出産前後の痔にはご注意!

過酸化水素と反応しない金属はどのような金属がありますか??Feなどは駄目だろうとは予測できますが、その他の金属に関しては全く解りません。。。

どなたか教えて頂けますよう宜しくお願いいたします。

A 回答 (1件)

酸性の薬品に反応しない金属でよろしいですか?


単元素金属であれば、金、白金(プラチナ)、タングステン
などがあります。
合金であれば(SUS302)クラスの磁石に反応しないものは耐薬性はあります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q過酸化水素水の利用方法

いつも大変お世話になっております。過酸化水素水の利用方法を教えていただきたいのです。どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

どーも、日頃、洗浄という分野で日常的にH2O2(以下、過水)を
使用しているものです。

工業用ですと35%の場合があります。
直接手で触ると、暫くして、真っ白になりかゆくなります。
が、半日程度、放置しておけば自然と治ります。

よって、MSDS等では多少大げさに記載してますが、そんなに
恐れることのない薬品です。
(但し、目に入ると失明したりはしますよ!!)

過水は、酸化力が強い酸性溶液ですので、漂白や洗浄といった
分野で活躍します。

家庭で処分したいならば、濃度を希釈して配管洗浄として
お風呂場や台所に流す。

因みにアルカリと混ぜると、過水の分解速度が速くなるので
ガスが出て鼻がツンツンしますので、ご注意下さい。

あと、W(タングステン)やTi(チタン)は、過水に溶解して激しく
反応し反応熱が生じますので、これらの金属とは接触させないで
下さい。

Q過酸化水素水のPH

3%の過酸化水素水のPHはどれくらいでしょうか?
PHというのは濃度によって変わりますか?

Aベストアンサー

こんにちは。


>>>3%の過酸化水素水のPHはどれくらいでしょうか?

下記の「12. pH and Ionization Constant」というタイトルのグラフを参照しますと、6.4ぐらいですね。
http://www.h2o2.com/intro/properties/thermodynamic.html#12


>>>PHというのは濃度によって変わりますか?

上記のグラフを見ると、50%~70%で酸性度が最大(=pHが最小)ですね。
面白いですね。


ちなみに、下記の中の
「15. What is the pH of H2O2 solutions? 」
というQ&Aでは、グラフではなく数値表で書かれています。
http://www.h2o2.com/intro/faq.html#15


以上、ご参考になりましたら。

Qオキシドールをかけて泡が出るのはなぜ?

 傷を消毒しようとすると発泡するときとしない時があります。
そもそも、なぜ泡が出るのでしょうか?泡がでない時は菌がいなかった
のでしょうか??傷でもないものにかけて発泡することもありますが、
そこには何がいたのでしょうか?!

 レベルの低い質問で恐縮です。何気なく常備してあるオキシドールが
不思議でたまりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

過酸化水素は,細菌中の金属イオンと Fenton 反応と呼ばれる反応によって,ヒドロキシル・ラジカル(HO・)とヒドロキシル・アニオン(HO-)に分解します(kajurum さんがお書きの反応も一種の Fenton 反応です)。ここで出来たヒドロキシル・ラジカルは非常に強い酸化作用を持っており,その作用によって殺菌作用を示します。

ところが,過酸化水素は動物細胞内の酸化反応の過程でも生じてしまいますので,有毒なヒドロキシル・ラジカルを生じる可能性があります。

そこで,動物細胞には過酸化水素を分解して無毒の酸素と水に分解する酵素があります(これが hero1000 さんがお書きのカタラ-ゼです)。

さて問題の泡(これが酸素であるのは皆さんがお書きの通りです)が出る出ないですが,次の様になります。


細菌や血液中の金属イオン等と Fenton 反応を起こした場合:上記の様に酸素が出来ませんので泡は出ません。

カタラ-ゼによって分解された場合:上記の様に酸素の生成による泡が出ます。

単に過酸化水素が分解した場合:inorganicchemist さんがお書きの反応によって酸素が発生し泡が出ます。


以上のようになりますので,むしろ泡が出ない時の方が殺菌作用を示しているといえます。

過酸化水素は,細菌中の金属イオンと Fenton 反応と呼ばれる反応によって,ヒドロキシル・ラジカル(HO・)とヒドロキシル・アニオン(HO-)に分解します(kajurum さんがお書きの反応も一種の Fenton 反応です)。ここで出来たヒドロキシル・ラジカルは非常に強い酸化作用を持っており,その作用によって殺菌作用を示します。

ところが,過酸化水素は動物細胞内の酸化反応の過程でも生じてしまいますので,有毒なヒドロキシル・ラジカルを生じる可能性があります。

そこで,動物細胞には過酸化水素を分解し...続きを読む

Q過酸化水素水とアンモニア水を混合したときは・・・

過酸化水素水(35%)とアンモニア水(28%)を重量%で、99:1に混合した溶液について教えてください。

1、水素と酸素が発生すると思うのですが、どのくらいの比率で発生するのでしょうか?
また発生物は、健康被害を及ぼすほどの濃度に達する可能性はありますでしょうか?

2、溶液の安定性は?
常温にて使用、保管する場合それぞれの有効濃度はどれくらい持つものでしょうか?

むかーし、化学でお勉強したはずのなのにどの辺りを留意して調べたらよいか分からなくなりました。おそらく、モルとか解離定数とか関係してくるのですかね?

よろしくご教授くださいませ。

Aベストアンサー

過酸化水素は高温アルカリ条件下できわめて不安定なのでわざとアンモニアを加えて50度程度にして洗浄に用いるのでしょうね。過酸化水素の分解によって発生する酸素もしくは分解反応が洗浄に一役買っているのかもしれませんね。

濃度測定自体は2さんのおっしゃるとおりですが、それは混合前の場合です。
普通実験で過酸化水素の有効濃度などを正確に知りたい場合は混合前に滴定すると思いますし、ただでさえ分解しやすい過酸化水素をアンモニアを混合したあとに保存することは好ましいことではないと思います。

まあ密閉容器に入れておけば、発生した気体によって気相部の圧力が上がり分解反応が少しはおさまるような気がしますがね。

両者が液体なので作成も簡単ですし、そのつど作成したらいかがでしょうか?

回答になっていなくてごめんなさい。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q過酸化水素水の反応

酸化還元反応を観察するとき、硫酸鉄(II)水溶液に硫酸を加えたものに過酸化水素水を滴下したのですが、
反応式上では発生しないと思われる気体(泡)が発生したようでした。
この気体は何なのでしょうか?
過酸化水素水が硫酸鉄以外と反応したのでしょうか?
よくわかりませんでした。この気体の正体を判断する実験も特に行いませんでした。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

発生したのは酸素で,H2O2 が分解したものです.
そもそも Fe2+ イオンも Fe3+ イオンも H2O2 分解の触媒活性があるので,観察例としてあまり適当な系に思えないですね.濃度にもよりますが,量論比で Fe2+ と H2O2 が反応しているように見えなくなるので,滴定には使えない系です.

Q仕事で配管洗浄をすることになりました。35%の過酸化水素を3%で使用し

仕事で配管洗浄をすることになりました。35%の過酸化水素を3%で使用したいのですが水1トンに対して何L使用すればよろしいのでしょうか!?当方全くの素人の為どなたかご教授お願い致します。

Aベストアンサー

#1です。
#2さん,間違いの指摘ありがとうございます。
指摘のとおり,35%が考慮されていませんでした。
#1は,破棄してください。余計なことを考えてしまった。

次のように計算しなおします。

水1[t]=1000[kg]にx[kg]の過酸化水素を加えて,3%の過酸化水素水を作るとすれば,
x/(1000+x)×100=3
です。
100x=3(1000+x)
で,これを解くと,
x=30.9[kg]
です。
これを,35%過酸化水素水でまかなうには,
30.9/0.35=88.29[kg]
必要です。
体積[L]になおすと,
88.29[kg]/1.130[kg/L]=78.13[L]
になります。

Q実験器具の洗い方なんですけど・・・

実験器具の洗い方なんですけど今僕は使用したビーカー、メスシリンダーなどは専用のブラシに洗剤(石鹸)を塗りつけあわ立てて洗い、そして水道水できれいに洗い流しその後蒸留水で洗い流しています。この方法は問題ないですか?石鹸で洗うのって問題ありますか?「まずいかなぁ・・・」と思いながら洗っています。詳しい洗い方をご存知の方よろしくお願いします。あとメスピペットや駒込ピペットなどの細いものってどうやってあらえばいいんでしょうか?今は蒸留水で内側と外側をできるだけちゃんと洗い流すだけでのやり方です、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です(苦笑)
もう一つ言い忘れたことが…
ビーカー・シャーレ等はさして問題ありませんが、メスシリンダー・メスフラスコなどの洗浄には注意が必要です。
あまり硬いブラシなどで内部を擦ると、或いはあまりにも念入りに磨くと、内部容量が微妙に変化してしまい、正確な測定が出来なくなります。
注意して下さい…って、そんな事は「言わずもがな…」な事でしたか?(笑)
失礼いたしました^^;

Q蒸気圧ってなに?

高校化学IIの気体の分野で『蒸気圧』というのが出てきました。教科書を何度も読んだのですが漠然とした書き方でよく理解できませんでした。蒸気圧とはどんな圧力なのですか?具体的に教えてください。

Aベストアンサー

蒸気圧というのは、主として常温付近で一部が気体になるような物質について用いられる言葉です。

液体の物質の場合に、よく沸点という言葉を使います。
物質の蒸気圧が大気圧と同じになったときに沸騰が起こります。
つまり、沸点というのは飽和蒸気圧が大気圧と同じになる温度のことを言います。
しかし、沸点以下でも蒸気圧は0ではありません。たとえば、水が蒸発するのは、常温でも水にはある程度の大きさ(おおよそ、0.02気圧程度)の蒸気圧があるためにゆっくりと気化していくためであると説明できます。
また、油が蒸発しにくいのは油の蒸気圧が非常に低いためであると説明できます。

さきほど、常温での水の飽和蒸気圧が0.02気圧であると述べましたが、これはどういう意味かと言えば、大気圧の内の、2%が水蒸気によるものだということになります。
気体の分圧は気体中の分子の数に比例しますので、空気を構成する分子の内の2%が水の分子であることを意味します。残りの98%のうちの約5分の4が窒素で、約5分の1が酸素ということになります。

ただし、上で述べたのは湿度が100%の場合であり、仮に湿度が60%だとすれば、水の蒸気圧は0.2x0.6=0.012気圧ということになります。

蒸気圧というのは、主として常温付近で一部が気体になるような物質について用いられる言葉です。

液体の物質の場合に、よく沸点という言葉を使います。
物質の蒸気圧が大気圧と同じになったときに沸騰が起こります。
つまり、沸点というのは飽和蒸気圧が大気圧と同じになる温度のことを言います。
しかし、沸点以下でも蒸気圧は0ではありません。たとえば、水が蒸発するのは、常温でも水にはある程度の大きさ(おおよそ、0.02気圧程度)の蒸気圧があるためにゆっくりと気化していくためであると説明できま...続きを読む

Q過酸化水素の酸化・還元力の変化?

お世話になります。
過酸化水素の適定は、硫酸酸性下で過マンガン酸カリを用いて行うとされますよね。
この過酸化水素溶液の中に、金属イオンを添加すると、この適定ができなくなるのです。正確には、わずかな量の過マンガン酸カリを滴下しても、赤褐色が消失しないのです。ですが、ここに金属封鎖剤を添加すると、(金属イオンを封鎖するためか?)適定可能になります。
想像ですが、金属イオンの添加によって、過酸化水素が酸化されにくくなると考えたのですが、酸化還元電位の測定をしても、金属イオンの有無で数値に変化はありませんでした。
そもそも、pH一定の時、金属イオンの有無によって、酸化力や還元力の変動ってありえるのでしょうか?もしくは、根本的に考え方が間違っているのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

横レス失礼します。

> ここに金属封鎖剤を添加すると、適定可能になります。

ここの手順の詳細の確認です。

<パターン1>
 1)過酸化水素水溶液にニッケルイオンを添加
 2)過マンガン酸カリを添加
 3)金属封鎖剤を添加

<パターン2>
 1)過酸化水素水溶液に金属封鎖剤を添加
 2)ニッケルイオンを添加
 3)過マンガン酸カリを添加

確認されたのは、『パターン1で、「2)」では消色せず、「3)」で消色した』と
いうことで間違いないでしょうか。
もし、
  『ニッケルイオン添加で消色しないことはパターン1の「2)」で、
   金属封鎖剤添加で消色することはパターン2の「3)」で、それぞれ確認』
ということですと、No.1の方の回答にある通り、過酸化水素はニッケルイオンに
よって分解されていると考えられます。
つまり、パターン1では、「1)」で既に過酸化水素が分解していたのに対し、
パターン2では金属封鎖剤でニッケルイオンが封鎖された状態で過酸化水素が
添加されたために、過マンガン酸カリ添加時にまだ過酸化水素が残っていた、
ということです。


パターン1の「2)」で消色せず、パターン1の「3)」で消色したとすると、
ニッケルイオンに配位した過酸化水素は、鉄イオンなどに配位した場合とは
逆に安定化する、ということになるかと思いますが・・・ちょっと考えにくいように
思います(汗)

横レス失礼します。

> ここに金属封鎖剤を添加すると、適定可能になります。

ここの手順の詳細の確認です。

<パターン1>
 1)過酸化水素水溶液にニッケルイオンを添加
 2)過マンガン酸カリを添加
 3)金属封鎖剤を添加

<パターン2>
 1)過酸化水素水溶液に金属封鎖剤を添加
 2)ニッケルイオンを添加
 3)過マンガン酸カリを添加

確認されたのは、『パターン1で、「2)」では消色せず、「3)」で消色した』と
いうことで間違いないでしょうか。
もし、
  『ニッケルイオン添加で消色しな...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング