ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

タイトル通りですが、厳密には言葉や意味の違いがあるのですか?
個人的には「成婚」=婚約、「結婚」=夫婦 
という意味合いで文法上捉えています。
他に、世間一般で言うきちんとした使い分けがあれば教えて下さい。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

はなはだ個人的な感覚でお答えします。



結婚した人たちに向かっていうとき。
「ご成婚おめでとうございます」:結婚式席上で言うような儀式ばった感じがします。結婚した本人だけでなく,それぞれの親族に対しても「両家が結びついたことがめでたい」という意味に聞こえると思います。また,結婚までやっとたどりついた感じもしますので,正式に仲人を入れて見合いし合意し結納をかわしてごたごた,といった手続きがあることを暗示しています。結婚式当日には言えますが,結婚してしばらく経ってしまった場合には,あまり言わないように思います。

「ご結婚おめでとうございます」:結婚式でも通りすがりでも使える一般的な表現であり,本人たちのみに向かって言うと思います。親族に対しては,「ご子息のご結婚おめでとうございます」と人を特定して言うでしょう。結婚して1年してからその事実を知り,お祝いをいいたいときにも使えます。

文章でよくみかけるのは,結婚紹介所の広告であり,「当社では成婚件数○万組」などと書いてあるようです。これは仲介業者が入っていますから,自然にできた夫婦(恋愛結婚)とはいえず,人為的に「成」った夫婦といえるでしょう。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

色々教えて下さって有難うございます。
個人的な感覚の回答ですが凄く分かり易いですね。
参考になります。

お礼日時:2009/08/31 20:43

「成婚」=婚約


というのは間違いでしょう。

「婚約」は、「結婚の約束をする(まだ結婚していない)」です。
「成婚」は、「結婚が成立すること」です。
「結婚」は、「男女が夫婦となること」。

「成婚」は、「結婚が成立すること」ですから、「男女が夫婦になった」ということが成り立つ、つまり、結婚式を挙げるとか、婚姻届を役所に提出するとか、世間一般に「私たちは結婚しましたよ」ということが認められた状態のことだと思います。

それに対して、「結婚」は、「ある男性とある女性が、夫婦になること」自体を指しているのだと思います。

「結婚」と「成婚」、意味の違いは微妙で、上手く違いを説明できていないと思いますが、少なくとも、“「成婚」=婚約”ではないことだけは確かです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

「成婚」=婚約ではないのですか…。
普段あまり「成婚」という言葉を使わないので迷っていました。
わざわざ回答いただいて有難うございます。
これからも色々勉強していこうと思っています。
又機会があれば是非お願いします。

お礼日時:2009/08/25 06:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q息子・娘を丁寧に言うと

ビジネス文章でその人が扶養している「お子さん」について文章化したいのです

「息子さん、娘さん」とかいうのもビジネス文章っぽくないですし、「ご子息」だと男のほうだけをあらわしてしまいます

ご存知の方、教えてください

Aベストアンサー

男女共通として、お子様ではどうですか

Qパーセンテージの出し方

パーセンテージの出し方をおしえてください

Aベストアンサー

主人公÷母体×100

Q「賜る」と「承る」の違い

辞書を調べても同じような意味のような気がするのですが、「賜る(たまわる)」と「承る(うけたまわる)」の違いって何ですか???

Aベストアンサー

違いを明確にするならば

賜る→「もらう」の謙譲語
承る→「聞く」の謙譲語

と思えばいいと思います。
なので、品物をもらう場合は
「賜る」と言いますが、「承る」とは言いませんね。
でも意見や助言などをもらう(聞く)場合は
どちらも可能ってことです。

Q前年比の%の計算式を教えてください

例えば前年比115%とかよくいいますよね?

その計算の仕方が分かりません・・・
例えば 前年度の売り上げ2.301.452円
    今年度の売り上げ2.756.553円
の場合前年比何%アップになるのでしょうか?計算式とその答えを
解りやすく教えて下さい・・・
バカな質問でゴメンなさい(><)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
(今年の売上÷前年の売上×100)-100=19.8%の売上増加

 

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Qこんな場合の祝電は?

会社の元同僚が11月に結婚式を挙げます。
ただし2年前にできちゃった結婚で既に入籍している人なんです。入籍したときもお祝いしているし、いまさら「ご結婚おめでとうございます。」はおかしいし、なんと祝電をうったら良いかわかりません。
色々文面の載ったホームページも見ましたが私が見た物のなかにはふさわしい物がありませんでした。
同じ状況で祝電を送った方、またはいただいた方などいらっしゃいましたらご教示ください。経験が無い方でもヒントでもかまいませんのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

多分、子供もそろそろ手がかからなくなって
落ち着いたから式をあげるのでしょう。
このように相手の気持ちになって祝電を打ってはどうでしょう。この場合は形式ばっている内容よりも、
今の彼らの生活、現状の中でも、
式を挙げまた新たなスタート
の気持ちで家族3人(もっと増えるのかな?)でがんばって下さい。とか、どうでしょうね。

Qショットバーとバーの違い

ショットバーとバーの違いが分かりません。
教えてください。
それとそのようなお店にこの前連れて行ってもらって店の雰囲気とかすごく気に入ったのですが、メニューとかもないのでどう頼んで良いのか分かりません。スマートに頼んでかっこよく飲みたい!って思うのですがお酒に詳しくないので困ってます。
そういうオーダーのポイントなど教えて下さい。
やはりお酒に詳しくならないといけないですね 。
勉強ですね。

Aベストアンサー

昔(昭和30年代まで)はバーというとカウンターにホステスがいて接客をする店(今で言うスナック)だったみたいですね。
そこからホステスの接客やボトルキープもしないでショット(1杯)単位でお酒そのものを気軽に飲めるショットバーが派生したそうです。
お酒の味そのものを楽しむためにお酒の品揃えや氷や水にこだわり、店の雰囲気も静かで落ち着いたものにして人気が出て現在に至ります。
現在はホステスの接客を受けられる店=スナックが一般的ですからバーとショットバーの区分けはあいまいになっていますね。
接客があってもスナックとは一線を画す静かで落ち着いたものです。

お酒とかの頼み方ですが、お酒の知識がないのでしたら臆することなく何でもバーテンに相談すれば良いですよ。
生半可な知識で背伸びしていることは直ぐに見透かされてしまいます。
付け焼刃なウンチクでも語ろうものなら裏で失笑されてしまいます。
好みだけを伝えて見繕ってもらえば良いですね。

私も何度も通っていても自分の知識だけでは飲むお酒が固定されてしまうので時々新しいお酒に挑戦しようと相談します。
ラックにいっぱい並んでいるお酒の名前もほんの数種類しか分かりません。
いつもボトルを指差して”あれちょうだい”なんて注文しているものだから”いい加減名前くらい覚えてくださいよー(笑)”なんて言われてます(笑)

昔(昭和30年代まで)はバーというとカウンターにホステスがいて接客をする店(今で言うスナック)だったみたいですね。
そこからホステスの接客やボトルキープもしないでショット(1杯)単位でお酒そのものを気軽に飲めるショットバーが派生したそうです。
お酒の味そのものを楽しむためにお酒の品揃えや氷や水にこだわり、店の雰囲気も静かで落ち着いたものにして人気が出て現在に至ります。
現在はホステスの接客を受けられる店=スナックが一般的ですからバーとショットバーの区分けはあいまいになっていま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング