ガン保険を1つにしぼりたい

「オリックス生命のビリーブ」
「セコム損保の旧式メディコム」※現在HPに載っているメディコムとは違います。
この2つのガン保険に加入しています。

オリックス生命のビリーブに加入後、セコムのメディコムは解約するつもりでいました。、
冷静になって考えてみると、2年前に契約したセコム損保の旧式メディコムに未練たらたらな状態。
解約をためらい現在は2つの保険をキープしている状態です。

(旧式)メディコムは5年後ごとに保険料があがりますが、
69歳までは3千円後半の保険料で済みます。
自由診療が受けられるという内容で4千円以内なら捨てがたい保険だと個人的には思います。
そうは思いつつも70歳以降の保険料は4千円以上。1つの保険で4千円を超えるとなると
かなり負担感を感じてしまいます。
4千円を老後に払い続けることができるかわからないですし・・。

将来はガン治療が進化しているだろうから70歳までの定期のつもりでメディコムに加入するか、
保険料が変わらないビリーブに加入したほうがいいか、混乱してどちらを解約するか決断できません。

旧式のメディコムとオリックスのビリーブ。どちらをオススメしますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

●どちらかに決められない……のは、なぜなのでしょうか?


それは、2つの保険の根本的な内容が違うから、
ではありませんか?
 
自由診療を保障する選択肢を残しておきたい
というのは、当然の希望です。
 
●「将来はガン治療が進化しているだろうから」
がん治療が進化する=費用が安くなる
というお考えならば、それには、賛成できません。
 
例えば、抗がん剤がいくらしているかご存知ですか?
 
アバスチン 100mg当たり約5万円です。
この薬は、体重1kg当たり10mgの投与ですから、
体重60kgならば、600mg 約30万円となります。
これが1回分の薬価です。
抗がん剤として、特別に高い薬ではありません。
(高額療養費制度の適用になります)
 
がん治療が進化しても、治療費が安くなるとは言えません。
抗がん剤のように、100億円単位の莫大な開発費がかかる薬の場合、
その価格は、一般の方の常識からは考えられない高額となります。
 
●がん保険は、どれも一長一短
がん保険に決定版は、ありません。
どれも、一長一短です。
 
ビリーブは、シンプルで分りやすく、入院して治療を受けるならば、
高額の治療給付金があるので、メリットも大きいです。
しかし、通院で治療を受けたらどうなるでしょうか。
上記のアバスチンも外来で点滴される場合があります。
ビリーブの治療給付金は、入院が条件になっています。
つまり、医療が発達して、外来で治療が受けられるようになれば、
逆に、給付金がもらえない、ということになります。
しかし、外来治療が「安い」ことには繋がらないのです。
 
自由診療が高いことは、改めていうまでもありません。
最近、注目されているのが免疫療法です。
夢のような治療方法だとPRしているサイトもありますが、
有効率は、せいぜいで30%ほどです。
でも、本当に怖いのは、効かない70%ではなく、
有効の中に含まれている、長期不変の10%です。
分りますか?
この治療をやめたら悪化する可能性がある、ということです。
つまり、やめられないのです。
しかし、高額なので、金の切れ目が、命の切れ目になるのです。
メディコムのような保険に入っていなければ、本当に、この選択を
迫られる可能性があるのです。
 
つまり、どの保険も一長一短です。
どれを選択するかは、他人には決められません。
ご自分の責任で決めてください。
 
ご参考になれば、幸いです。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に参考になりました。
メディコムを継続することにしました。

お礼日時:2010/08/23 20:22

どちらでもなく


1.保険料が一定
2.一生涯の保障
3.初期がんでも200万円
4.再発・転移でも200万円
5.通院だけでもがんと診断されれば 200万円
という条件でよければ9月末までなら
「超保険」の「がん診断保険」で検索すると情報があると思います。

40歳男性で月々3000円以下ということを目安にしてください。
安すぎて赤字なので9月末で無くなると考えてください。
9月末の申し込みでは手続きが間に合わないと思います。


なぜ、これが良いかというと「分子標的薬」とい治療が増えているからです。

「がん患者 お金との闘い」という本がでています。
http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/0224990/top.html

この方は大腸がんで余命3か月と宣告された後、約6年間延命できました。
ただし、貯蓄が500万円無くなったそうです。

根本的に良い相談先を探した方が良いと思います。
「がん」については、万一の場合は「延命できるかどうか」分かれます。

ファイナンシャルプランナーとしては、そもそも、医療保険は他の組み合わせがあれば不要ですし、がんの長期治療で役に立たない場合も多いと考えています。

参考になれば幸いです。

参考URL:http://veohdownload.blog37.fc2.com/blog-entry-17 …
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q10年前に加入したガン保険は解約すべき?

こんにちわ。
ガン保険の満期を迎えたので、継続すべきか解約すべきか悩んでいます。
と言うのも、10年前に契約した商品なのですが、
今 改めて見ると 随分保証性が高く良い商品にも感じるのですが、
支払っている保険料に対して補償金額が高い上に、
詳しい約定もないので不安な部分もあり、
この分野に長けていらっしゃる方に 見て頂きたいのです。

1)本来ガン保険は、掛け捨てにすべきですか?
2)下記の契約は、継続すべきお得な商品なのか、他の商品も見てみるべきなのか、
是非アドバイス頂けると有り難いです。
お忙しい中恐縮ですが、宜しくお願い申し上げます。

<保険内容>
契 約 日→1995年9月1日 
保険期間→5年
ガン入院給付金→15,000円
ガン診断給付金→375,000円
ガン在宅療養給付金→150,000円
ガン手術給付金→150,000円~600,000円
ガン死亡保険金・高度障害保険金→1,500,000円
主死亡保険金→150,000円

<保険料=月額1,650円>
主契約→465円,生存給付金特約1,185円

只今5年満期の2回目を迎えたところで、
1回目満期時に、満期金75,000円を受領しています。
これが5年ごとに貰えるのかと思ったら、一回きりだとの事で・・・。
だとすると、これは今後続けても 掛け捨てとなるという事ですよね?
この商品は、お得なのでしょうか?
それとも もったいない商品なんでしょうか?

契約者が主人なので、保険会社からは一切情報を貰えず
困っています。。。
主人は仕事で忙しく、保険の事は私に任せきりなのに、
本人以外は家族でも情報を全く開示して貰えないなんて、
理屈は理解出来ますが、融通の利かない保険担当者に腹立たしい思いです。

どうぞ良きアドバイス、宜しくお願い申し上げます。

こんにちわ。
ガン保険の満期を迎えたので、継続すべきか解約すべきか悩んでいます。
と言うのも、10年前に契約した商品なのですが、
今 改めて見ると 随分保証性が高く良い商品にも感じるのですが、
支払っている保険料に対して補償金額が高い上に、
詳しい約定もないので不安な部分もあり、
この分野に長けていらっしゃる方に 見て頂きたいのです。

1)本来ガン保険は、掛け捨てにすべきですか?
2)下記の契約は、継続すべきお得な商品なのか、他の商品も見てみるべきなのか、
是非アドバイ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
いきなり否定して恐縮ですが、あまりお勧めはしません。
期間5年と言う事は、5年毎に更新をするので、その年齢で保険料が再計算される事になります。つまり、5年毎に保険料が上がっていくので、若いときに加入するメリットが活かせないです。
5年間しか保障しないので、例えば終身型と比較すると一見終身型の方が高く見えるかもしれませんが、先にも述べた通り更新の都度保険料が上がるのでいずれ保険料は逆転します。
担当者に60歳位の保険料がどうなるか聞いてみて下さい。予想外の返答があるかもしれません。昨今は個人情報保護法関連で本人以外への開示が難しいので保険会社に限らず融通の問題ではなくなってますのでお気をつけ下さい。
お勧めしない次の理由ですが、10年前のがん保険だと診断給付金が複数回払いになっていない場合があります。
保障が厚いとお考えのようですが、診断給付金が少ないのが気になります。昨今入院の短期化で入院そのものは短くなっています。
傾向や可能性の問題ですが、がんも早期発見がされるケースが増えてきたので入院短期化の傾向につながります。まとまったお金を準備できる診断給付金の必要性が増していると思います。ただ、皆が皆早期発見ではありませんし、入退院を繰り返すこともありますからその他の保障がいらないというわけではありません。
若いうちは終身型を考えたほうが良いかと思います。

こんにちは。
いきなり否定して恐縮ですが、あまりお勧めはしません。
期間5年と言う事は、5年毎に更新をするので、その年齢で保険料が再計算される事になります。つまり、5年毎に保険料が上がっていくので、若いときに加入するメリットが活かせないです。
5年間しか保障しないので、例えば終身型と比較すると一見終身型の方が高く見えるかもしれませんが、先にも述べた通り更新の都度保険料が上がるのでいずれ保険料は逆転します。
担当者に60歳位の保険料がどうなるか聞いてみて下さい。予想外の返答...続きを読む

Q終身保険を解約したいんですが、母親の友達の生命保険会社に加入してるので、どう解約するか迷ってます。親

終身保険を解約したいんですが、母親の友達の生命保険会社に加入してるので、どう解約するか迷ってます。親にはバレずに解約したいのですが...
いい案ないでしょうか?

Aベストアンサー

今の保険会社は顧客のフォローにかなり力入れてて、携帯端末で情報管理したりしてるくらいですから、主さんがどのルートで解約したとしても、早々に担当者の耳には入りますよ。
あくまで解約を前提にするならば、もう正直にその旨お母さんに話したほうがいいかもしれません。

ただ、(これは担当者からも提案されるかもしれませんが)解約以外にも次のような選択肢もありますよ。
・一時的にお金が必要なのであれば、契約してる保険契約を担保にお金を借りることができます(契約者貸付)。
・毎月の保険料負担が大きいのであれば、今の保険を下取りしてもらって掛け捨てなどに転換する

特に15年くらい以上前の契約であれば、保険料の割に「貯金」の部分はたんまりあるはずなので、下手に解約などせずに十分利用したほうがいいでしょうね。

Q医療保険 オリックス生命 損保ジャパンひまわり生命

現在34歳の主婦です。
家族構成は、夫(35歳)・妻(34歳)・子供2人(予定)です。
夫・私(妻)の医療保険の加入を検討中です。

保険に対する知識が無いので、初歩的な質問になります。
お詳しい方にご教示頂ければと思います。

検討中の保険は、下記の通りです。
●オリックスの「キュア」・「キュアS」
●損保ジャパンひまわり生命の「健康のお守り」

オリックスの「キュア」と「キュアS(死亡保障が付いているもの)」では、どちらがお薦めでしょうか?
以前、こちらのサイトで「キュアS」がお薦めと記載されていました。理由は、「総払込み保険料よりも、多く保険金が戻ってくるから」とのことです。私は、掛け捨てになることに抵抗を感じるので、この商品が良いのではと思っておりました。
しかし、別の方の回答を拝見致しましたら、「医療保険」と「死亡保障」は、分けて考えるべきだと記載されておりました。
「死亡保障」に関しては、夫が、生命保険に加入予定です。
私(妻)は、生命保険に加入の予定はございません。

損保ジャパンひまわり生命の「健康のお守り」は、「先進医療」も保障対象になるのでお薦めだと、このサイトで知りました。
オリックスの「キュア」には、このような保障がないので、どちらの商品に加入すべきか迷っております。アドバイスお願い致します。

また、これ以外にお薦めの商品がございましたら、ご教示頂ければと思います。宜しくお願い致します。

現在34歳の主婦です。
家族構成は、夫(35歳)・妻(34歳)・子供2人(予定)です。
夫・私(妻)の医療保険の加入を検討中です。

保険に対する知識が無いので、初歩的な質問になります。
お詳しい方にご教示頂ければと思います。

検討中の保険は、下記の通りです。
●オリックスの「キュア」・「キュアS」
●損保ジャパンひまわり生命の「健康のお守り」

オリックスの「キュア」と「キュアS(死亡保障が付いているもの)」では、どちらがお薦めでしょうか?
以前、こちらのサイトで「キュアS」がお...続きを読む

Aベストアンサー

●「総払込み保険料よりも、多く保険金が戻ってくるから」とのことです。私は、掛け捨てになることに抵抗を感じるので、この商品が良いのではと思っておりました。

これは、中途解約した場合です。中途解約した場合は、解約払戻金がある分だけ、実質保険料負担が減ります。
しかし、中途解約しなかったらどうなるのでしょう。
これは終身医療保険なので、一定の年齢を超えれば、見直しも難しくなるので、死ぬまで解約するとは思えません。ならば、何のための解約払戻金でしょうか?
死亡保障としても、金額的に中途半端です。
従って、死亡保障と医療保障は、別々にするのが基本です。

CUREよりも、CURE-Wをお勧めします。
健康のお守りも120日型をお勧めします。
もしも、入院をしたとき、本当にリスクが高いのは、長期入院となった場合です。
ならば、保険もそれに対応するべきです。

先進医療は、あった方が良い保障だと思います。

健康のお守りの「だんだん割引」は評価しません。
本来、保険とは保障です。
健康ならば保険料が安くなると言うのは、メリットですが、一方、病気がちになったとき、保険料が割引にならず、割高の保険料を払わなければならないのは、本末転倒だと思います。

保険はトータルで考えるべきです。
先進医療特約付きのがん保険+CURE“W”
がん保険+先進医療特約付きの「健康のお守り」
という組合せも一つの方法です。
また、 入院給付金日額1万円にするならば、CURE“W”と健康のお守りを5000円ずつの二つに分ける、というのも方法です。

ご参考になれば、幸いです。

●「総払込み保険料よりも、多く保険金が戻ってくるから」とのことです。私は、掛け捨てになることに抵抗を感じるので、この商品が良いのではと思っておりました。

これは、中途解約した場合です。中途解約した場合は、解約払戻金がある分だけ、実質保険料負担が減ります。
しかし、中途解約しなかったらどうなるのでしょう。
これは終身医療保険なので、一定の年齢を超えれば、見直しも難しくなるので、死ぬまで解約するとは思えません。ならば、何のための解約払戻金でしょうか?
死亡保障としても、金額的...続きを読む

Qオリックス生命の定期保険と終身保険のどちらかに加入するか迷っています

前回http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4107183.htmlで質問させていただきました。
あれから忙しくなり保険のことが二の次になってしました。
そして12月に入り再び保険の加入の検討を始め、前回の回答の通りに進めようと思いましたが、進めていくうちに壁にぶつかってしまいましたのでまた相談に乗っていただこうと思いました。
よろしくお願いいたします。

その壁というのは、前回の質問の回答の中で、
「ファインセーブは無診査で終身保険に切り替えが出来るということです」
とありました。
しかし先日オリックス生命に上記の事を確認をしたら「できない」との返答でした。したがって、定期保険「ファインセーブ」と終身保険の両方の見積もり?を取ってみて検討しようと思いました。

○ファインセーブ:80歳までの自動更新、保険期間10年。月額2850円 死亡保障1500万円
○終身保険(保険期間、終身):60歳払い込み、月額10270円 保険金額500万円。ちなみに80歳払い込みだと月額は7625円です。

以前は60歳以降に終身保険に変更と考えていましたが、今は結婚を前提として妻や子供のために終身保険にしようと思い始めました(たぶん5~10年は結婚しないと思いますが・・・)
したがって前回の質問を参考にして、今はファインセーブに加入をして結婚したら終身保険に変更しようと思っていたのですが、保険会社が言うには終身保険に変更するためには再審査(必要があれば診断書も)必要となるなど、考えていた内容と変わってきたので、どのようにすれば一番メリットがあるのかがわからなくなってきました。

定期保険や終身保険のメリットやデメリットもよくわかっていない状態で、しかも保険は難しく、また素人ですのでなかなか上手に説明ができず申し訳ございませんが、今の僕の現状で一番最適な保険選びをご教授お願いいたします。
(オリックス生命を取り上げていますが、別に他の保険会社でも大丈夫です。より良い保険がありましたらよろしくお願いいたします)

尚、前回の質問と同様ですが、医療保険はオリックス生命の「CURE」に入る予定で、親の勧めの傷害総合保険は再来年の1月に満期になりますので、その時点で解約(終了)する予定です。月々の保険金額は、1万円~1万5千円までなら大丈夫です。
できれば今月中に加入したいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

前回http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4107183.htmlで質問させていただきました。
あれから忙しくなり保険のことが二の次になってしました。
そして12月に入り再び保険の加入の検討を始め、前回の回答の通りに進めようと思いましたが、進めていくうちに壁にぶつかってしまいましたのでまた相談に乗っていただこうと思いました。
よろしくお願いいたします。

その壁というのは、前回の質問の回答の中で、
「ファインセーブは無診査で終身保険に切り替えが出来るということです」
とありました。
しかし先日オ...続きを読む

Aベストアンサー

死亡時の保障については、他の方のいうように死亡したときに保証人に迷惑をかけないだけの死亡保障を定期保険で確保すればいいでしょう。

たとえば500万円の借り入れで返済期間があと10年なら、保険期間10年で死亡保障500万円。逓減定期にすれば保険料も安くなるでしょうが、今お考えのファインセーブでも保険料は月額950円です。

借り入れは奨学金や国民生活金融公庫からのものとのこと。
借入金の返済を優先するというのは原則賛成ですが、奨学金によっては無利息で貸し付け、繰り上げ返済しても返済額が割引にならないタイプのものもあります。そういう借入金は予定通り返還して、余裕資金は貯金に回したほうがいいと思いますよ。

>今は結婚を前提として妻や子供のために終身保険にしようと思い始めました

基本的な考え方としては、妻や子の生活費といった数千万円単位の遺族保障は保険料の安い定期保険で準備するのが一般的です。
終身保険で数千万円の保障を確保しようとすると保険料が高くなりすぎますから。

終身保険は保障が一生涯ということのほかに、払い込み期間が過ぎれば解約返戻金がそこそこもらえるのが特徴。この解約返戻金を目当てに終身保険を契約して老後の生活費にあてるという考え方もあります。遺族のためというよりどちらかと自分のための保障ですね。

質問者様の場合はまだ見ぬ妻や子のための定期保険や、30年先の老後保障をかねた終身保険は当面無理して確保する必要はないと思います。
それよりまずはまだ見ぬ妻との結婚資金を貯蓄するのが先です。

死亡時の保障については、他の方のいうように死亡したときに保証人に迷惑をかけないだけの死亡保障を定期保険で確保すればいいでしょう。

たとえば500万円の借り入れで返済期間があと10年なら、保険期間10年で死亡保障500万円。逓減定期にすれば保険料も安くなるでしょうが、今お考えのファインセーブでも保険料は月額950円です。

借り入れは奨学金や国民生活金融公庫からのものとのこと。
借入金の返済を優先するというのは原則賛成ですが、奨学金によっては無利息で貸し付け、繰り上げ返済して...続きを読む

Qガン付き医療保険加入後すぐガンとの診断。

ガン特約付きの医療保険に何気なく加入してまだ90日経過していません。
責任開始日は8/1~です。。。
保険加入後に何となく病院へ行ったら病気が見つかり
紹介状を貰って大学病院で手術をしました。
すぐに、保険会社へ電話をし診断書待ちです。
そしてその後、何気なく受けた子宮ガン検診で
2度の細胞診でIIIa中度異形成→IV上皮内ガンと診断され
今は、組織診の結果待ちです。
1泊の入院で円錐切除手術をします。

この時点で私の医療保険は無効ですよね?
2度目の細胞診でガンと診断されてたら
もし、組織診の結果が高度異異形成とかでも・・・。

この保険が無効になるのは仕方ないので諦めていますが
無効になる場合
現在、診断書待ちの外科手術の給付金ももちろん
円錐切除手術も払われないですよね?

全くの無知でおかしな質問をしているかもしれませんが
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

めんどくさいので、適当に普通とはちょっと違うソニー損保のSUREを例に回答してみますね。
SUREは医療保険にガン特約が付いているのではなく、ガン保険に傷害および疾病危険担保特約というのが付いてます。

医療保険(特約も含み)は基本的に罹患ベースで判定していきますので、
不填補期間というのはありません。しかし保障開始以前に罹患したものについては保証しません。
ガン保険(特約も含み)は罹患ベースと確定診断ベースの二つの判定方法を取る保険に分かれています。
確定診断ベースの保険には不填補期間が設定されます。罹患ベースの保険には不填補期間はありません。
どちらが優れているというより、どちらにも利点もあれば問題もあります。
SUREの主契約であるガン保険は確定診断ベースなので不填補期間が90日と設定されています。

と、此処までは、質問者には関係ないですかね。
いやいや、関係はありますのです。

ガン保険で不填補期間中にガンと診断されたら、保険は無効になりますので、告知に問題のなさそうな質問者の場合、保険料が全額返戻で契約そのものが無かった事になります。
●がん保険普通保険約款
●第6章保険契約の無効、失効および解除
●第17条(責任開始期前のがん診断確定による保険契約の無効)
のところ。

それでガンと診断される前の治療について
●傷害および疾病危険担保特約条項
●第14条(この特約条項が付帯された保険契約との関係)
要するに、がん保険普通保険約款の第17条を適用された場合、特約も自動的に無効になります。

が、
●第15条(この特約条項が付帯された保険契約の無効の特則)
この特則で、無効判定の原因となったガン発覚以前のガンに関係ない疾病によるにつては、保険金を払うと規定されています。

支払い対象になる可能性はある。
しかしながら5月1日からの責任開始(保障開始)として、手術したものが、責任開始以前に罹患していたのか?いないのか?という問題は残ります。
質問者さんの手術や疾病内容が判りませんので、それについての判定はできませんし、妄想もできません。

円錐切除手術については、ガンと診断されたら円錐切除手術についての費用も補償対象外です。ガンじゃなければ支払い対象です。
但し、その他の診断内容も影響してきますから、質問から解る範囲内での回答であることは、再度、言い逃れしておきます。

更に
この回答は、あくまでも適当にソニー損保のSUREを例にした回答なので、
他社の医療保険・ガン保険には流用できません。

めんどくさいので、適当に普通とはちょっと違うソニー損保のSUREを例に回答してみますね。
SUREは医療保険にガン特約が付いているのではなく、ガン保険に傷害および疾病危険担保特約というのが付いてます。

医療保険(特約も含み)は基本的に罹患ベースで判定していきますので、
不填補期間というのはありません。しかし保障開始以前に罹患したものについては保証しません。
ガン保険(特約も含み)は罹患ベースと確定診断ベースの二つの判定方法を取る保険に分かれています。
確定診断ベースの保険には不...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報