この2人の商材に興味があるのですが、ネットで評判を調べると、良いものから悪いものまでさまざまです。
詐欺っていう人もいます。実際のところどうなんでしょうか?
特に、この2人の商材を読んだことある人の意見があると嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

これを読んでいるあなたは、これまでにいくつかのセミナーに出たり、情報商


材を買ったりしてきたことでしょう。

そこで、質問します。

「その結果、思ったとおりに儲かっていますか?」

あなたが見たセールスレターに「一日2時間働けば月収1000万円になれる」
って書いてあれば、最低でもそのくらい稼いでなければおかしいですよね?


実際、セミナーや情報商材で語られるノウハウだけでは儲からないんです。


それは、今のネット起業家が皆、そのセミナーや情報商材を買わせて儲け続け
たいがために、真実をひた隠しにしているからです。

セミナーや情報商材で伝えられるノウハウなんて、たかが知れてます。

セミナーや情報商材は、たくさんの人が聞いたり読んだりしますよね。


つまり、セミナーや情報商材で伝える内容はどうしても「最大公約数」的なも
のにならざるをえず、それ以上のことはできないわけです。

それがセミナーや情報商材が持った宿命、物理的な限界です。

だから、その程度の「一般的なノウハウ」を吸収しただけではやっぱり儲から
ないんですね。


お金で買える情報なんて、結局それ以上でもそれ以下でもないんです。

そんな情報を吸収しても、直接の儲けにはつながらないです。

しかも、もっとよく考えてみてください。

あなたがお金を払ったセミナーの講師や情報商材の作者って、そんなにすごい
実力者でしたでしょうか?

有名=実力者、というわけでは決してないですよ。

むしろ、そこそこ名が知られている人ほどあやしいと思ってくれていい。

つまり「自分の名を売らなければ儲けられないほど力のない」人たちなんじゃ
ないかという話ですね。


あなたも、もしかしたら気づいているかもしれません。

今まで参加したセミナーで聞いた話が、はたまた「今度こそ」と思って買った
情報商材に書かれていた内容が、いかに「たいしたことがなかったか」という
ことを。

この事実こそ、講師や作者が胡散臭い人物だという何よりの証拠だと思います。


ある税理士さんや有名起業家の話では、公に言われている数字からは程遠い額
しか稼いでいないネット起業家というのは、思いのほか多いそうです。


こんな感じで1つ1つ細かく見ていけば、いかにあやしい人があやしいものを
売ろうとしてるか、理解していただけるのではないでしょうか?


悲しいのですが、それが現実。

そろそろ、目を覚ましましょう。
    • good
    • 10

 回答ナンバー13ですが、もうひとこと。


 和佐さんのセミナーなんですが、言っていることはしごくもっともで詐欺ではないと思うんですが、内容はいまどきビジネスをやろうという人なら当たり前に考えているような内容で、特に目新しいものではないと思います。マーケティング術についての書籍を1500円内外で買って1冊読めば十分という感じです(図書館で借りればもっと安くつきます)。
 高いお金と時間を使って聞きに行くほどの内容ではないことが、「詐欺だ」という評価につながっているんではないかと思います。
 以上、気になりましたので追加します。
    • good
    • 2

 和佐さんしか知りませんが、無料で見られるセミナーの動画ファイルと音声ファイルをDLして保管してあります。


 セミナーでおっしゃっていることは至極もっともなことで、詐欺ではないと思うんですが、なぜそのファイルをDLしてあるのかというと、ツイッターで営業しまくってるらしいアフィリエイトで大儲け!的なものの講義?の中で見ておくように指示があったからです。
 ここから先は想像でしかないのですが、それらのファイルを閲覧した人間ひとりあたりにつきいくらかがその「アフィリエイトで大儲け!」の講師?に入るようになっていたんではないでしょうか。
 その講義?の内容自体、後から考えれば毎日出される課題自体がアフィリエイトで講師?にいくらか入るようなシステムになっていたとしか思えませんし。
 それでも「無料登録」が課題だったときはまあいいかと思ってやっていたんですが、いくらか出費を伴うものになってきた時にいよいよ怪しいと思って止めました。
 そういう使われ方をしているせいで、和佐さんにダークなイメージがついてしまったのではないかと……。
    • good
    • 9

私はこの2人の商材は詐欺ではないと思っている人間です。




ですので、そういうつもりで読んで頂ければいいですが、、、


まず、最終的に詐欺か詐欺でないかを決めるのは本人です。

どんなに素晴らしい商材を手に入れようとも、
使う本人が使いこなせなければ、無駄になってしまうわけですから、
つまりは、満足できず、騙された(や、それに近い感情)となり、
結果的には詐欺だった(かもしれない…)と感じて、嫌な気分になります。


ですので、この二人の商材を買ったからと言って、
誰でもが楽に儲けられるものでは決してなく、もっと言えば、
他人に依存してばかりの方ではドブにお金を捨てるようなものになります。


この手の商材を買うというのは、
他人任せで楽に稼げるということではなくて、
知識を学び、自分のノウハウとして身に付け、
自分のビジネスに生かす行動をしてこそ意味があるものです。


本当に彼らの話すような結果を出すためには、
自分が学び、考え、変化し、行動できる人でなければ、
木坂さんにせよ、和佐さんにせよ、世の中のどんな商材を手にしても、
無駄になるだけです。



ただ、少なからず私個人が言えることは、
私自身にはとても役に立つ内容でしたし、
仲の良い友人には自信を持ってお勧めできる商材でした。


友人とのビジネスの勉強会でも、
木坂さんと和佐さんのノウハウを手本に、
それをどう使っていくのかを学んでいます。


特に木坂さんのブランディングのマインドは、
ビジネスだけでなく、もっと広く、
日常にも生かせるものだと思います。



私が知る限りですが、
全うな人間性を持ち合わせた情報起業家は、
インターネットの世界には多くはありません。
(これはインターネットという属性も関係あるでしょうが)


実際には小手先のノウハウを、
何万、何十万のお金で売っている人間のほうが多いぐらいです。


イメージ的には、成金のようなお金さえ儲かれば何をしてもいいとか、
少なくても人間的な魅力は一切感じない人が多いです。


実際私も、お恥ずかしい話ですが、
情報商材に興味を持ち始めた数年前は、
お金がザックザック儲かるというところに惹かれ、
何度も詐欺的な商材を掴んでしまったこともあります。


※ちょっと補足として

情報商材には、セールスレターというものがありますが、
このセールスレターは心理学を利用し、人の欲求を駆り立て、
買いたい行動を起こさせる文章になっていますので、
セールスレターを読んでいるうちに、
なんだかほしくなるのは人として当たり前なんでしょうね。

63万円のセミナーに350人の申し込みが殺到したという記事もあります。

でも、逆に言えば、このような人の心理を理解して、
自分のビジネスに生かすこともできますし、
それを木坂さんはわかりやすく教えてくれています。

なので、その手法を使うかどうかは、
その人の倫理観に問われることが大きいですね。

※補足終わり



ただ、私がこれまでに経験をしてきた中では、
木坂さんと和佐さんの商材は、信頼できるものです。
特に木坂さんの商材は、
今でもチャンスがあればたびたび購入しているほどです。



長くなりましたが、ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 3

詐欺ではないと思います。

人間的には嫌いですが。特に和佐大輔氏が。

理由関係なく過度に偉そうです。嫌われてはいけないと頭では理解しているようですが実現出来てないです。

今はたぶん彼の人柄が好きというより彼の金儲け経験とハウツーが好きな人が多いと思います。しかしハウツーもそうまでも無い。勢いの人でしょう。

木坂氏の方がこれらを心の底から理解出来ている勉強家のようですが、それでも若さゆえか時たまエゴや強引さがハウツーにも出てしまいます。

しかし彼の場合は”つい出てしまう”ぐらいです。

ですから彼のノウハウの方が実益も何倍も有ると思います。以上はすこし片寄ってますけれど、どっちにしろ2人セットには考えない方がいいです。個別に観察すると面白いし自分の実益に繋がる事だけ盗めます。

ちなみに私は情報商材や仕組み自体も詐欺じゃあないと思ってる側の人です。
    • good
    • 2

商材を読んでいます。


ある程度予備知識というか、ビジネスに対するビジョンを持った人には背中を押されるような、不安を払拭してくれる優れた内容です。
まさか、21歳の若者が書いていると思えないようなおっさん的な内容です。
不安の正体を教えてくれるから対処が自ずと見えてくるという事ですが、何もビジョンを持っていないし、持とうとも思わない金の亡者には詐欺だと思います。
彼は、ビジネスの本質を様々な角度から紹介・説明をしてくれているのです。
分からない人にとってはいくら商材を買ってもピンとこず、さんざ金を使ったあげく、何も得られなかったと頭の悪い怒りを覚える事と思います。
自分なりのビジョンを持っている人が商材を一つでも買えば、彼が何を云わんとしているか分かり、感動する事でしょう。
ビジョンを持って戦っている人は多かれ少なかれ苦しみの中で知恵を絞り、あと一歩のところで足踏みしたりもするでしょうから、彼の語る一つの言葉から全てを得られる人も居るはずです。
だから、本質的に言えば「本気の人」にとっては、商材は「高くても安くても一つで十分」といえる内容です。
    • good
    • 2

買ってみればわかることでしょう。


あなたが詐欺だと思ったら、裁判にしましょう。
私も協力します。
弁護士も紹介できます。

あれだけ売っていて詐欺罪なら捕まるとか裁判とか、そういうことになっていると思います。
そういうニュースは聞きますか?
私は聞いていません。

和佐君は頭もいいし、努力家で純真な青年です。
出している商品は、「超」をつけてもいい一流のものです。

どこにだってアンチファンはいます。

むかつくんですよ。
脚も動かないのにあんなに金持ちになって、偉そうなことも言うんです。

畜生は何か攻撃したくなるんでしょう。
まともな人は、「ああ・・・、だからから俺成功してないんだな」と素直に思うんです。
正論ですので。
    • good
    • 3

私は1年以上前に「ネットビジネス大百科」を買いました。

少なくとも起業を目指す私にとって勉強になる教材でした。


何を以て詐欺というのかは私もよく分かりませんが、金を振り込んだのに教材がダウンロードできない…といったことはなかったので、詐欺ではないです。(少なくとも私の場合はそうでした。)


1万円という高額な商品でしたが、ビジネス書6冊分くらいの値段であることを考えると、十分にそれくらいの価値はあったんじゃないかというのが私の感想です。


音声ファイルがメインなので、購入からしばらくはずっとウォークマンで聞いてました(笑)



ただ、私は学生なので、20万円以上したNBAには手を付けられませんでした(泣)
    • good
    • 3

すでに回答があったので、そのとおりだと思いますが、


付け加えることがあるとすれば、
ネットビジネスが、寝ていても儲かるとか、商材を読めば儲けやすくなるとかのお気持ちが少しでもあるなら、情報ビジネスはおろか、物販系のアフィリエイトもやめたほうが良いかもしれません。
不労所得なんてのは、通常夢物語です。あるとすれば、お金がお金を生むような状況にある人だけでしょう。

ノウハウ商材ですが、それを売るASPと商材の作者とは、出版社と漫画家の関係に良く似ているのですが、そのようには誰も育ててきていません。
漫画家でいえば、自分の作品を自分で宣伝して、決済だけをASPを利用するようなものです。

もし漫画家が、史上最高のストーリー漫画と嘯いて販売して、それを呼んだあなたが、ギャグ漫画だったと思ったら、どうなりますか?
もしかしたら、作品としてはまともでも、騙されたと思うのではないでしょうか?

この場合どこが悪いのでしょう。そういうことなのです。

ノウハウ商材の中にはもちろん(例外的に 笑)良いものもあるのですが、良いものを見つけられない購入側の問題もありますし、そんな販売をしているASPにも問題があるのです。それを許しているのは問題です。
もし、出版社のように、売れない漫画をフィルターにかけて漫画家としてデビューさせない仕組みをもっていたとしたら・・・

そう、売っていいものだけを適正に一定の方法で広告しているでしょう。作家がうそぶくひつようはなくなります。

物販アフィリエイトがなぜ市民権を得たのかといえば、ASPがそれなりの努力をしているからで、アフィリエイターの管理徹底をしているからにほかなりません。
情報(ノウハウ)商材を詐欺だと思う前に、もっといろいろ検討する余地はあると思いますよ。
    • good
    • 0

セールスレター(まぁ広告ページみたいなモノ)だけの内容で、在宅で何にも苦労しないで、情報だけ買えばボロ儲け出来る!と考えて買った人にすれば「詐欺」になるのでしょう。



私は利用していませんが、仕組みの作り方や考え方は一理あると思います。
ただ、インターネットの情報商材って結局は、使う側・遣る側にある程度のコンテンツ(自分が培った情報や能力)が無い場合は、ネット上に広まっていない情報などを取り寄せない限り、難しいと思いますよ。

昔アメリカでゴールドラッシュがあったときに、一攫千金を当てたのは本の数人で、本当に儲けたのは、一攫千金目当ての人達に、ツルハシを売って商売をした人達だという逸話があるほどです。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIFRSの読み方について

IFRSの読み方について教えてください。

アイエフアールエス、アイファス、アイファース、イファースなど読み方があるようですが、日本では標準的な読み方はありますか?また、グローバルで共通した読み方はありますか?

全社で共通した読み方で統一したいと考えております。

Aベストアンサー

IFRSの読み方は、現時点の日本では様々です。
各種セミナーに行きましたが、講師をされる方によってまちまちです。

ひとりの講師の方の説明では、IFRSがすでに導入されているヨーロッパ(EU)では、主にアイエフアールエスと読んでいるようです。

http://ifrs-yomikata.cocolog-nifty.com/blog/

ご参考に。

参考URL:http://ifrs-yomikata.cocolog-nifty.com/blog/

Q先日インフォトップで情報商材(7万円相当・商材は保存してあります)を購

先日インフォトップで情報商材(7万円相当・商材は保存してあります)を購入したのですが詐欺商材で返金して貰うために弁護士(司法書士)に依頼して代金を返金させようと思っているのですがどこかおすすめな司法書士があったら教えてください。
ちなみにその情報商材は株式投資に関する情報商材で以前行政書士に内容証明郵便を依頼しましたが販売者が留守で内容証明郵便が帰ってきました(失敗)ので弁護士に依頼するときは確実に代金回収してくれるところに依頼したいのです。
予算は2万から3万前後で依頼を受けてくれるところを探しています(出来れば安いに越したことはないのですが)。あと補足ですが私は神奈川県に在住しています。
また回答者の皆さんで実際に情報商材の返金で弁護士に依頼してもらった体験とか回答して貰えると嬉しいです。
皆様のご回答お待ちしています。

Aベストアンサー

1】情報商材に矛盾や詐欺的要素がある場合はまず販売者(インフォプレナー)に
  
  その内容を指摘した、返金を求めるメールを送る。

  →おそらく無視されます。
   


【2】上記と同様のメールをASP(この場合はインフォトップ)
   に連絡する。

  →これも、同じく無視される。
   
   もしくは、インフォプレナーと交渉しろって返事が来る。

【3】上記の【1】と【2】は既成事実を作るための、準備段階です。

   ここからが本番。

   返金という姿勢ではなく、『契約取り消し』です。

   現金決済の場合はちょっとしんどいかな。
  
   クレジット決済なら間に合うと思います。

   必ず『決算代行会社』が絡んでいる筈です。

   テレコムクレジットだったと思います。

   そちらへ、対応を願い出て下さい。(くれぐれも丁重に)

   専門の担当者が相談に乗ってくれます。

   大抵の場合は、この方法でOKです。自分で出来ます。


【追伸】質問者が訴える詐欺的要素を、上手に相手に伝えられる様に。

    投資系だとどうでしょうか?

    実践したけど、最近の相場状況にマッチして
    
    いなかっただけとか、

    単に儲からなかったってだけじゃなく、
    
    内容に宣伝文との大きな食い違いや

    矛盾点を洗い出して整理して下さい。

1】情報商材に矛盾や詐欺的要素がある場合はまず販売者(インフォプレナー)に
  
  その内容を指摘した、返金を求めるメールを送る。

  →おそらく無視されます。
   


【2】上記と同様のメールをASP(この場合はインフォトップ)
   に連絡する。

  →これも、同じく無視される。
   
   もしくは、インフォプレナーと交渉しろって返事が来る。

【3】上記の【1】と【2】は既成事実を作るための、準備段階です。

   ここからが本番。

   返金という姿勢では...続きを読む

Q麗の読み方

「麗」という読み方はレイ、ウララ意外読み方がありますか?
名前付けなので、あて字でもいいです。
役所に認められればどんな読み方でもいいのですが・・・

Aベストアンサー

 http://dictionary.goo.ne.jp/srch/jn/%E3%81%86%E3%82%89%E3%82%89/m0u/
では“うら”ら、うら”らか
 という読みがありますね。
 これは85になる姉の名前が使っています。最初はカナでしたが、成人して漢字に改名したんです。
 小さい時は書くのがたいへんですね。
 私も苗字もちょいと画数が多いし、名前も“藏”って字はとても書き難くかった思い出があります。

Q情報商材系で実際に稼げた人いますか?

月100万円稼げたと豪語している情報商材がありますが、
実際に稼げた方がいらっしゃいましたら是非、お話をお聞きしたいです。

Aベストアンサー

私の場合は月100万円には到底、及ばず、せいぜい月7~8万(ポイント)位ですが、[WordPressアフィリエイトテンプレート]を使い、一応稼げたので参考までにと思い回答させて頂きます。
これはノウハウ系ではありません。ワードプレステンプレートです。
よくありがちなサイドバーエリアやコンテンツ内に広告が表示されるものではなく、書いた記事内容を解析したうえでキーワードが抽出されてテキストリンクに変換され、リンク先にコンテンツに関係性の高い広告が自動的に生成されて表示されるといった具合のもので、説明すると長いのですが、簡単に言ってしまえばやることは記事を書くだけ。
さすがに[記事自動作成]みたいな機能は備わっていませんが、アフィリエイト感覚ゼロで記事作成に取り組めるので精神的に楽です。
広告が専用ページで作られて表示されるので検索エンジンからは見えません。多分・・・・。
よって上位表示されやすいイコール見込みユーザーが訪れるイコール内容に沿った広告を提示イコール成果が上がりやすい・・・、みたいな感じで稼げてるのだと思います。
それなりに濃い情報コンテンツを作ればもっと稼げるようになるのかも知れません。
かなりまともな商材になるのではいかと思います。

私の場合は月100万円には到底、及ばず、せいぜい月7~8万(ポイント)位ですが、[WordPressアフィリエイトテンプレート]を使い、一応稼げたので参考までにと思い回答させて頂きます。
これはノウハウ系ではありません。ワードプレステンプレートです。
よくありがちなサイドバーエリアやコンテンツ内に広告が表示されるものではなく、書いた記事内容を解析したうえでキーワードが抽出されてテキストリンクに変換され、リンク先にコンテンツに関係性の高い広告が自動的に生成されて表示されるといった具合のもの...続きを読む

Q記号∀,∃の読み方(発声)を教えてください

記号∀,∃の読み方(発声)を教えてください
出来れば解析学と論理学とにおける読み方を
一般的な読み方がなければ個人的な読み方でもいいです

Aベストアンサー

大学では数学をかじっていた者である。
一般論はNo.1に詳しいので、ここでは個人的なことを述べさせて頂く。

大学の講義でそう聞いたからだと思うが、私はどのような場合でも大概
「全ての」「或る(ある)」
と読んでいる。
また、Wikipediaの記事にはないが、こんな話をする相手はガンダムの話も嫌がらない人が多いので、
「ターンエー(turn A)」「ターンイー(turn E)」
ということもあろうかと思う。

Q「年収●億円になれる!」等の情報商材買う人に質問

「年収●億円になるプログラム」とか「簡単に株で億万長者になる」とか
最近ではTVであほみたいな若者が出てきたり、

どう考えたって、そんな話あるわけないし、
どっかの本のぱくりみたいな内容に何万円も払ったり、
そんなくだらん情報読むなら、本当に成功してる人の話とか、1000円程度の昔から読み継がれてる良質な本でも読めよと思うんだけど、なんでそんなのを買う人がたくさんいるの?まぬけなの?
と思うんだけど、なんで信じちゃうの?

言ってしまえば、世の詐欺商売に引っ掛かる人はとても多く、大衆てのはそんなまぬけが多いものなの?

Aベストアンサー

「儲かる」ていう言葉への耐性が無いのです。たぶんサラリーマンばかりになったのが影響しています。簡単に儲かるはず無いです。

QFAQの読み方は?

WindowsFAQ-Windows処方箋のページはここでもよく紹介されています。そこで疑問に思ったのがFAQの読み方です。
手元には2種類のPC用語辞典しかないのですが、2種類が違う読み方をしています。「ファーク」と読む場合とあとは恥ずかしい読み方をする場合とです。正しい読み方はどちらなんでしょうか?

後者だとヤだな。

Aベストアンサー

Cid さん、こんばんは~☆♪

ASCIIのデジタル用語辞典では、『ファーク』・『エフ・エー・キュー 』と
なっておりますね。
私は、後者の『エフ・エー・キュー 』と読んでおります。

> とあとは恥ずかしい読み方をする場合とです。

『ファック』とは、読まないですよ。 ご安心を。。。

http://yougo.ascii24.com/gh/49/004900.html


ではでは☆~☆~☆

参考URL:http://yougo.ascii24.com/gh/49/004900.html

Qよく情報商材の規約に、

よく情報商材の規約に、
一般的な情報商材の場合、「違反件数と販売価格に10~15を乗じた罰則金を支払います等の
記載が書いてありますがこれはある程度著作権法や、知的財産法等をもとに弁護士見解をとった
上で書かれているものなのでしょうか?

商材を作成しましたが、募集したモニターに商材のコアとなるなる内容を、
ブログに公開されてしまいました。

なんとか違約金を支払わせたいのですが、ご助言いただければ幸いです。

Aベストアンサー

ANo.2です。

公序良俗によって、「無効」と判断された判例の一例を挙げときます。

食品衛生法に反することを知りながら、有毒性物質の混入したあられを販売する契約
(最高裁、昭和39年1月23日判決)

金地金の先物取引を委託する取引が著しく不公正な方法によって行われた場合、商品取引所法違反かどうかを論ずるまでもなく、公序良俗に反し、無効であるとした例
(最高裁、昭和61年5月29日判決)

Q十の読み方について

十の読み方について学校の授業で以下のような問題が出たのですが、どう答えて良いのか分かりませんでした。。

問題は
「第十中学校」を省略して「十中」となるが、それぞれどのような読み方をするのか。なぜそのような読み方になるのか答えなさい。

読み方は分かるのですが、説明が上手くできません。
分かる方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

No.5さんがいう、

『じゅう』は下にカ・サ・ハ・タ行の言葉にかかるとき、『じっ』または『じゅっ』に変わります

というのは、たとえばカ行の音である「こ(個)」に付くときは、「じゅっ・こ」、カ・サ・ハ・タ行以外の行であるマ行の「マ」から始まる「枚」に付くときは、「じゅう・まい」になる、というようなことですよね。

「十中」は「じゅっ・ちゅう」で拗音(ようおん)ではありますが、タ行の「ち」を含む音に続きます。

一方、「第十中学校」は「第十/中学校」と途中で少し切って発音しませんか。つまり「第十」の「十」は、そこで切れていて、タ行の音に付いていないのです。

 「十歳」は「じゅっさい(じっさい)」だけど、「二十三世紀」は「にじゅうさんせいき」というのも、どちらも後にサ行音の「さ」が来るけど、「二十三世紀」の方は、「二十/三世紀」という感じで発音しませんか。「二十三」だけの場合も、意識の上では「二十/三」という感じで「二十」でいったん切れていて、一気には発音しないんじゃないでしょうか。
 

Qネット商材についての質問

infotopなどサイトで商材を個人で販売した場合に何に気をつければ良いですか?
そこで得た利益は収入として、所得申請しなくてはいけないんですか?
ネット販売を個人で行っていこうとおもうのですが、そのような法律関係にことが素人なのでわかりません。
宜しく御願いします。

Aベストアンサー

所得が発生しますから、もちろん申告が必要となります。ですから、経費などについても領収書や振り込み控えなどを適切に保存しておくようにしてください。(この手のことは、税務署に出向くか、電話で聞けば親切に教えてくれると思います)

そのほか、法律事項もネットで調べておきましょう。
・プライバシーポリシー(個人情報保護方針)
・特定商取引法に関する法律事項
・特定電子メール法
は最低限調べておき、遵守しましょう。

また、健康モノだと、薬事法や医事法に触れないように気を付けるなど、その商品に対しての法規制の有無を調べ、遵守する必要があります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報