【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

タイトル通りです。
「敬語」の反対語はなんと言うのでしょうか?

A 回答 (4件)

タメは同等ですから、反対ではないような・・・


通常語とか常態語とかいうみたいですけど。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3343664.html

敬語の反対語は蔑語(卑蔑語)になりそうです
    • good
    • 1

敬語を含まない文体を「常体」といい、敬語を含む文体を「敬体」といいます。


ですので常体文が適切かと思います.

参考URL:http://okwave.jp/qa/q2409646.html
    • good
    • 4

「ため口」で良いそうです。


相手と対等の口をきくことのようです。
詳しくは以下の語源由来辞典をご参照あれ。

参考URL:http://gogen-allguide.com/ta/tameguchi.html
    • good
    • 3

タメ語だそうです。



参考URL:http://iwatam-server.sakura.ne.jp/column/61/inde …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ため口」の正式な言い方って?

気づいたら「ため口」のフォーマルな言い方を
知りませんでした。
『ため=同年代くらいであることを指す』
…のは分かったんですけど、じゃあ正式には
何と言えばいいんでしょうか?
教えて下さいっ!

Aベストアンサー

「ため口」の「ため」は賭博用語で同目(ぞろめ)が語源のようです。2つのサイコロの目が揃った様から、転じて、「同じ」「同等の」という意味合いに成ったのだとか。

新語なためフォーマルな言い方は無いかもしれません。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%BF%A4%E1%B8%FD&kind=jn&mode=0

Q「タメぐち」の改まった言い方

「同い年」のことを「タメ」といいますね。
だから会話をしていて「タメ」を使いたくない時は「同い年」
といえばいいんですが
「タメぐち」のよい言い換えが見当たりません。
「なんでタメぐちやねん?!」というふうにつかいますが
別の言い方でしっくりくる言い方はないもんでしょうか?

そういえば、「タメ」というのは方言ですか?

Aベストアンサー

タメは学生言葉じゃないですか?
タメぐち=友達口調 でどうでしょう?

Qショットバーとバーの違い

ショットバーとバーの違いが分かりません。
教えてください。
それとそのようなお店にこの前連れて行ってもらって店の雰囲気とかすごく気に入ったのですが、メニューとかもないのでどう頼んで良いのか分かりません。スマートに頼んでかっこよく飲みたい!って思うのですがお酒に詳しくないので困ってます。
そういうオーダーのポイントなど教えて下さい。
やはりお酒に詳しくならないといけないですね 。
勉強ですね。

Aベストアンサー

昔(昭和30年代まで)はバーというとカウンターにホステスがいて接客をする店(今で言うスナック)だったみたいですね。
そこからホステスの接客やボトルキープもしないでショット(1杯)単位でお酒そのものを気軽に飲めるショットバーが派生したそうです。
お酒の味そのものを楽しむためにお酒の品揃えや氷や水にこだわり、店の雰囲気も静かで落ち着いたものにして人気が出て現在に至ります。
現在はホステスの接客を受けられる店=スナックが一般的ですからバーとショットバーの区分けはあいまいになっていますね。
接客があってもスナックとは一線を画す静かで落ち着いたものです。

お酒とかの頼み方ですが、お酒の知識がないのでしたら臆することなく何でもバーテンに相談すれば良いですよ。
生半可な知識で背伸びしていることは直ぐに見透かされてしまいます。
付け焼刃なウンチクでも語ろうものなら裏で失笑されてしまいます。
好みだけを伝えて見繕ってもらえば良いですね。

私も何度も通っていても自分の知識だけでは飲むお酒が固定されてしまうので時々新しいお酒に挑戦しようと相談します。
ラックにいっぱい並んでいるお酒の名前もほんの数種類しか分かりません。
いつもボトルを指差して”あれちょうだい”なんて注文しているものだから”いい加減名前くらい覚えてくださいよー(笑)”なんて言われてます(笑)

昔(昭和30年代まで)はバーというとカウンターにホステスがいて接客をする店(今で言うスナック)だったみたいですね。
そこからホステスの接客やボトルキープもしないでショット(1杯)単位でお酒そのものを気軽に飲めるショットバーが派生したそうです。
お酒の味そのものを楽しむためにお酒の品揃えや氷や水にこだわり、店の雰囲気も静かで落ち着いたものにして人気が出て現在に至ります。
現在はホステスの接客を受けられる店=スナックが一般的ですからバーとショットバーの区分けはあいまいになっていま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング