人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

貨幣流通量を増やすには具体的に何をやるのですか?
日本でも毎年増やすようなことをしてますか?
日本における実例とその金額を教えていただけないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

国債 売却」に関するQ&A: 中国が米国債を売却

A 回答 (3件)

 日銀が貨幣流通量をコントロールしているのですが、流通量を増やしたい場合には通常は金利を下げます。

すると市中銀行は日銀から借り受ける資金を安い金利で貸し出すことができますから借り入れ需要が増え、これに貸し付けることで貨幣の供給が増えます。
 しかし日本のように金利がゼロまたはこれに近いときはもう金利を下げられませんから、貸出しの基準を引下げ、市中銀行が資金の借り入れをしやすくするのです。ただ、こうすることで貸出の条件を緩和すると不良債権が増えてしまうという弊害があり、この政策はあまり巧く行っていないという批判もあるようです。
 また一方では政府が国債を発行すると日銀がこれを引き受け、通貨を発行すると供給量が増えますが、これは国債を市中に売却することで通貨を吸上げて過剰に流通することを防いでいます。その最大の引き受け元が実は郵貯なのです。

この回答への補足

> 日本のように金利がゼロまたはこれに近いときはもう金利を下げられません

そうですよね。


> 貸出しの基準を引下げ

日銀が市中銀行に貸し出すときにも基準があるのですね。
何かそのあたりの具体的な情報があるとうれしいのですが・・・。

> 国債を市中に売却

国債を市中で売っても市中のお金が政府支出になって流通するだけなので貨幣流通量は変わらなくないですか?

補足日時:2009/10/29 15:43
    • good
    • 0

>国債を市中で売っても市中のお金が政府支出になって流通するだけなので貨幣流通量は変わらなくないですか?


日銀が国債を引き受けるということは、債券と引き換えに紙幣という紙切れを政府に渡すのです。ですからその時点で貨幣の流通量が増えているのです。そこで引き受けた債券を市中で売ると、その分だけ貨幣が改修されます。つまりその分だけ流通量が減るのです。たとえば郵貯から貯金を債券と引き換えに回収するとそういうことになるでしょう?

この回答への補足

回答ありがとうございます。

私がWillytさんの回答を読み間違えていたようです。

・日銀が国債を引き受けて流通量を増やす。
・日銀が持ってる国債を売って流通量を減らす。

という二つのことが書いてあったのですね。
これなら理解できます。

補足日時:2009/10/30 08:44
    • good
    • 0

公定歩合を変えたり、市場介入します。



公定歩合を引き下げれば、銀行も安い金利でお金を貸せるようになり、企業も気軽に(とはいえ、ご利用は計画的に…ですが)お金を借りることができ、経済における資金の量が増えます。
逆に引き上げれば、金利が上がり、お金が借りづらくなり、返済が進むので、経済における資金の量は減ります。

また日本銀行が株式や債券を買えば、その代金は市場に流れるので、経済における資金の量は増えます。
逆に株式や債権を売れば、その代金は日銀が受け取るので…もうわかりますね?

実例については日本銀行のサイトでも参照してみてください。
たぶん、どっかにあると思います。
(どこにあるかは知らないけど…)

参考URL:http://www.boj.or.jp/oshiete/seisaku/02201001.htm

この回答への補足

> 公定歩合を引き下げ

ゼロ金利状態だと引き下げられないですよね?
そうなると

> 日本銀行が株式や債券を買えば

になるのでしょうか?
日本銀行が一般企業の株式を買うってこともありうるのですか?
毎年いくらぐらい株や債権を売買してるのかが知りたいところですが、日銀のサイトを探してみます。

補足日時:2009/10/29 15:34
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお金の流通量について

素朴な疑問です。
お金が流通するとき、AからBへお金が渡るとき
例えば
AがBから商品を購入に代金をBに支払う。
Aがお金を落としBが拾う。
AがBにお金を上げる。
AがBからお金を借りていて、期日がきたので利息とともにBに支払った。

いろいろなケースが考えられますが、いずれもAの減少したお金の額とBの増加したお金の額は同じで、AとBの両方を考えた場合お金の合計額は変わりません。

しかし、
お金が火災で燃えてしまった。
お金を落としたり、なくしたりして、誰にも見つけられなかったとき。

このように、お金全体が減少してしまう出来事はあります。

このように考えると、お金の流通量は年々少しずつ減少するはずなのに、何十年前に比べると、流通量が増えているのはなぜでしょうか。

Aベストアンサー

#1,#3です。
再度補足。

>もし日銀が現金1億円で国債を買えば、国は現金が1億円増えます、しかし日銀は現金が1億円減少します。

日銀はお札を発行するところであり、刷ればいくらでもお札が出来ますので減るという概念がありません。(実際の印刷は政府の印刷局ですが)
昔は金本位制と言って、実際に金属の金を保管してトータルでそれに相当するだけのお札しか刷れませんでしたが、今はそういう上限はありませんので、金融政策が求めるだけ刷ることが出来ます。

金本位制時代には確かに質問されているように市中の全現金量(の磨耗のような減少)をどうやって把握していたのかは謎ですね。保有の金の量自体も変動しますから、多少の磨耗は無視していたのでしょうかね。

Q通貨供給量が増えると何故、インフレになるのでしょうか? その過程を教え

通貨供給量が増えると何故、インフレになるのでしょうか? その過程を教えてください。

欲しい人(需要)が供給を上回っていれば、インフレになるのは分かります。希少価値のあるものは値が貼るということですよね。また原油などの原材料が値上がりすることでインフレになるのも分かります。値上げしないと、やっていけないよ、というわけですね。
しかし、通貨の供給量が増えると、なぜインフレになるか分かりません。何故なのでしょうか?

Aベストアンサー

 私の拙い回答に早速御礼を頂戴し、ありがとうございます。今日は暇なのでNHKの「坂の上の雲」を見て、再びOKWaveです。

 さて、あなたのご質問について、最初から少し違和感を感じていたことが、お礼文でも再び書かれていましたので、ああ、ここがあなたの「インフレ理解」の原点なのだと気付きました。また、私が書いた回答文の意味も書いてある通りの意味に解釈されていない気がします。そんなわけで今一度補足してみます。

 どうもあなたは「物価が上がることがインフレだ」と思い込んでおられるように感じます。あなたが考えられている物価とインフレの関係は下のような論理のようですね。
 (1)需要が供給を上回り、製品が足りなくなるため希少価値となって値が上がりインフレになる。
 (2)原材料が値上がりすることで製品も値上げしなければやっていけないからインフレになる。
 
 需要が供給を上回る状況をもう少し詳しく見ると・・・
 (1)需要が急激に伸び、かつある期間その状況が継続した為に、供給が追いついていかない。
 (2)供給能力が急速に削がれる状況(原材料が手に入らないなど)が発生して、それがある期間継続し、結果として生産縮小が継続する。(従って、現象としては需要が供給を上回っている事になる)
 と言うことでしょう。そしてこれらには沢山の原因がありますが、結果はいずれも物価を押し上げる方向に働くとされています。しかしその全てがインフレーションと言われ訳ではありません。例えば(2)の場合、状況によってはスタグフレーション(不景気下の物価上昇)などと言う現象も起こります。
と言うことで、私とあなたのインフレ観にはかなりの開きがあり、私の拙い経済理解と与えられた紙面では説明しきれません。上に書きましたあなたのインフレ理論らしい見解についてもかなりの違和感を持ちます。そこでまあ、この点はパスしまして、あなたの究極の疑問「通貨の供給量が増えると、なぜインフレになるか分かりません」と言うことに対しての再回答です。

 「通貨」の意味と、その「供給量が増える」と言うことについては先の回答で申し上げたし、それがなぜインフレ傾向を来すかと言うことも申し上げたつもりでしたが、どうも良く理解していただけなかったようです。
 「通貨供給量を増やす」と言うことは「市中で、金の使う立場にある人・企業に潤沢に金が回りやすくなるようにすること(金融緩和)」だと言うことは前回答でご理解いただけたと思います。そうするとどうなるでしょう?
 企業は辛抱していた設備投資に踏み切る、開発投資を再開する、押さえつけていた人件費も少しは面倒見ようと思うかも知れない、今までは半値八掛け二割引と粘っていた価格交渉もほどほどで手を打つだろう、庶民も辛抱していたマイカー更新をローン金利が下がるのを機会に決心する、二ヶ月に1回と減らていた外食を月1に復元する、パチンコに行く回数を増やす・・・、要するに色々な市中需要を刺激・喚起するということになります。即ち、需要を掘り起こすこと、これは物価の上昇圧力になることに他なりません。このことを「流動性を高める」というようです。そしてこれが行き過ぎると「過剰流動性」と言われ、即ちインフレに向かって進んでいくことになります。

 まあ、私の持っている知識ではこの程度が限度ですので、あとはどなたか経済関係の専門家の方が回答されるのを待つなど、工夫してください。ただし、あなたには専門家よりもむしろ私のような一般市民の(わかりやすい)回答の方がレベルに合っているように感じますが。

 私の拙い回答に早速御礼を頂戴し、ありがとうございます。今日は暇なのでNHKの「坂の上の雲」を見て、再びOKWaveです。

 さて、あなたのご質問について、最初から少し違和感を感じていたことが、お礼文でも再び書かれていましたので、ああ、ここがあなたの「インフレ理解」の原点なのだと気付きました。また、私が書いた回答文の意味も書いてある通りの意味に解釈されていない気がします。そんなわけで今一度補足してみます。

 どうもあなたは「物価が上がることがインフレだ」と思い込んでおられる...続きを読む

Q日本銀行は無限にお金(日本銀行券)を発行できるのですか?

日本銀行は無限にお金(日本銀行券)を発行できるのですか?
日本の国際について友人と話していた時に気づいたのですが、ちょっと頭の中で矛盾しているような気がするので教えて下さい。
国債の返済額は年々増加していますが、これってほとんど日本円ですよね?だから財務省が紙幣の発行を命令すれば、いくらでも返済できる(ただし流通するお金が増えるのでインフレ傾向になる)はずですよね?
これが当然だと思っていたのですが、1つ疑問があるのです。

そもそも、日銀が発行したお金は政府の物ではなく、日本銀行から民間金融機関に貸し出されたお金のはず。なので民間金融機関が新たに国債を買わないと政府はお金を調達できないはずです。

という事は、景気が回復して税収が増えないと、日本銀行は無限にお金を刷り続ける必要があります。
・・・それって現実的に可能なんでしょうか?お金が無限に増えるなんて・・・。

確かに、お金の発行額を決めた「最高発行額制限制度」はすでに撤廃されています。
以下のURLにもあります。
http://www.boj.or.jp/oshiete/money/05100002.htm
じゃあ、本当に発行額の上限は無いのでしょうか?何かに制限を受けて、発行できないという事は無いのでしょうか?

物凄く気になる疑問です。うまく使えば一発でデフレ解消、いやインフレを起こせるんじゃないのかなとか思います。

日本銀行は無限にお金(日本銀行券)を発行できるのですか?
日本の国際について友人と話していた時に気づいたのですが、ちょっと頭の中で矛盾しているような気がするので教えて下さい。
国債の返済額は年々増加していますが、これってほとんど日本円ですよね?だから財務省が紙幣の発行を命令すれば、いくらでも返済できる(ただし流通するお金が増えるのでインフレ傾向になる)はずですよね?
これが当然だと思っていたのですが、1つ疑問があるのです。

そもそも、日銀が発行したお金は政府の物ではなく、...続きを読む

Aベストアンサー

日本銀行は、民間企業から「国債と交換」することでしか、市場に日本銀行券を撒くことは出来ないよう
です。

これは、日銀は「政府から直接国債を買受ける」ことが事実上禁止されていることが理由みたいです。
つまり、仮に日銀が大量に紙幣を発行したとしても、これを市場に撒くためには、その裏づけが必要と
なるわけです。

つまり、市場に流通している国債の上限額しか日銀は紙幣を流通させることができません。

普通なら。

実は、日銀は政府から直接国債を買受けることを禁止されている、という表現は誤りで、「日銀が
政府国債の直接の買受を行う為には、『国会の承認』が必要になる」というのが正しい表現である
ようです。

日銀は、日銀の意思で無限に紙幣を発行することは出来ませんが、その裏づけとして日本国政府が
発行する国債と、「国会の承認」があれば、紙幣を刷ることができます。

ですが、デフレが解消されないのは「通貨の量が足りない」からではなく、国民が貯蓄を消費に回さ
ないから解消されないのであって、仮に無限に紙幣を発行したとしても、その問題が解決されない
限り「焼け石に水」です。

必要なのは、家計に眠る現金貯蓄を消費へまわさせる為の「政策」です。そのために「国債」を発行
することは、何の問題もないと思います。

日本銀行は、民間企業から「国債と交換」することでしか、市場に日本銀行券を撒くことは出来ないよう
です。

これは、日銀は「政府から直接国債を買受ける」ことが事実上禁止されていることが理由みたいです。
つまり、仮に日銀が大量に紙幣を発行したとしても、これを市場に撒くためには、その裏づけが必要と
なるわけです。

つまり、市場に流通している国債の上限額しか日銀は紙幣を流通させることができません。

普通なら。

実は、日銀は政府から直接国債を買受けることを禁止されている、という表現は誤り...続きを読む


人気Q&Aランキング