工業系の仕事をやっていて、ある構成が特許に引っかかるか
特許を調べています。おそらく公知となっているはずなのですが。。
http://www.ipdl.inpit.go.jp/homepg.ipdl
でキーワードを入力して出てくるものを上から順に該当するものが
ないかどうか調べています。
が、古い資料が出てこず、そもそも期限が切れたものは載って
いないのでは?と思いました。実際のところどうなのでしょう?

最低限、自分で調べなければならないとわかっていつつ、
月曜までに調べなければならないので非常に困っています。
どなたか詳しい方、ご教授お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

期限が切れたのではありません。

検索方法の種類によって、検索可能な範囲が異なっているのです。
古い文献を得たかったら、「分類検索」あるいは「番号検索系」の検索方法を使用して下さい。其々の検索画面に、検索が可能な範囲を知る「クリックボタン」が付いています。

「キーワードを入力して・・」と記載されていますので、おそらく、公報テキスト検索あるいは公報フロントページ検索をされているのではと思います。
これだと、検索範囲が、例えば、特許公開では平成5年の000001号以降の文献からです。
pony666さんが、特許分類検索ができる能力をお持ちでしたら、特許分類検索に移ってください。テキスト検索よりもっと古い文献を検索することが出来ます。特許分類検索では、例えば特許公開では、昭和46年の000001号からの文献が検索可能です。

もっと古い文献を知りたかったら、特許庁で見ることが出来ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

変身が遅くなってしまい申し訳ありません。
番号検索というのはおそらくNo.2さんの方法ですよね?
また、特許分類検索ははじめて聞いたので調べてみましたが
http://www.ipdl.inpit.go.jp/Tokujitu/pcsj_top.ip …
のことでしょうか?
おそらく私のやりたいことに合致していると思われるのですが、
残念ながら現状、FI・FタームやICPなどの専門用語がわかりません。
専門用語を調べてチャレンジしてみようと思います!

ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2009/11/16 00:49

まず、テキスト検索の対象範囲については、電子データとしてIPDLに収録されている最古のものが No.1 さんのようにヘルプの「データベースの概要」に記されています。



公報テキスト検索-HELP 目次
http://www.ipdl.inpit.go.jp/HELP/tokujitu/kouhou …

権利が発生して存続している可能性がある(過去に登録になって、放棄されていなければ満期までまだ存続できるもの)は、

特許公告公報(*1) 「特許公告」 昭和61年~
特許公報 「特許」 平成8年~

として収録されており、平成7年6月30日までに特許査定された案件の「公告から15年」という特許期間でも、平成7年7月1日から以降に特許査定された案件の「出願から20年」という特許期間でもどちらでも期間内の登録特許はテキスト検索できるようになっています。

(紙で特許公告公報が発行されていた平成5年までは、最初のページにある要約や発明の名称、出願人、IPC/FIなどのコードが検索できませんが、請求の範囲や公報本文はテキスト検索可能です)

一方で、公開されたものの審査されなかったり、審査で拒絶査定を受けたものは、公知文献として検索できるものの、その範囲は

公開特許公報 「特許公開」 平成5年~

と、登録特許(特許公告公報&特許公報)に比べて新しい範囲しかありません。権利範囲の確認には十分な範囲がテキスト検索可能ですが、公知文献については平成4年より前の公開公報は検索できない(他の有料サービスを使うか、登録公報を公知文献として活用する)ことになります。

産業財産権法(工業所有権法)の解説【平成6年法~平成18年法】
http://www.jpo.go.jp/shiryou/hourei/kakokai/sang …

そして、登録された特許について、その権利が満期を迎えたり、途中で放棄されたかどうかは、No.2 さんが示されたように経過情報検索で満了日や放棄に関しての情報が閲覧できます。テキスト検索で気になるものがあれば、その番号から個々に検索・確認ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信が遅れしまい申し訳ありません。

さすが専門の方のご回答と言うことで、わからない単語が
多いですが、ご回答を元に調べてみようと思います。

ただし、調べている内容が古いものであると思われますので、内容後半の
>公知文献については平成4年より前の公開公報は検索できない
というご回答から、検索できない可能性があります。

お金が出るのであれば有料サービスの検討もしてみようと思います。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/11/16 01:01

IPDLの「経過情報検索」の「番号照会」を利用して下さい。


http://www1.ipdl.inpit.go.jp/IPDL/keika.htm
「拒絶査定」「未審査請求によるみなし取下」「存続期間満了」「権利抹消」などが判明します。

ただし、その特許出願の状況がわかるだけで、他の特許が存在している場合がありますので注意を要します。

参考URL:http://www1.ipdl.inpit.go.jp/IPDL/keika.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信が遅くなっていまいすいません。
参考HPでは自分で調べた特許が、今どのような状態か
調べるのには非常に有効ですね!是非覚えておきたいと
思います。
ただ、質問の書き方がわかりづらかったと反省していますが、
今回は例えば、教科書にあるアーキテクチャが
載っているがそれを使った場合、特許に引っかかるか
調べたい。という意図でした。

お礼日時:2009/11/16 00:43

一度公開されたものは、放棄、消滅又は期限満了したものであっても掲載されています。


蓄積範囲に関しては下記のアドレスと参考にしてください。

参考URL:http://www.ipdl.inpit.go.jp/HELP/tokujitu/kouhou …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信遅れてしまい申し訳ありません。
ご回答ありがとうございました。
期限満期であっても掲載はされているのですね。
参考HPを参考に探してみます。

お礼日時:2009/11/16 00:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング