親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

オフロードかモタードか?迷っています…。

ライダー諸兄殿、私は30過ぎてライダーになりました。
単気筒のロードスポーツで週末は早朝に峠に通い、タイヤを浪費しながら楽しみつつ、走り方を勉強しています。
かれこれ2年、1万kmを区切りとして、自分の走りたい道がなんとなくわかってきました。

というのも先日山深い県道に迷い込んだとき、
その荒れた道路に閉口しながらも、静かな山の中を一人進み、冒険心をくすぐられる走りや遠くに見おろす山々に感動しました。

私の住む四国は400番台の3桁国道を初めとする酷な道路に恵まれています、
落ち葉がたまったり砂利がたまったり、草まで生えた荒れたアスファルトの道路です、
そこを走りたいです。

もともと給油無しで300kmは走れる単気筒に乗っており、
一息に山を越えて太平洋を見に行く、などという走りが好きだったからかもしれません。
何より路上では自分勝手な性格が丸出しですから、昼間に車で埋まった幹線道路を走りたくないので早朝走っているわけでして…。

モタードは舗装路と未舗装路を組み合わせたレースが起源とのことですが、
実際のところ国内市販のモタード車で、荒れ放題の舗装路をオンロード車より
「安全に速くコントローラブルに=楽しく」
走れるのでしょうか?
それともやはりオンロードタイヤですから、無理なのでしょうか?

丘を登ったり林に入って丸太を越えたり、川を渡ることには興味がありません。
ですが「道」という物ならとにかく走れなければ気が済まなくなっています(となると剣山スーパー林道が究極の目標になるんですが…)

長くなりましたが、このような私はいろいろ調べて下記の2車種まで絞り込みました(背が166cmと低いもので)、
・D-Tracker X
・セロー250
”エンデューロに興味が無く上限はスーパー林道、間の幹線道路は高速道路でショートカットしたい”
という身勝手な要望では、オフロードにするべきか、モタードにするべきか、、、

諸兄殿のざっくばらんなご意見を多数お待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

林道も視野にいれるなら、オフロードモデル=セロー250を選んだ方がよいかもしれませんね。



もちろんD-トラッカーでも剣山スーパー林道ぐらいなら余裕で走れます。道幅も広いし、舗装していないだけの普通の道ですから。運転技術のスキルがあればもっとガレた道を走ることも出来ます。タイヤの性質もあってオンロードではキビキビしたハンドリングを楽しめます。

しかし、ガレた道は走れる=通過できる程度であって、楽しむことは出来にくい?でしょうね。常にタイヤを気にしながらの走行になると思います。オフロードタイヤに比べるとバーストやカットバーストを起こす可能性も高いですし。

また小径タイヤによるオフロードでの挙動のクイックさも慣れない方には運転しにくいかも知れません。

双方色々なメリット・デメリットがあると思いますが、それらの全てを考慮したうえで個人的な意見を述べますと、冒頭にも書いた様に、オフロードバイクに軍配が上がると思えます。

理由として、D-トラッカーが走れる道は必ずセロー250でも走れます。一般道では遅い速いも、そう差は無いでしょう。そしてセローにはセローしか走れない道があります。

>丘を登ったり林に入って丸太を越えたり、川を渡ることには興味がありません。
質問者さんはこう書かれています。しかしその様な場所もひとつの道続きなのですよ。

幸い、四国には素晴しい林道がたくさんあります。本当に素晴しい道ばかりです。圧倒的な景色が存在したり、道を走破するのが楽しかったり。人それぞれ感じ方は色々ですが、とにかく素晴しい道が存在します。

そしてこれらの道は、スーパー林道本線ではなく、その殆どがわき道(支線)だったりするのです。スーパー林道自体は日本一の長距離林道ですが、ある程度人の手が入っており、景色もこれと言って際立ったところは少ないです。

人間、時が経つと趣味嗜好も変化してきます。質問者さん自身も書いておられるように、ひょんな事から今までの趣向とは違った楽しみを見出す事は少なくありません。

そういったときにオールマイティーに対応できるのはオフロードバイクだと思えます。ターマックを走る割合が高いなら、オンロードよりのタイヤを履かせても良いですね。そのタイヤでも一般的な林道なら殆ど走破することが可能ですから。

また高速道路では所詮どちらも250ccです。旅の疲労度はあまり変わらないとおもいます。

挙げられている2車から見ますと新車をお考えかと思います。ここで一つ気になることはセロー250は大きいと言う事です。セロー225からフルモデルチェンジした際、車格がレーサーレプリカと変わらぬ大きさになってしまいました。(それでも少しは小さいですが。)

先代モデルのセロー225は、その車体の小ささや、総合的なバランスのよさもあって、絶大な人気がありました。モデルチェンジによってその良さが多少なりともスポイルされてしまった感は否めません。

サスはストロークが長くなり、フレームやエンジンも合わせて強化されましたが、車格が大きくなり、重量も増えました。

一般的道や、普遍的な林道を走る分には、ロングストロークのサスもいりませんし、過剰なフレームの剛性もいらなでしょう。気軽に足を付く事ができる。オフロードでも軽く取り回しが出来る事の方が余程大事な事だと思えるのですが。

話がそれました(笑)。新車をお考えならセロー250が良いでしょう。新車の数少ないラインナップの中でも一番乗り易いと思います。もし新車に拘らないのなら、是非セロー225WEを選択に加えてください。高年式車ではまだまだ程度の車体もあるでしょうから。(私は225のオーナーであった事もありますし、250も乗った事があり、その上での個人的な評価といったところでしょうか。)

余談になりますが、駐車スペースに余裕があるなら125ccの選択もありますね。維持費も非常に安いですから、オンロードバイクとの2台持ちも目的がハッキリしてよいかと思います。KLX125等も車体が小さく、非常に取り回しがしやすいと思えますから。四国内を走る分にはあえて高速を使わないと言う選択もあるかと思いますので。

勝手気ままな長文になってしまいました。何かしらの参考になる部分があればよいのですが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます、
”D-トラッカーが走れる道は必ずセロー250でも走れます。”
”ターマックを走る割合が高いなら、オンロードよりのタイヤを履かせても良いですね。”
この言葉にはっといたしました。

もっとも何処でも走れるオフロード寄りのアプローチから、必要なだけオン寄りに調整して行こうと思います。

お礼日時:2010/07/04 18:51

質問の2車ならセローでしょう。


DトラXは舗装状態の良い道なら、とんでもないアングルでコーナーを抜けられますが、荒れると一気にコントロールを失います。
腕に自信があれば別ですが、セローの方が安定して走れます。
あと、排気音がしょぼいです。
これはたいしたことないように思いますが、乗ってて悲しくなります。
Xより、キャブの方が全然速く楽しいです。

が、質問の使い方なら私はXRバハをお奨めします。
乗ってみると分かりますが、見た目と違い?とんでもなく乗りやすいです。
当然コーナーは速いです。
タンクもデカイですから、300kmもいけるでしょう。
個人的には、これにオンロードよりの21インチタイヤを着けるだけで十分だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

ベストアンサーの方にもおっしゃっていただけましたが、
”オンロードよりの21インチタイヤを着けるだけで”
というアプローチがあることはまったく意識していませんでした、目からウロコでした。

お礼日時:2010/07/04 18:53

たぶん身長からこの2台に絞ったのだと思いますが、165センチ以上であれば、あまり気にしなくても大丈夫ですよ。


もちろん体重が50キロ台だったりすると、ツライ場面もあるかもしれませんが、沈み込みがあるので、ほとんど問題ありません。

私は169センチですが、CRM250(現行車でいうとKLX250くらいの感じ)に乗っても、取り立てて足つきを気にすることはありませんでした。

ロードからの転向だと、足つきを気にする人が多いですが、ビッグ・オフでなければ、車重が軽く、シート幅がスリムなので、心配するほどでは無いと思います。
しかも四国なら、山間部が多いですし、山間部は信号も少ないですから、頻繁にストップ&ゴーを繰り返すこともないでしょう。


Dトラッカーとセロー250についてですが、とりあえず慣れてくれば、剣山スーパー林道くらいなら、どちらでも走れます。
セローの方が完全なオフ車ですから当然楽ですが、Dトラッカーでもオン車よりは楽です。

また
>落ち葉がたまったり砂利がたまったり、草まで生えた荒れたアスファルトの道路です
ということなので、完全なオフ車より、Dトラッカーの方が良いかもしれません。
439くらいなら、Dトラッカーで十分です。

高速での移動や途中の山間舗装路のことを考えても、質問者様の今のツーリングなら、Dトラッカーの方が良いように、私は思います。


ただDトラッカーは無給油で300キロは走れませんよ。
あとインジェクション・モデルではわかりませんが、カワサキのオフ車は高速での燃費が極端に悪くなる傾向があります。
キャブ・モデルの場合、KLX、Dトラッカー、シェルパのどれもが、20km/Lくらいまで落ちました。
インジェクションで改善されているかもしれませんが、もしDトラッカーにする場合は、200キロでリザーブだと考えたほうが良いと思います。


もしこの先、剣山スーパー林道ではなく、他の未舗装林道も走る可能性があるなら、Dトラッカーよりセロー250にする方が良いかもしれません。
ただ先日インジェクションのセロー250を試乗しましたが、サスが今まで以上に軟らかく、ロードからの転向だと、かなり違和感があると思います。
エンジンのレスポンスも悪くなっているので、新車にこだわるのでなければ、あまりオススメできません。

始めは林道でガンガン転けることを考えると、排ガス規制前のキャブのオフ車を、中古で買った方が良いと思います。
ホンダのXR系やヤマハのセローやTT-R系、スズキのDR系であれば、無給油300キロもだいたい大丈夫です。
カワサキはギリギリ300キロ走れるかどうかになると思います。


すべては走る場所次第ですが、林道天国の四国ということを考えると、完全なオフ車で中古のキャブ車を選んでみるのはどうでしょうか。
ダート初心者なら、XR250あたりがオススメです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます、
おっしゃっていただいた
”ただDトラッカーは無給油で300キロは走れませんよ。”
これはうっかり見落とすところでした。

けっこう休みの日となるとスタンドが閉まっているのが四国です。
そして私は生来の心配性でして、、、ひょっとしたら帰って来れないかも、なんて思うだけで足が止まってしまうでしょう。
心の壁を作らないためにも航続距離はしっかり見極めておきます。

足つきは、ついさっき近所のレッドバロンで去年のセローにまたがらせてもらえました。
両のつま先OK,すこしずらすと片足べったりで驚きました。
軽いので今の”軽いけど低重心の重さがある”SRXみたいに転がる気はしませんでした、ここからでも気持ちがセローに傾いています。

お礼日時:2010/07/04 18:59

セロー250に乗ってましたが、XT250(セローのモタード版)に


乗ったときは、こんなにグリップ感が違うのか!と驚きました。
アスファルトの上では、断然モタードの方が楽しいですね。

オフロードを買って、ロード用のタイヤを追加して、適宜変更しては如何でしょうか?
(ベースは、オフロードがオススメです。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、

”オフロードを買って、ロード用のタイヤを追加して”
”(ベースは、オフロードがオススメです。)”

これは他の回答者の方もおっしゃられていますが、実に明快な答えをいただきました。
モタードがオフロードをベースにしているのだから、
オフロードを買っておくことになんら問題ないんですよね。

お礼日時:2010/07/04 19:01

私は400のモタードに乗ってますけど、モタードは滑りますよ、タイヤ(^_^;) 小石がゴロゴロ転がってるような林道は、ツルツル滑ります。

モタードは、フラットダートだと思ってください。フラットダートを滑らせながら走るイメージかな。もちろん、小石ツルツルが楽しい♪という方もいるとは思いますが...

上記の2種だとセローです。セローの方が間違いなく速く安全に走れます。私は400ccに乗ってるので、250ccのオフローダーの友人と走ると、オンロードの遅さにイラつきます(^_^;) でも、ひとたびセローやSL、XLRの友人がオフロードに入ると、速いです。モタードのタイヤは重く、径も小さく、そして滑ります。相当がんばらないと付いていけないので、オフロードの比重が高ければ高いほど、モタードはNGだと思います。

ただ、オフローダーってオンロードは疲れるし面白くないです。タイヤはグリップしないし、サスは柔らかめだし、ブレーキは利かないし... マスツーリングだと、確実に疲れます。でも、ソロツーリングならそんな事関係無いので、オンロードはまったり走って、オフロードを楽しむなら、セローかな、と。上記の2種ともパワーが大差ないので悩まないんです。DR-Z400Sあたりだと、オンロードも余裕が出ておすすめなんですが...
http://www1.suzuki.co.jp/motor/dr-z400s/spec.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やっぱり滑るんですね、400ccの水冷とかだとその滑り様は考えもつきません。
当方空冷400のSRXでうっかりズリズリと行ってもコントロールはできておりませんし、曲がるのは好きですが飛ばすのは苦手です。


”でも、ソロツーリングならそんな事関係無いので、オンロードはまったり走って、オフロードを楽しむなら、セローかな、と。”

路上での身勝手な性格のせいで、走る練習につきあってもらう時以外はソロでトコトコと行っております、
※先日はなぜかジープ2台と剣山まで行ったりしましたが…これは楽しかったです。
その点でもセローが向いているように思えてきました。

お礼日時:2010/07/04 19:12

その2台から選ぶのでしたら私は迷わずセローです、4ストの250のOFFは乗ったことがないです(2スト250は有る)が一台しか所有しないのでしたら私なら迷いません。



その理由としては意外とセローは舗装の峠道も早いし(一緒に走ったことは何度も)私でも足が届くシートの高さとその気になればゲロ道でも入っていける気になれる車両ですから(軽量だし)何よりも私が現在単気筒の650のOFFモデル(実際にはロードモデルとして乗っている)に乗っていますが、車重が200キロも有るしスタンディングのし難いタンク形状などとてもOFF等走る気になれないバイクに乗っています。

本気でエンデューロ等を考えたらセローでは少し無理があると思いますけど(元々私はトレールモデルと思っています)剣山のスーパー林道程度でしたらロードモデルや1100以上のOFFモデルで走った知人も居ます、もっとも高速の長距離の移動は250のOFFでは少しきついと思っています。

KLX当たりと高速を一気に800キロくらい移動したときにはライダーはへろへろに成っていたから(当方は当時SS系の1100)大雨の中でしたから・・・
どちらにしても質問者が実車を見て気に言った方にする方が良いと思います、モタードはOFFの形をしていますがタイヤだけの違いではないと言うことだけは頭に入れてもし砂利などの林道に入り込む可能性も考えたらセローの方が楽に走れると言うだけで、石鎚スーパー林道の有料の時代(今は完全舗装後名称も無くなった)を750のスーパースポーツ数台で走ったことも有ります(土小屋から長沢林道方面に抜ける道)その気になれば走れます(楽に走れるかどうかだけ)

少し極端な乗り方をしていた私の意見ですから余り参考にならないですが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、とんでもないです大変参考になりました。

”さとその気になればゲロ道でも入っていける気になれる車両ですから”

というところは特に大事だと気がつかせていただきました。
今までオンロードで舗装路を走っているときに興味をひかれた農道や林道に入れなかった思いを、
今度はモタードで走る農道や林道から同じ思いをしてしまうところでした。

まずはどこでも走れる足をしっかり確保し、気の済むまでその気になってみようと思います。

お礼日時:2010/07/04 19:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオフロード車でオンロードを走るメリットとは?

オフロード車でオンロードを走るメリットとは?
どのような所なのでしょうか?普通の道路でよくオフロードバイクを見るので疑問に思いました。

Aベストアンサー

オンもオフも混ぜて10数台乗り継いでる人間です。

オフロード車で走る「メリット」もありますが、あえてオフロード者に乗る人は「魅力」に魅かれている場合も多いです。


・軽量な車体でとり回しが楽
例えば250ccですとオンロードバイクが140kg~に対して
オフロードバイクはせいぜい重くても~120kgぐらいです。
住宅街を抜けての通勤や買い物に行くときは本当に便利です。
後、オンロードバイクのような高回転でパワーを出すものと違い
低回転から力強く足を運んでくれるのでキビキビ走ってくれます
それに全体的に見て燃費のいいバイクも多いです。


・高い目線
ミニバン人気の一つ「車体からの視野の広さ」と同じ部分があります
オンロードバイクのように前傾姿勢になりにくいので目線が高く遠くまで見えます。
街中をレーサーレプリカで走ると首が疲れます(笑


・週末のツーリングにもってこい
気合を入れて峠に通うような人でなければオフロード車の走行性能で十分です
尚且つ標準キャリアのバイクが多くて箱をつけてても「ツーリングライダー」として様になります
オンロードバイクはツアラーでないと、なかなか「箱付き」は不恰好ですから…。


・車体の整備性のよさ、頑丈な作り
単気筒のバイクが多く、パーツ点数の少なさからDIY整備が非常に楽です
ある程度バラす前提があること(泥が色んなところに入り込みますので)から
基本的には各部パーツのはずし方も複雑でなく、簡単なものが多いです
また、林道などでコケることも前提に作ってますので道路で緊急回避でコケたとしても
大体の場合はそのままなにごともないようにエンジンかけて走ってけれます。
オンロード車はすぐハンドル曲がったとかタンクヘコんだとか外装に色々気を使いますから…。

・二人乗りが楽
意外なメリットで、私の場合はこれがありました。
一つ前の型のKLXに乗っていたのですが、シートがちょうどよい弾力で
それなりに幅広、かといってまたを開くわけでもないので
女の子を乗せて「このバイクが一番いい」といわれました
アメリカンは密着できず背もたれ便りになるのが逆に怖かったそうです。


私がオフロードに乗っていて感じたメリットはこんなところです。

質問主さんのように「なんで?」と感じる方やカッコ悪いという方も多く
私も当初はそう感じていたのですが、次第にはまっていきました
無骨なデザインやタフで頼れる相棒という感じで、とても信頼がおけます。
オフロード好きって、本当にバイク好きそう…と、自分に酔いしれてた時期もありました(笑

オンもオフも混ぜて10数台乗り継いでる人間です。

オフロード車で走る「メリット」もありますが、あえてオフロード者に乗る人は「魅力」に魅かれている場合も多いです。


・軽量な車体でとり回しが楽
例えば250ccですとオンロードバイクが140kg~に対して
オフロードバイクはせいぜい重くても~120kgぐらいです。
住宅街を抜けての通勤や買い物に行くときは本当に便利です。
後、オンロードバイクのような高回転でパワーを出すものと違い
低回転から力強く足を運んでくれるのでキビキビ走ってくれます...続きを読む

Qモタードかオフ車か悩む~~

ロード系のスポーツバイクばかり乗ってきましたがレンタルでWR250Rに乗りこちらの世界に興味がわき乗り換えを考えております。

家庭の事情でバイク2台持ちはできないため乗り換えになります。

土曜日に近場の販売店を巡りましたが、CRF250L・セロー、KLX250、DトラッカーX、WR250X、XR250モタードがございました。

予算の都合上WRは残念ながら購入できなく、あとの5車種で大変迷っております。

用途としましては、ロングツーリング(今年の夏に北海道に!キャンプも)、峠、フラットダート、出来ればたまに行くミニサーキットで遊びたいと考えております。

メーカーへのこだわりもあまりなく初めてのオフ車ということもありどれも魅力的に見えてしまいます。

出来れば皆様ならどういう意見か教えていただければ嬉しいです。

あと、最大の疑問なのですが例えばオフ車のCRF250LやKLX250を購入しあとでCRL250MやDトラッカーXのロードホイールに換装することはできるのでしょうか?
これが出来れば嬉しいのですがメーカーは出来ないように工夫してるんでしょうね・・・・



ご意見よろしくお願いします。

ロード系のスポーツバイクばかり乗ってきましたがレンタルでWR250Rに乗りこちらの世界に興味がわき乗り換えを考えております。

家庭の事情でバイク2台持ちはできないため乗り換えになります。

土曜日に近場の販売店を巡りましたが、CRF250L・セロー、KLX250、DトラッカーX、WR250X、XR250モタードがございました。

予算の都合上WRは残念ながら購入できなく、あとの5車種で大変迷っております。

用途としましては、ロングツーリング(今年の夏に北海道に!キャンプも)、峠、フラットダート、出来ればたまに行...続きを読む

Aベストアンサー

この中なら、XRモタード(250ですよね?。223ならNG)かな。
CRFは、少し造りが粗い気がします。
Dトラッカーは、Xでないのがいいです。弄りやすいし。

>あと、最大の疑問なのですが例えばオフ車のCRF250LやKLX250を購入しあとでCRL250MやDトラッカーXのロードホイールに換装することはできるのでしょうか?
これが出来れば嬉しいのですがメーカーは出来ないように工夫してるんでしょうね・・・・

KLXを17インチに換装してる人もいましたから出来なくはないでしょうが、サスペンションのセッティングが違いますから、そのままでは乗りずらいバイクになりますよ。
(オフのセッティングで17インチのロードタイヤでは柔らかすぎてグニャグニャ。逆なら何とか使えますが、跳ねます。)
もちろん、油面調節等を自分でやれるなら問題ないですが。

お奨めは、KLXかXRを買って、21インチのオンロード向けタイヤを履かせることですね。
これなら、ちょっと中途半端なイメージですが、どこでも使えます。
オフで振り回せる技術があれば、オンでも十分速いし。
もっとパワーが欲しければ、高いですが2ストのKLXかCRMですね。

この中なら、XRモタード(250ですよね?。223ならNG)かな。
CRFは、少し造りが粗い気がします。
Dトラッカーは、Xでないのがいいです。弄りやすいし。

>あと、最大の疑問なのですが例えばオフ車のCRF250LやKLX250を購入しあとでCRL250MやDトラッカーXのロードホイールに換装することはできるのでしょうか?
これが出来れば嬉しいのですがメーカーは出来ないように工夫してるんでしょうね・・・・

KLXを17インチに換装してる人もいましたから出来なくはないでしょうが、サスペンションのセ...続きを読む

Qオフ車の魅力と弱点とは!!!!

お世話になっております。
初めての二輪車購入で(原付除く)ドキドキしている者です。
タイトルの通りなんですが、オフ車の魅力と弱点について教えて下さい!
ちなみにスピードを求めてる訳ではなく、耐久性や取り廻しの良さに惹かれています。
バイク乗りの先輩方、どうぞ教えて頂けるようよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ホンダのXR250に乗っています。
フルスケール250ccのため,全体的に大柄で足つきなども決してよくはありませんが,とてもいいバイクですよ。
もっぱら通勤に使用していますが,
中低速の厚いトルクのおかげで街乗りは楽ちんですし,思い切ってスロットルを捻ればそれなりに速い(あくまで空冷単気筒としては)。
足回りもしなやかで,路面の追随性もとても高いと思います。私のは正立フォークで,現行の倒立フォークはわかりませんが,まるでオンロードのようにシャープなハンドリングです。乗っていてとても楽しいですよ。

欠点といえば…
やはり足つき。私は身長173cmですが常に両足ツンツンです。が,つま先がついていればこれは大丈夫かと。そのうち慣れます。ただし,ガレ場などに入ると…
あとは,少々エンジンのフィーリングが悪い。スロットルとエンジンの回転に若干タイムラグがあること。これがどうにも気になります。中低速で聞こえてくるがさつなメカノイズも個人的にはイマイチです。先日初期型のディグリーにちょっと乗る機会がありましたが,水冷DOHCのレスポンスの良さと音に「こりゃいいわ…」と思わず浮気しそうになりました。
とはいえ,トータルで見ればXRはとてもバランスのとれたバイクだと思いますよ。ホンダらしく,優等生的で尖ったところはあまりありませんけど,誰にでもしっくりくるでしょう。
最後につけ加えると,耐久性は抜群です。ほとんど錆びませんし,つくりも頑丈。今年の冬に公道で派手にすっ転んだときも,ブレーキレバーが?の形に曲がっただけですみました。

ホンダのXR250に乗っています。
フルスケール250ccのため,全体的に大柄で足つきなども決してよくはありませんが,とてもいいバイクですよ。
もっぱら通勤に使用していますが,
中低速の厚いトルクのおかげで街乗りは楽ちんですし,思い切ってスロットルを捻ればそれなりに速い(あくまで空冷単気筒としては)。
足回りもしなやかで,路面の追随性もとても高いと思います。私のは正立フォークで,現行の倒立フォークはわかりませんが,まるでオンロードのようにシャープなハンドリングです。乗っていてとても...続きを読む

Qセロー250にフルフェイスヘルメットは変ですか?

現在、ヘルメットはアライのジェットを使っているのですが古くなってきたので
OGKのKABUTO KAMUI ELEGANZA(カブト カムイ エレガンツァ)を購入しようかと思っていたのですが、まわりの人から「オフ車にオンロード用のヘルメットは変だからやめとけ」と言われまくられ、最初は「俺は機能美を重視する男だからこれで良いんだ!」と言っていたのですが、流石に度が過ぎたアンバランスな格好はあまりに滑稽かなと思うようになってきて、どうしようかと悩み始めています。
私が「カブト カムイ エレガンツァ」を選んだ理由はフルフェイスなので安全、インナーサンシェードを装備(現在使っているヘルメットのシールドはミラータイプでバイクで日陰やトンネルに入ると見え難いので危ないと感じたのでコレは重要だなと思っています)、メガネをしているのでメガネ用のスリット(コレも重要)、季節によって調整できるベンチレーション、これから寒くなる、後付けできるオプションパーツなど色々と気に入っていたので購入を考えていました。
ショップに聞いてみても「OGKさんはメガネ用スリットがあるのでメガネ着用者はいいですよ。OGKさんはオフ車用のヘルメットは出してないです。」と言われました。

皆さんでしたらオフ車でフルフェイス(オンロード用)はありえないですか?
また、おすすめのヘルメットはありますか?
よろしくお願いします。

現在、ヘルメットはアライのジェットを使っているのですが古くなってきたので
OGKのKABUTO KAMUI ELEGANZA(カブト カムイ エレガンツァ)を購入しようかと思っていたのですが、まわりの人から「オフ車にオンロード用のヘルメットは変だからやめとけ」と言われまくられ、最初は「俺は機能美を重視する男だからこれで良いんだ!」と言っていたのですが、流石に度が過ぎたアンバランスな格好はあまりに滑稽かなと思うようになってきて、どうしようかと悩み始めています。
私が「カブト カムイ エレガンツァ」を選ん...続きを読む

Aベストアンサー

多分既に故人だと思う中沖満さんってライダーの大先輩の著書に身を持って思い知った事で「自意識過剰は事故の元」になるそうです。他人の目を気にして良い格好をしようとして安全がおざなりになり一生完治が出来ない程の事故をやらかしたそうです。事故を起こしても一瞥しただけで「バイクに乗ってるのが悪い」と知らんフリしていたそうです。得た経験から「他人は自分なんか見てくれてない」だったそうです。事故で死にかけた人間を見てそうなのですから、ヘルメットの種類がどうとか誰も気にしないと思いますよ。責任取ってくれない他人の視線より安全をとりましょう。

Qリーンアウトはどこがいい?(モタード)

 普通はリーンインで曲がると思うのですが、Dトラッカーでなんとなくリーンアウトをすると曲がりやすくなったような気がします。
 リーンイン、リーンアウトという言葉は今まで知らなくて、リーンアウトの曲がり方をしてから自分で調べて初めて知った言葉です^^
 リーンインよりグリップ力は増すのでしょうか?そしてどれぐらいのカーブまで、5,60km/hで曲がれるでしょうか?
急なカーブでリーンアウトは危ないのでしょうか?
 バイクに乗るときはもっぱら大自然が日本海まで続くツーリングコースを走ります。

Aベストアンサー

厳密にいいますと単純なリーンアウトではありません
腰はシートのフロントで上半身は後ろに反り気味にしています
それに対応してコーナーイン側の足は前に突き出します
それぞれに意味があり上半身はとっさの挙動の変化に対応できるように
腰は前に残して後ろに反るんです
足はそのバランスを取るためとリアがスリップしたときに対応するためです

OFFロード車にONロードのタイヤを付けたのが基本のモータードですが
車体の構成上フロントに荷重がかかり辛く意識して乗らなければ
積極的な乗り方にはなりません
余談ですがそのためにフロントタイヤは剛性を落としてたモタード用の
タイヤをチョイスしているモデルもありますのでむやみに付くからといって
違うタイヤにするのは問題有りです

でも公道で乗るペースでしたら意識する程度で極端な乗り方をする必要は
ありません
モタードから発祥しONロードに振ったターミネーターというのは
ONロードモデルと変わらない乗り方が多いです

Qモタードとレプリカどっちが加速速い?

モタード最近人気出てきてますよね(?)

友達論
「CBR600RRより0キロスタート~60キロ位なら加速モタードの方が早いぞ」

と言うのですが、私の中では今までずっとCBRのようなレプリカが

最速だというイメージだったんですが

どうなんでしょうか。そりゃ200キロ超位の競争でしたらレプリカだと思いますが・・。

Aベストアンサー

確かに60キロくらいまでだったらトラクションのいいモタードのほうが扱いやすいので結果的に速いと思います。マルチエンジンの場合馬力の直線的な立ち上がりが一旦滑り始めるとなかなか前進の力に変わりにくいという特性があるので理論的な速さを実現するにはライダーの技量が問われます。
でも60キロ越えたらマルチエンジンのほうが速いですね。とはいえ何よりライダーの技量ですが・・・
サーキット走行会行くとKTMやハスクバーナにぶち抜かれる国産リッターレプリカをよく見ます。
クリップオンハンドルで全伏せでコーナーに突入するとき横をみるとイン側の足を出しながらリーンアウトであっというまに旋回を終えトラクションを生かして早々に立ち上がっていくモタード乗りの後ろ姿が相当ショックのようです。

QXR250 vs XR230 高速道路

現在、XR230を所有しています。

殆どは林道などの非舗装路で使っているので、走行距離はさほど伸びていません。購入から1年経ちますが、2000km台です。
近くに林道があるのでそこを中心に使ってますが、兵庫県南部の海近くの都市部在住なものでそんなに林道の数がある訳じゃないです。
遠くの林道にも行きたいと思いますが、時間などを考慮するとどうしても目的の林道までは、高速道路や自動車専用道路をつかって時間を短縮しないと難しいのです。今のXR230で高速を走行したこともありますが、速度が80Km/時あたりを越えるとかなり厳しいです。加速が辛く交通の流れに乗りにくいのです。また、一般道路の信号待ちからの初期加速も辛いものを感じます。
オフ車なので、性質上ある意味当然かも知れませんが、XR230の高速道路走行は恐怖すら感じます。

っで、XR250など250CC系のXR230よりパワー・トルクのあるオフ車種乗られている(または、乗られていた)方にお聞きしたいのですが、そのクラスになると高速での走行雰囲気はいかがでしょうか?
高速道路(100km/時程度)で、周りの交通の流れに充分付いて行ける走行能力は確保されているものでしょうか?
場合によっては、それ以外の理由もあるのですが乗換も考えています。

現在、XR230を所有しています。

殆どは林道などの非舗装路で使っているので、走行距離はさほど伸びていません。購入から1年経ちますが、2000km台です。
近くに林道があるのでそこを中心に使ってますが、兵庫県南部の海近くの都市部在住なものでそんなに林道の数がある訳じゃないです。
遠くの林道にも行きたいと思いますが、時間などを考慮するとどうしても目的の林道までは、高速道路や自動車専用道路をつかって時間を短縮しないと難しいのです。今のXR230で高速を走行したこともありますが、速...続きを読む

Aベストアンサー

今晩は初めまして、hajimetenanndaさん。私はスーパーシェルパのオナーです。http://sherpa.maxs.jp/しかも1番最初に出たモデルですから、もう何年になるかな??たまーの休日にトコトコ林道ツーリングを楽しむ事が趣味な自分です。さて、ご質問の件ですが「高速での走行雰囲気はいかがでしょうか?」シェルパはこのクラスではとても快適です。さすがDOHCエンジンはこの手のクラスではパワフルで快適といえるでしょう。ただ、風の影響は大きいですね。XR250と一緒に高速を走りましたが、前にスクリーンがあれば風の影響は随分軽減されるとおもいます。
「高速道路(100km/時程度)で、周りの交通の流れに充分付いて行ける走行能力は確保されているものでしょうか?」シェルパは十分確保されているとおもいます。直進安定性も結構あるし、XRの方はフロントフェンダーが風の影響で、ブルブル振動が激しいようです。私のは、ローフェンダー使用にしてるので、ハンドルが高速走行でぶれたりはなかったですね。とても安定していて、安心して速度を出すことができます。
高速も快適に・・林道やトライヤルごっこみたいな事までやってみたい方はおすすめですが、万能的な性能がある面、中途半端な性能も備える事になるとおもいます。
要は自分がどのような使用が多いかでマシンの選び方が変わってくるとおもいます。
おすすめ林道~四国スーパー林道未舗装80kmだったかな。結構楽しめました。http://www8.plala.or.jp/forestroad/super/turugi.html
では、いいマシンに出会えるといいですね。

今晩は初めまして、hajimetenanndaさん。私はスーパーシェルパのオナーです。http://sherpa.maxs.jp/しかも1番最初に出たモデルですから、もう何年になるかな??たまーの休日にトコトコ林道ツーリングを楽しむ事が趣味な自分です。さて、ご質問の件ですが「高速での走行雰囲気はいかがでしょうか?」シェルパはこのクラスではとても快適です。さすがDOHCエンジンはこの手のクラスではパワフルで快適といえるでしょう。ただ、風の影響は大きいですね。XR250と一緒に高速を走りましたが、前にスクリーンがあれ...続きを読む

Qオフロードバイクでの長距離ツーリングにおけるメリット

時々オフロードバイクで後部座席に大量の荷物を積んで長距離ツーリングしてる人を見かけますが、何故オフロードバイクなんでしょうか?
そのメリットが解りません。
長距離ツーリングならアメリカンかスクーターのチョイスがマッチして
ると思うのですが。

長距離ツーリングでのオフロードバイクよるメリットについて
ご教授頂けますでしょうか、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

最近はビッグバイクの方が多いと思いますがね。
まだオフ派でのツーリングも多いんですね。
これも賀曽利隆さんや風間さんの影響があったかもしれませんね。
一昔前まではXL250RやセローやDJEBELが定番でしたね。
メリットはかなりあります。
(1) 重量が軽い(120キロ前後でかなり軽い)
(2) ポジションが楽
(3) 燃費がいい
(4) キャリアをつけやすいし上記の車種なら積載用の部品は揃ってる。
(5) ラフロードも走れる(林道も舗装されて少なくなりましたが)
(6) 単気筒が多いので故障率が少ない。
主なものは以上の6点だと思います。
だいたい250CCでパワーはあまりありませんがのんびりツーリング
には最適です。

排ガス規制前は燃料タンク10L以上のXR250バハやDJEBEL
200や250があってまさにツーリングにぴったしだったんですがね。今はオフロードも種類が少なくなりましたね。

Q125ccオフロードバイクのメリットについて

125ccオフロードバイクのメリットについて


中古のオフロードバイクを購入しようと考えていますが、125ccクラスか225ccクラスで迷っています。主な使用目的が、通勤と週末たまに林道ツーリング&トレッキングで・・高速道路を走る気は全くないので維持費(保険などを含とむ)を抑えられる125ccにしようと考えていました・・・・が125ccのオフロードバイクは玉数がなくなかなか予算と釣り合うバイクが見つかりません(探していたのはXLR125とXTZ125だったのですが)・・・バイク選択の排気量あげるとSEROW225などロングセラーで玉数のあるバイクがあるので選択肢の排気量をあげて探したほうが楽だと思い始めました。友達に相談しても、125ccは後々物足りなくなると言われ225ccクラスで探すことを考えています。



そこで疑問に思ったのですが・・・あえて125ccのオフロードバイクを購入した人はどんなメリットや考えでバイクを購入したかということです。ネットでXTZ125とSEROW225の部品の値段を比較してみましたがそれほど差がなく維持費的には任意保険、自賠責、を除いて大差無いと思いました。125ccを選ぶ理由としては任意保険が安く済むというのが一番だと思いますが・・・

125ccのオフロードバイクに乗られている方に質問です。任意保険が安く済むの他にメリットがありましたら教えてください。

125ccオフロードバイクのメリットについて


中古のオフロードバイクを購入しようと考えていますが、125ccクラスか225ccクラスで迷っています。主な使用目的が、通勤と週末たまに林道ツーリング&トレッキングで・・高速道路を走る気は全くないので維持費(保険などを含とむ)を抑えられる125ccにしようと考えていました・・・・が125ccのオフロードバイクは玉数がなくなかなか予算と釣り合うバイクが見つかりません(探していたのはXLR125とXTZ125だったのですが)・・・バイク選択の排気量あげるとSEROW225など...続きを読む

Aベストアンサー

オフロードフリークです。

125ccと225cc。それぞれにメリット・デメリットがありますから、悩むところですね。

現実的な選択肢として挙げるなら、125ccクラスは、オフを積極的に楽しむと言う点では少々アンダーパワーです。オフロード走行も林道をゆっくりと流す程度であればOKですが、トレッキングを楽しむとなると力不足は否めませんね。

ファイナルを変更するという案もありますが、トレッキングでも使えるようなギア比にしてしまうと一般道では伸びがなくなり、主なメリットである燃費の良さにも大きな悪影響を及ぼすでしょう。私も小さなバイクで旅がしたくなりDF125を購入したことがありますが、やはり余りのアンダーパワーに嫌気がさし、ほどなく手放してしまいました。

2ストモデルを選択する事もできますが、やはりエンジンに急かされてしまうし、低速のトルク不足でこれもトレッキングには向いていませんね。整備のコストも4ストモデルより少々かかるでしょうし。燃費の悪さも林道に入れば不安要素の一因にもなりかねますから。

やはりオフロードでのベーシックは225~250ccクラスです。維持費を除いた全てのバランスが取れていると思います。

セローについてですが、文句なしに良いバイクです。250ccのフルスケールモデルに比べて、足回りは短いですが、ジャンプを飛ぶわけではないので、林道あたりの走行では全く問題ないですね。エンジンも粘りがあり、低いシート高と相まって抜群のトレッキング性能を持っています。長年販売されてきたので、タマ数も多いですね。

セローを選ぶならW以降のモデルをオススメします。トレッキングに的を絞ればWです。WEはガス対策で持ち味の低速の粘りがすこし薄くなってしまっています。

WEはリアチューブレスホイールですが、これも使用状況によって良し悪しがありますね。パンク修理は簡単ですが、トレッキングをしていてカットバースト等を起こすと帰って来れなくなります。修理道具も2種類積んでいかなければなりませんし。

私達の周りではWEに乗っている方はリアもチューブをいれて使用しています。余程のトラブルが無い限り、なんとか自走で帰ってこられる可能性が高いので。

あと別の候補として、SL230やシェルパもあります。セローを含めこの3台は全て乗りました。それぞれに素晴らしいバイクです。少し特徴をあげますと、

●SL230
低速トルクが素晴らしく、アクセルワークと体重移動だけで自由自在に車を操ることが出来ます。バリバリのオフロードルックではありませんので、街乗りでも周りに溶け込みやすく、服装などに気を使わなくて済みます(現在の愛車)。リアホイールはチューブレスです。

一見オフロード性能は低そうに見えますが、セローに勝るとも劣らないバリバリのトレッキングマシンです。難点は最低地上高が低い事。少し高めのステアケース等を越えるときは運転者の技術が必要になります。とにかく低速の力強さは特筆モノで、ギア比はノーマルで乗っていますが、相当なトレッキングコースに入ってもエンジンがへこたれる事はありません。難点はバランサーを積んでいないので、高回転になると振動がでることでしょうか。全体的にしっとりとしていて、乗りやすいバイクです。

●シェルパ

以前乗っていました。フルスケール250ccです。さすがにエンジンパワーがあり、一般道の移動はものすごく楽珍です。エンジンもツインカムでスムーズに回りますから、嫌な振動は一切ありません。サスペンションもしっとりとしていて乗りやすいです。オフロードを走っていてもフロントの食いつきがとてもよいので、安心してコーナーを走れます。

シェルパで特筆すべきところが一つあります。エンジンに目を奪われがちですが、一番の目玉はシートだと思います。お尻の当たる部分だけ幅広で、とにかく快適なシートです。私はモトクロッサーから125ccまで色んなオフ車に乗ってきましたが、シェルパのシートはNo1と言ってもいいぐらいです。他の物だと30分も座っているとお尻が4つに割れてしまいますから。

あと一つこれらのバイクを選ぶにあたって考慮に入れて欲しいのは、質問者さんの身長です。背が高い方ですと、長距離を走ると疲れるかもしれません。シートとステップの間隔が狭いので、ひざが窮屈に曲がってしまうからです。それぐらいの背丈があるかたは、XR250等を選んだ方が良いと思います。

125ccクラスは移動の手段と割り切って考えるなら素晴らしいメリットがあります。バイクに何を求め、どのような走り方をし、どうして維持していくかは人それぞれですね。何を重視するかは質問者さん次第です。

参考になれば。

オフロードフリークです。

125ccと225cc。それぞれにメリット・デメリットがありますから、悩むところですね。

現実的な選択肢として挙げるなら、125ccクラスは、オフを積極的に楽しむと言う点では少々アンダーパワーです。オフロード走行も林道をゆっくりと流す程度であればOKですが、トレッキングを楽しむとなると力不足は否めませんね。

ファイナルを変更するという案もありますが、トレッキングでも使えるようなギア比にしてしまうと一般道では伸びがなくなり、主なメリットである燃費の...続きを読む

Qセローとトリッカーの位置付け

現在セローとトリッカーが気になります。

個人的な趣味でいえば形だけでいえばトリッカーなのですが、雑誌の林道ツーリングなどはセローを結構ほめています。(ツーリングセローのキャリアの積載能力は捨てがたいです)
でもこの2台は兄弟車ですよね?

基本の用途は街乗りで、極たまに林道(といっても砂利道でそれほど険しくない)を走ろうかな?程度です。

でも、近所を聞き歩いても試乗できるバイクショップはありませんでした。
またレンタルバイクも聞いたら、オンロードバイクがメインでこの2台が見つけられませんでした。

それでお聞きしたいのですが、この2台はどの辺が売り(特徴?)なのでしょうか?
見た感じ、セローもトリッカーも私には性能的な区別が付きません。
せいぜいタイヤが微妙に違うのかな?程度(それでもブロックタイヤなんで違いはない????)

何かの雑誌でXT250Xとセローの比較記事をやっていたのですが、そのときは興味がわかずにほとんど流し読み程度でしたが、確かスプロケがセローの方が下(加速?)重視とか書かれていたような気もしますが・・・今となっては・・・

このセローとトリッカーの長所、短所などをぜひ教えてください。
セローはタイヤの選択肢が少ないくらいはわかっているのですが・・・・

現在セローとトリッカーが気になります。

個人的な趣味でいえば形だけでいえばトリッカーなのですが、雑誌の林道ツーリングなどはセローを結構ほめています。(ツーリングセローのキャリアの積載能力は捨てがたいです)
でもこの2台は兄弟車ですよね?

基本の用途は街乗りで、極たまに林道(といっても砂利道でそれほど険しくない)を走ろうかな?程度です。

でも、近所を聞き歩いても試乗できるバイクショップはありませんでした。
またレンタルバイクも聞いたら、オンロードバイクがメインでこの2台が見つ...続きを読む

Aベストアンサー

 どちらも山で乗ったことがありますので特徴を。

 トリッカーの短所は、ホイールサイズのせいでタイヤを選べないことと、燃料タンク容量
あと、キャリアつけても実質的に荷物はほとんど積めません。キャリアはテールランプなどを保護するのと、ゲロ坂で押してもらったりするのに便利なぐらいです。

 セローの短所は、重い←。

 

 オフロードを走ろうとすると、ホイールサイズの問題で、トリッカーは除外されます。
タイヤの選択肢がないのですよ。
セローとトリッカーの良いトコ取りをする、トリッカーフルサイズ化改造が流行っています
「フルサイズトリッカー」で検索してみてください。トリッカーにセローの前後ホイール
を付けて、タイヤの選択肢(とはいえ、トライアルタイヤを履くためですが)を増やして
います。

 これは重くなってしまったセローの代わりに軽量でキャスター角もトライアル車に近いトリッカーをフルサイズ化してトレッキングに使ってしまおうというものです。


 でもまあ、セロー250が1台あれば、街乗りから林道ツーリング、トレッキング、ロングツーリング、何でもこなせてしまいます。
これほどオールマイティなバイクは他にありませんよ。

 どちらも山で乗ったことがありますので特徴を。

 トリッカーの短所は、ホイールサイズのせいでタイヤを選べないことと、燃料タンク容量
あと、キャリアつけても実質的に荷物はほとんど積めません。キャリアはテールランプなどを保護するのと、ゲロ坂で押してもらったりするのに便利なぐらいです。

 セローの短所は、重い←。

 

 オフロードを走ろうとすると、ホイールサイズの問題で、トリッカーは除外されます。
タイヤの選択肢がないのですよ。
セローとトリッカーの良いトコ取りをする、トリッカーフ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング