最近はよく,このままだと日本経済は破綻する・・などと言われていますよね。でも破綻したときに具体的にはどうなるのか。その状態を説明している人って少ないように思います。唯一(私が)聞いたのはある日カツ丼が8000円になる・・と言う話だけです。破綻の具体的な状態についてのご説明はあえて伺いませんが,その時どうしておくのが一番良いのですか?。ドルを持っていれば良いのでしょうか?。それとも金(きん)ですか?。たとえ8000円のカツ丼でも食べなきゃ死んでしまうでので何とか準備だけはしておかなくてはならないと思うのですが。一年分ぐらいの食料を買い込んでいれば良いのでしょうか?。破綻を乗り切る方法を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

基本的にインフレ(通貨の価値が下がる)となります。

そのとき、土地、貴金属、株、食料それぞれが、それぞれの理由である程度(どの程度かは、下記の状態がバランスするまで)名目の値が上がります。よって預金は実質的な価値を失い、借金は実質的に少なくなります。インフレにとつぜんなるのではなくて、その前に金利がじわじわと上がり始めます。するとどうなるかというと、預金の価値がなくなる前に(金利が上がる前に)人は物を買っておこうとします、するとますます物の値段が上がります、反対に借金も目減りするのですから、金を借りようとする人は増えます、するとますます金利が上がりだします、金利が上がるのに物価は上がり、これが景気の足を引っ張ります、こうゆう事が人がこれ以上、金を払うことができなくなるまで物の値段が上がります。しかし、世の中は不景気である(金利が高くて投資ができない、家も買えない)。こうゆう様態がひどくなった状態が経済の破綻といいます。
 よって、こうなる前に物を蓄える、借金をしてでも自分の才能に磨きをかける。家の修繕をしておく。少し金貨を買っておく。株式も少し有力な(技術のある会社の)を買っておく。堅実な経済運営をしている国(資源があり、技術のある国:ないかも知れない)の債権を買っておく。上記はタイミングが難しい:プロでもわからない。素人は気がついたときは破綻の真っ只中ということになると思います。

この回答への補足

 破綻・・と言う言葉そのものから受ける印象で,私は思い違いをしていたように思います。破綻=THE ENDと言う印象を持っていました。即・死・・のように感じていました。(一部の人たちにとっては本当にそうなのでしょうが)
 デフレでは物が安くはなるが,給料も減る。インフレでは物が高くなり,給料がそれに追いつかない・・。kisigennさんの分かりやすいご説明で,お金と物の相対的な関係がおぼろげながら分ってきました。
 対処法もとても分かりやすかったのですが,問題はそれを行うタイミングなんですね・・。私はド素人ですから気がついたときには破綻の真っ只中にいそうです。
 もしよろしければ次の点について簡単にご説明くださればありがたいです。
 破綻・・の後,いずれまた均衡のとれた状態に戻ると思うのですが,破綻の期間はどの程度の年月になりそうなのでしょうか?。もし日本が・・という設定でお願いしたいのですが。
 日銀の金利,がじわじわと上がって行ったら,それが破綻の前兆である・・と捉えてもかまわないのでしょうか?。また前回のバブルの崩壊は今回懸念されている「破綻」と同じだったのですか?。前回は好景気の最期での破綻,今回は不景気の最期での破綻,と言えると思うのですが。
 もしお時間がありましたら,よろしくお願いいたします。

補足日時:2001/03/23 19:17
    • good
    • 0

NO155157の補足します.


戦後は経済の破綻で,国民すべてが、犠牲を払いました.
いままでの通貨が切りかえられて,預金の引出しも制限されました.
そして物不足で、どんどん物があがっていきました。
 今デフレで物が余っていると思っていますが,日本は食料なども
  ほとんど外国からの輸入ですね.経済破綻すると,日本の通貨は
  暴落しているので,たちまちまた輸入がストップしませんか.
 そうなると海外の支払いはなにになるでしょうか.
 貴金属は相場があり,通貨よりは世界で交換できますね。    
  いま例えば金1g1000円として,通貨暴落で1g10000円になっても
  同じ1gです.  
  通貨1000円の価値は通貨暴落しても10000円の価値にはなりません.
  経済が破綻して通貨が高騰することはないでしょう. 
  それと70年前にデフレによる昭和恐慌もあつたのです。
   
   
    • good
    • 0

日本でも過去において経済破綻がありました.


 60才代以上の方は経験されています.
 最近ではアジアではインドネシアのルピ-の暴落
 1941(昭和16)年 米 1升約70銭(0.7円) 
 1945(昭和20)年   1升 70円
        やみ価格-公定価格ではない-です。
   これ以後も米はあがりました.
   1升は何gあたるのかわかりません。容積で1升=1.8リットル 
  このときに役に立ったのは物(衣料品宝石類,貴金属など)
    農家の人は農作物--要するに物々交換です。
  時代背景としては外国通貨,貴金属は国家へ強制的な提出で
  ほとんどの国民は持っていないと思います.
   今ならば,外国の通貨(しかし安定した国の通貨)、金,プラチナ
   とそのアクセサリ-(品質は国際的に通用する純度もの)、
   外国の債券(これもリスクあるが)、などを持つか.
   農漁業に親戚を持つか,自分でするか,田舎暮らしをするか。 
    手に職をつけておくか-その時代に必要な-
      たとえば家電の修理技術 -でしょうか.
  インドネシアでもルピ-の暴落がありましたが,
   お札に対してあまり信用していないので,金や宝石などを
   持っているので、貨幣価値が変ってもなんとか過ごしたの
   ではないかと思っています.ヨ-ロッパでも土地にはあまり執着 
  しないようのは戦争では土地はもって逃げられないからに宝石,貴金属
  を持つといわれています.
    戦後の経済,金融なぜ破綻したかについては,
   古い新聞を図書館などでをお調べください。
     ***いまある手許の簡単な資料では米しか載っていません**
    
      

この回答への補足

 過去に経済破綻があった・・わけですか。
 ということはその後は高度経済成長期というものがあったわけですから,破綻しても破綻しっぱなし・・というわけではないと言えますね。今回もし破綻しても再生は可能と言うことなんですかね?。
 貴金属,宝石類を持っていれば,つまり破綻の前にお金をそれらに変えておけば破綻を乗り切れる,と解釈していいんでしょうか?。

補足日時:2001/03/18 14:52
    • good
    • 0

こんばんは。



デフレということですから、物が余ってしょうがない状態になるんですよね?

だから値段を下げる->でも会社の売上が減るので所得も減る
->だから買うのを我慢する->もっと物が余って値段をもっと下げる・・・。

カツ丼が10杯で30円、とかになってしまうのでしょうか。
でも給料が120円だからなぁ・・・というふうに。

どうなるのかは素人なので判りませんが、
たしかにカツ丼が8000円になったら厳しいですね。
1年ぐらいなら我慢できますが、1年で終わる保証はなく、
これから生まれてくる子供たちにかつてカツ丼が庶民の食べ物だった、
などと遠い目つきで話すなんて耐えられません。

今の状態はお金がなくなっていくことへの不安から
みなさんが物を消費することを我慢しだし、
市場がドンヨリし・・・ようするにお金の流れが悪くなって、
経済がダメになってきているのだという個人的な結論に達しました。
いまこそ無駄遣いをしなくては!

3ヶ月後にはおそらく半額以下になっているであろうコンピュータの
パーツを買い漁ったりしているのでした。

沢山売れる->ものが足りなくなる->値段が上がる->
でも会社の売上が上がるので->所得も上がる->高くても買える。

20代後半になり、こういったことはやり過ごすのではなく、
解決しなければならない世代に自分がいつの間にかなっていたことに
最近気がつきました。

この回答への補足

 デフレ状態・・と言うことでしたら確かにものは安くなるけれども給料も安い,よって相対的に物が高いと感じる・・と言う図式になるのでしょうね。

補足日時:2001/03/18 14:50
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経済ニュースのHP

経済ニュースについて詳しく書いてあるHPを探してます。
それと経済データも探しているんですけど、いいHPありませんか?
英語のHPでも大丈夫です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のものはいかがでしょうか。

経済ニュースです。http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/

http://www.nikkei.co.jp/

http://www.sankei.co.jp/news/keizai.htm

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/ynews/

http://www.odn.ne.jp/odnnews/eclist.html

http://www3.aol.co.jp/headline/business.html


経済データSITE
http://www.econ-jp.com/

http://www.rcn.or.jp/data/default.html

Q日本がギリシア状態(国家経済破綻状態)になったなら

日本がギリシア状態(国家経済破綻状態)になったなら、我々国民にどのような影響がありますか?
教えてください。
また、それから立ち直ることは可能でしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

 日本が現在の経済状態に陥っている原因を考えてみましょう。

 日本の衰退が始まったのは、実は石油危機が騒がれた1974年頃からです。経済成長率が半減し、停滞を続けて上がらなくなり、バブル期に入っても大きな上昇は起こらないまま、1991年の湾岸戦争後はバブル崩壊でゼロ成長期に入り、2008年の世界金融危機以降はマイナス成長期に入りました。

 興味深い事に、どれも17年間隔で起こっていて、今後も17年間の停滞が続いて大きな落ち込みが来るのだとしたら、2025年は経済成長率が2桁のマイナス成長期に入り、経済破綻に進む可能性も考えられる情勢です。

 政府は1974年から現在までの38年間にさまざまな経済政策をおこないましたが、どれも失敗に次ぐ失敗ばかりで債務が膨らみ、現在の膠着状態に陥っています。今後も経済の急激な回復は期待出来ないでしょうし、むしろ、経済破綻に陥る可能性が大きいのではないかと思えます。

 米国、ソ連に続く大規模原発事故を起こした日本ですが、米国は原発事故から3年後にレーガン革命を、ソ連は原発事故から3年後に急進改革派が権力を握り、ソ連崩壊へと繋がっています。日本も原発事故から3年後の2014年には革命と呼んでも良いほどの抜本的な改革を始める必要が生じるのは間違いないようです。

 原発事故翌年は株価の暴落が起こる傾向があるようですし、ギリシャと同じ経済状況に甘んじるのは政治的に危険でしょう。従来の閉塞的な経済運営に対する批判が強まるでしょうし、経済破綻か、抜本的な経済改革かを選ぶとすれば、後者を選ぶしかないわけで、何もしないで死を待つ政策を続けるのは不可能でしょう。

 しかし、それが成功する可能性はほとんどないと言って良いようです。レーガン革命後の米国は莫大な負債を背負い、ITバブルが無かったら債務の償還も出来なかったでしょう。ソ連崩壊後のロシアも経済破綻状態に陥りましたが、同じくバブル景気で回復に転じています。日本が改革をおこなっても同じ結果になるのかもしれませんが、経済危機とバブル経済の両極を経験するには時期的に遅いような気もします。

 今後、20~30年前の当時と同じ変革に日本が晒されるのだとすれば、今までの価値観が全て引っくり返る経験をするだろうと思われます。動脈硬化状態の官僚主義政策、情報の隠蔽や操作が原因の失敗が暴露されて激しい批判を受け、急進的な大改革が強行されて、世の中が変貌するでしょう。

 世界を変えた当時を知る者としては、日本だけが権力構造も経済政策も何も変えないで停滞を続けた国だったように思います。確かに、グローバル経済の進展で逆輸入が広まり、高価だった情報家電製品が驚くほど安くなりましたが、赤字国債と消費税に依存し、公共事業乱発で成り立っている経済政策は何も変わっていません。インターネットの普及で急速に進んだ情報社会があるにも関わらず、マスコミは衰退を続けるばかりで何も変えようとしていませんし、このままの状態が続けば、出版界、放送界の撤退や破綻劇が始まるのは間違いないようです。

 ギリシャ危機がユーロの信用不安に繋がったら、EUの経済危機や崩壊もあり得るわけで、そうなったら世界経済に与える影響は大きいでしょう。世界恐慌という最悪の事態もあり得ると思います。

 日本が現在の経済状態に陥っている原因を考えてみましょう。

 日本の衰退が始まったのは、実は石油危機が騒がれた1974年頃からです。経済成長率が半減し、停滞を続けて上がらなくなり、バブル期に入っても大きな上昇は起こらないまま、1991年の湾岸戦争後はバブル崩壊でゼロ成長期に入り、2008年の世界金融危機以降はマイナス成長期に入りました。

 興味深い事に、どれも17年間隔で起こっていて、今後も17年間の停滞が続いて大きな落ち込みが来るのだとしたら、2025年は経済成長率が2...続きを読む

Q韓国造船受注相次ぐというニュースがありましたが、韓国経済は良くなっているのですか?経済状況に詳しい方

韓国造船受注相次ぐというニュースがありましたが、韓国経済は良くなっているのですか?経済状況に詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

>韓国経済は良くなっているのですか?

家計部門、企業部門、政府部門ともに借り入れを増やして経済が回ってる状態の様です。
いわゆる借金による”自転車操業”ということで、借入(海外からの資本流入)が止まると自転車が倒れる危険がありますが、自転車は止めると倒れるので走り続けているということでしょう。

船舶や大型海洋構造物の受注は、2-3年後に納入時点で損益がはっきりすることが多いので、「受注が多い」としても「安値受注」であれば、倒産を未来に先送りしただけという可能性も排除できません。

Qダイエーの破綻・・・破綻ってどういうこと?

ダイエーが破綻というニュースを過去に見たことがありますが、産業活力再生特別措置法が適用されたことが破綻という言い方になったのでしょうか?

産業活力再生特別措置法の適用会社は、全て破綻しているというのでしょうか?

Aベストアンサー

この法律を適用して破綻に追い込んだのでしょう。
赤字を抱える企業はいくらでもあります。

個人でも住宅ローンを抱えていれば、明日ローンの全額を返せといわれたら、返せませんね。でも毎年の収入から少しずつ返すなら全額返せますね。返済を強要すれば、家を競売にかけても、ローン金額に及ばず、自己破産にならざるを得ませんね。住宅ローンは25年とか35年で返却すれば良いということですね。

ところが企業の場合の借り入れは、工場や生産機械や店舗を作るために銀行からお金を借りた場合、投資に回した借入金が利益を生むには時間がかかります。投資してから数年間は赤字敬遠が続くのが普通です。中小企業でも注文を受けると原材料を購入するために銀行を借り入れ、材料を買い入れ、完成品を作り、それを発注元に引き渡してから、代金を受け取ります。材料を購入するにも、製品の代金を受け取るのも手形決済となります。つまり1年後に決済されるわけで、手形を換金するには本来の手形の額面の金額より割り引かれた現金にしかなりません。代金が入って初めて、銀行からの借り入れ金の返済と従業員に支払う給料と会社の利益となるわけです。ですから、企業にとって借り入れから返済までの間は赤字経営となるわけです。慢性的にこのようなことが行われるのが企業経営です。企業の借り入れは、銀行ローンのような長期借り入れでなく1年~5年といった返済期間となっていますので、ある日急に、借り入れを断られ、かこの借入金を全額返済するよう強制された場合、殆どの企業が倒産するでしょうね。

これを政治的圧力や産業活力再生特別措置法を適用されたら、投資が回収されていない通常の企業は、再生特別措置法を受け入れざるを得ないでしょうね。これを破綻といっているわけです。

ダイエイの破綻で首都圏、大阪圏、九州の店舗は食料品だけに業態縮小、その他の地域の店舗は閉鎖で、ダイエイという企業が規模縮小して、売り払った地方の店舗の資産を売り払えば何とか、規模縮小されたダイエイは残るかもしれませんが、多くの店舗の沢山の従業員とその家族が解雇され不幸な失業者家族となり、沢山の不幸が発生するわけです。生活の手段を失う人々が大量に発生するよう政府の企業再生のやり方はおかしいですね。
これまでの銀行の再生、郵政の民営化も、企業の経営は黒字になり、企業経営サイドから見た場合は、再生したことで万事OKということですが、半数以上の従業員がリストラされ、残った従業員は従来の利益を確保するためにリストラされた人々の分の業務も押し付けられる労働強化やサービス残業が強要されることが行われているのが実態ですね。JR民営化でJR福知山線の脱線事故も労働強化の結果と無関係でないでしょうね。

企業経営は、風評だけで破綻します。あの銀行は破綻しそうだ。早く預金を下ろさないと下ろせなくなるとか。
あの企業は経営状態が悪いといううわさが立つと、他の企業との取引ができなくなったり、銀行がお金を貸さなくなって、本当に倒産に追い込まれます。

この法律を適用して破綻に追い込んだのでしょう。
赤字を抱える企業はいくらでもあります。

個人でも住宅ローンを抱えていれば、明日ローンの全額を返せといわれたら、返せませんね。でも毎年の収入から少しずつ返すなら全額返せますね。返済を強要すれば、家を競売にかけても、ローン金額に及ばず、自己破産にならざるを得ませんね。住宅ローンは25年とか35年で返却すれば良いということですね。

ところが企業の場合の借り入れは、工場や生産機械や店舗を作るために銀行からお金を借りた場合、投資に...続きを読む

Q経済のニュース

経済のニュースについて簡単に説明してくれるサイト、もしくはメールマガジンなんてありませんか?

Aベストアンサー

サイトではなく書籍なのですが、中経出版から出ている「経済のニュースが面白いほどわかる本」という本があります。
とてもわかりやすく説明されていますので、一度ご覧になってはいかがでしょうか。

Q年金破綻宣言、日本は、既に国家破綻している?

年金開始年齢が、68歳~70歳にまで引き上げられるようです。政治家や公務員の給料の大幅カットや天下りの禁止も無しにです。年金は、事実上、破綻宣言をしたにも等しいと思います。数年で変わってしまう年金制度を誰が信用するでしょうか。それに、貧乏人は退職後70歳まで生き残れないでしょう。貧乏人は死ねと言っているのにも等しい。これは、日本の国家破綻宣言が間違いなく近づいていることを実感させるできごとであり、老後の年金制度が揺るいでいること自体が、既に国家として破綻しているように思えますし、政治家や官僚の考えていることは、破綻回避というより、破綻へとソフトランディングする気しかないように思えます。

1)日本は、既に、国家破綻している、と見ますか、まだ破綻はしていない、と見ますか?

2)日本の国家破綻に備えるには、何をしたらいいですか?

Aベストアンサー

1)破綻はしていませんが、破綻へまっしぐら、て
  感じですね。
  年金デホルトは今に始まったことでもないし。
  過去に何度も前科があります。
  いわゆる、逃げ水年金ですね。
  そのウチ、掛け金を取られるだけで支給されない
  てことになるのではないかと思っています。

  こうなることは半世紀以上も前から判っていたことです。
  父の小学校の教科書に書いてありました。
  それなのに、政府がやったことは、掛け金を上げ
  支給開始を遅らせたことだけです。

  司馬遼太郎が言っていました。
 「この世には罪深いことは沢山あるが、最も罪深いのは
  無能な者が高い地位に就くことだ」
  
  無能な政治家、官僚達のお陰で、偉い迷惑です。

2)年金など当てにしないことだと思います。
  当てにしない人生設計を立てることです。
  海外への居住も視野に入れるべきでしょう。
  私は何年も前から、そうやって来ました。
  

Q中国の経済危機ってニュースにならなくなりましたが今はどうなったんですか?もう回避したんですか?

中国の経済危機ってニュースにならなくなりましたが今はどうなったんですか?

もう回避したんですか?

上海株暴落とかもうニュースになってないですよね。

Aベストアンサー

ちゃんと新聞載ってます。
輸出入が前年比二ケタ減。国有企業無理やり倒産させ過剰設備の廃棄。金融緩和の成果は都市部の不動産高騰(これが一番危ないことを示す)。腐敗防止運動が利きすぎて金を供給しても使う企業や地方政府がない。
ボックネと言い習近平と言い唯我独尊誇大妄想で自分は完璧と思い込み日本を軽くみて貶め支配しようとしたら巨大ブーメランでそっ首が落ちそう。自縄自縛の間抜け、100年は苦しむだろう。奴らは恩を仇で返すロクデナシ。日本は助けない。
>上海株暴落とかもうニュースになってないですよね。
今度下がったらクラッシュの号砲です。つまり政府に支える金がなくなった。革命起こるかな。100年内戦。小国に分割。
台湾が大陸を支配するかも。その前にジョンウンを始末しておかないと厄介。統一した朝鮮は危険なので日本が叩く。

Qいっそ,財政破綻してやり直すのもありですか?

日本って知的財産や国民の向上心とかやる気がすごいから,いっそ財政破綻してやり直すのもありかなと思うようになって来たのですが,皆様はいかがお考えでしょうか?
実際に財政破綻して立派に今では回復している国もあるみたいだし。

暴論でしょうか?

Aベストアンサー

日本は70年前に一度破綻しています。原因はまったく違いますが、経済的にはまったく同じことです。超ハイパーインフレに陥り、円や株や国債証券は紙切れになり、産業は壊滅し、食糧不足で国民は飢えに苛まれましたが、そこから立ち上がって今の経済大国になりました。

日本国民にそう言う潜在的能力や資質があることは確かですが、もう一度それを行う覚悟や忍耐力があるかどうかはいささか疑問です。今の若い人たちは、70年前の若者のような忍耐力や勤勉さ、行動力、労働意欲が欠けているからです。おそらく投げやりになって、労働も勉強もしなくなるでしょう。一生懸命、国を再建する気持ちを持たないでしょう。食べるものもなくなって、飢え死にする恐怖にはたえられないでしょう。病気になっても医者にもかかれない恐怖には耐えられないでしょう。財政破綻とはそう言うことです。一度やってみるかなどと軽口を叩くものではありません。

しかし、千兆円の国の借金(国債)がデフォルトしたらそうなること(経済破綻)は確実です。やってみるかではなく、否が応でもそうなる可能性は高いです。覚悟しておきましょう。

Qネットで社会や経済のニュースサイトを閲覧しますか?

みなさんはネットで社会や経済のニュースサイトを閲覧しますか?

個人的には朝日や読売のwebサイトがコンテンツが見易く、記事も公正で広範な感じを受けます。

asahi.com:朝日新聞社の速報ニュースサイト http://www.asahi.com/
毎日jp - 毎日新聞のニュース・情報サイト http://mainichi.jp/
ニュース 速報 YOMIURI ONLINE(読売新聞) http://www.yomiuri.co.jp/index.htm

MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/
日本経済新聞   http://www.nikkei.com/

ネット系はポータルや検索系も情報量では豊富な感じですが、やや娯楽との分別が無いのが不便。
livedoor ニュース    http://news.livedoor.com/
Yahoo!ニュース - トップ http://headlines.yahoo.co.jp/hl

47NEWS   http://www.47news.jp/
共同通信社 http://www.kyodo.co.jp/

CNN.co.jp      http://www.cnn.co.jp/
BBC NEWS England  http://www.bbc.co.uk/news/england/
中国情報局-HOME   http://searchina.ne.jp/

みなさんはネットで社会や経済のニュースサイトを閲覧しますか?

個人的には朝日や読売のwebサイトがコンテンツが見易く、記事も公正で広範な感じを受けます。

asahi.com:朝日新聞社の速報ニュースサイト http://www.asahi.com/
毎日jp - 毎日新聞のニュース・情報サイト http://mainichi.jp/
ニュース 速報 YOMIURI ONLINE(読売新聞) http://www.yomiuri.co.jp/index.htm

MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/
日本経済新聞   http://www.nikkei.com/

ネット系はポータルや検索系も情報...続きを読む

Aベストアンサー

>新聞が有用なのは、むしろそうして多くの書き手の大なり小なりの意図が知れることでしょう。
>新聞一つで多くのものが知れる訳です。
>それを偏向だとか言って非難して読まないのは、特定の作者の著作に拘って、多くの作品が掲載される雑誌を嫌う様なものでしょう。

私は別に新聞社各社が偏向的だから読まない、などとどこにも書いていませんが。
せっかくネットで新聞社の報道を見るのであれば、わざわざ偏向的な新聞社のホームページからしか記事を閲覧しようとしないのはおかしいのではないか、と書いています。

Yahooだって、Gooだって、Googleだって、discast2氏が記しているライブドアのサイトだって、またSNSのツールだって、その最大の魅力は、数多くの新聞社が出している記事を一つのサイトの中で、比較して読むことが出来るところにあるんです。さらにSNSに至っては、サイト上で紹介されていない関連記事までもサイト利用者が任意で紹介してくれているような場合すらあるのです。

新聞ひとつで知れることなどたかが知れています。
しかもそこに記者や編集者のフィルターがかかっているわけですから、その価値など推して知るべしです。

ですが、そんな新聞でも、主要5社(もっとも、毎日新聞は既に通信社の記事になっていますから、毎日新聞としてこれを読む価値などさらにありませんが)を全て網羅できるのであれば、少しは価値が生まれます。

大体、新聞ひとつをそこまで重宝するのであれば、わざわざネットで見ようとせず、紙媒体の新聞を選んで読めばよいではありませんか。せっかくネットから情報を仕入れようとするのに、なぜわざわざ特定の新聞社のサイト情報をそこまで重要視するのでしょう。

>新聞が有用なのは、むしろそうして多くの書き手の大なり小なりの意図が知れることでしょう。
>新聞一つで多くのものが知れる訳です。
>それを偏向だとか言って非難して読まないのは、特定の作者の著作に拘って、多くの作品が掲載される雑誌を嫌う様なものでしょう。

私は別に新聞社各社が偏向的だから読まない、などとどこにも書いていませんが。
せっかくネットで新聞社の報道を見るのであれば、わざわざ偏向的な新聞社のホームページからしか記事を閲覧しようとしないのはおかしいのではないか、と書いてい...続きを読む

Q国債がいくら大丈夫でも財政破綻したら,国債は紙屑?

現在,国債は超低金利です。ですから,安全と思われていますが,今財政支出は「社会保障関係費」と,「国債の償還や利払い」だけで55%,「社会保障関係費」はこれからも超少子高齢化社会が進み膨れ上がるばかり,国債もジャブジャブ発行しているから膨れ上がるばかり。

このままでいけば,財政支出は55%→60%→75%→90%と破綻への道をまっしぐらということになります。

この調子でいけば,財政が破綻したら,国債は信用を失い紙屑同然になるのではないでしょうか?

皆様のご意見を伺いたいと存じます。

Aベストアンサー

この手の質問はこのところ多いので、良くも悪くも調べていますけど。先を読むのは難しい。

Q/この調子でいけば,財政が破綻したら,国債は信用を失い紙屑同然になるのではないでしょうか?

A/この調子でいけば確かに紙くずではないですけど、円の価値と同等に国際的な信用取引の価値は下落します。日本人が日本で回しているから問題ないとよく言いますけど、それはあくまで商品の国内自給率(いわゆる食品、燃料、原材料の自給率)が最低でも過半数を越えていればです。今や食料自給率は過半数割れしていますから・・・相当な影響が出るでしょう。

海外との取引には、基軸通貨のドルとの為替による交換が必要となるため、円が相対的に海外と比べて落ちてしまい、さらに世界から見て日本の債券は回収不能と判断されると、1%(10兆円)でも急速な資産の引き上げがあり、それに対する買いがすぐに入らなければ、かなり不味い状態になります。

債券や株式の取引や監督をする人は多くの人がご存じと思いますが、兆候が見えるだけで、債券ディーラーは、債券からのリスクオフに動きます。それが連鎖的に起きれば悪夢の状況になると思われます。(これは、日本に限らず世界で恐ろしいことが起きると予想されます)

ちなみに、何故紙くずにはならないかというと、債券返済の猶予などを求める事は可能であり、破綻するとは限らないからです。要は、その市場規模によっては猶予を与え、厳しい税収と経済政策、公共投資への足かせを世界の債券保有者から求められます。
また、自国においてはデノミネーションなどを用いることで債券の見かけの価格を抑えるような手を打つことも出来るでしょう。まあ、これが自国でほとんどを補っているから、潰れることはないという理由ですけど・・・。国民に影響がないと思っている人は、デノミネーションという部分が抜けていると思われます。(要は、旧札での取引を停止し、新札に替えるということ)

もし、今後も日本が経済でNo3を維持し続ければ、たぶんそう易々と破綻には向かわないと思いますけど、それも財政の健全化目標が揺るぎないという前提が必要です。それがない場合は、どこかで儲けたい人が動き出すのは確かでしょう。それも、日本ではない国の人間が動くはずです。

NO3から落ちるようなことがあれば、今の少子高齢化状況だと・・・。世界的に破綻を回避する理由は弱くなり、日本だけが勝手に落ちるように世界の枠組みを変える可能性もあります。今の政治家や国民などはそこまで考えているかどうか怪しいですけど、一般に見ると、これが一番可能性が高い。

この手の質問はこのところ多いので、良くも悪くも調べていますけど。先を読むのは難しい。

Q/この調子でいけば,財政が破綻したら,国債は信用を失い紙屑同然になるのではないでしょうか?

A/この調子でいけば確かに紙くずではないですけど、円の価値と同等に国際的な信用取引の価値は下落します。日本人が日本で回しているから問題ないとよく言いますけど、それはあくまで商品の国内自給率(いわゆる食品、燃料、原材料の自給率)が最低でも過半数を越えていればです。今や食料自給率は過半数割れしていま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報