プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

「16の平方根は4である」
↑これは、あってますか?
あと、平方根というのが、よくわかりません。
説明を見ても理解できないのですが教えてくれませんか?

A 回答 (3件)

No.1の回答者です。


平方は2乗のことです。
つまり、2回かけたら、16になる数ってことです。
マイナスの数も2回かけたら正の数になるって習いましたよね?
だから-4も16の平方根です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

わかりました!!「2乗したら16になるもの」が平方根なんですね、そういうふうに考えれば、問題も解けると思います!ようやく理解できました。マイナスの数も2回かけたら正の数になるの、覚えてます!プラス同士orマイナス同士だと、プラスになるんですよね!そっかそっか!わかりました!!ありがとうございます!

お礼日時:2003/05/14 22:50

>「16の平方根は4である」



16の平方根は4と-4である


平方根とは、
http://www.paxes.co.jp/QBSylogica/demo.html
など参照ください
下手に私が説明するよりわかりやすいかと(爆)

参考URL:http://www.paxes.co.jp/QBSylogica/demo.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すいません・・・平方根の意味、やはり意味がよくわかりませんでした・・・。何が平方根なのか、なんとなくしか理解できないんです。それに、なんで-4も16の平方根なのでしょうか。

お礼日時:2003/05/14 22:33

塾のバイトで数学を見ていました。


そのとき、平方根はこう教えていました。

平方根というのは「平方のもと」という意味です。
「16の平方根」と言われたら、平方したら16になる数を言えばいいのです。
すると、+4と-4が16の平方根だということになります。

それに対して√16は「16の正の平方根」という意味になり、これは+4となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

平方ですか?ああ~バカなもんで平方という意味を忘れてしまいました・・・。平方根の意味、やっぱり、よくわからなかったです・・・すいません。回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/14 22:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング