ギフト券(預かり金)100万円分にかかる税金について


今回FXのキャンペーンで、DMMギフト券を100万円分頂きました。
このDMMギフト券は、DMMで使える預かり金という区分になり、引き出したり換金したりは出来ません。

これについて、税金は掛かるのでしょうか?
何十万円と掛かるとしたら、手元にお金が無い場合、どうやって税金を工面すれば良いでしょうか。
DMMの預かり金から税金を引いてくれると助かるのですが、換金できないパソコン上のマネーに、実際のお金で税金を納めなければいけないのもおかしい気がします。

同じような事例があれば教えていただきたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

課税対象はお金(リアルマネー)だけとは限りません。


http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/sh …
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/sh …

所得税法からいくと「経済的利益」として課税対象となる可能性はあります。

所得税法第36条
http://www.houko.com/00/01/S40/033A.HTM#036

ただし、第36条2項の解釈により、経済的利益を実際に使用/利用した時点で所得算入との見解があります。
また、単なる「割引」として課税対象外との見解もあります。

実例としては、Amazonや楽天のアフィリエイト・ポイントなどがありますが、このようなポイントについては実質的に経済利益があるので積極的に課税していこうとの姿勢があり税務署単位では申告指導もあるようですが、自己購入分のいわば値引き相当(割引)との境界やポイント交換制度など、真の課税客体を決定するに足るまでの法&通達整備や判例は重ねられてないと思います。

要はグレーゾーンで個別に税務署相談ケースということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
実際に税務署へ相談して見ます。

お礼日時:2009/09/25 01:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国内追加型公募株式投資信託の換金したときの税金について

今投資信託について勉強しています。教えてください。
取得時基準価格9000円、買付手数量なし保有口数100口
(1口=1万円)、期中受取り分配金1口当たり900円、
換金時基準価格1万円(信託財産留保額はないものとします)
上記の場合、解約請求と買取請求とで換金したときの換金時の税金は、違うようですが、具体的にはどう違うのか教えてください。

Aベストアンサー

インターネット上で検索すればいくらでも解説が出てくるので、よくわかってみえるとは思いますが、回答が無いようですので簡単にお答えします。

解約の場合は利益に対して10パーセントの源泉徴収ですので、この場合は
解約価額は(設問の場合は=基準価額=10000円)個別元本は(9000円-900円=8100円)なので
税額は(10,000-8,100)X0.1X100口=19,000円 ではないでしょうか。

買取の場合は利益に対して10パーセントの申告分離課税ですので、
買取価額は(この場合は=基準価額=10000円) 取得費は(9000円)なので
税額は(10,000-9,000)x0.1x100=10,000円 ではないでしょうか。

自信はありません、間違ってるようでしたら他の人、是非正しい回答をお願いします。

参考URL:http://www.nikko.co.jp/SEC/service/anshin/toushin_03.html

Q確定申告の「長期所有上場株式を譲渡した場合の100万円特別控除の特例」

「長期所有上場株式を譲渡した場合の100万円特別控除の特例」は平成15年1月1日から廃止ということなのですが、これは平成15年以後に株を売った場合と考えてよいでしょうか?  それとも平成15年以後に申告するケースはもう特例が受けられないと考えるのでしょうか?

平成14年9月に株を売って、25万円ほど譲渡益が出ました。
昭和62年に買った株で、買い付け計算書も保有しています。 確定申告で、「長期所有上場株式を譲渡した場合の100万円特別控除の特例」が受けられるでしょうか? 

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「長期所有上場株式を譲渡した場合の100万円特別控除の特例」について

平成15年度税制改正による当該特例の廃止は、「平成15年1月1日以後に売却した分から」とされています。

つまり、平成14年中に売却した場合には当該特例の適用を受けることができます。
ご質問のケースでは、平成14年9月に売却されたということですので、「長期所有上場株式を譲渡した場合の100万円特別控除の特例」の適用を受けることができますよ。

Q昨年、オークションにて100万円ほど利益が出ました。 オークションでの利益も確定申告をしなくてはいけ

昨年、オークションにて100万円ほど利益が出ました。
オークションでの利益も確定申告をしなくてはいけないと最近知り、相当焦っていますT_T

帳簿等書いたりしていなく、利益の金額もアバウトです。
近々税務署へ相談しに行こうと思っていますが、白色申告でも帳簿は提出しなければいけないのでしょうか。
また、無い場合はオークションの売上金額への課税になりますか?
そうなるとかなり高額なので、ビクビクしています…

どうか教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

「元々持っていた物や貰った物、その他自分で使う為に購入し、その後売却した物、ネットで安く買った物を売ったりしました。」ということであれば、課税対象となるものはないか、あつてもごくわずかということになると思われます。

Q商品券と税金

とある事情でかならずしも現在より所得が増えることを望まない
社員がいます。
それなりの年齢に達し、あまり所得が増えると、現在の住居を退去
しなければならないようです。
ただ、当人は極めて優秀であり、企業として本人の努力には報いて
おきたいと考えます。

そこで一つの工夫として、会社がたとえば数十万円分の商品券を
購入し、それを交際費として計上し、該当する社員に寄贈した場合、
本人には所得税はかからないと思うのですが、どうでしょうか。

会社も個人も特に違法行為はないと考えます。

どなたかご教示をお願い致します。

Aベストアンサー

>会社も個人も特に違法行為はないと考えます…

税法上の給与と見なされるものとして、

【イ 商品などを無償又は低い価額で譲り受けたことによる経済的利益】
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1400.htm

が筆頭にあげられています。
商品でも給与となるのですから、商品券であればなおのことですね。

>数十万円分の商品券を購入し、それを交際費として計上し…

交際費というのは、顧客や同業者を相手とするものです。
社員に交際費はあり得ません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q退職金の税金

今年で退職予定で退職金614万円貰うよていです、税金かかりますか?

Aベストアンサー

20年以上勤めていれば控除が800万以上になるはずなので税金は0になります。
20年以下でも控除してから課税対象を半分にするので普通の所得税よりはかなり安いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報