痔になりやすい生活習慣とは?

古典
無名抄の「深草の里」の現代語訳を教えてほしいです。

現代語訳の場所は

俊恵いはく、~ 「かくこそ言ひしか。」と語り給へ。」とぞ。 

のところです。

お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 俊恵は、~「『このように言った』とお話しなさい」と(言った)そうだ。



でしょうかね。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夕されば野べの秋風身にしみて

夕されば野べの秋風身にしみて 鶉(うづら)鳴くなり深草の里
(『千載和歌集』巻第四 秋歌上 岩波文庫67ページ)

『千載和歌集』の選者、藤原俊成がみづから選んで入集させてゐる歌です。鴨長明『無名抄』によれば、俊成は、この歌が「これをなむ、身にとりてのおもて歌と思ひ給ふる」、つまり自分の代表歌だと言つたのださうです。(角川文庫77ページ)

『無名抄』では、そのあと、俊恵の批評が記載されてゐて、「身にしみて」の句が露骨な表現で残念だ、となつてゐます。私も同感です。

俊成はなぜ、この歌を代表歌としたのですか。

Aベストアンサー

俊成と俊恵は、ともに幽玄の美を確立した歌人ですが、例えば
桜の花がきれいだとか、北風が吹いて寒く辛いとかを歌に表してしても当たり前過ぎて、誰も見向きもしませんね。
俊恵は、情景だけを歌にして、それを読む人に、その印象から、寂しさや侘びしさを感じてもらう手法が、好きでした。
俊恵は、印象を重視した。

しかし、俊成は身にしむ風としてほんの少し感情を表し余情を表現した。

絵的なもの、物語的なものの差でもあります。

両巨匠の和歌の考え方の違いを鴨長明が、歌の論として記載した部分です。現代でもどっちが良いか別れるところです。


人気Q&Aランキング