小説「羊たちの沈黙」のハンニバルとクラリスの会話の場面で、クラリスが持っている念珠についての会話があります。念珠って数珠みたいなもので、仏教徒が使うものだと思うんですが、なぜクラリスが持ってるんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

実物を読んでいないのであてずっぽうですが,カトリック教徒が


使う「ロザリオ」のことではないでしょうか? 『広辞苑』によ
ると,ロザリオとはポルトガル語 rosario で,

  ローマ教会の数珠(じゅず)。念珠。また、その珠を数えなが
  ら主祷文一五回、天使祝詞一五○回、栄誦一五回を唱える
  祈り。コンタツ。ロザリヨ。

だそうです。英語なら rosary ですね。でもそうだとしたら,
どうして「念珠」なんて古めかしい言葉を使ったのでしょうね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。参考になりました。
ペーパーバックを立ち読みして確認したところ、
add-a-beads
と書かれていました。英和辞典とか見ても載ってないんですよねえ。
beadsはrosarioと同じ意味で使うようなんですが・・・。
という事で、一応この質問は締め切って、カテゴリ英語の方であらためて質問しようと思います。

お礼日時:2001/03/24 09:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q村上春樹 「羊」と「羊男」の違いとは?

現在村上春樹についてレポート作成なのですが、

「羊をめぐる冒険」に登場する

「羊」と「羊男」は、名前は似ていますが全く別物なのでしょうか?

Aベストアンサー

違いますね。
羊男は象徴です。
しっかり「羊をめぐる~」を熟読してみる事をお勧めします☆

Q遠藤周作「沈黙」の中でのキリストの言葉

前に遠藤周作の「沈黙」を読んだ時に、
キリストが「人間の最も美しい姿は辱めに耐えている時の姿だ」のようなことを言ったとかなんとかなっていた気がするのですが、そのような部分はありましたでしょうか? もし、あれば正確な記述が知りたいです。あと、それは事実なのでしょうか。

Aベストアンサー

直接神の言葉ではないですが、こんなのがありました。

第八章(機種依存文字のため書けませんが、「章」ではなく、ローマ数字のVIIIだけ書かれています)

ロドリゴが、奉行所へ連れだされるところ。
「辱めと侮蔑に耐える顔が人間の表情の中で最も高貴であることを彼に教えてくれたのはあの人である。」

これが、質問者さんの言葉に一番近いものだと思います。ちなみに、「あの人」がキリストなのかどうかは、神とキリストの解釈によります。私は父なる神とキリストは別に考えています。

Q地獄にいる仏?

お願いします
たしか、慈悲深いためにすべての地獄の亡者が救済される
までと、ずっと地獄にいる仏様がいるという話を
聞いたことがあるのですが、名前を忘れてしまいました
教えて下さい。よろしくお願いします

Aベストアンサー

こんにちは。私も地蔵菩薩だと思います。

「今昔物語」に小野たかむら(すいません。変換できませんでした。。)が地獄に行った時、地獄の亡者を救済していたお地蔵様に会った話が出てきます。

(「地獄に仏」の仏も地蔵らしいですしね。。)

仏教的に見ても、釈迦が死んだ後次の如来が現れるまでの(56億7千万年後に弥勒が如来になる予定。)如来不在の時代、衆生救済を担当するのが地蔵菩薩です。
そんな背景があるので、地蔵は慈悲の仏として人気が出ました。(特に平安中期以降、末法思想の流行とともに地蔵信仰は広まってますね。)

Q森鴎外 沈黙の塔

読書感想文で森鴎外の本を読まなくちゃいけないんです・・・
しかも期限わ10日です。
現代日本文学全集で沈黙の塔を読みました。
どのようなことを書けばいいのかさっぱりわからないんです泣
だれかアドバイスをください。
お願いします!!

Aベストアンサー

『沈黙の塔』はアレゴリー(寓話)なので、作者の寓意がとこにあるか、はっきり理解しておくことが、読解の前提となります。

この作品は1910年5月「大逆事件」で、幸徳秋水らが逮捕されたとき、発表されたものです(11月)。
つまり、当時、軍医総監の職にあった森鴎外が、みずからの地位を賭して、政府による権力の濫用を公然と、厳しく批判するために著したのです。
また翌12月には、『食堂』という短編で無政府主義者や虚無主義の由来と西欧での現状を解説したものを発表しています。

それをふまえてみれば、この作品のなかのさまざまな点(ここでは簡単に引用するに留めますが)が、具体的な意図と批判をもっていたものであることが理解できるかと思います。

>  芸術の認める価値は、因襲を破る処にある。因襲の圏内にうろついている作は凡作である。因襲の目で芸術を見れば、あらゆる芸術が危険に見える。

> 学問も因襲を破って進んで行く。一国の一時代の風尚に肘を掣せられていては、学問は死ぬる。(ともに引用は青空文庫)

この作品は、そうした歴史的背景を考慮してお読みになれば、おそらくそれほど難解なものではなかろうと思います。

政府は、かかる要職にあった人物が、こういった作品を発表したことに対して追求することはありませんでした。これには森鴎外と山縣有朋とのつながり(山縣自身は大逆事件の公判進行中に〈天地をくつがへさんとはかる人地にいづるまで我ながらへる〉と老境の身に受けた深刻な衝撃を告白しています。参考文献:小堀桂一郎『森鴎外 批評と研究』岩波書店)が背景にあったという説もありますが、実際のところはよくわかりません。けれども、発表した当時(大逆事件に関する報道は一切禁じられ、秘密裏に審議が進み、わずか半年後に死刑が執行されています)の情勢を考えると、それがいかに「危険」なことであったかおわかりでしょう。

鴎外は非常に複雑な人物で、彼の作品に描かれる人物の種類の豊富さと多様性は類を見ないものです。
そのなかでこの『沈黙の塔』という作品は、彼が当時の社会情勢について、どう考えていたか、加えて、どのような態度を取っていったのかを理解するものとして位置づけられるかと思います。

『沈黙の塔』はアレゴリー(寓話)なので、作者の寓意がとこにあるか、はっきり理解しておくことが、読解の前提となります。

この作品は1910年5月「大逆事件」で、幸徳秋水らが逮捕されたとき、発表されたものです(11月)。
つまり、当時、軍医総監の職にあった森鴎外が、みずからの地位を賭して、政府による権力の濫用を公然と、厳しく批判するために著したのです。
また翌12月には、『食堂』という短編で無政府主義者や虚無主義の由来と西欧での現状を解説したものを発表しています。

それをふまえてみ...続きを読む

Q沈黙の春を呼んだ感想文を…

提出日まで間に合わないんでっ!呼んだ事のある方、文章表現の好きな方、どうか助けてください!

Aベストアンサー

素直に読んだところまででよいのでは無いでしょうか?
あなたの感想なのですから。
先の展開を予想してみるのも手かもしれませんね。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報