電子書籍の厳選無料作品が豊富!

物価はどんどん上がっていくのに、給料は上がらないのは何故なんですか?
詳しい方教えてください。

A 回答 (12件中1~10件)

給料が上がらなければ、どんどん上がっていく物価に対して、


消費が減ることになります。
なので、製造企業は、物価上昇分の利益が増えるという事はなく、
給料を上げられないのです。
或いは、利益増があってもそれを貯め込んでいるのです(内部留保)。

なお、物価高騰で消費が減れば(需要が減れば)、
物価は下がっていきます。ご安心を。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

おっしゃる通りと思いました!
物価は下がらなくていいので、上がった分所得も上げてよって思いますね。

お礼日時:2023/10/23 17:09

物価が上昇したから、賃金が上がるということではないと思います。


たとえば最近の約2年間ではガソリン価格が上昇していますが、ガソリンスタンドの従業員の賃金は上昇するでしょうか?
ガソリンの仕入れ価格が上がれば経営は苦しくなると思います。
似たようなことは、たとえば、電力料金が値上げになれば、コンビニやスーパーなどでは、冷暖房費上昇で経営は圧迫されて、従業員の賃金は上げにくいと思います。
最近のニュース番組で某大学教授が来年の春闘での賃上げを論じていました。
でも春闘の相場は非正規や零細企業労働者には波及しにくいと思います。
当面の物価対策としては、何らかの給付金が効果があると思います。
長期的な政策なら、
岸田政権にはできない政策だと思いますが、適切な政策としては、賃金を上げることではなくて、可処分所得の増加だと思います。
つまり、中間層以下の労働者の税金や社会保険料を下げることです。
現行の所得税の控除では、基礎控除と給与所得控除の合計で103万円ですが、もっと控除額を引き上げるほうがよいと思います。
さらには、給付つき税額控除の創設がよいかもしれません。

負の所得税 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B2%A0%E3%81%AE …
------
働いた時間数に応じての給付つき税額控除で、いかがかと思います。
働いた時間数が多ければ、それに応じて控除額を増やすということです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

消費税も下げてもらいたいです…。

お礼日時:2023/10/26 11:52

アベノミクスで、企業は儲かっていますが


それを従業員に還元しないからです。

内部留保としてため込んでいます。

その額、ついに500兆円を超えました。

何故還元しないのか、といえば
少し景気が良くなるや、増税したり社会保険料を
上げたりして、政府が、回復の芽を摘んできたから
です。

だから、企業も将来に不安を持ち
積極投資を控えてきました。

これが、失われた30年です。

ただ、近年の物価高や政府のプッシュもあり
賃上げをする企業が増えて来ています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはり内部留保…ビビりが多いってことですね。
アメリカさんの圧力もありそうですが。

お礼日時:2023/10/24 15:53

収入は努力と創意工夫で上げるもんです。


黙っていても、待っていてもあがりません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

おっしゃる通りです。頑張ります。

お礼日時:2023/10/24 12:35

給料は上げると下げづらいため、経営者としては


好業績はボーナスで対応するケースが多いです。

アルバイトや転職市場ではそれなりに上昇しています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ボーナスを出さない会社は辞めた方がいいですかね。

お礼日時:2023/10/24 12:35

職場によっても異なります。

公務員や大手などは、比較的物価の変動に対応しています。
しかし、零細企業はもちろん、中小企業によっては、原材料費や流通経費の高騰で、利益を従業員の給与に対応しきれないところも少なくないからです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

零細・中小は厳しそうですね。。

お礼日時:2023/10/24 12:34

1~2年のタイムラグはあります。



ただ、その間に何かあれば、物価は上がったままで、給料は据え置きになるでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど。据え置きにならないようにみんなで頑張らないとですね。

お礼日時:2023/10/24 12:33

平均所得は70年で300倍増えました。



時代に有った職業を選び
乗り遅れないように
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですね。

お礼日時:2023/10/24 12:32

簡単です。


あなたがそんな会社で文句、不満を言いながら働き続けるからです。
海外だと転職は当たり前です。

入社時、20万だとします。
10年して24万になりました。コロナ云々毎年の事情はあるけど年換算4000円のアップです。
あと10年働けば30万になるかもしれません。
でも、もっと多くの勤務歴のある人を見ると多くの場合はそうならず、26-28万ぐらいにしなりませんでした。
こんな会社で文句言いながら働く人が大半です。

転職して30万、35万の会社に行くのが当たり前。となると話は別です。
近くで、個の会社が募集しているな、30万か。応募してみよう。
採用されたので、今の会社はサヨナラ。
引き継ぎなんて知らねーよ。おまえらが勝手にやればいいじゃないか。
というのが当たり前になれば上がるのです。

私が休むと、他の人に迷惑がかかる。
会社が回らない。(実際はそんなことはない)
とか思って居残るヤツが大半だからです。
もしあなたが辞めて会社が潰れたらそれはあなたのせいではなく経営者の問題です。

ストレス、パワハラ、長時間残業に耐えるから行けないのです。
日本は解雇が非常に難しく、社長をぶん殴っても解雇できません。
結果的に無能なおっさん、おばさんが居残り優秀なヤツが去って行くのが日本です。

一番簡単なのはクソな会社は辞めて転職、起業することです。
私はブラック企業と裁判もして、どこも同じ、少なからずなにかしら人間関係など
問題があると理解して起業しました。
年収という意味では10倍以上、年間休日300~はあります。
たまに日曜や、夜遅くまで仕事することありますが基本的に自由です。

ちなみに派遣、日雇いがあるのは、底辺労働者というか、なんの取り柄もない人の
受け皿、利用方法としてあるのです。
使い捨てです。
こういうのも、やる人がいなければ派遣というシステムが成り立たなくなり、賃金は上がるんですよ。
悪条件で働くやつが多いから上がらないのです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

>年収という意味では10倍以上、年間休日300~はあります。
すごいですね。こんなことが可能なんですね。

お礼日時:2023/10/24 12:32

私たちが購入する物品(あるいはサービス)を構成する原材料や製造する(サービス提供する)ためのエネルギーは海外から輸入しているものが多く、日本国内の事情に関係なくどんどん値上げされていて、私たちはそれに逆らうことが出来ません。

なので、昨今の物価は値上がりが激しいんです。

一方、私たちの給料はほぼ日本国内だけの事情で決まります。ここ30年間は日本の国力は落ちるばかりで世界の中でも陥落が顕著であり経済発展がほとんどないんです。なので給料を出す会社は、一部の大手企業を除けば、賃上げするゆとりがないんです。
IT化、AI化、DX化などの合理化を積極的に進めればよかったものを、リスク・大型投資・リストラを嫌って国も経営者もその推進を怠ってきましたので、欧米・中国・韓国と違って少しの賃上げも出来ない状態が続いてきました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

エネルギー自給が皆無なのは深刻ですよね。。
アジア圏最も価値の低い円ですからね。。

お礼日時:2023/10/23 17:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!