発声の時でもよく言われますが、特に歌の時は、息が流れません。よく、他の人は、流れるもんだと感心します。なぜそしてどうして流れないのかお教えくださいませ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 発声の時や歌い時に、息が流れるという表現は間違っています。

息が流れてしまうと声が体で響くことができず漏れてしまうことを意味します。息の使い方でいえばおおむねreisさんが説明してくれてます。
 正しく発声するということは、reisさんの説明にも有りますが、躰を響かせるということになります。
 どこを響かせるかといえば、胸と気管(喉など)鼻等です。ただ、鼻と喉は付帯的に響かせるのであって極端にいえば響かせないつもりぐらいで調度良いです。主に、胸を響かせるつもりで声を出すことになります。
 腹で声を出すといいますが、それは、腹で呼吸をするということを指します。腹で息をすると胸で響く割合が増えてきます。肺で呼吸すると、喉で響く割合が増加して胸も上の方で響く感じになります。
 この響きを口から外へ出すときに息を吐くのでは無いのです。息をコントロールして肺や気管や口を響かせてやるのです。当然鼻から息を吐いてはいけません。そんなことをすると口が響かないので言語不明瞭になります。
 一度に吐き出す息は少ないに越したことはないのです。
大きい声は、いかに強く速く肺や息の通り道にぶつけるかで決まります。息を吐く量では無いのです。
 だが、しかしです。せっかくの響きを躰の外へ出すには響きを効率よく伝えなければなりません。伝えるのは空気ですから、息が細いと空気の密度が薄くて外へ響きが伝わるまでにロスがでてやせた小さなものになるのです。
 いってみれば、たくさんの空気が体内にまんべんなくある状態で息を少しづつ連続的に吐き出しながら、肺や気管や口などをふるわせて響かせるのが、発声の基本といえます。
 この息のコントロールをするのに腹筋を鍛錬して腹筋自体がコントロールできる様にしなくてはならないのです。あとは、大きな声を出す練習をたくさんする中で息の仕方によって自分の声色がどう変わるか解るように鍛錬することでしょうか?
    • good
    • 0

まず、先にお断りしておきますが。


今回、質問カテゴリが音楽教育なんですけど。tom9サマは合唱をやってらっしゃるのですよね。それは誰か指導者のついている合唱団でしょうか? 学校? サークル?
それとも、tom9サマが指導する立場ですか?
それによって、答え方が違ってしまうのですが……。
とりあえず、その辺がわからないのでどちらでも参考になるようにお話させていただきますので、御了承下さい。

まず、私は合唱はあまり詳しくないので、それが当たり前の語句かわからないのですが、「息が流れる」というのはどういう意味でしょう。

大量の息をはくという意味でしたら、ローソクの炎を吹き消すのとは違いますので、息がはけるということはあまり問題ではないと思います。
では、何が問題かと言うと。大切なのは息のコントロールです。
唱っているあいだ(声を出しているあいだ)ブレスまでに、いかに安定して呼気を使うかが第一です。
もし、これが「足りない」、もしくは「安定しない」ことを「息が流れない」とおっしゃるのでしたら、克服するには腹式呼吸の地道な訓練の積み重ねが必要です。
「足りない」なら、訓練によって肺の使い方が上手くなりますので、常人が使えていない肺活量を有効に使えるようになります。
「安定しない」なら、常に一定の声量でいかに長く発声を続けられるかの訓練をします。音程、音量がふらつかないように気をつけて「あーーー」でも「えーーー」でも出しやすいように発声します。

また、こういう訓練ではなんとか声を出せるのに歌い出すとダメになるようなら、歌詞や表現に気をとられているのが問題です。
つまり、唄い方に気を取られたあげく、喉のあたりにガチガチに力が入っているのでは、ということです。鼻に響かないようなら、まずコレですね。声を出しているとき鼻を触って下さい。ちゃんと響いてますか?
発声訓練での声の出し方は、唱うときだからと言って変わるモノではありませんので、常に発声訓練のときをイメージして声を出して下さい。
もし、発声訓練のときからして喉に力が入ってしまうようなら、それは基本的に腹式呼吸が出来ていないのと同じです。
どんなに腹筋のポンプで息を押しだそうとしても、息の出口が閉まっていては何の役にも立ちません。
身体の力を抜いて、リラックスして、楽に声を出すよう気を配って下さい。……もしかしたら、「息が流れない」というのは、この点をおっしゃってますか?

この辺までは、基本的なことですが。
ちょっと突っ込んでやっかいなお話もしておきましょう。
「豊かな声量、響き」と言うとどういったイメージを持たれますか? ものすごい肺活量を自由自在に操って、それこそ大量の「息が流れる」状態だと思われますか?
実は質問の文章を読んで、これをいちばん心配しました。
確かに息が使えるに越したことはありません。
ですが、声を響かせるのは、人間の身体です。
腹筋のポンプと書きましたが、どんなに高性能なポンプを持っていても、それがちゃんと動いて必要なときに必要なように使えなければ意味ありません。
腹式呼吸で呼気を支えて、喉を開いてリラックスし、身体に共鳴させて、それで初めてちゃんと唄えます。それを意識しないで、ただ声を出そうと張り切っても、それはたんに「大声」を出しているのと変わらなくなってしまいます。

詳しい状態がわかりませんでしたし、合唱が専門ではないので、一般的な発声に関して思い当たる点を書きましたがどうでしょう?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q発声で、息は支えのきいた下腹部周辺から安定的供給されるもの。

息は支えのきいた下腹部周辺から安定的供給されるものだと思いますが。どのようにしたら息を継続的に供給し続けることが可能でしょうか。私の場合、不安定に、断続的に細くしかできません。この解決法をお解り方お教えください。

Aベストアンサー

 可能です。発声の体操等は御存知ですか?この中にこういうのがありますので、継続してやってみてください。
 (1)空気を「スー」と鼻から入れて、下腹部へためる。このとき、一定の間隔で均等に入れるかんじ。
 (2)で、一定の感覚で「スー」と無声音(わかる?)で言いながら、少しずつ息を吐く(胸からじゃなく、下腹部に手をやっておなかから出す)。最低30秒は持つように(これはきついよ)。
 (3)同じ要領で、今度は前屈みになって、両手を腰部の筋肉(腰部というか背中の下方の両サイドにある筋肉)に据えて、背中に空気を入れる。「すー」と無声音で言いながらと、鼻から入れる方法と訓練!
 これらを続けてください。
 (4)そうしたら、少しずつ身体を起こしながら、一定の間隔でスーと無声音で吐く。最低30秒はかけるように。
 (5)これらを寝ながら行うのもいい。
 (6)発声練習ではこれを応用。「アー」とあるいはハミングでできるだけ長く一定の間隔で出せるように訓練。できるだけ高音程で。

Q賞状授与の時 よく流れる曲

賞状授与の時 よく流れる曲
ターンタタターンタ~~~ンン♪
タタタタターンタンターン♪
って わかりにくいでしょうけど(^。^;)
この曲名を知りたいんですが。。。。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ヘンデルのオラトリオ“ユダ マカベウス”の中で出てくる「勇者は還りぬ(見よ、征服者の英雄が来る)」です。
表彰式でよく使われるおかげで「得賞歌」と表記されている楽譜やCDもあります。

Q歌う時、息が途切れてしまう。

息の量、持続が巧くいきません。途中で、息が途切れてしまいます。息が細くなります。原因と対策をお教えください。

Aベストアンサー

持続しない……ということは、単純に息を使えている量が少ないというのもあるでしょうが、唄い方に問題がある場合もあります。

まず、息を使えていない場合。
もともとの量が少ないか、有効に使えていない場合ですが、これは腹式呼吸の地道な訓練の積み重ねで向上するものです。
確かtom9サマには、以前なさった別の質問で腹式呼吸について回答させていただきましたが、周りには指導者のようなかたはいらっしゃいませんか?
腹式呼吸をきちんと体得し、訓練を続けることでしか、この問題は根本的には解決しないと思います。

また、唄い方に問題がある場合。
これをテクニックで対処した場合に、腹式呼吸でも追いつかない部分を補うことが出来ます(だから、前項で「根本的には解決しない」と書いたのですが)。

・息が足りなければ、自分でブレスの場所を見つける。
本当にどうしようもない場合は、レガートな部分のようにブレスしてはいけない場所を除いて、どこか区切りのいいところで息を吸うこと。また、この場合、なるべく素早くきちんと息を吸えるように訓練すると良いです。
 『素早いブレスと安定したペースの訓練』
メトロノーム(電子式のほうが便利かも)を用意し、最初は適当な速さでカウント。最初の1で息を吸い、234ではく(一定のペースを保つことを心がける)。
慣れたら、1で吸い、2345678ではく。
さらに慣れたら、以後、はく長さを増やしていきます。
少しずつ速さをあげることで息を吸う速さが身に付きます。また、はく長さを増やしていくことによって安定した発声も身に付きます(結果、息の使い方もわかってくるので、ブレスのしすぎもなくなります)。

・歌い出しに力が入りすぎていませんか?
ブレスに神経質になり過ぎ、もしくは訓練が足りない、歌の表現に気を取られすぎ……などの場合は、歌い出しでちからを使い切ってしまうことがあります。
これはなるべくリラックスし、気負わず、また唱い慣れることで解消します。
ちなみに練習の時は、楽譜を見てやってらっしゃいますか? 出来れば暗譜してみましょう。余裕が生まれますので。

持続しない……ということは、単純に息を使えている量が少ないというのもあるでしょうが、唄い方に問題がある場合もあります。

まず、息を使えていない場合。
もともとの量が少ないか、有効に使えていない場合ですが、これは腹式呼吸の地道な訓練の積み重ねで向上するものです。
確かtom9サマには、以前なさった別の質問で腹式呼吸について回答させていただきましたが、周りには指導者のようなかたはいらっしゃいませんか?
腹式呼吸をきちんと体得し、訓練を続けることでしか、この問題は根本的には解決しな...続きを読む

Q表彰の時に流れるあの曲名は?

表彰のシーンで流れるあの曲、誰の、何という曲でしょうか?

ソーーーミーーファ
ソーーードーーー
レミファソファーミー
レーーーーーーー

Aベストアンサー

「見よ、勇者は帰る」です。
吹奏楽部に入っていた頃、よく演奏しました。
下記の楽譜で確認をどうぞ。

http://www2.g-tak.gsn.ed.jp/jhs/ongaku/hyougen/kigaku/yougaki/altorecorder/04/042.html

参考URL:http://www2.g-tak.gsn.ed.jp/jhs/ongaku/hyougen/kigaku/yougaki/altorecorder/04/042.html

Qランブール兄弟作「いとも豪華なる時禱書」特に「堕天使の墜落」について

シャンティイ、コンデ美術館所蔵のランブール兄弟作「いとも豪華なる時禱書」特に「堕天使の墜落」について画像が見られるサイトを教えて下さい。

Aベストアンサー

#1です。
絵が違っていたみたいですね。
私もこの時祷書がすごく好きなので、もう少し調べてみました。
日本語のタイトルの訳といただいたコメントからいって、
これも可能性あるかなぁと思いましたので再投稿します。
(#3の方のがあってるのかもしれません。自信ないので。。。)

参考URLにはその絵のURLをのせます。
下に書いたURLは絵のリストが載っています。
「html」の前の数字を1~5まで入れてみてください。
ほとんど全ての絵が載っているようですので参考になれば。
<http://www.christusrex.org/www2/berry/berry1.html>

たまに画集を見かけても高くて手がでませんね。
そういえば、今年8月いっぱいまでなんと本物が一般公開されるそうです。
うらやましいですね。

参考URL:http://www.christusrex.org/www2/berry/f64v.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報