40%に縮小したものを100%に戻す計算方法を教えて頂けないでしょうか?縮小したものの縦の長さは14・6センチ、横幅は6・2センチです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

100%は40%の 100 / 40 倍 = 2.5 倍ですから、数字に 2.5 を掛けられたらよいと思います。



14.6 × 2.5 = 36.5 (センチ)
6.2 × 2.5 = 15.5 (〃)
となります。
    • good
    • 3

図面などでの縮尺 40%というのは、長さ(x、y成分)に対して指定します。



元図形のが 横x 縦y とすると

x * 0.4 = 14.6
y * 0.4 = 6.2
なので、元の長さを求めるのは、

縮小後の長さを(40%=0.4)で割る
あるいは
縮小後の長さに(40%=0.4の逆数=1/0.4=2.5)を掛ける
事で求められます。
x = 14.6/0.4
y = 6.2/0.4
あるいは
x = 14.6 * 2.5
y = 6.2 * 2.5

※もし、面積が40%という事であれば別の考え方が必要です。
    • good
    • 0

面積が40%を、100%にするのであれば、


14.6X6.2=90.52
90.52X2.5=226.3(100÷40=2.5)
ここで、単に、一辺に2.5をかけると、(14.6X2.5)X(6.2X2.5)=565.75となるので、一辺にル-ト2.5をかければいいと思います。
    • good
    • 0

縦横だから各辺を2.5倍じゃなくて、ルート2.5倍では。



100を40にする。 40/100=0.4
40を100にする。 100/40=2.5
    • good
    • 4

100%をxとすると、


x×0.4=14.6
x=36.5
同じように、
x×0.4=6.2
x=15.5
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q上海空港で円を元に両替し、帰りに上海か成田で元を円に両替しようと思います。

レートが20円/元とすると、10000円は何元の手取りになり①、全く使わず円に戻すと何円になるのでしょうか②?両替できる単位はどれほどでしょうか③。元は何元札を持てば一番便利でしょうか④?注意すべきこと、有利になることなど何でも教えてください⑤.海外は初めてです。

Aベストアンサー

① 国際線出口の両替所では両替1回毎に手数料60元を必要としますから、元買い為替レート20円=1元ならば、(10,000÷20)-60=540元となります。なお両替レート自体が中国銀行公定レートより悪いです。
② 中国内での再両替は6か月内の両替証明書金額の1/2までです。たとえ両替した元を全額使用しなくとも、この制限にかかり全額再両替は出来ません。なお、公式レートでは元売りの為替レートは元買いの為替レートより約0.5%低くなります。これが手数料になります。
③ 両替は通貨である紙幣単位です。円は千円から、元は1元からです。
④ 円から元への両替では100元札が基本です。スーパーやコンビニでは問題なく100元札で買い物できますから、そう気にする必要はありません。ただ、市内バスに頻繁に乗るなら、交通カード無しの場合、中国では無人バスではお釣りが出ませんから、運賃の1元札か硬貨を持つ必要があります。
⑤ 基軸通貨である米ドル・ユーロを除くと、現地両替が原則です。日本では10%以上レートが悪いのが一般的です。もし中国内での両替でしたら、市中の中国銀行での両替レートは公定レートで空港のような手数料無しなので問題ありませんが、場所探しと時間がかかります。

① 国際線出口の両替所では両替1回毎に手数料60元を必要としますから、元買い為替レート20円=1元ならば、(10,000÷20)-60=540元となります。なお両替レート自体が中国銀行公定レートより悪いです。
② 中国内での再両替は6か月内の両替証明書金額の1/2までです。たとえ両替した元を全額使用しなくとも、この制限にかかり全額再両替は出来ません。なお、公式レートでは元売りの為替レートは元買いの為替レートより約0.5%低くなります。これが手数料になります。
③ 両替は通貨である紙幣単位です。円は...続きを読む

Aベストアンサー

長方形ならピタゴラスの定理でとけます。
式は
√(110×110+100×100)

です。

約149cmです。

Q円・ドル・元の関係について

最近、また人民元切り上げの話題が盛り上がってきましたね。外国為替証拠金取引でも人民元を取り扱っている業者もあるようです。個人でも切り上げで恩恵を受けることができないか考えています。

そこで質問です。

1.ドル/円レート 106.85円
2. 元/円レート  12.91円
3.ドル/元レート 8.2764元

上のレートで、1=2×3という式がおおよそ成り立ちます。

元が通貨バスケット制だか変動相場制だかに移行したら、3の値が小さくなるというのはわかるのですが、2の値はどうなるのでしょうか。元/円も変動相場制になるのでしょうか?この式がどのように変わっていくことが予想されるのか知りたいのです。

Aベストアンサー

1=2x3という式は不変で、いつの場合でも成立します。もし、ここから大きく外れると、無リスクの裁定取引ができるので為替ディーラーたちが取引を開始し、1=2x3に収束するようになります。

変動相場制に移行した場合でも、1=2×3は不変なので、2は3が大きくなるにつれ小さくなります。元が円に対しても強くなるわけです。

人民元がドルに対して強くなるだろうというのは確からしいとしても、それに向かう過程は一筋縄ではいかないのではと考えています。投機筋の大量の人民元買いや香港ドル買いが起こったら中国当局はどうするのでしょうかね。何らかの移行措置を考えないと、危険なことになると考えるはずでしょう。通貨バスケット制の場合は、人民元は切りあがるわけではないので、この方法を選択するのでしょうか。

私は、先行きがあまりにも不透明なので、やはり通貨それ自体に対する投資は控えたいと思っています。

Q不良率14%の目標に対し13.5%の実績。目標は達成したのですが、この場合の達成率は何%になりますか

不良率14%の目標に対し13.5%の実績。目標は達成したのですが、この場合の達成率は何%になりますか?

Aベストアンサー

簡単に考えて良いのですよ。
 この問題は大きな問題があります。このままでは解けない。
 達成率がゼロということは100%不良品だったということではないですよね。通常は、現在の不良率が16%あるので、それを14%に減らしたいということを目標にします。
 結果的に、
不良率 16%------14%------0
達成率  0%  100%   ∞
ということは、割合は
割合 = ある数/基準の数 ですから
   = (14-13.5)/(16-14)
   = 25%
よって、達成率は、125% になります。

★もし、作ってみたら全製品(100%)が不良品だったという場合は、
 結果的に、
不良率 100%------14%------0
達成率  0%  100%   ∞
ということは、割合は
割合 = ある数/基準の数 ですから
   = (14-13.5)/(100-14)
   ≒ 0.58 %
よって、達成率は 100.58%

 このように、基準を何にするかの指定がない場合は割合の計算はできないのですよ。

Q元から円への直し方

1元を円にすると¥100=6.5611元のときどうすれば求められますか?ドルだったらなじみがあるのでわかるのですが元だとよくわかりません。
 
1元0.065611円でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

1.式の中には数字しか入っていない物、単位の付いた数字が入っている物があります。
2.式の両辺を同じ数/物で割っても、同じ数/物を書けても式はそのまま成り立ちます。
3.100 円=6.5611元 この式は単位の入った数値が入っています。
. 両辺を同じ物 100 円で割ってみましょう。
4.左辺は当然1になります。右辺は 0.065611 (元/円) となります。
5.すなわち 1 = 0.065611 (元/円)。
6.1円 = 1 円 x 1 = 1 円 x 0,065611 (元/円)
. 右辺の円が上下で消えて 0.065611 元
7.1元 = 1元 ÷ [0.065611 (元/円)] = 1/0.065611 円 = 15.24 円

この長たらしい説明を書いた理由は、この方法が全ての単位換算に使えるからです。ドルの換算、メートル法と尺貫法の換算。その他諸々です。
(5)の式は本質的に1ですから何に掛けても、何を割ってもよいのです。
(摂氏と華氏の温度換算には使えません。両者のゼロ点がずれているからです。)

1.式の中には数字しか入っていない物、単位の付いた数字が入っている物があります。
2.式の両辺を同じ数/物で割っても、同じ数/物を書けても式はそのまま成り立ちます。
3.100 円=6.5611元 この式は単位の入った数値が入っています。
. 両辺を同じ物 100 円で割ってみましょう。
4.左辺は当然1になります。右辺は 0.065611 (元/円) となります。
5.すなわち 1 = 0.065611 (元/円)。
6.1円 = 1 円 x 1 = 1 円 x 0,065611 (元/円)
. 右辺の円が上下で消えて 0.065611 元
7.1元 = ...続きを読む

Q複数の項目の確率が100%以上の場合に100%で表す方法

こんばんは、高校の時に確率を学んではや20年、久しぶりに計算するシーンが有ったのですが、もはや記憶の彼方に消え去っているようですので、詳しい方教えて頂けませんでしょうか。

例えば、3つの項目があり、各々50%だったとします。

3つの確率は各々同じなので、これを100%で表すとしたら、33.3333333・・・・% となると思うのですが、その計算方法が解りません。

現実的にやりたいのは、8つの項目を100%内で表現する方法です。

詳しくて優しい方、おバカなボクに教えて頂けませんでしょうか、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

[問題1] 「長年の定番棒アイスである『ホームランバー』には1塁打、2塁打、3塁打、ホームランのアタリが付いている。『ホームランバー』を一本買って1塁打、2塁打、3塁打、ホームランが出る確率は、それぞれ10%, 5%, 2%, 0.1%である。
 さて、X君が『ホームランバー』を1本買ったらアタリだったという。彼のアタリが1塁打である確率はいくらか?」

という問題を、ひとまず考えてみましょ。
 まず、計算をしようってときには確率をパーセントであらわしてちゃ駄目です。10%というのは「百分の10」つまり0.1のことです。そうしますと、

  どれかのアタリが出る確率 = 0.1+0.05+0.02+0.001

である。単なる足し算で計算できるのは、「『ホームランバー』を1本買って1塁打と2塁打の両方が同時に出る」ということは絶対ないからです。どのアタリも同時には生じない。こういうのを「互いに排他的事象」であると言います。排他的事象なら確率の足し算ができる。これを分母にして、答は

  そのアタリが1塁打である確率 = 0.1 ÷ (どれかのアタリが出る確率)
  そのアタリが2塁打である確率 = 0.05 ÷ (どれかのアタリが出る確率)
  そのアタリが3塁打である確率 = 0.02 ÷ (どれかのアタリが出る確率)
  そのアタリがホームランである確率 = 0.001 ÷ (どれかのアタリが出る確率)

パーセントで表したければ、それぞれの答を100倍すれば良いのです。


ところが、ご質問の優勝の話の場合はそうは行かない。

[問題2]「弱小チーム好きのX君はaリーグではAチーム, bリーグではBチーム, cリーグではCチームを贔屓(ひいき)している。aリーグでAチームが優勝する確率は10%, bリーグでBチームが優勝する確率は5%, cリーグでCチームが優勝する確率は3%である。
 さて、X君は『君の贔屓チームが優勝したよ』という報せを聞いた。Aチームが優勝した確率はいくらか?」

 『君の贔屓チームが優勝したよ』という報せは、「Aチーム、Bチーム, Cチームのうち少なくともひとつが優勝」という情報を伝えている。ホームランバーの話に似ているように思えるけれども、「AチームとBチームがどっちも優勝する」ということだって起こりうるので、排他的事象ではない。だから、分母を足し算で計算したら間違いなんです。

 ところで、『君の贔屓チームが優勝したよ』ということが分かっているときの「Aチームが優勝した確率」とは、「優勝した贔屓チームのうちにAチームが含まれている確率」のことですね。

 起こりうることを
  p: 「Aチーム、Bチーム, Cチームがどれも優勝しない」
  q: 「Aチーム、Bチーム, Cチームのうち少なくともひとつが優勝」
に分けると、pとqが同時に成り立つことはないから、pとqは互いに排他的事象。
 排他的事象なのだからpが生じる確率とqが生じる確率を足せば、「pかqのどっちかが生じる確率」が計算できる。
 さて、pとqのどっちかは必ず成り立ちますね。ということは、「pかqのどっちかが生じる確率」は1(100%)である。(「排他的事象であって、しかもどっちかが必ず生じる」ということを「pとqは互いに余事象」である、と言います。)

 さて、pとは「Aチームが優勝せず、しかもBチームが優勝せず、しかもCチームが優勝しない」ということ。あるリーグでどのチームが優勝するかは、他のリーグの勝敗とは全く無関係である(これを「互いに独立事象」であると言います)。独立事象なら、pが起こる確率はかけ算で計算できて、すなわち、
  pが起こる確率 =「Aチームが優勝しない確率」×「Bチームが優勝しない確率」×「Cチームが優勝しない確率」

である。数値を入れると

  pが起こる確率 = (1-0.1)×(1-0.05)×(1-0.03)

ですね。そして、pとqは互いに余事象なのだから、それぞれの確率を足したら1になる。だから、qが起こる確率は

  qが起こる確率 = 1-((1-0.1)×(1-0.05)×(1-0.03))

だと分かる。これが「X君の贔屓チームが優勝した」という状況が生じる確率です。これを分母にして、

  優勝した贔屓チームのうちにAチームが含まれている確率= 0.1÷(qが起こる確率)
  優勝した贔屓チームのうちにBチームが含まれている確率= 0.05÷(qが起こる確率)
  優勝した贔屓チームのうちにCチームが含まれている確率= 0.03÷(qが起こる確率)

ということになります。パーセントで表したければ、それぞれの答を100倍すれば良いのです。

[問題1] 「長年の定番棒アイスである『ホームランバー』には1塁打、2塁打、3塁打、ホームランのアタリが付いている。『ホームランバー』を一本買って1塁打、2塁打、3塁打、ホームランが出る確率は、それぞれ10%, 5%, 2%, 0.1%である。
 さて、X君が『ホームランバー』を1本買ったらアタリだったという。彼のアタリが1塁打である確率はいくらか?」

という問題を、ひとまず考えてみましょ。
 まず、計算をしようってときには確率をパーセントであらわしてちゃ駄目です。10%というのは「百分の10」つまり...続きを読む

Q台湾の1元→日本円:いくら??

通貨全般にくわしくなく困ってます(-_-;)
台湾で流通されている1元は日本円にして
いくらになりますか?

ネットで探しても探し方がわるいのか
台湾ドル→日本円は出てくるのですが
元→日本円が探しきれません.
もし今現在の元→日本円のわかるサイトが
あったら併せて教えていただけるとたすかります☆

ちなみに中国元と台湾の元は別物と考えていいんで
しょうか?
たしか仲悪いんですよね!?(>_<)

Aベストアンサー

元とNew Taiwn $は、同じことだったと思います。

1元=約3円
http://www.arukikata.co.jp/country/taiwan.html

>ちなみに中国元と台湾の元は別物と考えていいんでしょうか?

中国元とは人民元のことですよね。別物です。

Q濃度3%と7%の食塩水を混合して、4%の食塩水を100g得ました

小学校5年生の問題です。
濃度3%と7%の食塩水を混合して、4%の食塩水を100g得ました。
それぞれ何gづつ混合しましたか? という問題です。
方程式を使えば、両辺を食塩の質量として
(3/100) *x + (7/100) *(100-x) =(4/100) *100 で
x=75 が導けるのですが、
方程式を未習得の小学生のため、この手法が使えません。

小学生の子供に、どのように解法を説明したら良いのでしょうか?

ひとつだけ考え出したのが、
3%と7%の食塩水を等量混合して、5%混合液を得ます。
この5%混合液と3%液を等量混合すると4%液を得ます。
このとき4%液は100gですから、5%液は50gで3%液も50g。
そして5%液50gは3%液25g+5%液25gであるから。
解は3%液75g+7g液25g。

でも、これは”キメ撃ち”だから解法になっていませんよね。

Aベストアンサー

まず、食塩水の問題は塩の重さに注目すると考えやすいことが多いです。

次に、これを解く王道は鶴亀算でしょう。他の方も書かれていますが
再度、、、

4%の食塩水が100gできたなら食塩の量は4g
全て3%だったら3g、1g足りない。
1g、3%を7%に置き換えたら0.07-0.03=0.04g増える。

1÷0.04=25g

7%が25g、3%が75g


鶴亀算で解く方法は表を使うと簡単になることが多いです。

3% 100g 99g 98g・・・
7%  0g  1g  2g・・・
塩  3g 3.04g 3.08g・・・

0.04ずつ増えているので4になるのは25個目つまり3% 75g、7% 25g

0.03×75+0.07×25=4

で4%の食塩水が100gできる。小学生ならこれでもいいと思います。

Q人民元に円は連動するの?

人民元が対ドルで、値上がりが話題となっています。
人民元が値上がりするとどうして、円(対ドル)もそれに
連動して値上がりする方向に変化するのですか。
 また、1ドル=8人民元から7.5元に値上がりしたとすると、円はどのくらい値上がりするものですか。
 どなたかお教えくださいませんか。

Aベストアンサー

人民元に円は連動するの?

しませんけど

基本は元とドルの相場が基準なんで

従って元と円は

元→ドル→円 って成るので

円ドルレートも絡むので・・・・・

円ドルが動かないならば・・・・

比率で出せばでますけど

円安になるか円高になるかで

回答が変わる・・・・・・・

Qある長方形の面積から60%も導き、さらにその60%の長方形の面積から2辺の長さを求めたい。

例えば、とある長方形の面積60%の値を求めて、さらにその60%の面積になる長方形の、
縦と横の辺の長さを求めたいです。
数学が苦手で、どの様に計算したら良いか、わかりません。。どなたか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「2.9x1.7」の長方形の免責は 2.9×1.7=4.93 になります。
この長方形の面積の60%の60%は 4.93×0.6×0.6=1.7748 です。
長方形の縦横の比を同じにすると云う事は、同じ数で割ればよいのですから、
縦は 2.9×0.6=1.74 、横は 1.7×0.6=1.02 になります。
(確かめ算 1.74×1.02=1.7748 で、正しい事が解ります。)

>例えば、「2.9x1.7」の長方形の60%時の縦と横の辺を求めるには、

縦と横を掛けた値が元の60%ですから、一つ一つは0.6の平方根を掛けた物になります。
(2.9×√0.6)×(1.7×√0.6)=2.9×1.7×0.6 になり、実際に√0.6を計算する必要が無くなります。
(実際は0.6の平方根は無理数になり、約0.7746 です。)

エクセルで記入するには、それぞれのセルに計算式を入れるだけです。
セルA1の数字の平方根をA2に入れたい場合は、
A2のセルに関数SQRT(A1)と入力します。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報