交換の前にフラッシングを忘れずに、エレメント交換も。
オイルはターボならかため、NAなら一度今ハヤリのシャブシャブオイルを入れてみたらどうですか?
0-30、100%化学合成、4L缶で1万円くらいのやつとかです。

良いオイルを入れれば多少オイル交換時期ズレても支障ないらしいですよ。

私は缶を選んで交換するのは余ったオイルがもったいないので入った分だけ支払えば良いというところで交換しています。

Qターボ車のエンジンオイルは普通の物で良いですか?

軽自動車のターボ車の購入を検討しています。ターボ車はオイルの管理に気を遣うそうですが、入れるオイルは普通の物で良いんですか?
現在レガシー・カリーナの2台所有しておりトヨタディーラーでボトルキープの普通の安いエンジンオイルを入れてます。このオイルでもかまわないのであればオイル管理も少しは楽なんですが・・・

Aベストアンサー

最近の車種であれば、グレードにはそれほど気を使わなくても良いです。
ただ、ターボ車は、NA車よりオイルが高温になりやすいので、劣化が多少早い
傾向にありますので、オイル交換のスパンの方に気を配った方が良いかと思います。
あと、オイルはガソリンエンジン用の場合は10W-40とか5W-40といったような表記で
特性が表されます。後半の2桁数値が高温側の耐性を表しますので、高回転で
エンジンを回す乗り方を多用する場合は、この値の大きい物をチョイスした方が
良いかもしれません。
前半の数値は、車両の取扱説明書に記載されている数値より小さいものは
避けるべきです。同じか、大きい物を選んで下さい。この値が小さい方が
粘土が低く燃費が良くなりますが、指定値より小さいと油膜が切れたりして
エンジンに悪影響が出る可能性があります。

Q新車購入後初のエンジンオイル・オイルフィルター交換

新車を購入して最初のエンジンオイル交換はいつが良いのか、疑問に思い自動車会社の説明を見てみました。(この掲示板の過去の回答も少し見てみました)
トヨタ、ホンダ、日産の「定期点検(メンテナンス)パック」を見たところ三社とも同じでした。

  新車購入半年後に初めてのオイル交換、1年後にオイル交換とオイルフィルター交換

質問1、三社ともこのように書いてあるということは、最初の一ヶ月点検とか1000km走った時点でオイル交換やオイルフィルター交換をすることは全く無意味のことなのでしょうか?

質問2、一ヶ月点検でも交換した方が自動車販売会社の利益にもなると思うのですが、販売会社はそれを勧めないのはなぜなのでしょう?
 一ヶ月点検のオイル交換はしない方が良い(オイルがなじんでくる頃だから)と書いてある記事をネットで見かけたのですが、何か関係があるのでしょうか?

質問3、新車を購入したらすぐ高速道路で長距離走って慣らした方が良いという人と、それやると良くない(よくない癖がつく?)という人がいるのですが、どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

機械の可動部分は、心円加工しても、組みあわせにより相性が有ります。
必ずどこかが若干でも当たり擦れます。これが慣らしが必要という由縁です。
30年前とかと比較して 現在は、かなりの機械加工制動がUP措定ますので 昔のように 大きなこすれやバリは、出ません が やはり 当たりは出ます 細かい摩耗粉も エンジンオイルに混ざります。

自分は、慣らし運転をし500km 1000km3000kmと オイル交換をしちゃう派ですが。
ここ数年の車のエンジンには、添加剤が添加されているようで 1000kmでオイル交換はしない!とディーラーは、強く言います。
初期慣らし 当たり取りの馴染ませに モリブデン等の添加剤を入れてるようです。
新車初の オイル交換で オイルを抜き びっくりしました。 ディーラーに確認したら 曖昧な返事で
はっきり 何を入れているかは答えてくれませんでした。

ホンダN-ONEも 3000km交換で良いと強くディーラーは、言ってます。

なので 最近の新車は、気持ち注意して ぶん回さないような慣らしを500~1000km程度して
1カ月or1000km点検では、点検のみで 3000~5000km走行か 6か月点検時に 1回目のオイル交換をすれば良いでしょう。
エレメントは、交換したければ交換しましょう。交換しなくても 目詰まりは大丈夫ですが 精神的に落ち着かない方は、交換です。
次の オイル交換は 5000km以内 か半年 距離乗らなくても1年で交換したほうが安心です。
劣化したオイルを使用し続ければ 酸化劣化が進み エンジンに悪影響がジワジワ出ます。
直ぐに壊れる 動かなくなる事はなく、徐々にです。

慣らし運転による エンジンの個性形成は、キャブ時代の話です。
300km走行位まで 優しく穏やかに 3000rpm以下
~500km走行で 少し 中速回転を使う たまに 4000rpm
500km走行超えたら 高速や 自動車専用道路で 少し加速をさせておく まあ5000rpmを少し

今どきの車は、慣らししなくても 大きな差は出ません
慣らしの仕上がりによる差より エンジンの組み立ての個体差の方が大きいです 特に トヨタ車の 調子悪い 燃費も悪いようなエンジンはこの組み立ての差だと思ってます。同じ車エンジンでこんなに差が有るの?と
会社の社有車のカルディナで 体験してます。

※初期の慣らしや オイル交換は、やり直しがききません 精神的に気にする人 拘る人は、やって損は有りません 人の話を 鵜呑みにして 後で後悔 やっておけばよかったと 悔やむより やっちゃったほうが
すっきりします。
但し 先に記載した通り 新車のエンジンオイルには、新車充填の添加剤が充填されている様なので 3000km程度は、 オイル交換せず 使い続けた方が良いですよ。

エンジンオイルには、相性が有ります 価格が高くても 合わないエンジンには、合いません 金の無駄
 自分の車のエンジンに合う 妥当な価格のエンジンオイルを見つけ 
軽とターボ車なら 3~5000km毎交換
小型車なら    5~8000km毎交換で 長く 快調なエンジンを作り出し 維持できると考えております。

機械の可動部分は、心円加工しても、組みあわせにより相性が有ります。
必ずどこかが若干でも当たり擦れます。これが慣らしが必要という由縁です。
30年前とかと比較して 現在は、かなりの機械加工制動がUP措定ますので 昔のように 大きなこすれやバリは、出ません が やはり 当たりは出ます 細かい摩耗粉も エンジンオイルに混ざります。

自分は、慣らし運転をし500km 1000km3000kmと オイル交換をしちゃう派ですが。
ここ数年の車のエンジンには、添加剤が添加されているようで ...続きを読む

Qターボ付き軽自動車にするか1000クラスの普通車か

上記の選択で教えてください。
金額 安全性、維持費、などなんでもいいので、どちらがいいですか。
1000クラスの乗用車だとあまり軽をかわらないように見えます。実際ターボの軽と比較してエンジンは軽の方が馬力ありますか?
室内の広さはどのくらい違いますか?乗り心地や安全性など。
実際マーチやフィットくらいだと軽と大差ないように見えますが、どうなのでしょう。
それともキューブくらいになると違ってきますか?
軽と大差はありませんか。
おもに街のり。買い物メイン、高速は年に数回。
乗車は大人二人がメイン。小さい子供はいません。
高速は200キロくらいの実家に行きます。

Aベストアンサー

軽自動車4輪駆動ターボ車4AT
ミニバン1300クラスCVT
家族内で2台所有しています。

軽自動車の場合、NAエンジンとターボではパワー感が全然違います。
法定速度内で非力だと感じたことはあまりありません。
高速で日帰り往復500キロ超を走ることもありますが極端な疲れはないです。
平均燃費はリッター12キロほどです。あくまで個人値ですが。

普通車はそもそも排気量があるので、エンジン出力は軽ターボを上回ります。
がしかし、それを駆動として伝える変速機、私の場合CVTですが、
コンピューター制御になっていて、メーカーの設定や走行時の学習機能に
よって走りの性格が変わります。
アクセルレスポンスでは比較すると逆にもっさりした感じです。
平均燃費はリッター18キロほどです。

車種ごとにフィーリングが全然違うと思うので、出来れば購入前に試乗されて
比較検討されたほうがいいと思います。

室内空間は普通車のほうが当然広いです。
5人乗車を全く考えないで、2人がメインなら軽自動車で十分だと思います。
安全性は普通車のほうが上でしょうが、そんな極限の状態は私は考えません。
どちらもぶつければ普通に凹むし、大型トラックに追突されれば悲惨な事故に
なる事が想像できます。

以上。大分類するのではなくて、今後は車種ごとに情報を集め、自分にあった
車を選んだほうがよろしいかと思います。

軽自動車4輪駆動ターボ車4AT
ミニバン1300クラスCVT
家族内で2台所有しています。

軽自動車の場合、NAエンジンとターボではパワー感が全然違います。
法定速度内で非力だと感じたことはあまりありません。
高速で日帰り往復500キロ超を走ることもありますが極端な疲れはないです。
平均燃費はリッター12キロほどです。あくまで個人値ですが。

普通車はそもそも排気量があるので、エンジン出力は軽ターボを上回ります。
がしかし、それを駆動として伝える変速機、私の場合CVTですが、
コンピュー...続きを読む

Qエンジンオイル【0W-20】と【5W-30】はどちらがお勧めですか?

現在、平成14年式ステップワゴンに乗ってますが、取り扱い説明書には推奨オイルの欄に※【0W-20】【5W-30】【5W-40】【10W-30】
「※:【0W-20】は、最も省燃費性に優れたオイルです。」
と書いてあり
【0W-20】と【5W-30】で悩んでいます。
【0W-20】と【5W-30】で乗ってみて違いが分かりますか?
カーショップでは、千円ぐらい違いますが、やっぱり【0W-20】の方がお勧めなのでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

0W-20のオイルで 夏場でも油膜切れはおこりませんよ。
素人判断ですね(笑)

イメージだけで考える人は、そう思うのかも知れませんね。
確かに0W-20は 専用エンジンのみの指定になっています。
(5W-20も専用エンジン指定です)

整備手帳に記載が あるなら そのオイルを入れてもいいと
いう事です。

0W-20のオイルは、カーレースでも使用され メーカーの
厳しいテストを受け世に出ていますので なんら問題ありません。

だいたい油膜切れまで AT車が、激しい走行を公道で可能でしょうか?

素人のイメージ専攻型の人は 皆さん そう言いますね。
大きな間違いです。

ちなみに 私は1年中 5W-20を入れてます。

Qターボ車の”オイル交換”について

この春に、スズキKeiのBターボスペシャルを購入しました。

ターボ車は初めての購入です。

オイル交換時期について説明書見てみると、

ノンターボ10000Kmごとに対してターボつきでは

5000Kmごととなっています。

いままでは10000Kmで、オイル交換をしていました。

この、ガソリン高のご時世家計が大変です。

どうして、こんなに違うのでしょうか?

追伸、このKeiのターボはタービンのヒューンと言う音が聞こえません。なぜなんでしょうか?

よろしくご回答お願いします。

Aベストアンサー

●以前、某自動車メーカーの開発実験耐久に携わっていた者です。

●ターボ車には、ターボチャージャーという、排気ガスの排出風力を利用して、強制的に吸入空気を増やす機構が備えられています。

これは、ご家庭にある扇風機に例えると分かりやすいです。
排気ガスの力で排気側の扇風機を回し、同軸上にあるもう片方の吸入側の扇風機を回して、エンジンに大量の空気を強制的に送り込む仕組みなのです。
空気量が増えたらガソリン噴射量も増やしてやれば、より爆発力が大きくなりパワーが出る、という訳です。
焚き火をしていて、息を強く吹いてやると更に良く燃えますよね、それと同じです。

この扇風機の羽根と羽根をつないでいる軸の部分にあるベアリングは、超高速回転で回転する為、他の部品に付いているベアリングの様に、グリスで潤滑する事が出来ない為、ベアリングを包む様にエンジンオイルで満たし、かつ高温にさらされる為、オイルを循環させ冷却しながら使用しているのです。
超高速回転と言いましたが、羽根は毎分最高10数万回転以上もの速さで回転しています。
エンジン回転が最高でも7000回転前後ですから、その凄まじい速さが分かると思います。

この超高速回転するベアリングと軸を潤滑するエンジンオイルは、適正な粘度と耐熱冷却性が特に必要で、その性能が必要限度まで劣化する前の交換が必要な為、ノンターボ車よりも早いサイクルでの交換が必要、という事なのです。

◎エンジンオイルの粘度は、必ず説明書記載の物を守って下さい。(10W-30等)
◎エンジンオイルフィルタも同様、説明書記載の交換サイクルを必ず守って下さい。

ターボ車は、エンジンオイル交換を怠ると、軸受け部が潤滑されず焼き付いたりするトラブルになりますから、最低でも説明書記載の交換サイクルでの交換を必ず行って下さいね。(^^:

●タービン音は、各メーカー共最近は聞こえない工夫が色々してますから、聞こえない場合もあります。
加速がターボ車並で正常であれば、何も心配いりませんよ。(^^)

●以前、某自動車メーカーの開発実験耐久に携わっていた者です。

●ターボ車には、ターボチャージャーという、排気ガスの排出風力を利用して、強制的に吸入空気を増やす機構が備えられています。

これは、ご家庭にある扇風機に例えると分かりやすいです。
排気ガスの力で排気側の扇風機を回し、同軸上にあるもう片方の吸入側の扇風機を回して、エンジンに大量の空気を強制的に送り込む仕組みなのです。
空気量が増えたらガソリン噴射量も増やしてやれば、より爆発力が大きくなりパワーが出る、という訳です...続きを読む

Q古い車に5W-40のオイルは大丈夫?

平成5年式の軽四輪(箱型ワゴン)に乗っています。(9万km走行)
ディーラーでオイル交換を頼むと、最近では5W-40の純正オイル(部分合成油)を入れられます。
今までは10W-30だったのが、5W-40にして問題がないのかと担当者に聞くと、
何ら問題ありませんよ。かえって燃費は良くなります。と言われました。
実際、5W-40に2回交換して、6000kmは走りましたが、
燃費の差はそんなに感じませんが、音がうるさくなったり(もともとうるさいから)、オイル漏れが生じたりということはありません。(まあまあ快適と思います。というか、あまり違いがわからない?)

しかし、知人からは、14年前の車に5W-粘度のオイルを入れると、良くない。と言われました。
その理由を聞くと知人の方が説得力があるので、気になって仕方がありません。
理由:(1)エンジンの設計自体が、5W粘度を想定していない。
(2)9万kmも走っている軽四に、低粘度オイルの使用はエンジン摩耗を促進する。
(3)旧車に粘度の柔らかいオイルを入れるとエンジン音がうるさくなる。
(4)夏場で焼き付きを起こす可能性が高い。
(5)オイル漏れを起こしやすい=エンジンを痛める。

確かに、当時のエンジンオイル(指定オイル)は10W-30で、5Wと言う粘度自体が存在しませんでした。
しかし、○-○バックスで交換しようとのぞいても、軽四輪用(3L)のオイルは5W-40がほとんどで、
格安品(安すぎて不安!)に10W-30が見られる程度です。
平成5年当時の車両に入れるオイルを、
5W-40のオイルと、10W-30のオイルとで比較した場合、、
実際、どちらを入れるのが、車にとって正しい選択なのでしょうか?
今の車は気に入っていますので、快適に末永く乗ろうと思っていますので・・・
次のオイル交換の時期も近づいてきており、どちらにしようか決めかねている次第です。

平成5年式の軽四輪(箱型ワゴン)に乗っています。(9万km走行)
ディーラーでオイル交換を頼むと、最近では5W-40の純正オイル(部分合成油)を入れられます。
今までは10W-30だったのが、5W-40にして問題がないのかと担当者に聞くと、
何ら問題ありませんよ。かえって燃費は良くなります。と言われました。
実際、5W-40に2回交換して、6000kmは走りましたが、
燃費の差はそんなに感じませんが、音がうるさくなったり(もともとうるさいから)、オイル漏れが生じたりということ...続きを読む

Aベストアンサー

オイルの粘度表示 5W-40 という意味ですが5Wというのは低温時の粘度表示で40というのが高温時の粘度表示です。
10Wより5Wの方が低温時に軟らかいので始動直後などの抵抗が減りエンジンが冷えている間の燃費が若干良くなります。
高温時というのはエンジンが温まった状態ということですから普通走行しているときに40番のほうが粘度が高いということになります。
その為抵抗によって燃費は落ちます。
ただ長年使用したエンジンでは各部が磨り減って新車時よりすき間が大きくなっているところがあります。
こういった部分を高粘度でカバーしてピストンの密封性を良くしたりすることでパワー燃費が若干回復することがあります。

逆に粘度が極端に低いオイルは使えません。
最近の省燃費車のように0W-20のような高温時20番のオイルは燃費もよくなりパワーも出ますがエンジンが20番に対応していないとオイルシールなどからオイル漏れしてしまうそうです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング