最大35,000円進呈!IPoEはOCN光

今年に初めて、社会保険の算定基礎届を記述・提出しました。
もちろん、前任者は処理してました。私自身がこの業務が初めて、という意味です。そして今回、初めて月額変更届を記述・提出します。

6月に昇給があり4月に遡り支給しています。

(質問1)
算定基礎届の時は、7/1時点で処理し7/10迄に提出という明確な決まりがありました。
月額変更届は、6月に固定給の変動があったので8月というのは分かりますが、例えば9/1時点で計算し9/10迄に提出、というような決まりはありますか?

(質問2)
従前の等級と比較し2等級以上、との記載がありますが、従前というのは「算定基礎より前の等級」と「算定基礎で決定された等級」のどちらと比較すれば良いですか?

(質問3)
仮に「算定基礎より前の等級」と比較する場合、結果が算定基礎と同じ等級差の場合、提出が必要ですか?

(質問4)
初心者が間違え・忘れやすい事などはありますか?

初歩的な質問と思いますが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>(質問1)


算定基礎届の時は、7/1時点で処理し7/10迄に提出という明確な決まりがありました。
月額変更届は、6月に固定給の変動があったので8月というのは分かりますが、例えば9/1時点で計算し9/10迄に提出、というような決まりはありますか?

6~8月の給与で計算し、9月分保険料(一般的に10月給与より控除)より変更します。
届は、速やかに届け出ることになっていますが、9月中の届出なら、社会保険事務所の納付書の発行に間に合うでしょう。

>(質問2)
従前の等級と比較し2等級以上、との記載がありますが、従前というのは「算定基礎より前の等級」と「算定基礎で決定された等級」のどちらと比較すれば良いですか?

計算月で考えれば迷うことはありませんね。
算定は4~6月、今回の月変は6~8月給与を計算しているので、算定より9月月変の額が優先されます。
(9月月変予定者は算定の対象外になっていますね。)

>(質問3)
仮に「算定基礎より前の等級」と比較する場合、結果が算定基礎と同じ等級差の場合、提出が必要ですか?

必要な届出ですし、届出の結果同じと判断されるので、必要です。

>(質問4)
初心者が間違え・忘れやすい事などはありますか?

私も業務を始めた頃、同じことで悩みました。
上記の件がわかればよいのではないでしょうか?
あとは、9月保険料からの変更です。控除月を間違えないようにしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お陰様で良く理解できました。
慌てる必要もありませんね。

お礼日時:2009/08/29 16:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q定時改定と随時改定、どっちをとる?

H24年度の定時改定で標準報酬月額が15万円となった社員がいます。以降、その社員の給与は基本給15万円のみで、その他の変動給は一切ありません。
H25年になり、4月、5月に超勤手当(変動給)がそれぞれ3万円支給されました。
6月には、超勤手当3万円のほか、4月に基本給が17万円に定期昇給したということで、4月、5月分の差額各2万円の遡及支給を加え、結局6月の給与は24万円(=17+2+2+3)となりました。

この場合、7月初旬に提出する算定基礎は、
・4月=18万円(=15+3)
・5月=18万円(=15+3)
・6月=24万円(前掲)
・平均=20万円
となり、定時改定により9月から標準報酬月額が20万円となることが予定されます。

一方、当該社員の7月、8月の給与は、超勤手当が無かったため、それぞれ17万円でした。
ところで、この社員は、6月に定期昇給の差額を遡及支給されていますので、9月の月変に該当するかチェックする必要があります。
・6月=20万円(=24-2-2)・・・遡及支給分は除外する必要がありますね。
・7月=17万円
・8月=17万円
・平均=18万円
となり、従前の15万円と比較して3等級のアップとなりますので、9月の月変に該当し、標準報酬月額は18万円と計算されます。

そこで質問ですが、この社員の9月からの標準報酬月額は20万円なのでしょうか、それとも18万円なのでしょうか。
多分20万円が正解だと思うんですが、根拠(条文)はどこにあるのでしょうか。
ちなみに、7月、8月に多額の超勤手当が発生すれば、今度は逆に月変による標準報酬月額の方が20万円よりも高くなりますよね。

定時改定と随時改定のタイミングのガッチャンコ(一般的には9月)、いずれのケースも、「高い」方を採用するんでしょうかねぇ?。そしてその根拠はいずこに・・・?

実務経験者もしくは専門家の方、よろしくお願いします。

H24年度の定時改定で標準報酬月額が15万円となった社員がいます。以降、その社員の給与は基本給15万円のみで、その他の変動給は一切ありません。
H25年になり、4月、5月に超勤手当(変動給)がそれぞれ3万円支給されました。
6月には、超勤手当3万円のほか、4月に基本給が17万円に定期昇給したということで、4月、5月分の差額各2万円の遡及支給を加え、結局6月の給与は24万円(=17+2+2+3)となりました。

この場合、7月初旬に提出する算定基礎は、
・4月=18万円(=15+3)
・5月=18万円(=15+3)
・6月=24万円(前...続きを読む

Aベストアンサー

横から失礼します。
なんかバトっているようなので・・

H25の算定基礎届は、
4~6月の支給額を基に決定された「20万円」=H25.9定時決定

H25.6に遡及昇給があったことで、随時改定の対象。
6~9月の支給額を基に計算すると「18万円」=H25.9随時改定

随時決定の該当・非該当は、
従前の月と2等級以上の差があるときなので、
従前H25.8の「15万」(H24の定時決定等級)と比較して2等級あがっているので該当。

よって、
H25.9は、定時決定より随時改定が優先され「18万円」になるハズです。

※質問者さんのおっしゃるとおり、
 遡及昇給した場合は、実際の昇給月(4月)ではなく、実際に支給した月(6月)を固定給変動とみなし、そこから3カ月で月変計算。
 遡及昇給の分(6月に支給した4・5月の差額分)は、6月賃金からはもちろん除いてOK。
 という認識でOKです。


年金事務所へ問い合わせればすぐ教えてくれると思いますので、
疑問点は、年金事務所や健保組合等へご確認ください。
(引続きの回答はしないつもりです)

Q社会保険料の月変届の提出忘れました。

社会保険料の月変届の提出忘れました。
昨年、決算月に役員の方の報酬額が120万から80万に変更になりました。
3ケ月後に 月額変更届けを提出するのを忘れ、
1年たった今 気がつきました。
健康保険料が47等級で納付し続けていました。
自分のミスに焦っています。
今から、届け出を出して、納付した保険料を返却してもらうことって
出来るのでしょうか?
御存じの方教えてください。

Aベストアンサー

>今から、届け出を出して、納付した保険料を返却してもらうことって
出来るのでしょうか?

2年まで遡って提出することが出来ます、その場合には添付書類が必要になる場合があります。
また手続きは健保によって若干異なることもあるので、詳細は協会健保なら所轄の年金事務所に組合健保なら健保組合事務所にお尋ねください。

Q労災補償保険 様式第7号(1)の記入方法について

仕事中に火傷をおい、労災指定医療機関でない病院で治療を受けました。
その際、様式第7号(1)「療養補償給付たる療養の費用請求書」で申請して下さいと言われ、
会社にて用紙をもらい記入しようと思いましたが、会社側でも7号については記入方法がはっきりとわからないようなのです。

会社側の証明が必要なところあるのはわかるのですが、裏面にある「療養の内訳及び金額」の欄は、病院に提出した際に記入してもらえるのでしょうか?

領収書はしっかりと保管しているので自分で記入するのでしょうか?


自分(労災にあった本人)がどこまで記入をしていいのか教えていただけると助かります。

また、お盆休みを挟んだため治療を受けてから1週間経ってしまいましたがまだ大丈夫でしょうか?


いろいろと聞いてしまい申し訳ありませんが、わかる方がいらしたら教えていただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 分かる範囲お答えします。

 私も7号用紙を、労働基準監督署に提出したことが有ります。
 
 1、労災なので、健康保険を使わず、治療費は実費で支払ってください。

 2、表面は、生年月日 名前 年齢 住所 保険金振込先の銀行名 口座番号 口座名義人を自分で記入します。

 3、会社の証明欄に、事業場住所 事業主の氏名 捺印をしてもらいます。

 4、医師の証明欄に、病院名と医師の証明をしてもらいます。

 5、治療にかかった医療費を記入します。

 6、一番下の欄に、請求者の住所氏名を記入し捺印してください。

 7、裏面は、病院で記入して貰えます。(レセプトを添付する場合もあります。)

 8、請求の時効は2年なので、期日の心配はありません。

 

Q育休中、少しでも働いたら社会保険料はどうなりますか?

育休を一年間とるつもりです。
その時の育児休業給付金と社会保険料免除についてですが、

育休をとってから半年くらいをめどに、週1~2日ですが仕事に復帰しようと思います。
働きすぎると育児休業給付金が減ってしまうとのことで、
給付金と給与を足した合計が今までいただいていたお給料の80%を超えなければ
給付金は減額されないと知ったので そのつもりでおりました。

先日、経理の方が 社会保険事務所(協会けんぽ)に私が産休に入った産前産後休業取得者申請書を提出しにいってくれました。
その時 育休中のことについて、質問したら、
窓口の方に、
社会保険料免除は、全く働いてない人が対象だからね。
育休中働いたら、社会保険料免除じゃなくなるよ。と言われたそうです。

社会保険料が免除なら、少し働く気でおりましたが、
少しでも働いたら 社会保険料免除がなくなる、
金額的にはとても微妙なのでそれならやめようと思います。

それでもネットで調べても 育休中は免除としか書いてありませんし、どちらが本当なのでしょうか?


勤めている会社は小さく 今まで育休をとった前例がないため、経理の方も何もわからず私も調べてはいるのですが・・・。

育休を一年間とるつもりです。
その時の育児休業給付金と社会保険料免除についてですが、

育休をとってから半年くらいをめどに、週1~2日ですが仕事に復帰しようと思います。
働きすぎると育児休業給付金が減ってしまうとのことで、
給付金と給与を足した合計が今までいただいていたお給料の80%を超えなければ
給付金は減額されないと知ったので そのつもりでおりました。

先日、経理の方が 社会保険事務所(協会けんぽ)に私が産休に入った産前産後休業取得者申請書を提出しにいってくれました...続きを読む

Aベストアンサー

neko153様、仕事に復帰なんて言葉使ったら、社会保険料は免除になりませんよ。

当方でも以前、似たケースがあり、各方面に確認しました。
育児休暇中の労働については、雇用保険下の「育児休暇給付金」と、社会保険下で「育児休暇中保険料の免除」は取扱いが違うので注意が必要です。
社会保険料については、通常の加入条件の関係もありますが、日数や時間で支払が免除されているのではありません。
社会保険の場合、労働することについてどちらが申し出たが問題になるのです。
少ない日数でも、労働者から申し出た場合、働ける環境とみなされ免除ではなくなります。
繁忙などの理由で会社側がお願いして労働しらもらった場合、月数回(2,3日程度)であれば、育児休暇中とみなされ免除になります。
neko153様が質問にかかれているような状況であれば、免除の対象外とみなされてしまいますね。

あと、「給付金と給与を足した合計が今までいただいていたお給料の80%を超えなければ給付金は減額されない」が少し気になったので・・・
育児休暇給付金は、
①月80時間以上の労働があると、支給停止。
②賃金月額の80%以上の給与支給があると、支給停止
③育児休暇中労働した対価が、賃金月額の13%未満なら給付金の減額なし。13%以上80%未満なら給付金の減額あり。
です。

neko153様、仕事に復帰なんて言葉使ったら、社会保険料は免除になりませんよ。

当方でも以前、似たケースがあり、各方面に確認しました。
育児休暇中の労働については、雇用保険下の「育児休暇給付金」と、社会保険下で「育児休暇中保険料の免除」は取扱いが違うので注意が必要です。
社会保険料については、通常の加入条件の関係もありますが、日数や時間で支払が免除されているのではありません。
社会保険の場合、労働することについてどちらが申し出たが問題になるのです。
少ない日数でも、労働者から申...続きを読む


人気Q&Aランキング