以前、教えてgooにて憲法の論述試験の書き方について質問させていただいたことがあるのですが、もう一つわからないことがあって質問させていただきます。

それは、憲法~条~項の「~」に違反すると書く際に、その憲法の全文を書かなければいけないのかという疑問です。
例えば、靖国神社への総理大臣の参拝の合憲性について論述するときに、
<総理大臣の靖国神社への参拝の合憲性で争点となるのは、その行為が憲法20条第3項の「全文」における「宗教的活動」にあたるか否かである>と書くべきか、
<総理大臣の靖国神社への参拝の合憲性で争点となるのは、その行為が憲法20条第3項で禁止されている「宗教的活動」にあたるか否かである>のどちらを書くべきなのでしょうか?
また、例えば、<この問題を判断する際に目的・効果基準と呼ばれる基準を適用する>とする際に、目的・効果基準について説明しなければいけないのでしょうか?

あと、憲法における学説や、判例などはどの程度説明すべきなのでしょうか?

最後に、憲法の論述試験の制限時間は60分なのですが、原稿をほとんど覚えたとして、何文字ぐらい書けるでしょうか?
ぜひ教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

1. 条文の全文引用の必要性について



基本的に、適用条文・根拠条文の全部を引用する必要はなく、その要点だけを示せば足ります。もっとも、憲法20条3項のように短い場合は、いずれにせよ全文引用と大差ないことになります。たとえば、「憲法20条3項は、国及びその機関が宗教的活動を行うことを禁止しているところ、総理大臣が靖国神社に参拝することは~」といった書き方になるでしょう。

2. 違憲審査基準の説明について

「目的効果基準を適用する」とか、「目的効果基準とは」という記述は、不要です。問題は、「どういう名称で呼ばれているか」ではなく、「その内容は何か」だからです。たとえば、「信号無視」という言葉自体より、「赤信号のときに発車することが悪い」という内容を知っていることが重要で、それさえ知っていれば「信号無視」という用語を知らなくても問題ないからです。

したがって、「国家と宗教との関わり合いが、どのような場合に、どの程度許容されるかは、・・・<目的効果基準と呼ばれる審査基準の具体的内容>・・・という基準によって判断されるべきである。なぜなら、・・・<その基準を採る理由>・・・だからである。これを本件についてみると~」と書くべきです。

3. 判例・学説の検討

問題によります。

原告(首相の靖国参拝を差し止めたい市民)の立場と被告(国)の立場を分けて書く必要があるなら、それぞれに有利な判例・学説を前提に立論しなければなりません。もっとも、「最高裁昭和xx年xx月xx日の判例は~」とか、「いわゆる津地鎮祭訴訟では~」といった言及は不要です。上述の通り、「名称」はどうでもよくて、「その意味・内容」を理解していることが求められているからです。

他方、「私見を述べよ」あるいは「裁判所の立場で考えろ」という出題なら、あえて説の対立を書く必要がないのが普通です。もちろん、必要に応じて、「・・・という考え方もあるが、適当ではない。なぜなら~」といった書き方もあり得ます。

それぞれ、どの程度書くかは、時間と筆記のペース配分で決める(答案構成をきちんとする)必要があります。

4. 試験時間と記述の分量

あなたの筆記速度によります。

というか、それくらい自分で実験するのが大学生の常識です。

私なら、60分の試験で、その場で問題を渡されるとして、答案構成に5~10分、記述に45分を配分します。書ける分量は、A4横書き20行の解答用紙なら、よく書けて3ページです。勉強不足やど忘れで筆が止まるとか、途中で別の論点に気づくとかいうハプニングがあると、2.5ページくらいです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q論述について。。。

大学一回生なのですがいまいち論述の意味について理解できません。。。
初めての論述試験と言う事で全くどのように書けばいいのか分からなく悩んでいます。
社会心理学についてとマスコミ論についての論述になるのですが根本的な論述の書き方を教えていただけないでしょうか??
自分の主観を入れてはダメと言う事は聞いたのですが事実だけを述べたりすればいいのでしょうか??

Aベストアンサー

一般論になりますが、「事実」と「意見・推測」を分ける必要があるということではないでしょうか。
例えば
「最近の子どもはキレ易い。これは社会が悪いからだ。だから社会を変える必要がある」
これは、一見論述しているように見えて、全て書いた人の「意見」です。客観性が全く無く、意見を異にする人と話し合いをしても建設的な議論が出来ません(子どもがA「ウルトラマンが強いよー」B「いや、仮面ライダーが強いよ」と言い合うのと同じレベルになります)。

では、論述となるとどうなるか。
なにせ、教えてgooなので、相当はしょりますが
「最近の調査では、6割の子どもがキレると回答している(どこぞの調査より:事実)。その理由としては家庭教育が変わったからではないだろうか(意見)。共稼ぎの割合が××%増え、外遊びの時間が○○%減り、兄弟の数が□人減った(どこぞの調査より:事実)。つまり、子どもの社会性が欠如したため、キレずに我慢することが出来なくなったのではないだろうか(意見=結論)」
教育学者には笑われそうな議論ですが、「意見・意見・意見」ではなく「事実を元にした意見・事実を基にした推論」が必要だということです。
参考urlの4あたりもごらんあれ。

参考URL:http://www3.nit.ac.jp/~ohki/ohki/HowtoWr.htm

一般論になりますが、「事実」と「意見・推測」を分ける必要があるということではないでしょうか。
例えば
「最近の子どもはキレ易い。これは社会が悪いからだ。だから社会を変える必要がある」
これは、一見論述しているように見えて、全て書いた人の「意見」です。客観性が全く無く、意見を異にする人と話し合いをしても建設的な議論が出来ません(子どもがA「ウルトラマンが強いよー」B「いや、仮面ライダーが強いよ」と言い合うのと同じレベルになります)。

では、論述となるとどうなるか。
なにせ...続きを読む

Q憲法67条2項の解釈 ~内閣総理大臣の任命について~

憲法67条2項:

衆議院と参議院とが異なつた指名の議決をした場合に、法律の定めるところにより、両議院の協議会を開いても意見が一致しないとき、又は衆議院が指名の議決をした後、国会休会中の期間を除いて十日以内に、参議院が、指名の議決をしないときは、衆議院の議決を国会の議決とする。

とありますが、
少し細かいことですが衆参両院についての指名について質問があります。

この文言を読むと、
衆議院が先議権をもつとはかかれていないので、
衆参両院のどちらが先に先議してもいいんですよね?

しかし、衆議院が議決して、後、10日以内に参議院が議決しない場合は
衆議院の議決に決定する、という意味ですよね?
なので、参議院が先に議決して、10日以内に衆議院が議決しなくても、
別になんの問題もないですよね?

この解釈であってます?
どなたか分かる方お願いします。

Aベストアンサー

先議については特段の定めがありませんので、ご認識の通り、衆参両院どちらが先に議決しても、何ら効力に問題は発生しません。

また、これも条文の通り、衆議院の議決後、国会休会中の期間を除いて10日以内に参議院が議決をしない場合、若しくは両院協議会でも一致しない場合、衆議院の議決が国会の議決となります。

参議院が議決し、衆議院が議決しない場合は無いと思われます。他の全ての案件に先立ってこれを行いますので。

Q人格心理学について

通信大学の学生です。
是非、みなさんの豊富な経験と知識で教えて下さい。。。

人格心理には、いくつもの類型論がありますが、その類型論の観点から物語を一つ選び、なおかつその物語の登場人物について記述を。。。というものです。(あらすじもつけて)
物語を選び、その登場人物を類型論に当てはめて論述すると言う課題なのですが、物語と類型論がうまく見つかりません。
是非、物語とその類型の繋がりについてアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

この分野で比較的有名なユングのタイプ論などと、ゲーテの『親和力』における二人の男と二人の女の性格の違いなどはいかがでしょうか。ここには、四種の違ったタイプの人物が登場していますが、もともとペアの男女が、知り合いの違うペアのそれぞれの異性に惹かれあってしまうというお話です。

つまり、タイプの違いから発する力が男と女の結合を左右しているという実験的な小説なので、「類型論」ならいくらでも適用できると思われます。

日本の例では、たとえば、夏目漱石の作品における主人公と友人の外交的性格と内向的性格の違いなどにも応用できるのではないでしょうか。『こころ』とはまさに心理を扱った小説でもあるように思われますし。

以上です

Q小泉総理大臣の靖国神社参拝は、違憲ではないのか?

小泉総理大臣の靖国神社参拝は、私人、公人の区別をつけないと自ら言いながら、
職業欄には「内閣総理大臣」とかき、公用車を使い、警備の費用もかかるわけで、
明らかな国およびその機関を行為です。
これは、日本国憲法第二十条第三項
「国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。」
の宗教的活動をしていることになり、憲法違反ではないでしょうか?

Aベストアンサー

 はい、憲法違反です。
 内閣総理大臣と言えども、私人として信教の自由があることは確かです。しかし、公人として参拝することはできません。
 今回の参拝を見るに、公用車で乗りつけ、記帳もわざわざ「内閣総理大臣 小泉純一郎」と書いたそうですから、公人としての参拝と考えざるを得ません。靖国神社に世間の注目を集める、特定の宗教を援助する効果も抜群です。
 外国から批判されるからではなく、憲法違反だからストップをかけなければならないのです。

Q世界史の論述の知識は論述の問題集を解きながら得ていくものなんでしょうか?

教科書レベルの用語を覚えたりしても、いきなり論述はとけないと思うのですが、論述をできるようにするには、論述の問題をひたすら解いて、そこからいろいろと知識をつけていくものなんでしょうか?


それとも、教科書をよりわかりやす解説した参考書(ナビゲーター世界史、荒巻の世界史見取り図、青木の世界史実況中継)などをすることで論述の材料を得るものなんでしょうか?

ただ、↑のような参考書を見てて、これでは論述に使えそうにないなぁと思ったのですが、やはり論述の問題集を解きまくったほうがいいのでしょうか?

一問一答とかで教科書レベルの知識は十分にあります。

Aベストアンサー

論述では、歴史の流れやその背景、理由を理解するのが重要です。
用語集を読み込むのも良いのですが、各用語の関連をつけていく必要があります。

参考書としては、教科書の解説じゃなくて、本当に歴史を理解すること目的としたものが必要です。特に難関国立の場合はそうです。
山川の詳説世界史研究が一番です。大学受験の参考書として売られてますが、実は歴史マニア向けです。
なお、私自身は、問題集に全く手をつけませんでした。どうせ、添削してくれる人がいないなら、問題集を説く意味はないと思います。(添削してほしいなら、Z会あたりを受講するとよいでしょう。)肝心なのは、自分の頭の中で知識体系が構築されているかどうかです。

同じカテゴリーか記憶にありませんが、先日も同じような質問があったので、そっちも探してみて下さい。

Q首相の靖国神社参拝は憲法違反か?

タイトル通りです、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本では政教分離が大原則です。
したがって、個人が政治家として参拝するのは違憲です。
すなわち、首相が特定の宗教的建築物に参拝に行くのは違憲です。
政治家が個人的に参拝するのは、宗教の自由が認められているので問題ありません。
公人としてか個人としてかは、その行動で判断するしかありません。
参拝に行くのに公用車を利用したり、記帳で「内閣総理大臣」と書くのは問題外です。
電車やバス、タクシー、徒歩で参拝に向かい、肩書きなしで記帳すれば個人と認められるでしょう。

わたしは、そう考えます。

Q世界史 論述の勉強方法

世界史論述練習帳あたりが、詳しい記述の仕方が書いてあっていいかなぁと思ったのですが、問題のレベルがかなり高いです
(難関大の問題ばっかり)

なのでいきなりこれをしていいのかなぁと正直思ってしまいます。
志望校の問題とかもちょくちょくでてきてるので、まだはじめたくないのに間接的に解いてしまうことになりますし・・・

他の論述問題集がでてますが、やはり世界史論述手帳が一番詳しくてわかりやすかったです。

どれから着手していくべきですか?

少しやさしめの論述問題集からはじめたほうがいいのかなぁとも思ってますが、方法論とかが詳しく書いてないのが少し嫌です。

Aベストアンサー

文系ではないので直接の回答はできませんが、回答がつかないようなので、
ちょっと面白い下記のサイトを紹介しておきます。もうご存知かな。

そもそも地歴の論述試験を課している大学の数が少なく、
すべて難関大だといえるので、過去問の絶対数は、英数国理や
選択型の社会科に比べても段違いに少なく難度も高いはずです。

自己採点もしにくい科目だし、論述対策に本腰を入れるレベルにあるなら、
Z会などを使うのも一案だとは思います。

参考URL:http://eurekajwh.hp.infoseek.co.jp/

Q96条3項と94条2項

96条3項の論点ではBに登記がある事が前提になっていて、取消権であるAに登記がある場合の議論はありません。
一方94条2項の論点では真の権利者Aに登記がある場合の論点もあります。
これについては疑問に思っていましたが、
通常はCが登記のないBと売買をすることはないので、Aに登記があるというのは、通謀虚偽表示のような特殊な場合で、例えばABが共謀して一旦は登記を移してCがBの登記を信頼して契約に入ったところで、
登記をAに戻す場合などがあるからでしょうか?

つまり、ABが共謀すればなんでもありの世界になってしまう。
これが詐欺の場合との違いでしょうか?

Aベストアンサー

94条は、AB間の金の流れがないので、ABどちらに登記があっても、外観上の売買契約(仮装売買)があれば、善意のCは保護されるべきと言うことで、所有権はC。
96条はAとCが被害者で、どちらがより被害が重いか・・・
売買契約があったとしても、金の流れはB→Aなので、
登記がAである以上、Aは被害者になり得ず、善意のCのみが被害者で、AB間の善意のCではなくて、単にBC間の金の問題ということじゃないでしょうか。

Q日本史の論述について

定期テストの日本史には毎回論述があるんですが、どうしても点がとれません。論述は10点満点です。
重要語句は頭に入っていても、その語句の説明をした方が良いのかや、どこが重要で書かなければいけない部分かがわかりません。
語句を説明しているとあっというまに200字になってしまいます。
今言ったような疑問も含めて、論述のコツをおしえてください。

Aベストアンサー

論述問題は、出題者が何を意図して出題しているかが重要です。
とくに定期テストであれば、授業中にその点について先生が述べている場合が多いと考えられますので、授業で先生が言っている内容をメモしていないと点が取れないかも知れません。
論述問題は、それぞれそのテーマでの流れや特徴が明確なはずですので、そこが抑えられているかどうかでしょうね。

Q日本国憲法で総理大臣の権限が強化された理由

日本国憲法で総理大臣の権限が大幅に強化されていますが理由はなんででしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 簡単に言うと、帝国憲法下では各国務相は天皇がボスで、首相は一座の取りまとめ程度なんです(そもそもこの役職、憲法に登場しない)。で、とある政策に関して、特定官庁が強硬に反対した場合、大臣が降りることが有りえます。
 するってぇと、後釜を見つけてこなくてなりませんが、後釜も特定案件に対し反対すると、にっちもさっちも行かなくなって総辞職せざるを得ません(天皇を補弼出来ないんだから)。

 これが強烈に効いたのが、陸海軍相現役武官制を取っていた陸海軍大臣です。内閣の方針に軍部が反対した場合、大臣を辞めさせ、後釜を一切出さなければ内閣は倒れます。後継内閣も同様の方針を採るなら大臣をそもそも出しません(=組閣出来ません)。すると、しょうがないから陸海軍のワガママを聞かないといけなくなる。

 で、これじゃ拙いだろ、ということで、首相が内閣の人事権を持つことになりました。現役武官制もなくなり、従わない奴はバシバシ首を切って政策を進めろと、斯様な具合になったわけです。

 同様の弊害は第3共和制下のフランスでも起きています(大統領と国務相の副署に関して)。このため、フランスは後に大統領に権限を集中する第5共和制でようやく安定した運営を行うようになりました。

 簡単に言うと、帝国憲法下では各国務相は天皇がボスで、首相は一座の取りまとめ程度なんです(そもそもこの役職、憲法に登場しない)。で、とある政策に関して、特定官庁が強硬に反対した場合、大臣が降りることが有りえます。
 するってぇと、後釜を見つけてこなくてなりませんが、後釜も特定案件に対し反対すると、にっちもさっちも行かなくなって総辞職せざるを得ません(天皇を補弼出来ないんだから)。

 これが強烈に効いたのが、陸海軍相現役武官制を取っていた陸海軍大臣です。内閣の方針に軍部が...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング