ちょっと変わったマニアな作品が集結

購入予定の土地を担保に借り入れは出来るのか?

借地に建つウワモノを相続しました。
借地の方が契約更新の時期になりましたが、不動産屋はこの機会にソコチ買い取りをすすめ、
私も今後のことを考えたらその方がいいと思っています。
で、不動産屋もその方向で動いてくれ、地主も前向きな回答を出すまでに至りました。

あと問題は、買い取りの金です。
私には蓄えもなく、零細自営で低収入のため、銀行も私個人に金を貸すことは有り得ません。

ただ、不動産屋は、その土地を担保にすれば銀行は金を貸す。
土地を買い取った後、マンションを建てるなり、売り抜くなりしてから
返済すればいいというのですが、買う前から、買う予定の土地を担保にして
金を借りることはできるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>不動産屋は、その土地を担保にすれば銀行は金を貸す



この考え方が間違いです。
担保があるからお金が借りれるのではありません。
返済できるという可能性が高いのでお金が借りれるのです。

>私には蓄えもなく、零細自営で低収入のため、銀行も私個人に金を貸すことは有り得ません

この状況では、買い取りの資金を融資してもらうことは難しいと思います。

あなたが底地を買い取るのではなく、地主に借地権を買い取ってもらうことはできないのでしょうか?
    • good
    • 2

>買う予定の土地を担保にして金を借りることはできるのでしょうか。


「住宅ローン」ならば、よくある話です。
しかし、そこにこれから収益用のマンションを建てるだの、
売りぬくだのという話になるなら、むずかしいですね。
普通、お金を借りたら、翌月の一定の日付けから、返済が始まるんです。
返済プランはあるのですか?

「収益用土地」として買ったとしても、返済はしなきゃイケません。
要は、銀行が納得してくれるような返済方法を提示するかどうかです。
元金据え置きという方法ありますが、それでも、利息は払うことになるでしょう。
    • good
    • 2

どうしてここまでいえるのですか。


契約を更新するというのが原則だと・・・

仲介が動いて、地主も売却の方向で話が進んでいる状況では、今更、実は金の準備が全く出来てなかったので、無かった話にして借地の契約を更新してね。
と言う事が通用する相手だとよろしいのですが、という懸念があったので、同時売却にして3者が丸く収まる方向を書いたつもりですが、お気に召しませんでしたか。

こう言う話はタイミングと言うものがあって、こじれると大変なケースになるのを見ているからアドバイスさしあげたのですけど。
いい地主さんである事を祈ります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
お気に召す、召さないではなく、字面通り、質問でした。
更新の選択肢はあるはずなのに、どうしてそれがでてこないのか
そこに特別の理由があるのか、あるならそれは何かを知りたかったのです。
ちなみに、先方の地主にはまだ具体的な金額等の話はもっていっていないそうです。
つまの私にその意思があってそれを希望しているということではなく
たんに不動産屋の私案として勧めたようです。
今は、逆に借地権を地主に売るか、等価交換するか、
といったことについても検討しています。

お礼日時:2010/03/19 01:23

> 購入予定の土地を担保に借り入れは出来るのか?


「住宅ローン」では、比較的ありますよ。
土地を購入し、そこに新築住宅を建設する…というような場合には、この方法が採られます。

審査の段階では「購入予定の土地」には違いないんですが、実際には、「売買契約」と「土地購入資金融資の実行」と「土地の購入の支払い」と「土地購入資金融資に対して(土地への)抵当権の設定」を同時に行う…というカンジになります。

ただ、土地(底地)購入のみですと難しいですね。
土地購入後、その土地に住宅等を建築する…という条件で、「住宅ローン」や「事業用建物融資」などで扱いますので、あくまでも、その土地に近い将来、本人居住のために住宅や賃貸住宅を建てることが前提となります。

ですから、
> 土地を買い取った後、マンションを建てるなり、売り抜くなりしてから返済すればいいというのですが、買う前から、買う予定の土地を担保にして金を借りることはできるのでしょうか。
土地を買い取った後、マンションを建てる…というような話が出てくる訳です。
賃貸マンション経営による返済計画を立て、その計画内容次第では「事業用建物融資」と一本化した土地融資の可能性が考えられる…といったトコロだと思います。

> 不動産屋は、その土地を担保にすれば銀行は金を貸す。
不動産屋がお金を貸す訳ではありませんから、断言されても困りますね。

ローンなり自己資金で、ご質問者さまが土地購入資金を用意できないのであれば、ご質問者さまにとっては今後も「面倒」が続くことになるとは思いますが、借地のままでいいのではないでしょうか。
住宅について、リフォームや建て替えの必要が出てきた時に、改めて土地のことを考えてもよろしいかと思います。

業者にとっては、土地の「借地契約の更新」よりも「売買の仲介」の方が手数料が取れるでしょうから、「今」話を進めたい事情があるかもしれませんけれど。
    • good
    • 2

質問者さまが現実をよく理解されています。



この不動産屋は購入者の金銭的な事情は全く考慮せず、手数料が入ることしか見えていません。
建物を相続してその底地の購入資金を借りるときに、土地と建物を担保にしてローンを組むことはあります。
ただ、ローンですから分割返済が可能なだけの身入りが無ければ、返済に詰まる事になり物件の処分を余儀なくされることになります。

相続と購入する物件がそれなりの価格で一括処分できる見込みがあれば、解決するのでしょうが、買い取るお金の調達が目途もないままどうしてこんな話が進んで行くのか、不思議で仕方ありません。

相続を契機に借地している土地を買い取ってもらえないか→上物だけよりは土地も手に入れたほうがいいかも→いくらで売ってくれるのか業者に聞いてみよう→それなりの金額が提示された→購入資金がないことは言ってなかった。

最初から話を進めることが間違いだったと言う事でしょう。
解決するには上下を一括で業者に売りに出してもらい、第三者の買い手を見つけることしかありません。
建物価値がそれほど無ければ、更地にする費用の持ち出しを避ける意味でも、タダ同然での売却となってもましと言うことも考慮に入れる必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>解決するには上下を一括で業者に売りに出してもらい、第三者の買い手を見つけることしかありません。

どうしてここまでいえるのですか。
契約を更新するというのが原則だと思いますが?

お礼日時:2010/03/14 22:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q土地を担保にお金を借りるのには?

土地を担保にお金を借りるのには?
私の友人は親父さんの病気などでカード会社から300万程借金しています。親父さんの名義の土地に友人名義の家で年金暮らしの両親と生活しておりますが、この度友人に仕事が無くなり現在無職で仕事を探しています。
返済は勿論、生活も厳しい様です。今のところバイトなどで返済している様ですが、お金の事で仕事探しもままならない様です。何とか土地を担保にお金を借り、カード会社の返済を無くし仕事探しに専念させたいです。無職では借り入れは無理でしょうか?
何かいい方法はありませんでしょうか?

Aベストアンサー

今の厳しい状況からの脱出のためであったら、土地建物を売却することは、決して考えない方がいいです。もっと大変になりますから。
債務整理という方法もありますが、弁護士を儲けさせるだけですからそれほど楽になりません。

親父の土地で子供が借金すること可能です。(担保提供)

土地の資産価値がいくらか分かりませんが、資産の6~7割ぐらいまで借りられますから、300万円程度を借りることは、それほど難しくありません。
アルバイトとかでも現に仕事をしていれば可能です。
子供の年齢からすれば、長期の返済期間で月々の返済も、今の300万円の返済よりは、ぐっと少なくなります。
銀行とか金融機関では無理です。
住宅ローンとかではありませんので、金利は高めですが、不動産専門のローン会社があります。
これらの業者は、ピンキリですので、優良な業者を選択することが大事です。
消費者金融でも借りられますが、更に金利が高いので止めましょう。

そしてこの窮地を脱すれば、あとはシャカリキになって働けるでしょう。

Q土地を担保にしての住宅ローンできる?

自分名義の土地が100坪ほどあり、評価額は2500万円ほどだそうです。
これを担保にこの土地に新築一戸建て(約2000万円)を建てたいのですが住宅ローンのように35年払いが出来て2%位の住宅ローンはありますでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

普通に住宅ローンが組めます

最初から2%は高すぎるかも?

http://www.eloan.co.jp/loanlist/?DID=1&CID=ctg_01

変動にするか固定にするか...悩ましいところですね

この掲示板でも数年くらい前は盛んに固定金利を勧めている人が多かったのですが...(私は変動派でした)
最近はその人たちは発言を控えられています...(笑)

Q土地購入 個人と法人どちらが有利ですか?

個人名義若しくは法人名義で土地購入を考えています。

3000万程度までの物件を探しています。

会社規模は資本金900万 課税所得は500万~700万程度です。
同族経営です。

私と妻で1000万の年収です。(私700妻300)

頭金は個人名義なら1500万程度
法人名義は500万程度


住宅ローンもまだ2000万程残っているのですがこちらは金利が安いので
金利を考えると私は個人名義で購入した方が良いと思うのですがどうでしょうか?

アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

他者へのお礼で「子孫に財産を残したい」とあります。
もしそうなら「法人が持つ」のはよすべしです。

理由
個人の不動産なら相続発生時に「相続財産評価基準」によります。路線価格とか倍率価格とかいう評価です。
そのために時下よりも何割か低額設定されてます。
対して法人の所有不動産は、代表取締役が死んだ場合に相続財産ではありません。
ではなにが相続されるかというと「法人への出資」つまり株です。
非上場会社の株ですから、時価評価して株価単価を出すのですが、この際に法人の所有してる不動産も「株価決定の要素」です。
さて、このとき「法人所有不動産」の評価は時価価格です。
相続財産評価基準による路線価格や倍率価格ではありません。

「親父が会社の不動産にしたばかりに、評価額が相続税評価ではなく時価評価になって、株価格がどえらい額になってしまった」というもありえます。

不動産を担保にしての借入金は法人財務諸表では負債なので株価を下げます。
しかし、個人でも借金があれば相続財産からは債務控除されますので、システム的机上の空論的な理論では「同じようなもの」になりそうですが、元々の評価基準が違うので、この点を考えるべきです。

ちなみに「法人は自然人と違って死なない」です。
つまり相続税が発生しません。
そこで法人が不動産をもつと相続税対策になるという声が出ます。
しかし、これは「後々残った子孫に、どえらい迷惑をかける法人を残して死んでいく」ことに留意してません。
法人がシステム的に「儲かってしょうがない」なら、その存続は永遠にあるでしょうが、赤字法人で従業員給与支払も満足にできないとなり、いっそ精算解散してしまえとなる場合もあります。
そのときに不動産も処分しますので、損失を上回っての利益が出て法人税負担が出る可能性もあります。
また、同族会社への法人税課税方針がきつくなれば、不動産の売却代金は、欠損金との相殺を認めないという特例もできないともいえません。
すると「法人が赤字だから、不動産を売っても税金がでない」などと言ってるわけにはいきません。
かって「土地重課政策」を政府がとったことを忘れてはいけないのです。

SF的ですが、未来の孫はこんなことを言うかもしれません。

「親父の親父が作った法人なんだけどね。時に相続税対策だっていって、土地を法人のものにしたんだよ。
持ち株評価でチャンと相続税はかかったしぃ。会社の代表者に、いちおう孫だからなってるけど、おれサラリーマンだから、知らんって。役員報酬なんて貰ってないんだけど、貰ってることになってるっていうから、毎年確定申告していくらか払ってるし。
法人が赤字でも国と県と市に申告書出さないといけないんで、税理士に頼んでる。申告書作ってもらうだけで10万円以上はらってる。
10年なら100万円だぜ。
爺さんが孫に財産残したかったって気持ちはありがたいけど、どえらい出費があるし、めんどくさくてかなわん。
ほんと、とんでもない爺さんを先祖にもっち待ったよ。
え?土地を売って、法人解散してしまえばいいって?
考えたよ。土地売った代金にまともに法人税がかかって、地方税もかかるんだよ。
これって、計算すると、じいさまが死んだときに相続税を素直に払ってるほうが安いんだ。
しょうがねぇんだよね」

他者へのお礼で「子孫に財産を残したい」とあります。
もしそうなら「法人が持つ」のはよすべしです。

理由
個人の不動産なら相続発生時に「相続財産評価基準」によります。路線価格とか倍率価格とかいう評価です。
そのために時下よりも何割か低額設定されてます。
対して法人の所有不動産は、代表取締役が死んだ場合に相続財産ではありません。
ではなにが相続されるかというと「法人への出資」つまり株です。
非上場会社の株ですから、時価評価して株価単価を出すのですが、この際に法人の所有してる不動産も...続きを読む

Q土地を担保に借り入れ

土地を担保に銀行から、200万借り入れようと思ってます。
月々の支払いが、何ヶ月遅れたら、もしくは、幾ら未払いになったら、土地の権利を失うのですか?教えてください。

Aベストアンサー

大丈夫、滅多なことでは権利を失いません。

銀行はあくまでお金を貸してあなたに事業なり
計画なりを成功させてもらって返してもらって
それに金利をつけその金利を稼ぐのを目的としています。

あなたから土地を取り上げることを目的とはしていません。

したがって、まずはなんとしても返してもらうことを
お願いに来ます。

例えば50万返したところで
返却日に返却しないとするでしょ。
すぐには何も言ってきません。

次回の返却日前になって初めて電話一本来ます。
「前回の返却がされていないようですが・・・」
「あーごめんごめん!今月は入れておくよ」
というと
「お願いします」
で終わります。

で、一回分払うでしょすると
一ヶ月遅れた状態のままになるりますよね。
でも一か月分の滞納なら何も言ってきません。

で、もう一回返さないと
2か月分ためることになりますよね。
するとその次の返却日の数日前(つまりこれで払わないと3ヶ月たまってしましまうというとき)に今度はたずねてきます。

つまり、2か月分滞納すると銀行では事故扱いをしなければならなくなります。
3ヶ月目の前日までが2か月分の事故扱いを免れる
期日です。
3ヶ月目前日に払えば2ヶ月の事故にはなりません。
したがって、その前にやってきます。

で、支払いをお願いしにきますが
そこで払えば問題ありません。

同じことを数ヵ月ごとに繰り返しながら
行けば最高2か月分まで滞納できます。

で、2ヶ月滞納して尚、絶体絶命
これ以上払えないとなった場合に初めて
銀行もあわてます。

原因は何か?
どうやったら払えるのか?
ということを質問と提案をしてきます。

他にも3千万借金があるとかすれば
抵当権の行使と土地の競売を考えますが
他になければ、どうすれば払えるのか
考えてくれます。

今まで7万づづだったが
3万づつならどうだ?
2万なら?
など払える範囲の提案です。
その代わり、金利はばかったかくなってしかも期間が長くなります。
そして、元金優先ではなく金利優先で返していきますから
2万返してもそのうち1万3千円は金利、
元金は7000円減るだけ。
というような計算です。

一見、なーんだ銀行も人情があるな、などと
思ってしまいます。

ところがどっこいしょ!
というのは先にも言ったとおり銀行の仕事は
あくまで金利で飯を食っています。

ということは銀行は金利を上げられれば
それに越したことはないのです。

しかも元金がなかなか減りませんから
かなり長期での返済になります。

銀行から見ればずーっとあなたから
金利をとり続けるのはとてもおいしいことなのです。

それでも払えないとなると、今度は
だったら金利だけでも1年で払えないか?
とやってきます。

100万残しで14パーセントの金利だとすれば
年間14万です。
年間14万ならあなたも何とか用立てできるでしょうから
じゃぁそれ払うよ、それで土地が助かるなら・・・
となるでしょう。

それが銀行の手口です。
ずーっと貸しっぱなしにしておいて
金利だけ取り続ける
(14パーセントだとすれば)
14万づつ払えば7年で本来100万は返せるのに
永遠に元本返さないわけですから
あなたは銀行にずーっと14万づつ払うことになってしまいます。
土地が惜しいばっかりに・・。
元本返さないのですから抵当権がはずれることもなく・・です。

で、挙句に払えない・・破産だ、となったときに初めて
土地を競売しようとするのです。

ですので、万が一払えない!となったら競売でも何でもしてくれ!
と早めに決断を下す方が結局のところ安上がりです。

私の友人が商売で5千万借金を抱えました。
オートバイ屋さんです。で、返せなくなった20年前から
いままで倒産寸前の状態が続いています。
(ある意味たいしたもんで、20年倒産寸前状態のまま続けてるんですから・・)
5千万なんかもはや返せるはずもありません。

土地家は当然抵当に入っています。
返せなくなってからもう20年になりますが
毎年金利だけを返して
細々と商売しています。

母親と二人でその土地と家に住んでいるもので
母親の目の黒いうちはこの家にいさせてあげたい・・・
という気持ちがあって、がんばっちゃっているようです。
早く競売してもらって決着つけちゃえ!という
人のアドバイスを聞きません。
いずれ、家と土地をとられるでしょうけれど
それまで金利を払い続けるようです。

銀行も金こそもう貸しませんが
生かさぬよう殺さぬよう金利をもらうために
たずねてきてるようです。
(まぁ、様子見もあるんでしょうけれど)

というわけで、その金利だけも返せない!
となったときに初めて競売を考えるようです。

それでもしつこい銀行は、
親戚や知人には借りられないのか?
などといってくるようですが、
借りることができないからそういう状況であるわけで
むりなもんは無理!ですので
そこで破産という手続きをとることになります。

そこで間違いなく競売となりますので

ご質問のお答えとしては、
最悪でも金利分だけでも払える能力があれば
いつまでたっても処分されることはない!
です。

ただし、それがどのくらいあなたにとって損なことなのかは
別にして。です。

大丈夫、滅多なことでは権利を失いません。

銀行はあくまでお金を貸してあなたに事業なり
計画なりを成功させてもらって返してもらって
それに金利をつけその金利を稼ぐのを目的としています。

あなたから土地を取り上げることを目的とはしていません。

したがって、まずはなんとしても返してもらうことを
お願いに来ます。

例えば50万返したところで
返却日に返却しないとするでしょ。
すぐには何も言ってきません。

次回の返却日前になって初めて電話一本来ます。
「前回の返却がされて...続きを読む

Q「親の土地を担保に住宅ローン」できますか?

タイトルの通りですが、親の土地(大阪市内に30坪弱)を担保に住宅ローンを組むことができますか?
私は今の会社に入社して半年弱で当然のことですが住宅ローンは組むことがきません。(以前の会社では5年勤務)
そこで考えたのが、ローンが終わっている両親の土地を担保に融資が受けることができないかと思いました。もちろん親には相談します。

以下の2つの方法を考えています。
(1)今の親の土地に家を建て替え。2世帯住宅用に。
(2)新たに新築マンションを購入。2000万円前後の物件

親の土地を担保に以上のどちらかで家を購入しようと思っています。

このようなことはできますでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>希望の物件価格は2000万弱で、自己資金は約300万円ほどです。

となると自己資金は諸経費にほとんど消えますので、2000万100%ローンに近いですね。私はあまりそういう借り方はお勧めできませんが(頭金は最低2割以上にしなさいという目安があります)、経済的に損になっても持ち家が欲しいということでしたらそれでもかまわないでしょう。なおこの場合には一度取得したら相当年数は売却してもローンを完済できない債務超過状態であることは念頭に置いて下さい。

>今の会社は資本金が200億円ほどの一応大企業です。
>前の仕事のスキルは活かせています。以前の仕事では今と同じ業界で約5年間勤務しました

であれば勤続半年は重要なマイナスにならないと思われます。おそらく5.5年の勤続という形で審査を受けられると思われます。

それより全額ローンであることと年収が借入に対して少ないのがネックになるかもしれません。
今だと公庫のフラット35が安いけど(特にグッドローン経由)頭金2割ないと融資は受けられませんから、公庫は無理ですね。
銀行しかないでしょう。

>希望の物件価格は2000万弱で、自己資金は約300万円ほどです。

となると自己資金は諸経費にほとんど消えますので、2000万100%ローンに近いですね。私はあまりそういう借り方はお勧めできませんが(頭金は最低2割以上にしなさいという目安があります)、経済的に損になっても持ち家が欲しいということでしたらそれでもかまわないでしょう。なおこの場合には一度取得したら相当年数は売却してもローンを完済できない債務超過状態であることは念頭に置いて下さい。

>今の会社は資本金が200億円ほどの...続きを読む

Q駐車場は儲かりますか。

興味半分での質問ですが、駐車場の経営というのは結構儲かるんですか。
土地買って場合によって土地を売り払うわけですよね。
ハイリスクハイリターンという言い回しでいうと何リスク何リターンでしょうか。
お金はどのくらい必要なんでしょうか。
税金が結構かかりそうな予感です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

駐車場の形態(Timesみたいなコインパーキングなのか、月極なのか、立体の派手なのか、平面の地味なのか、etc.)にもよりますし、立地にもよりますし。

なんともいえません。

平面ですと、通路を考えると一台あたり5坪くらい必要になります。
50~60坪あれば、小さいアパートが建ちます。

月極で一台あたりの相場は、土地によって大きく違いますが、アパート一部屋の4分の1くらいではないでしょうか。
しかも、建物がないと固定資産税が高くついてしまいます。

普通は、アパート建てるわけにもいかない土地で、遊ばせとくのはもったいない、というような場合に駐車場にするのではないでしょうか。

商業地だと話はまた違ってきますが。

リスクについては、株などよりは低いですが、債権よりは高い、と考えてもらえれば外れません。
土地商売は、物件一つ一つそれぞれ違った顔がありますので、一くくりにこうだとは申し上げにくいものです。

だらだらと書いてしまいましたが、参考になりますでしょうか。

Q借地料の適正価格の調べ方[教えて]

約50年前に借地(13坪)に居住用家屋を建てて今日に至っております。過去に幾度か土地代の値上げもありましたが約10年前から今日まで月額(\10,215/13坪)で借用していたところ、このたび地主から突然月額(\19,068/13坪)に値上げすると一方的に通告され賃貸借契約書を渡されまた。
そこで
(1)現在の土地代\10,215が妥当な金額なのか否か(安いのか、高いのか、こんなものなのか)客観的にしらべる方法を教えていただきたいのです。

(2)時の経過と共に評価額、相場も変わるでしょうから賃借料が変化するのはやむを得ないこともわかりますが一気に90%近く値上げするのは果たして同義的、法律的にいかがなものでしょうか?
土地の所在地は再開発とか商業施設も無く、ごく普通の変化の無い下町で土地の相場を左右するような条件はありません。

(3)値上げを拒否する方法はどのような方法でしょうか?

Aベストアンサー

※地代は個別性が強いので、以下の回答はひとつの見方(ヒント)として読んで下さい。

1.地代をコスト面から見た場合、一般に「地代=固定資産税(都市計画税も含む)+地主の報酬(必要経費も含む)」という算式で表されるので、まず、この土地の固定資産税等を調べることから始めて下さい。

 借地人は、土地所有者の承諾なしに、土地の固定資産税評価証明書を市役所で取ることができるので、借地契約書や身分証明書など必要書類を持参の上、市役所の担当課でこの証明書を発行してもらって下さい。必要書類は市役所によって異なることもあるので、事前に電話でご確認されてからのほうがいいです。証明書の発行手数料は、概ね500円前後だと思います(市によって異なる)。

 評価証明書には固定資産税と都市計画税の年額が記載されていますから、その金額の2倍~4倍が「借地権」を主張するための地代の年額の最低水準になります。月額地代は単純に12ヶ月で割れば算出できます。
 「2倍~4倍」と幅があるのは、市町村によって税の負担調整の適用状況が違うからです。

2.次の検証方法は、相続税路線価から推定する更地価格に地代利回りを乗じて地代を試算してみる方法です。
 国税庁HPを下記に貼っておきますので、「平成17年度路線価図」から自宅の土地の路線価を見つけて下さい。
http://www.rosenka.nta.go.jp/main/main_h17/index.htm

 例えば、路線価が「280」と表示してあれば、280000円と読んで下さい。路線価は時価の80%相当なので、28万円を0.8で割り戻せばおおよその更地価格を推定することができます(28万円÷0.8=35万円)。
 地代利回りは地域性や個別性に左右されるので、確定的な数値は出せないのですが、一般に住宅地の地代の期待利回りは1.5%~2.0%程度だと言われています。
 愛知県HPから、「定期借地権の活用による期待利回りと税負担」に関するページをご参考までに貼っておきます。
http://www.pref.aichi.jp/tochimizu/akispace/seminor/kiroku-take2.htm

 例示として期待利回りとして1.5%を採用した場合、35万円×1.5%=5250円と求め、これに土地の面積43m2(=13坪)を乗じて、年額地代225750円を試算します。12ヶ月で割って、月額18812円がこの路線価の場合、地代の標準的な数値になると思います(※なお、地代は個別性が強いので、本件のように土地面積が少ない場合、1.5%より高い利回りになることもあると思う)。

 なお、相続税で定期借地権の評価額を求める場合の利回りは、3.0%です。国税庁HPから「基準年利率」のページを貼っておきます。
http://www.nta.go.jp/category/tutatu/sonota/hyouka/1205/02.htm

3.このほか、同様の居住用家屋について自宅周辺の地代水準を調べて、それとの比較をするという方法が考えられます(市場性から検証する方法)。しかし、地代の相場は一般に公表されていないので、一般人が地代の事例を多く収集するということは現実にはとても困難なので、この方法は採用できないと思います。

 上記で紹介した固定資産税から検証する方法、相続税に地代利回りを乗じて検証する方法を基に、参考値としてコスト面から検証した地代の水準を試算してみて下さい。

4.借地借家法では、地代増減を当事者どちらからでも主張できるので、地主が「突然月額19,068円に地代を値上げ」しても有効な契約です(借地借家法11条1項)。「90%近く値上げする」というのは結果にしか過ぎないので、道義的にも法律的にも全く問題はありません。ですから、借地人は、指定された月から改訂された地代を支払うことになります。

※平成4年以前の借地契約は、基本的に旧法である「借地法」が適用されますが、説明をわかりやすくするため新法である「借地借家法」で回答しています(条文の趣旨や考え方はほとんど同じです)。

 ただし、改訂された地代に不服なら、そのことを地主と交渉して上げ幅を縮めてもらうことは可能です。それでも地主が折れなかったら、裁判で決着を付けるしかありません。
 裁判の結果、地主の地代が認められたら、改訂地代と現行地代の差額について年10%の利子を付けて地代を支払う義務があります(借地借家法11条2項)。
 逆に、借地人が主張する地代が認められたら、現行地代を支払っているだけでよいということになります。

 値上げを拒否する方法は、まず、地主と交渉をして上げ幅を下げてもらうこと、それでも地主が拒否したら現行地代はしっかり支払った上で(地代を支払わないと債務不履行になるから)、地代に関する裁判を地主に起こしてもらうしかないと思います。

※地代は個別性が強いので、以下の回答はひとつの見方(ヒント)として読んで下さい。

1.地代をコスト面から見た場合、一般に「地代=固定資産税(都市計画税も含む)+地主の報酬(必要経費も含む)」という算式で表されるので、まず、この土地の固定資産税等を調べることから始めて下さい。

 借地人は、土地所有者の承諾なしに、土地の固定資産税評価証明書を市役所で取ることができるので、借地契約書や身分証明書など必要書類を持参の上、市役所の担当課でこの証明書を発行してもらって下さい。必要書...続きを読む

Q不動産購入時に直接売主への分割払い契約は出来るのでしょうか

不動産初心者です。
不動産を買う時に(売主が受け入れればですが)、銀行へのローンではなくて、売主に分割払いにして買うことはできるのでしょうか。
売主は一時金が入らないのでメリットは薄いと思いますが、資金運用が苦手な人なら、決まったお金が毎月入ることと、銀行融資よりも高額で(分割の利子にもよりますが)買ってもらえる可能性がある、というメリットがあるのでは。
買主は、銀行融資の審査が要らない、頭金が要らない(かも知れない)というメリットです。
これは、宅建法に抵触するのでしょうか?

Aベストアンサー

法的なことはわかりませんが、まずあり得ないことでしょう。
買主が法人ではなく個人であるなら、何の信用もありません。
分割払い、つまり後払いにするのに何の担保も取らず、
絶対払ってくれるという保証は何もありませんよね。
決まったお金が毎月入るという約束は、どのようにする
のですか?

売主が個人で物件に抵当権がついていたりする場合、
一括して決済してもらわないと抵当権も外せません。
売主が業者で新築だとしても、建築費その他の支払いの
ために一度で代金を払ってもらわなければ、損します。

Q田んぼへの埋め立て費用

現在田んぼになっているところを埋め立てて住宅を建築しようと思ってます。
その際の埋め立て費用は坪あたりいくらぐらいになるのでしょうか?だいたいでいいので教えてください。検討もつきません・・・。

またお願いするのは建築会社ですか?
それとも土木会社??

Aベストアンサー

 まず、建築したい田は現在どのような状況なのでしょうか?例えばほ場整備などを実施したところは農振除外をすることは一定期間(詳しくは土地改良区などに伺うしかありませんが、1,2年の次元ではありません。)を経過しないと農地転用はまず無理です。
 整備してないにしても、農地転用にかなり時間を要します。
 さて本題ですが、田に建築するのは余り推奨したいことではありませんが、埋め立て自体はどこからか土を運び転圧することになります坪辺りいくらかというより、○○○円/m3という単価になろうかと思います。
 例えば、田が100坪、50cm盛土の場合は以下のようになります。(※推測単価を入れますので、質問者様の地域とは異なる可能性はあります。)

100×3.3=330m2(施工面積)
330×0.5=165m3(施工土量)
165/0.9×1.2≒220m3(必要土量)

165×700円≒12万円(施工費:敷き均し、転圧)
220×2,500円≒55万円(購入土:運搬費込)

上記を合算して諸経費を加えると

(12.0+55.0)×1.7≒110万円

 単純計算ではこのようになりますが、実際はすきとりをしたり、地盤改良などをすることになるかもしれませんのでこれ以上かもしれません。

 さらに、元が田ということで地耐力は見込めないので基礎に大きな投資をする可能性を秘めています。

 施工は、できれば土木業者にお願いするのがよいと思います。それは締め固めの管理ができるからです。

>地目は権利書を確認するか、法務局で確認できます。
 

 まず、建築したい田は現在どのような状況なのでしょうか?例えばほ場整備などを実施したところは農振除外をすることは一定期間(詳しくは土地改良区などに伺うしかありませんが、1,2年の次元ではありません。)を経過しないと農地転用はまず無理です。
 整備してないにしても、農地転用にかなり時間を要します。
 さて本題ですが、田に建築するのは余り推奨したいことではありませんが、埋め立て自体はどこからか土を運び転圧することになります坪辺りいくらかというより、○○○円/m3という単価になろう...続きを読む

Q土地がある場合家を建てるために必要なお金

もしの話なんですが、

土地があり、そこに家を建てるとなったら一体どのくらいのお金が必要で、ローンとかはどのくらいの年数で払いきれるものなんですか?

もうすでに建ってしまっている家を買うのとどちらが
いいんでしょう?

Aベストアンサー

>家を建てる事がお互いに重みになるっと思えてならないんですが
私達も27歳、28歳で建てました。
最初は自分達が家を建てるなんて贅沢なんじゃないか?借金が返していけるのか?とか色々考えました。しかし、アパートを借りるとしても私たちの地域では、駐車場2台が必要で、お風呂とトイレは別で1DKで多少の広さをとなると7万近くになってしまうんですね。7万円を払い続けても、賃貸は自分の物になりません。7万円の家賃が払えるのなら、5万弱の借金を返していって自分のお家が建つほうがいいのではと私たちは考えました。

それに、質問者さんのご両親が仰るように今からローンを組んで、35年払いだとしても質問者さんのご主人の年齢ならちょうど60歳で退職の年ですよね、ちょうどいいと思うんです。30代で家を建てると今以上の月々返済になってしまいますよ。土地があって、せっかく建てれるチャンスがあるのなら甘えていいと思うんです。

>月々は5.6万が普通ですか。
これは、建てる家によっても違いますよね。極端な事をいえば、プレハブのような家を建てればもっと安くで建設費はすみます。豪邸の家や仕様の高い物を入れればそれだけ高くなります。又、月々の返済額をもっと高くしてローン期間を短くする方法もありますし、月々の返済額を少なくしてローン期間を長くする方法もありますから、まずは建設会社や工務店に見積りを出して貰ってローンが組めるかどうかから始めないと分からないですよね。

>ボーナス返済なしというのはボーナスでは支払わないということでしょうか?
そうです。主人の会社は少ないながらもボーナスを夏・冬頂けるのですが、金額が安定しないのと、私の会社がボーナスなしなんてこともあるので、ボーナス無しを選びました。ただ、ボーナス返済も5万円とか10万円とか選べると思うので銀行で確認されるといいですよ。私たちは貯金出来る時は貯金しておいて、繰上げ返済を考えています。

>ここはやっぱり自分達にムチで、借金してでも立てるべきなんでしょうか!
こればっかりは、なんとも言えませんが・・・。質問者さんは家を建てる際に、希望のお家ってありますか?家具も絶対こういうので揃えたい!とか、食器も可愛く、お庭もこういうデザインで!とか・・・。もしあるのであれば、貯金0では無理ですよ。やっぱりどうしてもお金がかかりますしね。まだまだお若いですし、今は安い賃貸に住んで辛抱してお金をある程度貯めてから家を建てるという考え方もあると思います。29歳で建てるとしても、後4年は猶予があるわけですしね。何も希望がないのなら、シンプルなお家を建ててシンプルに家具も揃えて暮らしながら増やしていくという考え方もあると思います。

ご主人ともよ~く話し合って下さいね!!

>家を建てる事がお互いに重みになるっと思えてならないんですが
私達も27歳、28歳で建てました。
最初は自分達が家を建てるなんて贅沢なんじゃないか?借金が返していけるのか?とか色々考えました。しかし、アパートを借りるとしても私たちの地域では、駐車場2台が必要で、お風呂とトイレは別で1DKで多少の広さをとなると7万近くになってしまうんですね。7万円を払い続けても、賃貸は自分の物になりません。7万円の家賃が払えるのなら、5万弱の借金を返していって自分のお家が建つほうがいいので...続きを読む


人気Q&Aランキング