【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

調理に目覚め始めたオスでございます。
実は私の買ったフライパンはフッ素樹脂加工が施されてはいますが、いわゆるテフロン加工ではないので油を引いて下さいとされています。
この「油の引き方」ですが、人によりさまざまな様で、過去質問を検索した所、

オイルポットからフライパンに注ぎ、余ったらポットに戻す人、
筒状で先がタコ糸の集まりの如くになった「油引き」を使う人、
キッチンペーパーを使う人、
へらを使う人、
刷毛を使う人、
オイルスプレーなる器具で噴きつける人、

実に多種多様の様です。

で、自分は特にメタボ傾向でもまだない(?)為、ある程度の油分がこの料理には欲しいなと思った時には単純に油を買った時のPETのボトルから注ぎ、フライパンを回して、使い切るのですが、単に焼きつき防止で油が要るというならば、オイルスプレーがこの中で唯一一手順で事が済むので便利かと思い、900円クラスのものを買ったのです。

実はそこでお聞きしたいのは、

●オイルスプレーですが、実際に買って説明を読んだら「ポンプ式」らしくキャップを開けポンピングしやっと噴きつけになる、終わった後は空気抜きが要るなど、やたら面倒で、かといって私が想像してた様な100均で売ってる様な簡単なスプレー式では、はじめだけはいいが油の場合はすぐ詰まってしまう、とも聞きました。
私は使わない事を決めたのですが、何かこれにつき参考意見ございませんでしょうか?

●そうなると、ですが、オイルポットは密閉性が弱く、戻すというのもあまりしたくはない為、揚げ物の際には別口でポットを使うにせよ、それ以外には使う気はないし、油引き、刷毛などは回転の良いプロの食堂では便利でしょうが、家庭では消耗品として交換するならいざしらず洗浄に問題ありで、へらはたまに洗えるとしてもステーキ皿などに塗るには向いていないと思います。
結局キッチンペーパーかとは思ったのですが、一枚をつど使い捨てるのは惜しいし、ちぎるのも面倒、ちぎって入れ物に貯めておこうかなとも考えましたがそういう義務作業は増やしたくない、結局はステン製の容器に一枚をくしゃくしゃに入れておき、そのつどいろんな面で油ならしをし、もうだめだとなったら捨てる、こんな方法にしようと、今は思っています。

いやはやですが、いろんな方法があろうかとは思うのですが、何か参考になるご意見ございませんでしょうか?
「こんな事で」と考えすぎにとられるかとも思うのですが、結構迷ってしまいました。
やや滑稽ですが、どうかご意見、宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

私はその時その時で油の引き方は様々です。


中華系の料理の時には油ポットから多量の油を入れてから、余分の油を戻す時もあります。この方法は、かなり油が残ります。
極少量に引きたい時には、キッチンペーパーで拭く様にして延ばしています。
通常は、適量の油をたらしてから少し加熱し、フライパンを動かせば、全体に回ります。

所で、テフロンでないフッ素コーティーングですか。何なのでしょうかね。
最近見付けたとても良いフライパンは、鉄の黒錆びつきでした。実に油なじみが良く、使いやすいです。コーティーングものは熱耐性が低いので、空焼きなど余り過加熱をしない方が良い様です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

あ、その事なんですが実は特殊な鍋でして、食洗機で洗いたいが為にティファール社の「取っ手、つまみのはずせるフライパン」なのです。
(家族数が多い人はフライパンは手洗いと割り切れる様ですが、食器の出が少ない単身者には鍋類まで機械で洗わせたい欲望が出てしまい、取っ手が機械に入れるに邪魔なのです。)
それが、テフロンにはあらずのフッ素樹脂コーティングだったというわけです。
又、私の考えというのは「戻し油」は揚げ物の際の大量の油を容器と鍋の間で為す時にだけ生じるもので、ペットボトルから炒め物の際に量を間違える事は少ないし、多少大目に注いでもその分は油受けか何かに捨てあとで紙に吸わせて捨てるでしょうし、そういう時はつまり「戻そうとしない」考えなのです。
どうもご意見、有難うございました。

お礼日時:2010/02/05 11:58

油を引くのは、シリコンの刷毛です。



オイルスプレーだと油が少量で済む、ときいて、去年あちこち探し回って
買いました。(最近は置いてある店が増えましたが)
フライパンにシューッとやってましたが、周りに飛び散っているのと
もしかしてこれを吸い込んでしまって、肺によくないかもしれないと
気付いて、あまり使わなくなりました。

フライパンにちょこっとだけ油を入れて、シリコン刷毛でのばします。
油はガラスの小瓶が主なのでそれが可能です。
オイルポットから注ぐこともあるし、網の所の油を使ったりもします。
多すぎたと思ったら、キッチンペーパーで拭き取ります。
シリコン刷毛が、油でベタベタだと思ったら、
これもキッチンペーパーで拭きますが、普通はそのまま吊り下げておきます。
いちいち洗ってないですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まず貴方様にお礼を申させて下さい。
オイルスプレーの作業性意外での問題点よく分かりました。
そして、シリコンの刷毛でしかも毎度洗ったりせず、ですね。
布製の油引きや刷毛よりはまだ清潔が保てますものね。
有難うございました。

さてこのあいだ問題にしていた揚げ物油の方ですが、オイルポットにするか私の様に密閉性の高い容器にするかというのは結局は、家族数がどうかしょっちゅう揚げ物をするか否かにかかっているのでしょうね。
もししょっちゅうであれば密閉性より作業性優先となりオイルポットや、あるいはむしろ揚げ物鍋に油を入れたまま、などという事もあるのかもしれませんよね。
こういう家はだって回転速く油が使われる為、酸化するより早く処分され注ぎ足されてゆくのでしょうから。
ですが私の様にたまにしか揚げ物をせず、しかも炒め物油と完全に独立させてる様な場合には、作業性より密閉性が優先されるわけで、オイルポットなどでは意味が無く、密閉性容器を使う事になる様に感じました。

実は昨日、その容器を買ってきたのですが、
それは、直径14cm高さ17cmくらいの円筒形のタッパの様なものなのですが、厳密にいうとタッパとは材質や密閉の仕組みが少しだけ違う様で、700円程度のものでした。
密閉性がある上に、もし油が傷んだ際に油を捨てた後にストンとした形ゆえ容器洗浄が簡単にできます。
しかも鍋に油を戻すのも簡単ですが、実は鍋からこちらに油を戻す時もじょうごなどを使わずとも口が広く安定感がある為、簡単だ、とねらったのです。
さらに百均からケーキ作りに使うらしい(?)せいろの様な立ち上がり部分のあるステンのふるいを買ってきて、この容器に逆さに上からかぶせると、ちょうどサイズがピッタリで揚げカス混入防止のずれないフィルタが取り付けられました。
醤油びんや酒のびんに入れていては密閉性はあっても洗浄性や作業性が難点でしたから。

これだけ多くの方にコメントしてもらえるなどとは正直思わなかったのですが、皆様ほんとうに「こだわりすぎの奇怪なる質問」にここまで付き合って下さり有難うございました。
いろいろ参考になり方式を作る事ができました。
皆様全員に、心より、迷惑も顧みず、油っこいネットリとした熱くて甘~~いキッスを送りたいと存じます。

お礼日時:2010/02/07 10:54

質問者さんの質問を否定する様で申し訳ないのですが、900円のオイルスプレーを


買う様な人がキッチンペーパーを「一枚をつど使い捨てるのは惜しい」とあり、
正直矛盾を感じます。

本題ですが、焼きつき防止目的だから油は極力無い方がいいというわけではでありません。
少しくらいの油は余計にあっても何も害は出ません。
そのまま調理を進めて下さい。(余計な手間もお金もかかりません。)

それと、フライパンについて勘違いされている様ですが、
テフロンだから油をいらないというのは間違いですよ。
油を使わなかったら炒め物ではなくて、ただ熱で焼いているか蒸し料理か煮物料理になってしまいます。
油を使うから美味しい料理もあるし、スムーズに調理が進むことがあります。
料理によって、目的(カロリーを減らす等)によって油の使用量を変えるのが正しい方法です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は矛盾は別に感じないのですが。
そういう動物が人間だと思います。

又、油を使うのが美味しい料理には私ももちろんテフロンだろうと油は使いますので、ただ、油を本来使いたくない場合にテフロンなら使わずにすむ場合がある、という事にすぎないので、
こちらの事については、他の方はどうであれ、貴方と私に食い違いは無いと、私は思いますが・・・どうして????
私はべつに「油」を否定しようとはどこにも書きませんでしたし・・

教えて下さりどうも有難うございました。

お礼日時:2010/02/05 20:32

ティッシュとキッチンペーパーについて捕捉します。

この2つは本質的に用途が違います。
ティッシュは本来、米軍で開発された軍用マスクのフィルタ材です。高価な軍用品を日常用品に使い始めたのは日本人ですが。今の衛生規格がどうなっているかは調べてませんが、ティッシュは医療用途品に近い規格だろうと思います。食品に適合する規格ではないはずです。かつては柔軟材として食品には適さない物質が使われていた事もありました。
一方、キッチンペーパーは食品が接することを前提に作られている製品でしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ティッシュは鍋に貼り付いて料理に混じってしまわないかとだけ思っていましたが、そも成分的にも?があるというわけですね。
知りませんでした。
有難うございました。

お礼日時:2010/02/05 20:22

オイルスプレー使ってみましたが詰まったり漏れたり、数回でギブ。


フライパンに馴染ませるくらいならティッシュ使ってます。
コンロ周りって結構サッと拭きたい瞬間があってすぐ取れる場所にティッシュを置いてます。
ペット若しくはオイルポットから少量注いでティッシュでのばす。
すぐ後で出番がなければティッシュはゴミ箱です。
キッチンペーパーよりは気軽に使えますし、繰り返しフライパンを使う時は残ったものをふき取れるのでへらや刷毛より便利かな。

フライパンに馴染ませる程度ならオイルポットの油で十分ですよ。
何ヶ月も置いとくわけじゃないですから。
こうやってオイルポットの油を使ってくと早く消費できるし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の実情はペットボトルから注いで終わりが多いのですが、分量を気にするなら、詰まり漏れ操作性悪いオイルスプレーよりNo.4の方の方法が単純でたしかだと思うし、量うんぬんでなくただまんべんなく馴染ませたいなら、他のどんな道具を使うよりかはペーパーだと私も思います。
ただオイルポットはNo.7の方へのお礼に書いた様な考えから私はあまり好みませんけれども・・・
あの~~、油が相手の場合はティッシュだと紙がフライパンに残ってしまう様な気がして、自分はキッチンペーパーなんですが、そんな事はないですかねえ。
どうも有難うございました。

お礼日時:2010/02/05 12:16

No.2 です。


>密閉性が乏しく油が変質しそう・・・
揚げ物の油って、何ヶ月も続けて使うものでもないので、
温度さえ気をつけていれば大丈夫じゃないかな^^
(一般的にですが、180度を超えると酸化が始まると言われてます)

どうしても気になるようでしたら、
揚げ物にはオリーブオイルを使うとか。
(同じく、200度を超えると酸化が始まると言われてます)
他にも用途は広いので、あると便利といえば便利。
ただし、少々お高いのがネックなので、そこはお財布と相談と言うことで^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度かたじけないです。
日常頻繁に使うであろう炒め物等に使う油はペットボトルから直接に、揚げ物用の油は別口で、と分けている点は一緒の様ですよね。
鍋からの「戻し油」は揚げ物用にだけに限定できるし、小型の軽いペットボトルの方が微妙な量の加減がしやすいですから・・貴方も同じ考えの様に感じます。

ところで、
この「揚げ物用の油」の方なのですが、
今、私は密閉性の不十分なオイルポットではなく安定の良い「ガラス製の広口ビン」を探そうかと考えはじめました。
ただ、夢の様な話で存在しないかもしれませんがベストは、胴体が角型のガラスでいわゆる「首」が無くキャップがネジ式ではなく四角いタッパの様なハメコミぶたになっている、こういう物がもし有れば、
密閉性が有る。
全体がストンとしていて洗いやすい
頭が角型ゆえ鍋に油を注ぎやすい
キャップが金属でなくサビない
いろいろ満たしてくれるのだが、と思い始めています。
タッパに油が入っていて大丈夫なのかは知りませんがキャップだけなら問題無さそうですが、こんな物は見つかりにくいので、どこかで妥協するのでしょうが・・・どうでしょうか?

もともとオイルポットというのは揚げ物も炒め物も全てそれひとつでやるのが前提で売られている様に思え、私の様にふたつに分けるのなら、むしろこういったビンの方が適合してる、と感じたのです。
いろいろ教えて下さって有り難いです。

お礼日時:2010/02/05 11:38

えーと、書き方がまずかったですね。

ごめんなさい。
馴染ませる分だけの油を計って使うという意味だったんですけどね(苦笑)

一番小さい計量スプーン(小さじ)に半分とかね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度かたじけないです。
私実は思ったのは、私そのものは油の量を気にして質問したわけではないのですが、「そういう人からすれば」、他に一定量しか出ない便利な容器でもあれば別ですが、オイルスプレーには実は問題がある以上、この「スプーン計量」はとてもいいのじゃないかと感じたのです。
短いコメントですが急所をついてらっしゃる、と思いました。
有難うございました。

お礼日時:2010/02/05 10:55

ステンレスの計量スプーンでボトルから注いで使う。



てか、ボトルから直接注いで使うのが一番手間かかりません。
但し、注ぐ量に注意が必要ですけれどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ス、スプーンですか!
な、なるほど・・・
分かるのですが注ぐ量はカンでOKなのでそういう意味ではなく、注いだ後、たいていはそのままですが、なじませようとする必要がある時、どうしてるか、を聞きたかったのです。
でも、どうも有難うございました。

お礼日時:2010/02/04 18:18

こんにちは。



48歳、♂、独身の自炊をしているものです。
自分も始めの頃は色々試してみたものです!
揚げ物する時には、きちんとした温度計つきの鍋を買って来ては、フライは何度とか、天麩羅は何度とか、唐揚は何度とか試してみました。

しかし、結論として自分のやり易い方法で収まりました!
格好、形はありますが、結局自分のやり易い方法を見つけたらそれでいいと思いました。

回答になっていないような気がするのですが、自分の経験から伝えたくて投稿させて頂きました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うん、そうですよね。
自分でしてみていろいろ気づいてゆくのでしょうが、何分初心者の為、経験者のパクリに走ってる面は有りますです。ご容赦あられませ。
有難うございました。

お礼日時:2010/02/04 18:13

こんにちは^^


自分は油を買ったときのペットボトルのまま使用してます。
作る料理によって油の量を変えるので、そのほうが便利だし、
もし入れすぎた場合は、いったんフライパンに油を広げたあと、
揚げ物用のポットに戻してます。
(オイルポットは、揚げ物用を入れてます)

いろんなものを使われる人もいるようですが、
洗い物が増えるのが面倒だしね^^;
それなので、上記のような使い方をしてます^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんです、
洗いもの、しかも油分はやっかいですんで、減らしたいですよねえ。
オイルポットの話が出ましたが、どうも密閉性が乏しく油が変質しそうなのと重くなるので注ぐ量を間違えやすく、通常の調理には使わず揚げ物に別扱い、とは思ってるのですが、実はそれも迷っています。
油の変質ってどの程度なのか、よく分からんもんで・・・
どうも有難うございました。

お礼日時:2010/02/04 18:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフライパンに油のひき方について

男の私でもフライパンで時々炒め物をしたりするのすが、
テレビで料理番組をみているとフライパンに油を
入れて、その油をフライパン全体に引き伸ばさずに
いきなり!炒め物の具材料を投入していますが
大丈夫なのでしょうか?

私は、油を入れて左手で油がフライパン全体にいきわたるように
左手をくるくると回して油が隅々にいきわたるように
してから、具材料を投入します。

ちょとした事ですが気になるのでこの際
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

最近のフライパンはテフロンコートが普通なので、油を完璧にいきわたらせなくても大丈夫ですよー。肉も魚もくっつきません。
マーブルコートのフライパンなら油いらないらしいですし。
中華の鉄鍋とかは使ったことがないのでわかりませんが(汗)

くるくる回して隅々までいきわたるくらいの油だと、ちょっと多いかもしれません・・・うちのフライパンはテフロンコートが剥げてきてお肉がちょっとくっつくので(笑)、ちょっぴりの油をフライパンに投入して、小さくちぎったキッチンペーパーで薄くのばしています。

Q鉄のフライパンの油塗りについて

鉄のフライパン(タークの24cm)を使っています。

料理もおいしく出来上がり非常に満足していますが、使用後の油塗りについて質問があります。

料理に使い終わった後に油を塗る際に、裏側も油塗ってる人いますか?

手間ががかるので、表面だけ塗るというのはだめでしょうか?

ちなみにみなさんは油を塗る際は何使われていますか?
私はキッチンペーパーを使ってるんですが、一枚一枚の紙がもったいないなと思っているので、油引きみたいなものを買おうかと考えています。

宜しくお願いします

Aベストアンサー

私は別メーカーの鉄製フライパンです(25年くらい使っています)
酸化皮膜がしっかり出来上がっていれば使用後に油を塗る必要はありません。
ホコリがついてかえって不潔になるおそれがある、と料理家の方が説明していました。

ただし、乾燥が不十分だったり、他の鉄やステンレス製品と密着しておいて置くと
サビが浮くことがあるので、塗ったほうが安心かもしれません。
使っていてサビや皮膜の剥がれが見えたら、油慣らしをし直します。

私はお湯だけ、または水+洗剤で洗っていますが、
洗う時に洗剤+お湯の方はその都度酸化皮膜が傷むので塗った方がいいです。
前の方と同じように縁の外側まで塗っておくと、食材のこびりつきも防げます。
ついでに我家もなぜかキッチンにトイレットペーパーホルダーがあります。
目だ立たない所に取り付けてキッチンペーパー代わりに惜しげなく使っています。
もちろん油引きもそれです。ご参考までに。

Qフライパンを熱してから油をひく原理

フライパンの使い方の常識として、「熱したフライパンに油」というのがあります。
油を入れてから熱するのと、原理としてどうちがいがあるのでしょうか。

Aベストアンサー

今週は忙しくて料理できなかったのですが、先ほどやっと実験できました。なかなか興味深い結果が得られました。材料は前回と同じ豚バラです。実験で変えた条件は、

1. 鍋の表面の材質(たわしでよくこすったあとか、酸化膜があるか)
2. 油を入れるときの鍋の温度
3. 油の量
4. 材料を入れるときの鍋の温度

の4つです。

さて、前回まで、鍋表面に酸化膜が形成されていて、高温で材料を入れたときは、油を入れるときの鍋の温度に無関係にくっつかないことを報告しました。今回、酸化膜をとるために、研磨剤つきのたわしでゴシゴシこすって、キッチンペーパーで水気をざっとふき取り、そのまま10分程度自然乾燥させた鍋を用意しました。火にかける前に油を投入し、よく鍋を熱してから材料を投入しました。鍋表面は火にかける前にあらかじめ油で覆われているので、酸化膜の形成はある手程度阻害されているはずです。結果は・・・、全くくっつきませんでした。

したがって、私の仮説はウソだということがわかりました。もしかすると、鍋さえ熱ければ油の有無とは関係なく十分な酸化膜が形成されるので、実際上は油を引く前に酸化膜を形成させることに神経を使う必要はないということかも知れません。

いずれにせよ、この結果は、材料を投入するときの鍋の温度が重要であることを示唆しています。そこで、もっと厳しい条件にするために、鍋を徹底的に洗った上で油を全く敷かずによく熱し、材料を投入しましたが、やはりくっつきませんでした。もっとも、豚バラの場合、自分自身が油を出すので、この結果から油の効果を云々することは出来ませんが、いずれにせよ、油を入れる温度よりも材料を入れる温度の方がずっと重要だということが示唆されます。

そこで、温度の効果を確認するために、鍋を火にかける前に材料を入れてみました。その結果、油の有無、酸化膜の有無にかかわらず、必ずくっつくことが判りました。つまり、鍋に材料をくっつけないようにするためには、上記の4つの条件のうち4、つまり、鍋をよく熱することがもっとも重要な要素であることが明らかになりました。ですから、ご質問の「常識」は(少なくとも物理的プロセスに関しては)「迷信」だということですね。これは私にとっても以外でした。

ではその背景にある科学は?というと実は良くわかりません。豚バラの場合常に油があるので、油と鍋との結合力が高温ほど強くなる、というstarfloraさんのモデルで結果は説明できそうですが、高温になればエントロピー項が効いて自由エネルギーが下がりますので、鍋と油分子との間に化学反応が起こらない限り結合が強くなることはあり得ないように私には思えます。間違っていましたらご指摘ください。私自身はたんぱく質の場合、熱が加わると変性して凝固しますが、その過程が長ければ鍋表面の微妙な凹凸と固着してしまうのではないかと今は想像しています。鍋が熱ければ、肉表面はあっという間に凝固しますからくっつきません。ご飯のようなでんぷん質の場合も、糊化したくっつきやすい状態から、表面が固まる、もしくは油で覆われた状態になりやすいため、鍋が高温の方が良いのだと思います。いずれにせよ、単なる潤滑や吸着の問題ではなく、化学反応も介在しているので事態はちょっと複雑ですね。

ちなみに、くっついたものをあまりきれいに洗わなかった場合、高温にしてから材料を入れても、油をたっぷり入れても、くっつきました。温度以前に鍋を良く洗って綺麗にしておくことは重要です。その点では「鉄鍋を洗剤で洗ってはいけない」というのは迷信だと思います。もっとも洗ったあとの表面は非常にさびやすいので、よく熱して保護膜としての酸化膜をつけ、油を薄く引いておくことは重要です。

今週は忙しくて料理できなかったのですが、先ほどやっと実験できました。なかなか興味深い結果が得られました。材料は前回と同じ豚バラです。実験で変えた条件は、

1. 鍋の表面の材質(たわしでよくこすったあとか、酸化膜があるか)
2. 油を入れるときの鍋の温度
3. 油の量
4. 材料を入れるときの鍋の温度

の4つです。

さて、前回まで、鍋表面に酸化膜が形成されていて、高温で材料を入れたときは、油を入れるときの鍋の温度に無関係にくっつかないことを報告しました。今回、酸化膜をとるために、研...続きを読む

Qたこ焼きを作る時に使う油引きは洗うのでしょうか??

本気で悩んでいます(^^;)
今日、はじめて油引き(?!)を使ってみたのですが・・
洗うものなのか次回使う時までそのままにしておくのか疑問です。
どうぞお馬鹿な私に回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

我が家では、油引き用の収納容器を買ってきて保管しています。
梅雨時期や夏場は冷蔵庫へ。
洗わないですよ。だって、洗ったら洗剤付くし毛がなじまないでしょ?
それに普段からよく使います。
フライパンに油を直接入れると分量オーバーになりがちだけど、油引きだと自分の好みで分量決められるし。
それに、使わないものを買うのはもったいない!!(笑)このあたり大阪人ですね(笑)ははははは(^_^;)
でもホントですよ。だってたこ焼き焼くためだけに買うなんて・・・。
いくら安くてもねぇ(笑)割り箸にクッキングペーパー巻けば、充分油引きの代わりにになりますから。
と、いうわけで我が家では「保管する」でした。

Q大さじ一杯 小さじ一杯って・・・

それぞれ何グラムぐらいなんですか?困っています教えてください。私はさじを持っていないので測れないのです

Aベストアンサー

重さは量るものによって違いますが、
大さじ一杯=15cc
こさじ一杯=5cc
です。

Q油引きの扱い

油引きを使いながらいつも思うのですが・・・
これっていつが取り替え時なのでしょう
卵焼きとかに使うと、とても便利ですが、そのままケースにもどし
別な日に使うとき「これって、古い油付いてるよね…」と思ってしまいます
3回目4回目と使うたび「いいのかなあ?」と思いながら使ってしまいます。
マメに買い換えると不経済な気がしますし、洗うんですかね?
お宅での扱い方を教えてください

Aベストアンサー

#2のものです。また来ました。

(汗)というのは、ペーパーを一枚全部使わなくて ちぎって最小の量しか使わないという ケチなまねをしているという意味での(汗)です。
ペーパー一枚使うと 油も多くいるし紙ももったいないです。
広がる余裕のない大きさです。
その意味では コットンのほうがよいのですけれど コットンは時々フライパンに繊維がひっついてしまうことがあるのでしていません。

100円ショップに売っていたペーパーを挟み込むタイブの油引きは へらのように横の幅が3-4センチあるので たこ焼きはできません。
たこ焼きはやはり いつもの2個100円の物が良いです。
以前は家で作っていました。
割り箸を割らずにコットンをある程度の量 挟み付け、○ードペーパータオルでくるんで 照る照る坊主のように形作り糸でしっかりくくって作ります。
ペーパータオルで巻くのは コットンの繊維が出てくるのが嫌なためです。
ペーパータオルを二重にして コットンの量をうまく加減してしっかりした丸いものを作ると市販の油引きよりたこ焼きに適したものができますよ。
ただ うまく作らないと先だけ抜けてしまいます。
どうぞお試しあれ !

#2のものです。また来ました。

(汗)というのは、ペーパーを一枚全部使わなくて ちぎって最小の量しか使わないという ケチなまねをしているという意味での(汗)です。
ペーパー一枚使うと 油も多くいるし紙ももったいないです。
広がる余裕のない大きさです。
その意味では コットンのほうがよいのですけれど コットンは時々フライパンに繊維がひっついてしまうことがあるのでしていません。

100円ショップに売っていたペーパーを挟み込むタイブの油引きは へらのように横の幅が3-4セン...続きを読む

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。

Q鉄のフライパンは油を塗って置かないと駄目?

炒飯を作るために鉄のフライパンを購入を考えているのですが、
使い終わった後油を塗っておく必要があるのでしょうか?

虫がくる事も気になりますし、来なくてもまず家内が許さないと思います。
出来れば完全に油は落とした状態で保管しておきたいです。

尚、購入の場合は窒化処理のものを考えています。

Aベストアンサー

鉄製のフライパンや中華鍋は油を抜ききってしまうと良くないですね。
毎日フライパンを使う本職の調理人はフライパンを洗う時に洗剤は使いません。
たわしとお湯で汚れを落とし、コンロにかけてしっかり水分を飛ばしておきます。
時々、から焼きして油をなじませなおすような作業もします。

一般家庭ならば、特に鉄製にこだわる必要はないかと思います。
一般的なキッチンコンロでチャーハンを作る程度でしたら、
テフロンとかの家庭用フライパンで十分ではないでしょうか?
保管場所の問題もありますし、洗剤でしっかり油を落としても問題ありません。
スパテラやレードルもテフロンを傷つけない材質のものを選べばいいです。


プロがテフロンなどを使わないのは、単に耐久性の問題です。
一般家庭とは比べ物にならない火力。
レードルやスパテラなどで、ガシガシやる。
オーブンの中にフライパンごと入れてしまう。
などの使用方法で、たちまちコーティンが劣化するためですね。
それだったら、鉄のフライパンをちゃんと手入れして使ってたほうがいい。

参考までに鉄製フライパンの手入れに関する解説を貼っておきます。

参考URL:http://nr.nikkeibp.co.jp/comic/20051108/index.html

鉄製のフライパンや中華鍋は油を抜ききってしまうと良くないですね。
毎日フライパンを使う本職の調理人はフライパンを洗う時に洗剤は使いません。
たわしとお湯で汚れを落とし、コンロにかけてしっかり水分を飛ばしておきます。
時々、から焼きして油をなじませなおすような作業もします。

一般家庭ならば、特に鉄製にこだわる必要はないかと思います。
一般的なキッチンコンロでチャーハンを作る程度でしたら、
テフロンとかの家庭用フライパンで十分ではないでしょうか?
保管場所の問題もありますし、洗剤で...続きを読む

Qプロのフライパンはなぜくっつかない?

ホームセンターなどで売っている家庭用フライパン、テフロン加工、フッ素加工してこびりつきにくくしてありますよね。目玉焼きがスルスル踊っていたり。とはいえ、長く使っているとその加工もはげて、たいした効果もなくなってきます。

一方で、料理のプロが使うフライパン、黒光りする使い込まれた?とおもわれる、さすがプロの道具とうなっちゃいます。でも、プロがテフロン加工のくっつかないフライパンを使っているって聞いたことありません。

ふつ~の鉄製のフライパン、くっつかなく使うにはどうしたらいいんでしょう?

Aベストアンサー

こんにちは。
答えは単純明快。
ズバリ「油が染み込んでるから」です。
プロのフライパン油の量も違い結構多めに使っているのも、要因の一つです。
しかし、家庭ではそう簡単にはプロフライパンは出来ません。

そこで作り方ですが、まず買ってきたフライパンを親の敵の如くチンチンに空焼きします。
この時に、表面の錆止め塗料が凄まじい勢いで煙を立てますが(注:体にはとても悪そうな物質が出て来ている事間違いないので、換気は十分に)ひるむ事無く焼き続けます。
(焼きが甘いと後で油が馴染みません)
そのうちに、全体(一部分だけではなく、縁まで)が青黒く光る様になったら、自然に冷ましてから金タワシ&クレンザーで洗います。
その後、十分に冷めたら食用油(勿体無いから特価の時に買った安いサラダ油)を半分位入れて、煙が出るまで温めたら最低一時間位弱火にして熱します。
出来ればその時に、縁にスプーン等でかけて油をまわしてやりましょう。
その後、油を捨てて結構照り照り状態で保管したら完成です。
但し、しばらくの間はまだ油の馴染みがよくないので、揚げ物をせっせと揚げて油を鍋に吸わせてやって下さい。

手入れに関してですが、洗剤は基本的には使わずに金タワシやササラ等で流し洗いしてすぐに火に掛けて完全に乾燥させた後に、薄く油を引いて保管して下さい。

ちなみに、中華鍋も同様の方法でプロ使用が作れます。

最初面倒かも知れませんが、一度しっかりやっておけば家庭用なら数十年もちますよ。
(下手したら人間の寿命より長いかも)
ちなみに、小生がこの様にして作った百均フライパンは、友人の家で五度目の正月を迎えましたとさ。

取り急ぎ、回答まで。

こんにちは。
答えは単純明快。
ズバリ「油が染み込んでるから」です。
プロのフライパン油の量も違い結構多めに使っているのも、要因の一つです。
しかし、家庭ではそう簡単にはプロフライパンは出来ません。

そこで作り方ですが、まず買ってきたフライパンを親の敵の如くチンチンに空焼きします。
この時に、表面の錆止め塗料が凄まじい勢いで煙を立てますが(注:体にはとても悪そうな物質が出て来ている事間違いないので、換気は十分に)ひるむ事無く焼き続けます。
(焼きが甘いと後で油が馴染みま...続きを読む

Q基本中の基本ですが・・・スクランブルエッグ

こんにちは。

冬休みの間の朝食は時間があったので何回かスクランブルエッグを作って食べていました。
ところが、フライパンに卵がくっついてしまったりと何回やっても思う様な
半熟感のスクランブルエッグが出来ませんでした。。。なぜ??

ホントにお恥ずかしいのですが、スクランブルエッグの作り方を教えて下さい。

卵には少し牛乳を入れてます。玉ねぎやトマトを入れる時もあります。
フライパンはテフロン加工のものです。(¥198でしたが!!)

何がマズイのでしょうか?
火加減などを教えていただけたらウレシイです。
(最初は強く?それとも弱火で?)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おはようございます。スクランブルエッグ・・・そうですね~
たぶん、フライパンに卵がくっつくのはフライパンがよく温まってないからだと思いますよ。
私も時々失敗します。テフロン加工なら油をひかずに焼けそうな気もしますが
しっかりフライパンを温めてから卵を入れてもくっつくようなら、
やっぱり油かバターをひく方が良いのでは・・。

火加減は、卵を入れるまでは強火で、入れたら中火で焼いています。
卵を入れた瞬間にジュっと音がして周りが固まってくるので、
全体の硬さが同じになるように手早くかき混ぜながら、
まだちょっと生?というところで火を止めます。
油断するとあっという間に余熱で火が通りすぎてしまうので
早めに火を止めた方がいいと思います。

それと牛乳を入れていらっしゃるとの事ですが、生クリームの方がふわっと仕上がる気がします。
コーヒーフレッシュでもいいので、よかったら一度、試してみてください。

参考にならなかったらすみません~


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング