アプリ版:「スタンプのみでお礼する」機能のリリースについて

現在の価値でいうと、どれくらいなのでしょうか

A 回答 (9件)

本当か嘘か分からないのですが、親の実家の納屋(かなり広め)は15円で建ったと聞いたことがあります。

いつ頃家はわかりませんし安定のB型一族なんで、テキトーかもしれませんが。離れは今倉庫になって納屋と読んでるそうです。時期的には明治頃ではないかと、思います。
    • good
    • 1

1890年とは、明治23年ですね。


https://c.umin.ac.jp/cgi-bin/nengou.cgi


明治時代の「1円」は現代の2万円くらいだそうです。
だから、明治時代の⒖円は、現代の30万円くらいでしょう。
https://magazine.tr.mufg.jp/90326
    • good
    • 1

1890年は明治23年


当時の大卒初任給が18円くらい、現在は大卒平均で22万円前後ですから、20万を切るくらいの感覚でしょうか

あくまでも給料ベースでの換算なのですけど、以下のサイトに当時の色々な物価が書いてあるので、比較してみると大体の価値が比較できると思います
https://coin-walk.site/J077.htm
    • good
    • 1

大卒初任給くらいですから22万くらいですね。



でも、当時の物価と今の物価では偏りがあるので、買えるもの買えないものの違いは多少あるかもしれません。
たとえば「100円普請」という言葉あり、安い家なら100円で建ったそうです。
初任給7ヶ月分くらい。
今、いくら何でも150万では家は建ちません。

実質的な貨幣価値の単純比較は難しいです。
    • good
    • 0

当時は、金1.5g=1円なので、


15円であれば、金22.5g相当ですから、
金価格8,700円の今に換算すれば、
20万円弱、という事になります。
    • good
    • 0

単純に物価で比較した場合は、60万円程度とのことですが、1890年頃の政府予算が約1億円、現在の予算規模90兆円の90万分の1ですので、現代の感覚にすれば、年間15円以上の納税者とは、年間1,300万円以上の税金を納めている人達なのではないかという見解があります。

    • good
    • 1

1890年のCPI値を調べます。

これは、1890年当時の物価レベルを表す指数です。

現代のCPI値を調べます。これは、現在の物価レベルを表す指数です。

CPIの比率を計算します。これは、現代のCPI値を1890年のCPI値で割った値です。

1890年の円額にCPIの比率を掛けます。これによって、現代の日本円換算額が算出されます。


約550円です
    • good
    • 0

「明治時代の1円=現在の2万円」


くらいなので30万円です。
    • good
    • 0

20円から30円かな。

あまり変わらない。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!