ある大学生が大学の宿題として書いた論文です。

この文章は論文としていい文章だといえるでしょうか?
ちなみに私自身が書いた文章ではありません。
どのような点を改めるべきか、教えてください。よろしくお願いします

体罰について考えることを述べなさい

学校教育において体罰は決して行ってはならない。なぜならば、学校教育法第11条”校長及び教員は、教育上必要があると認めるときは、文部科学大臣の定めるところにより、児童、生徒及び学生に懲戒を加えることができる。ただし、体罰を加えることはできない。”に体罰を加えることは出来ないと記されているからである。また、教員は生徒の手本であるので、その教員は法に忠実でなければならない。
私は、体罰は教員が様々な問題に対し、主観的にとらえるため起こる問題だと考える。教員が生徒に対し常に客観的であれば、このような問題は起こらないと考える。教員は生徒と同じように張り合ってはならず、生徒から超越した存在でなければならない。しかし独裁者としてではなく、教育者そして年長者として、生徒から差別化を図らなければならない。生徒からの正のリスペクトを得るにあたって、体罰を与える独裁者であってはそれは得難い。日本では様々なメディアでも見て取れるように、熱血系教師をリスペクトする傾向がある。私の経験から言うと、生徒の髪の毛を抜こうとしたり、顔をねじったりする教師であっても、それは”生徒(わたしたち)への愛があるから故の行動だからだ”、と誤解してしまうケースがある。私は、このような教師と多く関わってきたため、教師は常に客観的、そして合理的でなければならないと考えてきた。一般的に、サラリーマン教師の存在は否定される。しかし、サラリーマン教師になることが体罰根絶への一番の近道だと考える。
生徒に対し、主観的で愛のある体罰は、一概に全否定することは出来ない。しかし法はそれを認めない。そして私も認めない。よって学校教育において体罰は根絶すべき概念だと考える。..

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 #1さんから#4さんまで、優れたご意見をもう述べておいでですから、これは余分なのですが、質問が「どのような点を改めるべきか」ということで、ちょっと、



 ここで,例えばイギリスには、 Spare the rod, spoil the child 「棒を使わないと、子供がダメになる」、アメリカでは woodshed 「薪小屋」には、特別の教育の場所とウエブスターにも出ています(http://www.merriam-webster.com/dictionary/woodshed)こういった、世界での取り扱い、体罰だけを隔離して論じる正当性、または不正当性、大家族から核家族に移行して「躾」の担当者が、あるいは方法が変わったのか、変ったならどう変ったのか、そのためにどのような調整が必要か、子供の健全な成長には、村全体が参加すべきだという、現、米国務長官の意見は?など、視野を広げた方がよかったと思います。

  これは「国語」の問題か、「学校教育」の問題か、はたまた「家庭での子育て」の問題なのか、ということが一つ。

 体罰はいけない、法に反し、自分も反対だからというのは何か大切な過程が抜けていはしないか、ということも一つ。

 「論文」までは行っていないように思います。
    • good
    • 0

 #5です。



 簡単な改善法は

1。体罰賛成の論文をいくつか挙げ、それぞれの論旨を紹介する。

2。その論旨の問題点を指摘する。

3。そして体罰反対の自説に導く。

 といった方向でも(他にいろいろあるでしょけれども)よくなるのではないでしょうか。 
    • good
    • 0

この論文がなにを言おうとしているのか、方向が少し見えないので、


どこを改めるべきかは決定しにくいですね。

一点だけあげると、教育法の引用が長いですね。不要です。
    • good
    • 0

論文というのは、あるはっきりした論点を提起し、それをいくつかのゲートを通過させて消化し、単純化し、あるいは昇華し、論理的に、つまり誰にも納得できるかたちでその可、不可を判定し、結論を出すものです。


この文は、体罰の可、不可を論じているようですが、その論理の流れははっきりせず、最後の結論もなぜそうなるのかということが文の全体から導かれるというかたちにはなっていません。むしろ下記の”結論”自体が混乱しているようにも見えます。

>生徒に対し、主観的で愛のある体罰は、一概に全否定することは出来ない。しかし法はそれを認めない。そして私も認めない。よって学校教育において体罰は根絶すべき概念だと考える。..

法が認めていないのは当然ながら明白です。しかしなぜ「私」が認めないのか、愛のある主観的な体罰が認められるのかそうでないのか、論理が飛躍していて幾つもの??が残されたまま終わってしまう。これではエッセイならいいのかもしれませんが、論文にはなっていないと思います。他にも未整理のままの主題が多く、もっと題材をしぼって論じるべきではないかと私は思います。
    • good
    • 0

下にもあるけど 文章の短さも


あって これは主張であって 
「論文」ではない。

 この年齢の人間はみんなこんな
もんなんだろうが 日本語がおかしい。

例 「客観的であれば」「生徒から差別化を図らなければ」
  「正のリスペクト」等

法が認めていない → だから私も認めない → 根絶すべき

は 話の筋としておかしいし
(あなたが認めないものはすべて 社会から根絶すべき となるのか?
と反論されるだけ)
 あまりに薄っぺらな発想であり その点からも「論文」とはいえない。
    • good
    • 0

論文じゃなくて、エッセイですね。



筆者の考えしか述べられておらず、なぜそう言えるのか、何が問題でどのように解決できるか、その根拠は何かというところが弱いです。

たとえば
>一般的に、サラリーマン教師の存在は否定される。しかし、サラリーマン教師になることが体罰根絶への一番の近道だと考える。

なぜサラリーマン教師が体罰をしないようになるのか、という説明になっていません。


>体罰について考えることを述べなさい
ということについての文章ならまあいいですが、論文としてはあと一歩というところですね。
    • good
    • 0

体罰はあって当たり前。


と思っている者からしてみたら、なんとも不気味で不可解な思考ですね。
まあ、それはそうとして・・・・・。

さて、羅列になりますが、気になるところをいくつか挙げます。ただし、私はおよそ論文というものをまともに書いた経験がないので、「形態」として論文になっているかどうかは批評できません(あしからず)。


1)「サラリーマン教師という言葉はサラリーマンに対して失礼だ」という意見もあるので、用語には気を使ってほしい。

2)「サラリーマン教師の存在は否定される」=「サラリーマン教師はこの世にいない」という意味にも取れる。

3)体罰というと、ビンタ、拳骨、バケツを持って立たせる、校庭を走らせる、などがあると思うが、髪の毛を抜こうとしたり、顔をねじったり、というのは少なくとも私の中では体罰とは言えない。
教師としても、単に大人としても、単なる陰湿ないじめ行為。 筆者の「体罰の定義」とは?

以上、とりあえず気になったこと。でした。
こんなんで、いいですか?
    • good
    • 0

こんにちは。



「学校教育法第11条”校長及び教員は、教育上必要があると認めるときは、文部科学大臣の定めるところにより、児童、生徒及び学生に懲戒を加えることができる。ただし、体罰を加えることはできない。”に体罰を加えることは出来ないと記されているからである。」
の部分は
「学校教育法第11条”校長及び教員は、教育上必要があると認めるときは、文部科学大臣の定めるところにより、児童、生徒及び学生に懲戒を加えることができる。ただし、体罰を加えることはできない。”と記されているからである。」
に直すべきですが、
それ以前の問題があります。

文章の大半が何を引用することもなく主観で書かれていますから、論文としては不適だと思います。
しかし、「体罰について考えることを述べなさい」という出題自体がおかしいです。
論文の出題であるならば「体罰について述べなさい」とすべきです。

ですから、「この文章は論文としていい文章だといえるでしょうか?」に対する判定は、???です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q体罰について

 最近、「体罰はOOだからあってはならない事だ」というような感情的な話題をよく見聞きしますが、体罰の定義と、そのメリットデメリットをしっかり議論しているところを見たことがありません。

 たとえば、いじめのようなものや、些細なことによる純粋な暴力、あるいは昔からある規則違反による罰等をひっくるめて考えているような気がします。そもそも刑法での禁固刑や死刑は体罰とだと思いますので、学校での体罰がなぜいけないのかと思うのです。いじめや単なる暴力はよくないと思いますが、すべての体罰が悪いとは全く思えません。定義が大切だと思います。間違っているでしょうか、教えてください。
 また、体罰は本人にメリットがない、という話はよく聞きますが、体罰の効果は第3者に対する抑止力だと思っています。この事も学校以外での一般社会での刑罰の目的の一つだと思うのですがなぜ体罰で議論されないのでしょうか。ご存知の方は教えてください。

Aベストアンサー

>社会的な傷とは、停学・放校あるいは刑事罰などの経歴に傷がつく処遇を受けることの意味で書きました。

 そのために未成年は保護されています。凶悪犯罪でも、原則として実名報道すらされません。刑法的な処遇はそうなっています。

 義務教育では退学はありません。高校でも、よほどのことがない限り退学がないのは衆知されている通りです。停学は復学を前提とした処置です。どうやっても就学不能という事態とは何でしょうか。それを考えれば、それに対応したものが社会にあることはご存じのはずです。

 殺人という極端な場合でも、未成年では成人とは比べ物にならない程の緩やかな処罰しかありません。処罰と言っても、教育という前提での処遇となります。知るには覚悟が必要ですが、「女子高生コンクリート詰め殺人」でネット検索すると分かります。これほど非道で冷酷な殺人者でも、未成年だったことで成人では考えられない緩い処分となっていますし、出所後は社会復帰もしています。

>(暴力でなく)体罰には、少なくとも一部の子供たちに対してはその様な処遇に至らないようにするための緩衝作用を期待できるのではないかと、個人的に思う次第です。

 なぜ体罰に頼る必要があるかということになります。それは、プラスの効果を生む可能性はあります。しかし、マイナスの効果も予想しておかねばなりません。

 さすがに相手を殺すつもりで殴ることはないでしょう。しかし、傷害というレベルのことが発生していることは、知られている通りです。体罰を是として行う者は、その辺りを罰の上限と考えているわけです。そこを頂点として、相手を虐待するわけです。体罰を日常的な行為と認識して行使するということは、厳罰主義ですからね。非日常的な行為だという認識なら、知られているような常態化は起りません。

 例として学校ということにしましょうか。要は閉鎖的な社会環境です。高校生になっても、学園内が社会のほとんど全てのように感じていることが少なくないことは、私個人の経験に照らしてもそうだし、フィクションでの扱いや鑑賞者の態度や感想を見ても、明らかです。そういう環境で常態化した体罰がある。

 それが、どういうことになるかを示唆する心理学的な実験はいくつもあります。代表的な2例をご紹介しておきます。

「ミルグラム実験」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0%E5%AE%9F%E9%A8%93

 個人が他人を害することについて、どういう行動を取るかを示す例となっています。字手が絶叫するほど苦しんでいても、加害行動を続けてしまうことが、誰にでも見られるという現象です。確かに、そばに続行するよう迫る者がいるわけですが、学校であれば成果を求める保護者や学校管理職がいます。こういう状況は、どこの学校でもあるでしょう。

「スタンフォード監獄実験」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%89%E7%9B%A3%E7%8D%84%E5%AE%9F%E9%A8%93

 強い権限を持つ側が、従う者に対する態度を典型的に表す例です。看守と囚人という役割分担ですが、もちろん双方は演技としてそうするという認識があります。そうでいながら、実際の監獄以上に看守役は酷い行動に出ており、囚人役は従わざるを得ない感覚に囚われています。

 確かに囚人役で抗議する者はいたものの、常識的には正当防衛を行使すべき状況でも、そうしようとしていません。外部から介入があって実験は中止されましたが、放置していたら死者が出てもおかしくない状況だったと考えざるを得ません。暴力を禁止する条件を了解して始めたにも関わらず、看守役はそれを破り、実験中止に対して不服まで唱えたわけです。

 これらの実験には互いにほぼ対等な成人が参加していて、このような結果になっています。最初から権限も年齢も実績も格差がある状況では、推して知るべしというほかありません。

 身体的行為に及ぶことを是認するのであれば、医療行為での医師のような厳格さが必要と申しました。それは、こういう状況を出来る限り防ぐには、それくらいは必要だということです。また、衆人環視という状況下でないと危険です。

 さらに、虐待する者を調べると、虐待経験を持つことが知られるようになってきました。さまざまなハラスメントもそうですし、いくつかの依存症でもそういう現象が見られます。次代へ、あるいは同世代へ連鎖するわけです。そして、過剰な行為に苦しんで、治療を開始しても、ずっと苦しみ続けます。加害者と被害者が不可分になってしまっています。この連鎖を止める有効な方法は、未だに分かっていません。

 一罰百戒ということは、有効な方法として知られています。それは、非常に限定的なものなのですが、どうもいつでも使える手段と誤解されているようです。

 古くは孫子。その故事として、呉王に後宮の多数の美姫を兵として調練したことが有名です。命令に従わない美姫らに対し、二度教えても従わないと、呉王の寵姫二人(隊長役であった模様)を死刑に処したところ、全員が命令通りに動いたというものです。

 これは戦争という非常事態が前提であるからです。軍紀が厳正でないと損害が大きくなるため、規律を維持するには極刑をためらうことができません。孫子は同時に「卒(兵士)を視ること嬰児(赤ん坊)の如し」としています。そして、最も大事な孫子の思想は、戦争をしないことです。戦争は禍々しいと述べ、百戦百勝は良くないと言い、戦う前に勝ってしまえと強調しています。

 命がけという緊張は、たとえ普段は非常に大事にされても、長期にわたって維持することができないのです。戦争が常態化していた孫子の時代でもそうであったわけです。そういうことを強いれば、破たんします。平和が常態化している、今の良い社会では言うまでもありません。

 そして、処断されるのは責任者です。一兵卒ではありません。諸葛孔明は、泣いて馬謖を斬りましたが、その部下らの責任は追及していません。スポーツなら、選手がうまくやれないために体罰を必要なら、まず監督やコーチが体罰を受けるべきでしょう。

 土壇場に追い込むのが日本では好まれるようです。確かに実力以上のことができることもあります。よく言われるのが「背水の陣」でしょう。もう後がないなら、死力を尽くすものだという風に受け取られています。

 それは韓信という名将が用い、戦勝後にもそのように語ったとされています。しかし、実際の戦闘は、全く違います。詳細は説明しませんが、城にこもる攻めにくい敵を城外におびき出し、野戦に持ち込めば必勝となる状況を事前に作り上げています。そして、わざと兵法で必敗とされる水を背にした陣を敷いて、それを侮った敵をおびき出して勝っています。

 そうしたことが知られずに、闇雲に土壇場に投げ込めばいいという、まさに兵法に反することを美化してしまっています。常識外れと言っていいでしょう。死地に放り込まれたら、逃げたくなるのが当たり前なのです。孫子でも死地では戦う以外ないとして、勝つ方法を示せないでいます。そういう戦闘では、全滅に等しい敗戦例ばかりがあります。だから、兵法では背水の陣を敷くなとなっているのです。

 体罰を頂点とする、暴力と虐待はそうしたものです。良い影響もないし、良い連鎖も生みません。古今に名言は多数ありますが、名体罰は伝え聞きません。体罰を受けても良い結果だという体験談をよく聞いてみると、体罰の後の口頭や模範を示した指導が良かったということでしかありません。

 何が功を奏したか、どこが要点なのか、誤解しているのです。有名な故事を引き合いに出すのも、恣意的に都合よく歪めています。

 殴ったこと自体に学んだのではなく、殴られて停止し、聞く態勢になり、聞いて、見て、それが効果を出したわけですが、ではなぜ殴る必要があったのか。怒鳴りつけても、普通は止まるものではないか。

 しかし、そうならないわけですね。体罰を行使する者に聞いても、殴るしかなかったと言訳をする。それは、常に威嚇的に怒鳴りつけているからです。普段は穏やかに話しているからこそ、相手は怒鳴ると驚いて止まる。怒鳴ることは相手に圧迫感があり、緊急事態という認識を生じます。ストレスを受けます。それすら常態化しているわけですね。

 そんな状況がいいんでしょうか。指導者が未熟なだけじゃないでしょうか。私は、そんなことは解消したいと強く思います。

>社会的な傷とは、停学・放校あるいは刑事罰などの経歴に傷がつく処遇を受けることの意味で書きました。

 そのために未成年は保護されています。凶悪犯罪でも、原則として実名報道すらされません。刑法的な処遇はそうなっています。

 義務教育では退学はありません。高校でも、よほどのことがない限り退学がないのは衆知されている通りです。停学は復学を前提とした処置です。どうやっても就学不能という事態とは何でしょうか。それを考えれば、それに対応したものが社会にあることはご存じのはずです。

 殺...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報