人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

プロペラに関する質問ですが、プロペラを静止状態でピッチ角をプラス方向とマイナス方向に変化させると
推力はマイナス方向のほうが大きくなるのでしょうか。
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

プロペラの翼型が単なる平板翼、または完全対称翼型である場合は、機体前進方向


に出す推力を「+」、後進方向を「-」と仮定すると、プロペラピッチがプラス方向・マイナス
方向で同じ角度で同じ回転数ならば、どちらの方向に対する推力も機体静止時は同じです。
模型ラジコンヘリコプターで、上下逆さでもどちら向きも同じ様に機動させたい曲技を行う
場合には、ローターに完全対称翼型を使う事もあります。

しかし実際には、模型でも実機でも飛行機のプロペラの翼型はRAF・クラークY・NACA4
系/6系などの非対称翼型なので、機体前進方向の性能のみ求めた設計であり、逆に
自分の推力で後進出来る飛行機の方が珍しく、マイナス推力は普通考慮に入っていません。
(実機で自力でバック可能なレシプロ機も存在しましたが、地上で使うためであり飛行用
ではありませんでした。)この普通の場合はネガティブ(マイナス)ピッチで使う状態とは
上下非対称翼型の主翼の飛行機が背面飛行する状態と同じであり、揚抗比・揚力係数
の点で性能が悪く、プラスマイナス両方向を同ピッチで比較すればマイナス推力の方が
小さくなります。

ご質問の真意はもしかすると「機体静止時においては、ピッチ角度が小さい方が効率が
いいのか」ということでしょうか。だとすると合っています。一般に低速では大直径・低ピッチ、
高速では小直径・大ピッチを使う方が推進効率は良くなります。これはそれを回すパワー
プラントとの兼ね合いでもあります。固定ピッチプロペラの飛行機では実機でも模型でも
巡航や目的の速度で最も効率が良い様にピッチを選択します。
 この話はジェットエンジンでも同じことで、亜音速の旅客機が最近のものは大直径のファン
を回すターボファンエンジンになってるのはこの方が推進効率が良いからです。

(でも120rpmとは随分遅いですね、これ何のお話なんでしょうか。ゴム動力機?)
    • good
    • 0

静止状態ってまさかプロペラは停止していないでしょうね


常用する方向の推力が大きいです
一般的には前進方向
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。
説明が足りなくてすいません。

プロペラは120rpmで回転しています。
プロペラを取り付けてある機体が静止状態です。
後、ピッチ角を設計点からマイナスにした時の方が推力は大きくなるのでしょうか。

お礼日時:2010/02/03 10:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプロペラモータのスペックの見方,推力計算について

プロペラモータのスペックの見方,推力計算について


この度はよろしくお願いいたします.
http://www.rcdepot-jp.com/top_select/top_top_3.html
のサイトで販売されているPower 46 Brushless Outrunner Motor,670 kVのスペックの見方について説明をして頂けないでしょうか?
そしてPower 60 Brushless Outrunner Motor,400 kVのモータの性能の見方と比較についてお聞きしたいのですが,回転数を見るとPower 46 Brushless Outrunner Motor,670 kVの方が一分間に270回転も多く回転するので同じプロペラという条件ならこちらの方が推力は上の様な気がするのですが,何故推力はPower 60 Brushless Outrunner Motor,400 kVの方が上なのでしょうか?

最後になりますが,プロペラを付けた状態での推力の計算方法について教えてください.

Aベストアンサー

モーターの「KV値」は「電圧1Vあたりの無負荷回転数(rpm)」なので、目安の数値であって、
実際にプロペラを回した際に得られる回転数ではありません。一般にこの値が低い方が低回転
高トルクモーターだということを示しています。詳しくは「KV値」で検索されるといいでしょう。

スペックで見ると「Power 46」は40~46グローエンジン相当、「Power 60」は60相当なので
当然 Power 60 の方が大きく重く、パワーの出るモーターです。「Recommended Prop Range」
を見ても大きいプロペラを回せる仕様になっていることからも解ると思います。

推力計算式はラジコン技術誌2008年10月号の記事からそのまま引用します。
静止推力(g)  Th=(D÷10)^3 x (P÷10) x (N÷1000)^2 x 22
D:ダイヤ(インチ)、P:ピッチ(インチ)、N:回転数(rpm)、「22」:APCプロペラ用の換算数値
となるそうです。回転数は実際のところプロペラとバッテリーの選択で変わりますが、例えば
DxP=12x8ペラ 、N=7600rpm ならばこの式で 約1757g と出ます。
垂直上昇を快適に行うためには、この推力が機体重量の1.25倍以上要る、とのことです。

モーターの「KV値」は「電圧1Vあたりの無負荷回転数(rpm)」なので、目安の数値であって、
実際にプロペラを回した際に得られる回転数ではありません。一般にこの値が低い方が低回転
高トルクモーターだということを示しています。詳しくは「KV値」で検索されるといいでしょう。

スペックで見ると「Power 46」は40~46グローエンジン相当、「Power 60」は60相当なので
当然 Power 60 の方が大きく重く、パワーの出るモーターです。「Recommended Prop Range」
を見ても大きいプロペラを回せる...続きを読む


人気Q&Aランキング