この2人の商材に興味があるのですが、ネットで評判を調べると、良いものから悪いものまでさまざまです。
詐欺っていう人もいます。実際のところどうなんでしょうか?
特に、この2人の商材を読んだことある人の意見があると嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

これを読んでいるあなたは、これまでにいくつかのセミナーに出たり、情報商


材を買ったりしてきたことでしょう。

そこで、質問します。

「その結果、思ったとおりに儲かっていますか?」

あなたが見たセールスレターに「一日2時間働けば月収1000万円になれる」
って書いてあれば、最低でもそのくらい稼いでなければおかしいですよね?


実際、セミナーや情報商材で語られるノウハウだけでは儲からないんです。


それは、今のネット起業家が皆、そのセミナーや情報商材を買わせて儲け続け
たいがために、真実をひた隠しにしているからです。

セミナーや情報商材で伝えられるノウハウなんて、たかが知れてます。

セミナーや情報商材は、たくさんの人が聞いたり読んだりしますよね。


つまり、セミナーや情報商材で伝える内容はどうしても「最大公約数」的なも
のにならざるをえず、それ以上のことはできないわけです。

それがセミナーや情報商材が持った宿命、物理的な限界です。

だから、その程度の「一般的なノウハウ」を吸収しただけではやっぱり儲から
ないんですね。


お金で買える情報なんて、結局それ以上でもそれ以下でもないんです。

そんな情報を吸収しても、直接の儲けにはつながらないです。

しかも、もっとよく考えてみてください。

あなたがお金を払ったセミナーの講師や情報商材の作者って、そんなにすごい
実力者でしたでしょうか?

有名=実力者、というわけでは決してないですよ。

むしろ、そこそこ名が知られている人ほどあやしいと思ってくれていい。

つまり「自分の名を売らなければ儲けられないほど力のない」人たちなんじゃ
ないかという話ですね。


あなたも、もしかしたら気づいているかもしれません。

今まで参加したセミナーで聞いた話が、はたまた「今度こそ」と思って買った
情報商材に書かれていた内容が、いかに「たいしたことがなかったか」という
ことを。

この事実こそ、講師や作者が胡散臭い人物だという何よりの証拠だと思います。


ある税理士さんや有名起業家の話では、公に言われている数字からは程遠い額
しか稼いでいないネット起業家というのは、思いのほか多いそうです。


こんな感じで1つ1つ細かく見ていけば、いかにあやしい人があやしいものを
売ろうとしてるか、理解していただけるのではないでしょうか?


悲しいのですが、それが現実。

そろそろ、目を覚ましましょう。
    • good
    • 10

 回答ナンバー13ですが、もうひとこと。


 和佐さんのセミナーなんですが、言っていることはしごくもっともで詐欺ではないと思うんですが、内容はいまどきビジネスをやろうという人なら当たり前に考えているような内容で、特に目新しいものではないと思います。マーケティング術についての書籍を1500円内外で買って1冊読めば十分という感じです(図書館で借りればもっと安くつきます)。
 高いお金と時間を使って聞きに行くほどの内容ではないことが、「詐欺だ」という評価につながっているんではないかと思います。
 以上、気になりましたので追加します。
    • good
    • 2

 和佐さんしか知りませんが、無料で見られるセミナーの動画ファイルと音声ファイルをDLして保管してあります。


 セミナーでおっしゃっていることは至極もっともなことで、詐欺ではないと思うんですが、なぜそのファイルをDLしてあるのかというと、ツイッターで営業しまくってるらしいアフィリエイトで大儲け!的なものの講義?の中で見ておくように指示があったからです。
 ここから先は想像でしかないのですが、それらのファイルを閲覧した人間ひとりあたりにつきいくらかがその「アフィリエイトで大儲け!」の講師?に入るようになっていたんではないでしょうか。
 その講義?の内容自体、後から考えれば毎日出される課題自体がアフィリエイトで講師?にいくらか入るようなシステムになっていたとしか思えませんし。
 それでも「無料登録」が課題だったときはまあいいかと思ってやっていたんですが、いくらか出費を伴うものになってきた時にいよいよ怪しいと思って止めました。
 そういう使われ方をしているせいで、和佐さんにダークなイメージがついてしまったのではないかと……。
    • good
    • 9

私はこの2人の商材は詐欺ではないと思っている人間です。




ですので、そういうつもりで読んで頂ければいいですが、、、


まず、最終的に詐欺か詐欺でないかを決めるのは本人です。

どんなに素晴らしい商材を手に入れようとも、
使う本人が使いこなせなければ、無駄になってしまうわけですから、
つまりは、満足できず、騙された(や、それに近い感情)となり、
結果的には詐欺だった(かもしれない…)と感じて、嫌な気分になります。


ですので、この二人の商材を買ったからと言って、
誰でもが楽に儲けられるものでは決してなく、もっと言えば、
他人に依存してばかりの方ではドブにお金を捨てるようなものになります。


この手の商材を買うというのは、
他人任せで楽に稼げるということではなくて、
知識を学び、自分のノウハウとして身に付け、
自分のビジネスに生かす行動をしてこそ意味があるものです。


本当に彼らの話すような結果を出すためには、
自分が学び、考え、変化し、行動できる人でなければ、
木坂さんにせよ、和佐さんにせよ、世の中のどんな商材を手にしても、
無駄になるだけです。



ただ、少なからず私個人が言えることは、
私自身にはとても役に立つ内容でしたし、
仲の良い友人には自信を持ってお勧めできる商材でした。


友人とのビジネスの勉強会でも、
木坂さんと和佐さんのノウハウを手本に、
それをどう使っていくのかを学んでいます。


特に木坂さんのブランディングのマインドは、
ビジネスだけでなく、もっと広く、
日常にも生かせるものだと思います。



私が知る限りですが、
全うな人間性を持ち合わせた情報起業家は、
インターネットの世界には多くはありません。
(これはインターネットという属性も関係あるでしょうが)


実際には小手先のノウハウを、
何万、何十万のお金で売っている人間のほうが多いぐらいです。


イメージ的には、成金のようなお金さえ儲かれば何をしてもいいとか、
少なくても人間的な魅力は一切感じない人が多いです。


実際私も、お恥ずかしい話ですが、
情報商材に興味を持ち始めた数年前は、
お金がザックザック儲かるというところに惹かれ、
何度も詐欺的な商材を掴んでしまったこともあります。


※ちょっと補足として

情報商材には、セールスレターというものがありますが、
このセールスレターは心理学を利用し、人の欲求を駆り立て、
買いたい行動を起こさせる文章になっていますので、
セールスレターを読んでいるうちに、
なんだかほしくなるのは人として当たり前なんでしょうね。

63万円のセミナーに350人の申し込みが殺到したという記事もあります。

でも、逆に言えば、このような人の心理を理解して、
自分のビジネスに生かすこともできますし、
それを木坂さんはわかりやすく教えてくれています。

なので、その手法を使うかどうかは、
その人の倫理観に問われることが大きいですね。

※補足終わり



ただ、私がこれまでに経験をしてきた中では、
木坂さんと和佐さんの商材は、信頼できるものです。
特に木坂さんの商材は、
今でもチャンスがあればたびたび購入しているほどです。



長くなりましたが、ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 3

詐欺ではないと思います。

人間的には嫌いですが。特に和佐大輔氏が。

理由関係なく過度に偉そうです。嫌われてはいけないと頭では理解しているようですが実現出来てないです。

今はたぶん彼の人柄が好きというより彼の金儲け経験とハウツーが好きな人が多いと思います。しかしハウツーもそうまでも無い。勢いの人でしょう。

木坂氏の方がこれらを心の底から理解出来ている勉強家のようですが、それでも若さゆえか時たまエゴや強引さがハウツーにも出てしまいます。

しかし彼の場合は”つい出てしまう”ぐらいです。

ですから彼のノウハウの方が実益も何倍も有ると思います。以上はすこし片寄ってますけれど、どっちにしろ2人セットには考えない方がいいです。個別に観察すると面白いし自分の実益に繋がる事だけ盗めます。

ちなみに私は情報商材や仕組み自体も詐欺じゃあないと思ってる側の人です。
    • good
    • 2

商材を読んでいます。


ある程度予備知識というか、ビジネスに対するビジョンを持った人には背中を押されるような、不安を払拭してくれる優れた内容です。
まさか、21歳の若者が書いていると思えないようなおっさん的な内容です。
不安の正体を教えてくれるから対処が自ずと見えてくるという事ですが、何もビジョンを持っていないし、持とうとも思わない金の亡者には詐欺だと思います。
彼は、ビジネスの本質を様々な角度から紹介・説明をしてくれているのです。
分からない人にとってはいくら商材を買ってもピンとこず、さんざ金を使ったあげく、何も得られなかったと頭の悪い怒りを覚える事と思います。
自分なりのビジョンを持っている人が商材を一つでも買えば、彼が何を云わんとしているか分かり、感動する事でしょう。
ビジョンを持って戦っている人は多かれ少なかれ苦しみの中で知恵を絞り、あと一歩のところで足踏みしたりもするでしょうから、彼の語る一つの言葉から全てを得られる人も居るはずです。
だから、本質的に言えば「本気の人」にとっては、商材は「高くても安くても一つで十分」といえる内容です。
    • good
    • 2

買ってみればわかることでしょう。


あなたが詐欺だと思ったら、裁判にしましょう。
私も協力します。
弁護士も紹介できます。

あれだけ売っていて詐欺罪なら捕まるとか裁判とか、そういうことになっていると思います。
そういうニュースは聞きますか?
私は聞いていません。

和佐君は頭もいいし、努力家で純真な青年です。
出している商品は、「超」をつけてもいい一流のものです。

どこにだってアンチファンはいます。

むかつくんですよ。
脚も動かないのにあんなに金持ちになって、偉そうなことも言うんです。

畜生は何か攻撃したくなるんでしょう。
まともな人は、「ああ・・・、だからから俺成功してないんだな」と素直に思うんです。
正論ですので。
    • good
    • 3

私は1年以上前に「ネットビジネス大百科」を買いました。

少なくとも起業を目指す私にとって勉強になる教材でした。


何を以て詐欺というのかは私もよく分かりませんが、金を振り込んだのに教材がダウンロードできない…といったことはなかったので、詐欺ではないです。(少なくとも私の場合はそうでした。)


1万円という高額な商品でしたが、ビジネス書6冊分くらいの値段であることを考えると、十分にそれくらいの価値はあったんじゃないかというのが私の感想です。


音声ファイルがメインなので、購入からしばらくはずっとウォークマンで聞いてました(笑)



ただ、私は学生なので、20万円以上したNBAには手を付けられませんでした(泣)
    • good
    • 3

すでに回答があったので、そのとおりだと思いますが、


付け加えることがあるとすれば、
ネットビジネスが、寝ていても儲かるとか、商材を読めば儲けやすくなるとかのお気持ちが少しでもあるなら、情報ビジネスはおろか、物販系のアフィリエイトもやめたほうが良いかもしれません。
不労所得なんてのは、通常夢物語です。あるとすれば、お金がお金を生むような状況にある人だけでしょう。

ノウハウ商材ですが、それを売るASPと商材の作者とは、出版社と漫画家の関係に良く似ているのですが、そのようには誰も育ててきていません。
漫画家でいえば、自分の作品を自分で宣伝して、決済だけをASPを利用するようなものです。

もし漫画家が、史上最高のストーリー漫画と嘯いて販売して、それを呼んだあなたが、ギャグ漫画だったと思ったら、どうなりますか?
もしかしたら、作品としてはまともでも、騙されたと思うのではないでしょうか?

この場合どこが悪いのでしょう。そういうことなのです。

ノウハウ商材の中にはもちろん(例外的に 笑)良いものもあるのですが、良いものを見つけられない購入側の問題もありますし、そんな販売をしているASPにも問題があるのです。それを許しているのは問題です。
もし、出版社のように、売れない漫画をフィルターにかけて漫画家としてデビューさせない仕組みをもっていたとしたら・・・

そう、売っていいものだけを適正に一定の方法で広告しているでしょう。作家がうそぶくひつようはなくなります。

物販アフィリエイトがなぜ市民権を得たのかといえば、ASPがそれなりの努力をしているからで、アフィリエイターの管理徹底をしているからにほかなりません。
情報(ノウハウ)商材を詐欺だと思う前に、もっといろいろ検討する余地はあると思いますよ。
    • good
    • 0

セールスレター(まぁ広告ページみたいなモノ)だけの内容で、在宅で何にも苦労しないで、情報だけ買えばボロ儲け出来る!と考えて買った人にすれば「詐欺」になるのでしょう。



私は利用していませんが、仕組みの作り方や考え方は一理あると思います。
ただ、インターネットの情報商材って結局は、使う側・遣る側にある程度のコンテンツ(自分が培った情報や能力)が無い場合は、ネット上に広まっていない情報などを取り寄せない限り、難しいと思いますよ。

昔アメリカでゴールドラッシュがあったときに、一攫千金を当てたのは本の数人で、本当に儲けたのは、一攫千金目当ての人達に、ツルハシを売って商売をした人達だという逸話があるほどです。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFacebook メッセンジャー

メッセンジャーで、ウェーブが届きました。と来たのですが、これは何の意味でしょうか?
私を選択して送られてるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

Poke機能というのはわかりますか? 肩をちょっちょっとつついて「元気?」みたいに簡単な挨拶をする機能です。
Wave(ウエーブ)とは、このpokeと携帯のGPS機能の合わせ技で、時間的に近い距離にいる友達に対して「近くだよ。元気?」みたいな挨拶をする機能です。Waveが来ることで、じゃあ、今から合おうかみたいなこともできるのではと言われています。

>私を選択して送られてるものなのでしょうか?
個人ではなく、物理的な距離の近さによって出てくるようです。どのぐらいの距離の近さに設定しているか詳細はわかりませんが。

Q「輩(やから)」ってどういう意味ですか?

テレビやラジオで関西の芸人さんが「ヤカラや」って言ってるのを聞いたことがあるのですが

意味が分かる方、教えてください。

関西方面の言葉(大阪弁)なのでしょうか?

Aベストアンサー

大阪出身のものです.
疑問に思われたということは,一般に使われている「・・・する人たち」というような意味ではなく,いきなり一つの名詞のようにして「やから」が出てきたのではないですか?
もしそうなら,それは「やくざや不良など,理不尽な言い分を押し付ける人」という意味に使われているものです.特にやくざ限定というわけではなく,街のおっさんでも,変な因縁をつけてきたら,やからです.
また,「やかられる」(=因縁をつけられる,からまれる)などという言葉もあります.

Q「~ありき」の意味・使い方を教えてください

「結論ありき…」
「小説ありき…」

など、ありきという言葉はいったいどういう意味なのでしょうか?
馬鹿な質問ですみませんが、心優しい方教えてください!

Aベストアンサー

最近の会話の中では「それがあって初めて成立する」とか「それがあってこその○○」みたいな使い方をされますね。

「あなたのアプローチはまず結論ありきで、課程というものを軽んじているように思えます」みたいな。

いちばん有名なのは聖書の「はじめに言葉ありき」だと思いますが、これは#1の方がおっしゃっている本来の用法です。

QGmailアドレス変更方法

Gmailのアドレスを変更したいと考えているのですが、どのようにして変更すればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

Gmailアドレスの変更はできません。

今使っているものと違うGmailアドレスを使いたいのならば、新規にGmailアドレスを取得してください。

そして従来のアドレスが必要ないならばそのまま放置しておけばOK。確か半年アクセスしなければそのアカウントは削除されるはずです。

なお、もし古いアドレスに配信されるメールもチェックする必要があるならば、新しいアドレスに転送設定しておきましょう。

Q再生バッテリーは大丈夫ですか?

再生バッテリーを見ました。

新品と比べてどうでしょうか?
価格面や耐久性問題ありませんか?

Aベストアンサー

現在使用中です。

国産の一般品(新品)と同じような価格で、BOSCHの高グレード品(再生品)が買えました。
耐久性は今のところ全く問題ないですね。というか、グレードが高い(同サイズでも容量が大きい)分、かえって調子が良いように思えます。

 ※全ての再生バッテリーで同じ結果が得られるかどうかは不明です。

Qエクセルでの指定文字 カウントについて

エクセルで並んだデータでの指定した名前だけの個数をカウントするにはどうすればいいのでしょうか?

山田 高橋 佐藤
高橋 梅田 赤田
 西 山田 梅田
佐藤 山田 梅田

名前が並んだデータで「高橋」という名前が何個あるのかをカウントしたいのですがどうすればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

 データは入力されているセルの範囲を「A1:C4」とすれば、

=COUNTIF(A1:C4,"高橋")

Q一人で外食をする人を見るととても不愉快です。どういう育ち方をするとそんな人間になると思いますか?

一人で外食をする人を見るととても不愉快です。どういう育ち方をするとそんな人間になると思いますか?

TPOをわきまえないふるまいだと思うのですが、どういう精神状態の人たちなのか教えてください。

私は正直気持ち悪いし気味が悪いのでいなくなって欲しいといつも思ってしまいます。

※質問に対しての答えではなく批判はいりません。

Aベストアンサー

色々なケースが考えられますね。
私が思い付くところをいくつか。

①一人暮らしをしているが、
料理ができない、
料理するつもりがない、
調理器具がない、などなど。

この場合の家庭環境を考察すると
あー、料理を教わる機会が無い
興味を持つ機会もない、
そんな家庭だったんだね、
と言ったところでしょうか。

②基本、料理は一通りできるが、
今日は作りたくない気分、
自分では作れない物を
食べたい気分、
専門店で食べたい気分、
そんな心理状態だけど、
誘う人が居ない、なんて時。

これはそのまま心理状態ですから
説明を割愛しますね。

③上記②に付随して、
一人で食べるのは寂しいが、
(友人の都合がつかないなどで)
誘う相手が居ない。
でも、誰かと一緒に食べている
気分にだけでもなりたい。

そんな心理状態のとき。
ちと寂しいですが、
少数派では決してないはず。

④タクシードライバーなど、
基本的に一人で仕事をしている
方々が食事を摂っている。

しょうがないですよね。
勤務中だから家族を呼ぶ訳に
いきませんから。
心理も家庭も介在しませんね。

⑤一般的な会社員の昼御飯など。
他の同僚と休憩を取る
タイミングがあわなかったり、
食事の好みがあわなかったり、
などが考えられます。

そう言う環境なんですね。

家庭環境に目を向けると、
子供が店屋物のカツ丼を
一人で暗い食卓で食べている、
食卓には
「仕事で遅くなります。
 出前でも取って
 晩御飯を済ませなさい。」
の書き置きが…。
そんな、漫画によくある
シチュエーションが浮かびます。
きっと、そのまま大人になり、
食事は一人で済ますもの、
と言う概念が出来上がっている
若干切ない状況ですね。

また、家族で外食が当たり前の
家庭の味を知らない人も
少なくないのかもしれません。


質問者様の年齢も性別も
私にはわかりませんが、
少くともこう言う家庭では
なかったんですね。
幸せな事ですよ。

だからと言って
不愉快に感じてはいけません。
誰にも迷惑はかけてないんですから。

色々なケースが考えられますね。
私が思い付くところをいくつか。

①一人暮らしをしているが、
料理ができない、
料理するつもりがない、
調理器具がない、などなど。

この場合の家庭環境を考察すると
あー、料理を教わる機会が無い
興味を持つ機会もない、
そんな家庭だったんだね、
と言ったところでしょうか。

②基本、料理は一通りできるが、
今日は作りたくない気分、
自分では作れない物を
食べたい気分、
専門店で食べたい気分、
そんな心理状態だけど、
誘う人が居ない、なんて時。

これはそのまま心理...続きを読む

QPS3でもPS2ソフトってできるの??

最近、PS2のソフト『アマガミ』というギャルゲーがやりたくなりまして……
PS3でもできるのかなぁと思いまして質問しました。

PSPバージョンは持っているのですがどうしてもPS2ソフトバージョンがやりたいのです。
それで、友達に聞いたところによるとPS3の初代ではPS2ソフトもできたらしいのですが、今のPS3だとできないらしくて…
でも、どうしてもPS3やりたいんです。
僕は今、PS2もPS3も持っていないので……できれば新しい型でプレイしたいのです
どうしたらよいでしょうか??

PS3を買ってプレイステイションストアからダウンロードするとPS2のソフトでもPS3でできますかね??

下手くそな質問内容ですいません。
回答をお願いします。

Aベストアンサー

今販売されているPS3でPS2のソフトを使うことは出来ませんよ

初期型のPS3はPS2のチップを搭載していたので使用できましたが、今のPS3はコストカットの為そのチップを搭載するのを辞めたのです

なので、絶対に使うことが出来ません

ですが、最近になってようやくPS2ソフトのダウンロード版が発売されてきました

欲しいソフトがあればPS3本体にダウンロードすることでプレイできます

なので、欲しいソフトのダウンロード版があればPS3を買えばいいし、なければPS2本体を中古で買うなりすればいいのです

質問を読む限り、PS2で特別遊びたいソフトがアマガミ以外ないように思えます

それならPS3を買えばいいです

一度PS3で遊んでしまうと画面がキレイすぎてPS2のゲームはプレイしたくなくなりますよ

自分も3買ってから一度もPS2のゲームは起動すらしたことないですので

Q行政書士になるのはなぜやめておいた方がいい?

 表題のとおりなのですが。
 私は行政書士試験合格者です。しかし、登録はしていません。今後、登録して開業する気もありません。
 許認可の仕事は古参の行政書士が既におさえている状態で新規参入は極めて難しく、入国管理は珍しい外国語ができなければ顧客獲得が難しく、車庫証明は自動車ディーラーがついでにやってしまっているような状況で独立して行政書士事務所を運営するにとても足りないということがわかったからです。
 行政書士会や行政書士会連合会、行政書士政治連盟は商業登記開放や成年後見業務などの獲得を目指して動いているようですが、他士業ががっちりスクラムを組んで行政書士に新規の仕事を与えないよう共闘しているような状況だということも知りました。
 2000年ぐらいを境に、それ以降の新規登録者で急成長している行政書士事務所や行政書士法人は、ほとんどが商業登記を違法に行ったり(非司行為)、法律相談や法的交渉の代理などの業務を行ったり(非弁行為)して市民の法的権利を害するようなことで大きくなったことも知りました。
 新人行政書士に「仕事を教える」として研修費名目でお金を払わせたり、実務マニュアルを売ると売り込みがあったり、宣伝広告のノウハウを教えるという情報商材があったりするいわゆる「ヒヨコ食い」の話もさんざん知らされました。
 挙句の果てには外国人の不法入国の手引を行うものが後を絶たないとして、警察が行政書士会を監視対象にしているという事も知りました。
 資格学校の安くない受講料と、合格までに費やした2年間という時間は、自らの無知が招いた授業料と割り切ることもできます。
 であればこそ、今後、資格学校の「街の法律家」「法廷に立たない弁護士」「扱える書類は10000種以上」「就・転職にも有利」などの謳い文句に踊らされてこの無駄な資格試験を受検する人が出てこないよう、思いとどまれるように折にふれて説得していくことで、自分のできる社会貢献としたいと思っています。
 上記しましたように、行政書士にはならない方がいいという根拠になる事実はたくさん知っています。しかし、ひとことで「ズバッ」と説明する訴求力には欠けていると思うんです。
 「行政書士にはならない方がいい」端的に説明できる方法を、何か教えて下さい。

 表題のとおりなのですが。
 私は行政書士試験合格者です。しかし、登録はしていません。今後、登録して開業する気もありません。
 許認可の仕事は古参の行政書士が既におさえている状態で新規参入は極めて難しく、入国管理は珍しい外国語ができなければ顧客獲得が難しく、車庫証明は自動車ディーラーがついでにやってしまっているような状況で独立して行政書士事務所を運営するにとても足りないということがわかったからです。
 行政書士会や行政書士会連合会、行政書士政治連盟は商業登記開放や成年後見業務...続きを読む

Aベストアンサー

行政書士は独占業務がないから。あっても付随的な業務だから。

この一言に尽きると思います。

私は弁理士試験の受験生時代に行政書士登録をしていました。これは2次試験の選択科目免除のためです。登録中に県の行政書士名簿をもらっていました。そこで分かったのは、行政書士一本でやっている人は圧倒的に少ないってことです。大多数は司法書士か税理士がダブルライセンスとしてもっていました。司法書士は農地法の許可申請のためであり、税理士は建設業の許可申請のためですね。

会社設立を業務にしている行政書士がいますが、登記ができなければ意味がないし、記帳業務をしている行政書士がいますが、税務申告ができなければ意味がない。


人気Q&Aランキング