現在個人事業主で、青色申告の控除を適用していますが、合資会社設立を検討しています。合資会社にした場合、青色専従者控除、青色申告特別控除を受けることは可能でしょうか。
※昨日同じ質問を投稿したのですが、なぜか登録されていませんでした。幸い写しをデスクトップに保存しておいたので、再度お願いいたします。重複していたらごめんなさい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

青色申告の制度は個人事業でも法人でもありますが、特典の内容が違います。


法人になると、青色専従者控除、青色申告特別控除は無くなります。
これは、個人事業では事業主や家族は給料をとれなかっのが、会社では給料として取れるから、青色専従者控除、青色申告特別控除が必要ないのです。

法人が青色申告をすると次のような特典が有ります。
(1) 欠損金の繰越控除
(2) 電子機器利用設備を取得した場合等の法人税額の特別控除
(3) 各種特別償却
(4) 各種準備金の積立
※ 欠損金の繰越控除とは、例えば前期が1000万円の赤字で、当期が800万円の黒字だった場合に、前期の赤字を当期の黒字と通算することができる制度です。
なお、赤字(欠損金)は5年間繰り越すことができます。

 

この回答への補足

kyaezawaさんありがとうございます。
(4)の各種準備金の積立についてですが、経費として認められるという理解で宜しいのでしょうか。

補足日時:2001/04/14 06:48
    • good
    • 0

 蛇足ですが、家族が従業員・役員の場合、給与・報酬のうち不相当に高額な場合、適正額を超えた部分が費用になりませんので、お気をつけ下さい。


 pulanaさんの顧問税理士の方に相談されるとよろしいでしょう。
    • good
    • 0

合資会社になりますと、法人ですので、個人事業主が受け


られる青色専従者控除と青色申告特別控除は受けられなく
なります。
ただし、法人でも青色申告により損失を5年間繰越できる
特典など多数ありますので、青色申告の申請を提出される
ことをおすすめいたします。

この回答への補足

複式簿記での55万円の青色申告特別控除が受けられなくなるのはとても痛いですね。私の現在の業務状況では対外的な法人化のメリットは特にありません(特定の取引先が確保できているので)。金額的に、55万円の控除に変わるメリットはあるのでしょうか。

補足日時:2001/04/14 06:44
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q合資会社や合名会社の決算書類はどのように?

お世話になります。合資会社や合名会社を設立した場合、毎年税務署に申告する決算書類は、正式に税理士や会計事務所に作ってもらわないといけないのでしょうか? 個人事業の場合では簡単な青色申告で、数枚ベースであまり経理の経験がない私でも記入できたのですが、株式会社の場合の決算書って凄く分厚くて詳細に書かれていますよね? やはり合資会社や合名会社でもそのようなルールはあるのでしょうか? どなたかご伝授お願い致します。

Aベストアンサー

法人の決算書や申告書は、その法人の種類で変わるものではありませんよ。
もちろん特殊な法人は除きますがね。

したがって、株式会社と同じように考えて、合資会社や合名会社や合同会社も決算をしますし、申告も行いますよ。

別に税理士に頼まなくても、ご自身で勉強して作成してもかまいません。

言葉は悪いですが、税理士は税務のコンサルタントという専門家でありながら、決算の代行や申告書類の代書をするのが仕事であり、本来会計処理や申告書類作成は本人または会社内で行うものですからね。

ちなみに、私は税理士事務所の元職員ということから知識だけはセミプロのようなものです。そのため、自分が役員をしている会社数社の決算や申告は、税理士へ頼まないで作成しています。
ただ、税務調査などとなれば、基本的に自分が作成した税務書類等でなければ、税理士は立ち会わないでしょうね。そのため、ある程度の度胸と知識は必要でしょう。

最後に税理士と会計事務所を別に考えている様ですが、基本的に同じです。税理士や公認会計士が経営する事務所を一般に会計事務所と呼びます。ただ、会計士といっても、税務書類を作成するには税理士登録が必要であり、会計士の個人事務所の多くは税理士登録もしていることとなりますからね。

法人の決算書や申告書は、その法人の種類で変わるものではありませんよ。
もちろん特殊な法人は除きますがね。

したがって、株式会社と同じように考えて、合資会社や合名会社や合同会社も決算をしますし、申告も行いますよ。

別に税理士に頼まなくても、ご自身で勉強して作成してもかまいません。

言葉は悪いですが、税理士は税務のコンサルタントという専門家でありながら、決算の代行や申告書類の代書をするのが仕事であり、本来会計処理や申告書類作成は本人または会社内で行うものですからね。

ちなみに、...続きを読む

Q合資会社の税金について

合資会社を設立しようと思っています。税金について何か詳しいかた、教えてください。

Aベストアンサー

合資会社設立頑張ってください。

税金に関しては、法人格ですので株式会社や有限会社などとほぼ同じです。詳しくは近くの商工会議所や中小企業支援センターなどの無料相談に行かれていかがでしょうか?

設立のときにも定款の公証人認定がいらないことと、銀行への出資金払い込み証明などがいらないので、気軽に法人をつくるには合資会社が最適です。

法人ですので、銀行融資なども受けられますし、損金なども認められています。大企業以外であれば、負債はどうせ社長個人の債務になりますので、おおきな違いはありませんよ。

また、下記のサイトも役にたちますよ。

参考URL:http://www.dik.co.jp/go/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報