秋田県横手市では、除雪作業や雪囲いなど大変苦労しております。そこで家や建物の外壁に波トタンガリバリウムや波ライトなどの建材が多く使われておりますが、その建材の山側と谷川への釘の打ち方で大変形状維持が相違しております。雪害は普通の家では、象さんを2頭屋根に上げているのと同じといわれております。冬の温度低下で雪が凍って外壁や波ライト波トタンなどに当たると山側の突起は皆潰されてしまいます。だから、山側の部分に釘(ステンレススクリュー釘)を打てばそれだけ補強されるから、形状が長持ちするのが道理のはずで経済効果は、谷側に釘を打つよりは、効果抜群のはずなので訴えてみた次第です。近在では、谷側に釘打ちしている大工さんがいます。拙者宅の車庫や雪囲い等にみられました。一日でも早くこの点を是正していただきたく投稿した次第です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

自分も山か谷か疑問に思ってました。


近所見回ると見た限り山に打ってます。
しかし米ハリウッド映画とか見てると谷に打ってます。
山谷の間隔が向こうは広いので釘が打ちやすいのではないかな。
日本のものは間隔が狭く谷には釘うちが難しいと思います。
英語でググってみても谷に打ってるように思います。
日本では工事が簡単な山に打ってるのはないですか。
    • good
    • 8

山側に打つとつぶれないか?


ちゃんと、間に入れて、雑な作業でもつぶれない部材が売ってますよ!
    • good
    • 8

>傘釘は尾根に打たなければならない


 この誤解、とっても多くて・・・

【屋根に使用する場合】
 確かに屋根に使用する場合は尾根に打たなければなりません。ただし強く打ちすぎるとへこんでしまいますから、最近では
ワカイ産業 波板用セットネジ( http://www.dogudoraku.com/catalog/product_info.p … )
プラザビス( http://www.yamahiro.com/product05_1.html )
 のようなビスタイプを使用することが増えました。
・雨漏りを防ぐ
・水の流れをせき止めない
・物がぶつかって変形することはない
・釘と穴には重量がかからない。
 などの理由で、必ず尾根に使用します。

【壁に使用】
 しかし、波板を縦に壁に留める場合は、谷に止めるほうが良いのです。
・雨漏りを防ぐ
  波板の弾性が働かないのでガスケットがきちんと締め付けられる。
・水の流れをせき止めない
  どこにあっても同じ
・物がぶつかって変形したときも押さえつけ続けられる
・しっかり締め付けると波板と下地の摩擦力で確実に支えられる。
 屋根と異なり、波板の重量がモロに釘にかかります。そのために釘だけで支えると
 波板の穴が大きくなります。
  摩擦力は 摩擦係数に荷重をかけたものになりますから、尾根のようにたわまないところを締め付けるほうがよい。

 波板も簡単な物理法則に従うという事です。先入観や思い込みで誤った判断をしないように。

 ワッシャは、下記で言うところの曲座タイプを使用します。
 ⇒株式会社ヤマヒロ( http://www.yamahiro.com/product12_1.html )

★ガスケット/パッキンを書き加えました。
 イメージしやすいと思います。
「波トタンの釘の打ち方は山側か谷側か?」の回答画像6
    • good
    • 6

屋根として使う場合も、壁として使う場合も、山側に打ちます。



壁に使っているとき、風が吹くとほとんどの雨は、谷を流れます。
軒が余りでていない屋根では、谷に釘を打っていると大量の雨漏りがします。
    • good
    • 9

屋根として使うのなら、山側に打たないと、雨漏りの被害が出るでしょう。



しかし壁として垂直に使うのであれば、釘の軸に波板の重量がてこの原理で掛かってしまうので、谷側に打つのが正解ではないかと思いますよ。

垂直の壁として使うのであれば、山でも谷でも水の侵入を考えた場合には同じで、釘にかかる力が変わります。
    • good
    • 2

通常はアンブレラネイルという傘のような樹脂製(金属製)のワッシャーがついた釘で山の部分に打ち込みます。



これは山側に打つことで雨漏りの危険を避けることが出来るためと、トタン等の金属製品の場合は釘が打ち抜いた穴の部分には防錆効果がないため、谷の部分に打ってしまうと、穴の部分に水が溜まり、そこから腐食が進んでしまうからです。

アンブレラネイルの樹脂製(金属)の傘の部分はトタンの波の形にあわせて作られていますので、応力の集中も避けられますし打ち抜いた部分に水が溜まることもありませんので腐食による影響も最小限にとどめられますし、大きな力が掛かったときでもトタンの穴が広がって抜けてしまうようなことも避けられます。

アンブレラネイルの例です。

http://www.c-able.ne.jp/~pooh-k8o/suskasakugi.html
    • good
    • 1

質問なのか不満なのか良く解りませんが、波トタンは山に打ちます。



波トタンを屋根に打つために用いられる釘として「傘釘」というものがありますが、これは大きな座金がセットの釘でその座金は山に打った時にトタンのカーブに密着する形に山型にカーブしています。

谷に打つのはトタンと下地が密着した場所に打てるので固定効果は抜群ですが、釘穴から雨水が進入した場合に即下地に染み込みます。

山に打つ場合、屋根なら雨水が釘穴に入る量は極めて少なく済みます。壁の場合釘穴が下地に接触していないためトタン裏面を流れ落ちる量が多くなるでしょう。

>山側の部分に釘を打てばそれだけ補強される

コレについては効果は非常に微々たるものでしょう。
衝突による変形は直接釘頭に当たらないのであればタダの波トタンのままです。

単純にトタンを厚くするのが解決策となりますが、一般的に0.18~0.35mm位が波板、角波板の板厚です。
それ以上の発注も可能なので、釘の打ち位置よりも価格は非常にアップしますが目的に対しては有効です。

それから、谷に打つ事がないわけではなく、打つ場合もありますしその方が良い面もあります。
前述の通りトタンと下地が密着するのでトタンの動きを制限できます。
その場合は釘穴となる部分にシーリング剤を入れての打ち込みとなります。

山に打つ場合は釘が山高さ分露出しているので釘が曲がる分トタンが動きます。
また打ち込みすぎると山を押さえつけるので谷側に幅が広がります。
打ち込みが足らないとトタンと下地に隙間が出来て風が吹いた際に動いて音が出ます。
また、山に釘を打つ際に下穴を開けないのが普通ですが、その場合は打ち込みの一発目で釘が滑って谷に刺さったり、傷をつけたり、山を凹ましてしまったりと、コツが必要。
つまり打ち込みに「スキル」が必要となります。

前述のシーリング処理を行わずに谷打ちする人は
「雨水浸入を軽く見ている」
「山に打つと打ちにくいから、誰が打ってもミスの少ない谷に打つ」
の二点のどちらかか、もしくは両方の思考の人が多いでしょう。

見極めは、なぜ谷に打つのか聞いてみるのが一番で、「どっちでも同じだよ」などと明確な説明が出来なければ、残念ですが上記の思考・スキルレベルなのでしょう。
    • good
    • 5

いいえ、壁に使用する場合は谷に打つこともあります。


波板の山に打つのは、雨漏りを防ぐためです。
 この部分に水がたまらない。漏らない=腐食しない

しかし、壁面の場合はどこに打っても防水性には差がありません。

 逆に外力で変形した時に、傘釘との間に隙間が出来ます。そのために風などでガタガタして・・・。

 山側に打っても補強にはなりません。山部分に傷を付けないため、かえって谷に打つほうが強いです。
「波トタンの釘の打ち方は山側か谷側か?」の回答画像1
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q釘打機 ネイラー 選びについて N釘かCN釘

当方、構造合板やラスカットを貼りたいと思い、釘打ち機を探しておりますが、
HPをみても使用ネイル長さが書いてあるだけのメーカーがあり、
CN釘なのか、NC釘なのか、N釘なのかどの種類の釘が使用できるのかさっぱりわかりません。
一時的に使用するだけなので、オークションで中古を落札したいのですが、
MAXの場合、 CN~という品番がCN釘が使用できるということなのでしょうか?
日立工機はNV~とありますが、これはN釘かCN釘が使用できるのでしょうか?
マキタのAN513やAN502はどうなのでしょうか?
うちのコンプレッサーは圧力は最大0.8Mpaです。

プロの方々は自身の道具を購入する際、どのように見分け、選ばれておられるのでしょうか?
オークションで出品者に質問しても「素人なのでわかりません」ばかりですので、
何卒宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

残念ながら3社とも、商品名からは、判断できないようです。 カタログを見たましたが、関係無いみたいですね。

Maxは、CNとあるので、もしかしたら思ったのですが、どうやらコイルネイラの略みたいで、CN釘とは関係ないようです。

コンプレッサーの関係から、常圧用になりますよね。大きい釘を打つ機械は、いち早く高圧に移行していきました。 機械本体を小さくできるためです。 

よって、常圧用の機械がオークションに出てくる可能性は高いとは思いますが、普通の釘打機にくらべれば、タマは少ないと思われます。

それと、マキタのAN513、AN502ともに、対応していません。(カタログ確認済み)

もうひとつ重要なことがあって、「2009年7月にくぎJIS規格が改正され、新しいN90釘は釘の頭径が大きくなり、エア釘打はこれに対応することが求められております。」という記事があり、古い釘打機では、現在の規格に対応していないのです。 

はっきりしたことは分からないのですが、猶予はあったと思います。 機械を選ぶときは、慎重にしてください。それとともに、釘が入手可能であるかということも。

はっきりしたことを知りたければ、昔のカタログを調べるか(持ってないですよね?)。これが一番確実ですが、日立、マキタ、Maxのサービスセンターに製品番号で、問い合わせることです。

残念ながら3社とも、商品名からは、判断できないようです。 カタログを見たましたが、関係無いみたいですね。

Maxは、CNとあるので、もしかしたら思ったのですが、どうやらコイルネイラの略みたいで、CN釘とは関係ないようです。

コンプレッサーの関係から、常圧用になりますよね。大きい釘を打つ機械は、いち早く高圧に移行していきました。 機械本体を小さくできるためです。 

よって、常圧用の機械がオークションに出てくる可能性は高いとは思いますが、普通の釘打機にくらべれば、タマは少ない...続きを読む

Q【建築】縦柱に釘穴を開けて間違いだと気付き釘穴を何で埋めたら良いですか? あと釘穴を塞いだ後に、塞

【建築】縦柱に釘穴を開けて間違いだと気付き釘穴を何で埋めたら良いですか?

あと釘穴を塞いだ後に、塞いだ釘穴の上に釘を打つべきか、塞いだ釘穴の下に新たに釘を打つべきか教えてください。

水滴が垂れることを想定した場合、塞いだ釘穴の上に打つべきか下に打つべきか意味を持った説明が出来る方教えてください。

Aベストアンサー

あくまでも個人的な見解ですが…

> 釘穴を何で埋めたら良いですか?
なにもしない。そのまま放置かな?
半年もすれば、自然とふさがって来るので、その段階でとの粉で埋めるとか考えればいいと思います。
個人的には、「京ねんど」と言う、石質系の粘土がお勧めです。

> 塞いだ釘穴の上に釘を打つべきか、塞いだ釘穴の下に
下かな?
釘が錆びて、錆び汁が垂れて来ても、拭くのが簡単だから…

Qエア釘打機の危険性について、教えてください。

今度、エア釘打機とエアタッカを購入予定です。

DIYが趣味で、電動工具は一通り所持しています。 丸のこや電動カンナ、グラインダー等の危険な点や大工さんの怪我やその原因についても、知識、経験者の話として知っています。 

インパクトドライバーや切断系では、ジグソーなどは、比較的安全な道具の方に入りますよね。ところで、大工のエア工具(釘打機、エアタッカ)は、どういう危険性があるでしょうか?

よく取扱説明書には、メガネをする等、いろいろ注意点がありますが、実際のところどうなんでしょうか? 自分が一番心配しているのは、釘がうまく入らずに、どこかあさっての方向へ飛んでいってしまうことです。こんなことは、起りうるものですか?

ご自身の経験、知人の経験談で、危険性、注意する点があれば、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

見習い大工のマサルです。
エア工具の危険性についてですが、
すべての釘打ち機に言える事ですが、釘を圧縮した空気の力で
打ち出す機械ですので、エアガンより殺傷能力は高いです。
人に向けて使えばの話ですが…。
あと大体保護メガネが付いています。
大工さんが使っていないのは邪魔くさく、周囲を見渡すのに邪魔
になるのとけっこうハードに動いて仕事してますのですぐに
湿気でくもってしまって視界を妨げられる為です。
安全の為には付けなくてはいけません。
というのもその釘の連結方法にプラスチックシートとワイヤー連結
(針金に釘がくっ付いている)とフィニッシュネイル、フロアタッカー
釘の様に釘自体を糊付けしてある物があります。
この中でプラシートはまだ大丈夫ですが、ワイヤー連結は釘を打つ際
連結してあるワイヤーがいたるところに飛びます。その際誤って
目に入る危険性があります。そういった危険から目を保護するためにも
是非とも利用して下さい。
後危険性としては仕上げ釘用の機械でもありますが
安全装置が付いてない物もありますし、鉄釘を打つ機械ですと
釘の出口を押しこまないとトリガーを引けないのですが、
同時に作業性を向上させるように、トリガー引きっぱなしで
安全装置を押しこむと、連射できる機能があります。
連射機能が働いている状態でトリガーを引いて移動の際、
万が一安全装置が体に触れ押し込まれると釘が
発射されます。簡単に骨を砕き、腕や足位ですと簡単に貫通します。
あと質問者様のご心配の釘が上手く入らず跳ね返りどこかに飛んでいく
という事は普通に使っていてはまずない事故です。
というのもエア釘打ち機は釘の出口を材料に押しつけて発射します。
これが安全装置の代わりになっているのもあります。
その状態で釘を打つので最悪釘が仕上げ材の下の下地のビス等に
ぶつかって跳ね返ってもトリガーにしか跳ね返ってきません。
簡単に言うと機械に詰まったり、釘を打ち込むピストンが折れたり
しますが、跳ね返る危険性はありません。
使用の安全対策としては釘を打つ時以外はトリガーから手を放す、
もしくはトリガーロック機能が大概あるのでそれを利用する。
材料に口をあててからトリガーを掴む等、慣れてくるまでは
色々注意しましょう。

見習い大工のマサルです。
エア工具の危険性についてですが、
すべての釘打ち機に言える事ですが、釘を圧縮した空気の力で
打ち出す機械ですので、エアガンより殺傷能力は高いです。
人に向けて使えばの話ですが…。
あと大体保護メガネが付いています。
大工さんが使っていないのは邪魔くさく、周囲を見渡すのに邪魔
になるのとけっこうハードに動いて仕事してますのですぐに
湿気でくもってしまって視界を妨げられる為です。
安全の為には付けなくてはいけません。
というのもその釘の連結方法にプラス...続きを読む

Qガラス釘という釘を探しています。 ホームセンターに行っても、 そのような商品名で売っている物はなく

ガラス釘という釘を探しています。
ホームセンターに行っても、
そのような商品名で売っている物はなく
店員さんもわからず、メーカーさんに
聞いてもらっても、わかりませんでした。
ネットで探してみても、ほとんど情報は無く、唯一わかったのが鱗釘、三角釘
という別名がある事だけでした。
ちなみにその別名でも、商品は見つかりません^^;
昔の住宅の室内の引戸などのガラスを
止める釘なのですが、別名があるのでしょうか?それとも、もう市販されていないのでしょうか?

まあ、適当な同等品で代用すればいい話だと思われる方もいらっしゃるでしょうが、ご存知な方がいらっしゃいましたら
ご教示お願い致します。
一応、使用画像も添付しておきます。

Aベストアンサー

No3です。  現在は、使用しないのでしょう。

http://www.kenchikuyogo.com/103-u/042-uroko.html

Q板壁に釘で打たれた板の撤去

板壁の家に濡れ縁が設置してあって、腐ってきていたので撤去しました。最後に残ったのが板壁に釘で打ちつけられた濡れ縁の家側の支えとして使われていた横張りの板です。(3.6m×10cm×厚3cmくらい)よほど長い釘が30cm間隔くらいで打たれていて、抜くことができません。ホームセンターで売っている、1Mくらいの釘抜き(正式名不祥)を使ってもうまくこの板がとれません。腐っているのでと、ノミで砕こうとしましたが、所詮素人で、ノミが欠けたのでやめました。

よいアイデア募集。

Aベストアンサー

私も、日々、古釘の釘抜きに苦労しているので、情景が目に浮かぶようです。

釘が、板壁の内部に残ってしまってよいかどうかで対処の仕方が違います。

○ 残ってよい場合
1. 抜きたい釘の頭を『ハンドグラインダー』(DIY店で4千円くらい)で削り落とします。
2. 取り外したい板と板壁の間にバールを滑り込ませ(入らなければ叩き込む)、すこしだけバールで板をはがす。
3. すこしはがれたところで、バールと板壁の間に『当て木』(板壁が陥没しないようにする板や角材、なるべく広いもの)を差込む。
4. 板がはがれれば、後には頭のないくぎが残る。
5. 釘をペンチか大型のニッパ(ボルトクリッパがあれば万全)で、出来るだけ短く切り落とす。
6. 残った釘をグラインダーで削り落とす。

○ 残したくない場合
1.『釘締め』という道具を買ってくる。(釘の頭をさらに打ち込むためのもの)
2.釘締めで、抜きたい釘の頭をすこしだけ打ち込む。(1mmくらい)
3.バールの先が尖った二股になった部分(釘抜き)の先端を釘の頭の下に打ち込む。
4.釘がバールの二股の根元まで入り込んだら、『当て木』をして、ゆっくりと抜く。(一気にやると釘の頭が飛ぶ)

これでも抜けない時は、再度補足質問をする。

釘抜きの極意は、まだまだありますが説明しきれないので。

おまけに
、建築の解体で生じた古材を再生して『家具』に仕立て上げるために『釘抜き』に苦労しているのですが、
百年以上前の釘などは、簡単には抜けてくれません。
それでも、取り去る方法がありますので、とことん取り去りたい時はご相談ください。

私も、日々、古釘の釘抜きに苦労しているので、情景が目に浮かぶようです。

釘が、板壁の内部に残ってしまってよいかどうかで対処の仕方が違います。

○ 残ってよい場合
1. 抜きたい釘の頭を『ハンドグラインダー』(DIY店で4千円くらい)で削り落とします。
2. 取り外したい板と板壁の間にバールを滑り込ませ(入らなければ叩き込む)、すこしだけバールで板をはがす。
3. すこしはがれたところで、バールと板壁の間に『当て木』(板壁が陥没しないようにする板や角材、なるべく広いもの)を差込む...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報