新規に個人で飲食店を開業しようと考えております。
5年後には3割以上の店舗が廃業するというこの状況下、階数による廃業割合をご存じの方はいませんでしょうか?
やはり家賃が高くとも1Fの方が長続きするのでしょうか。
もちろん業種、土地、ロケーション、経営方針、接客、全ての要因が関わる事なので一概には言えませんが、融資企業や銀行はそれをデータ化しています。
それをご存じの方がいれば、と思い質問いたしました。

ちなみに当方、東京で様々な飲食業に携わってきましたが、開業するにあたってはカフェバーをやろうと考えております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

青色申告事業者12年です。



>5年後には3割以上の店舗が廃業するというこの状況下…
5年後の廃業率は95%です。現状はそれ以上かもしれません。
質問者様は、リスクに対する意識が少々低いと思われます。

起業には、雇われて経験してきたこととは、全く別のスキルが必要ですよ。
収入と所得とキャッシュフローの違いを理解されているのなら、本件質問も意味が出てくるかと思いますが、そうでないなら、まず、そういったところから勉強しないと開業後、1年程度で廃業の可能性が大きいと思われます。
これらの言葉の意味を理解していないレベルの相手に融資する企業も銀行も無いでしょう。

人生でそう何回も起業できる人は多くないでしょう。
起業には、ある程度の大胆さは必要だと思いますが、大胆であることと無謀であることは違います。
あなたが今後の人生を、カフェバーで生計を立てようとするのなら、ロケーション選びの前に学ぶべき事があるのではないでしょうか。

あなたのご成功を祈ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご忠告ありがとうございます。
お聞きしたいのですが、「5年後の廃業率95%」のソースはどこからなのでしょうか?
特定の地域、地方など限定されたデータではあると思いますが。
もしわかるのであればお教え願います。

日本政策金融公庫が持つ日本公庫総合研究所からのデータベースだと質問で書いた様な存続廃業率です。
もちろん長年飲食業に携わっていますので周りでの廃業は日常的に目の当たりにしていますし、逆に開店するやいなや3ヶ月で初期投資を全て回収してしまう様な店も何度も見ています。
それだけのリスクはある事は十分に理解しているつもりです。
今は個人経営の店に雇われていますので、仕入れから原価計算、賃金計算、月々の経理から税金の申告まで任されておりますので、ご指摘の用語等は理解しております。
ただ実際に経営者のスキルとなるとやはり不安は尽きませんし、まだまだ勉強不足だと思います。

質問で返してしまい申し訳ありませんがお答え頂けるならよろしくお願いします。

お礼日時:2010/09/05 00:57

まずそんな資料は公開されていないと思います。


銀行や企業がまとめていたとしても企業秘密にしているはずですし
融資先じゃなければ銀行が知らない内に開廃業する事業所って
たくさんあるしね

一般公開されている国の資料で探してみればどうでしょう?
たぶんそこまで詳しくなくても開廃業の実態くらい理解できると思います。
ただ、そんな資料見たって自分に当てはまるわけじゃないから
あまり参考にならないと思うけどね

http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/ind …
http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/h18 …
http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/h18 …
http://www.stat.go.jp/index.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。確かにそんな資料を見てもあまり意味は無いのですが、多角的な展望を持って起業しようと考えております故、少しばかりリスクに対して敏感になりすぎているかもしれませんね。
ご丁寧にありがとうございました。

お礼日時:2010/09/04 00:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカフェ経営をするためのキャリアについて

私は現在大学3年で、ちょうど就職活動の真っ最中です。相談したいことは就職の進路についてです。

私は将来自分のカフェを持ちたいと考えています。そのため、経営を勉強できる会社がいいのではないかと考え、経営コンサルの会社を中心に就活をしようと考えていました。
しかし、大学の就職課で相談したところ、経営コンサルの会社は、一般の会社で営業など何でもいいので社会人として経験してからやったほうがいいとアドバイスをもらいました。また、自営業をしたいなら銀行でお金の流を勉強するのもいいのではないかとも言われました。

そう言われてからというもの、絞っていたつもりの業界がどんどん広がって、どの業界に進めばいいのかわからなくなってしまいました。
カフェ経営という最終目標を達成するためにはどういう仕事についていくことがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

カフェを経営したいのならカフェに勤めるのが一番。

まずコンサル会社ですが、そんなところに行ってもまず頭でっかちになるだけで実践的なものは学べないと思いますよ。
出来るコンサル会社はそれなりの大きいところと仕事をします。
大きい規模の会社の戦略と小さい規模の会社の戦略はまるっきり違います。
たまに大手コンサルから独立したというコンサルに会いますが中小企業の経営者から見るとトンチンカンな理想論を言うだけで実際にできるようなことや中小企業である利点を生かせないようなことを言っては誰からも相手にされなくなっていますね。
コンサルはあくまでもアドバイザーであって経営者ではありませんよ。

また銀行のような金融屋が見る金の流れと、店舗を経営する商売人の見るお金の流れは別ものです。
銀行出身の社長や銀行のアドバイスを鵜呑みにした社長が結局会社を荒らすだけ荒らしてぼろぼろにするというのを良く見ました。

いつごろ開業したいのか?
その資金はどうするつもりなのか?
にもよります。
例えば実家があり、実家をちょっと改装すればお店が出来る状況で開業にはそんなお金がかからないのか、どっかの店舗を借りなければならず、結構な資金を準備しないといけないのか。
後者の場合、経営の勉強も大事ですがそれ以上に開業資金を稼ぐことが大事になります。
まずはどっか稼げるところで数年無茶をしてから勉強を始めるのも一つの手です。

開業まで時間をかけていいのなら、定時に上がれて副業が大丈夫な会社に勤めて喫茶店でバイトをする手もあります。

スタバなどの大きな店舗の戦略を知り、自分の店舗はそういう大手とどう差別化するのかを考えるのも手です。

自分も経営学部を卒業していますが、その頃に勉強したことで役に立っているのってそのときに知り合った友人だけで授業で学んだことはほぼ役に立ってないです。
経営は実践のみで覚えられるもので、教わるにしても経営を実践されている先輩社長の声を聞くことくらいしかないと感じます。

カフェを経営したいのならカフェに勤めるのが一番。

まずコンサル会社ですが、そんなところに行ってもまず頭でっかちになるだけで実践的なものは学べないと思いますよ。
出来るコンサル会社はそれなりの大きいところと仕事をします。
大きい規模の会社の戦略と小さい規模の会社の戦略はまるっきり違います。
たまに大手コンサルから独立したというコンサルに会いますが中小企業の経営者から見るとトンチンカンな理想論を言うだけで実際にできるようなことや中小企業である利点を生かせないようなことを言っ...続きを読む

Qど素人の飲食店開業について。

40代半ばの夫婦です。メーカ勤務の夫がリストラに遭い、再就職も困難を極めております。20年以上、素人ながらもJAZZピアノをやってきた夫と、ワイン好きの私の、漠然とした夢は、ピアノがある落ち着いた大人のカフェを都内に開店する事でした。(昼間はお茶、夜はアルコールと軽いおつまみの提供)
時期は早まったのですが、ずっと温めてきた夢を実現させるのも良いかもしれない
と考えるようになってきました。とは言え、プロでも経営が難しいこのご時世。
妻は広告代理店勤務なので、マーケティング、銀座の飲み屋には詳しいのですが、
水商売経験は、喫茶店のバイトくらいしかありません。取りあえずの資金も
用意できそうなのですが、こんなど素人が開業する際の手順、ご経験者の失敗等
教えていただけると助かります。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私は、メーカーの営業としての視点からアドバイスさせていただきます。経験的に、うまくいかない店の特徴的なことは、
1.汚い(不衛生&外観の清潔感)。
2.客と一緒に飲んでしまう。
3.特定の客にえこひいきする。
4.メーカーや業者ににたかる(たかってもいいが約束は  きちんと守ること)。
5.ビジョンと戦略がない。
6.場所が悪い(技術と魅力があれば克服可能)。
7.ビールサーバーを自分で洗浄しない(不味いビールを  平気で出す)。
8.従業員が暗い。
9.オーナーが店に顔を出さない。
10.損益管理ができていない。
11.支払いを渋る。
12.当然だが不味い。
13.対価に見合ったレベルにない(味・サービス)
とまあ、挙げればきりがないのですが、スタートに当たって特に重要なのが、上記5・6・10だと思います。
5.はどんな客を狙うのかなど、店の雰囲気なども含め、できるだけ具体的に煮詰める必要があります。6.は人通りの多い場所や、店舗のFです(二階より地階、地階より一階が良い)。10.実に多くの個人飲食店ができていないのがこれです。会社での経験を持ち込みましょう。
暖めてきた夢は夢として、現実的な側面から切り口を変えて検討してみるべきでしょう。夢と現実は異なります。
不幸にしてリストラにあったわけですが、考え方を変えれば、大きなチャンスがやってきたのだというあなたの心の持ち方が、成功を呼ぶものと確信しております。

私は、メーカーの営業としての視点からアドバイスさせていただきます。経験的に、うまくいかない店の特徴的なことは、
1.汚い(不衛生&外観の清潔感)。
2.客と一緒に飲んでしまう。
3.特定の客にえこひいきする。
4.メーカーや業者ににたかる(たかってもいいが約束は  きちんと守ること)。
5.ビジョンと戦略がない。
6.場所が悪い(技術と魅力があれば克服可能)。
7.ビールサーバーを自分で洗浄しない(不味いビールを  平気で出す)。
8.従業員が暗い。
9.オーナーが店に顔...続きを読む

Q喫茶店の経営で50代夫婦が暮らしていくためには?

私の知り合いのご夫婦が、近く喫茶店をオープンします。
大好きな方たちなので、ぜひとも成功して欲しいと思っています。

そこで、50代夫婦が喫茶店を細々とでも経営しながら暮らしていくためにはどうしたらよいでしょうか?
アドバイスをよろしくお願いいたします。

現在の状況として
1.旦那さんは洋食系のシェフとしてずっと働いてきました。腕は確かです。
2.奥さんは銀行員経験後最近まで、書店で10年間働いていました。笑顔の素敵な可愛らしい方です。
3.店舗は新築で、カントリーロッヂ風。木材がふんだんに使われたあたたかい雰囲気の内装です。ちなみに自宅は別にあり、通いになります。
4.立地としては、ここ2~3年に宅地開発などがされている地区のはずれの方。すぐ近くには市立病院、共学の高校、大きなショッピングセンター、国道があります。
5.営業時間は11時ごろから22時くらいまで。夜にはお酒も出します。
6.お二人にはお子さんはいません。旦那さんのご両親とは同居しています。
7.奥さんはインターネットショッピングができるくらいにはパソコンを使えます。
8.最近合併して市にはなりましたが、結構田舎です。県庁所在地である政令指定都市からは高速を使って車で1時間ほどです。

お二人のために、わたしは何ができるでしょうか?
一応考えているのは、こうしてネットで情報を検索したり、HP作りの経験が多少はあるので、お店のHPを作るお手伝いなどかなぁと思っています。

1番知りたいのは集客の仕方、宣伝の仕方でしょうか?

どうか皆様のアドバイスをよろしくお願いいたします。

私の知り合いのご夫婦が、近く喫茶店をオープンします。
大好きな方たちなので、ぜひとも成功して欲しいと思っています。

そこで、50代夫婦が喫茶店を細々とでも経営しながら暮らしていくためにはどうしたらよいでしょうか?
アドバイスをよろしくお願いいたします。

現在の状況として
1.旦那さんは洋食系のシェフとしてずっと働いてきました。腕は確かです。
2.奥さんは銀行員経験後最近まで、書店で10年間働いていました。笑顔の素敵な可愛らしい方です。
3.店舗は新築で、カントリーロッ...続きを読む

Aベストアンサー

 wing_codeさん こんばんは

 wing_codeさんの知り合いのご夫婦の方は喫茶店の事をどの程度ご存知なのでしょうか??それも経営としての喫茶店のことを・・・。

 私の知り合いが東京の神田で食堂を経営しており、その方の友人が喫茶店を経営していました。喫茶店の経営について聞いた事が有ります。10何以上前のお話ですので今と金額的なズレがあるかもしれませんが・・・・。

 喫茶店は「ド○○ル」みたいな安売り喫茶店とコーヒー1杯500円位(叉はそれ以上)する所に分けられます。安売り以外の喫茶店でのお話ですが、例えばコーヒー1杯500円としてそれに対する原価は100円しないそうです。単純な原価率だけを言えば、こんなに良い商売は少ないと思います。それでも経営的には苦しいお店も多いそうです。それはなぜだか解りますか??客数が少ないからではなくて、客数が多くても経営的に苦しいお店も有るそうです。

 喫茶店って私的には「癒しの空間」だと考えています。コーヒーや紅茶・ハーブティーと言う商品で癒すと言う以外に、「癒しの空間」としての場所の提供と言う意味も有ります。私が喫茶店に行く理由の1つは、気軽にゆっくりタバコが吸えるからなんです。ゆっくりコーヒーを飲みながらゆっくりタバコが吸える。これはタバコを吸う人にとって大きな「癒し」になると思います。そう言う人がお客様に多ければ、椅子やテーブル・壁等はタバコで汚れるわけです。ですから、人気のある喫茶店は3~4年毎に店内の大掃除兼ねて模様替え(椅子やテーブル等を新しい物に入れ替える)事をするそうです。そう言う事をする事で、「癒しの空間」を保っているんです。そう言う意味で「癒しの空間」をどうやって保つかが、喫茶店を成功させる鍵になるのではないでしょうか??単に水分補給と言う意味合いで喫茶店に行ってコーヒーを飲むのであれば、安売りの喫茶店でも缶コーヒーでも良いわけです。そこが500円のコーヒーを飲ませる喫茶店の存在意義だと思います。
 ですから店内に良い音楽(例えばポールモリーア等のイージーリスニング音楽等)を流すとか色々工夫して「癒しの空間」を演出されたら良いと思います。

 それ以外ですと、喫茶店って多目的に使えるスペースと私は考えています。お店の壁が有効活用出来るスペースと考えています。私は本業以外にサイドビジネスで写真撮影をしている者なんですが、初めて個展をした時に近所の喫茶店を借りて壁に作品を並べさせてもらいました。そう言う個人の作品の発表の場としての喫茶店の有効活用を考えると面白いと思いますよ。
 最近はデジカメが流行で写真を撮る人も増えています。叉 趣味で絵を描いたり手芸をしたりと言う趣味人が増えています。そう言うアマチュアカメラマン等の趣味人を対象にした画廊的な感覚で壁を有効活用するのも面白いかもしれませんね。
お店のHPを作られるのであれば、x月○日~△月◇日まで「○○さんの風景写真店」開催中とか記載したら見に来るお客様が増えるかもしれませんよ。少なくとも友人の作品展を開催していたら、一度は行くでしょうから・・・。そこでコーヒー1杯は飲んでもらえば良いわけですから・・・。

 参考になりましたでしょうか??

 wing_codeさん こんばんは

 wing_codeさんの知り合いのご夫婦の方は喫茶店の事をどの程度ご存知なのでしょうか??それも経営としての喫茶店のことを・・・。

 私の知り合いが東京の神田で食堂を経営しており、その方の友人が喫茶店を経営していました。喫茶店の経営について聞いた事が有ります。10何以上前のお話ですので今と金額的なズレがあるかもしれませんが・・・・。

 喫茶店は「ド○○ル」みたいな安売り喫茶店とコーヒー1杯500円位(叉はそれ以上)する所に分けられます。安売り以外...続きを読む

Q夫婦で飲食店の自営業をされている方、アドバイスなどを聞かせてください。

20代後半の女です。
これからの人生を共にしたい彼が、自営で居酒屋を営みたいという夢を持っています。
それを親に話すと、私の性格に合わないのではないか?厚生年金のこともあるし、よく考えたら?と言われました。私は、今まで自営で飲食店をするということを考えたことがありませんでした。でも、一緒にいたいと思っているので、本気で考え始めました。
そこで、おしえてください。
夫婦で自営業をしてきてよかったこと、嬉しかったこと、大変だったこと、困ったこと、覚悟が必要なことなど、サラリーマンとここは違うというようなお話を聞かせてください。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

私は、飲食店ではないですが、夫婦で商売をしています。
アルバイト、パートで、10人ほどスタッフもいます。

自営で商売をする時に、相当な覚悟がないと成功しません。特に、今の不景気の時に創めるならなお更です。
まず、できるだけ借金はしない方向でスタートして下さい。店に拘ったり、内装に拘ったり、食器に拘ったり、それよりも、美味しい料理を、いかに安く提供できるか?を考えることです。美味しければ、汚い店でも流行ります。但し、不潔はいけません。

次に、スタートしてからですが、採算が合わない、収支が厳しい、と感じた時に、どこまで生活レベルを落とせる覚悟があるか?例えば、車を処分して、軽自動車(仕入れや買出しに必要)にする。賃貸で住んでいるなら、家賃の安い1ルームでも我慢する。年中休みがなくても、頑張る。洋服を買わなくても、我慢する。など、想定してなかったような、ドン底の生活が待っているかも・・・しれません。もし、そうなったら、旅行も行けないでしょう。
ちょっと、悪いことを書きましたが、良いこともあります。
一日中、愛する旦那と一緒にいれる。(喧嘩してても、一緒ですが・・・)頑張って、利益が出れば、それは、自分たちのお金です。月に、100万以上も夢ではありません。毎日、現金が入ってくる、まして飲食店だったら、食べる心配はない。(店の残り物の場合もあるが・・)小さな店から創めても、大きな店を持つ、という夢が持てる。もちろん、実現可能です。

サラリーマンとの違いは、やはり、「儲けた分は、自分たちの儲け」ということでしょう。そして、「経営の全責任は、自分たち二人にある」ということ。休みは、全て「無給休暇」ということ。ボーナスはなし。立地条件などにもよりますが、休みが取れても、「週末は営業、平日休み」になる可能性がある。正月やお盆も、サラリーマンと逆、の可能性がある。友達と休みが合わないので、あまり遊べない。また、居酒屋でしたら、昼夜逆転の可能性も・・・サラリーマンは、失業しても、失業保険があり、数ヶ月はお金が入るが、自営は倒産したら、翌日からお金が全く入らない。

ちょっと、厳しいことばかり書きましたが、今すぐに考えられることは、やっぱり、「覚悟」することばかりです。どうもすみません。

なお、私は、10年以上、店を休んでません。たまに休憩は取りますが・・・営業時間は、13時間。開店前には、仕入れがあります。借金は、1億以上。家内には、苦労掛けるばかりで、申し訳ない気持ちでいっぱいです。でも、家内を休ませる(店に出さない)わけにはいきません。アルバイトやパートが何人いても、家内は一番の戦力ですから。

お互いが愛し合って、「どんな苦労も、共に頑張る」気持ちがあれば、乗り切れるでしょう。ただ、「私は、そんな苦労したくない。そんな苦労するくらいなら、彼と一緒になりたくない。」と思うなら、結婚について、もう少し考えた方がいいかもしれないですね。ただ、結婚して、私が書いたような苦労をするか?そんな苦労はないか?それは、今の時点ではわかりませんけど・・・

私は、飲食店ではないですが、夫婦で商売をしています。
アルバイト、パートで、10人ほどスタッフもいます。

自営で商売をする時に、相当な覚悟がないと成功しません。特に、今の不景気の時に創めるならなお更です。
まず、できるだけ借金はしない方向でスタートして下さい。店に拘ったり、内装に拘ったり、食器に拘ったり、それよりも、美味しい料理を、いかに安く提供できるか?を考えることです。美味しければ、汚い店でも流行ります。但し、不潔はいけません。

次に、スタートしてからですが、採算...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報