新生活!引っ越してから困らないように注意すべきことは?>>

なぜ、時間は不可逆性なのですか?
また、時間の概念を教えてください。

A 回答 (5件)

物理学では


【観測】【実証】が
そろったとき
【証明】されたことになります。
時間は【光子】とも呼ばれる
素粒子の速度を
【絶対速度】と仮定し、
【観測】することで成り立ちます。
理論物理学(通称)においては
ビデオをスローや巻き戻しするように
【時間の停滞】【時間の逆行】が
起こっているとの説もありますが、
これらが【観測】された時点で
時間は正常に過ぎている、
ということになるのです。
SFの世界で言う【ワープ】は
光速を超えて【速い】のではなく
距離は越えていますが
時間を超えていません。
もし、
過去の時代に行けたとしたら、
【観測】できていますので、
それは時間を越えたのではなく
空間を越えたことになります。
過去を【実証】したとき、
そこに
【親殺しのパラドックス】が
生まれるわけですが
・・・夢があるんだか無いんだか。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答いただきましてありがとうございます。
素人の私にはもっとも分かりやすい回答でした。
身近なところにある題材を用いて説明されているところは、とても親しみやすく、SF小説を読んでいるような印象でした。
「観測」と「実証」が「証明」に必要との指摘は、科学を学ぶ際にはとても重要ですね。
「親殺しのパラドックス」も、非常に興味深く考えさせられ、大変有意義でした。
これからも時間とは何かについて、改めて考えたくなる内容でした。
ありがとうございます。

お礼日時:2010/03/08 22:24

時間という実態がある訳ではありません。

時間とは変化のことです。変化には向きはありません。したがって、時間には本来向きはありません。ただし、起きやすい変化と起きにくい変化というものはあります。これは確率だけの問題です。起きやすい変化ばかりが起きているように思われるため、変化には向きがあるように感じるだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
時間が変化であるというご指摘は、少々大雑把な印象を受けます。なぜなら、変化とは、時間以外のところでも起きる現象であるため、時間の本質を表しているとは言いがたいと思ったからです。
しかしながら、時間とは何かについて、改めて考える契機をいただいたと感じました。
これからも時間について考えたいと思います。
ありがとうございます。

お礼日時:2010/03/08 22:50

(#1の者です。

回答の質疑に回答するのは、主旨に反する
かも知れませんが、ご参考になるかも知れませんので)

因果律は、存在の原理的本質としての不確定的実体の集合
において、そうした確率波動が相殺された上に成るもので、
階層現象の表面的定性化=認識のいい加減さによって生じた
決定論的な幻想において生じる問題です。

日常的な感覚(素朴唯物論)において、「存在」とは確定的
実体が原「因」で、結「果」的な認識に於いて不確定性を
生じさせると思われており、そこに「対象と認識の相対」
としての因果律が派生するのであって、逆に不確定的本質が、
認識のテキトーさによって有限的性質=存在性を派生させる時、
「因果律」も結果に対してのみ生じる非本質的なものとなります。

「あなた」とは宇宙(因)か?その要素である肉体(果)か?
の答えは、「あなた」とは認識であり相互作用である、です。
最新の量子論的世界像において、有限な存在性は観測される
事によって生じています。
量子的な不確定性無限の潜在としての感受表面(現在=光速)
からの階層現象表面(仮想)的な非光速性自我仮説(記憶=
過去=超光速)と時空仮説(予測=未来=光速下)の相補分化。
全てのものは、あなたが存在するための(物理的根源にまで
遡った)補完なのです(「あなた」は結果的な産物ではない)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2度目の回答をいただきましてありがとうございます。
専門的な内容でした。
とても高度な回答ですが、哲学的な要素を多く含むもので、その辺りで親しみを持てる内容でした。
素朴唯物論は言い換えると機械的唯物論です。私は唯物論哲学を学んでいますが、別の唯物論哲学です。弁証法も学んでいますし、観念論哲学も学んでいます。
「存在」や「実体」は馴染み深い言葉です。
最初の回答の中で述べられていた「有」と「無」は、ヘーゲルがまさに述べていたことです。
難解ながらも楽しく拝読しました。
ありがとうございます。

お礼日時:2010/03/08 22:38

#1のお答えは「物理的に正しい」んだけど「因果律」を説明していないように感じられるのであまり役には立ちませんね。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答いただきましてありがとうございます。

お礼日時:2010/03/08 22:10

物理の本質を表したファインマン図は、時間的に可逆です。


たとえば、超光速において発生するタキオンは時間軸を逆行すると考えられますが、実際は、逆の性質を持った粒子が時間軸順行しているとしか感じられません。
流れているのは時間ではなく、あなた自身(無の潜在としての認識可能性)です。

全ての存在は、量子的な不確定性に基づいており、無限につめこむと存在確率の山が平らになって、無と等しくなります。
この「絶対無=不確定性無限」において、その無限のゼリーの中に、仮想的な認識体の断面を切ると、その認識体にとって、相補的不確定性を伴う存在による宇宙が見えるのです。

その「存在」は、認識される階層的現象の表面的に生じるもので、根源的に絶対化しようとすると、元の無限不確定性に発散します(不確定性原理)。
その無限の闇に、認識体の仮定断面の運動を想定すれば、相対的に無の風は光になり、認識体はその光(量子相互作用パターン)の向うに、自己の補完(相補的不確定性)としての宇宙を認識するのです。

我々は「過去は既に終わっている」「未来はまだ来ていない」ので、「存在するのは現在」と考えますが、真の『現在』とは、認識体の感受表面での量子相互作用(光速)のみであり、その経験(過去=超光速)による予測(未来=光速下)として時空的広がりは発生しているのです。
無の不確定性無限の潜在としての、「自我仮説性」の相補としての「時空仮説性」。

「自我仮説」が、宇宙膨張=光速の低下=物体収縮=不確定性(h)の収束における、hの減少の時系列化である時、それが架空の時間軸となって、空間的確定性としての無限不確定的空間性が、超光速(過去=経験=時間)と光速下(未来=予測=空間)に相補分化する受け皿となり、同一軸の延長が仮説的に直交基底をなす事によって、相補的不確定性を生じ、経験による予測=現象表面的定性化における、有限的存在(=非光速)を幻出しているのです。
即ち、「何か有るんじゃないの?」という疑問(自我仮説)の相補として生じた時空仮説に対して、「本当はないんだけどね」という無の射影として、存在は生じていると言えます。
無いとは分からない事が有なのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
素人の私には難解な回答でした。ただ、なんとなくですが、時間というものの説明は、つけられそうな気がしました。もちろんきちんとした勉強は必要ですが。
回答内容が物理学的でもあり、また哲学的でもあると感じました。私は哲学を学んでいるので、その辺りの観点から非常に興味深い内容でした。
物理学とは哲学にもっとも近い学問であるのかもしれないなと感じます。
回答くださったことに感謝します。

お礼日時:2010/03/08 22:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q時間は可逆?不可逆?

時間は逆戻りできるの?理論上でかまいません。
もしそんな理論があるならどんな理論ですか?

Aベストアンサー

 時間とは何か、を考えてみましょう。
 時間には、2つの性質があります。時間は2種類ある、と言ってもいいかもしれません。1つは、座標軸としての時間、もう1つは、流れとしての時間です。座標軸としての時間は、光が進む距離として定義されます。流れとしての時間は、運動によって定義されます。運動がなければ、時間の経過、というものは意味を持ちません。時間の流れを保証しているのが光です。光はすべての観測者に対して同じ速さで進み、どの観測者から見ても止まることはありません。決して止まらない運動が存在することで、時間の流れが保証されます。
 次に時間の向きですが、時間の向きはエントロピーが増加する向きとされています。これは経験的には、熱力学第二法則と言われているものですが、物理法則というよりも、確率の問題です。簡単に言うと、起こりやすい事が起こる、それを人間は時間の向きと認識している、ということです。
 それでは、時間を逆戻りさせるとしたらどうすればよいでしょうか。すべての物質の運動を、ある時点でいっせいに逆転させることができれば、時間を逆戻りさせることができそうな気がします。そんな事は現実には不可能ですが、そうしたら本当に時間は逆転するでしょうか。残念ながら、時間は逆転しません。ビデオの映像なら、忠実に逆転していくでしょうが、現実の物質は、たどって来た道を正確に戻ることは不可能です。それは量子力学の示すとおりです。来た道を正確に戻れないということは、実際には起こりやすい事が起こり、それは、我々が時間の正の向きと認識している向きに流れることを意味します。
 分かりにくい内容だったかもしれませんが、結論としては、時間の逆転は起こりません。

 時間とは何か、を考えてみましょう。
 時間には、2つの性質があります。時間は2種類ある、と言ってもいいかもしれません。1つは、座標軸としての時間、もう1つは、流れとしての時間です。座標軸としての時間は、光が進む距離として定義されます。流れとしての時間は、運動によって定義されます。運動がなければ、時間の経過、というものは意味を持ちません。時間の流れを保証しているのが光です。光はすべての観測者に対して同じ速さで進み、どの観測者から見ても止まることはありません。決して止まらない運...続きを読む

Q四次元というのはどんな世界ですか?

そもそも我々の住んでいる世界は三次元ですか、四次元ですか?
三次元の世界とは縦横高さのある空間の世界だと思います。
これに時間の概念を足せば四次元になるのでしょうか?
我々の世界にも時間があるので、四次元といってもいいのでしょうか?
それとも四次元とは時間とは無関係の世界なのでしょうか?
あるいは時間と空間を自由に行き来できるのが四次元なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>そもそも我々の住んでいる世界は三次元ですか、四次元ですか?

4次元であると考えると都合がいいというのが
現段階の結論です。

 100年ほど前、スイスのチューリッヒ工科大学
のミンコフスキー教授が物理学的な4次元の理論というのを
考えました。物理的な計算をするのに、縦、横、高さ
方向以外にもう1つ方向があるとして計算すると
うまく計算できることがあるというもので、
彼の教え子の一人が、4次元時空の理論と
して有名な相対性理論を完成させた、アルバート・
アインシュタインでした。
 彼は、リーマンという数学者が作った、
曲がった空間の幾何学(現在リーマン
幾何学と呼ばれています)を使い、4次元の
空間が歪むという状態と、重力や光の運動を
あわせて説明したんです。これが相対性理論。

>これに時間の概念を足せば四次元になるのでしょうか?

 物理学的にはそうです。

 相対性理論の話に関連付けて説明するとこんな感じです。
例えば、下敷きの板のような平面的なもの(数学的には
これを2次元空間と言ったりします)を曲げると
いう動作を考えてみて下さい。下敷きに絵が書いて
あったとして、曲げながらそれを真上から見て
いると、絵は歪んで見えます。平面的に見て
いても下敷きという2次元空間が歪んでいる
ことが感じ取れます。
 2次元的(縦と横しかない)な存在である下敷きが
歪むには、それ以外の方向(この場合だと高さ方向
ですが)が必要です。

 19世紀に、電気や磁気の研究をしていた学者たちが、
今は小学校でもやる砂鉄の実験(紙の上に砂鉄をばら撒いて
下から磁石をあてると、砂鉄が模様を描くというやつです)
を電磁石でやっていたときに、これは空間の歪みが
原因ではないかと直感したんです。
 電磁石の強さを変えると、砂鉄の模様が変化します。
これを砂鉄が動いたと考えず、砂鉄が存在して
いる空間の歪みが変化したのでは?と考えたんです。

 3次元の空間がもう1つ別な方向に曲がる。
その方向とは時間という方向だということを
証明したのが、相対性理論だったんです。


>あるいは時間と空間を自由に行き来できるのが四次元なのでしょうか?

 4つ目の方向である時間は、存在していても
その方向に、人間が自由には移動する方法は
現在ありません。時間方向を自由に動ける機械と
いうのは、タイムマシーンのことなんですが。

 日常生活を考えてみたとき、縦、横といった
方向は割りと自由に動けます。1時間ちょっと
歩けば4kmくらい楽に移動できますが、
道路の真中で、ここから高さ方向に
4km移動しろと言われたら、人力だけでは
まず無理でしょう。
 飛行機やロケットといった道具が必要と
なります。
 時間方向というのは、このように存在していても
現在のところ自由に移動できない方向なんです。

 例えば、人間がエレベーターの床のような
平面的な世界に生きているとしましょう。

 この場合、高さ方向を時間と考えて下さい。

 エレベーターは勝手に下降しているんです。
この状態が、人間の運動と関係なく、時間が
経過していく仕組みです。

 人間もほんの少し、ジャンプして高さ
方向の移動に変化をつけることができます。

 同様に時間もほんの少しなら変化をつける
ことができます。

 エレベーターの中で、ジャンプすると
ほんの少し下降を遅らせることができる
ように、時間もほんの少し遅らせることは
できるんです。




 

>そもそも我々の住んでいる世界は三次元ですか、四次元ですか?

4次元であると考えると都合がいいというのが
現段階の結論です。

 100年ほど前、スイスのチューリッヒ工科大学
のミンコフスキー教授が物理学的な4次元の理論というのを
考えました。物理的な計算をするのに、縦、横、高さ
方向以外にもう1つ方向があるとして計算すると
うまく計算できることがあるというもので、
彼の教え子の一人が、4次元時空の理論と
して有名な相対性理論を完成させた、アルバート・
アインシュタイン...続きを読む

Q人間の3大欲とはなに?

この質問は このジャンルでふさわしいのかどうかちょっと迷ったのですが・・・。

人間の 3大欲といわれるものがありましたよね。
あれは 食欲と 後はなんでしたでしょう?

また その「人間の3大欲」という言葉は
誰が 言い出したのでしょうか?

Aベストアンサー

人間の三大欲望は
食欲 睡眠欲 性欲 です。
食欲は,物を食べ,エネルギーにする事。
睡眠欲は,睡眠をとり,脳を休ませること。
性欲は,トイレで用をたしたり,エッチをしたり,する事
この3つはある程度は我慢が出来ますが,人間が生きていくためには必ず必要なことです。欲望というより,必要不可欠なことです。
でも、このことを言った人はわかりません。昔からの言い伝えではないでしょうか?

似たような語で,「衣・食・住」これは、生活の上のことです。

Q部屋に勝手に入られない方法

高2の女です。私には、2つ年下の弟がいるんです。
困ったことに、私がいない間に私の部屋に勝手に
入っているんです。証拠はあります。昼間、弟しか
いなかった日など、部屋に戻るとお菓子を
食べられていたり、漫画がなくなっていたり。。。
引き出しの中のものが、なくなっていたり。
この間は友達からもらった手紙まで、
なくなっていたんです!!もう絶対にやめて欲しい!
私の部屋はドアが2つあるので、鍵を取り付けると
してもお金がかかります。どうしましょ!!
明々後日の13日月曜日、弟の学校が休みなんです。
その日は弟しか家にいなくて・・・。
確実に、100%部屋に入られちゃいます。
何か、いい方法ありませんか??
もしくは、部屋に入られた時に何か仕掛けがあって、
入ったことがバレバレになるとか。
例えば、ドアを開けた瞬間にペンキが落ちて、
床が汚れるとか。拭いても落ちないような布を
敷いておくとか。そんな感じの仕掛けをしたいです。
ちなみに、弟とは2年間話していません。
弟が、まぢやばい事を私にしてきたからです。
親には絶対言えないような事です。
親は、私が弟と話さないことを怒っているので、
親にこんな感じのことを相談しても信じてくれないし
怒られます。なので、親は頼れません。
普段は優しいんですが、弟のことを話すと怒ります。
なので、弟に直接「部屋に入らないで!!」とか
言えるような関係じゃないです。今でいう、
若貴兄弟みたいな↓ホントに入られたくないです!!
入られない方法あったら教えてください!!!!
できれば、入られたことがはっきりと証拠として
残る方法のほうがありがたいです↑↑
期間が2日間しかないので、なるべくたくさんの方の
意見を聞いて早く準備をしたいです。
回答よろしくお願いします!!

高2の女です。私には、2つ年下の弟がいるんです。
困ったことに、私がいない間に私の部屋に勝手に
入っているんです。証拠はあります。昼間、弟しか
いなかった日など、部屋に戻るとお菓子を
食べられていたり、漫画がなくなっていたり。。。
引き出しの中のものが、なくなっていたり。
この間は友達からもらった手紙まで、
なくなっていたんです!!もう絶対にやめて欲しい!
私の部屋はドアが2つあるので、鍵を取り付けると
してもお金がかかります。どうしましょ!!
明々後日の13日月曜日、弟の...続きを読む

Aベストアンサー

ドア式ということは、ドアノブなんですね?
南京錠は使えないですね。。。

一番いいのは、鍵付きのドアノブに交換することですね。1つ2000円くらいでホームセンターで売っています。2つで4000円で少し高いし自分で取り付けるのに女の子は難しいかもしれないですが^^;

ドアは外側に開くタイプですか?
内側タイプなら、本立てなどで完全に一方はふさぐことができると思いますが。外側式でも、壁にはなる。
とにかく、片方を使用不能にまずしてもいいかもしれません。

いくつか考えました。
組み合わせで使ってみて下さい。

(1)簡易防犯カメラを設置
もしPCがあれば、PCに接続できるCCDタイプのwebカメラでもいいです。
定期的に写真を保存するソフトなど使って記録しましょう。←HP上(携帯)で見れるようにもできます。ちょっと知識が必要。
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/net/se297077.html

(2)仕掛けカメラ設置
ドアノブが動いたら、紐や棒などを通じて、カメラなどのシャッターを押すように、テコの原理で仕掛けを作る。シャッター部分は、ピン付きのボールペンと輪ゴムでうまくできるかも。ただ、デジカメじゃないと、現像に時間がかかる。でもデジカメだと落として壊れるかも^^;

(3)100円ショップのブザーアラーム
100円ショップのひもを引っ張ると大音響が鳴ります。
これをドアノブや、ドアの前の足元にしかける。その時だけびっくりして動揺するだけです。その後気づいて時間があれば元に戻されるでしょう^^;

(5)テープのしかけ
床にテープを裏側にしっかり固定して貼って、その上にダンボールなどを置きます。
ドアの入り口にあって邪魔だとどかすと、もれなくテープが剥がれて、紙が剥がれます。それが証拠。

(6)グラスのしかけ
ひも引っ張るとグラスが落ちて割れる。
中に色付きの液体が入ってるともっと派手。
誰かいってましたが^^;

(7)風船
ドアをあけると針が刺さって風船が割れるようにする。びっくりする。風船に液体が入っていれば証拠に。

(8)ドアノブにしかけ
落ちにくい塗料をべたべたに塗る。裏側とか。
または、針をしかける。
蛍光塗料なら、いくら洗ってもあとでブラックライトで浮き上がります。
全体ベタベタ塗れば開けようって気にもならないかも。

(9)チェーンを付ける
部屋の内側にチェーンをひっかける金具を付けます(額縁とか固定する?型のやつなど)
あとはドアノブとつなぐだけ。
ただ、どうやってしかけるか工夫しないと自分が入れない^^;

とりあえずしょぼいけど、こんなとこで。

ドア式ということは、ドアノブなんですね?
南京錠は使えないですね。。。

一番いいのは、鍵付きのドアノブに交換することですね。1つ2000円くらいでホームセンターで売っています。2つで4000円で少し高いし自分で取り付けるのに女の子は難しいかもしれないですが^^;

ドアは外側に開くタイプですか?
内側タイプなら、本立てなどで完全に一方はふさぐことができると思いますが。外側式でも、壁にはなる。
とにかく、片方を使用不能にまずしてもいいかもしれません。

いくつか考えました。
組み...続きを読む

Q「けなげ」と「いじらしい」の違いがわかりません。教えていただけないでし

「けなげ」と「いじらしい」の違いがわかりません。教えていただけないでしょうか?例文があるとなお助かります。

Aベストアンサー

#2です

両方使う場合もありますね。「いじらしい」を更に強調する感じで。

形容詞である「いじらしい 【可憐しい】」には、弱いものが頑張っている様をみて感じるきもち。かわいいがかわいそう。など意味合いがあり、その中には形容動詞として「けなげ【健気】」も含まれてます。


例◆運動会のリレーで子供が、傷だらけでも頑張って走り回っているのが健気でいじらしい。

Qそもそも「時間」とは何なのでしょうか?

「時間」に関する素朴すぎる疑問に答えていただけると幸甚です。

1.時間と空間は表裏一体のものですか?
  たとえば、電磁波における電場と磁場のように。
2.時間にエネルギーはありますか?
3.時間は波動のようなものですか?
  波動やエネルギー、原子、素粒子といったもので説明できないものなのでしょうか。
4.現在・過去・未来は同時に存在していますか?
  現在からみて、1年前、1年後の世界というのは別空間、別次元等に存在しているものなのか。
5.時間は現在から未来へ進みますが、それを進ませる推進力は何でしょうか?
  エントロピーの法則と関係がありますか。
6.時間はどうして止まらないのか?
  相対性理論によれば、時間は伸び縮みしますが、
  光速ロケットに乗っている本人の時間は変わらないですよね。
  本人時間で1年経てば、一年歳を取るというふうに。
  ずっと動いているわけで、止まるということはないのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>7.どうして時間についてよくわからないのか?

 物理学的には、時間は「数学の変数として扱えればいい」からです。ちなみに相対論以降、空間と時間は不可分です。

 重力も、その振る舞いについては研究しますし、4つの力(重力、電磁気力、弱い力、強い力)が宇宙誕生初期には一つにまとまっていたころまで遡って理論化しようともしていますが、重力、あるいは4つに分離した力、さらにはそれらを一つにまとめた力が、どうしてあるかについては無頓着です。

 時間そのものが、物理学的に分かっていないのは、分かる必要が無いから、誰も調べていないのです。

 それでも時間の振る舞いについては、物理学的な事象として最小の時間である、プランク時間があることは分かっています。これは、物理学的事象が連続したアナログではなく、離散的なデジタルであることを意味します。

>8.静止している人と光速移動している人とに流れる時間は同じか?

 それは特殊相対論で答えが出ています。互いに違います。光速度未満でも、相対速度が0でなければ、それぞれ違う時間になります。

> 速度0の人と、速度Aで移動している人に流れる時間は同じだという証明はされていますか?

 特殊相対論的、一般相対論的に異なるという証明がされています。

> 地球上で流れる(過ごす)時間と、宇宙の果てで流れる(過ごす)時間に違いはあるか?

 曖昧なご質問ですが、原則として同じようなものです。しかし空間が膨張しているため、厳密な定義は難しいでしょう。ここでも時間と空間が不可分なことが影響します。

>9.時間にゆらぎがあるのか?

 ありません。物理学における「ゆらぎ」とは、何らかの物理量について、時空的(時間的、空間的)な平均値からの変動のことです。時間をも元にしてのものですから、時間そのものの揺らぎは考えません。

>10.時間のない世界はどんな世界?

 ビッグバン宇宙の始まる以前の世界です。基本的には、無でしょうね。

 ホーキング博士の考えでは、もし本物のブラックホールがあったら、その特異点では時間がないとのことです。時間が無いけれど、あらゆる可能性を持った量子的な何か。

 またホーキング博士は、時間を複素数で考えると、ビッグバン宇宙の始まる以前と滑らかにつながり、時間はずっとあり続けるという仮説を述べています。

> 想像もできないのでしょうか?

 (実数)時間ない世界はホーキング博士の提唱している世界ですが、その数式をイメージできる人はいないでしょう。発案者のホーキング博士でも、喩えですら説明できていません。
 そもそも、その元となる量子力学がイメージを拒絶しているということはありますが(量子力学の名言に「量子力学が分かったと思えたら、それは量子力学が分かっていない証拠だ」といのがあります)。

> そこには空間も存在しませんか?

 しません。時間停止の世界なら空間は存在し得ますし、そもそも物理学では「時間を止めて」記述することも多いのです(特に量子力学)。時間の無い世界だと、空間もありません。

> 深海魚が水のない世界を想像できないように、人間は時間のない世界を認識できないのでしょうか?

 深海魚の喩えは合わないです。時間停止の場合、それは時間停止の世界を見るこちら側の認識で、時間停止世界の住人からすれば、普通に時間は流れています。
 その時間もないとなると、空間も消滅し、当然ながら物質も何もありません。それをどう認識するかは、個々人の問題かもしれません。

>11.ミクロの世界の時間とマクロの世界の時間に違いはあるか?

 特に違いはありません。

> 素粒子の世界では因果律は破られており、時間は逆行しているのではないですか?

 反物質は、物理学理論的には、普通の物質の時間を逆転したものです。素粒子的にはそうなんですが(素粒子であるため情報は運べない)、それがマクロの物体になったときどうなのかは、今のところはっきりしない部分があります。

>12.時間はあらゆる物理的物体から独立している?

 いえ、時間と空間は不可分です。そして、空間は物質(エネルギーと言い換えたほうが正確)と不可分です。

> 時間は速度、重力、熱などのものから独立していると証明されているのか?

 独立していないと証明されています。

>13.ひも理論と時間
> ひも理論では多くの次元が存在するそうですが、多次元になっても時間は変わらないと考えられているのでしょうか?

 物理学理論は、空間的には3次元に限定されません。さすがに0次元には適用できませんが、1次元でも4次元でも、それ以上のn次元でも適用できます。ただし、空間3次元以外の世界は無いため、実験・観測事実はありません。
 ただし、時間を2次元以上にすることは、理論的に成功していません。もちろん、実験・観測事実もありません。
 超ひも理論で空間が4次元以上とされていますが、観測可能な、この宇宙の空間3次元以上の、高次元空間は、コンパクトに折りたたまれていて観測できないと考えられています。もしかすると、数学的都合のためだけの便法であるかもしれません。

 この4次元時空でも、CPT対称性(チャージ、パリティ、時間がセットになった対称性)というものがあり、そのうち二つが一時的に破れてもいいとされています。そのとき、残った一つが二つの破れを補うように破れます。つまり、三つセットでは安定しているということです。しかし、時間だけ見れば、それが常に安定しているとは限らないということでもあります。

 さらに、21世紀に入ってから、三つセットで対称性が破れる可能性が示唆されています。これは、いろいろな物理学理論の基礎であるローレンツ対称性をも破ることになるため、注目されているようです。

 そんな問題山積の状況です。ぼんやりと「時間って何だろう?」と考える暇すら、物理学にはありません。

>7.どうして時間についてよくわからないのか?

 物理学的には、時間は「数学の変数として扱えればいい」からです。ちなみに相対論以降、空間と時間は不可分です。

 重力も、その振る舞いについては研究しますし、4つの力(重力、電磁気力、弱い力、強い力)が宇宙誕生初期には一つにまとまっていたころまで遡って理論化しようともしていますが、重力、あるいは4つに分離した力、さらにはそれらを一つにまとめた力が、どうしてあるかについては無頓着です。

 時間そのものが、物理学的に分かっていないのは、...続きを読む


人気Q&Aランキング