ある大学生が大学の宿題として書いた論文です。

この文章は論文としていい文章だといえるでしょうか?
ちなみに私自身が書いた文章ではありません。
どのような点を改めるべきか、教えてください。よろしくお願いします

体罰について考えることを述べなさい

学校教育において体罰は決して行ってはならない。なぜならば、学校教育法第11条”校長及び教員は、教育上必要があると認めるときは、文部科学大臣の定めるところにより、児童、生徒及び学生に懲戒を加えることができる。ただし、体罰を加えることはできない。”に体罰を加えることは出来ないと記されているからである。また、教員は生徒の手本であるので、その教員は法に忠実でなければならない。
私は、体罰は教員が様々な問題に対し、主観的にとらえるため起こる問題だと考える。教員が生徒に対し常に客観的であれば、このような問題は起こらないと考える。教員は生徒と同じように張り合ってはならず、生徒から超越した存在でなければならない。しかし独裁者としてではなく、教育者そして年長者として、生徒から差別化を図らなければならない。生徒からの正のリスペクトを得るにあたって、体罰を与える独裁者であってはそれは得難い。日本では様々なメディアでも見て取れるように、熱血系教師をリスペクトする傾向がある。私の経験から言うと、生徒の髪の毛を抜こうとしたり、顔をねじったりする教師であっても、それは”生徒(わたしたち)への愛があるから故の行動だからだ”、と誤解してしまうケースがある。私は、このような教師と多く関わってきたため、教師は常に客観的、そして合理的でなければならないと考えてきた。一般的に、サラリーマン教師の存在は否定される。しかし、サラリーマン教師になることが体罰根絶への一番の近道だと考える。
生徒に対し、主観的で愛のある体罰は、一概に全否定することは出来ない。しかし法はそれを認めない。そして私も認めない。よって学校教育において体罰は根絶すべき概念だと考える。..

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 #1さんから#4さんまで、優れたご意見をもう述べておいでですから、これは余分なのですが、質問が「どのような点を改めるべきか」ということで、ちょっと、



 ここで,例えばイギリスには、 Spare the rod, spoil the child 「棒を使わないと、子供がダメになる」、アメリカでは woodshed 「薪小屋」には、特別の教育の場所とウエブスターにも出ています(http://www.merriam-webster.com/dictionary/woodshed)こういった、世界での取り扱い、体罰だけを隔離して論じる正当性、または不正当性、大家族から核家族に移行して「躾」の担当者が、あるいは方法が変わったのか、変ったならどう変ったのか、そのためにどのような調整が必要か、子供の健全な成長には、村全体が参加すべきだという、現、米国務長官の意見は?など、視野を広げた方がよかったと思います。

  これは「国語」の問題か、「学校教育」の問題か、はたまた「家庭での子育て」の問題なのか、ということが一つ。

 体罰はいけない、法に反し、自分も反対だからというのは何か大切な過程が抜けていはしないか、ということも一つ。

 「論文」までは行っていないように思います。
    • good
    • 0

 #5です。



 簡単な改善法は

1。体罰賛成の論文をいくつか挙げ、それぞれの論旨を紹介する。

2。その論旨の問題点を指摘する。

3。そして体罰反対の自説に導く。

 といった方向でも(他にいろいろあるでしょけれども)よくなるのではないでしょうか。 
    • good
    • 0

この論文がなにを言おうとしているのか、方向が少し見えないので、


どこを改めるべきかは決定しにくいですね。

一点だけあげると、教育法の引用が長いですね。不要です。
    • good
    • 0

論文というのは、あるはっきりした論点を提起し、それをいくつかのゲートを通過させて消化し、単純化し、あるいは昇華し、論理的に、つまり誰にも納得できるかたちでその可、不可を判定し、結論を出すものです。


この文は、体罰の可、不可を論じているようですが、その論理の流れははっきりせず、最後の結論もなぜそうなるのかということが文の全体から導かれるというかたちにはなっていません。むしろ下記の”結論”自体が混乱しているようにも見えます。

>生徒に対し、主観的で愛のある体罰は、一概に全否定することは出来ない。しかし法はそれを認めない。そして私も認めない。よって学校教育において体罰は根絶すべき概念だと考える。..

法が認めていないのは当然ながら明白です。しかしなぜ「私」が認めないのか、愛のある主観的な体罰が認められるのかそうでないのか、論理が飛躍していて幾つもの??が残されたまま終わってしまう。これではエッセイならいいのかもしれませんが、論文にはなっていないと思います。他にも未整理のままの主題が多く、もっと題材をしぼって論じるべきではないかと私は思います。
    • good
    • 0

下にもあるけど 文章の短さも


あって これは主張であって 
「論文」ではない。

 この年齢の人間はみんなこんな
もんなんだろうが 日本語がおかしい。

例 「客観的であれば」「生徒から差別化を図らなければ」
  「正のリスペクト」等

法が認めていない → だから私も認めない → 根絶すべき

は 話の筋としておかしいし
(あなたが認めないものはすべて 社会から根絶すべき となるのか?
と反論されるだけ)
 あまりに薄っぺらな発想であり その点からも「論文」とはいえない。
    • good
    • 0

論文じゃなくて、エッセイですね。



筆者の考えしか述べられておらず、なぜそう言えるのか、何が問題でどのように解決できるか、その根拠は何かというところが弱いです。

たとえば
>一般的に、サラリーマン教師の存在は否定される。しかし、サラリーマン教師になることが体罰根絶への一番の近道だと考える。

なぜサラリーマン教師が体罰をしないようになるのか、という説明になっていません。


>体罰について考えることを述べなさい
ということについての文章ならまあいいですが、論文としてはあと一歩というところですね。
    • good
    • 0

体罰はあって当たり前。


と思っている者からしてみたら、なんとも不気味で不可解な思考ですね。
まあ、それはそうとして・・・・・。

さて、羅列になりますが、気になるところをいくつか挙げます。ただし、私はおよそ論文というものをまともに書いた経験がないので、「形態」として論文になっているかどうかは批評できません(あしからず)。


1)「サラリーマン教師という言葉はサラリーマンに対して失礼だ」という意見もあるので、用語には気を使ってほしい。

2)「サラリーマン教師の存在は否定される」=「サラリーマン教師はこの世にいない」という意味にも取れる。

3)体罰というと、ビンタ、拳骨、バケツを持って立たせる、校庭を走らせる、などがあると思うが、髪の毛を抜こうとしたり、顔をねじったり、というのは少なくとも私の中では体罰とは言えない。
教師としても、単に大人としても、単なる陰湿ないじめ行為。 筆者の「体罰の定義」とは?

以上、とりあえず気になったこと。でした。
こんなんで、いいですか?
    • good
    • 0

こんにちは。



「学校教育法第11条”校長及び教員は、教育上必要があると認めるときは、文部科学大臣の定めるところにより、児童、生徒及び学生に懲戒を加えることができる。ただし、体罰を加えることはできない。”に体罰を加えることは出来ないと記されているからである。」
の部分は
「学校教育法第11条”校長及び教員は、教育上必要があると認めるときは、文部科学大臣の定めるところにより、児童、生徒及び学生に懲戒を加えることができる。ただし、体罰を加えることはできない。”と記されているからである。」
に直すべきですが、
それ以前の問題があります。

文章の大半が何を引用することもなく主観で書かれていますから、論文としては不適だと思います。
しかし、「体罰について考えることを述べなさい」という出題自体がおかしいです。
論文の出題であるならば「体罰について述べなさい」とすべきです。

ですから、「この文章は論文としていい文章だといえるでしょうか?」に対する判定は、???です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q体罰 ユーチューブ

顧問の教諭がバレー部員を平手打ちする動画が You Tube に公開された浜松市の高校で、こうした体罰が日常的に行われていた疑いが出ている。

ユーチューブに(告発)された浜松日体高校バレー部での41歳のド変態教諭による平手打ちの連発。こうした体罰はこの時だけではないらしい。

「練習試合に絶対殴られる。週に必ず練習試合があった。一日30回ぐらいはやられた」と元浜松日体高校バレー部員は言う。また他校の生徒も体罰の光景を目にしていた。

浜松日体高校では
「体罰が日常的に行われていたという認識はない」と話しているが、今後、さらに部員から聞き取りなどをしたうえで、教諭の処分などを決める予定だ。

・・・強くするためなら殴ってでも、というのであれば、より多く殴った学校が全国上位になりやすくなる。教師から理性が失われた場合、日本全国でバレーの練習よりも、ビンタの方が盛んになるだろう。投稿された動画のレベルまでビンタすると、(顔が原形をとどめていない)と思われる。

それほどまでにドーピングなビンタではなく、練習だけで強くする方法はないのか、誰か教えてください。
https://www.youtube.com/watch?v=kXhy7ZsiR50

https://www.youtube.com/watch?v=AIrhSKXhcUU

顧問の教諭がバレー部員を平手打ちする動画が You Tube に公開された浜松市の高校で、こうした体罰が日常的に行われていた疑いが出ている。

ユーチューブに(告発)された浜松日体高校バレー部での41歳のド変態教諭による平手打ちの連発。こうした体罰はこの時だけではないらしい。

「練習試合に絶対殴られる。週に必ず練習試合があった。一日30回ぐらいはやられた」と元浜松日体高校バレー部員は言う。また他校の生徒も体罰の光景を目にしていた。

浜松日体高校では
「体罰が日常的に行われていたという認...続きを読む

Aベストアンサー

まずスポーツなどを「強くする」のは、筋力や心肺機能など肉体と、脳の活性化です。

いくら肉体的に優れていても、それを動かすのは、あくまで「脳」ですから、肉体と同時に脳(や神経伝達系)も鍛えねばいけません。

肉体の活性化そのものは簡単で、基本的には、そのスポーツに必要とする筋肉などに負荷を与えることで強化することです。

ただ、この肉体の強化には疲労や苦痛などのマイナスが伴いますので、脳としては、いわゆる報酬系が抑制され、「不快」を感じてしまいます。
従い、肉体強化などの意思や目的などが薄弱ですと、「挫折」や「妥協」とか、むしろ「怠ける」などの反作用も生じてしまいます。

それに対し、「体罰」と言うのは、肉体的な苦痛を伴う上、精神面でも不快を感じますので、肉体強化の不快より、更に不快を意識させるワケです。

即ち体罰は、人口的な「更に不快」を設定することにより、練習などの不快を緩和するものと言えます。
確かに、肉体の強化には、それなりの有効性はあると思われます。

一方、脳と言うのは面白い器官で、報酬系は刺激された際に、脳は「快」を感じ活発化します。
「褒めて伸ばす」なんて言うのは非常に合理的で、褒められると言う報酬によって、脳は活発化するワケです。

従い、体罰で強制的に肉体は強化が出来ても、そんな状態では脳は不活発な状態ですから、「力は付いても、技は覚えない」みたいなことになってしまい・・・スポーツなどは上達しない場合も多いです。

とは言え、江戸時代の剣術道場などで、やたら弟子を甘やかし褒めて指導するのは、「幇間稽古」などとバカにされるのですが、そんな指導のみですと、いくら素質がある者でも、充分に才能を伸ばせないとされており、これも事実です。

一時的には良いのですが、いつも報酬系を刺激するだけでは、脳が報酬を受ける状態が「普通」になってしまうからです。

適度に「アメとムチ」を使い分け、更には「ムチ」にも「この厳しい練習をやり遂げたら、〇〇が得られる!」みたいな、単なるアメとは異なる報酬系の刺激を与えることが、理想的な状態と言えるのでは?と考えられます。

「褒める」+「叱る」と言うより、単に叱るのではなく「褒める」+「叱咤+激励」みたいな感じでしょうか・・。
安易に叱るなどよりは、高度な指導スキルが要求されます。
辛いトレーニングなどを、高いモチベーションで乗り越えさせるワケです。

逆に言えば、体罰教師などは、安易に叱っているワケですから、指導スキルとしては低レベルと言えますね。

練習では無いですが、ロンドン五輪の競泳男子リレーで、日本チームが見事に銀メダルに輝いたのなどは、「メンタルの重要さ」の証明かと思います。

「(北島)康介さんを、このまま手ぶらで帰らすわけ行かないぞ」などと言う、非常に高次なモチベーションで、各選手は個人種目時より好タイムを叩き出してますから。

身体に「メンタル(精神)」などと言う器官は無いので、実際には脳内活動です。
練習時に、良い脳内活動の状態を作ることが、優秀な指導(者)かと思います。

体罰でも、ソレが出来る場合が無いとは言いませんけど・・・。
しかし、何でもかんでも、体罰に依存する様な指導は「最低」で、そんな指導者は「無能」です。

まずスポーツなどを「強くする」のは、筋力や心肺機能など肉体と、脳の活性化です。

いくら肉体的に優れていても、それを動かすのは、あくまで「脳」ですから、肉体と同時に脳(や神経伝達系)も鍛えねばいけません。

肉体の活性化そのものは簡単で、基本的には、そのスポーツに必要とする筋肉などに負荷を与えることで強化することです。

ただ、この肉体の強化には疲労や苦痛などのマイナスが伴いますので、脳としては、いわゆる報酬系が抑制され、「不快」を感じてしまいます。
従い、肉体強化などの意思や目...続きを読む

Q店員-客、医師-患者、役所-市民、教師-生徒

【1】(A)店員 ―― (B)客

【2】(A)医師 ―― (B)患者

【3】(A)役所の窓口で市民に対応する人〈※〉 ―― (B)市民
〈※〉あるいは役所そのもの・あるいは地方自治体または国家。

【4】(A)教師 ―― (B)生徒(とその保護者)


【1】【2】【3】【4】の
(A)「店員」・「医師」・「役所の窓口で市民に対応する人」・「教師」
を一括して表せる言葉はないでしょうか。
(B)「客」・「患者」・「市民」・「生徒」
を一括して表せる言葉はないでしょうか。

いずれも日本語と英語の単語を教えてください。

「人間」とか、「地球人」とか、(A)については「労働者」と答えることもできるでしょうが、
(A)と(B)が次のような関係であることを意識・想起させることができるような、対語になるような言葉を探しています。

(A)供給の側、あるいはサービス(っぽいこと)を行なう側… (B)に、何かを与える側
(B)需要の側、あるいはサービス(っぽいこと)を受ける側… (A)から、何かを受ける側


【1】【2】【3】【4】いずれも
supply and demand 供給と需要の関係にあると言えるような気がするので、その派生語を使えそうな気がするのですが、・・・

「供給者」(supplier)という言葉はありますが、
「需要者」という言葉はないようです。(demanderなんていう英単語はないようです。)

supplierにはcustomerを対置させるのが一般的なようですが、【2】【3】【4】の場合には適当でないようです。

【1】(A)店員 ―― (B)客

【2】(A)医師 ―― (B)患者

【3】(A)役所の窓口で市民に対応する人〈※〉 ―― (B)市民
〈※〉あるいは役所そのもの・あるいは地方自治体または国家。

【4】(A)教師 ―― (B)生徒(とその保護者)


【1】【2】【3】【4】の
(A)「店員」・「医師」・「役所の窓口で市民に対応する人」・「教師」
を一括して表せる言葉はないでしょうか。
(B)「客」・「患者」・「市民」・「生徒」
を一括して表せる言葉はないでしょうか。

いずれも日本...続きを読む

Aベストアンサー

供給側はサプライヤー、(サービス)プロバイダー
需給側はレシピエント、カスタマー、クライアント

Q体罰選択性にできないでしょうか?

体罰による強化は、万人向けではありませんよね。天才的な選手で体罰は馬鹿げているという人もいるだろうし、単に楽したいから嫌だという人もいると思います。しかし、逆に、体罰によって、自分の限界を越え、体罰なんてなんのその、体罰うんぬん以上に、自分は試合で勝ちたい、勝つためであれば何でもする、という体罰を肯定する選手もいると思います。

体罰の良し悪しは別として、体罰は日本の伝統ではないでしょうか? ここでそれを完全に捨て去って良いのか? 体罰の有無を選択性にして、体罰ありの監督の元で育てられた選手と体罰なしの監督の元で育てられた選手を戦わせて、勝った方が大会に出場する、というようなことはできないのでしょうか?

Aベストアンサー

先進国のなかでも体罰が認められている国もありますからね。

どちらが正しいか?それは誰もわかりません。
ただ、日本は体罰禁止の国です。

まぁ、私の時代(校内暴力全盛期)に体罰教師がいなかったら、
今笑っていられない人間がたくさんいることは間違いないですね。

「いかなることがあっても、体罰はやってはいけない」
なんて机上の空論を偉そうに語っている人たちに、
あの時代の学校で指導してもらいたいですね。
ま、ボコボコにされるか、レイプされる女教師もいるかもしれませんね。

文科省のお達しで、体罰選択制はできません。
だから、スポーツ界も無理でしょうね。

みなさん頭のなかお花畑な、めでたい日本人です。

Q情報モラルについての作文を夏休みの課題として書かネければいけません。

情報モラルについての作文を夏休みの課題として書かネければいけません。
どんな事を書いていいのか分かりません。
どんな事を書けばいいのか教えてください。

またサイトなんかもあれば教えてください。

Aベストアンサー

情報発信する側の視点でいくと:
(1)発信媒体のスピードや範囲(テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、書籍)(学級新聞、地域報、駅とかの掲示板)(メール、ブログ、ツイッター、SNS)
(2)情報の正確さ
等々で周りに与える影響が異なる、な~んて切り口も有りでしょうか。
中学、高校とかで書くレベルや参考になるサイトは変わると思いますが。

Q体罰

体罰については十分な議論があると思います。
少しは有意義な議論をしたいものです。
いろいろな意味の日本人の幼稚化は問題視されています。

諸外国の体罰はどうなんですか?日本以外も体罰禁止してますかね?
体罰がないと子供が言うこと聞かないのではないか?大人をなめるのではないか?
どうすれば体罰にみんながけちをつけない社会になるのだろうか?
体罰を堂堂と行って保護者がけちつけない学校は日本にあるのか?
ご意見お願いします。

Aベストアンサー

体罰込みの教育を必要とするかどうかは、教育を受ける側の成熟度に依存します。
質問者が言うように学校教育の空洞化(=幼稚)も顕著なので、馬の調教のように
体罰込みの教育を受けたければ、子供の躾をしなければいい。馬鹿なガキにいちいち
心身を削るのは教師側としても愚かしい。また、学校教育が教育ではなく、施設管理に
留まるレベルで認識されれば、体罰も大した問題ではなくなります。調教ですな。

これは公立だから私立だからではなく、教師と生徒と保護者のそれぞれの質の問題に
なります。ただ、日教組のような教育業界の癌も存在しますので、教師や教育委員会を
完全に信用する事はできない。結局、病院と同じですな。

体罰込みの教育は意外と難しい。それこそ免許制にしてもいいかもしれません。
まあ、教育業界の改善を謳うならば、教員免許取得の条件から見直さなければならない。
悪くなるのはすぐだが、善くなるには時間がかかります。

Q日本語教師教育講座 夜間制

私には沢山の外国の友達がいます。
英語でのやりとりが主流ですが、中には日本語に興味があり、
日本語を勉強したいという子も少なくありません。

最近日本語を教えるということに興味があるのですが、外国人
に間違った日本語を教えたくありません。そこで日本語教師養育講座
(420H)の受講を考えましたがお金の余裕があっても時間に余裕がありません。そこで皆さんに質問です。

(1)福岡市内
(2)夜間(遅ければ遅いほどOK)
(3)欠席した場合、遅刻した場合追加受講できる(他県にはありますが・・・)1年以上でもいいです。
(4)通学
(5)420Hコース

どうか宜しく御願いします。

Aベストアンサー

回答にはなっていないのですが…、
420時間のカリキュラムというのは四年制大学の外国語学部等で日本語教育を
専門に学ぶカリキュラムと同等ということで設定されています。ですので
余暇を使って勉強するのであれば、難しいことになると思います。
プロの日本語教師になるのであればこれは最低限のラインですが、
あくまでボランティアでやっていく限りであれば、必ずしもクリアしないと
いけないわけではないと思います。日本人が外国人に日本語を教える上で
もう一つの勉強法は、自分自身が英語以外の外国語を一から学ぶという
ことです。日本語教育は英語のESL(非英語圏の人のための英語教育)を
参考にして発展してきていますので外国語の教育方法とは共通性があります。

Q教師の体罰について

複数の疑問があるので、よろしくお願いします。

教育の場で体罰が禁止されているのは、多くの人が知っていると思います。また、少しのことでも体罰としてみなされます。
しかし、その、体罰禁止の法令の多くは、明治や昭和初期に作られています。

質問:どうして、最近になって、体罰に関するニュースを頻繁に見るようになったのか?(明治にできた法令なのに、重要視されるのが遅い気がするから・・・。)

質問:その、体罰禁止の法令が出たときは一時的でも、体罰は減ったのか。

質問:どうして、親に殴られるのが珍しくない時代に「体罰禁止」という考え方(法令)が生まれてきたのだろう。

質問:もし、昭和の時代に「廊下で立っていなさい」といわれ、「体罰を受けた」と市などに訴えると、教師は懲戒を受けたと思うか。

Aベストアンサー

おはようございます。法的なアプローチを中心に回答したいと思います。

>体罰に関するニュースを頻繁に見るようになった。
「最近、頻繁に見るようになった」という認識は間違い。
05062412さんが最近関心を持つようになったので、
そういうニュースが気になり始めただけでしょう。

>明治にできた法令なのに
コレについては一部補足。
体罰を禁止した最初の法律は明治12年の教育令ですが、
現在体罰を禁止している法律といえば
学校教育法11条(昭和22年)を指すのが普通です。

>体罰禁止の法令が出たときは一時的でも、体罰は減ったのか。
知りません。私も知りたいので、どこかに統計があれば是非紹介してください。

>親に殴られるのが珍しくない時代に「体罰禁止」という考え方(法令)が生まれてきた
「親に殴られるのが珍しくない時代」というのが主観ではないでしょうか。
「殴る」という行為は刑法で暴行罪に当たりますからね。。。。。
まぁ、それ以前に教育基本法を読めば体罰禁止は当然だと思うのは私だけでしょうか。。。。。。

>もし、昭和の時代に「廊下で立っていなさい」といわれ、「体罰を受けた」と市などに訴えると、教師は懲戒を受けたと思うか。
「児童懲戒権の限界」という通達があります。
それによると、義務教育において、児童・生徒を
廊下に出すという行為は教育を受ける権利の侵害となります。
が、
「喧騒その他の行為によりほかの児童の学習を妨げるような場合、他の方法によってこれを制止し得ないときは、-懲戒の意味においててはなく-教室の秩序を維持し、ほかの、一般児童の学習上の妨害を排除する意味において、そうした行為のやむまての間、教師が当該児童を教室外に退去せしめることは許される。」
ともあります。
つまり、「廊下に立たせる」という行為が体罰であるかどうかが問題です。

おはようございます。法的なアプローチを中心に回答したいと思います。

>体罰に関するニュースを頻繁に見るようになった。
「最近、頻繁に見るようになった」という認識は間違い。
05062412さんが最近関心を持つようになったので、
そういうニュースが気になり始めただけでしょう。

>明治にできた法令なのに
コレについては一部補足。
体罰を禁止した最初の法律は明治12年の教育令ですが、
現在体罰を禁止している法律といえば
学校教育法11条(昭和22年)を指すのが普通です。

>体罰禁止の...続きを読む

Q生徒の人権と教育

私の友人が小学校の教師をしています。今6年生を持っているそうですが ここに札付きの悪い生徒がいて同級生に対する日常的な暴力・授業中の立ち歩き・他の生徒に対する勉強の妨害等大変な問題児でそれは今に始まったことではなく1年生のときから学校におけるトラブルはたくさんあったそうです。しかし学校側もなかなかきちんとした対処をしてこなかった。これには訳があってその父親がヤンキー上がりで何かあると怒鳴り込みにきて生徒の人権を主張して学校側の息子に対する『きつい注意の仕方言葉遣いは人権侵害で問題だ!』と息巻くそうです。教育委員会まで問題がいったこともあるそうです。今回私の友人はその子供を5年生から持ちよく指導して押さえ込んできたそうですが、今回その生徒が同級生に対し失明を伴うかもしれないけんかをし、私の友人はついに暴言を吐いたそうです。結果的に失明のほうはたいしたことも無く終わったのですが今度は逆にその父親が暴言を問題視し校長・教育委員会を巻き込んで担任を辞めさせろ!と要求をしているそうです。学校側は、問題を早期決着させようとクラスを解体して担任と関わりのないようにするとの提案をしたそうですが聞き入れず友人の辞職を要求しているそうで元気のいい友人がかなり参っています。ただ生徒の人権もあるでしょうが日常的に他の生徒の教育を受ける権利も脅かされていると言うこともあります。問題が教育の現場を知っていないと本質的にわからない為、(私もわかりません)教員・専門家・PTAの方のご意見を待っています。友人はどう行動すればいいのでしょうか?

私の友人が小学校の教師をしています。今6年生を持っているそうですが ここに札付きの悪い生徒がいて同級生に対する日常的な暴力・授業中の立ち歩き・他の生徒に対する勉強の妨害等大変な問題児でそれは今に始まったことではなく1年生のときから学校におけるトラブルはたくさんあったそうです。しかし学校側もなかなかきちんとした対処をしてこなかった。これには訳があってその父親がヤンキー上がりで何かあると怒鳴り込みにきて生徒の人権を主張して学校側の息子に対する『きつい注意の仕方言葉遣いは人権侵害...続きを読む

Aベストアンサー

あなたの友人である先生は本当にお困りのようですね。父親が辞職を要求するような無謀な計らいをするぐらいですからね。教育員会の問い合わせがあった場合はありのままに述べることです。たとえ先生が暴言を吐いたとしても、それは咄嗟に出てきた言葉として理解されるでしょう。辞職するということは先ずありえませんので自信を持つとことです。そういうことがあれば被害にあった児童の親をはじめPTAも黙っていないでしょう。肝心なのは校長をはじめ職員全体が解決に当たり父親の説得に勤めるべきです。かなり暴力をふるう子供のようですから、このようなことを放置していたら「何年かさきは、あなたの番ですよ」と言うぐらいの気概を持っても良いと思います。

Q体罰再考

体罰についての現場の意見、あなたの意見お聞かせください。
橋元氏はいざとなったら体罰は必要だと述べています。
みんなは体罰の是非どう思いますかね?

Aベストアンサー

体罰をゆるしておくことは、とても危険だと思います。

1.体罰が行きすぎると死亡したり重症を負わせたりすることがある。 
   →これは、日頃の報道を見ていても明らかです。

2.体罰を行う者の中には、夫が妻に暴力をふるうDVの感覚でそれを行う者がいる。
  →私が中学の頃の教師にそういうのがいました。社会科の教師で、ある日、期限が悪く、生徒の一人を36発かなり力を入れて殴ったのを覚えています。こういう、自分のストレスの解消のような体罰など、何の教育的効果もありません。

3.外国で体罰を認めているところもあるーー
  →体罰を認めているところもあります。たとえば、アメリカでもそういう州があるのです。けれども、アメリカの場合、裁判で弁明ができるように、かなり厳格に行われます。たとえば、スパンキングといって、板のようなもので叩く体罰は、他の教員が見ている前で、おしりを叩き、限度を超えて叩いてはいけないという法律を持つ州もあるのです。こういう体罰のあり方など、日本ではおそらく無視されていると思います。単に、海外でもやっているーーと言って同列に扱えない内容だと思います。

4. 体罰の中には、世の中であれば、当然、刑事事件となるようなものが多くあります。これを学校の中だからとゆるしておくのは、賛成できません。暴力は暴力であり、あってはなりません。体罰と暴力の線引きというのは、できるものでもありません。

以上のことからして、体罰を禁じておくべきだと私は思います。
しかし、手に負えない生徒に対し、正当防衛的に暴力をふるったみたいなことは、当然あり、裁判であらそっても大丈夫なようにすべきです。(体罰にはあくまでも反対ですが、そういう場合もあるかもと言っているわけです)。

以上、ご参考になればと思います。

体罰をゆるしておくことは、とても危険だと思います。

1.体罰が行きすぎると死亡したり重症を負わせたりすることがある。 
   →これは、日頃の報道を見ていても明らかです。

2.体罰を行う者の中には、夫が妻に暴力をふるうDVの感覚でそれを行う者がいる。
  →私が中学の頃の教師にそういうのがいました。社会科の教師で、ある日、期限が悪く、生徒の一人を36発かなり力を入れて殴ったのを覚えています。こういう、自分のストレスの解消のような体罰など、何の教育的効果もありません。

3.外国で...続きを読む

Q通信教育で日本語教師になれるでしょうか。

通信教育を修了することで日本語教育能力検定をパスして、日本語教師になることはできるでしょうか。よく通信だと実習ができないので不利とも言われますが、スクールに通学したとしても、ほとんどの授業は講義形式で実際の留学生などを相手にした教育実習は一部ではないかと思います。それにスクールによれば実習用のみのコースを実施しているところもあると思うのですが・・・。通信と通学では学費も数段違います。通学して420時間修了したとしても結局、検定パスしていなければ、教員採用におぼつかないとしたら、通信でも「検定合格+実習のみコース」で、十分通用するのではと考えるのですが。

Aベストアンサー

採用されるか採用されないかという基準で考えると 採用元が検定合格を重視し、420時間を重視しない、というところであればOKだと思います。

通用するかどうかの話(ご自身が教壇に立ってからやっていけるかどうかの話)であれば 通信で検定合格+実習のみのコース でもOKなんじゃないかと思います。

私はアークアカデミーに通っていましたが、アークでは本科/実践演習科/教育実習科 という3本立てでこの3本全て履修すれば420時間になるんですが、実践演習科の内容は非常に良いものでした。おそらくfuroruさんが求めている「実習のみのコース」はこれにあたるんではないかと思います。実践演習科だけを履修することができるかどうかはわからないので 一度アークに問い合わせてみて下さい。

しかし一番良いのは言うまでもなく検定と420時間の両方を持っていることですが…そういう方も結構たくさんいらっしゃいますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報