gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

2×4工法では所定の釘を打ってくみ上げていかなければならないそうですが、
全部コーススレッドで作ってもさほど問題はないように思います。
実際にそうしてしまうと何か不都合が起こるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

見習い大工のマサルです。

基本的な話になります。釘は酷く錆びたりしなければ折れたりしませんが、コーススレッド(ビス)は制作の関係上金属を削りだして作りますので簡単に折れたりします。確かに一般的に言われている様に固定力は強いですが、ただそれだけの物です。ツーバイやパネル工法では構造パネルの接合には釘を使っています。パネル自体をボルトで最終的につなぐ場合やパネル同士を平らにするのに仮にビスを用いることはあるかもしれませんが…。ボルト固定でも基本は釘打ちだと思います。これは各ハウスメーカーの工事仕様書に依ります。
    • good
    • 2

枠組み壁工法の法律的根拠となっている国交省告示1540号、1541号では構造用部材の組み立てにに使用する釘の種類と本数、打ち方が定められています。

これ以外の接合具(釘、ビスの類をこう呼びます)を用いて建てられた建築物は、日本の今の法律では枠組み壁工法建築物とは看做されません。枠組み壁工法用製材(俗に言う2x4材)を使った建築物が2x4建築物ではないのです。部材を組み合わせるための接合具、定められた方法で留めつけられた構造用面材これら全てが満たされて、初めて2x4建築物と呼ばれます。まず、仕様規定があるのです。
    • good
    • 1

引き抜きには強そうですが、強度が問題なのでしょうね。

JIS規格が定められていないそうです。
2×4に限らず、在来木造でも全て、仕様が決まっています。
仕様通りのものを使って初めて強度が確保できるのです。
    • good
    • 1

釘よりもむしろ良いのですが、問題点としては。


1.昔でいう公庫、住宅金融支援機構の基準で仕様が決まっていることが多いです。
これに適合しないと住宅ローンが受けられないため普通はこれに準拠します。

2.施工の省力化
施工する際に、今はほぼすべてを釘打ち機で行います。一瞬で打てるため、
施工がしやすいです。
これをビスに全て変えると、いちいち時間がかかるためです。

ビスのほうが強度的には有利ですが、釘でもちゃんと設計したとおりに作れば
十分な強度は得られますので、問題ありません。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

日本 建築物」に関するQ&A: 積載荷重の考え方

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2×4同士を結合するには?

ホームセンターなどで「2×4」という木材が売られていますが、あれは何の樹なんでしょうか?

それはさておき、この木材同士を結合する場合、どうするのが一番綺麗に結合できますか?

以前10cm?くらいの長さのネジで固定しようとしたらネジをねじ込む度に木材にヒビが入りどんどん広がってしまいました。
これを改善するには電工ドリルで穴を開けてからネジをねじ込むのがいいのでしょうか?

もしそうならどのくらいの太さのネジ穴を開けるのがいいのでしょうか?
あと穴の深さもどのくらいがいいのでしょうか?10cmなら9cmくらいの穴でしょうか?

それから接合部はボンド(強力接着剤?)を塗って乾燥させてからの方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>ホームセンターなどで「2×4」という木材が売られていますが、あれは何の樹なんでしょうか?

現在、2×材で最も多く使われている樹種は、「SPF(エスピーエフ)」と呼ばれるものです。
スプルース(Spruce、米トウヒ)、パイン(Pine、マツ類)、ファー(Fir、モミ類)などの常緑針葉樹の総称で、いずれも成長が早く加工がしやすいことから、建築材である2×4材に適しているとして昔から使われてきました。主産地はカナダ、アメリカ。

また、 「ホワイトウッド」と呼ばれる北欧・スウェーデン産のものもあります。

ということで、特定の木ではないんです。

>以前10cm?くらいの長さのネジで固定しようとしたらネジをねじ込む度に木材にヒビが入りどんどん広がってしまいました。
これを改善するには電工ドリルで穴を開けてからネジをねじ込むのがいいのでしょうか?

その時、どんなビスを使ったか分からないのですが、今は、細ビス(スリムビス)というのがあって、割れにくくなっています。 それでも、固い木の場合は、ビスの太さ(この大きさは、メーカーが表示してあるサイズ 例 3.9 × 90)マイナス1ミリ位の下穴をあけると、まず割れないです。 ネジを実際に測るなら、ネジ山を切ってないところの太さマイナス0.2から0.3位かな。(経験的に)

> あと穴の深さもどのくらいがいいのでしょうか?10cmなら9cmくらいの穴でしょうか?

本当に固い木の場合は、ビスの長さより少し深くです。 しかし、2×4材なら、そこまで必要ないです。 

>10cmなら9cmくらいの穴でしょうか?

これだけあければ、十分すぎると思います。

>それから接合部はボンド(強力接着剤?)を塗って乾燥させてからの方がいいのでしょうか?

私なら、そうします。 下穴をあけるにしても、ビスを打つにしても、木がずれず、簡単だと思います。 ボンドですが、速乾性の木工ボンドでいいのではないでしょうか? 十分だと思います。 質問者様が、どれほどの強度を欲しいかにもよるでしょうが・・。

以上、経験的に書きましたが、参考まで。

>ホームセンターなどで「2×4」という木材が売られていますが、あれは何の樹なんでしょうか?

現在、2×材で最も多く使われている樹種は、「SPF(エスピーエフ)」と呼ばれるものです。
スプルース(Spruce、米トウヒ)、パイン(Pine、マツ類)、ファー(Fir、モミ類)などの常緑針葉樹の総称で、いずれも成長が早く加工がしやすいことから、建築材である2×4材に適しているとして昔から使われてきました。主産地はカナダ、アメリカ。

また、 「ホワイトウッド」と呼ばれる北欧・スウェーデン産のものもあ...続きを読む

Q2X4を建てるとき釘でなくネジではダメですか?

2X4で小屋作ってますけど。。。本を見ると壁を2X4で建てていくときに2X4材に構造用合板とか基礎に固定の時釘を使っていますが?コースレッドでネジ止めはダメなのでしょうか?その方が個人的に楽なのですが???何か理由があれば教えてください!

Aベストアンサー

2X4のメリットは気密の問題強度の問題など色々あると思いますがその中の一つに早く、比較的簡単に、と言う事があると思います。
そこで、短時間で作業が出来、且つ効率の良い「釘の機械打ち」や「ギャングネイル」と言われる金物の利用もその一つと言えるでしょう。
ネジが駄目と言うわけではありませんが、効率が悪い。
どうしてもネジを利用するなら2X4で決められている太さと長さだけはきちんと守ってください。

Q12ミリ構造用合板を止めるネジは?

12ミリ構造用合板(3*6尺)を柱にしっかりと止めたいのですがどんな固定法が最適ですか?目的は柱がひらかないようにして梁の抜けを少しでも防止出来ればと考えました。引き寄せ金物は外壁を剥がさなければならないのでDYIでは断念しました。そこで外壁のついている柱の室内側の土壁を竹組が現れるまで欠き落とすと側面に止め代5センチを確保できます。この5センチの制約の中ではどんな長さのどんなネジでピッチどのくらいで止めれば良いかお教えください。ホームセンターには筋交い金物用の角ビット使用品をばら売りしていたり六角頭の太いネジ等いろいろ有り選択に困っています。合板反対側を固定する室内側柱は12センチ角で十分止め代があり手持ちのコースレッドを多数使用すれば良いと思っています。お分かりになる方よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

No.3です。

3でリンクした「構造用合板の手引き」の中に「7.1既存建物耐震補強例」として質問と同じようなケースの説明があります。
http://www.ply-wood.net/data/pdf/tebiki_kouzou/44-47.pdf
1の人が言っているように柱の内側に45×30mm以上の受け材を打ち付けてそれに合板を打ち付ける方法が解説されています。
補強例3に直行する控壁をつけるとさらに強度が増すと書いていて、図がありますね。

合板の上に元の土を付ける方法ですが、ラス(金網)を着けてから塗り付けるのがいいのではないでしょうか。(ただし前記の手引きではボード状の物をつけたほうが良いと書いてありますが)

合板で仕上げている例
http://blogs.yahoo.co.jp/kazuyaman_blog/2704542.html
http://www.royalkounan.com/taisin.html
http://sumai.nikkei.co.jp/style/frontier/177.html

Q木と木をコースレッドで接合するとき、ずれてしまう

2×4や構造用合板を使って本棚や収納を作ったりし始めました。
用途に合わせて一生懸命電卓をたたき、ミリ単位でこだわりの寸法を設計をしてから作ります。
木材のカットはホームセンターにお願いします。狂いのない寸法で切ってもらえます。

しかし、私が組むと必ず完成品はガタガタになります。
木と木をコーススレッドで接合させるのですが、どうしてもずれます。
下穴をあけるまではずれていないのですが、ドリルドライバでねじを締めこんでいくとき、木材同士が徐々にずれていきます。
完璧にねじが締まった時には1ミリ程度のずれができています。

今までは見えない場所に本をしまっておく棚などを作っていたので、多少ずれていても開き直っていたのですが、今回作る棚は水平に注意を払わなければいけない棚です。
昨夜、2か所ほどコーススレッドを打ったところで段差が出てきてしまったので、もう全部投げ出したい気分になりました。

ずれないようにコーススレッドで接合させるコツや、練習方法などアドバイスをいただきたく思います。

Aベストアンサー

 そもそも、ビスで位置を支えるのは設計段階で間違っています。ビスの丸軸が木を支えることになりますから、たとえ正確に組まれていても負荷に偏りがあれば、(図の上)めり込んでずれます。

 荷重は接着剤で支える(左下)か、ホゾ加工をして支えるべきです。ビスはコースレッドでも良いですが、コースレッドは傾いたり位置がずれると接合材をずらす欠点があります。先端が繊維を切る構造になっていないため、被接合材の繊維に負けます。
 枕頭させる必要があれば、「12ミリ合板」コースレッドで柱に密着させるには? - DIY(日曜大工) - 教えて!goo( http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8108374.html )のようなビスを使いましょう。
 本来は位置がずらせるように、鍋ビスを使用すべきです。

Qコンパネt12mmと構造用合板t12mmどっちが強度がありますか

 日曜大工で物置を作っています。コンパネは白くてきれいですが、構造用合板

 のほうが安いんです。このカテゴリー 金属関係と屋根関係については、

 回答者になれるんですが、木工は良く解らないので、ご指導よろしくおねがいします。

 

Aベストアンサー

構造用合板には強度の区分がありますが、コンパネは表面の粗さの規定しかありません。
よって強度は構造用合板の方が安定していると申し上げられます。
参考までに、
構造用合板1級では、曲げ、圧縮強度、曲げヤング係数が規定されています。
針葉樹が多い2級では曲げヤング係数だけが規定されています。
枠組み壁工法では壁倍率によって使い分けられています。

コンパネは完全耐水合板とも呼ばれるように湿潤状態に強く出来ています。
しかし構造用合板はコンパネと同等(1類)もしくはワンランク上(特類)の耐水性能を有しています。
これは主に接着剤の分類から来る特性です。
詳しくは検索サイトから情報収集してください。

ただし、建築対象が『物置』ならばどちらでも大差はありません。
板表面のきれいさを取るなら「コンパネ」、コストと強度を取るなら「構造用合板」と考えてください。
ちなみに、私が営業で物置を作る場合の材料の選択要素は「安い方」です。
オマケですが、両者は微妙に大きさが違うことはご存知ですね。
コンパネは1800×900、構造用合板は1820×910です。

構造用合板には強度の区分がありますが、コンパネは表面の粗さの規定しかありません。
よって強度は構造用合板の方が安定していると申し上げられます。
参考までに、
構造用合板1級では、曲げ、圧縮強度、曲げヤング係数が規定されています。
針葉樹が多い2級では曲げヤング係数だけが規定されています。
枠組み壁工法では壁倍率によって使い分けられています。

コンパネは完全耐水合板とも呼ばれるように湿潤状態に強く出来ています。
しかし構造用合板はコンパネと同等(1類)もしくはワンランク上...続きを読む

Qコースレッドの下穴の太さ深さは?

初心者ですが、ウッドデッキを製作中です。

そこで質問ですが、コースレッドを打ち付けるのに、下穴の太さのサイズはどのくらいが適切なのでしょうか。
またどのくらいの深さまで下穴を開けるべきなのでしょうか。

購入したコースレッドは太さ4.2mm×長さ75mmです。
木材は、ウエスタンレッドシダーです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

DIY木工初心者です

ソフトウッドの場合下穴が無くても打ち込めますが
正確に打つ必要がある場合には下穴を開けるのが
基本だと思っています。
(ドリルが2個あれば、そんなに手間だとは感じないし)

私の場合、目立たないところはそのまま打ちますが
目立つ場所は、SPFやWRCの時は少なくとも上側の
材は下穴を開け皿面取りしてから深く入り過ぎないよう
慎重に打ち込んでいます。

この方がネジの頭の周辺にささくれが出来にくく
綺麗に仕上がると思うのと、最後の締め付けで
材の間に隙間が出来るのを防ぐつもりです。

下穴のサイズと深さについては自信はありませんが
ソフトウッドに4.2ミリのコースレッドなら3ミリ程度の
太さでいいように感じます。(緩くなると困るし)

ただプロの方なら「そんね事やってられねー」と
そのままバリバリ打ち込むでしょうね。

Q木材の耐荷重(?)について

ツーバイ材(SPF)を使って、テレビの台を作ろうと
思っています。
今寸法等、材料等を考えているのですが、一つ疑問が出てきました。
SPFのツーバイ材やワンバイ材の耐荷重というのでしょうか?
何キロまで耐えられるというデータはあるものなのでしょうか?
たとえば、1800mmの1×4材で両端を台の上に置いた時、
中心に何キロまでかけると折れるとか??

テレビを置く棚の部分をツーバイを使うかワンバイでもいいもの
なのか考えているのですが、答えが出ません。
ちなみに、テレビは28型ブラウン管で40Kgくらいの
重さがあります。
テレビの高さを高くしたいため、800×600×1100
くらいの台を作ろうと思っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ざっと考えて見ましょうか。
まず、必要な耐荷重ですけど、40kgを載せるのであればその2倍の80kgは欲しいです。(安全率2)
次に棚板のようなものは破壊してしまう強度よりもたわむ量が問題になることが多いので、たわみ量で考えます。
いま、Lだけ離れた2つの支点に支えられた板(厚みh,幅b)の中心にWの荷重を掛けた場合のたわみ量yは、

y=W×(L^3)/(4E×b×h^3)

です。Eはヤング率でパインだと大体E=75000kgf/cm^2なので、1x4材で考えると、h=1.9cm、b=9cm、L=180cm、W=80kgfと入れると、y=25cm...折れてますね。
仮にL=100cmとしましょうか。それでも4.3cmだからNGですね。
2x4材を複数連結して奥行き方向を確保するとすれば、bを90cmとして、10倍になるから、0.43cmとなり4.3mmですがやはりこんなにたわんではだめですね。

故にスパンL=100cm程度を前提に考えると(テレビの通常のサイズからスパンを仮定)、1x4では役不足という結論になります。ちなみに厚みhは3乗でききますから、2x4にすると、一本でも5.4mm、10本ならば0.5mmとまともな範囲になります。

上記はあくまでラフな計算上ということで。でも覚えておくと使えますよ。

ただご質問ではテレビ台ですから背面からの支えがあるので、上記よりはるかに強度が出ますから1x4でもいけるかもしれません。(やり方による)

ざっと考えて見ましょうか。
まず、必要な耐荷重ですけど、40kgを載せるのであればその2倍の80kgは欲しいです。(安全率2)
次に棚板のようなものは破壊してしまう強度よりもたわむ量が問題になることが多いので、たわみ量で考えます。
いま、Lだけ離れた2つの支点に支えられた板(厚みh,幅b)の中心にWの荷重を掛けた場合のたわみ量yは、

y=W×(L^3)/(4E×b×h^3)

です。Eはヤング率でパインだと大体E=75000kgf/cm^2なので、1x4材で考えると、h=1...続きを読む

Q2X4で小屋を建てようと思ってますが外壁の合板についておしえてください。

2X4で小屋(BIKEのガレージ兼小部屋)を建てようと思いますが。。。2X4材に張りつける合板は12mmのベニアタイプの合板でいいのか?アメリカで良く使われていると言われる チップ材で固めたような合板の方が良いのか、、、アドバイスいただきたいと思います宜しくお願いします。。。

Aベストアンサー

外壁と書かれていますが、通常は、2x4材に構造用合板を張り付けて、次に防水シート(タイベックスなどの商品名)、最後に外壁材という形になります。構造用合板がなければ強度が出ません。

構造用合板はそのままの名前で売られています。で、室内側にもこれが現れてしまうので、F☆☆☆☆のマークのある物を使って下さい。化学物質の発散量が押さえられています。

通常のコンパネの方が若干安いのですが、こちらはすごい量のホルムアルデヒドが出ますので、健康上よくありません。

ちなみにベニア板は耐水性に極めて劣る上に(耐水ベニアというものもありますが)、強度もないので駄目です。

あと一番外側の外壁材ですが、簡単にはポリカーボネート波板、トタン波板ですね。あとはサイディング材などホームセンターに色々置いてあります。
勿論杉板等を使う方法も考えられますが、材料選定と張り方・使い方が上手くないと腐ります。
OSB(ご質問のチップ材で固めた物)というのもよいかもしれません。

Qねじはどれくらいの重さに耐える?

エアコンを例にあげると、壁に鉄板を取りつけ、その鉄板にエアコンを引掛けて吊るしていました。
壁は、薄いベニヤではなく、木材だとします。

壁に鉄板を止めるのに使ったものは、小さなネジ数本です。

ねじ山の外径が4mmだとすると、このねじ1本で何キロくらいの重さのものが、吊り下げれるのでしょうか?

Aベストアンサー

#1です。
>その鉄板にエアコンを引掛けて吊るしていました

この場合逆に引っ掛けるフックの方に問題が有るかと思います。
ビスは完全に壁(固定物)に密着していれば 先ず引っ張りの力も掛からないでしょうし、横移動の力もほとんどかかりません。
早く言えば ガラス窓に濡れたナイロンがぴったりくっついているような状態なのですから
動く力は全く消されてしまっているのです。

反対に心配するのはその引っ掛けるような装備
溶接 或いは ボルトナットでの固定 は想像ですが・・・
そちらの破断の方が心配です。

何故なら 大きな柱時計でも書きましたが ここには曲がるという力が働くためにです。

鉄板に1トンの力を支える能力が有っても その引っ掛け金具が 曲がる 折れるでは
ご質問の意図からは外れますが、全く論外です。

図で書きましたが参考になれば・・・。

1本のビスが耐える力などは #2 #3 さんが物理的根拠に基づいて記載されていますのでお二人さんにお任せいたします。

Q「12ミリ合板」コースレッドで柱に密着させるには?

12ミリ厚の安価な針葉樹の構造用合板(3*6尺)を12角の柱に取り付けました。柱間の開口寸法は160センチ位有ります。両側の柱に40ミリ長のネジで20センチピッチで手締めで取り付けました。買ってきた時からそりが有りましたがネジで締めれば密着させられるだろうと思っていました。しかし光が透けて見えます。ネジを見ると全ネジであることから合板側はあらかじめドリルでバカ穴を開けておくべきなだったのでしょうか?ネジの長さが不足しているのでしょうか?過去にコンパネを床に取り付けた際は問題は無かったと思います。この合板を柱に密着させる方法についてアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

要は 針葉樹合板を柱に打ち付けたが 合板と柱の間に隙間が有る・密着しない
ってことでしょう。

先ず基本的な事は 材質が違うのでコーススレットの食い込みが違ってくる。
この場合う合板を突き抜けたコーススレットがそのまま柱にも食いついてくれればいいのですが、柱との材質も違いますし固さも違います。
その間にコーススレットがたとえ一回転してしまったとしたら、ネジを切って食い込んでいた訪販合板と柱にはコースレットのネジ山 一山分の隙間が必ず出来ます。

当然ねじ込み抵抗も変わってきますから 最終的には合板のネジ山を押しつぶさない限りくっ付くことは無い訳です。

対策
今からでも直りますが、
途中で気付いた時に 一旦逆転します。
柱から一旦コースレットが外れたのを見計らって(感覚で判ります)もう一度押さえつけながら 正回転させてねじ込みます。
そうすることで先に少しでもネジが入って傷が付いた所に簡単に食いついて行きます。

手間ですがこうすることで、完全に解消されます。

床の場合には人の重みで合板を押さえつけていますので、そのまま入ってしまうのです。
結構根太材は固いですが 逆に合板が負けて一山位は最後に押しつぶしてしまう訳です。

合板には、下穴を開ける時代では無いですから・・・(笑)

要は 針葉樹合板を柱に打ち付けたが 合板と柱の間に隙間が有る・密着しない
ってことでしょう。

先ず基本的な事は 材質が違うのでコーススレットの食い込みが違ってくる。
この場合う合板を突き抜けたコーススレットがそのまま柱にも食いついてくれればいいのですが、柱との材質も違いますし固さも違います。
その間にコーススレットがたとえ一回転してしまったとしたら、ネジを切って食い込んでいた訪販合板と柱にはコースレットのネジ山 一山分の隙間が必ず出来ます。

当然ねじ込み抵抗も変わってきますか...続きを読む


人気Q&Aランキング