祝Queenの日!フレディ・マーキュリーの年代別ファッション&ヒットソングまとめ

とある掲示板を覗いたら「似て蝶」という言葉が多く使われていました。
Googleで検索すると986件もhitするような、有名な言葉のようです。

1.どのような意味ですか?
2.いつ頃から流行っているのでしょうか?
3.どこから派生したネタでしょうか?(どなたが最初?出展元は?)

ご回答宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

蝶々さん」に関するQ&A: 蝶々さん。

A 回答 (1件)

「似て蝶とは?雑誌TVブロスの投書コーナー「ぴぴぴくらぶ」で生まれた造語だそうです。


当初、「そっくりさんのコーナー」は「Seeing Double」とか、そんなタイトルだったと思うのですが、ある時「ミヤコ蝶々特集」があり、「ヤワラちゃんとミヤコ蝶々が似ている」「○○とミヤコ蝶々が似ている」という時のタイトルが、たまたま「似て蝶」だったと思います。
で、なぜかそれから毎号「似て蝶」になってしまったということです。(たぶん)」1990年代後半。

上気なような解説がありました。90年代後半みたいですね。

参考URL:http://oshoga2.tripod.com/

この回答への補足

1日待ちましたが、これ以上、完璧な回答は無いようですので、締め切ります。
ありがとうございました。

補足日時:2003/07/09 23:07
    • good
    • 0
この回答へのお礼

misty2003さん、ご回答ありがとうございます。
(アドバイスじゃなくて、十分、回答に値すると思います)

私が覗いたサイトが、まさに「つなぎ版ネット版ぴぴぴくらぶ」でした。
www.bb.wakwak.com/~jiyu/cgi-bin/pipipi/minibbs.cgi
当たり前のようにこの言葉が飛び交っていたので、新参者としては聞くに聞けず…

紹介していただいたサイトも面白かったです。
今、職場なので、ゆっくりと顔を眺めるわけもいかないので、
家に帰って、ゆっくり楽しもうと思いました。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/07/09 09:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Aベストアンサー

EPは、Extended Playingの略で、1分間に45回転します。
大体、17cmのもので、ドーナツ盤といって、中央の穴の部分が大きく、アダプタみたいなのをつけて、プレーヤーに付けます。
シングル盤が多いです。

LPは、Long Playingの略で、1分間に33と1/3回転します。
17cm、25cm、30cmの大きさがあります。
いわゆるアルバムは、これの30cmになっています。
また、シングル盤と同じ17cmの大きさで、4曲くらい入っているものもありました。

どちらも、演奏時間が長くなっているようなネーミングですが、もともとSP(Standard Playing)という78回転のものが昔あったのでこういう名前になっているのだと思います。