はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

農薬を散布する仕事をしています。
大体の農薬は、1000倍に薄めて散布など、
何倍といった書き方で書いてあります。

一部ホルモン剤で、
PPMで書いてあるものがあります。何倍とかは一切書いてありません。
たとえば、100mlの農薬を100PPMにするには、
何リットルの水に薄めればいいのですか?
同じく50PPMの場合も教えてください。

PPMが濃度のことなのはなんとなく分かるのですが、
なぜ他の農薬のように分かりやすい、1000倍などの書き方ではなくて、PPMで表すのかいまいち分かりません。
PPMで表さないといけない理由があるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

1) PPM=ppm とは ミリオン(百万)分の一 で、 千分の一をさらに千分の一にすると ppm になります。


2) parts per million (パーツ パー ミリオン) の意味です。
3) 100 ppm = 100 / 1000,000 = 100ml / 1000,000ml で 100ml の農薬を1000リットルの水にうすめる。
4) 50 ppm = 50 / 1000,000 = 50ml / 1000,000ml で 50mlの農薬を1000リットルの水に
5) 農薬などの規制がきびしくなり、それに毒性をへらす為に、特にホルモン性のものは効き目がいいでしょうから100万分の単位(薄くて)充分です。農薬の扱い方に注意して、
呼吸したり、 皮膚に直接つかないようにいつも注意して、 6) 固体の農薬でも同じで、100ppm
なら 100グラムの農薬を1000リットルの水にうすめる。 GOOD LUCK
    • good
    • 3

そのppmが何の割合を示しているのかがわからないといけませんね。


仮に100mlだとすると、薬剤そのものと見れば100%ですよね。
ppmは100万分率なので、この状態だと1,000,000ppmです。
これを50ppmにしたいのであれば、1000000/50=20000倍に薄めればOKです。

成分濃度についての割合だとすれば、それに合わせていけば良いだけです。
もし50%濃度だったら1,000,000ppm*0.5=500,000ppmとなります。
後は同じです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

みなさんありがとうございます。
どうやらものすごい勘違いをしていて、
通常の濃度より桁違いの濃さで散布してしまっていました。

とても助かりました、ありがとうございます。

お礼日時:2010/04/05 07:13

No.4の補足です。


 農薬のことは全く分かりませんので,あくまでも化学の一般論です。的外れでしたら,無視してください。
    • good
    • 2

 希釈倍率を例えば1万倍と書くと,人によっては,必要量よりも過剰な散布液を作ってしまう可能性があります。

100mlの1万倍ですと,1000リットルになりますね。
 そこで,希釈倍率が大きい場合には,倍率ではなく,希釈後の濃度で表示するのではないでしょうか。単位としてPPMで表すのは,濃度の桁数が分かりやすいからです。
    • good
    • 1

ppmは割合の単位で、100万分率のことです。

パーセントが100分率なのと同じ発想でよいかと。
たとえば100ppmというのは100万分の100、つまり1万倍に薄めるということです。

ただ、希釈する場合、ppmというのが何を表しているかが重要ですよ。薬剤そのものなのか、有効成分がその濃度になるように調整するのかで全く変わってきますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさんどうも。
その農薬は1本で100ml入りなんです。
説明には、50ppmで散布するとか25ppmで散布するとか書いてあります。
水に薄めて使うものです。

100リットルの水に、何本入れれば50ppmになるのでしょうか?
それは、その100mlの中の何%が有効成分なのかが分からないと計算できませんか?

頭がこんがらがってきてしまいました。

お礼日時:2010/04/04 22:39

こんにちは。



パーツパーミリオンですので、百万分の一を表します。重量比率ですので、体積ではなく質量で計算してください。

1グラムの溶質を希釈して百万グラムの溶液にする

の比率で計算してください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qppmの計算について

農薬をまきます。

ある農薬を1000倍希釈で、最終量500Lでまいています。
これは、この農薬の比率をppmで表すならば、
単純に、
500L ÷ 1000=500ml

500ml ÷ 500L × 100=0.1%

1%は10000ppmなので、
これは、1000ppmの濃度で農薬をまいている。
ということで、よろしいのでしょうか???

よくわからないので困っています。
教えて下さい。

Aベストアンサー

「ある農薬」の原液の濃度が示されていません。
原液の濃度 × 希釈率 をppmに換算します。

濃度なので、最終量500L というのは、関係ありません。

Qppmから%の計算方法

現在会社でグリーン調達の仕事をしておりますが、回答書を作成するため、含有量を自分で計算して、(例:350ppm=なんパッセント)回答します。計算方法が解らないです。教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1ppmは0.0001%です。
逆に1%=10000ppmです。

そのため,
350ppm=350*0.0001
      =0.0350% ←小数点を4つ分移動
      =0.035%
となります。
1ppmなら,0.0001%
12ppmなら,0.0012%
123ppmなら,0.0123%
1234ppmなら,0.1234%
12345ppmなら,1.2345%
です。

Q濃度(ppm)からミリグラム(mg)に換算方法を教えてください。

仕事上で濃度ppmからミリグラムに換算して、回答にしなければならないのです。回答方法が解らないので、教えてください。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

#6です。補足見ました。

5×350/1000000=0.00175g=1.75mg

5g中に三酸化アンチモンは1.75mgあります。

Qppmの希釈

1000ppmの標準溶液があります。
これから、10ppm、5ppm、1ppm、0.5ppm.、0.2ppm、0.1ppm、0.05ppmをつくって検量線を引きたいのですが、どう希釈するのが適当ですか?
まず、1000ppmを1mlとって100mlにメスアップすると10ppmになることは、わかるのですが。そこから先がよくわかりません。
◯ppmを何mlとって何mlにメスアップすればいいですか?
初歩的なことですいません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

うあ、間違えたw

 × 1mg/l÷1000mg/l×100mg/l ←単位も間違えてるしw
 ○ 1000mg/l × 1ml ÷ 100ml

 × (元から取り出す量)÷(元の濃度)×(希釈した時の量)
 ○ (元の濃度)×(元から取り出す量)÷(希釈した時の量)

Qppm濃度液の作り方

オキシベロン粉剤0.5と書いてある植物ホルモンがありますが、この粉剤の100ppm濃度液を作りたいのです。100ppm濃度の液量は1リットルあればよいのですが、作り方が分かりません。成分はインドール酪酸0.5%、鉱物質粉末等99.5%となっています。1リットルの水にこの粉剤をどのくらい溶かしたら、100ppmの溶液になるのか教えてください。

Aベストアンサー

この程度の溶液であれば密度は水と同じ(1g/mlとします)と考えていいでしょう。
1Lの溶液に対してこの粉剤(インドール酪酸と鉱物質粉末の混合物)が100質量ppmになればいいのであれば、
1000(g)*100/1000000=0.1(g)
の粉剤を水に溶かせばいいと思います。インドール酪酸として100質量ppmであれば
0.1/0.5*100=20(g)
の粉剤を溶かせばいいと思います。

Qppmについて

1ppmとは1リットル中の何mgですか?

Aベストアンサー

ppmは濃度や割合を表す単位で、part per millionの略で100万分の1を表します。1ppmは0.0001%のことで1リットル中に換算すれば水1リットル(1Kg)中に1mgの濃度ですね。

Q希釈倍率の計算の仕方

ガーディニングをしていますが50倍から100倍で使って下さいと
希釈倍率が書いています。
例えば1Lパックの水にどのくらいの蒸留木酢液を入れたら
良いのですか?ゴミの臭い消しに使います。
いつも希釈倍率がわからず困っています

Aベストアンサー

農薬(質問の木酢液なども含めて)の場合、単純に「全体の水量÷倍数=原液量」でいいんです。
1Lの水に50倍から100倍だったら、
1L(1000mL)÷50倍=20mL
1L÷100倍=10mL
ですので、木酢液(原液)は10mL~20mL入れるといいんです。

ちなみに液体は体積「mL」、固体(水和剤などの粉剤)は重さ「g」で計りましょう。
(今回の場合でしたら、木酢液=液体なのに、10g~20g入れたらダメ!って事)

Q希釈倍率について分かりやすく教えてください。

農薬の希釈倍率についての質問です。例えば、希釈倍率が100倍と表示されていたとします。すると2つの考え方が頭に浮かびます。

1、水99ml+溶媒1mlとして最終的な液量を100mlとする方法。

結果として、1/99+1=1/100としての分数としての希釈倍率をだす考え方。

2、水100ml+溶媒1mlという方法。
100÷1=100倍として計算する考え方。

この考え方を1において2の考え方で、2においては1の考え方でやると・・・

1、99÷1=99
これでは99倍の希釈倍率になってしまう・・・。

2、1/100+1=1/101
これでは希釈倍率が101倍になってしまう・・・。

このように、どうしても希釈倍率と聞くと混乱してしまいます。

この2つの考え方は、どちらかが間違っていてどちらかが正しいと思います、または両方ともおかしいかもしれません。この考え方について指摘などあればよろしくお願いします。また、希釈倍率についての基本的な正しい考え方など教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

前の方も書かれていますが、ここは「農学」のカテとして考えると、100倍にするときは、水100に農薬1を加え、1000倍にするときも水1000に農薬1を加えることが多い遠見ます。
 実際の農家は、100L。200Lの単位で薬液を作りますので、1000倍液を作るのに、999+1で1000倍。それを200L作るとはしていないと思います。(誤解があるといけませんので、もちろんきちんとされている農家もあると思います。)
 これが、化学や数学の計算であれば事情は異なると思います。

Qブドウの花振るいについて

こんにちは。

早速ですが、ブドウの花振るいと早期落果についてどうしてもわからないことがあります。
教科書で調べてみましたが、納得できなかくて困ってます。
どなたかご存知の方がいましたらどうぞご教授下さい。

まず、花振るいについてですが、教科書を参照すると、
「ブドウは1花房100~150の小花があるが、そのうち2~6割だけが結実し、
かなりの数の不受精花が開花2週間前に集中的に落果すること」
となっています。

一方、早期落果についてですが、教科書を参照すると、
「果実発育の早い時期の落果。開花直後の落果は雌性器官の欠落や不受粉・不受精
が原因である。それ以降の落果は、胚の発育停止によるもので、6月に多いことから
ジューン・ドロップという」
となっています。

したがって、私は花振るいとは早期落果の1つだと理解しています。
また、花振るいに関する記述から
「ブドウでは花振るいが発生する」
        ↓
「ブドウでは早期落果が起こりやすい」
と理解していました。

ところが、農学の問題集を解いていると、
「ブドウは他の果樹と比べて、早期落果や成熟前落果がほとんど残らないため、
着果房をすべて残すと結果過多になりがちである」
となっていました。

このように、自分の理解と問題の回答が食い違っています。
おそらく、私の理解不足なのですが、何が間違っているのかよくわかりません。

とても困っているので、どなたかお願いします。

こんにちは。

早速ですが、ブドウの花振るいと早期落果についてどうしてもわからないことがあります。
教科書で調べてみましたが、納得できなかくて困ってます。
どなたかご存知の方がいましたらどうぞご教授下さい。

まず、花振るいについてですが、教科書を参照すると、
「ブドウは1花房100~150の小花があるが、そのうち2~6割だけが結実し、
かなりの数の不受精花が開花2週間前に集中的に落果すること」
となっています。

一方、早期落果についてですが、教科書を参照すると、
「果実発育の早い...続きを読む

Aベストアンサー

お困りのようなので・・・


私の認識がもしかしたら間違っている可能性もありますが、

問題集の回答としては、
「ブドウは、花振るいするが、早期落果や成熟前落果は起こらない」
で正しいと思います。
しかし、ご質問のとおり
広義には「ブドウの花振るいは、早期落果の一部と考える」ことができると思います。

ここでは、問題集の『ブドウは早期落果がほとんど起こらない』が正しい解説をします。


まず、確認をしておきます。

<多くの果樹>
枝(昨年伸びた枝 or 今年伸びた枝)に花が咲き、結実する

<ブドウ>
房(果房)の中に果実(果粒)が着く。花振るいしても、房は残るので、着果過多になる可能性もある



<花振い>
これは、結実不良。(栄養条件、気象条件など要因は様々で、主に花粉管の伸長が止まって起こります)
つまり“落花”であり、“落果”ではありません。
ブドウは、結実するとその後は自然に果粒が“落果”することはありませんし、当然果房も“落果”は絶対にしません。

<その他の果樹の落果>
一般に生理的落果と呼ばれているものかな?(今、参考書がないので定かでないですが。。。)
不受粉、不受精などの結実不良を含む場合もありますが、基本的には一旦結実した果実が落ちる現象。
(原因は、樹の栄養条件(着果量、施肥過多等)、気象条件(多雨等)等様々。モモの核割れなどが代表的な事例だと思います。)



問題としては、紛らわしい設問。果樹を勉強しているからこそ、分かりにくい問題かと思います。
何の問題集かは分かりませんが、その他の選択肢が正しくなければ正解にせざるを得ないでしょう。

お困りのようなので・・・


私の認識がもしかしたら間違っている可能性もありますが、

問題集の回答としては、
「ブドウは、花振るいするが、早期落果や成熟前落果は起こらない」
で正しいと思います。
しかし、ご質問のとおり
広義には「ブドウの花振るいは、早期落果の一部と考える」ことができると思います。

ここでは、問題集の『ブドウは早期落果がほとんど起こらない』が正しい解説をします。


まず、確認をしておきます。

<多くの果樹>
枝(昨年伸びた枝 or 今年伸びた枝)に花が咲き、結実する

<...続きを読む

Qmlをmgに変換方法

きなこの食物繊維を測る場合、mlをmgになおす方法を教えてください。
2293mlをmgになおしたいのですが、方法が分かりません。
また

Aベストアンサー

水(1ml=1g)であれば、1ml=1g=1000mgですので、2293ml=2293000mgとなり、これにきな粉の比重(単位体積当たりの重さ:水は1)を掛ければ良いのですが、きな粉の比重は、その状態(含水量、詰まり具合)によって変わると思うので・・・どう算出するのか、または一般的な比重があるのかどうか、申し訳ありませんが分かりません。


人気Q&Aランキング