【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

風邪を引いているときは風呂に入らないほうが良いとよく言われますが、それは何故なんでしょうか?
湯冷めするからでしょうか? だとしたら入った後すぐにお布団に入れば平気ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

皆さんがおっしゃっているように 昔の銭湯の名残みたいですね


私も 軽い風邪ならば入るようにしています
理由は 風邪をひくと汗もかきますから体をきれいにしておきたいのと
浴室内の湯気(水蒸気?)が鼻や喉のよさそうですから・・・
もちろん長湯はぜず すぐに布団に入るようにしています

以前 テレビで放送されたものがありましたので
参考に URLを載せておきます

今後 日本では風邪をひいたら風呂に入るが常識になるかもしれませんね

参考URL:http://mbs.co.jp/voice/special/200302/0205_1.html
    • good
    • 0

熱い風呂に入ると案外体力を消耗します。


また、昔の日本家屋はスキマ風が多く、湯冷めしやすい造りでした。
銭湯に行った場合でも帰りに湯冷めしてしまいます。
そのために「風邪をひいたら風呂に入るな」といわれるようになりました。
しかし、内風呂がほとんどで気密性も高くなった現在の家では、こういった心配はないので、
むしろ暖まる程度に軽く入ったほうがよいとおもいます。
清潔も保てますしね。
    • good
    • 0

お風呂に入ると体感温度が上がり、お風呂から出ると下がります。

人間は温度の変化にあわせようとして体力を消耗します。意外と体に負担がかかります。風邪をひいている時は、体力がなく、抵抗力が弱いです。お風呂に入って余分な体力を使うことはやめた方がいいと思います。体力や抵抗力が弱くなると、雑菌が鼻やのどの粘膜から侵入しやすくなります。もし、お風呂に入る場合は、熱すぎない温度で入ってください。長時間入るのもやめてください。
    • good
    • 1

以前に何かのテレビ番組で同じことが放送されていました。


それによると、表題のようなことは、昔の“銭湯”の時代の名残りだそうです。
風呂に入ったあと家まで帰るあいだに湯冷めをする事が多かったので
そんなふうに言われたのだそうです。結局は湯冷め対策だったのでしょうね。
その番組では、現在は自宅に風呂があるのが一般的ですから、
弱い風邪の場合は風呂に入ったほうがいいと言っていました。
充分に体を温めて、そのあとですぐに布団に入るのがいちばんだそうです。
    • good
    • 0

湯冷めするのが一番の原因ではないでしょうか?

    • good
    • 1

1.入浴すると体力を消耗するため,病気の治りが悪くなるから。


2.入浴後に湯冷めすると風邪がひどくなるから。

1は、熱いお湯に長時間つからない、などを気を付ければ大丈夫です。
2は、おっしゃるとおり、すぐ布団に入る、(冬季は)十分に暖房するなどを気を付ければOKです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング