【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

参勤交代で、薩摩藩と長州藩と土佐藩はどの経路で江戸に入っていったのでしょうか。道筋を教えてください。詳しく御願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

長州藩ですが、


元禄10年毛利吉広の参勤は、萩から三田尻まで陸路、そこから御座船(御召船)万祥丸で大阪へ、さらに淀川を遡り、伏見へそこから伏見街道で京都へ、京都からは陸路東海道で江戸に向かった。
文政8年毛利斉元の参勤は三田尻から陸路山陽道を通り、京都へ出ている。
    • good
    • 3

薩摩(鹿児島藩)について


陸路、海路いくつものルートを使いました。   理由は知りません。
1陸路 鹿児島から大口または串木野経由で水俣へ出、あとは熊本、小郡を経て小倉に出、船で下関に渡り陸路山陽道を通り大阪、伏見、京都へ出、陸路東海道または中山道を通って江戸に着く。(西目筋)
2.陸路鹿児島から都城を経て日向の細島へ出、そこから海路豊後水道を通り瀬戸内海へ入り、海路大阪へ着く。   あとは陸路。(東目筋)
3.陸路鹿児島から串木野を経て、京泊に出、そこから海路長崎沖の玄界灘を通って下関へ着く。  あとは瀬戸内海路または山陽道を通り大阪へ。   あとは陸路。
当時は太平洋航路は危険が多く、大名は使わない。    鹿児島から出航しないのもそのためでしょうか。    玄界灘も季節により危険で時候を選んだのでしょう。
大阪から伏見へは淀川上りを使う事もありました。
大阪と伏見には鹿児島藩の屋敷があり、必ず泊まりました。
以上は基本ルートでいろいろバリエーションがありました。      
    • good
    • 0

 長州藩の一部しか知らないので恐縮ですが。



 お殿様は、日本海側にある萩城下を出て南に向かい、深い深~い山の中の道(ツキノワグマなどが出ていたらしい)を通り(中国山地を北から南に横切り)、今の山口市に入り、更に南下して山陽道(現国道2号線)を横切り、更に南下して、現防府(ほうふ)市の三田尻(みたじり)という港に出、そこから船に乗ったようです。船でどこの港へ向かったのか、そのあとのことは?です。

 山口から山陽道へ通じる道はもともとありましたが、萩から山口までの道は毛利氏が広島から萩に来てから整備された道です。この萩から山口までの往還道は現在「萩往還」という名で、「美しい日本の歩きたくなるみち500選」に選ばれているようです。
 歴史散歩がお好きな方が、実際に歩いて写真をたくさん載せてらっしゃるページがありました。地図も何枚か載ってます。
http://www.3.ocn.ne.jp/~kazu5958/hagi1.htm
 (もし表示されないときは、 「歩いて見つけた 萩往還 街道と町並み」 で検索なさると出ると思います。)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q薩摩藩ってすごい藩?

「ドイツってすごい国?」をみて薩摩もすごいと思ったので質問します。

島津家は日本で(おそらく)唯一、鎌倉時代の守護大名からの歴史をもつ大名で、室町・戦国時代は九州最強を誇り、豊臣秀吉に逆らい、関が原では西軍につき戦闘をおこなうなど時の権力者に逆らいつつも領地を減らされることなく、江戸時代は参勤交代で全大名中最も長距離で負担の重い旅行を強いられ、徳川家は更に島津家を恐れ江戸防衛のため間に親藩・譜代大名を置き、名古屋城などの城を築いて万全の体制を敷いたにもかかわらず幕末には薩摩藩主力の新政府軍に倒されてしまいます。

このように、九州のはずれにある薩摩藩がこれだけ長い間、強大な武力とバイタリティーを持ち続けた理由は何でしょうか?鎌倉時代から明治時代初めまで(幕府を除けば)最強、悪くてもベスト3には入っていたと思うのですが、いかがでしょうか。

Aベストアンサー

 九州のはずれにある薩摩藩がこれだけ長い間、領土を守り続けられた理由は非常に保守的なお国柄でよそ者を受け入れない鎖国主義的な部分が有る反面、いいものなら新しいものを受け入れられる柔軟性を併せ持っていたことかと思います。
 例えば鹿児島の種子島に伝来した火縄銃を受け入れ、さらに信長の鉄砲使用法に近い乱射法で一時九州を制圧したり、薩英戦争での敗北後、一転攘夷論から開国論に切り替え英国の支援を受け、倒幕したことなどがその例です。
 あとはNo.4おっしゃるような交渉力や外交力でしょうか。
 関が原の戦いでは負けた西軍にいながらまったく唯一お咎めも無く60万石の石高もそのままでした。2度の朝鮮出兵で、三十倍の敵を殲滅し、鬼石曼子(おにしまず)とも呼ばれた武力もその外交力の裏づけにあったと思います。
 しかし鎌倉時代から明治時代初めまでベスト3には入っていたというのは買いかぶりすぎだと思います。
 最近の研究ではNo.9さんのおっしゃる程の搾取は無かったとされていますがそれでもまったく裕福とはいえず琉球に対するの清国との2重支配による密貿易や幕末の藩債踏み倒しなどでなんとかやりくりしていたのが実情ですから。
 
 
 

 九州のはずれにある薩摩藩がこれだけ長い間、領土を守り続けられた理由は非常に保守的なお国柄でよそ者を受け入れない鎖国主義的な部分が有る反面、いいものなら新しいものを受け入れられる柔軟性を併せ持っていたことかと思います。
 例えば鹿児島の種子島に伝来した火縄銃を受け入れ、さらに信長の鉄砲使用法に近い乱射法で一時九州を制圧したり、薩英戦争での敗北後、一転攘夷論から開国論に切り替え英国の支援を受け、倒幕したことなどがその例です。
 あとはNo.4おっしゃるような交渉力や外交力でしょ...続きを読む

Q参勤交代の道順(コース)

参勤交代を行う時に、各藩のコースは決まっていたのでしょうか。もし、決まって居たのなら、そのコースを外れるときには、何か届けを出したのでしょうか。あるいは、自由にコースを変えることができたのでしょうか。

Aベストアンサー

大体決まっています。
年により参勤の時期は変わりますが、大名毎に決まった月に「参勤伺い」を提出し、決まった日に将軍に挨拶をしてから旅立ちます。

http://s-mizoe.hp.infoseek.co.jp/m036.html

↑こちらに大名毎の指定月が出てます。

参勤交代する大名は将軍に挨拶してから旅立ちますが、出きれば他藩の行列とぶつからないように調整します。
各下の大名は各上の大名の行列とぶつかると道を譲る必要がありますし、宿場の手配も必要です。
他領を通過する時は使者を送って礼を述べ、通過される大名も街道の整備をして迎えましたから、いきなりということはありません。
日程は川が増水したりで前後しますが、基本的には城下町を通過後は、かなりの速度で移動し、旅費の節約に努めていたようです。

Q江戸時代、藩がどう分布していたかがわかりやすい日本地図を探しています。

たとえば、
今の山口県のあたりには長州藩があり、藩主は毛利家
ということが見てわかりやすい日本地図を探しています。
そのような地図がおいてあるサイトをご存知の方はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

江戸時代初期は大名の取り潰しが多かったので、いつの時代が必要なのか難しいですが、一応300藩と言うことで参考URLをご覧ください。
地方ごとに分かれています。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~me4k-skri/han/hantop.html

Q大名の家臣数

大名家の家臣数を知りたいので教えて下さい。
家々によって違うと思いますが、一万石・五万石・十万石・三十万石クラスの大名の大まかな家臣数・陪臣数を知りたいです。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

大名家の家臣数は時代によりかなり異なります。
戦国期、江戸初期、末期で実態が変わっています。
戦国末期で軍制が定まってきたときは大体一万石につき200名以上の人数、に武器、乗馬、旗などの数が決められていました。
しかし実態は戦闘時、戦闘員の数がものをいうので軍制以上の人数を動員するのが常でしたし陣場借りといってアルバイトのような人員も抱え込みふくらんでいました。

江戸初期にはこの名残で大体一万石につき200名位に落ち着きましたがそれ以上の家臣をかかえる藩もありました。
米沢藩上杉家は謙信以来の家風があり大幅な減封を受けたのですが家臣団のリストラはせず、一律減封で対処したので有名です。
この為米沢藩士の窮乏はひどく、藩財政の建て直しを図った上杉鷹山の事績は有名で、内職が特産になった位です。

太平が続いた江戸中期では経済の発達、実収入の変動も影響しリストラ、給与の削減(借り上げ)などが常態となり軍制は形ばかりで多くは渡り中間など臨時の人数で揃えることが多くなり馬を備える事もままなりませんでした。
従って実数は半分以下位に下がっていたでしょう。
幕末長州攻めなどに動員された時武器鎧も質にいれていたので請け出すのに借金して間に合わせたといいます。
勿論内実の裕福な藩や尚武の念の厚い藩などはこの限りではありません。
それぞれの藩の古文書などに頼るしかないと思います。

大名家の家臣数は時代によりかなり異なります。
戦国期、江戸初期、末期で実態が変わっています。
戦国末期で軍制が定まってきたときは大体一万石につき200名以上の人数、に武器、乗馬、旗などの数が決められていました。
しかし実態は戦闘時、戦闘員の数がものをいうので軍制以上の人数を動員するのが常でしたし陣場借りといってアルバイトのような人員も抱え込みふくらんでいました。

江戸初期にはこの名残で大体一万石につき200名位に落ち着きましたがそれ以上の家臣をかかえる藩もありました。
...続きを読む

Q島津の大名行列

薩摩藩の大名行列はどんな経路をたどって、何日、いくらかかったのでしょうか?特にどこまで海路でどこから陸路でしょうか?

Aベストアンサー

薩摩藩の大名行列は海路が必須ですが、多くは小倉~下関です。
他に薩摩の京泊~下関(玄界灘を経て)と日向の細島~大坂(豊後水道、瀬戸内海経由)とさらに下関~大坂(瀬戸内海)の通路をつかうなどありました。   大坂には薩摩屋敷がありそこで休息するためです。
最終江戸まではすべて陸路で京都~江戸(東海道または中山道稀に美濃路)です。
九州内の陸路は多様で、「西目筋」と呼ばれる小倉までは、鹿児島~水俣(出水筋と大口筋などの三通り)それから水俣~小倉(水俣ー熊本ー小郡から博多経由と飯塚経由の二通り)でした。
「東目筋」と呼ばれる日向経由では、鹿児島湾の海路に継ぎー都城ー細島(高岡筋と宮崎経由の二通り)
前期はともかく、後期は西目筋が多いといいます。  瀬戸内航路では大船団を組み、豪華な御座船を二艘(一艘は控え)費用も大変だったでしょう。
このように多様で日数、費用も多様です。
江戸初期の寛永ごろで、行路不明ですが約二月掛かっています。
幕末天明7年の記録では、西目筋で46日掛かったそうです。
中期享保5年の時は、73日も掛かっていますが、おおよそ銀360貫、道中費用に、仕度金におおよそ銀180貫が使われました。 金に換算して一万両に近い数字です。(享保期一両は銀56匁として)  

薩摩藩の大名行列は海路が必須ですが、多くは小倉~下関です。
他に薩摩の京泊~下関(玄界灘を経て)と日向の細島~大坂(豊後水道、瀬戸内海経由)とさらに下関~大坂(瀬戸内海)の通路をつかうなどありました。   大坂には薩摩屋敷がありそこで休息するためです。
最終江戸まではすべて陸路で京都~江戸(東海道または中山道稀に美濃路)です。
九州内の陸路は多様で、「西目筋」と呼ばれる小倉までは、鹿児島~水俣(出水筋と大口筋などの三通り)それから水俣~小倉(水俣ー熊本ー小郡から博多経由と飯...続きを読む

Q戦国時代の「禄高100貫」とは?(大河ドラマ風林火山を見て)

先週の大河ドラマ「風林火山」で、今川家重臣の食客として駿河にいた山本勘助を、家督を継いだ武田晴信が「禄高100貫」で招くという話がありました。

山本勘助については確実な史料はほぼ皆無、全てフィクションと承知していますが、禄高100貫とは江戸時代以降の石高制で表現すると何石くらいに当たるのでしょう?勘助を庇護していた今川家重臣が「お前のような素浪人に武田家が禄高100貫とは信じ難い」と言う所からして「100貫=1,000石 程度」かなと思いますがどんなものでしょう。

Aベストアンサー

室町期の貫高は時代により変り、一概にはいえないのですが、
北条氏康時代の「小田原衆所領役帳」によると、平均七貫に一人の軍役(例えば、284貫の所領の宇津木兵庫助は軍役36人)になっています。
江戸幕府の軍役は50石で一人ですが、戦国時代は20~40石で一人、平均して30石で一人と推定されます。(戦前の陸軍参謀本部)
従い一貫は約4石で、勘助の初任給は400石相当のようでなかなかの高給です。
当時所領500貫(2000石)は重役でした。

Q江戸時代の関所って関所を通らなくてもよかったのでは

江戸時代の関所ですが、別にそこの関所を通らなくても迂回することは可能ですよね?例えば箱根の関所ですが、やる気になれば街道から一歩山の中へ分け入り、そこから関所を越すという感じでやれば関所を通らなくてもOKのような気がします。もちろん道なき道をわけいるのは面倒で勇気のいることだとは思いますけど、やってやれないことはないと思います。

入り鉄砲・出女と言われますが、鉄砲商人だったら死ぬ気でやれば見つからずにできたと思います。今みたいに山の中へ入ったら装置が作動して電気が付くなんていう事もできなかったと思いますし。あと時代劇とかで出女が関所を通るときに身分を偽って顔を隠すみたいな事をしていますが、これも関所を通らずに別のルートで出て行けたような気がします。

そこで質問ですが、関所はそれなりに機能はしていたと思いますが、本気で回避しようとしたら回避できたのではないでしょうか?

Aベストアンサー

>本気で回避しようとしたら回避できたのではないでしょうか?

士農工商のうち、農工商については通行手形なしで旅をした人もいるくらいで、回避方法はいくらでもあったようです。
例えば、厳しくて有名な箱根の関所の場合、関所近くの間道にも小さな番所が設けられていたり、森の中に鳴子(ヒモに触れると音が出る)を張ったりしていました。
が、箱根自体を通らず、北の方から迂回するルートはあり、そこの関所をこっそり抜ける道を案内する仕組みはあったそうです。
もっとも、こんな仕組みができるようになった頃には、関所自体、あまり取締が厳しくなくなっていた現実もあるようです。

でも、士分はそうはいかない。
入り鉄砲・出女は武士を対象にした規制ですが、例えば(こんな例はないと思いますが)、大名の妻が江戸から国へ帰った場合、関所を通ったという記録が残っていないと後が大変です。
幕府と戦をするつもりがあると見られてもしょうがない。

身分に関係なく、江戸を出る時は許可を得る必要がありますし、
大名の場合は大目付によって妻子が江戸藩邸にいるかどうかチェックされていましたので、入り鉄砲・出女は関所だけがチェック機関だったわけではないのです。

ただし、幕末になると妻子を国に返してもかまわない、ということになり、出女については意味がなくなっています。
討幕運動が一気に盛り上がれた要因の1つかもしれません。

>本気で回避しようとしたら回避できたのではないでしょうか?

士農工商のうち、農工商については通行手形なしで旅をした人もいるくらいで、回避方法はいくらでもあったようです。
例えば、厳しくて有名な箱根の関所の場合、関所近くの間道にも小さな番所が設けられていたり、森の中に鳴子(ヒモに触れると音が出る)を張ったりしていました。
が、箱根自体を通らず、北の方から迂回するルートはあり、そこの関所をこっそり抜ける道を案内する仕組みはあったそうです。
もっとも、こんな仕組みができるよう...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む


人気Q&Aランキング