AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

追突事故の被害に遭い、現在通院中(頚椎捻挫)です。
事故そのものは大したことなく、始めは物損事故で処理していました。2~3日して首のあたりが痛くなったので整形外科にかかったら、軽い頚椎捻挫で2週間くらいで良くなってくる、とのことでした。
実際、2週間して良くなってきて、もう通院もやめてもいいいのかな?なんて思い始めたころ、ヒドイ頭痛が起きて夜中に救急車で運ばれるほどでした。
始めは、事故が原因だと想像もつかず、脳の精密検査をしたところ、問題は無く、結局追突事故が原因だという診断でした。
そのご2週間ほど、頭痛や吐き気がひどく、会社も欠勤や早退、遅刻が続きました。今も頭痛や首・肩の痛みに苦労しています。
事故そのものは本当に些細なものだったのに、このようなことになるとは想像外でした。
私は、事故に遭う1ヶ月ほど前に、膝の手術をしており、ちょうど回復してきたところでした。大事をとってくるまで外出した折の出来事でした。
その膝のリハビリのために、膝を動かしたりしなければならないときに、この事故に遭い、逆に安静にしていなければならず、また思いもよらぬ頭痛の出現で、ますます安静を要せられ、膝にとっては悪影響です。(術後なのでなおさら)
この梅雨の影響もあるかもしれませんが、最近は頭痛や首の痛み以外に、膝も痛みだしました。
手術でも会社を欠勤・遅刻・早退が続き、やっと復帰できた矢先の事件で、今ではクビがつながっているのがフシギなくらいです(幸い、良心的な会社でよかったです)
私は、この追突事故によって、事故とは関係ない部分(膝・事故によって欠勤等が増えた)について、かなりメイワクしています。
こういう場合、通常のケースより多くの慰謝料を請求できるでしょうか?
なにかアドバイスがありましたら、小さくても結構ですのでよろしくお願いいたします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>今までにいくるか交通事故のサイトをチラチラ見てきましたが、追突事故の場合、被害者の過失はゼロと聞いているのは本当なのでしょうか?



(1)まず、保険屋さんの見解をお聞きして下さい。初期の段階では調査段階で明確な回答がなされないかもしれません。
過失割合については、「判例タイムズ」という冊子が存在します。保険屋さんより、「貴方にも過失がある。」との説明がなされた時には、「判例タイムズ」持参の上、説明を求めてください。納得がいかなければ、その場は聞き流すだけで結構です。(最終的に効力があらわれるのは、示談のときです。)
(また、先のHPで事故状況の詳細「交通事故発生状況の見取り図」などでお問い合わせ頂くと、NPOの団体で過失割合を検討して頂けます。)

(2)もし過失案件の場合、「治療費の節約」も大きなポイントとなります。労災適用の案件ではなければ、健康保険の取り扱いとして下さい。保険屋さんは「全て貴方の悪いようにはしません。」と回答されますが、実は示談時、慰謝料などからきちんとひかれていたりします。(自賠責の治療費限度額120万円を超えなければそれも問題ありませんが。むちうちの場合は、超えるか超えないかが微妙なラインだと存じます。)

p.s 示談は1年後、2年後と大きな気持ちでゆっくり考えてください。後遺障害が認定されれば、自賠責評価は「被害者請求」の手段で、先行回収ができます。その金額で当面戦っていく(!)軍資金になります。示談してしまうと何事も全て終わってしまう為、納得のいかない時は示談しないで下さい。「急いては事を仕損じる。」私は戒めの言葉として自分自身に言い聞かせています。(笑)
また、長々と長文になってしまいましたが、交通事故と聞くと人事には聞えなくなってしまっています。(爆)

>正直、身体的苦痛を抱えた今の私には本当にメンドクサイ話にきこえてなりませんが、そうは言ってはいられません!!

交通事故被害者にとって、大変なのは、「事故受傷部の痛み」もさることながら、医師・弁護士・保険屋さんの対応の悪さに2次被害、3次被害が起きることです。
しかし、これは、先のHPにて知識と交渉力を磨いていくことで、解決に迎えます。
大変、つらいかと思いますが、頑張って下さい!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんだか同業者からアドバイスいただいたような気がして心強くなります(笑)
これはまさしく、経験者にしかわからない苦痛ですよね!
正直、相手の保険会社の対応は悪くはないと思いますが、でもやっぱり、会社に電話してきて「調子はいかがですか?」なんて言われると、うっとおしいです。
まだ詳しく調べていないのですが、知り合いの損保会社勤務に聞くと、一応、私の過失はゼロだと聞いて、気にも留めなかったのですが、
万一、私に過失があって、費用を負担する場合が生じたら、それはいつ支払うことになるのでしょうか?
今は、治療費は払わなくて良い手続きになっているので、安心して、可能な限り通院しているのですが、あとから請求が来るとなると、不安になりますねえ・・・
まったく、オチオチ療養もしてられない気分になりますね(笑)

お礼日時:2003/06/19 00:39

まずは、事故をお悔やみ申し上げます。



※皆様は、弁護士さんに相談する形をお勧めされていますが、私は貴方の交通事故の案件なら、まず「NPO交通事故110」のHPを熟読されることをお勧め致します。
文面も面白く、かつ、難しいことを簡潔にわかり易く記載されています。(実は、私も交通事故に遭い、それからこのHPで勉強させて頂き、俄然、闘病生活が楽しくなりました。前向きにさせてもらえます。)(笑)

(頚椎捻挫)通称むちうちとのことですので、総合的な損害賠償額を考えると、全ての弁護士さん対応は視野にいれず、自らで解決していくことが望ましいと考えます。
(弁護士さんに依頼するのは、後遺障害等級が10級以上が予想されるもので、依頼する弁護士さんも医療と交渉力と交通事故に明るい人でなければ全く意味をなしません。)

せんじて、まず事故受傷部の治療を第1に考えて下さい。
交通事故の損害賠償額(慰謝料)としては、自賠責より
・治療費関係費
・休業損害
・慰謝料(精神的・肉体的)
・後遺障害(認定級により支払額が異なります)
と大きく分かれます。
この中でも、トータルの85%を占めるのが、「後遺障害」です。慰謝料(精神的・肉体的)はトータルではたいした額にはなりません。「後遺障害」が認定されるかされないかが、交通事故被害者にとっては、最大のポイントとなります。
http://www.jiko110.com/contentu/gaisyo/gaisyo/in …

頚椎捻挫の場合、程度により12級、14級等が認められます。(それ以外にも、後遺障害があれば級は変わります。)この際、自賠責評価でも、12級/224万・14級/75万の金額となります。これはあくまで、自賠責基準の評価であって、同じ後遺障害の級であっても、基準として「任意保険基準・地方裁判所基準・日弁連基準」と合計4つあります。
http://www.jiko110.com/contentu/kenkyu/keiyoubi/ …

貴方が、先のHPで学習して、「知識・交渉力」を身につければ、大きな損害賠償額の獲得も確実です。

p.s 労災の適用(通勤災害・業務災害)はありませんよね?もし、あれば至急、労災にも申請して下さい。(また、労災で無い場合は、治療費は健康保険の適用にして下さい。)(この議論についても、 http://www.jiko110.com/contentu/hoken/yari/index …  にて詳細が記載されています。)

参考URL:http://www.jiko110.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
さっそくHPを見ました。
正直、身体的苦痛を抱えた今の私には本当にメンドクサイ話にきこえてなりませんが、そうは言ってはいられません!!
大変、参考になります。
示談まではまだまだ時間がかかると思うので、治療しながら、自分でいろいろ調べていかなくては、、と思ってます。
今までにいくるか交通事故のサイトをチラチラ見てきましたが、追突事故の場合、被害者の過失はゼロと聞いているのは本当なのでしょうか?
貴方も治療中のようですね、、、お互いに早く回復して、解決できるように頑張りましょうね!
ありがとうございます

お礼日時:2003/06/17 00:07

たいへんな目にあってしまいましたね。

やはり弁護士の先生に相談されたほうがいいと思います。まずは、仕事に支障のない、インターネットでの相談をさらたらいいと思います。

こちらは、インターネットで弁護士の先生に相談ができます。http://www.ichigo-law.com/

役所にも法律の無料相談あります。

利用条件もありますが、信用できるきちんとした組織です。法律扶助協会 無料法律相談、裁判費用立替、全国に相談窓口あります。 http://www.jlaa.or.jp/

弁護士会で30分 5千円で相談できます。
http://www.h3.dion.ne.jp/~rikon/benngosikai-riko …  お役に立てれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
今は、どんなアドバイスも大変参考になる思いで感謝いたします。
そうですね、まずはインターネットで相談してみることにします。
少しは先が見えてきそうですよね・・
ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/16 22:29

えーと、初めまして



今回のようなケースにおいて、僕の経験から意見を申し挙げさせて頂きますと

事故と関係無い部分(膝)に関しましては、これは言えないかなと思います

また今回の事故による(文面から判断してむち打ち症では無いかと思われますが)は休業損害と言う形で相手の自動車損害保険の方との交渉になると思われます・・・・・

何にしましても慰謝料の請求等の事でお悩みでしたら、一度弁護士さんに相談された方が良いと思いますよ(大阪などでしたら、弁護士会館等で交通事故による相談は無料だったと思いますし)

それから、慰謝料に関しましては、通院日数が問題に成りますのであしからず・・・・・・

あまり参考にならなかったかもしれませんがm(__)m

頑張って下さい
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます
膝に関してはダメだと思いますか?
膝は、術後、動かさないでいると固まってしまうから、多少痛くても動かして、早く弱っている腿の筋肉を回復させましょう、、という医師からの指示があったんですけどねえ。。。。
正直、今は会社の勤怠も気になるながら、膝の回復にも不安を感じて仕方ないんですよ・・・
なるべく大袈裟にはしたくないんですが、弁護士さんに相談ですか・・・(また会社を遅刻しなくては???)
ところで、むち打ちって、頚椎捻挫のことではないのですか?(診断書に「頚椎捻挫」とあったので・・)
さっそくのご回答、ありがとうございました。なかなか思うようにはいかなさそうですね・・・

お礼日時:2003/06/15 02:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング