もうすぐ5歳の息子、1歳になったばかりの息子がいます。

上の子の学資保険を検討の際、変額終身保険をすすめられ、すすられるがまま加入してしまいました。
被保険者は息子で、死亡保険金額600万のものです。

そのときもネットで嫌になるほど調べたはずでした…。
下の子の保険検討でやはり変額をすすめられ、再度調べてみたところ、悪いことばかり言われているのが目に付き、心配で心配で仕方ありません。

だまされてしまったのでしょうか。

今解約すると、だいぶマイナスです。

納得の上で加入し、加入して現在も納得している方、いらっしゃいますか。
また、学資保険の変わりに変額終身保険に加入することについて、肯定的な見方の方はいらっしゃいますか。

また、
損を承知で今解約したほうがいいのか、継続したほうがいいのか。
下の子は変額終身保険か、学資保険がいいのか。
これからどうしたらよいのか。
アドバイスをお願いします。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

学資保険を検討していて何故変額終身保険なのでしょうか。


よくもまあそんな保険に加入しましたね。驚きです。
ソニー生命の営業マンも地に落ちた感じがします。
さて本題ですが、
> 損を承知で今解約したほうがいいのか、継続したほうがいいのか。
下の子は変額終身保険か、学資保険がいいのか。
これからどうしたらよいのか。
変額保険は損を承知で今解約しましょう。
学資保険も入らないでおきましょう。
保険屋が言うのもなんですが、
お二人のお子さん名義で、積み立ての定期預金をするのが
一番確実な方法です。どうしても保険でというのなら、
変額ではなく、子供で加入できる普通の終身保険で、
お子さんの学資が必要な年齢(大学進学時が高校進学時より
よほどお金が必要です。国公立に確実に行けるのなら別ですが)で
解約しても解約返戻金が掛け金より上回る商品を探してください。
保険に関しては、養育費等がご心配ならご両親の補償をきちんと
付けておけば問題ないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答番号1の欄に書かせていただきました。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/18 22:06

実際に変額終身保険を運用しているものです。


変額終身保険は4年前は予定利率が4.5%と高く、その後は予定利率
が3・5%と低くなりました。(具体的には以前は保険料がかなり安く
、いまは保険料がかなり高く)なりましたがそれでも保険料は国内では一番安い終身保険です。

通常保険の担当者は加入者に一番有利な加入方法に設定してくれます。
具体的な設定
保険期間は必ず終身とすること。(変額で定期もあります)
保険料支払いは長期払いと短期払いがあります。短期払いは毎月の保険料が上がりますがトータルの保険料はかなり下がります。
積立金はオプションAの設定を選ぶこと。
資産の運用はインター契約で行うこと。
(このことが一番重要です、インターネット上無料で資産が移動できますので投資経験のある人は株価暴落時でも逆に資産が増や増やせます)
逆に株価暴落時に資産を減らす人は、資金の移動をしなくただ積み立てている場合です。
この保険が学資保険に向いているとは思いませんし、学資保険保険とすべきではありませんが、小さな子供に終身保険をプレゼントすると思えばまさに魔法のような保険です。(自分も子供も加入しています)

4年前には一時払い制度がありましたので1歳程度の子供さんが600万の終身加入したとすれはトータルの保険料は40万~50万程度、保険料が値上がりしてからは一時払いがなくなりましたので多分保険料の毎月の支払は1万前後で18歳で解約(トータルの保険料は150万前後)と推察します。

もしあなたが運用経験がなくインターネット上の契約にしてなければ「資産運用」の期待はできませんが終身保険と考えれば、大人になってから再度600万の終身保険に加入することは保険料がかなり上がります。終身保険は1歳でも早く子供の時に加入した方がかなり有利です。
過去は保険料が安かったのでボーナス時、子供の終身保険が安く買えました。私の職場でも資産運用はまるで駄目でソニー生命変額終身保険買いっぱなしの人いますよ(資産は減らしている)ただ私同様過去の安く子供に終身保険を買っているので全く気にしていません。もう一人は保険料が値上がりしてから子供が加入しているので保険料は上がっていますがそれでも安いので(解約は考えていないので)これまた資産が減っても気にしていません。(と思います)

普通3.5%で増えれば60歳ころは解約金は600万を超えるでしょう。
それより良く4.5%で運用できれば解約金は60歳ころ2000万円程度と推察します。

逆に3.5%を下回れば解約金は減っていき最悪0円です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答番号1の欄に書かせていただきました。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/18 22:06

(Q)学資保険の変わりに変額終身保険に加入することについて、肯定的な見方の方はいらっしゃいますか。


(A)そもそも学資保険とは何か?
(1)親が万一のとき、子供の学資を確保する。
(2)子供が大学進学などで、入学金など学費がかかる時期の補助
という二つの目的があります。
(1)の目的は、別の方法で保障するので、不要とする場合もあります。変額保険でも「死亡保険金が保証」されている場合には問題ありません。
(2)の目的では、「絶対確実」であることが最も重要であるはずです。

変額保険は、要するに投資です。
投資が上手くいけば、子供が大学へいける。
投資が失敗すれば、子供は大学進学を諦める。
それで、良いのでしょうか?

変額保険で失敗しても、学費の確保はできるから、問題ないという方はどうぞ。
そうではない方は、手を出すべきではないのです。

『そのときもネットで嫌になるほど調べたはずでした…。』
典型的な例です。
ネットで調べる……実は、とても「意識的」で「能動的」行動なのです。
A案に賛成したい場合……ネットで調べるという行為は、実は、無意識のうちに「A案に賛成する意見を集めている」のです。
だから、「○○というサイトではなんと言っているのか」という調べ方が重要なのです。
特定のブロガーが人気を集めているというのは、このためなのです。
この問題について、あのブロガーはなんと言っているのか、賛成なのか、反対なのか、意見を聞きたい……というわけです。

(Q)損を承知で今解約したほうがいいのか、継続したほうがいいのか。
(A)それがわかれば、誰も苦労しません。
ご自分で決めてください。

(Q)下の子は変額終身保険か、学資保険がいいのか。
(A)上記の(1)(2)の条件をお読みいただければ、お分かりいただけると思います。

ご参考になれば、幸いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

改めて、考えを整理する機会ができました。

親が万が一の保障として、
今の住んでいる家に関しては主人が亡くなった場合支払いが免除されるし、しばらくの生活費は生命保険に入っているからまかなえるだろうし、私も幸い資格を持っていて働くことができます。
なので、特に学資保険として積み立てる必要はないですよね。

子供の学資の確保として投資で準備する、というのは、本当に考えなしでした。
投資が失敗したら、どうするんだということですよね。
リスクは伴うと言う話はあったけれども、なぜか確実に大丈夫な気持ちになってしまって。
あとからこんなに不安になるとは…。

子供の学資の確保として、定期預金で用意しようかなと、今、定期預金について調べ始めました。
上の子の学資の確保としても改めて定期で用意しようと思います。

しかし、今入っている変額保険は、すぐに解約はせず、もう少し様子を見たいと思います。
素人判断ですが、底をついた景気はこれから上がってくるだろうし、もう少し長いスパンでみれば大丈夫になるのかなと。
間違っているでしょうか…。

自分にあったお金の使い方をしようと、改めて思いました。

みなさん、お返事ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/18 22:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q積立貯金と比較したいので学資保険の金利を導き出したい

皆さん、宜しくお願いします。

現在、学資保険の見直しを考えており、乗り換えの対象に積立貯金を考えております。
ただ、学資保険の年金利が分からず比較ができません。

そこで学資保険の年金利の導き方を教えて頂ければと思います。
学資保険で分かっているのは「年払いの金額」「支払期間」「支払総額」「受取総額」です。
これらからの計算方法を教えてください。

また、年金利以外でも比較できる方法があればそちらも教えて頂けるとありがたいです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「学資保険と積立貯金と比較したい」ならば、
「学資保険の金利」を計算するのではなく、
いくら払って、いくらもらえるかという
受け取りの率で比較されてはいかがですか?

金利は単純な加減乗除の計算では算出できません。
さらには、税金が異なるなど、金利が高ければ良いという
単純な問題ではありません。

さらには、学資保険の場合、中途解約の時期によって、戻り率が
ことなるという問題もあります。

税金
積立預金=利息に20%課税。
学資保険=一時所得として計算。
(受取金額)-(支払金額)-50万円がプラスならば、
その2分の1を他の所得と合算して課税。

ご参考になれば、幸いです。

Q学資の為の保険・・・学資保険と終身保険

子供の学資の為の保険についてアドバイス下さい。

大学進学までとして約1700万の試算です。

素人考えだと返戻率に大差が無いなら死亡保障がある終身保険のが良いのではと思ってしまいます。

夫に万が一の場合を考えて追加で定期保険(22年満期で逓減がいいのかな)を考えています。収入保障保険は別途検討しているのでこの定期はあくまで教育費、葬儀代はその時にあるだけの金額ですれば良しとの夫の考えでそういう意味での終身保険は考えていません。

1.学資保険+定期保険
2.終身保険+定期保険

終身保険は死亡保障があるから定期保険の保障額が少し低く出来るのでそっちのがいいのかな、というのが素人考えです。

どうでしょうか?これから保険相談もする予定ですが、自分でも色々勉強してメリットデメリットを知っておきたいのでアドバイス願います。

Aベストアンサー

●「素人考えだと返戻率に大差が無いなら死亡保障がある終身保険のが良いのではと思ってしまいます。」

◆決して素人考えとは思いません。あくまでも同じ返戻率なら保障があった方がメリットが大きいと私も思います。
もちろん定期保険・終身保険・学資保険を別々に考えるのがベストですが、そうなると出費が大きくなります。
毎月の保険料を抑制して、少しでも高い保障を得られるのが終身保険で学資積立をするもう一つのメリットとなります。

Q学資保険と積立定期、どのように比較したら良いのでしょうか?

まもなく1歳になる男の子の父親(40代)です。
子供の将来の教育資金のために学資保険加入を検討しています。
あくまでもメインの目的は貯金で、医療保険等が含まれているものは考えていません。
いろいろな情報を調べて、ソニー生命の学資保険が良いのではないかと思っています。

しかし、「今は低金利時代だから、積立定期の方がお得」という意見も聞きます。
ただ学資保険は、「18年間で返戻率○○○%」という表記で、積立定期は「年利○%」と
いう表記が一般的かと思います。どちらが得かという観点で、これをどのように比較したら、
良いのでしょうか?(保険というより、数学の問題のような気がしますが。)
また金利以外でも、比較するポイントがあれば教えてください。

ちなみに、ソニー生命のHPで我が家が希望するプランを入力してみたら、
17歳満期で返戻率106.7%となりました。

Aベストアンサー

単純に数学の問題として計算してみました。

年利1%で17年間複利で計算すると、元本に対して108.4%の戻り。
年利0.5%なら元本に対して104.1%の戻り。
返戻率が106.7%なら、0.7%前後の利率だと思います。

ただし実際には積立定期には利息に対して20%が課税されて複利で運用されます。一方、学資保険では生命保険控除があるし、逆に受け取り金額によっては一時所得として所得税もかかるかもしれません。
また積立定期にした場合、今後17年間今の低金利が続くとは思えません。今後、いつになるかは分かりませんが定期の金利は17年間のうちには必ず上がるはずです。

それらのことを考えると単純には比較できませんので、結局は父親がなくなったときの保障をどう考えるかで学資保険に加入するかどうかを判断するしかないのでは?

Q学資保険加入1ヶ月解約AIG富士生命E-終身

先日保険の相談所に学資保険の相談に行きました。
そこで勧められた学資保険に加入したのですが、調べてみるとその学資保険は保険の相談所にとってとっても有利な保険だったらしいです。

加入1ヶ月ですが解約を考えています。
1ヶ月の保険料は損しますが解約した方が良いのでしょうか。


夫27妻29子1歳6ヶ月
AIG富士生命E-終身
18歳300万

です。

入り直そうか考えてる保険は

ソニー
アフラック
富士

です。

本当に加入してから調べるなんて恥ずかしいのですが
詳しい方宜しくお願いします。

Aベストアンサー

考え方が少し変ですね。
保険相談所にとって有利か不利かではなく貴方にとってどんな不利益があるのか、ということです。
確かに保険ショップは、手数料の高い保険を勧める傾向にあります。お客のためではなく自分たちの利益のためということはごく自然な行為です。
目的が学資の積立だけということに限定されるのであれば、返戻率を比較して純粋な学資保険に見直すべきかもしれません。
しかしE-終身のような低解約返戻型終身保険には、学資保険にはない死亡保障があります。途中でご主人に万一のことがあれば、学資での受取額以上の保険金が支払われます。
何事もなく満期を迎えれば学資保険は受け取って終わりです。終身保険は学資として受け取る必要がなくなった場合放置しておいても解約返戻金は増え続けていきますので、お子さんの結婚資金として全部あるいは一部を残すという方法もあります。いつ解約しても良いというメリットがあります。
本来の「保険」の役割を満たしているもので、決して悪い保険ではありません。
それらのメリット・デメリットを照らし合わせてそのままにするのか見直すのかを決めるべきですね。
代理店の手数料が大きいことが必ずしも貴方にとってのデメリットであるとは限りません。

考え方が少し変ですね。
保険相談所にとって有利か不利かではなく貴方にとってどんな不利益があるのか、ということです。
確かに保険ショップは、手数料の高い保険を勧める傾向にあります。お客のためではなく自分たちの利益のためということはごく自然な行為です。
目的が学資の積立だけということに限定されるのであれば、返戻率を比較して純粋な学資保険に見直すべきかもしれません。
しかしE-終身のような低解約返戻型終身保険には、学資保険にはない死亡保障があります。途中でご主人に万一のことがあれば、...続きを読む

Q学資保険の比較に追加すべきものはないでしょうか?

1才4ヶ月の息子に大学入学時、300万もらえる学資保険考えてます。
・郵便局の簡保
 疾病入院特約つけて一括払いにして
 元本割れをなくし最終4万ほどの利益。

・ソニー学資保険
 300万のゴールで年払い 最終35万の利益、
 でも保険がないので県民共済を月2000円(実質は返還あるので
月1300として)×17年で27万になり±で8万の利益。

主人の生命保険に子供特約も考えたけれど5年後に見直しする予定で
解約の可能性もあるのでこの話はやめになりました。

この比較に何か付加えや忘れはないでしょうか?
このままでは後者になりそうですが簡保のいい部分もわかってないのかもしれません。
アドバイスありましたら宜しくお願いします。

Aベストアンサー

追加です。
>一括にしないと元本割れしそうで。税金の事が分らない分、そうしてしまいそうです。
 蛇足ながら、保険契約者が万一の時、掛けた保険料が戻ってくるのが一括払い(通称:前期全納払)で、戻ってこないのが一時払いです。前者より後者の方が掛け金は高くなります。
 ちなみに小生が子ども保険に入ったのは、バブルの終末期なので、とても高い金利(予定利率)でした。
 今は、とても低金利なので、そう言う意味からは、何かしらお気の毒です。
 本題ですが、リスク分散の意味での3分割です。と言うのは、掛け金を払い込み中にほかにお金が入用の時、3口加入だと1口だけ解約したり出来ますね。大口契約は、保険会社やセールスには喜ばれるでしょうが、あくまで自分の保険です。おそらく、家の次に高い買い物ですから、慎重に。契約に当たって疑問な点は、しつこいくらい聞きましょうね。
 なお、配当金などは保険金額に比例するので、小口だから配当金が少ないということはないはずです。
 それと、保険金(満期保険金や配当も含む)の受取額(保険会社からは支払額)が100万円以上だと、支払調書が税務署に提出されます。簡保の場合は、必ず出されます。まぁ、今の金利なら税金は掛かりませんが、痛くもないマネーのことを官憲に知られるのは心地よいことではないです(と、小生は考えます)。
 御参考になれば。

追加です。
>一括にしないと元本割れしそうで。税金の事が分らない分、そうしてしまいそうです。
 蛇足ながら、保険契約者が万一の時、掛けた保険料が戻ってくるのが一括払い(通称:前期全納払)で、戻ってこないのが一時払いです。前者より後者の方が掛け金は高くなります。
 ちなみに小生が子ども保険に入ったのは、バブルの終末期なので、とても高い金利(予定利率)でした。
 今は、とても低金利なので、そう言う意味からは、何かしらお気の毒です。
 本題ですが、リスク分散の意味での3分割です...続きを読む

Q変額個人年金・変額保険(終身)について教えてください。

母子家庭なのですが、5年前に勧められるまま、変額保険に加入しました。
母(41歳)子(14歳)です。

母は変額個人年金に480万(解約払い戻し 約260万円)
子の変額年金80万(解約払い戻し 約45万円)

変額保険(終身)親子共に800万
(払い戻し金額・親 約74万円・子 約42万円)です。

5年前に全額払いましたが母の終身保険だけ残して解約しようか悩んでます。

このまま運用したほうがいいのかどうか・・。

もし解約したら、350万円の運用方法を教えてください。

もう目減りする商品には手を出したくないので宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

お答えします。

書いてある金額が払い込み保険料と、現在の解約払い戻し保険料という前提でお答えします。
(本来は保障金額でお話死体のですが)

お母様の終身は残されようという考えは正解です。
お子さまに年金は必要ないでしょうし、終身に加入するより、独立されるまでの期間を共済の様な商品で過ごされても良いと思われます。
お母様の医療保険は記載がありませんが、加入されていることとします。

運用については、リスク許容度、運用可能期間、運用スタンス等を診断、適切なポートフォリオ(資産配分)運用をすると良いでしょう。年金受給開始までの運用期間と考えますと、年7%くらいの運用は難しくありません。

保険も運用もしっかりとしたアドバイザーに意見を求めるのが肝心です。
残念ながら、sakura_ma_maさんの保険アドバイザーは、自分の営業成績のためのアドバイスをしたように見受けます。

Q学資保険の予定利率について

学資保険を検討しています。
学資保険・貯金・住宅ローンの繰上げ返済等を比較する中で、
学資保険の利率の計算方法を教えてください。

例えば、年払額120,000円、18歳満期時2,400,000円の
学資保険がある場合、利率をA(1%ならA=1.01)とすると、

1年目 120,000×A 
2年目 (120,000×A+120,000)×A
3年目 (120,000×A2乗+120,000×A+120,000)×A
・・・という感じで18年目までエクセル等で計算していって、
18年目の結果=2,400,000円となるようなAの値を
探せばよいのですか?

さらに、貯金の場合は源泉税率が20%とすれば、
上記で求めたA÷0.8をしてあげれば、
貯金とも実質比較できると思います。
いかがですか??
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
積立利率の計算方法は関数を使えば簡単です。

積立期間18年
毎年の積立額12万円
18年後の受け取り額240万円

積立利率=RATE(18,-120000,,2400000,1) です。
*税金を考慮していません。
 学資保険でしたら満期金は一時所得の対象です。
 一時所得は50万円の控除があるので、この場合は非課税です。

貯金の場合は毎年の利息に対して20%の税金がかかるので、
上記の結果を0.8で割った結果が積立利率です。


注意点
殆どの学資保険は、契約者(親)が死亡した場合、
保険料払い込み免除となります。つまり親の死亡保障がついています。この分の保険料が含まれていることを忘れないでください。

Q学資保険 加入検討中

娘が7月に生まれました。そろそろ学資保険に入ろうかなと思っています。職場の経験者の話によると、郵便局の簡保は元本割れをするとのこと。そこでその人曰く、「元本割れしないソニー生命の方がいいよ」と言われました。初めての子で、右も左も分かりません。おすすめの学資保険がありましたらアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして、もうすぐ1歳の子を持つ父親です。

私も学資保険に加入しようと思っていろいろと調べてみましたが、
私の調べた範囲内ではソニー生命が良かったです。 

質問の中に書かれているように「元本割れせず返戻率が高い」ことに加え、
「契約者が死亡した場合はそれ以降の支払が免除される」ことも大きなメリットだと思います。

もっといいものがあれば私も知りたいですが。

Q学資保険のメリット

3歳児の親なのですが、学資保険に加入するか迷っています。
学資保険は貯蓄と万が一の保険という認識でいます。
保険の役割はいらないとなると、わざわざ学資保険に加入せずとも、利率の良い銀行に貯金すればよいのではないかと思っています。

私の会社の財形貯蓄はわりと利率がよいので、毎月定額を貯金しています。

学資保険に加入することのメリットはどういったものでしょうか?
皆様はどういった考えで学資保険を選択していますか?

Aベストアンサー

学資保険のメリット
(1) 利率の良い学資保険を選べば、銀行利率よりも良い。
(2) 銀行預金の利息には20%の税金がかかるが、
学資保険は50万円までの利息は非課税。
(財形貯蓄も、学資目的の引き出しには、課税される)
(3) 普通は、保険料払込免除特約を付けるので、
死亡保険金=満期保険金となるので、マネープランを立てやすい。

学資保険は、保険料払込免除特約を付けた学資保険は、
死亡保険である。
なぜなら、死亡時以降の保険料を払うことなく、満期時に満期保険金を
受け取れるからである。
普通の死亡保険と違うのは、保険金を受け取るのが、
死亡時ではなく、満期時であること。

問題点
戻り率の良い保険を選ばないと、元本割れなどのデメリットが
大きくなる。
中途解約のデメリットがある(これも、保険によって、バラバラ)

Q学資保険と変額保険有期型の組み合わせについて

ソニー生命の学資保険を検討中です。
当初、17歳満期の200万を希望しましたが、ライフプランナーから以下の提案がありました。
・学資保険:17歳満期100万
・変額保険有期型:15歳満期100万
学資保険1本にするのか、上記2本の組み合わせにするのか、悩んでいます。
学資保険1本の方が、満期時の受取額が決まっているため、安心するのですが、変額保険有期型も魅力的です。
ただし、元本割れの可能性がありますが。。。
学資保険1本の方が良いでしょうか?

Aベストアンサー

私もまったく同じ立場(ソニー生命で学資・変額保険を検討中)なので回答になりませんが。実際にFPの方も自分の子供の学資を変額保険で運用しているとのことでした。
結局変額保険の運用次第ですが、学資の17歳満期の200万だけですべてを補える金額でもないのでしっかり貯金しましょう(お互いに)。
変額保険は十分納得がいくまで説明を聞いたほうがいいと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報