フランス語の celibataire という言葉には、日本語の「独身者」にはない何か屈折したニュアンスを感じます.フランス人はどういうニュアンスで使っているのでしょうか?
また、19世紀ごろと現代とではニュアンスは違うのでしょうか?
個人的には libertin に近いものを感じるのですが...

よろしくお願いします.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私はフランス語も勉強していましたが,今ではイタリア語の方が専門なので,イタリア語に置き換えた場合で考えさせていただきますね。

フランス語も95%ぐらいの単語は,イタリア語と同様ラテン語源の言語なので,ほぼ問題は無いと思われますので。

celibataire(仏)は celibe(伊)ですから,明らかにcelibato(伊/キリスト教の聖職者=独身)という宗教用語からの転用で,yobesukeさんの感じる屈折さはこれではないですか?確かに日本語の『独身』や英語の『single』と比べるとちょっと特殊な香りがするのかもしれませんが,『屈折した意味』ではなく,宗教的ニュアンスと思われます。

libertin(仏)は libertino(伊)で,『道楽者』のニュアンスを明らかに含みますね。ただし,liberatore(伊) の方向へ解釈すると,解放者=救世主=キリスト でまたもや宗教的な聖職のイメージとなりますが。

さらにイタリア語では scapolo があります。scapolare/逃れる が語源ですから,女性に掴まえらずに逃げおおせた男=独身貴族 という意味が含まれるのでは?

反面,女性にはscapolo も celibe も使わず nubile を使いますが,これは 『曇った』というニュアンスですから,同じ独身でも男の場合は『自由』女の場合は『悩み』を表す差別的な概念が含まれているようです。

以上は語源から考えた場合であって,現代イタリアではcelibeにもscapoloにも女性用のnubileにも,特殊な香りや屈折,差別的な概念も含んで使用しておらず,公式な単語です。

しかし,19世紀頃でしたらまだその語源が持つ香りが強く,使い分けが成されていたかもしれませんね。

以上のイタリア事情から想像すると,フランスにおいてもイタリアとほぼ同様の事情,と考えても間違いはないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

誰からも回答がないので諦めかけていました.
celibataireから私が感じていたニュアンスは、独身者を自らの意志で選びとり、独身を選ぶ事で世俗の煩わしさから解放され、自分の好きは道に邁進する、といったものです.それはまた放蕩者、道楽者、自由主義者といった意味のlibertinと繋がるような気がしたのです.
イタリア語と同じcelibato(伊/キリスト教の聖職者=独身)からの転用だとすると、私の感じていたニュアンスはそれ程的外れではなかったのかなと思います.
19世紀から現代にかけての、ある分野のフランス人の事を調べていて、やけにcelibataireが多く、それを自慢にしているような感じがしたものですから.
それにしてもイタリア語のscapoloとnubile は面白いですね.
ありがとうございました.

お礼日時:2001/04/05 10:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフランス語翻訳サイト

日本語からフランス語への翻訳

友達とドッグタグを作るのですが、そのときに英語じゃありきたりだからフランス語を使おうという話になりました。

日本語からフランス語に翻訳してくれるサイトを探したのですが、英語から翻訳というのしか見つけられませんでしたOTL

どこかいいサイトはありませんか?

Aベストアンサー

私が知っているサイトでは、以下のようなサイトがあります。

・Infoseek翻訳
日本語から翻訳できます。
http://translation.infoseek.co.jp/?ac=Text&lng=fr

・Livedoor翻訳
英語から翻訳ができます。
もちろんInfoseekよりも翻訳精度は高いです。
日本語→英語→フランス語としたほうが精度は高いと思います。
http://translate.livedoor.com/

Qフランス語分かる方、この言葉をフランス語にして下さい(>人<)

『SERINAの好きなこと』
↑この言葉をフランス語に訳して書いていただけませんか?
どなたかお願いします!

Aベストアンサー

La chose prefere de Serina.



Serina's favorite thing
をフランス語にしてちょうダイ。とフランス人の友人にきいたらこんな答えが返ってきました。

QJ.マルコヴィッチとJ.フォスターがフランス語を話せるのは…?

J.マルコヴィッチとJ.フォスターがフランス語を話せる理由をご存知の方、いらっしゃったら是非ご回答お願いします。2人ともアメリカ出身だと思うのですが、まぁ流暢に話すこと。家族にフランス語を話す人がいたのか、それとも二人ともあたまがよさそうなので自力で勉強したのか…(それにしてはアメリカなまりがないような…)。とっても気になっています。どなたか教えてください!

Aベストアンサー

ジョディ・フォスターに関しては、イェール出た秀才ですから、自力で(といってもフランス人にレッスンを受けたのでしょう)勉強したんだと思います。
ジョディ・フォスターの真実
[原書名:JODIE FOSTER:THE MOST POWERFUL WOMAN IN HOLLYWOOD〈Kennedy,Philippa〉 ]
ISBN:4087732444
集英社 (1996-03-31出版)
をごらんになってみては。

Qフランス語で「ラ・ケスク」と言う言葉が「おぉすばらしい」と言う意味だと

フランス語で「ラ・ケスク」と言う言葉が「おぉすばらしい」と言う意味だと聞き、
お店の名前にしようとしたのですが、どう調べても綴りが出てきません。

ひょっとして大きな勘違いしているのかもしれませんが。。。

フランス語のわかる方、お願いします!!!

Aベストアンサー

La qu'est ce-que?  つまりこれは何? のような
意味ですが、意味をなさない文章です。

C'est splendide. セ スプレンディドゥ

でしたら、これは素晴らしい。になりますが。

Qフランス語で歌う時のRの発音

フランス語初心者です。フランス語のRは喉の奥を震わせて発音し、巻き舌はダメと教わりました。しかし、最近見たエディット・ピアフの映画で、歌の中ではかなりしっかり、ほとんどドイツ語のように巻き舌で歌っているのを聞きました。フランス語でも歌の中では巻き舌を使っても良いのでしょうか?

Aベストアンサー

akosaan さん はじめまして

お聞きになりましたか 彼女の歌を
Non, rien de rien, je ne regrette rien
この詠唱で、フランス語に魅了された方は
多いのではないかと思っております

さて、本題です

フランス語のrには、三つの音があります

● Le r standard, consonne fricative uvulaire

一般的に今日主流を占めている標準と言われ
多くの日本人学習者を悩ませているrです
コレは、摩擦音です 発生する場所から
le r dorsal (舌背r音)とも呼ばれたりします

● Le r roule (le r apical 舌端r音とも)

所謂、巻き舌ですね これは、舌先をビブラートです
コレが、十三世紀頃に、他の音の出し方と違うことからと
推測されていますが、次第に廃れてしまいます
でも、用意された演説とか詩の朗詠、正統な歌では
まだまだ生き残っております

● Le r grasseye (trille uvulaire)

最後に有名な彼女独特のrです これは、luette(喉彦、懸壅垂)を
震わせるのです 従いまして、舌の先端を震わせる
trille apico-alvoolaire と確り弁別されております

音から入るフランス語 いいですね
音を語感の中心と感じられれば、五感の
ど真ん中の、心に響きます。。。

akosaan さん はじめまして

お聞きになりましたか 彼女の歌を
Non, rien de rien, je ne regrette rien
この詠唱で、フランス語に魅了された方は
多いのではないかと思っております

さて、本題です

フランス語のrには、三つの音があります

● Le r standard, consonne fricative uvulaire

一般的に今日主流を占めている標準と言われ
多くの日本人学習者を悩ませているrです
コレは、摩擦音です 発生する場所から
le r dorsal (舌背r音)とも呼ばれたりします

● Le r roule (le r...続きを読む

Qフランス語に、「不可能」という言葉はありますか?

ナポレオンの名言として知られている言葉に、以下のものがあります。

「余の辞書に不可能の文字はない」

この言葉は、

”Impossible, n'est pas francais.”

「不可能という言葉はフランス的ではない」

の意訳であるらしいのですが、

本当のところ、

フランス語に不可能という意味の言葉はあるのでしょうか。

質問がわかりにくいとは思いますが、

何とぞみなさまの知恵を貸してください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問:
<”Impossible, n'est pas francais.”>

1.直訳すると
「不可能、はフランス語ではない」
となります。

2.impossible「不可能」には、
(1)「できない」という「能力の否定」
(2)「ありえない」という「可能性の否定」
(3)「そんなはずはない」という「蓋然性の否定」
の3つの用法があります。

ご質問文のimpossilbeは(1)(2)の意味で使われています。

3.これは、以下の意図でナポレオンが使ったフレーズです。

(1)フランス人であることの誇りを強調し、francaisを引き合いに出しています。

(2)francaisを用いることで、当時戦った他国に対し、フランスの全能性を強調しています。

4.従ってこの語の解釈は、
「『できない、ありえない』そんなことはフランス人には考えられない」
という意味から、
(意訳1)「不可能という言葉は、フランス人は使わない」
→(意訳2)「不可能という文字は、フランス語には存在しない」
となり、「わが辞書にはない」という、有名な箴言として意訳されたのです。


ご質問2:
<フランス語に不可能という意味の言葉はあるのでしょうか。>

勿論存在します。

なお、impossibleには同じ意味で、pas possibleの用法もありますが、口語ではimpossibleの方がより強い否定で使われます。

上記の説明の通り、impossibleには3つの意味があり、どれも通常に使われています。


1.「能力の否定」:

(1)主観的というより客観的な不可能性を強調する場合に使われます。
例:
ある仕事の依頼を受けて
C’est impossible.
「それはできない」
自分にそれをする能力がない、という意味ではなく、誰でもできないという実現の可能性の否定に近い用法になります。

(2)これが
C’est pas possible.だと、
「ちょっと無理ね」
と、否定の断定がやや揺らぎます。

(3)なお、主観的な能力の否定はcapableを使いますが、「自分の能力の否定」以外に、「事情があって不可能」というニュアンスでも使います。
例:
Je ne suis pas capable de le faire.
(訳1)「私にはそれをする能力がない」→「それはできない」
(訳2)「(今手が話せなくて)それをできる状態ではない」→「それはできない」


2.「可能性の否定」:

(1)今後起こり得る可能性についての否定、実現の可能性の否定になります。
例:
仕事一筋の夫が浮気してるかも、と他人から聞かされて
C’est impossible.
「ありえないわ」
と、かなり強い断定になります。

(2)これが
C’est pas possible.だと、
「まさか」「うそでしょ」
と、否定の断定がやや揺らぎます。


3.「蓋然性の否定」:

(1)偶然起こったことについての、主観的な否定に使われます。ただ、実際既に起こったことへの言及ですから、impossibleより、断定の弱いpas possibleの方が一般に使われることが多いようです。
例:
帰宅ラッシュ時、電車が技術トラブルで2時間ストップした時(フランスではよくあることですが)
C’est pas possible.
「うそでしょ」「いい加減にしてよ」
と、うんざり感を出す時に使われます。

(2)なお、この場面でimpossibleを使うと
C’est impossible.=C’est incroyable.
「冗談じゃないわ」=「信じられない」
と、うんざり感の強調として、国鉄への不信感を露わにする場合に使われます。

以上ご参考までに。

はじめまして。

ご質問:
<”Impossible, n'est pas francais.”>

1.直訳すると
「不可能、はフランス語ではない」
となります。

2.impossible「不可能」には、
(1)「できない」という「能力の否定」
(2)「ありえない」という「可能性の否定」
(3)「そんなはずはない」という「蓋然性の否定」
の3つの用法があります。

ご質問文のimpossilbeは(1)(2)の意味で使われています。

3.これは、以下の意図でナポレオンが使ったフレーズです。

(1)フランス人であること...続きを読む

Qフランス語、Je crois que vous n'etes pas bien de la tete!

タイトルの仏文は「あなた、ちょっとおかしいんじゃないの」くらいの意味だと思うんですが、“ne pas etre de la tete”というのは成句なんでしょうか? 辞書で調べても載っていません。

Aベストアンサー

"ne pas etre de la tete"が成句なのではなく、"pas bien de la tete"が一つの慣用句です。これは「狂っている」ことを指す婉曲な表現で、日本語の「頭がおかしい」という言葉に相当します。

ここで bien は副詞ではなく、"Je ne suis pas bien"(私は気分がよくない)という場合と同じように、eterの補語で「(身体の)具合がよい」という意味の形容詞として使われています。
"de la tete" はbienを修飾する副詞句です。

Qフランス語に詳しい方!何故フランス語には「安い」という単語が存在しない??

何故フランス語には「安い」という単語が存在しないのでしょうか??
安い=bon marche
高い=cher
文化的背景等がございましたらお伺いしたいです。
フランス語に詳しい方,よろしくお願いいたします!!

Aベストアンサー

過去にも同様の話がでてます。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1336952.html

Q英語をフランス語に翻訳

英語をフランス語に翻訳

看板の制作をしているものです。
職場で英語の看板表記の文字をフランス語に変えてくれと依頼がありました。
翻訳ツールで調べてみましたが、フランス語が全くできないため、正しいのかどうなのかわかりません。
フランス語のお出来になる方、どうか教えてください。

教えていただきたいのは次の文章です。

The entrance of the "店舗名" is there.

翻訳ツールで出た結果は、

L'entr?e du "店舗名" est l?.

これは正しいでしょうか?

ちなみに、店舗の裏側の「入口はあちらです」というサインになります。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

看板制作の業界を知らないので一般的な商習慣を知らないのですが、
翻訳までやらなければならないのですか??
私だったらフランス語が全然分からない人に翻訳は頼みませんが(^^;

翻訳はお客様側で別業者に頼んでいただくことはできないんでしょうか。
世の中には翻訳会社とか翻訳業というのがあるのですが。

さらに素朴な疑問としては、フランス語の看板を一体誰に見せたいのだろうか・・・・
一般の日本人には読めない気が(私も読める自信は無い)

フランス語 入口

でGoogle検索すると、「入口」の看板の通信販売などが見つかります。画像検索などでも見られます。まあこれはWeb上の無料辞書で「入口」」で引いても出ますか・・・
Entre'e(アントレ)ですかね。真ん中のeの上にアクセント記号です。

店名と「入口」だけ洒落たデザインで書いて、それに矢印を添えたら、単純だし間違いないのではないかと思いますが。単語を組み合わせたり長くするほど間違える可能性が高くなりますので。
フランス語も英語同様、文頭の一文字目は大文字ですが、デザイン上は全部小文字でも良いと思います。

フランス語が分かる人からアドバイスが付くと良いですが。

こんな記事がありましたよ。道案内看板の写真もあり。
  ↓

参考URL:http://allabout.co.jp/study/french/closeup/CU20060215A/index.htm

看板制作の業界を知らないので一般的な商習慣を知らないのですが、
翻訳までやらなければならないのですか??
私だったらフランス語が全然分からない人に翻訳は頼みませんが(^^;

翻訳はお客様側で別業者に頼んでいただくことはできないんでしょうか。
世の中には翻訳会社とか翻訳業というのがあるのですが。

さらに素朴な疑問としては、フランス語の看板を一体誰に見せたいのだろうか・・・・
一般の日本人には読めない気が(私も読める自信は無い)

フランス語 入口

でGoogle検索すると、「入口」の看板の...続きを読む

Qフランス語で「甘い、ふんわりした」という意味の言葉(店名)

こんにちは。

甘めのレースやシフォン、フラワーモチーフの服や雑貨を扱うショップの名前をフランス語で考えています。イメージとしては、

甘い、ふんわりした、可愛らしい

など・・・。とにかく可愛い感じのイメージ&響きの名前にしたいと思います。過去ログも参考にしましたが、なかなか見つからず、是非ご意見を聞かせていただけましたら嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

riri222rirさん こんにちは

お読み頂き有難うございます

造語は、貴女のお名前から、栗(九里)より
美味しい焼き芋、(2の三乗で16里(ri)を
連想してしまう甘いもの好きから誕生です

「甘い、ふんわりした」ものは、世界にたった一つだ
おぎぁーと叫んだ私を、両手で抱き上げてくれた母だ
その甘美な肌と肌の感触は一生記憶に残り続くもの

造語は、同音異綴の単語作りが基本です

元の言葉は正式なフランス語の動詞-peaufiner-
(ポフィネ、意味は、最後の仕上げをするとか
入念なお化粧の仕上げを施すです)
この動詞の語源は所説ありますが、peau(ポ、肌、皮)に
fin(e)(形容詞、名詞など、肌理細やかな、上質な等)の
単語合成(peau+fin+er(動詞を作る)説が一番受入易い

そこで、人がオメカシするように、このpeaufinerにも
オメカシ(同音異綴の細工)で、peau⇒pau(同音異綴)
そして、口語では-paufine-を名詞として利用すれば
-femme douce(優しい女性)-のことになっております

服を着ることを、より美しく上質な肌にと考え
fin(e)を二重にして、-paufifinne-となり
服を纏うことを、いまひとつの肌(peau⇒pau)を
肌に肌を重ねると感じれば、-paupaufinne-です
(最後のnを二重にしてあるのは、音韻の為)

従いまして、意味は、優しい女性が見え隠れして
それに、一層磨きをかけていると、解釈しいます

長々とお付き合い、誠に有難うございます。。。

riri222rirさん こんにちは

お読み頂き有難うございます

造語は、貴女のお名前から、栗(九里)より
美味しい焼き芋、(2の三乗で16里(ri)を
連想してしまう甘いもの好きから誕生です

「甘い、ふんわりした」ものは、世界にたった一つだ
おぎぁーと叫んだ私を、両手で抱き上げてくれた母だ
その甘美な肌と肌の感触は一生記憶に残り続くもの

造語は、同音異綴の単語作りが基本です

元の言葉は正式なフランス語の動詞-peaufiner-
(ポフィネ、意味は、最後の仕上げをするとか
入念なお...続きを読む


人気Q&Aランキング