親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

こんにちは、
ブール代数の下記計算がぴんときません。
なぜ、成立するのでしょうか?

A+1=A
A+A=A

A+A(バー)=1
A・A(バー)=0

A+(A・B)=A
A・(A+B)=A

A+(A(バー)・B)=A+B
A・(A(バー)+B)=A(バー)+B(バー)

A 回答 (2件)

あなたのブール代数の定義が分かりませんが、次の公理によって定義されているものとして、説明します。


集合Sが2つの演算+と・をもつとき、(S,+,)がブール代数であるとは、次の公理系を満たすことである。
(1)任意のA,B∈Sに対して、A+B∈S、A・B∈S
(2)任意のA,B∈Sに対して、A+B=B+A、A・B=B・A
(3A)任意のA∈Sに対して、A+0=Aとなる要素0∈Sが存在する。
(3B)任意のA∈Sに対して、A・1=Aとなる要素1∈Sが存在する。
(4)任意のA,B,Cに対して、A・(B+C)=A・B+A・C、A+(B・C)=(A+B)・(A+C)
(5)任意の要素A任意のA∈Sに対して、A+A(バー)=1かつA・A(バー)=0となる要素A(バー)∈Sが存在する。
(6)Sは少なくとも異なる2つの要素を含む。

従って、A+A(バー)=1、A・A(バー)=0は公理5から明らか。これが成り立たなければ、ブール代数でない。
残りは、公理から導ける定理です。(最初と最後のは、間違い)
初めに、(+、・、0、1、(バーありなし))を
 (・、+、1、0、(バーなしあり))にそれぞれ変更したとき、
公理系は不変であることに注意します。(この性質を双対性という)
そのため、双対の関係にある定理は、一方を証明すれば、他方は自動的に証明されたことになる)

A+A=Aの証明
A=A+0=A+A・A(バー)=(A+A)・(A+A(バー)=(A+A)・1=A+A
従って、双対性より、A・A=Aも証明される。
A+1=1の証明
A+1=(A+1)・1=1・(A+1)=(A+A(バー))・(A+1
 =A・(A+1)+A(バー)・(A+1)
 =(A・A+A・1)+(A(バー)・A+A・1)
 =(A+A)+(0+A(バー))
 =A+A(バー)=1
双対性から、A・0=0も証明される。
A+A・B=Aの証明
A+A・B=A・1+A・B=A・(B+1)=A・1=A
双対性から、A・(A+B)=Aも証明される。
A+A(バー)・Bの証明
A+A(バー)・B=(A+A(バー))・(A+B)
 =1・(A・B)=A・B
双対性から、A・(A(バー)+B)=A・B
または、A・(A(バー)+B)=A・A(バー)+A・B
 =0+A・B=A・B
というように証明されます。

集合の部分集合族がブール代数になることから、ベン図を使って
説明することがありますが、正式な証明にはなりません。

質問者の方は、どちらをお望みですか?
また、2値論理の場合には、真理値表によって証明する方法もあります。
前提とするブール代数がどのように定義されているかが重要です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お返事有難う御座います。

詳細な説明有難う御座いました。よくわかりました。

お礼日時:2009/07/21 13:31

最後の


>A・(A(バー)+B)=A(バー)+B(バー)
は変です。
>A+1=A
これも変 A・1=Aの間違いでは無いでしょうか。
>A+A=A
自分自身を幾ら足しても要素は増えません。
>A+A(バー)=1
ある集合と全体集合からその集合を除いたものを足せば、当然「全体集合」です。ここで1は全体集合を表しています。
>A・A(バー)=0
ある集合と全体集合からその集合を除いたものの共通部分は「空集合」です。
>A+(A・B)=A
ある集合と他の集合の共通部分ともとの集合を加えたら、元の集合です。
>A・(A+B)=A
ある集合と別の集合の和と元の集合の共通部分は元の集合になります。
>A+(A(バー)・B)=A+B
全体集合からある集合を除いたものと別の集合の共通部分に元の集合を足せば元の集合と別の集合の和になります。

図で示すと良く分ります。ためしてみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事有難う御座います。

説明有難う御座いました。直感的に意味がわかりました。

お礼日時:2009/07/21 13:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブール代数の吸収法則について教えてください

-  -
A + A・B に吸収法則を使うと

-  -
A+Bになるそうですが、なぜそうなるのかが理解できません。教えてください。


調べてみたのですが、私の頭では、
A+A・B=A
となることが吸収法則であるとしか理解できませんでした。

Aベストアンサー

紛らわしいのでNを付けます。
NA+NA・B=NA(1+B)=NA です。

NA+A・NB であればちょっと回りくどいですが
=NA(B+NB)+A・NB
=NA・B+NA・NB+A・NB
=NA・B+(NA・NB+NA・NB)+A・NB
=(NA・B+NA・NB)+(NA・NB+A・NB)
=NA(B+NB)+NB(NA+A)
=NA+NB

Qブール代数の簡略化の問題について教えてほしいです。

X=(A+BC)(A+CD)(A+B+D)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

やり方だけ説明します。こつさえつかめば簡単です。

基本は
A(B+C)=AB+AC

AA=A

A+AB=A
くらい。

頭の二つの括弧だけはずしてみます。
X=(A+BC)(A+CD)(A+B+D)
=(AA+ACD+ABC+BCCD)(A+B+D)
=(A+ACD+ABC+BCD)(A+B+D) //AA=A,BCCD=BCD
=(A+ABC+BCD)(A+B+D) //A+ACD=A
=(A+BCD)(A+B+C) //A+ABC=A

以下同様に展開してください。

Qブール代数の問題の計算過程を教えてください。

こんにちは。

画像の問題は、H21工事担任者試験のブール代数の問題です。
答えは「Aバー」になるそうなんですが、自分で解いてみると、どうしてもCを消せません。
答えの「Aバー」を導くまでの計算過程はどうなっているのでしょうか?

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

計算過程を図に示します。

Qブール代数を使った論理式の解き方

(A+B)・(A・C+A・B)・(A+C)
上記式をブール代数の公式等を用いて簡単にしなさいという問題ですが、

文字の上に-(読み方忘れてしまいました、インバース?)
・問題
・解答
・理解できないところ
をPDF添付ファイルで記入してあります。

どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

これは式の書き間違いです。

上にバーがつくAを¬Aと書くことにします。
6行目の一番右のところから書くと
A・C+(¬A+¬A・C+A・C)・B=A・C+( ¬A・(1+C)+A・C)・B=A・C+(¬A・1+A・C)・B
となります。

つまり、7行目一番左のところの¬A・(1・C)は¬A・(1+C)の書き間違いです。

Q1/(1-x)や1/(1+x)の積分形

あまりに簡単な問題ですいません。
1/(1-x)の積分形
1/(1+x)の積分形
を教えてください。

それと1/xの積分形はLog(x)と本に載っていますが
Ln(x)でも良いのでしょうか?

30歳を過ぎて頭がぼけてしまいました。
なにとぞ宜しく御願いします。

Aベストアンサー

∫1/(1-x)dx=-log(1-x)+C
∫1/(1+x)dx=log(1-x)+C

1/xを積分したときのlog(x)(正しくはlog|x|)は
常用対数(底が10)ではなく自然対数(底がe=2.71828183...)
なのでLn(x)と同じ意味です

Q10進数の14.5を浮動小数点(IEEE754形式)の2進数に変換するにはどうしたらよいでしょうか?

10進数の14.5を浮動小数点(IEEE754形式)の2進数に変換するにはどうしたらよいでしょうか?
10進数の-7.5を浮動小数点(IEEE754形式)の2進数に変換するにはどうしたらよいでしょうか?
計算方法を教えてください。

Aベストアンサー

14.5を符号と指数と仮数に分けます。
符号は正の数なので符号は0
次に14.5を符号無し2進数に変換すると
1110.1
小数点を左に移動させて1だけ残すと
1110.1=1.1101*2^3
仮数は23ビットで小数点より右側だけなので、足りない分を0でうめて
11010000000000000000000
指数の3を127でバイアスするので
3+127=130
これを2進数に直すと
10000010
全て合わせると、
01000001011010000000000000000000
で、32ビットの2進数に変換できました。
同じように、-7.5を変換すると、
符号は負の数なので1
-7.5を符号無し2進数に変換すると、
 111.1
=1.111*2^2
なので、仮数は
11100000000000000000000
指数の2を127でバイアスすると
2+127=129
これを2進数に直すと
10000001
全て合わせると
11000000111100000000000000000000
になります。
64ビットの場合は、指数のバイアスを127から1023にし、仮数の23ビットを52ビットまで増やせばOKです。

14.5を符号と指数と仮数に分けます。
符号は正の数なので符号は0
次に14.5を符号無し2進数に変換すると
1110.1
小数点を左に移動させて1だけ残すと
1110.1=1.1101*2^3
仮数は23ビットで小数点より右側だけなので、足りない分を0でうめて
11010000000000000000000
指数の3を127でバイアスするので
3+127=130
これを2進数に直すと
10000010
全て合わせると、
01000001011010000000000000000000
で、32ビットの2進数に変換できました。
同じように、-7.5を変換すると、
符号は負の数なので1
-7.5を...続きを読む

Q論理回路R-Sフリップフロップ

R-Sフリップフロップは論理の入力でR=1、S=1は禁止入力とされていますが、実際には入力可能です、これってどういうことなんですか?どなたか教えてください。

Aベストアンサー

私も以前から (1, 1) を「禁止入力」と呼ぶのには疑問を感じていました。

(1, 1) を入力しても単に出力が (1, 1) (回路構成によっては (0, 0) ) になるだけでなんの矛盾もありません。

入力を (1, 1) -> (1, 0) -> (0, 0)

(1, 1) -> (1, 0) -> (0, 0)

と変化させた場合も常識どおりに動作します。

問題は入力を (1, 1) から (0, 0) ) に変化させた場合です。このとき出力が (1, 0) で安定するか (0, 1) で安定するかは不定です。

Q積分で1/x^2 はどうなるのでしょうか?

Sは積分の前につけるものです
S dx =x
S x dx=1/2x^2
S 1/x dx=loglxl
まではわかったのですが
S 1/x^2 dx
は一体どうなるのでしょうか??

Aベストアンサー

まず、全部 積分定数Cが抜けています。また、積分の前につけるものは “インテグラル”と呼び、そう書いて変換すれば出ます ∫

積分の定義というか微分の定義というかに戻って欲しいんですが
∫f(x)dx=F(x)の時、
(d/dx)F(x)=f(x)です。

また、微分で
(d/dx)x^a=a*x^(a-1)になります …高校数学の数3で習うかと
よって、
∫x^(a-1)dx=(1/a)*x^a+C
→∫x^adx={1/(a+1)}*x^(a+1)+C
となります。

つまり、
∫1/x^2 dx=∫x^(-2)dx
={1/(-2+1)}*x^(-2+1)+C
=-x^(-1)+C
=-1/x+C

です。

Qブリッジ回路の真ん中の電圧の求め方

             a
            /\
          R1   R2
     __/        \___   
     ↑   \      /    ↓
     ↑     R3  R4      ↓
     ↑      \/        ↓
     ↑      b          ↓
     ↑____E(V)_____↓

R1R4=R2R3だった場合ab間に電圧が流れませんが、もしこれが成り立たなかった場合ab間の電圧Eoはどのような式になるのでしょうか?
私が自分でやったこと
キルヒホッフで3個式作ろうとしたが作り方がわからなかった
あと合成抵抗を出して上の電流と下の電流の差からオームを使って出そうとしたけどできませんでした><

ab間の電圧Eoの求め方教えてください
参考URLなどあればそちらも教えてください

Aベストアンサー

同じ電流が流れるRの直列回路の電位(差)は抵抗比に比例することを使って下さい。

aの電位va=E*R2/(R1+R2)
bの電位vb=E*R4/(R3+R4)
この電位の差がEoになります。
Eo=va-vb

なぜこうなるかを考えて見てください。

Q論理式 簡単化

論理式Y=(A・B・C+A^)A2重^・C^+A^・B・Cを簡単化する方法がわからないので、
教えてください。ちなみに、^はバーを表しています。
また、簡単化した論理回路と真理値表も教えてください。
ちなみに、NANDゲートのみで構成した場合でお願いします。

Aベストアンサー

#1,#2です。

A#2の補足により
正しい論理式が添付図の通りとわかりました。
AのNOTを~Aで表しA・BをABのように書くことにします。

ブール代数の公式を使って論理式を簡単にする方法

Y=(ABC+~A)・~(~AC)+~ABC
=~(ABC+~A)+~AC+~ABC
=~(ABC)・A+~AC
=(~A+~B+~C)・A+~AC

∴Y=A~B+A~C+~AC

一次元真理値表
A B C Y
0 0 0 0
0 0 1 1
0 1 1 1
0 1 0 0
1 1 0 1
1 1 1 0
1 0 1 1
1 0 0 1

Y=A~B+A~C+~ACをNANDゲートのみで論理回路構成すると
添付図のようになる。

やり方は
「A~C+~AC」はXORなのでNANDゲート4個で構成できることを
利用する。あとは論理ゲートをド・モルガンの法則を使って
NANDゲートに置き換えて行けばよい。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング