はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

変な質問かもしれませんが、おつきあいくだされば幸いです。
表題の公式
10進数を2で割ってその余りが「0」か「1」かを求める。
最後の商を先頭に、それを下から並べる。

上記が「そうなる」ことは「実際の計算」で検証できましたが、
なぜその公式が成り立つか、について理解できません。
それ以上の追跡は、試験の趣旨から外れるかもしれませんが、気になります。
例:10→1010
ア)10/2→5あまり0
イ)5/2→2あまり1
ウ)2/2→1あまり0

<クエスチョン>
ア、イ、ウのあまり が、2進数の重み(0乗、1乗、2乗)にそれぞれ対応する根拠です。
なにかしら裏で計算されつくした結果、公式ができたのでしょうか。
前からとても気になっています。

おつきあいくださる方のご返答お待ちしております。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

÷2 の商は 2の1乗(=2)が含まれることを


÷2÷2 の商は 2の2乗(=4)が含まれることを
÷2÷2÷2 の商は 2の3乗(=8)が含まれることを
それぞれ表しています。

(以下の説明では「2の0乗=1」だと知っている必要があります。2に限らずどんな数でも0乗は1になるのですが)

よって質問文にある次の3つの式は,
10÷2=5あまり0
5÷2=2あまり1
2÷2=1あまり0

次の3つの文を表しているのです。
「2の0乗が10個」とは「2の1乗が5個」と「2の0乗が0個」ということ。
「2の1乗が5個」とは「2の2乗が2個」と「2の1乗が1個」ということ。
「2の2乗が2個」とは「2の3乗が1個」と「2の2乗が0個」ということ。

この文の最後の商を先頭に余りを下から並べると次のようになります。
「2の0乗が10個」とは,
「2の3乗が1個」+「2の2乗が0個」+「2の1乗が1個」+「2の0乗が0個」
つまり,(10)10 = (1010)2 ということです。

以上,回答#1と同じことなのですが,字数を費やして書いてみました(^^;
    • good
    • 2
この回答へのお礼

とてもわかりやすい解説ありがとうございました。ロジカルな思考訓練が不十分でした。。

お礼日時:2007/05/21 13:08

この解法は2進数に限った方法ではありません。

7進数でも5進数でも割っていった余りを逆から読むとその進法での数字表記になります。
これは10進数でも同じことで、10進数でやってみる、つまり10進数→10進数の変換をやってみると案外すんなり分かるのではないでしょうか。

例)365
365÷10=36 あまり 5
36÷10=3 あまり 6
3÷10=0 あまり 3
下から読むと365になります。

これと同じことを2進数でやっているわけです。

参考になれば幸いです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。二進数から10進数ですね。わかりやすいです。頭の中が固くなっていました。

お礼日時:2007/05/21 13:07

2の乗数の意味わかりますかね?何回2で割っているのでしょうか?


元の数字に戻すときも何回2をかけたのでしょうか?
そうすると意味がわかるのでは。積と商の関係を見直してみては?
10を2で1回割る
商は5であまりは0
5を二度目の2で割る商2あまりは1
2を三度目の2で割る商0あまりは0
10=2の3乗+2の1乗だよね
=2を三度掛けたもと+2を1回掛けたもの

参考まで
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。少し冷静に考えたらなるほど、と納得できました。

お礼日時:2007/05/21 13:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q10進法⇒2進法には何故2で割るか

タイトルどおりですが何故なんでしょうか?
学校ではただ2で割る程度にしか教わっておりません。
2進法では0と1の2種類だから2で割るのかなとか
ぼんやり思っておりますが
きっと正しくはないだろうと思いましたので。
どなたかお願いします。

Aベストアンサー

>2進法では0と1の2種類だから2で割るのかなとか
>ぼんやり思っておりますが
その通りです.3進法では3で16進法では16で割ればいいのです!!
では,そのぼんやりをこれから明確にしましょう.
ゆっくり読んで行って下さい.
例えば,10進法による表記で
77=7×10+7
は2進法による表記では
1001101
です.
これは

1×2^6+0×2^5+0×2^4+1×2^3+1×2^2+0×2^1+1

であるので,これを2で割ると

商1×2^5+0×2^4+0×2^3+1×2^2+1×2^1+0×1
余り1

さらにこの商を2で割ると

商1×2^4+0×2^3+0×2^2+1×2^1+1×1
余り0

以下同様にして

商1×2^3+0×2^2+0×2+1×1
余り1

商1×2^2+0×2^1+0×1
余り1

商1×2^1+0×1
余り0

商1×1
余り0

商0
余り1

下から余りを並べて行けば77の2進数表示1001101が得られます.
どんな10進数でも2で割った余りを下から並べて行けば2進数表示が得られるのです.

上の商の所をしっかり見て考えて下さい.
1001101を一般的にabcdefgと表すと
一番右の部分gは2より小さい数0か1なので,
2で割ると余りはgが出てきます.
さらにその商abcdefの一番右の部分も2より小さい数0か1なので2で割るとfが出てきます.
これを繰り返していくと
余りは下からabcdefgの順番に出てくるのでそれを並べれば2進数表示となるのです.
ちょっと説明がわかりにくかったかもしれませんが,これをヒントにじっくり考えれば分かるはずです.

>2進法では0と1の2種類だから2で割るのかなとか
>ぼんやり思っておりますが
その通りです.3進法では3で16進法では16で割ればいいのです!!
では,そのぼんやりをこれから明確にしましょう.
ゆっくり読んで行って下さい.
例えば,10進法による表記で
77=7×10+7
は2進法による表記では
1001101
です.
これは

1×2^6+0×2^5+0×2^4+1×2^3+1×2^2+0×2^1+1

であるので,これを2で割ると

商1×2^5+0×2^4+0×2^3+1×2^2+1×2^1+0×1
余り1

さらにこの商を2で割ると

商1×2^4+0×2^3+...続きを読む

Qコンピューターで2進法が採用されている理由を教えてください

 2進法がコンピューターで使われているのはなぜですか?

Aベストアンサー

 
  初期の真空管で造った電子計算機では、二進法ではなく、十進法などを使っていたものでがありました。しかし、二進法が非常に有利で便利なので、二進法を使うようになったのです。
 
  理由:

  1)信号が、1と0だけでよい。十進法だと、信号が十個必要で、どの数かを判断する回路が必要になる。しかし、二進法だと、信号があるか、ないかの区別だけで非常に簡単である。
 
  2)これはコンピュータの心臓のCPUの設計に関係することですが、基本的には、CPUはレジスターという一種の計算機・勘定装置を使っています。これはたいへん原理は簡単なもので、簡単な計算を行います。このレジスターで、二進法を使うと非常に簡単に足し算とかができるし、また引き算、かけ算なども、少し工夫すると計算できるのです。
 
  例えば、111は二進法表現で7ですが、これにまた7を足し算するのは、
  111+111で、1+1=0(繰り上がり1) 1+0=1 0+1=1 0+0=0 という四つの計算規則だけでどんな数字でも、桁上がりだけ工夫すると計算できるのです。また引き算やかけ算も簡単に行えます。
 
  3)あるいは、フリップ・フロップ回路という面白く単純で、しかし重要な計算回路があるのですが、これは二進法での回路なのです。 

  4)コンピュータは大きな記憶装置を使うのです。この記憶装置は、あるかないか、つまり、1か0で記録すると、非常に簡単なのです。記録も速いし、読みとりも速いのです。
 
  こう言った理由で、二進法つまり1と0の信号で、コンピュータのなかでは計算や記録や記憶を処理しているのです。これを、5進法だとか、10進法にすると、たいへん複雑になるのです。
 
  人間はしかし二進法ではどんな数がすぐ分かりませんから、入力する時は十進法で、途中で二進法に変え、また、出力する時も、二進法だったのを、人間に分かるように十進法にしているのです。
 

 
  初期の真空管で造った電子計算機では、二進法ではなく、十進法などを使っていたものでがありました。しかし、二進法が非常に有利で便利なので、二進法を使うようになったのです。
 
  理由:

  1)信号が、1と0だけでよい。十進法だと、信号が十個必要で、どの数かを判断する回路が必要になる。しかし、二進法だと、信号があるか、ないかの区別だけで非常に簡単である。
 
  2)これはコンピュータの心臓のCPUの設計に関係することですが、基本的には、CPUはレジスターという一...続きを読む

Q基数変換の数学的説明

文系の四大卒です。

ITパスポートという初歩的なパソコン資格の受験用に、10進法を2進法に変換する方法として、「2で割って、余りを下から順に並べる」と教わりました。

「はあ、そうですか」とその場では実際的のこととして鵜呑みにしましたが、内心いまひとつ納得がいきません。このやり方を受験用の方法論でなく、より数学的に説明するとどうなりますか?

Aベストアンサー

たとえば 4 桁の自然数 N の2 進記法は、
 N = B3*(2^3) + B2*(2^2) + B1*(2) + B0
における、{B3, B2, B1, B0} を列記したものですね。

上式から明らかなように、B0 は N を 2 で割ったときの余り。
割り算の商 N' は、
 N' = B3*(2^2) + B2*(2) + B1
なので、B1 は N' を 2 で割ったときの余り。

…という繰り返し。
   

Q2進数の割り算が分かりません・・・。

2進数の割り算が分かりません・・・。
授業でいきなり出てきて大変に戸惑っています。
10010➗11(2進数)
の解き方を教えてください。
よろしくお願いします・・・!

Aベストアンサー

2進数の場合の割り算は引く事が出来るか?をフラグを立てていく感じになります。

Qinterface,extend,implementのちがい

お世話になります、

Javaを勉強しているのですが、
interface,extend,implementの使い分けがわかりません。

私の解釈としては、
(1)interfaceは、グローバル変数の定義、グローバルメソッドの定義(実装はしない)。

(2)extendは、extendクラスを親クラスとして親クラスの機能を使用できる。

(3)implementは…,implementもextendと同じような意味だと解釈しているんですが、違う点は、implementで定義してあるメソッドは、使用しなくても、実装しなければならないという点でしょうか?

とにかくこの3つのを使い分けるコツとかあれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

バラバラに理解してもしょうがないッス。

まず、
(1)interface と implements
(2)class と extends

が対応しているわけっす。

JavaはC++と違って、比較的言語仕様を「簡単」にしたので「多重継承」という
概念がないです。
多重継承っていうのは、複数のクラスを親クラスにして継承するってことですね。

たとえば、 「TextFieldクラス」と「Japaneseクラス」を多重継承すると、
「JTextFieldクラス」ができるっていうのが自然な考え方でしょう?

まぁ、例えば、日本語クラスであれば、getStringLength()メソッドなどが
あったほうが良いでしょうか。
このgetStringLength()メソッドは、2バイト文字も1バイト文字も「1文字」
と数えてくれると言う点で、まさに、日本語クラス用のメソッドだと言えるでしょう。

例えば、Java的に記述すると、、、
class Japanese {
public int getStringLength() {
  ・・・
return strlength;
 }
 ・・・
}

class TextField {
・・・
}

class JTextField extends TextField, extends Japanese {
・・・・
}

C++ではそのように実装するでしょう。
しかし、Javaにはこのような高度な機能はありません。

そこで、生まれた苦肉の策が、「interfaceとimplements」です。

interface Japanese {
public int getStringLength(); // interfaceは実装を含まない!
                 // すなわち「実装の継承」ができるわけではない。
}

class TextField {
・・・
}

class JTextField extends TextField implements Japanese {
・・・・
public int getStringLength() {
  ・・・
return strlength; //implementsの実装を「各クラスで」実装してやる必要がある。
 }
}


結局のところ、Javaでは、複数のクラスを親クラスには持ち得ないため、継承できなかったクラスは「各クラスで実装してやる必要性」があるのです。


ではどのように使うのが効果的か?

なまえのままです。「代表的なインターフェイス」にたいしてinterfaceを使うのが良いと思います。

例えば、プレイヤー系であれば、ビデオ・コンポ・ウォークマン・などにかかわらず、
interface controlpanel {
public play();
public stop();
public next();
public back();
}
というような基本的インターフェイスを「持っているべき」です。

こうすることで、それぞれのクラス宣言の際に、これらの「インターフェイスを持っているべきであり、実装されるべきである」ということを「強く暗示」することができます。
class videoplayer extends player implements controlpanel {
public play() {・・・}
public stop() {・・・}
public next() {・・・}
public back() {・・・}
}

こうすることで、同様のクラスを作成するユーザーは、
「プレイヤー系は、4つ操作が出来るコントロールパネルをインターフェイスとして持つべきなのだな!?」という暗示を受け取り、自分のクラスでもそれを模倣するでしょう。

class mp3player extends player implements controlpanel {
public play() {・・・}
public stop() {・・・}
public next() {・・・}
public back() {・・・}
}

また、これらのクラスを使用するユーザーも、「implements controlpanel」という
表記を見て、「4つの基本操作は押さえられているのだな!」という基本中の基本動作を抑えることが出来ます。

まとめると、クラスに「こういう特徴もたしてください!」「こういう特徴持ってますよ!」という一種の暗示的警告や方向性を与えることができるわけですね。

バラバラに理解してもしょうがないッス。

まず、
(1)interface と implements
(2)class と extends

が対応しているわけっす。

JavaはC++と違って、比較的言語仕様を「簡単」にしたので「多重継承」という
概念がないです。
多重継承っていうのは、複数のクラスを親クラスにして継承するってことですね。

たとえば、 「TextFieldクラス」と「Japaneseクラス」を多重継承すると、
「JTextFieldクラス」ができるっていうのが自然な考え方でしょう?

まぁ、例えば、日本語クラスであれば...続きを読む

Qリユーザブル,リエントラント,リロケータブルの具体例

基本情報処理試験に,リユーザブル,リエントラント,リロケータブルの質問がよく出てくるのですが,参考書の具体例が乏しいと思っています.そこで,ちょっと確認させて頂きたいのです.

1 マルチスレッドは,リエントラントだと思っていますが,良いですね?
2 UNIXのforkで作ったプロセスも,リエントラントでよろしいですか?
3 Win,UNIX上で動くアプリケーションは,リロケータブルですよね?
4 リユーザブルの具体例が,よく分りません.教えてください.

Aベストアンサー

用語をご説明します。

・「リエントラント」 ・・・再入可能
 あるサブルーチンを考えます。そのサブルーチンを実行中に「割り込み」が入り、そのサブルーチンが再び呼び出される場合、「リエントラント」でなくてはなりません。前に実行した中間結果が破壊されてはこまるからです。FORTANはリエントラントではありません。最近の言語はほぼすべてリエントラントに記述可能です。ただし、グローバル変数を多用するとこのかぎりではありません。
 具体的には、そのサブルーチンで確保される変数など(コンテキストといいます)がスタック上、または独立した領域に実行単位ごとに確保されなければなりません。C言語では、static宣言した変数が使われるとリロケータブルではなくなります。
・ マルチスレッド
 「スレッド」とはOSで制御される「最小限の実行単位」(数ミリ秒)のことです。複数のスレッドでプロセスまたはタスクが構成されることもあります。マルチスレッドでも、「再入」がなければリエントラントである必要はありません。そのプログラム(AP、OSをとわず)の制御構造に依存します。
 「スレッド」はOSのプロセス制御方法に関することで、アドレスに関することではありません。
・ forkによるプロセス生成
 forkで作成したプロセスは親プロセスのコピーですので、OSで管理されるヘッダをのぞき、親プロセスと同一になります。非リエントラント部分はそのままコピーされます。
 問題になるのはカーネル部分で、実アドレスに依存するようなケースがあります。別プロセスとはいっても、OSでは同一コンテキストで制御され、リエントラントである必要が多いです。
・リロケータブル
 生成された機械語が配置されるアドレスがどこのアドレス(仮想、実をとわず)にも置ける場合、「リロケータブル」といいます。通常、コンパイラの生成するオブジェクトはリロケータブル(先頭アドレスからの相対アドレスで記述)ですが、実行ファイル(EXE)を作成する際にはなんらかの方法でアドレスを決定する必要があります。「リロケータブルでない」場合、実行するアドレスは固定(例えば:1000番地)でなくてはなりません。しかし、最近のCPUは仮想アドレスで管理され、実アドレスを意識する必要がほとんどないため、リロケータブルかどうかは昔ほど重要でなくなりました。しかし仮想アドレスとはいっても配置されるアドレスが固定というのは非常に制限がきつく、仮想アドレスではリロケータブル、というのが普通です。
・ Win、UNIX上のアプリケーション
 基本的にリロケータブルです。デバイスドライバは応答性能面の理由・制御の容易さの理由からリロケータブルでない場合があります。OSによって状況は異なります。
 一般的にAPに近いほどリロケータブル、OSのカーネルに近いほど「非リロケータブル」の可能性がある、と考えてください。
・ リユーザブル
 「再利用可能」と訳されますが、この用語はソフトウェア工学の用語です。「リロケータブル」、「リエントラント」とは趣が異なります。
 プログラムは再利用が可能なのは当たり前であり、1回しか使えないプログラムは意味を持ちません。ただし、前回の実行状況に依存して次回の実行結果がかわる・そのモジュールがグローバルな状態遷移を持つ、というのは別次元の議論です。情報処理技術者試験のテキストをあまりみたことないので、すみません。


 

用語をご説明します。

・「リエントラント」 ・・・再入可能
 あるサブルーチンを考えます。そのサブルーチンを実行中に「割り込み」が入り、そのサブルーチンが再び呼び出される場合、「リエントラント」でなくてはなりません。前に実行した中間結果が破壊されてはこまるからです。FORTANはリエントラントではありません。最近の言語はほぼすべてリエントラントに記述可能です。ただし、グローバル変数を多用するとこのかぎりではありません。
 具体的には、そのサブルーチンで確保される変数など...続きを読む

Qコンパクションとガーベジコレクションの違いが分かりません

どちらも同じように、メモリ領域の隙間を集めて、連続した利用可能なメモリ領域を増やすとありますが、違いを教えて下さい。

Aベストアンサー

No1 hpsk さんの回答されている通りですが、名前を見てみればイメージしやすいのではないでしょうか。

 メモリコンパクション:記憶領域の圧縮
 ガーベジコレクション:ゴミ収集

使わなくなった領域 (=ゴミ) を解放する (=収集する) のがガーベジコレクションです。
ちなみに、プログラミング言語の機能としてガーベジコレクション (GC と略すことが多いです) と言った場合、使用しない領域をプログラマが意識することなく、自動で解放してくれる機能を指します。
たとえば、Java には GC があるとか、C/C++ には GC がないとか…。

ただし、ゴミを収集しただけでは、使用可能な領域が断片化してしまうことがあります。
この断片化のことをフラグメンテーションと呼びます。
連続した大きな領域が必要になったときに、フラグメンテーションが多数発生していると、必要な領域が確保できないことがあります。
これを解消するのが、メモリコンパクションです。

# MS-Windows 系 OS で、デフラグという機能があると思いますが、
# これはハードディスクのコンパクション (=フラグメンテーションの
# 解消、デフラグメンテーション) を行っているわけです。

本来の意味としては、メモリコンパクションにガーベジコレクションの意味は含まれないと思うのですが、どうなのでしょうか?>詳しい方、フォローあればお願いします!

確かに、情報処理試験の参考書の中には、両者を同じ意味としているものもあったように思います。
しかし、実使用上は上記のような差異があることを覚えておくと良いと思います。

No1 hpsk さんの回答されている通りですが、名前を見てみればイメージしやすいのではないでしょうか。

 メモリコンパクション:記憶領域の圧縮
 ガーベジコレクション:ゴミ収集

使わなくなった領域 (=ゴミ) を解放する (=収集する) のがガーベジコレクションです。
ちなみに、プログラミング言語の機能としてガーベジコレクション (GC と略すことが多いです) と言った場合、使用しない領域をプログラマが意識することなく、自動で解放してくれる機能を指します。
たとえば、Java には GC があるとか、...続きを読む

Q社内PCにてネットワークの見れないPCがある

どうも。 お付き合いできる方が居られれば、知恵をお貸しください。
社内PCでネットワークが見れないPCが何台かあります。
しかも、そのPCごとに内容は違いAのPCはBが見れない…しかし、逆からは見れるとか。
CのPCは、Dが見れない…Cも見れないとか。
セキュリティソフトのファイヤーウォールは切ったり、Win内のファイヤーウォールは切ってもダメです。
で、中には『PCを検索』でIPで探して見ると共有が見れたりするPCもあります。
更には、Adminだとダメでもうひとつアカウント作ってそれでやると見れるとか…(・д・;)
もはや、意味が分かりません。
OSが違えば(XP→98:98→2000)また違う設定が要るんでしょうが、XP→XPでも見れないやつがあるのが解せません。
ちなみに、PINGは飛びます。
ネット、メールも出来ます。
が、特定のPCが見れないんです。
何か原因が考えられるのであれば、是非知恵をお貸しください。
長文、申し訳ありませんでした。

Aベストアンサー

これは、マスタブラウザになるべきマシンが固定していない環境で起こる現象です。
下のURLのNo.2net_lander(私)の回答を参考にしてください。
環境は、少し異なると思いますので、適宜読み替えてください。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1127123

Qトレースの意味を教えてください

基本情報技術者の勉強をしていますが、参考書に「必ず自分でトレースしてください」という言葉が何回も出てきます。
トレースとはどういう意味ですか?
とても重要なことのような気がするのですが、何をすればよいかわからないです。
すごい基本的なことかもしれませんが、教えてもらえないでしょうか。

Aベストアンサー

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=14078013547100

トレースの意味については、他のお二方の回答およびこちらの「辞書検索結果」をご参照いただければ、間違いありません。

「何をすればいいか」ですが……

たとえば2進数の計算問題であれば、「その問題と正解だけを覚える」のではなく、「2進数はこういう計算をする必要がある。だから、この問題だと正解はこれになるが、他の数字を2進数で計算するときは、このように正解が変わる」というのを、いくつか自分でやってみることです。
プログラムの問題であれば、「その問題と正解だけを覚える」のではなく、「ここに、このような命令を入れれば、このように動く。また、間違った命令を入れてしまうと、こんな動作結果になる。」といったことをできるだけたくさん体験しておき、言語の妙といいますか、「ただその問題のみに対応できる」だけの知識ではない、「どんな問題がとんできても正解を出せる」という能力を磨くことです。

※できれば、あなたが試験で使う予定の言語のコンパイラーを、パソコンにインストールしておくと便利です。コンパイラーだけなら、無料で入手可能です。ソースの編集は、適当なテキストエディタ(それこそ、ウィンドウズについてくる「メモ帳」でもOKです)を使えばいいだけの話だったりします。

こういった作業は、「過去問題集」を買うことで、効率的に行うことも可能です。私のおすすめは技術評論社から出版されている「平成*年度【*期】基本情報技術者パーフェクトラーニング過去問題集」です。
この本は、基本的に「見開きの左側に問題、右側に正解とその解説」という形で問題が紹介されています。なので、いちいち「正解の書いてあるページをめくって確認しに行く」といった作業がない分、時間は効率的に使えます。その解説で足りない、と思った部分は、あなたがお買いになった教科書的なもので補うか、インターネット上で「(分からなかった単語)」で検索をかけてみて、その検索結果から何かのヒントを得てみてください。

※基本情報処理技術者のレベルであれば、ここに出てくる程度の言葉は、だいたい「IT用語辞典」などに収められているので、検索は容易に可能です。

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=14078013547100

トレースの意味については、他のお二方の回答およびこちらの「辞書検索結果」をご参照いただければ、間違いありません。

「何をすればいいか」ですが……

たとえば2進数の計算問題であれば、「その問題と正解だけを覚える」のではなく、「2進数はこういう計算をする必要がある。だから、この問題だと正解はこれになるが、他の数字を2進数で計算するときは...続きを読む

Q基本情報と応用情報の違い

実務歴2年未満のネットワークエンジニアです。
今年中に基本情報試験と応用情報試験の取得を目指しています。

一つ疑問があるのですが、基本情報試験を飛ばして
応用情報試験から挑戦するという事はありえるでしょうか?

今年度で言うならば、
4月に基本情報を受けて、10月に応用情報を受ける…のではなく
4月から応用情報に挑戦、失敗したら10月に再挑戦という事です。

ちなみに現在の私のレベルは、
ITパスポート以上
初級シスアド(旧)以上
基本情報試験未満(いまの段階で受けたとしても受からない)
開発経験無し
プログラミング経験無し
です。

Aベストアンサー

旧1種にCASLが必須だった頃を知っている昔ながらのエンジニアです。

>応用情報試験から挑戦するという事はありえるでしょうか?
ありえる、という語彙をどのようなニュアンスで使用していますか?
※このような「流行の若者言葉」を使うのは年配の回答者に対しての配慮がたりません

可能かどうか、という意味でしたらもちろん可能です。
多数派か、という意味でしたら違います。
こっちの方が近道か、と言われればなんともいえません。来年から情報処理技術者試験は新制度に移行され、プログラムそのものの問題数が減ります。また、プログラム言語でなくとも表計算で試験を受けることもできます。よって、適性が分かれるともいえるプログラム部分が少なくなる関係上、上位試験から合格した方が簡単とはいえない状況です。
文系の大学生あたりでしたら、シスアドの次はセキュアドかソフト開発か、という流れもありましたけどね。今はなんともいえません。応用開発でもアルゴリズムが必須でなくなり、文系SE向けになったともいえます。

>いまの段階で受けたとしても受からない
というのはどの段階でしょう?午前で落ちているのであれば、応用を受けても無駄です。午前の積み重ねというのは応用情報も基本情報も同じ。
午後であれば、まだ望みはあるかも。でも、0ではないというレベルです。

春試験は練習だと思って、基本情報を受ける事をお勧めしますね。

旧1種にCASLが必須だった頃を知っている昔ながらのエンジニアです。

>応用情報試験から挑戦するという事はありえるでしょうか?
ありえる、という語彙をどのようなニュアンスで使用していますか?
※このような「流行の若者言葉」を使うのは年配の回答者に対しての配慮がたりません

可能かどうか、という意味でしたらもちろん可能です。
多数派か、という意味でしたら違います。
こっちの方が近道か、と言われればなんともいえません。来年から情報処理技術者試験は新制度に移行され、プログラムそのも...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング