太古の昔って何年前以上のことを言うのでしょうか。
鎌倉時代は太古の昔っぽくない。
奈良時代は太古の昔かなあ。
恐竜の時代はもう文句なしに太古の昔です。
だいたい平安時代前後が太古の昔の境目でしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

」に関するQ&A: 昔のオモチャ

A 回答 (2件)

「太古」という響きは,「古すぎて年代もわからない」とぼくには聞こえます。

各種の絶対年代測定法が確立され古生物の研究が進んだいまは,まだ得体がよく知れないエディアカラ生物群(先カンブリア時代;約6億年前より前)あたりでしょうか 笑。
    • good
    • 0

手元の辞書(10年前の漢字源)だと、「太古」とは「上古以前」のことで「上古」が「歴史の時代区分の一つ。

文献が存在する最古の時代」のことらしいので、日本としては8世紀(古事記とか)以前になりますが、世界史で考えるなら、B.C.4000年以前とか。

個人的には、太古といわれると洞窟壁画あたりの3万年くらいからのような感じがします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中島みゆき「時代」への思い入れを語って下さい。

昨晩(2013.4.6)放映のNHK'Songs'でも採り上げていました、中島みゆきさんの「時代」、1975年(昭和50年)発表以来、幅広い年代層の人々に支持されてきた歌ですが、震災後、ここにきて、より一層歌われているようですね。

第一印象は少し暗く感じられるようですが、明日に希望をつなぐ歌詞と曲調が人気の秘密だと思います。

私も、数ある名曲の中でも、最も愛する曲の一つです。

・古くから、好きで、持ち歌としてこられた皆さん!
・震災など色々苦しく辛いことが起きる度に、この曲を聞き、大きななぐさめを得たり、気持ちを奮い立たせてきた皆さん!
その他、この曲に共感を持つ全ての皆さんに伺います。

あなたの、この曲への思い入れを語って下さい!

Aベストアンサー

こんにちわ。
中島みゆきさんの「時代」は、本当に心に響く
曲です。
私自身も良く人生の節目に聞いたり、ちょっと
精神的に疲れている時に、聞いています。
なんでか、わからないのですが、聴くと、奮い立たせるとか
頑張ろうという気持ちでなく、心を落ち着かせ、開き直りの気持ちに
なり、心をリセットできるようになります。
私が、会社に入り、少し生きず待っていた時に、良くこの「時代」を
聴いて、なんとかその苦境を乗り切っていました。
古き良き歌として、今の若い人にも是非聴いてほしいものです。
若い世代の人だと、やはり感受性が未完成だと思うので、感じ方は違うと
思いますが、何かしら心に響き、何かを感じると思います。
ただ、その感じることで、自分への成長に繋がります。
私もこの歌と共に、成長でき、大人になりました。

Q平安時代の父親について

宜しくお願いします。

源氏物語の時代、父親は子供の養育に深く関わらなかったのでしょうか。
若紫の母が死んだ時、なぜ父親が引き取らなかったのか疑問に思っています。
また、祖母が亡くなった時、父親はどうしていたのでしょうか。後ろ盾が無くなって源氏が引き取ったと教わり、これも疑問に感じています。
ご存知の方教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

若紫の父親にはもともとれっきとした正妻がいて(しかもかなり気性の激しい人だったみたい)、つまり若紫は愛人との間にできた娘ということになります。
父親自身は前々から若紫を自邸に引き取りたいというような意向を祖母などには話していたようですが、ただでさえ憎まれていた愛人の幼い娘などを引き取ったりしたら継母である正妻にいじめられることは火を見るよりも明らかなので、祖母も若紫の乳母も、父親の屋敷に引き取られることにはずっと反対でした。

祖母が亡くなってとうとう身寄りがなくなったとき、父親は乳母のもとにやってきて若紫を引き取りたいと改めて申し出ますが、その話を察知した源氏は、若紫が父親の屋敷に引き取られてしまったら彼女を自分のものにすることが難しくなると考え、父親が引き取りに現れる前日に先手を打って若紫を半ば誘拐同然に自分の屋敷に連れてきてしまったのです。
(このあたりの事情は「若紫」巻に詳しく書かれています。)

このことを源氏が父親に知らせるのは、それから5年ほど後、二人が正式に結婚してからのことです。

Q結婚式で中島みゆきさんの「時代」を演奏するのは?

8月に結婚式を控えている新婦です。
ご意見をいただきたく質問させていただきました。

結婚式で両親への手紙の後にピアノを演奏しようと思うのですが、中島みゆきさんの「時代」は演奏しても大丈夫でしょうか?非常識と捉えられないでしょうか?
ご存知のように歌詞に、「今はこんなに悲しくて涙も枯れ果てて・・・」や、「今日は別れた恋人たちも・・・」とかマイナスの言葉が入っています。
ただ、深い意味でこの曲は、「例えどんなに辛くても、いつかは生まれ変わって新しい人生に巡り合える」と解釈できると思っています。

歌を流すのは確かにNGですがピアノ演奏ならいかがでしょうか?どうしてもこの曲がいいと思っているのですが、常識的に??なら止めようと思います。どうかご意見をお願いします。

<補足>
・結婚式は披露宴等は行わず、親兄弟だけの内輪のものです。(参加者は両家両親、兄弟のみ。10名弱です)

・私は以前、引きこもりになっていた時期がありました。母の助けでまた社会復帰することができてとても感謝しています。「時代」はまさに私の人生そのものを表しており、母の大好きな曲でもあるのでこの曲がいいなと思いました。

8月に結婚式を控えている新婦です。
ご意見をいただきたく質問させていただきました。

結婚式で両親への手紙の後にピアノを演奏しようと思うのですが、中島みゆきさんの「時代」は演奏しても大丈夫でしょうか?非常識と捉えられないでしょうか?
ご存知のように歌詞に、「今はこんなに悲しくて涙も枯れ果てて・・・」や、「今日は別れた恋人たちも・・・」とかマイナスの言葉が入っています。
ただ、深い意味でこの曲は、「例えどんなに辛くても、いつかは生まれ変わって新しい人生に巡り合える」と解釈できると...続きを読む

Aベストアンサー

中島みゆきの「時代」はいい歌ですね。
文章を読みました。「時代」に対する思い入れの強さが伝わってきました。

確かに、結婚式に「別れ」という言葉は禁忌とされています。
しかし、意味を伴わない言葉が将来に影響を与えることはるのでしょうか?
そんな小さな慣習や世間体にとらわれず、質問者様の思いを伝える方が大事なの
ではないでしょうか?

逆に考えましょう。
慣習を重視して、これだけ思い入れのある「時代」を弾かなかったとします。
そのとき、後になって公開するのではないですか?
チャンスは今回しかないのです。
たとえ、万一、「非常識」と思うひとがあっても、その場限りのものです。
また、人間の強い「想い」に対しては常識や慣習は何の意味も持ちません。

表面だけの慣習や世間体にとらわれず、「想い」を重視して「新しい時代」を
切り開いてください。

Q平安時代の時間の表し方

以前、ある市民古典講座で、平安時代の夫婦は夫が妻のもとに毎夕通い、次の日の自宅へ戻るという通婚であったという話を聞きました。
そのなかで、夫が妻のもとへ訪れる時間帯、朝、妻のもとから立ち去るのは、闇につつまれ、人目につかぬような時間帯であるという話とともに「一日を、いまのように朝昼夜、の3つではなく、4つの言葉で表した」と説明を受けました。
朝、曙、宵、夕 などが含まれていたと思うのですが、この細かい時間分をご存知の方がいらしたら教えてください。
そのときに扱った題材は芥川龍之介の日本の古典作だったと記憶しています。
あいまいで申し訳ありません。

Aベストアンサー

枕草子に妻問い婚や時制などに関した記述があります
解説にもいろいろと説明があります
徒然草とともに平安時代を知るいい資料になると思います

Qおすすめの中島みゆきさんの曲を教えてください

櫻井和寿さんがカバーしている中島みゆきさんの歌を聴いて、いい歌だなと思いました。
今まで、あまり中島みゆきさんの曲は聞いたことがないのですが、聞いてみたいと思いました。
お薦めの中島みゆきさんの曲をお教えいただけましたら助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://www.youtube.com/watch?v=v2SlpjCz7uE
地上の星

http://www.youtube.com/watch?v=-bbnnG0o9pY
悪女

http://www.youtube.com/watch?v=M9VKk3KO4GM
誘惑

http://www.youtube.com/watch?v=pf6-oLx1zxM
旅人のうた

http://www.youtube.com/watch?v=OF3H06dqeqo
歌姫


こんな感じでどうでしょう?

Q平安時代の人々の名前に関する疑問

『あさきゆめみし』を読んでいて疑問に思ったのですが、当時の人々の名前はどうなっていたのでしょうか??
光源氏さん(?)の苗字は源氏ですが、では名前は??
他の方には源氏の大将とか官職名とかで呼ばれるけど名前って出てきませんよね。
他にも左右の大臣の家は藤原ですが、やはり官職名での呼び名しか出てこないのでどうなのでしょうか。
女性にいたっては六の君とかむしろ順番しかついていないのか。。。出仕したりすればやっぱり父さんとかの官職名で呼ばれるけど、あとは好き勝手に言い寄ってくる男性にあだ名(?)を付けられるだけなのでしょうか?

逆に下々は惟光とか名前だけなのでしょうね。

よろしくお願いしますっ

Aベストアンサー

本名を名乗ること、知られることは相手に命を取られるのと同じくらいの重みのある事柄だったようです。本名は親兄弟、配偶者くらいしか知りませんし、他人に聞かせないためにめったに本名を呼ぶこともありません。ですから、呼び名という御互い呼び合うための名や官職名で呼び合ったり書き記すことになります。

Q中島みゆきさんのおススメのアルバム教えてください!

今日中島みゆきさんの時代という曲を聴いてとても感銘を受けました。
そこでHMVなど多数CDが置いてあるCD屋に行ってアルバムを買ってこようと思います。
中島みゆきさんのおススメのアルバムって何ですか?

Aベストアンサー

先の回答でも挙げられていましたが、
「生きていてもいいですか」は名盤だと思います。
ここに収録された「エレーン」「異国」を聴くと
一編の小説を読んだあとのような感動があります。

アルバム「予感」も良いです。
「ファイト」の一節、「戦う君の歌を
戦わない奴らが笑うだろう」は、座右の銘(?)に
したいくらいです。

同じく「寒水魚」も捨て難いです。
この中の「歌姫」を聴くと、今どきのチャラチャラした
歌うオネーチャンが、誰でもかれでも歌姫と呼ばれている
ことに憤りを感じます、ハイ。

Q開拗音の上代、平安時代の音価を教えて下さい。

主に、大学院生以上の方からの返事をお待ちしています。

まず、当時の開拗音のinventory、そしてそれぞれの音価を、現在判明している範囲で知りたいので、よろしくお願い致します。上代、平安時代、それ以降等、詳しければ詳しいほど良いです。

特に、シャ行音、ジャ行音、チャ行音、ヂャ行音について知りたいです。

チャ、ヂャは、破擦音ではなく、閉鎖音にわたり音が加わった[tja]、[dja]だったのでしょうか?それとも当時から、タ行ダ行とは全く別の、破擦音だったのでしょうか?それとも、そもそもサ行子音が破擦音だったため、チャ、ヂャは閉鎖+わたりでしょうか?

一方サ行とシャ行の対立(があったとしたら)は、よく現代では音韻的には/sja/で音声的には[sha]のように書かれていますが、本当に[sja]→[sha]というプロセスがあったのでしょうか?それとも、最初から[(t)sa]と[sha]で別子音として対立していたんでしょうか?


現代の日本語(標準語)に、外来語音で[tju]、[dju]があるが、*[sju]、*[dzju]、*[tsju]が無いことを考えると、
イメージとしては、かつてのチャ行が[tja]なのは想像できるけど、シャ行音が[sja]なことは想像しにくいですが、、、つまり日本語の性格上[tj]は定着しやすく、[sj]は定着しにくいのではと。まるで見当違いな想像だったらすみません。


その他の行、例えばカとキャ、バとビャ等は、単純に、[CV]と[CjV](Cは子音、Vは母音)でよかったのでしょうか?

ちなみに、ワ行にも開拗音があったのでしょうか??[wja]、[wjo]のように?

又、もしそのような文献をご存知でしたら、教えていただけると助かります。

主に、大学院生以上の方からの返事をお待ちしています。

まず、当時の開拗音のinventory、そしてそれぞれの音価を、現在判明している範囲で知りたいので、よろしくお願い致します。上代、平安時代、それ以降等、詳しければ詳しいほど良いです。

特に、シャ行音、ジャ行音、チャ行音、ヂャ行音について知りたいです。

チャ、ヂャは、破擦音ではなく、閉鎖音にわたり音が加わった[tja]、[dja]だったのでしょうか?それとも当時から、タ行ダ行とは全く別の、破擦音だったのでしょうか?それとも、そもそもサ行子音...続きを読む

Aベストアンサー

    #2です。補足です。

>>1。  5,6,7,8母音説も実はすごく興味があるんです。8母音以外の説は、だいたいは二重母音的なものがあったという感じでしょうか?

    音かは「音声的」、それをいくつかに分けるかは根拠の分かれるところです。

>>2。ところで、そもそもの根本的というか、基本的な質問になってしまいますが、平安時代になってでてきた拗音の元になったものは、そもそも何なのでしょうか??

    このころ中国から韻書が入ってきて、拗音介母の仮名化には、3種あり
(1) 拗音形     鐘シヨウ、諸シヨ、謝シヤ
(2) 割り音形   躬キウ、周シウ、沈チム
(3) 捨象形     制セイ、言ゴン、明メイ

    このうちの(1)が平安時代になって書き残された拗音の「元」だと思います。

>>3。 その母音が二重母音的だったものが、甲類、乙類という扱いではなく、一部拗音扱いになったのでしょうか?

    甲乙は大雑把に言って一時代前、すなわち上代のことで、国語史の「拗音」は、その後、すなわち平安以後の現象として扱われます。

>>4。  それとも、現代のファ行音やティ、トゥ等が、英語からの大量の借用語によって、日本語の音韻体系の中で地位を得たように、拗音が定着した時代に、大量に中国語から語彙を借用したんでしょうか??

    これは位相語や、職業方言の問題で、僕はファ、ティ、トゥ なしに日本語が話せます。平安時代にも唐帰りのエリート僧侶以外は、拗音なしで日本語が話せた可能性があるのではないでしょうか。

    #2です。補足です。

>>1。  5,6,7,8母音説も実はすごく興味があるんです。8母音以外の説は、だいたいは二重母音的なものがあったという感じでしょうか?

    音かは「音声的」、それをいくつかに分けるかは根拠の分かれるところです。

>>2。ところで、そもそもの根本的というか、基本的な質問になってしまいますが、平安時代になってでてきた拗音の元になったものは、そもそも何なのでしょうか??

    このころ中国から韻書が入ってきて、拗音介母の仮名化には、3種あり
(1...続きを読む

Q♪ あなたの好きな・・・中島みゆきさん・・・・

♪ あなたの好きな・・・中島みゆきさん・・・・
今回は中島みゆきさんです

説明はありません ずばり!! お気に入りはなんですか

☆今回のみお礼だけとさせてくださいね ちょっと腰が・・・(泣)

Aベストアンサー

「わたしの子供になりなさい」

心が折れそうな時に聞くと、去年亡くなった母親を思い出して涙が出そうになります。

Q平安時代の女性の髪の毛の重さはどのくらいあったのか

いつもお世話になっています。困って困って、最終的にここを頼りにしています。

さて、今回は、「平安時代の女性の髪の毛の重さ」です。
(1)あそこまで長い髪の毛の重さはどれくらいだったのでしょうか。

(2)また、絵に描かれているような長さになるまでに要するおおよその年月

をご存知の方がいらっしゃったら、是非教えていただきたいと思います。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

重さは計ったことがないので分かりませんが・・・
(人によって量も違いますし)

さすがに絵にあるほど伸ばしたことはないですが、中学入学時におかっぱ状態で、年に数回切り揃えていましたが、高校2年には、座ると床につくかどうかぐらいの長さがありました。

もっと長い友人もいましたが、10年ほどで身長と同じくらいにはなるんじゃないでしょうか。
(手入れのために多少切っても)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報