これからの季節に親子でハイキング! >>

金魚の尾びれ背びれの付け根部分が充血したように血がにじんだようになってます。
あと眼の黒眼部分にクスミが見えます。

色々金魚のレスキュー系サイトで調べましたが、尾ぐされ病・・・細菌症・・・
金魚店に聴くのが一番早いと思うのですが、近隣にないので困っています。
病名がわからないので、治療に踏み込めません。とりあえずバケツに隔離したところです。

水換後 3日目に症状を確認
水質は気にかけているので、少なくとも週1で汲置き水と水換してます。
毎日欠かさずチェックしてるので、突然症状が現れ気づいた時には
全数(水槽内の4匹)に症状が見られました。
運動量も少なくなり弱ってる感じがします。

考えられる原因
水換時に金魚が5匹が新しく仲間入りにてストレス?
新しく入居した金魚に細菌が?
餌量が多すぎる?(日/3~4回)

病名及び、治療法を教えて頂きたいのですが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

> 金魚サイズ


> 水槽
・現在の大きさの金魚ならば、過密飼育ではありません。

> 低床材
・砂や小砂利ならば問題なし。

> 水換え
> 48時間汲置き水にて水変え
・問題なし。

気になる点は、濾過器と換水量

> 濾過器
・飼育環境を見る限り、濾過器が弱いと思います。
また、2.5Wの水中ポンプは発熱源ですから、水量27Lの場合0.7℃~1℃程度の水温を上昇させています。

> (周期5~7日 水質を見て70~100%)
・換水量が多すぎです。

水槽サイズからも、換水は週に一度で充分です。
換水量も25%~33%まで。
「水質を見て」と書かれていますが、大量換水を行わないと濁りなどが発生する事があるのならば、水量と飼育魚から勘案して濾過能力不足です。
現行の濾過器と併用するのならば、濾過器の上に低床材を被せることにより、底面濾過器として機能し、驚異的な濾過能力を発揮する「水作ニューフラワーDX」(エアポンプが別途必要)の追加。
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid …
濾過器の交換ならば外部濾過器。
エーハイム2211(セラミックリング濾過材は別途必要)
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid …

・飼育環境は、マメに大量換水を行っている。
・伝染性の強い病気。
・全身の部位に発生する病気。
・濾過不足で水質が不安定。
以上を考慮すると「カラムナリス菌」による疾患の可能性が高いと思います。

・尾ビレや背ビレは「鰭(ヒレ)腐れ病」「尾腐れ病」の症状。
・眼の黒眼部分にクスミは「皮膚病」の症状。
以上は「カラムナリス菌」による疾患の症状です。

治療方法
「カラムナリス菌」は塩水浴が良く効きます。
第一段階(0.8%高濃度塩水浴)
1・50%程度の水換え。
2・エアポンプによるエアレーション。
3・薬浴と同時に0.8%の塩浴。
4・濾過器の活性炭は取り外す。
5・治療期間は24時間。
第二段階(0.5%塩水浴)
6・水替えにより塩分濃度を0.5%まで下げる。
7・水替えにより希釈した薬剤を規定濃度まで追薬。
8・エアポンプによるエアレーション。
9・治療期間は5日間。
10・魚に食欲がある場合は、少なめに餌を与えて良い。

使用薬剤は次のいずれか。
・グリーンFゴールドリキッド
・パラザンD
・グリーンFゴールド顆粒
・エルバージュエース
    • good
    • 9
この回答へのお礼

親切丁寧なご説明有難うございます。
大変参考になりました。
飼育環境から見直し住みやすい環境を整えたいと思います。
早速薬浴も始めます。ありがとうございました。

お礼日時:2010/07/27 13:50

色々な病気が一度に発生している様子。


過密飼育になっていませんか?
もしも、過密飼育では、現在の飼育環境における適正飼育数まで、自然に金魚は数を減らして行きます。
場合によっては、全滅する事もあります。
・現在の水槽の大きさ。
・金魚の大きさと飼育数。
・飼育開始日。
・濾過器の種類やエアポンプなどの設備。
・低床材の種類や敷いた厚さ、水草の有無。
など、、、詳しい飼育環境を教えてください。

この回答への補足

回答頂き有難うございます。

ご質問の件につき飼育環境をご説明させて頂きます。

飼育開始日 約2ヶ月

金魚サイズ 約3~4cm(稚魚) 飼育数4匹
      7月22日  同サイズ4匹追加   計8匹

水槽 30x30x40 キューブ水槽  水量(30x30x30)約27L

濾過 水作 ニュースペースパワーフィット M (コンセントに挿すタイプ)濾過兼エアレーション

低床材 石は粗めの石ですが名称はわかりません。2cm程度敷いてます。

水変え 48時間汲置き水にて水変え(周期5~7日 水質を見て70~100%)
    
水質悪化を抑える為素焼きの皿を底に入れています。皿にめがけて餌を投入。沈性餌

この様な感じですが過密でしょうか?1匹辺り10L以上の水量が適しているとは知ってますが

稚魚サイズなので大丈夫かなーと気になりつつ飼い始めました。

今後の飼育環境は大切な事ですが、現状考えられる病名もわかりましたらよろしくお願いします。
             

補足日時:2010/07/27 01:24
    • good
    • 7

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q金魚(丹頂)の尾びれが充血しています。

9/2から丹頂を飼い始めたばかりの初心者です。
↓を載せたものです。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5286029.html

あれから一向に症状が改善しないため、改めて相談させて頂きました。
どうか、アドバイスをよろしくお願いします。

9日前から尾びれ、胸びれなど背びれ以外が充血しています。
水槽の中にいると充血しているかは殆ど分からない状態ですが
白い容器に移すと充血している事がわかります。
充血の色はあまり濃くはないです。

充血はしているものの、とても元気です。
毎回、エサをねだられ絶食が基本と分かっているものの誘惑に負けつつあります。

今は、治療用の水槽で水10リットル、観パラD+塩0.5%の薬浴中です。
ヒーターはありません。
水温は21度ぐらいです。1日の水温の差もあまり無いです。

水換えの時は、カルキ抜きや溶剤は一切使用しておらず、
2日間汲み置き+エアレーションした水を使用しています。

購入した金魚店で相談し、観パラDで薬浴を始めました。
3日目まで薬浴・薬の量、水換えの時期・量は金魚屋の指示に従いましたが、
4日目に薬を入れなかったのは独断です。


<隔離してからの状況>

1日目・・・水を総入れ替えし、パラザンDで薬浴開始、塩は水7リットルに対し小さじ1杯程度。

2日目・・・薬浴2日目。身体が薄いピンクがかってきた。充血に変化はナシ

3日目・・・変化ナシ

4日目・・・今まではタライでの治療でしたが、治療用水槽を用意できたので水を全換え。
     水10リットル、0.5%塩水浴。薬はナシ。
     明らかに身体が痩せてきた。いくら絶食が基本とはいえ、我が家に来てまもなく、
     もともと細身で蓄えもあまりないコなので、心配で仕方がない。ただ、とても元気。

5日目・・・引続き、0.5%塩水浴。あまりにエサを欲しがるので8粒だけ与えた
     身体が白っぽくなってきたような気がする

6日目・・・お腹の辺りが、ほんの僅かだが丸くなり、ホッとした。
     塩水浴だけでは駄目だと思い、薬浴を再開。
     1/2水換え。パラザンDを投入。塩分濃度0.5%

7日目・・・充血に変化はなし。エサの催促に負け10粒だけ与えた

8日目・・・1/3水換え。水換えした分の塩・薬を追加。
     また身体がピンクがかってきた。

合間にエサをあげてしまったのは、自分でも良くないと思うのですが
元気もあって、エサをとても欲しがります。
とても元気なのに、ヒレだけ充血している状態です。
どんなに元気であっても、薬浴中はやはりエサはあげない方が良いのでしょうか?

鰭は充血はしているものの、裂けたり縁が白くなってたりはしていないので
尾ぐされ病ではないと思います。

観パラDを使用していて、全く効果が感じられないので
薬を変えようと思っています。


ネットで調べていると、
グリーンFゴールド(顆粒)の効果が高いみたいですが、この薬にかえてみても良いでしょうか?
(といっても手元に薬がないので、これから購入しに行くのですが・・・)

それとも、まだ観パラDで様子を見るべきでしょうか。

何度も、質問をして申し訳ありませんが
どうぞアドバイスをヨロシクお願いします。

9/2から丹頂を飼い始めたばかりの初心者です。
↓を載せたものです。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5286029.html

あれから一向に症状が改善しないため、改めて相談させて頂きました。
どうか、アドバイスをよろしくお願いします。

9日前から尾びれ、胸びれなど背びれ以外が充血しています。
水槽の中にいると充血しているかは殆ど分からない状態ですが
白い容器に移すと充血している事がわかります。
充血の色はあまり濃くはないです。

充血はしているものの、とても元気です。
毎回、エサをねだ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

前の質問も読みましたが、この症状を病気と捉え、病名や治療薬を考えていることを、直感的に間違いと感じます。

原因は生物濾過不足で亜硝酸(NO2)中毒、若しくは障害と思います。
飼育環境はどのような器具をお使いで、飼育水質のpH、GH,KH(最低限pH)はいくつでしょう?また、問題の亜硝酸(NO2)は何mg/リットルでしょうか?
基本的に病気と思われる症状は飼育環境と飼育水質が原因で発生することは間違いないので、本当にこの子を治したいとお考えでしたら、わかる範囲で補足くださる事を、お願いいたします。
参考まで。

Q金魚 これって赤斑病?(写真あり)

先ほど水槽を眺めていたら特定の金魚の尾びれに
赤い小さな点々(5~7mm範囲で)が出来ていました。
これって赤斑病でしょうか?
見た目としては血が溜まって腫れている感じです。

水槽環境は以下のとおりです。
サイズ:90*45*45
バクテリア:BICOM78、BICOM21PD
魚の数:金魚、5匹
     熱帯魚、5匹(金魚との混泳を前提に熱帯魚屋さんに選んでもらいました)
砂利:新五色30kg(大磯のほうがいいでしょうか?)
新規に立ち上げて10日くらい。(まだ水替えはしていません)
水温:28度くらい
餌の量:小さじ1.5*1日2回
金魚の状態:泳ぎ方を見ていてもいつもと変わらず元気な様子です。

ネットで調べると赤斑病だった場合、塩を入れたりするみたいですが
まずなにをすればいいですか?
塩を入れる場合、上記水槽でどれくらい入れればいいでしょうか?
このまま今まで通りの飼育を続けて大丈夫でしょうか?
他の魚に影響はありますか?
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

> 赤い小さな点々(5~7mm範囲で)が出来ていました。
> これって赤斑病でしょうか?

・赤斑病かも知れませんし、擦れや怪我かもしれません。
どちらにしても、現段階(5~7mm範囲)では、まだ、様子見の段階。
積極的な治療段階ではありません。

金魚の体力、免疫力が赤斑病に勝れば、自然治癒する可能性もある段階です。
赤斑病であり、金魚の体力、免疫力が負ければ、今後、24時間~48時間で、鬱血点が増え、出血も始まり、患部が広がります。
病状が進行するようならば、直ぐに治療を開始できるよう、準備だけをしておく段階です。

・今、行えることは水替えと、濾過器、底砂の清掃。
赤斑病の原因菌(運動性エロモナス)は、常在菌ですから、どんな水槽にも存在するグラム陰性菌の仲間です。
この菌が爆繁殖すると、体力、免疫力の弱い魚から病気を発症しやすくなります。
この菌は、水槽水の有機物が増える(=水の汚れ)と増殖しやすくなります。
夏場の高水温も、菌を間接的に活性化させる要因です。
水替えと清掃により、飼育水の清水化が重要です。

=赤斑病の治療=
・病魚が一匹だけならば、隔離水槽にて治療。
・隔離水槽の水は、2/3以上の水替え。(新水)
・規定量の薬浴+0.5%塩水浴。
・エアポンプによる十分なエアレーション。
・濾過器内の活性炭マットや活性炭パットは取り外す。
・薬塩浴期間は一週間。
・金魚に食欲のある場合は少量与えても良いが、餌を与えた場合は薬塩浴開始後4日目に一度水替えし、追薬と追塩を行う。

使用薬剤
・グリーンFゴールド顆粒
・エルバージュエース
どちらの薬剤も、濾過バクテリアと水草に被害が及びます。
出来るだけ、本水槽での使用は避けたい薬剤です。
本水槽での使用は、複数の魚に病気の兆候がある場合。

> 赤い小さな点々(5~7mm範囲で)が出来ていました。
> これって赤斑病でしょうか?

・赤斑病かも知れませんし、擦れや怪我かもしれません。
どちらにしても、現段階(5~7mm範囲)では、まだ、様子見の段階。
積極的な治療段階ではありません。

金魚の体力、免疫力が赤斑病に勝れば、自然治癒する可能性もある段階です。
赤斑病であり、金魚の体力、免疫力が負ければ、今後、24時間~48時間で、鬱血点が増え、出血も始まり、患部が広がります。
病状が進行するようならば、直ぐに治療を開始できるよう、準備だ...続きを読む

Q金魚(小赤)のヒレの付け根に血のようなものが。

先日ホームセンターにて金魚(金魚掬いでとる金魚です)を2匹購入しました。
一匹が早速白点病にかかってしまい、グリーンFリキッドを購入し治療しました。
白点病は感染性が高いから、一緒に飼っている金魚も薬浴させたほうが良いと聞きそうしていたのですが、
その間にもう1匹の金魚のエラ、ヒレ、尾の部分の付け根に赤く血が滲んでいるような感じになってしまいました。
これも病気でしょうか?
今は作り物の水草の陰に隠れてジッとしています。
もう1匹(白点病の金魚)は快方に向かっていて元気です。
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

白点で弱っているところをエロモナス菌にやられたでしょうか。
またはイカリムシがついている場合もその周辺がうっ血することがあります。

(イカリムシがある場合は取り除いて患部に塩を刷り込み)今後もグリーンFの投薬を続け、同時に少量の塩も入れてあげてください。
換水の頻度を高めてください。
ただエラにも進んでいるようなので、残念ながら治療は難しいと思われます。

Q金魚の内出血?

 2週間ほど前から、流金の腹びれ付近からお腹にかけて内出血のような、赤いしみが出来始めました。水槽に入れていた作り物の水草に、なんらかの拍子に刺さった!?のかと、その水草は撤去しました。

 が、その出血?はそれ以上悪くもなりませんが、改善もしません。ここ2~3日元気もないような感じになって来ました。食欲はあるんですが。
具体的には背びれがたたみぎみの時間があり、腹びれは2枚ともほとんどたたんでいます。水面近くでボケ~~っと斜に浮かんでいたり。普段は結構ふよふよ泳いでいる魚なんですが。

 治療しようにも、表面への出血はないので、塩浴をさせるべきか、薬浴で効くのかも分らずに、エサは1日2回だったのを1回にして、ただ状態を見守っているだけになっています。

 やはり塩浴などをするべきでしょうか。また、エサは止めた方がいいでしょうか?それとも体力を付けさせるためにはあげた方が良いのでしょうか。

 11L水槽ぶくぶくあり、7cm程度の流金2匹、水温20度前後です。

 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おそらく、赤班病またはウオジラミ病だと思われます

食塩浴および薬浴が必要ですね。

下記のURL参照ください。
とても詳細に記載されています。
 http://pw.kingyo.info/pukiwiki.php?%C9%C2%B5%A4%A4%CE%BC%A3%CE%C5

Q薬浴中の水換えと餌やり

現在、白点病と尾ぐされ病の治療中です。
マラカイトグリーンと塩浴、症状が若干重いほうの水槽には(元気な金魚とわけてあります)ヒーターを取り付けました。フィルターはまわしておらず、エアポンプのみです。

2日経ち昨日は朝は大丈夫だったのですが、夕方から悪化し始める金魚が出てきて、最終的に赤班病などを併発して☆になってしまいました。今日は今のところ大丈夫です。心なしか、白点が消えてきたようにも思います。

お聞きしたいことはまず餌についてなのですが、今年の4月に生まれた当歳魚ということもあり、健康な時は朝晩二回、もしくはかなり小分けして3回あげていました。
本来ならば薬浴中は餌は控える聞いたのですが体力的に心配な面もあります。
今のこの薬浴中の状態で、餌は一日にどのくらいあげても大丈夫でしょうか。
また、水換えについてなのですが、餌を与えるとなると当然フィルターも周っていませんし、すぐに汚れますよね?
一応今は低面のフンなどを一日に何回かはスポイトで取っている状況なのですが、水換えはどのくらいの頻度ですればよいでしょうか。
色々なサイトなどをみると、毎日かえる・薬の効き目が切れたら・1週間に1回など色々な意見がありました。
変えないのも心配ですが、変えすぎてかえって体調を崩してしまっても心配です。
餌やりと水換えの頻度、この2つについてアドバイスいただけないでしょうか。

現在、白点病と尾ぐされ病の治療中です。
マラカイトグリーンと塩浴、症状が若干重いほうの水槽には(元気な金魚とわけてあります)ヒーターを取り付けました。フィルターはまわしておらず、エアポンプのみです。

2日経ち昨日は朝は大丈夫だったのですが、夕方から悪化し始める金魚が出てきて、最終的に赤班病などを併発して☆になってしまいました。今日は今のところ大丈夫です。心なしか、白点が消えてきたようにも思います。

お聞きしたいことはまず餌についてなのですが、今年の4月に生まれた当歳魚と...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
>白点病と尾ぐされ病の治療中です。
まず病気の発生原因を取り除かないと、治療しても再発の恐れがありますので最優先です。
おそらくシステムの問題で生物濾過の非力・脆弱が原因と思われます。決して水温が下がったとか、病気の魚を持ち込んだなどと安易に考えないでください、生物濾過が機能して飼育環境が十分に整っていれば多少の白点病や尾ぐされ病など薬品を使用しなくとも治癒することを何度も経験しています。

>エアポンプのみです。
マラカイトグリーンは本水槽に直接入れて大丈夫です。濾過バクテリアに大して影響も出ませんので、普通の白点病であれば3~4日で治癒するはずです。

>最終的に赤班病などを併発して
赤班病は亜硝酸中毒でしょうからよほど水質が悪いと考えられます。
特に治療するときに使用する水に、水道水のカルキ抜きしただけの水を使用するとこのようなことになることは多いですね。

>浴中は餌は控える聞いたのですが体力的に心配な面もあります。
金魚は1週間くらい餌を食べなくとも、そのことで体力が落ち死ぬことは絶対にありません。もし死ぬようなら別の原因と考えてください。

餌を食べる→糞をする→その糞が猛毒アンモニアを誘発→金魚を苦しめ病気の発生。

>餌は一日にどのくらいあげても大丈夫でしょうか。
止めた方が賢明で可哀想と思うなら、水質管理を考えてください。

>今は低面のフンなどを一日に何回かはスポイトで取っている状況なのですが、
大変良いことです。
減った分だけ足し水すればよいのですが、この足し水が問題で先に書いたように水道水(もちろんカルキ抜きした水)は決してよい水では無くいきなりこの水で飼育すると元気な金魚でも病気になることがあります。
濾過バクテリアが良く繁殖した濾過槽を通した水が最適でこの水には濾過バクテリアが含まれていますので水質悪化を防げます。

>毎日かえる・薬の効き目が切れたら・1週間に1回など色々な意見がありました。
濾過器の内容や飼育水によって一概にこれが一番は無く、難しい判断をしなければなりません。

>餌やりと水換えの頻度、
餌やりについては先に書いたようにやらないことです。
水換えをについては今の状態でしたら水に匂いが出るまで3日を限度に換えない方が良いかと思いますが、換える水はバクテリアが繁殖した水が条件です。もし手に入らなければ本水槽の水を使用してください。
参考まで。

こんにちは。
>白点病と尾ぐされ病の治療中です。
まず病気の発生原因を取り除かないと、治療しても再発の恐れがありますので最優先です。
おそらくシステムの問題で生物濾過の非力・脆弱が原因と思われます。決して水温が下がったとか、病気の魚を持ち込んだなどと安易に考えないでください、生物濾過が機能して飼育環境が十分に整っていれば多少の白点病や尾ぐされ病など薬品を使用しなくとも治癒することを何度も経験しています。

>エアポンプのみです。
マラカイトグリーンは本水槽に直接入れて大丈...続きを読む

Q金魚薬浴中。どんどんひどくなってきています(*´д`*)なぜ?

先日、薬浴についてこちらで質問させていただいたばかりなのですが、日に日に状態が悪くなってきている気がします。画像を添付しているので見てください。これはよくなる兆候なのか、やはり悪化しているのか・・。
メチレンブルーで薬浴中、水槽内を見ていると、掃除して水替えしたばかりなのに、糸状というか繊維質みたいなものがやたらにフワフワ~としていて、もしやカビ?と思い水も泡立つので居てもたっても居られず再度水替えをしました・・・。そして今度は、底砂もいれず(メチレンブルーで青色に染まってしまったので・・・)ヒーターのみを入れ、フレッシュリーフに変えました(いけないかな・・と思いつつ、あまりにも金魚にメチレンブルーが付着して(特に痛んでいる部分)辛かったので(*´д`*)
あ~こんなに色々やったら金魚に負担になってしまうと思いつつも・・。
どう見ても症状は悪化しているような感じですし、一番ひどい金魚はヒーターの近くにいきじーっとしています・・。もう諦めるしかないのでしょうか・・・。

Aベストアンサー

多分、白点病から併発した水カビ病だと思います。うちの金魚さんも水替えをした時に罹る事が多かったです。(水替えの時に浄水器や敷石まで洗いませんでしたか?)

とにかく、白点病を治すのが先決で、薬浴&水温の上昇しか対処法は無いでしょう。(うちの金魚はそう言う危機を3~4回は経験している。現在、10歳で、先々月に初めて卵を産みましたよ。)暖かく見守る事と、薬浴時は餌は少なめに。餌が残るともっと水が傷むので。(2~3日は餌さ無しでも生きてるもんです)

Q金魚のお腹が、赤く充血しています。水槽の底に沈んでじっとしていることが

金魚のお腹が、赤く充血しています。水槽の底に沈んでじっとしていることが多いです。
赤斑病というやつでしょうか?
薬はグリーンFゴールドがあります。
使って治るでしょうか?
あと、もう1匹の金魚は元気なのですが、同じ薬の入った水槽にいて大丈夫でしょうか?
金魚の病気治療に詳しい方、教えてください。
m(__)m

Aベストアンサー

赤斑病と言うことでご説明します。
原因は、どんな水槽にも存在する「運動性エロモナス属の細菌」。
餌の与えすぎ、濾過能力の低下、過密飼育など、飼育水の富栄養化(水の汚れ)により発病します。

薬剤は・・・
「グリーンFゴールド顆粒/エルバージュ」が効果的です。
「グリーンFゴールドリキッド」は、メチレンブルーが主成分の殺菌剤です。
グリーンFゴールドリキッドでも効果は望めますが、上記の二剤に比べるとイマイチです。

グリーンFゴールド顆粒、グリーンFゴールドリキッドとも、水槽内の濾過バクテリアや水草を傷つけます。
従って、本水槽へは使えません。
治療は、隔離水槽で行います。

> 水槽の底に沈んでじっとしていることが多いです。
・症状が進行しています。

治療方法は・・・
・出来るだけ大きな隔離水槽で、規定薬量で薬浴。
・同時に0.5%の塩浴。(塩は自然塩や人工海水の元)
・隔離水槽にはエアポンプによるエアリング。
・治療期間は一週間。
・治療期間中は絶食。

本水槽は・・・
・水替え。
・底砂清掃。
・濾過器の清掃。
以上の対策により飼育水の清水化を図ることによりエロモナス菌は正常値まで数を減らします。。

今後の飼育方法は・・・
・餌の量の見直し。
・水替えの頻度を増やす。
・水替えの水量を増やす。
・底砂清掃、濾過器の清掃をマメにする。
など、清水化を心がければOK。

赤斑病と言うことでご説明します。
原因は、どんな水槽にも存在する「運動性エロモナス属の細菌」。
餌の与えすぎ、濾過能力の低下、過密飼育など、飼育水の富栄養化(水の汚れ)により発病します。

薬剤は・・・
「グリーンFゴールド顆粒/エルバージュ」が効果的です。
「グリーンFゴールドリキッド」は、メチレンブルーが主成分の殺菌剤です。
グリーンFゴールドリキッドでも効果は望めますが、上記の二剤に比べるとイマイチです。

グリーンFゴールド顆粒、グリーンFゴールドリキッドとも、水...続きを読む

Q魚病薬 観パラDとグリーンFゴールドリキッドの違い

熱帯魚の細菌性の病気の治療薬で、
「観パラD」と「グリーンFゴールドリキッド」は
同じ成分の薬剤で、「グリーンFゴールドリキッド」は「観パラD」の含有量が10分の1
と見ていますが、含有量以外に違った面があるのでしょうか?

もし同等だとすれば、「観パラD」を水で薄めると「グリーンFゴールドリキッド」となりますよね。
貧乏的な意見なのですが、価格的に考えると、そのほうが得と思ったりもします。

もしもの時に備えて、薬を保管しておこうと思うのですが、
どちらを購入するほうが良いでしょうか?

Aベストアンサー

No.1です。
・パラザンDの承認はS63,7,14
・観パラDの承認はH17,12,28

カンパラDとパラザンDは、どちらも国の承認を得た主成分は、同じ「オキソリン酸」製剤です。
休日に付き詳細を調べられませんが、変更するとすれば表記義務のない「オキソリン酸を安定させる溶剤や液剤」の変更だと思います。
「溶剤や液剤」を変更することにより、より一層、オキソリン酸の魚毒性が減少するとか、良く水に溶ける、自然分解率が下がるなどの効果が望めます。

蛇足ながら、観賞魚水槽の常備薬は次の3剤がオススメ。

1・白点病やコショウ病などの小型寄生虫対策
・マラカイトグリーン製剤
製品名:ヒコサンZ、アグテンなど

2・グラム陰性菌(エロモナス菌やカラムナリス菌)対抗薬
・オキソリン製剤
製品名:グリーンFゴールドリキッド、観パラD、パラザンDなど

3・真菌(水カビ類)対抗薬
・メチレンブルー製剤
製品名:メチレンブルー

1と2は水草、濾過バクテリアともに被害が無いため、本水槽に直に使用可能。
3は水草、濾過バクテリアともに被害があります。
ですが、真菌には極微量で効果があるたため、水カビが初期ならば、水草、濾過バクテリアに被害の出ない量の添加が可能です。(60Lに対し2~3ml程度)
また、卵のカビ防止にも使えます。(隔離水槽にスポイト1滴程度)

No.1です。
・パラザンDの承認はS63,7,14
・観パラDの承認はH17,12,28

カンパラDとパラザンDは、どちらも国の承認を得た主成分は、同じ「オキソリン酸」製剤です。
休日に付き詳細を調べられませんが、変更するとすれば表記義務のない「オキソリン酸を安定させる溶剤や液剤」の変更だと思います。
「溶剤や液剤」を変更することにより、より一層、オキソリン酸の魚毒性が減少するとか、良く水に溶ける、自然分解率が下がるなどの効果が望めます。

蛇足ながら、観賞魚水槽の常備薬は次の3...続きを読む

Q金魚が底に沈んでいます、尾ビレが裂けてます。

9/2から丹頂2匹を飼い始めた、金魚飼育超初心者です。

・水槽30cm、外掛けフィルター、ぶくぶく併用
・バイオリングを投入してます
・ヒーターなし(水温は昼間25度前後、夜は23度くらい)
・水槽には、丹頂と一緒に購入した浮き草が入ってます
・まだ我が家に来て間もないので、エサは1日1回です
・水が濁ってきたので4日前に水を2/3替えました

2匹とも小ぶりですが、より小さい方がエサを食べるのがヘタでもう一匹殆どに食べられてしまいます。
当初は浮きエサにしてましたが、小さいほうが全然食べれない(水面には浮いてこない)ので暫く浮いてから沈むタイプに変えました。
食欲はありそうなのに食べるのがヘタ過ぎて、相変わらずあまりエサは食べれてません。

昨夜から、小さい方の金魚が底の方でじっしています。
私が近づくと、ヒラヒラ泳ぎながら近づいてきますが、時間をあけて見に行くとまた底にいます。

エサをあげると泳いで近づいてきて来ますが、相変わらずもう一匹にかっ攫われてばかりです・・・
普段は底に沈んでいて、私に気付くとヒラヒラ泳ぎだすといった感じです。

底にいるときは、背ビレをたたんでおり尾びれも下に垂れています。
近づいて来たときにじっくり観察した所、尾びれの真ん中から縦に裂けていました。
尾びれには、薄く赤っぽい血管?みたいなものが、なん筋か見えます。

実は、背ビレの裂けには心当たりがあり、水替えの時に水槽と網との間で挟んでしまったせいだと思うのですが・・・
裂けているのは、このままほっておいて大丈夫ですか?
尾ビレの裂けなどは尾ぐされ病などに繋がるのでしょうか?
底に沈んでするのは、何か病気なのでしょうか?

このまま、そっと見守ればよいのか、なにか対策した方が良いのか困り果てています。
どうか、アドバイスをお願いします。

9/2から丹頂2匹を飼い始めた、金魚飼育超初心者です。

・水槽30cm、外掛けフィルター、ぶくぶく併用
・バイオリングを投入してます
・ヒーターなし(水温は昼間25度前後、夜は23度くらい)
・水槽には、丹頂と一緒に購入した浮き草が入ってます
・まだ我が家に来て間もないので、エサは1日1回です
・水が濁ってきたので4日前に水を2/3替えました

2匹とも小ぶりですが、より小さい方がエサを食べるのがヘタでもう一匹殆どに食べられてしまいます。
当初は浮きエサにしてましたが、小さいほうが全...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

> 近づいて来たときにじっくり観察した所、尾びれの真ん中から縦に裂けていました。
> 尾びれには、薄く赤っぽい血管?みたいなものが、なん筋か見えます。

この二つの症状から、尾腐れ病と赤斑病の二つが考えられるかと思います。
尾腐れ病…水質悪化によるヒレが溶けだす病気
赤斑病…ストレス等による充血。

今一度、ご確認いただきたいのですが、ヒレが裂けているのは一カ所だけでしょうか?到る所ギザギザになってはいませんでしょうか?
また、ヒレの先に白い縁取りみたいなのは見えませんでしょうか?
エラの動きはどうでしょうか。
定期的にパタパタと動いておりますでしょうか。
片方が閉じていたりとか、両方閉じていたりとかしませんでしょうか?

尾腐れ病は特に怖い病気で、ヒレが溶けだし最終的には死に至りやすい病気でもあり、治療も大変長期化しやすいです。
尾腐れ病も赤斑病も水質が悪化していると起こりやすいです。

ですが、ヒレが裂けた原因に…

> 水替えの時に水槽と網との間で挟んでしまったせいだと思うのですが…

と書かれていますね。
それが原因で裂けたのなら、尾腐れ病にすぐには結びついたりはしませんが、傷ついているのは確かですので、念の為に菌が付着しないように消毒してあげると良いと思います。
私なんかは、てっとり早くあのうがい薬のイソジンを綿棒に浸して、直接塗布します。
それが怖ければ、金魚用の薬を使えば良いと思います。
グリーンFリキッドなんかは、スレ傷等に使えますので、こちらを利用しても良いかと思います。

また、ヒレに赤い筋があり、底にじっとしているというところを見ると、水質が合ってないのじゃないかなと思います。
合っていないから体力温存に底でじっとしている事はよくあることです。

水の替え方は、1/3ずつ替えるようにして下さい。
それもいきなり一気に替えるのではなくて、水量を少しずつにして、時間をかけてゆっくりと替えて下さい。
でないと、急に水質が変わって金魚がびっくりしてしまいます。
あと、夏場は特に水質が悪化しやすい為、水道の水にはカルキがいつも以上に含まれている場合がありますので、カルキ抜き剤の通りに行ってもうまくいかない場合があります。
そういう時には、PHシートなどで水質をチェックすると良いでしょう。
また、水質調整というのは結構難しいので、もっと簡単に行いたいのならば、麦岩石などが入った水質調整剤を使うのも一つの手かと思います。

そして、これが一番お聞きしたいのですが…。

9/2から飼い始めているとのこと。
今日で丸10日経ちましたね。
お伺いしたのは、買ってきた金魚は、薬浴させましたでしょうか?
新しく買ってきた金魚は、一見元気そうに見えても実は何らかの病気を抱えていることの方が多いです。
ですので、1週間から10日程度の完全絶食の薬浴が必要になってきます。

金魚初心者さんという事で、勉強になるホームページを一つご紹介しておきます。
「初めての金魚講座」
http://www3.plala.or.jp/fenris/kingyo/

参考URL:http://www3.plala.or.jp/fenris/kingyo/

こんにちは。

> 近づいて来たときにじっくり観察した所、尾びれの真ん中から縦に裂けていました。
> 尾びれには、薄く赤っぽい血管?みたいなものが、なん筋か見えます。

この二つの症状から、尾腐れ病と赤斑病の二つが考えられるかと思います。
尾腐れ病…水質悪化によるヒレが溶けだす病気
赤斑病…ストレス等による充血。

今一度、ご確認いただきたいのですが、ヒレが裂けているのは一カ所だけでしょうか?到る所ギザギザになってはいませんでしょうか?
また、ヒレの先に白い縁取りみたいなのは見...続きを読む

Q金魚の寝かた(休み方)を教えて下さい。写真の状態は寝ているのですか?

金魚の寝かた(休み方)を教えて下さい。写真の状態は寝ているのですか?

家の金魚(娘がお祭りですくった白オランダ)は
時々、水槽の端にある水草(たまにヒーターの配線の隙間)に
挟まってジーッとしています。

頭が下の状態で動かないので最初は病気かと思ってビックリしましたが
普段は元気に泳いでいるし白点病など目に見える病気もないし
たぶんエラ呼吸も普通だし・・・寝ているのかな?思います。

みなさんの飼っている金魚はどうてすか?

飼育環境は40cm水槽・外掛フィルター・ブクブク(エアカーテン)
ヒーター26度・人口水草&水草(マツモ)です。

Aベストアンサー

金魚の睡眠とはなんぞや?という問題があります。
これに対して、東京医科歯科大学生体材料工学研究所所長、井上昌次郎先生は著書「動物たちはなぜ眠るのか」の中で、魚類の睡眠はレム睡眠で、脳は活性化していると研究結果を書かれています。
睡眠は、脳を休憩程度に軽く休めるものから、人間のように昏睡状態(ノンレム睡眠)近くまで脳の機能を停止するものまで、生物の種類により大きな開きがあると書かれています。
「霊長類・哺乳類・鳥類・爬虫類・両生類・魚類・軟体動物・昆虫」が以下の特徴を示している時間帯を睡眠と定義できるようです。
(睡眠の基本的な特徴)
・長い不活動期
・反応の低下・安全な場所の選択
・特有の姿勢
・1日の中でほぼ同じような時刻に眠る
以上より、魚は睡眠状態に入ると、何も考えないでボーとしている。
恐らく目も見えているけど、ボケーとしている。
金魚は、運動機能、脳の活性を最低限まで落とし泳ぎながらボーとしている。
無理やり人間に当てはめると、声を掛けられればすぐに目覚めるくらいの、リラックスして気持ちよい浅い眠りについている状態。
もしも、自分の体に危害が加わるような緊急自体になると即、危険回避行動が取れるように準備しながら休憩している状態のようです。

参考:
井上 昌次郎 著「動物たちはなぜ眠るのか」(丸善ブックス)
http://www.athome-academy.jp/archive/medicine/0000000201_01.html

写真の金魚は(睡眠の基本的な特徴)を示しているようにも思えるので、多分、寝ているのだと思います。

そうすると、次に、何故、このような寝姿なのか?と言う疑問が生じます。
ひょっとすると、金魚にとって、水槽内の水流が強すぎる環境なのかも知れません。
唯一「水槽の端にある水草」部分の水流が弱いく、寝やすい場所なのかも知れません。

3時間ほど、金魚が寝る時間にエアポンプと外掛けフィルターを停止してれば分かります。
(3時間程度エアポンプと外掛けフィルターを停止して問題ありません、一回ではハッキリしないので数日掛けて数回試して見ます)
エアポンプと外掛けフィルターを停止しても、現在の場所で休むことが多いようならば、「水槽の端にある水草」部分が好きなのでしょう。

エアポンプと外掛けフィルターを停止したら「水槽の端にある水草」部分で寝なくなるようならば、水槽内の水流に問題があります。
ブクブクの設置場所や、外掛けフィルターの排水ルーバーの方向や取り付け位置を見直しを行い、水槽内に弱水流域を作った方が良いと思います。

金魚の睡眠とはなんぞや?という問題があります。
これに対して、東京医科歯科大学生体材料工学研究所所長、井上昌次郎先生は著書「動物たちはなぜ眠るのか」の中で、魚類の睡眠はレム睡眠で、脳は活性化していると研究結果を書かれています。
睡眠は、脳を休憩程度に軽く休めるものから、人間のように昏睡状態(ノンレム睡眠)近くまで脳の機能を停止するものまで、生物の種類により大きな開きがあると書かれています。
「霊長類・哺乳類・鳥類・爬虫類・両生類・魚類・軟体動物・昆虫」が以下の特徴を示している...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング