繰り上げと貯金
3000万円35年間ローン当初10年間金利1.4%固定。団信については保険と考え、今回の比較には入れないとします。
年利が1.9%の預金口座に毎月10万円ずつ貯めるとする。定期ではなく、市場金利が上がれば上がるとします。
ローン控除は満額受けられると仮定。
上記条件の場合は繰り上げ返済を優先するより、貯金の方が有利ですよね?
初期に繰り上げ返済をした場合、返済総額をみると何百万もの効果がある。
でも貯金の場合、つく金利は微々たるもの。
上記のケースでは繰り上げと貯金どちらがどれだけ10年後有利なんでしょう?詳しい方いらっしゃったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

はい、その場合は貯金の方が有利ですし、選択の幅も広いです。



初期に繰り上げ返済をすると何百万もの効果があるというは、
そのあと一切繰り上げ返済しないとした場合です。

3500万円35年1.4%で月々は10万円強、
月々10万円を繰り上るのはこれを20万強とするのと同じで、
16年ローンに相当します。
10年で金利は350万円程度、元本は1400万円の残になり、
ローン控除1%とすると240万円程度の還元があり、
差し引きすると1170万円の借金残になります。

これを繰り上げずに貯蓄に回すとすると、
10年で金利は430万円程度、残高は2680万円になり、
ローン控除は306万程度の還元になります。
積み立て貯金は単利とすると元本は1200万円、
利息は115万程度になり、
差し引きすると、1047万円の残になります。

完全に逆ザヤ状態なので、返さない方がもうかるという結果になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これを知りたかったのです!
ありがとうございました。
なるほどといった感じです!

お礼日時:2010/07/01 15:24

市中金利だけで考えれば「なかなかあり得ない」ですが、社内積立ならば「なくもない」話かも…。



「フラット35」の金利は確かに2.41%とかですね。
「フラット35S」の10年固定タイプは、当初10年間、「フラット35」の金利からマイナス1.00%ですし。

企業としては、金融機関から年利2.00%で借りるよりも、社内預金の金利を年利1.90%にして社員から資金を集め、それを運転資金に充てれば「お得」になりますからね。
でも、これは「自転車操業」とも言えるパターンですから、「債権者」の立場としての社員は、会社が倒れれば債権の回収が難しいと思います(難しいというより、ほとんど無理でしょうね)。

> 年利が1.9%の預金口座に毎月10万円ずつ貯めるとする。定期ではなく、市場金利が上がれば上がるとします。
非常にオイシイ話ではありますが、イマドキ、社内預金について1.90%なんて金利を設定していると聞くと(いろんな意味で)「大丈夫か?」と思ってしまいます。

逆に、社員貸付は制度がどうなっていて、貸付金利はどうなっているのかも気になりますし。

誰が社内預金の金利を決めているんだろう…。
市中金利が上がれば上がる…とのことですが、市場金利連動型?
だとしたら、下がるときはきちんと下がったんでしょうかね?
下がって1.9%なのかな?
市場金利連動型だとしたら、社内預金の基準金利は何なんだろう…。
メインバンクの短期プライムレート?

本来、預金に対して1.9%の金利をつけるということは、それ以上の金利で運用しているハズ。
「外」で運用してそれだけのパフォーマンスを得られているとしたら、何をやっているんだろう…。
リスクが怖い…。

> 上記のケースでは繰り上げと貯金どちらがどれだけ10年後有利なんでしょう?
金利設定方法が分かりませんし、「市場金利が上がれば上がる」ということであれば、市場金利がこれから先10年の間にどう変化するのか分からないので、「10年後にどれだけ有利になるか」は計算できません。
繰上返済についても、具体的に「いつするのか」で、結果が違ってきますし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
1.9%の金利自体の不安定性については考えていませんでした。聞いた話だと社外融資でイイ利率のものがあるとかで。下がりに下がって1.9らしいですが昔の金利までは聞いていません。
20万円借りた場合最初に金利で5000円払っている人がいたと言ってたかな?
ちょっと私には裏側まではわかりません。

お礼日時:2010/07/01 15:35

>35年間ローン当初10年間金利1.4%固定


>年利が1.9%の預金口座に
そりゃ預金金利のほうが高ければ貯金した方が得でしょうけど、
この状況がどれだけ稀な状況だかわかってます?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
感覚では分かるんですが数値で見るとどうなるかな?という興味で。
稀なケースですが友人の実際のケースです。
預金ではなく社内積立みたいなものだったかな?
ローンは35Sが今その位の金利だそうで…

お礼日時:2010/06/30 22:52

何を持って有利不利を考えるかの違いがあるので一概には言えませんが、私の考えはこうです。



繰り上げ返済はいつでもできる。貯金はしていて当然。

また、銀行はあなたを3000万を35年間で返済できる方だと判断したから3000万を貸したのです。
それを何も早期に返す必要はありません。

余程、(あなたの)景気がよくて、返したくてたまらんというならとめても無理でしょうが、そうでないなら、ゆっくり、35年掛けて返したらよいと思います。

確かに、繰上げ返済をしたら、金利が***万円も有利な結果に!!など、繰上げを推奨するサイトや比較サイトがありますが、万一、死んだら? 貯金をしていたら、家のローンはなくなりますし、貯金はそのまま残ります。(相続税とかは無考慮とします) でも繰り上げ返済をしていたら?・・・ローンはなくなりますが、手元にお金がない。家を維持するにもお金がかかります。固定資産税も必要です。マンションなら、管理費、修繕積み立てなどなど。

あなたが、死んだときの事で不愉快かもしれませんが、こういった考えもありますよ。

最悪なのは、繰上げもせず、貯金もせず、ですが、あなたはとりあえず、お金を有利に活用しようと考えています。
いろんな意見を参考に目先の有利不利を気にするよりは35年、また人生において長い目でみるのもよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々と回答ありがとうございます。
感覚では貯金の方が有利だとわかります。手元にキャッシュのある安定感。確かにこれは何にも変えられません。
でも実際の数字を見てると損をしてる感覚になる…これが不思議です。
結局貯めないで使ってしまったら意味ないですけど、多額の預金があると気が大きくなってしまうかもしれませんね(汗)

お礼日時:2010/06/30 22:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q定期預金の金利がお得で安全な銀行は?

大阪在住です。手元に300万円あります。少しでも資産を増やしたいので1~2年で定期預金を考えているのですが、お得な銀行があれば教えて頂きたいです。
インターネットで調べてみると定期金利ランキング(預金期間:1年)H21年10月26日現在で、1位SBJ銀行 1,4% 2位大阪協栄信用組合1,1% 3位日本振興銀行1,0%です。
これらの銀行に預けるのは危険でしょうか?他の銀行と比べてかなりの好金利なので、疑問ですが素人なのでよくわかりません。SBJ銀行は韓国系の銀行らしいのですが...詳しい方アドバイス頂けませんでしょうか。
ちなみに現在は泉州銀行(1年:0,75%)で300万円預ける事を考えています。もうすぐボーナス時期なので、もう少し他の銀行の金利の変動を見てから預けるほうが賢明でしょうか?

Aベストアンサー

SBJは韓国系ですね。
普段おつきあいしている銀行はないでしょうか?
300万円だとちょっと少ないですが、一応相談してみるとスペシャルな金利(通常だと1千万円以上ですが、つきあいがあれば融通が利くかも)を出してくれる可能性もあります。
たとえば給与振り込みや公共料金を引き落としている銀行など、声をかけてみて損はないと思いますよ。

Q【政策金利】スイスのフランの政策金利が-1.25というマイナスってどういうことですか? ローンを組

【政策金利】スイスのフランの政策金利が-1.25というマイナスってどういうことですか?

ローンを組むと逆に1.25%分のお金がもらえるってことですか?

Aベストアンサー

>ローンを組むと逆に1.25%分のお金がもらえるってことですか?

いえ、個人と、銀行との間の話ではありません。

民間の銀行は、その保有している預金の規模に応じて、中央銀行に一定程度のお金を預けることとなっています。
準備預金と呼ばれます。
日本でも、民間銀行は、日銀の当座預金に、その預金額に応じて、一定の定められた金額を積み立てねばなりません。

スイスの場合は、スイスの中央銀行であるスイス国立銀行に対して、一般の商業銀行が一定の当座預金を積むわけです。
でも、マイナス金利ですから、預けた商業銀行の側が、中央銀行に金利を払うこととなります。
預けたのに金利を払うんですよ、異例の事態ですね。

目的としては、スイスフランが安全通貨だとして世界中からお金が集まり、スイスフラン高が進んでしまうのを防ぐこと。

あるいは、商業銀行が貸出にお金を回すように仕向けることです。
商業銀行が貸し渋りなんかで手元に資金をため込んでおく、などすれば、その預金が大きくなります。
となりますと、その預金額に応じて、中央銀行に準備預金を積む必要がある。
その準備預金はマイナス金利、となると、その商業銀行は預けたのに金利を払うことになり、なんだかなあ、となります。
そんなことなら貸出しようか、と仕向けるわけです。

というわけで、マイナス金利は金融緩和策のひとつの方法です。

>ローンを組むと逆に1.25%分のお金がもらえるってことですか?

いえ、個人と、銀行との間の話ではありません。

民間の銀行は、その保有している預金の規模に応じて、中央銀行に一定程度のお金を預けることとなっています。
準備預金と呼ばれます。
日本でも、民間銀行は、日銀の当座預金に、その預金額に応じて、一定の定められた金額を積み立てねばなりません。

スイスの場合は、スイスの中央銀行であるスイス国立銀行に対して、一般の商業銀行が一定の当座預金を積むわけです。
でも、マイナス金利ですから...続きを読む

Q優遇金利と実行金利の違い

優遇金利と実行金利の違いがよくわかりません。

今まで 店頭金利-優遇金利=実行金利 で
優遇金利は店頭金利から控除される金利のことだと思っていたのですが
下の解説を見ると
「優遇金利」とは、「店頭金利」よりも低い金利が設定される住宅ローンのバーゲン価格です。
と書いてあり、これだと私の思っていた実効金利が優遇金利と言うことになっています。
優遇金利と実行金利の違いはどういうことなのでしょうか?

http://10960.jp/doc/2.html

Aベストアンサー

優遇金利とは、優遇を受けた後の金利のことを指すのが一般的ではないでしょうか。
変動する金利で変動金利、固定された金利で固定金利ですから、優遇された金利で優遇金利となると思います。

例えば、先日のフラット35S金利優遇終了のニュースでは、私の見た限りすべて
「フラット35Sの1%金利優遇、前倒し終了へ」
となっていました。
1%は優遇幅ですね。優遇幅を示す時は「金利優遇」、その優遇幅を適用させた後の金利を「優遇金利」というように思います。

実行金利はあくまでローン契約時に適用される金利ということです。
ですから、
「店頭金利=実行金利」のパターンもあるし、
「店頭金利-金利優遇=優遇金利=実行金利」のパターンもあります。

Q80万の借金があり年率は15% 毎月4万円の返済をしていくと 返済が終わるまで 何ヵ月かかかるでしょ

80万の借金があり年率は15%
毎月4万円の返済をしていくと
返済が終わるまで
何ヵ月かかかるでしょうか?

Aベストアンサー

再度失礼します!
記入間違えました!2018年の2月までです。

借入金額:800,000円 年間利子率:15.000%
支払回数(月数):24ヶ月(2年0ヶ月)
返済総額:926,347円 支払利息総額:126,347円月額返済額:40,000円

支払年月 月額返済 元本分 利息分 返済後残額
2016年3月 40,000 30,000 10,000 770,000
2016年4月 40,000 30,375 9,625 739,625
2016年5月 40,000 30,755 9,245 708,870
2016年6月 40,000 31,140 8,860 677,730
2016年7月 40,000 31,529 8,471 646,201
2016年8月 40,000 31,923 8,077 614,278
2016年9月 40,000 32,322 7,678 581,956
2016年10月40,000 32,726 7,274 549,230
2016年11月40,000 33,135 6,865 516,095
2016年12月40,000 33,549 6,451 482,546
2017年1月 40,000 33,969 6,031 448,577
2017年2月 40,000 34,393 5,607 414,184
2017年3月 40,000 34,823 5,177 379,361
2017年4月 40,000 35,258 4,742 344,103
2017年5月 40,000 35,699 4,301 308,404
2017年6月 40,000 36,145 3,855 272,259
2017年7月 40,000 36,597 3,403 235,662
2017年8月 40,000 37,055 2,945 198,607
2017年9月 40,000 37,518 2,482 161,089
2017年10月40,000 37,987 2,013 123,102
2017年11月40,000 38,462 1,538 84,640
2017年12月40,000 38,942 1,058 45,698
2018年1月 40,000 39,429 571 6,269
2018年2月 6,347 6,269 78 0
@ローン計算より

と、なります。参考にしてください。

再度失礼します!
記入間違えました!2018年の2月までです。

借入金額:800,000円 年間利子率:15.000%
支払回数(月数):24ヶ月(2年0ヶ月)
返済総額:926,347円 支払利息総額:126,347円月額返済額:40,000円

支払年月 月額返済 元本分 利息分 返済後残額
2016年3月 40,000 30,000 10,000 770,000
2016年4月 40,000 30,375 9,625 739,625
2016年5月 40,000 30,755 9,245 708,870
2016年6月 40,000 31,140 8,860 677,730
2016年7月 40,000 31,529 8,471 646,201
2016年8...続きを読む

Q住宅ローンは固定か変動金利のどちらが有利ですか?

住宅ローンの支払いについて、固定金利だと金利が高くなりますが、変動金利だと当然固定金利より低くなります。5年前に住宅を購入し1年目は変動金利にて支払い、2年目より5年の固定金利にて支払いました。今年、切り替えの時期にあり迷っています。過去を振り返ると、5年の固定金利より変動金利で支払っていたら毎月安く支払いできた計算なります。また、長期固定では金利が高くなり、我が家の家計では無理と判断します。教えてください。

Aベストアンサー

 
金利は経済と連動します、消費が活発になり企業が忙しくなり給料が上がって物価が上がって・・・・こんな状況になるまで当分は低金利が続きます。
東日本大震災で膨大な金が市場に出てくるのも金利の上昇を抑える効果があります。
だから、あと数年は変動金利で元本を多く返す方が得です。
金利が上がりだしてから固定に変えても遅くないです。
 

Q190万円、金利2.82の場合の60回払いした時の金利手数料はいくらになりますか?計算方法もわかる方

190万円、金利2.82の場合の60回払いした時の金利手数料はいくらになりますか?計算方法もわかる方いれば教えて下さい(´Д` )

Aベストアンサー

すみません。m(_ _)m
計算時に金利の転記を間違えていました。
2.82%のところを2.28%としていました。

2.82%で再計算しますと、
月々33,989円払いとなります。
60ヶ月の総額で2,039,340円
2,039,340-1,900,000
=139,340
が利息となります。

まだ問い合わせた金額と違うの
ですが、これは初回の返済を
いつするかで変わるということ
と想定されます。

上記は1ヶ月後に初回の返済。
下記はしょっぱなから返済する
場合となります。

月々33,909円払いとなります。
60ヶ月の総額で2,034,544円
2,034,544-1,900,000
=134,544円となり、
問い合わせの内容の範囲内となります。

ローンの条件で初回の返済まで利息が
付かないサービスなどがあると、
同様の金額となりますね。

金利のミス申し訳ありませんでした。

Q貸出金利と預金金利

質問貸出金利と預金金利はなぜ相関するのでしょうか?

預金金利が上がるから貸出金利が上がるのですか?
貸出金利が上がるから預金金利が上がるのですか?

教えてください。よろしくお願いします。の内容を書いてください

Aベストアンサー

 金融機関は預金でお金を集め、貸し出して利息を取って利益を出します。貸し出し金利で得たお金ー預金金利で払うお金=金融機関の利益です。

 預金金利を下げたのに、貸し出し金利を下げなければ、ぼろ儲けが出来そうです。けれど、よその金融機関が低い金利で貸し出せば、借りに来る人がいなくなって、もうけは出せなくなります。貸し出さない限り、貸し出しの金利はもらえないからね。なので、低いコスト(=低い預金金利)で調達した資金の貸し出し金利は下がります。

 預金金利を上げてしまうと、資金の調達コストが上がってしまいますから、貸し出し金利も上げないと利益が出せません。ですから、貸し出し金利も上がります。

 実際には、円の元締めの日本銀行が貸し出す金利が指標になってます。日本銀行が貸し出す金利=金融機関が調達する資金のコストで、預金はそれよりも少し低めの利率を付けます。金融機関は預金の方が少し安いコストで調達出来るから、日本銀行に借りるより得をするのです。そして、日本銀行の金利より少し高めの金利で貸し出します。なので、日銀の金融政策が大きく影響します。

Q若い内に貯金なんてするなと言われましたが、しない方がいいですか? 今貯金額が丁度20万円と500円の

若い内に貯金なんてするなと言われましたが、しない方がいいですか?
今貯金額が丁度20万円と500円の貯金箱が有ります。

月6万円の給料の高1の15歳ですが、友達も居ませんし月5万円貯金しています。
前PS4を購入しましたし使い道が特に...。

月1~2万円で充分ですから貯金辞めた方がいいですか?
いっつもお金は千円札に替えてもらって束にして貰っていてそれ眺めてはこんなにしんどい思いしてこんなに稼いでも使い道無いなとなんか虚しくなります。

Aベストアンサー

貯金をしてはならぬ!
という意味じゃないですよ。
興味のある事の本を見つけたが高い!どうしようって悩みます。
「貯金なんて考えてないで、金があるならその本を買って、読め!」って意味です。

本を例にしただけですから、それ以外の事も同じ。
体験とか教養ってのは金を積んでも身につくものではないんです。
だから金で買えるのなら買うべきであって、若いうちは貯金よりそちらを優先させろってことではないでしょうかね。

Q変動金利の金利は下がることがありますか?

2年ほど前に住宅ローンを変動金利で借りました。

住宅ローンの内容は以下の通りです。
 返済期間:35年
 全期間変動金利、元利均等返済
 適用金利:0.975%

2年前に比べると、どの銀行も変動金利であれば少なくとも
新規借入の場合、当時に比べて0.2%程度は金利が下がっています。

これは、金利優遇幅が増え、適用金利が下がっているだけで、
変動金利であっても、すでに借りている(2年前から借りている)
住宅ローンには反映されないのでしょうか?

であれば、変動金利の住宅ローンは、金利が、上がることはあっても
下がることは無いものということなのですか?

もし、下がることがあるとして、私が借りているローンの金利が
下がる時はどのような場面なのでしょうか?


教えていただきたくお願いします。

Aベストアンサー

住宅ローンは「店頭金利」から「各種割引」を引いた金利となっています。

ローン金利の基準は「店頭金利」です。実際に実行される金利水準は割引の増加によって下がっていますが、店頭金利はさほど動いていません。そのため、 vbavbavba 様の変動金利ローンの金利は動いていないのです。

現在の超低金利下でも店頭金利は下がっていないので、銀行からすれば、これがギリギリのラインなのでしょう。今後多少長期金利が下がったからといって変動金利の店頭金利が下がることはほぼないと私は見ています。

もしも、今の金利と新規の契約しなおし(借り換え)による金利で十分な利が見込めるのであれば借り換えを検討するのも一つの手だと思います。

参考URL:http://www.finance-dictionay.com/2012/01/post_864.html

Q金利の引き上げ

政策金利の引き上げの話がでると、流通市場の国債利回りが上昇しますが、それは、そうあってほしいと言う期待だけでしょうか?
実際、利回りが上昇すれば、新規国債の利率は引き上げなければいけません。でないと、売れないでしょうから。

そうなれば、政策金利が低いのに、新規国債の利率がそれを上回ってしまう。ならば、次に起こるのは銀行が預金金利を引き上げることでしょうか?
それとも、もうそうなってしまったら政策金利は引き上げざるを得ませんか?

Aベストアンサー

こんにちは。
「今更聞けない金利の話」ヨリ。Gadgetwear8月25日(月)一部加筆
米国の利上げどんな影響がある?
投資に縁遠い方には何のこと?投資をしている方の中にもどんな影響があるのか
整理できていない方もいるかもしれない。
利上げとは、米国の中央銀行(FRBという)が政策金利を上げることだ。
利上げ決定の前後で次のことが起こる。
■株価が下がる?
金利が上がると株価が下がる、これは投資の定石だ。
多くの企業は銀行から資金を借りて事業を行うが金利が上がると返済額が増えるので
利上げは業績悪化につながると考えられるためだ。
米国企業の業績悪化は取引のある世界の企業に影響するため、米国の株安は世界の
株安に連鎖すると考えられる。
確定拠出年金を導入している企業にお勤めの方で、何らかの形で株式を保有されて
いる方は保有資産を見直してはいかがだろう。
■円安米ドル高になる?
お金を銀行に預けるなら高い金利がつく方が良いと思われるように、米国の金利が
上がると米ドルが買われるので円安米ドル高になる。
円安は日本の輸出企業には追い風だが、海外旅行には行きにくくなる。
また、原発の稼動停止により化石燃料の輸入が増えているが、円安は輸入価格を
上昇させるため電気料金の値上げがあるかもしれない。
ガソリンやその他輸入品も上昇するかもしれない。
最近の為替相場は利上げを織り込みつつあり、すでに円安が進んでいる。
■米国の債券が下落する?
米国の債券に直接投資をされている方が満期まで保有する場合は影響ないが、
投資信託などで間接的に債券投資をされている場合は注意した方が良い。
金利が上がると債券の評価額は下がるからだ。
株安でも債券なら安心とはいかないかもしれない。
■新興国の株式、債券が下落する?
米国の中央銀行がこれまで金利を低くしていたのは企業などが資金を借りやすく
するためで、世の中にお金をたくさん行き渡らせ景気を良くし、雇用を支えるのが目的だった。
米国からあふれたお金は新興国に流れ込み、新興国の株式や債券は買われて
米国だけでなく新興国の景気も支えてきた。
利上げはこの流れに逆行することになる。
新興国に投資する投資信託にも注意が必要だ。

ぜ利上げするのか?と思われるかもしれない。
米国の中央銀行が一番恐れているのは物価の上昇、つまりインフレ。お金がたくさん出回る
ということはお金の価値を下げることになるのでインフレにつながるのだ。
インフレは人々の生活を苦しめ、社会不安を引き起こすなど悪影響を起こすと考えられる。
米国の中央銀行(FRB)は様々な影響を考えながら慎重な舵取りを求められているのだ。

デフレに悩む日本ではインフレを起こす政策として金利の引き下げ中ですが、これは成功した
例が無い事で、垂直尾翼がない飛行機の操縦より難しいらしい。不安倍ゾウと黒田のアブナイ
みっくすと呼ばれる迂遠である。(千兆円の負債には800兆円の裏づけが在るので破産は
ないのです)
ドイツ国債などはマイナス金利中です、銀行が中央銀行にお金を預けると2~3年後
には金額が0,2%減ると言う事です(欧州中銀)。
アメリカは、EU経済を無視できないので金利を上げられないと言う事になるのでは?

こんにちは。
「今更聞けない金利の話」ヨリ。Gadgetwear8月25日(月)一部加筆
米国の利上げどんな影響がある?
投資に縁遠い方には何のこと?投資をしている方の中にもどんな影響があるのか
整理できていない方もいるかもしれない。
利上げとは、米国の中央銀行(FRBという)が政策金利を上げることだ。
利上げ決定の前後で次のことが起こる。
■株価が下がる?
金利が上がると株価が下がる、これは投資の定石だ。
多くの企業は銀行から資金を借りて事業を行うが金利が上がると返済額が増えるので
利上げは業績...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報