13年前ぐらいのミラに乗り始めました。
そしてこれが何の因果か、MT車なんです。めんどくさい…(泪)

でシフト操作も慣れたのですが、寒い朝なんかはとにかくギアが入りません。無理やり押し込んでいる感じです。ある程度走って温まるとスムーズに走るのですが。

寒い朝とかにスムーズにギアを入れる方法とか無いでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

きっと、1速から2速へ変える時の、2速へ入り辛い。

というお話ですよね?


>無理やり押し込んでいる感じです

無理やりではなく、その半分位の力で、2速へ押し当て続けて、待ってみて下さい。

1速でクラッチ切ったあと、エンジン回転数がまだあるうちに1速から抜き、そのまま2速へ持っていって押し当て続けてみて下さい。

シフトレバーを1速から2速へ持っていく時、急ぎ過ぎても入り難くなる可能性もありますので、頃良いタイミングを見付けて下さい。




それとも、
「1速から2速へ変える時の、2速へ入り辛い。」という話ではなく、例えば、3速から2速へ。とかいう場合のお話ですか?

それならば、症状としてはまだ全然軽い。悩む必要もありません。

対処法は上記と同じく、「入れたいギアーへ押し当て続け」ですね。

無理やり入れようとせずに、入るまで気長に待ってみて下さい。(と言っても、数秒間の話です。)
(入る気配があったら、そのままパッと入れて下さい。入る途中で変に力を抜いてしまったりすると、ギアーがギ~と鳴きます。)


シフトダウンであれば、ダブルクラッチの操作も有効ですが、こんなのは何の話かも分からないでしょうから、気にしなくて良いです。


トランスミッションオイルは、いつ交換したのか分からないようであれば、純正へ交換したほうが良いでしょう。
(これまでも純正が入っていた場合は、症状の改善は起きませんが。)
    • good
    • 0

No12です。


ちなみに俺のは平成7年式で、12万キロあたりから
冬場入りにくくなり徐々に1年中入りにくくなり
15万キロでクラッチ版交換したら、今ではカチカチ
と気分良く入ります(^^)
    • good
    • 1

俺もミラのMT乗っています。



たしかに寒い朝ギアの入り具合悪かったですねー。
でもそれがどんどん夏場でも入りにくくなってき
て、とうとうクラッチ版交換です。

この車はエンジンおろさないと交換できないので
10万円弱かかりました。

クラッチ版が減ってきていることも考えられませ
んか???
    • good
    • 1

自分の新しい車でも同様です。


北国なので他地域より特に顕著だと思います。
はじめのうちはゆっくり走りやさしく確実にシフトします。
数分数キロ走っているとオイルが温まって次第に入りやすくなりますよね。
ヤカンでお湯をわかすのにすぐ沸かないと言っているようなものでそれが普通です。
改善案としてマイクロロンという添加剤は定評がありかなり評判がいいので入れてみてはいかがでしょうか?
http://www.microlon.co.jp/
通常時スコスコと気持ちよいシフトができるようになるケミカルです。
あとはめんどくさいとまでおっしゃる程ならばAT車に乗り換えることですね。
くれぐれも無理やりガリっと押し込むようなことはおやめください。
ギアの寿命を極端に縮めてしまいますので。
    • good
    • 0

再度のいなかのくるまやですけど・・。



#7さんの17年式ekワゴンでもクラッチはワイヤー式でしたか・・。
なにしろ、さっぱりMT軽が入庫しなくなって久しいもので。(笑

L500系ミラのクラッチ調整はクラッチペダル奥、つまり
室内から行います。12ミリだったと思いますがダブルナットが
かけてあるので、先に上のナットを緩めて次に下部のナットを
適度に締め込んでいくことでワイヤー張り具合を調整します。

場所が場所だけに少々やりにくく、変な体勢維持を余儀なくされ
「頭がクラッとくる・・」こともありましたね・・・。(爆)

正直、あんまりやりたくない作業でした。

今回はどこかのメカニックさんに苦労してもらいましょう。(笑
    • good
    • 0

exb04583さん、No7です。

平成17年のekワゴンMTに乗っています。
クラッチはいまだにワイヤー式、ミッションのシフトコントロールはケーブルでは無くロッド式(!)ですよ。エンジン振動,前後スナッチがモロにシフトレバーに伝わります。
確かにワイヤーの遊びを多くしすぎると切れが悪くなる可能性はありますね。ekではエンジンルーム内のトーボードにワイヤー調整部分があり、簡単に調整可能なのですが、ミラは室内なのですか?
    • good
    • 0

いなかのくるまやです。



13年くらい前のミラというと「L500系」ですね。
ズバリ、そのころのミラはクラッチがワイヤー式で
「ワイヤー伸びによるクラッチ切れ量不足」が多かったです。

もともと寒い朝一番だとミッションオイルの流動性も悪く、
そこに「クラッチ切れ不足」が相乗的にギアの入りにくさを
助長してる可能性を疑います。
クラッチペダル奥の付け根付近に調整ポイントがあるので、
そこを自分で調整するか、あるいはプロに頼むかすれば飛躍的に
症状の改善ができると思います。

余談ですが・・。
最近のミラだとクラッチは油圧式になってるんでしょうかねぇ・・。
MT車を見ることがまずないもんで・・・・。(苦笑
    • good
    • 0

No4回答者さんのご意見に賛成ですね。


寒い季節はどうしてもオイル類は硬くなってしまいます。エンジンは始動するとすぐに暖まりオイル温度も上昇しますが、ギヤオイルは走らないと暖まりません。暖機完了まではエンジン回転が高めのため、なおさらシンクロしにくくなります。1速に入れるときなどは特に入りにくいのではありませんか?一度2速に入れてから1速に入れなおすと入りやすいかもしれませんよ。いずれいせよシフト操作は、ゆっくり行い早めに走り出してミッションを暖めたほうがいいとは思います。
    • good
    • 0

他の方が言ってらっしゃいますが、暖気運転してますか?



軽自動車は普通車と違って、ほんの短時間の暖気運転で、水温計の針が動きます。

水温計の針がちょっと動く程度の暖気運転で良いんです。

私も平成14年式のミラに最近乗り始めましたが、ギアが入りにくいことは無いですよ。
    • good
    • 0

寒い朝は、ギアが入りにくくて普通。


ゆっくり丁寧なシフトチェンジを心がけましょう。

通常、暖機運転とよばれるものをしても、エンジンは温まるのですが、ギアは全く動いておらず温まりません。当然、ミッションオイルも温度が下がっており、固くなっております。
ギアだけでなく、サスなどあらゆる機械部品は、ある程度走ってから本調子に入るので、最初の数キロは丁寧な運転を心掛ける事が、本来は必要なのです。
ただ、最近は車自体が良くなっているのでそこまで気を使って車を走らせる人もいないと思いますが・・・
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q速く走れとか道を譲れとか言う回答には従う必要なんて無いのでは

こちらが軽自動車で制限速度で走っていると言うと
それでは邪魔だから
もっと速く走れとか道を譲れとか言う回答が有るのですが
その回答にこちらが従わないで認めないと怒りだす回答者がいるのですが
ここでは気に入る回答を支持して気に食わない回答はどうしようが質問者の自由になっているのでは。
だから
もっと速く走れとか道を譲れとか言う回答なんて無視して
そのままその速度で走り続けるのが良いという回答を支持するのはこちらの自由ですよね。

何で自分の好きな回答を支持して怒られなくてはならないのでしょうね。

Aベストアンサー

制限速度で走るのは当たり前だしいいことですよ。
怒る人が間違ってます。
急いでるのなら交通違反してでも追い越せばいい話ですよ。無視するべきです。
私も仕事上社用車で走ってるのですが、社用車には社名が載ってるので無茶苦茶な運転は出来ません。
制限速度守って走ってます。
気に入らない人は追い越していきます。
気にする必要ないし、好き勝手な回答も無視するべきだと思います。

Q速く走れとか道を譲れとか言う奴は姑息で卑怯な奴なのでは

こちらが軽自動車で制限速度で走っていると言うと
それでは邪魔だとか渋滞の元だとかで
もっと速く走れとか道を譲れとか文句を言う回答者がいるのですが
そういう回答者は制限速度で走っている全てのクルマにはそういうことは言えません。

例えば、路線バスや教習車や宅配便トラックとか砂利満載のダンプカーや大型の高級外車など
制限速度で走っていたら邪魔で渋滞の元だと文句言いたいのは変わりはないのではないでしょうか。

それなのに何でこちらが軽自動車に乗ってると文句を言うのでしょうか。
それは軽自動車なんて自分よりも弱い立場の者だと見下しているに他ならないのでは。
だから
文句を言える相手だから文句を言って
自分よりも権力が有る者に対しては例え邪魔でも何も言えない。

結局、速く走れとか道を譲れとか言う奴は相手によって態度を変えざるを得ない
姑息で卑怯な奴なのではないでしょうか。

だから
軽自動車に乗っているからと控えめに遠慮なんてすることは無くて
文句を言う奴なんて無視してそのまま制限速度で走り続けたとしても何も支障なんて無いのではないでしょうか。

こちらが軽自動車で制限速度で走っていると言うと
それでは邪魔だとか渋滞の元だとかで
もっと速く走れとか道を譲れとか文句を言う回答者がいるのですが
そういう回答者は制限速度で走っている全てのクルマにはそういうことは言えません。

例えば、路線バスや教習車や宅配便トラックとか砂利満載のダンプカーや大型の高級外車など
制限速度で走っていたら邪魔で渋滞の元だと文句言いたいのは変わりはないのではないでしょうか。

それなのに何でこちらが軽自動車に乗ってると文句を言うのでしょうか。
...続きを読む

Aベストアンサー

おっしゃる通りです!

Q車のギアのNとか2とかっていつ使うんですか?

車のギアのNとか2とかっていつ使うんですか?
オートマ車に乗ってます。まだそんなに運転経歴はありません。
普段はPとRとDを使いますが、Nとか2って一体いつ使うんですか?
お飾りなんですか?
それとも、普段の運転の中でも使おうと思えば使うものなんですか?
あるいは山とか岩場の特殊な運転で使うんですか?

Aベストアンサー

オートマチックトランスミッションでは Pレンジの場合、機械的にロックを掛けてしまいます。

しかしNレンジでは、ロックは掛かりません。

Nの状態なら タイヤに動力が伝達されずフリーの状態です。

故障の時 自走出来ない場合、牽引して運びますよね。

そのときには、Nレンジに入れて引っ張ってもらいます。

また脱輪等して出れなくなった時 皆で押してもらうのにPレンジに入れてしまうと 動きませんからNレンジにいれて 押したりします。

Dレンジは、自動で変速して走行するレンジです。
1速から2速 3速 トップと速度と負荷により変速タイミングを自動でコントロールするようになっております。
ですから発進時は、1速の状態なのですが 雪道などでの発進の時は、1速ではタイヤに掛かるトルクがいわば力が大きいため タイヤが滑り出し安くなります。
そこで2速発進をするのに 強制的に2レンジに入れて発進させたりします。

またDレンジでは、オートマチックトランスミッションの仕組み上 エンジンブレーキが弱いため 坂道を下る際は、2速に強制的にシフトさせて 強いエンジンブレーキを掛ける事が出来ます。

その為に 通常 P R N D 2 (L)の各レンジがオートマ車には備わっております。

オートマチックトランスミッションでは Pレンジの場合、機械的にロックを掛けてしまいます。

しかしNレンジでは、ロックは掛かりません。

Nの状態なら タイヤに動力が伝達されずフリーの状態です。

故障の時 自走出来ない場合、牽引して運びますよね。

そのときには、Nレンジに入れて引っ張ってもらいます。

また脱輪等して出れなくなった時 皆で押してもらうのにPレンジに入れてしまうと 動きませんからNレンジにいれて 押したりします。

Dレンジは、自動で変速して走行するレンジです。
1速から2速...続きを読む

Q低速ギアと高速ギア

http://www.yanagawa-seiki.co.jp/factory/mission.html

リンクのギアの役割のところで、低速ギア時と高速ギア時の比較のところがわかりません。低速ギアはどういった状況の時に使われ、どういうメリットがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 そのサイトの画像を元に話します。
 低速ギアではエンジンの回転数が半分(2000回転だとタイヤの回転は1000回転)しか伝わりませんが、回転力は2倍になっています。
 発進時や坂道など回転力が必要な場合は、低速ギアを使ってスピードを犠牲にして力を発生させているわけです。

 高速ギアではエンジンの回転数が2倍(3000回転だとタイヤの回転は6000回転)になっています。この場合回転力は半分になります。
 スピードが増すと回転力はあまり必要なくなりますので、タイヤを高速回転させるために高速ギアに切り替えます。

 なぜこのような仕組みが必要かというと、エンジンは低回転では回転力(トルクと言います)が少ししか出ないのです。しかし止まっている車を動かすためにはたくさんの回転力が必要です。そのために低速ギアで回転を落とす代わりに力を得ているのです。

Q雪道での走行 高いギア? 低いギア?

雪道の様な滑りやすい道路を走る時は、2速や3速で、エンジンブレーキがかかりやすい状態で走行・・・ と聞いた様な気がしたのですが、会社の人が4速とかの高いギアにして、回転数を下げトルクを抑えた方が良いと言っていました。 確かに同じ速度ならば、4速よりも2速や3速の方が回転数は高くなりますよね?
 この様に、同じ速度(時速30~40キロぐらい?)だったのならば、どちらが安全ですか?

Aベストアンサー

 加速及び巡航中は、#5さんの言われる通りの理由で、低いギアはだめです。
 但し、エンストのショックがタイヤに伝わってスリップする事もあり得ますから、高いギアのほうが良いとも言えません。
 私の場合は、ギア比は夏場と同じです。
 ギア比云々よりも、アクセル、ブレーキ、ハンドル等の、運転操作のやり方のほうが、重要だと思います。
 踏んだり回したりする時はもちろん、元に戻すときも、ゆっくりと注意深く行います。

 減速は、エンジンブレーキが主体で、それだけで止まる位の気持ちで、充分過ぎる程の余裕を持って行います。
 たまに勘違いをされている方も居られるのですが、エンジンブレーキとは、ギアを落とすことではありません。
 アクセルの踏み加減を、現在の車速を維持する場合よりも浅くして、車の運動エネルギーを、エンジンを回すのに消費されるエネルギーに転換することによって、減速する事なのです。
 ですから、エンジンの回転数が大きい程、消費するエネルギーが多く、ブレーキ力が大きくなります。
 ギアを落のは、車速当りのエンジン回転数を上げて、ブレーキの効きを良くするためです。
 つまり、60km/hならば4速でもエンジンブレーキは、それなりに効きますし、これが40km/hだと4速では効きが悪いので、3側に落とす必要が出て来るわけです。

 従って、ギアを4速で60km/hで走っている時に、エンジンブレーキを使うために、いきなり3側に落としてしまうと、ブレーキが効きすぎてスリップする恐れも少しはあります。
 安全を考えるならば、
(1)まずギアを変えずに、アクセルを少しゆっくり目に戻し、
(2)ブレーキパッドやシューがディスクやドラムに触れない程度に、ブレーキペダルを踏んで、テールランプを点灯させ、後続車に注意を促します。
(3)速度が落ちて来てエンジンブレーキの効きが鈍くなる手前あたりで、クラッチを切って、
(4)シフトレバーを1段落とし(間違えて2段以上落とさないで下さい)、
(5)クラッチを繋ぐときのショックを減らすために、軽くアクセルを吹かしつつ、クラッチを繋ぎ、
(6)(1)~(4)の操作を繰り返して、速度を落とす。
(7)停止する場合は、充分に速度を落としてから、フットブレーキを注意深くゆっくりと踏んで停止する。
(速度が10km/h程度でも滑る時は滑りますので、最後まで気を抜かないで下さい。)
と言うのがベストだと思います。

 最近の車にはABS装着車が多いと言っても、中には未装着車もあります。
 ご自分が運転される車には、ABSが装着されているかどうかを、念のために確認しておきましょう。
 例え装着されていても、油断してはいけません。
 ABSとて、伝家の宝刀ではありません。
 乾燥した路面と比べれば、確実にブレーキの効きは落ちていますし、ABSによっては、複数のタイヤが同時にロックした場合には、機能しないものも中にはあるらしいと聞いています。
 ABS装着車であっても、なるべくならフットブレーキを効かせる前に、エンジンブレーキ使って速度を落としたほうが良いと思います。
 季節やブレーキ装備に関り無く、フットブレーキを使う際には、エンジンブレーキを併用するのが基本です。

 余談ですが、北海道の場合、一般道でも80km/h程度で車が流れており、冬でもあまり速度が落ちません。
 私も60~70km/h位平気で出すのですが(←もちろん積雪路)、長蛇の列の先頭になり、どんどん追い越されました。
 3速等ではとても走れません。
 もしも、冬の北海道へ行かれるような場合は、道外の方は、ご自分で運転されたりしない事をお勧めします。

 加速及び巡航中は、#5さんの言われる通りの理由で、低いギアはだめです。
 但し、エンストのショックがタイヤに伝わってスリップする事もあり得ますから、高いギアのほうが良いとも言えません。
 私の場合は、ギア比は夏場と同じです。
 ギア比云々よりも、アクセル、ブレーキ、ハンドル等の、運転操作のやり方のほうが、重要だと思います。
 踏んだり回したりする時はもちろん、元に戻すときも、ゆっくりと注意深く行います。

 減速は、エンジンブレーキが主体で、それだけで止まる位の気持ちで、...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報